2015年8月15日 (土)

麺屋 永太(蕨)

訪問日=8月9日(日) 晴れ

メニュー=つけ麺中盛り

Eitaatukemen

「食処 渓」のあとは「麺屋 永太」に移動、おっと店前には並びがないではないか、これは前回に続いて待ちなしで座れてしまうのか?

ただ店内へ入ろうと扉を開けたところ、中に6人の待ち客がいるのに気がついた。まあそんなに甘くはないか。その6人の待ちでもう入れなさそうだったので外で待機することにした。

しばらくして店内へ、まずは券売機でメニューを確認する。今回は「つけ麺」で券を購入、中でしばらく待ってからカウンターに着席した。券を渡した際、中盛りまで無料なのでそれでお願いしている。

ちょっと待って「つけ麺中盛り」提供、まずは麺を頂いてみる。かなりの太麺、コシはあるが強すぎず適度な感じ、食感がとてもよく好みの麺である。「麺屋 永太」はまず麺が良い。

つけスープは動物系と魚介のうまみがある醤油のスープ、クリーミーでマイルドな味わいとなっている。今回ちょっと味濃いめかな、でもつけ麺で頂くなら問題ない。このスープは存在感のある太麺にも負けていない。先の店も量が多目、こちらも中盛り、いやあ食べ応えがあるなあ。

スープ内のチャーシューは柔らかく食感も良い。

かなりの量の麺もどんどん食べ進み完食した。スープ割りをお願いしたが、返ってきたスープはまだちょっと味濃いめかな、かなりお腹も膨れたので半分くらい飲んで店をあとにした。

そういえば横の方が召し上がっていた「冷やし油そば」がかなり気になった。夏期限定だろうな、終わるまえに食べに来られるかな。

到着=12:40 待ち時間=20分程度(メモ忘れ) 行列=6人

麺=太麺 スープ=動物系と魚介のうまみあるマイルドな醤油 お気に入り度=9

| | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

麺舗 十六(要町)

訪問日=8月8日(土) 晴れ

メニュー=つけそば2.5

16tuke

「道頓堀」のあとは3月にも訪問した「麺舗 十六」を訪問、実はらーめんの食べ歩きを始めたのは2001年頃なのだが、食べたあとにメモを取り始めたのは2002年7月のこと、その最初に記されているがこの「麺舗 十六」になる。こちらにはそれ以来気に入って何回も伺っている。

お店に到着する直前、店前には遠目に5人の並びが確認できた。ただ到着する頃並びは3人に、この人数でどれくらい待つだろう?結構待つかと思ったが、でもすぐに席は空いてカウンターに着席した。

今回は「つけそば」を「2.5(麺の量:並の上で多めの下)」で、でも食べきれるかな?ちょっと待って「つけそば2.5」提供、おっとこんな量多かったのか、「道頓堀」でスープまで完飲したあとのこと、大丈夫かな。

まずは麺を頂いてみる。コシはあるけれど適度な感じの太麺、もちっとした食感もある。絶妙な茹で加減、いやこの麺良いねえ、かなり好みの麺である。

つけスープはちょっと濃いめの醤油スープ、コクがあり非常に良い味、ショウガの風味も強く感じる。ちょい甘味もあるが、でもそれもこのスープにあっている。やっぱりこのつけスープ良いわ、まあ好みと知って来ているんだけど。

大量の麺は連食ということもあり食べ始めは不安もあった。このためトッピングなどを絡めずどんどん口に放り込んでいったのだが、でも途中で気づく、この味なら楽々食べきれる。一気に味わいモードに移行して食べるスピードを落とす。

チャーシューはスープ内、食感も柔らかくスープも吸って良い味であった。今回ねぎ増しはしなかったが、やっぱり増しても良かったかな。でもこの方がスープをダイレクトに味わえるか。

大量の麺もあっという間に無くなり完食してしまう。スープ割りをどうしよう、でも飲みきれないかもしれないのでつけスープをそのまま飲んでいく。これがイケル味、結局そのままほとんど飲んでしまった。

最期にお会計をして店をあとにする。大変満足した、こちらにはまたそのうち伺うことだろう。

到着=12:03 待ち時間=6分 行列=3人

麺=太麺 スープ=濃いめの醤油、ショウガの香り お気に入り度=9

16eigyo

16yasumi

| | トラックバック (0)

2015年8月11日 (火)

ラーメン二郎 三田本店(三田・田町)

訪問日=8月7日(金) 晴れ

メニュー=ラーメン(ヤサイニンニクカラメ)

Mitajiroramen

かなり久しぶりに「ラーメン二郎」の三田本店に向かう。お店が遠くに見える通りのこと、歩いているときに後ろからすばやい人に追い抜かれた。そのままお店にゴール、追い抜いた人が目の前にいる。

しばらくすると厨房から麺の盛りが確認されたのだが、自分の前までか・・・。追い抜かれたのが痛い、次ロットということになりそうだ。

もうちょっとして券売機で券を購入、今回は「ラーメン」を選択している。ここからどれくらい掛かるだろう?と思ったが、それほど待たずカウンター席に着席することができた。

ちょっと待ってトッピングコール、今回は「ヤサイニンニクカラメ」でお願いしている。そして「ラーメン(ヤサイニンニクカラメ)」提供、レンゲは無いので麺を引っ張り出して食らいつく。

動物系のうまみがあるかなり濃いめの醤油スープ、うまみもしっかり効いている。好きな味だが前よりも味が濃く感じるのは「カラメ」でお願いしているからだろう、まあそりゃそうか。

麺はかなり太くそして平たい、食感は強いが固い印象はない。丁度良い茹で加減、風味も強く好みの麺であった。

ヤサイはキャベツともやしがたっぷりと、今回キャベツの芯が入っていた。当たりかな?芯だけどやわらかい。

豚はでっかいのが2枚、しっかりした噛み応えで、ただパサつきなくジューシー、これは良いねえ。かなりの量の麺とトッピング、連食していなくて良かった。

お腹も膨れて完食、スープは少しだけ飲んで終了とした。丼を上にあげて店をあとにする。夏期休業前に伺えて良かった。

到着=12:35 待ち時間=6分 行列=5人

麺=太平麺 スープ=動物系のうまみが効いた濃い味の醤油 お気に入り度=8

Jiokakikyuka

| | トラックバック (0)

2015年8月 9日 (日)

らーめん かねかつ(川口)

訪問日=8月2日(日) 晴れ

メニュー=らーめん

Kanekaturamen 「伊藤」のあとはちょい久々の「らーめん かねかつ」に移動、お店に到着すると店前には一人並んでいる。

ちょっと待って店内に入りカウンター席に着席、注文は最初「ちゅるりんわんたんめん」でお願いしたが、でも時間かかるらしい。それならと「追い鰹節の塩らーめん」で注文し直したがそっちは夜だけか、結局「らーめん」でお願いすることにした。

厨房内を見ると、おっと麺を打っているな。機械で小麦粉の固まりを伸ばしてそしてカット、作りたての麺か、すごいなあ。

ちょっと待って「らーめん」提供、いや綺麗だね、まずはスープを飲んでみる。鶏のうまみを感じるすっきりした、そしてキレのある醤油のスープ、とても香りがよく、なんだろうちょっと香ばしいような香りもある。かなり好みのスープであった。

そして麺は太く平たくちぢれている。コシがありちぢれているのに喉ごしも良い。ちぢれているのでスープもよく絡む。このらーめん良いねえ。

チャーシューは2種、豚は肉のうまみを感じる、ジューシーでうまみも濃い。鶏もしっかりした食感、さっぱりとした味であった。のりが香りよくスープにもあう。青ネギの食感も良かった。

満足して完食、スープも完飲、最後は丼を持ってスープを飲みきる。いやあ良かった、お会計をして、店をあとにする。こちらにはまた伺うことだろう。

到着=11:25 待ち時間=10分 行列=1人

麺=太平ちぢれ麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=9

Kanekatumenu

| | トラックバック (0)

2015年7月29日 (水)

麺や 七彩 八丁堀店(八丁堀)

訪問日=7月19日(日) 晴れ

メニュー=喜多方ラーメン(煮干)中盛り

Shichisainiboshi

「生粋 花のれん」のあと先日伺うも定休日だった「麺や 七彩 八丁堀店」を再訪する。

お店到着、店前には並びがある。後ろにつくと、そのすぐ後にすごい来客、瞬間的に後ろには8人増えていた、ぎりぎりだったな。こちらの店は注文後に粉から麺をつくるという、回転はどんなもんだろう?

しばらくして店内まで列は進み、そして気づいたことがある。店内奥にも待ち客がいるのか、そうか・・・。

さてここで先に券売機で券を買うことになる。今回は「喜多方らーめん(煮干)」の方で券を購入した。奥の待ち椅子でもう少し待つ。注文を確認に来た店の方に食券を渡すと麺の盛りを確認された。普通盛・中盛・大盛の選択、今回は中盛りでお願いしている。

そこそこ待ってカウンター席に着席、ただ最初に予想していたほどの待ち時間ではなかったかも。そして厨房内ではほんとに粉から麺を打っている、これはすごいな。らーめんは四杯ずつ調理の模様、それほど待たず(10分ちょい)「喜多方らーめん(煮干)」が提供された。

まずはスープを飲んでみる。なるほど煮干だねえ!煮干の風味とうまみが効いた醤油のスープ、すっきりした味ながらスープの味わいはしっかり感じる。とても良い味、思わずスープを何口も飲んでしまう。

麺は太く平たくちぢれている。もちっとした食感で舌触りも良い。この麺もすごいなあ、これは来た甲斐があるわ。

チャーシューは2種類、ピンクのチャーシューは柔らかくすっきりした味、もう一枚は噛み応えがあり非常に良い味であった。メンマは細い竹の子ような感じ、ちょい酸味もあるがそれもまた良い。このねぎもスープにあっている。

中盛りの麺は結構な量ながら、でも男性ならこれくらいで丁度良いのではないだろうか。

すっかり完食、もちろんスープも飲んでしまう。丼の底には煮干の細かい身が沈殿している。という訳で最後はレンゲではなく丼に口をつけて完飲した。

とても満足して店をあとに、これはつけ麺も美味いにちがいない。

到着=12:28 待ち時間=22分 行列=多分11人(中多分6人、外5人)

麺=太平ちぢれ麺 スープ=煮干のうまみが効いたすっきりした醤油 お気に入り度=8

Shichisaimenu

Shichisaieigyo

| | トラックバック (0)

2015年7月27日 (月)

Bonito Soup Noodle RAIK(永福町)

訪問日=7月18日(土) 曇り

メニュー=鰹×鶏 らー麺

Raikramen

「中華そば つけめん 甲斐」を後にして次のお店に向かう。最寄りは永福町の「Bonito Soup Noodle RAIK」を訪問する。

遠目から見ると店前には並びあり、でも到着時店で待ちは無しになっていた。店内満席、先に券売機で券を買う。上の大きいボタンは店名のついた「鰹×鶏 RIKE らー麺」と「鰹×豚 RIKE らー麺」、特製かな?今回はその下の「鰹×鶏 らー麺」で券を購入した。

その後店前に待機したが、それほど待たず空き席は出来てカウンターに着席した。小さめのお店ながら厨房内2名で手際よく調理接客をされている。

ちょい待って「鰹×鶏 らー麺」提供、綺麗ならーめんだなあ。さてまずはスープを飲んでみる。おっとこれも良いねえ!動物系と魚介のうまみが効いた醤油のスープ、非常にかおりが良い。鶏のうまみが感じられるスープ、ちょっと甘味もあるが優しい感じであった。こちらでもスープを何口も飲んでしまう。

麺はちょい細目でコシがある、食感がしっかりしており風味も良い。麺は噛むと甘味も感じる。もちろんいやな甘味ではなくスープとの相乗効果を感じる。このらーめんは良い、今日は良い店2軒に伺った。

チャーシューは鶏と豚の2種、豚は柔らかくも食感しっかり、肉のうまみもしっかりと感じる。鶏も優しい食感でぱさつきも感じない。穂先メンマは柔らかく良い食感であった。

するすると食べ進みあっという間に完食した。先の店であれほど満足したのにこちらの満足感も相当高い。もちろんスープも完飲で店をあとにした。券売機の写真も撮りたかったが、来客が多数あったので断念した。出来れば撮っておきたかった。

到着=12:45 待ち時間=6分 行列=0人(満席)

麺=中太麺 スープ=動物系と魚介のうまみある醤油 お気に入り度=8

| | トラックバック (0)

2015年7月23日 (木)

らあめん 広(秋葉原)

訪問日=7月14日(火) 晴れ

メニュー=らぁめん

Hiroramen

いやああっついねえ!そんな暑い日に秋葉原駅かららーめん店に向かう。到着した「らあめん 広」には店内に待ち客あり、結構な人数がいて入れなさそう。とりあえず外で待つことにしたが、でもすぐに退店もあり店内に入ることができた。

券売機でメニューを確認、今回は「らぁめん」で券を購入した。こちらの店はかなり人気があるようでその後も来客続々、ただ中には外で待つのを諦め帰ってしまった人もいるようであった。店内は冷房がきっちり効いており快適、ちなみにカウンター七席なので回転はそれほど良いわけではないようだ。

そこそこ待ってカウンターに着席、横の客はこれほど並びがあるのにスマホゲームをしながら食べている、なんだかなあ。

10ほど待って「らぁめん」提供、まずはスープを飲んでみる。おっと良い味じゃないか!動物系のうまみある醤油のスープ、コクがありながらくどくない。とても好みの味、予想の2、3歩先の味わいであった。

麺は細くちょい固め、ただそれがこのスープにあっている。麺自体も好みであった。

チャーシューは噛み応えがあり肉のうまみを感じる。普段らーめんにもやしは欲しない方だがこのもやしは細いため邪魔には感じない。いやむしろ良い食感であった。ねぎもたっぷりなのがうれしい。

そして完食、こらえきれずスープも完飲、最後は丼を持って飲みきっている。大変満足して店をあとにした。これはこの辺の人がリピートするのも仕方ないだろう。

到着=12:12 待ち時間=14分 行列=7人

麺=細麺 スープ=動物系のうまみある醤油 お気に入り度=8

Hiromenu

Hiroeigyo

 

 

Shixhisaiyasumi「広」のあとは八丁堀に移動して新店に向かったが、いつの間にか火曜日定休日になっていた・・・。厳しいなあ。

| | トラックバック (0)

2015年7月21日 (火)

二代目狼煙 ~桜~(蕨:遠い)

訪問日=7月12日(日) 晴れ

メニュー=鶏帆立の塩つけめん中(350g)

Noroshihotatetuke

この日は最初「中華そば こむぎ食堂」というお店に向かったのだが、やっていなかった・・・。店前には「18時より営業します」との看板がある、マジか・・・。ちなみにこの店の営業については後日談がある(下記参照)。

仕方ない、次に予定していたお店に向かうことにしよう。次のお店は住所としては川口、最寄は蕨の「二代目狼煙 ~桜~」へ向かうことにした。ただしお店は蕨駅からも結構歩く場所になる。

到着すると店前には並びあり、後ろに着きしばらくして店内まで進む。券売機でメニューを確認、このメニュー構成なら「二代目つけめん」にするべきか、でも「鶏帆立の塩つけめん」というのが気になってしまった。並200gと中300gが同額のため今回は「鶏帆立の塩つけめん中」で券を購入している。

もうちょい待ってカウンター席に着席、お店は厨房内お二人で営業されている。ちなみにスープは提供前に電子レンジで温めてから提供されるようだ。スープの温め直しやスープ割りの時に使うのはたまにみるけど、提供前に使うのははじめてかも。

ちょっと待って「鶏帆立の塩つけめん」提供、まずは麺を頂いてみる。コシのある太麺は食感がしっかりしている。がしがし噛み応えがある感じ、でも固い印象は特にない。

つけスープは結構とろみがあるタイプ、鶏と魚貝のうまみがある。ただ帆立のかおりが結構強め、ちょっとにおいが強すぎる気もする。味自体は好みであった。

スープ内のチャーシューはかなり柔らかくほろっと崩れる。穂先メンマも柔らかい。

中盛りの麺量はそこそこな感じですぐに完食、スープ割りはポットからスープを入れる。そのスープも結構飲んでから店をあとにした。

お店の方の一生懸命さが見えて結構気持ちの良いお店であった。

到着=12:11 待ち時間=11分 行列=3人

麺=太平麺 スープ=鶏と魚貝のうまみが効いたとろみのある塩 お気に入り度=7

Noroshimenu

Noroshigroup

Noroshieigyo

 

 

Komugisyokudoeigyoこちらは「こむぎ食堂」の店前案内。実はこの店には翌週にも伺っているがやはり昼営業はしていなかった。その際お店の方がいたので確認したら土日祝は夜営業のみらしい、そうだったのか・・・。

ちなみにその時にもこの看板とは別の営業案内はあったと思うが、がっかりしていたので確認していなかった。ちゃんと確認しなきゃなあ。

 

Komugieigyo2これは翌週伺った際に撮った営業情報

| | トラックバック (0)

2015年7月19日 (日)

麺 高はし(赤羽)

訪問日=7月11日(土) 晴れ

メニュー=半肉入りつけそば大盛+味玉

201507takahashi

土曜日に赤羽の「麺 高はし」へ向かう。到着すると店前には待ち客多数、まあこの時間ならこれくらいだろう。最後尾についてしばらく待つことに。近くの小学校からは子供の元気な声が聞こえてくる。

さて結構待って店内へ入りカウンター席に着席する。それほど待たず「半肉入りつけそば大盛+味玉」提供、まずは麺を頂いてみる。

コシのある太麺は風味がよく食感がしっかりしている。いつもの麺にほっとする。

つけスープは今回も最初混ぜずに麺をつける。動物系のコクとうまみ、魚介の風味と味わいが利いたスープ、やはり好みの味、でもいつにも増してこの日の味はすごいかも。しばらくそのまま麺を頂いてしまう。

その後下からスープを混ぜる。下に潜んでいたタレの味わいでうまみが引き立つ。

スープ内のチャーシューは噛み応えがあり肉のうまみを感じる。味玉はスープにつけて味を染み込ませる。これも良い味であった。

かなりの量の麺もあっという間に完食、頃合で出たスープでスープ割りをする。ああ良い味だなあ、もちろん完飲している。

最後にお会計をして店をあとにした。今回も大変満足な一杯を頂けた。ではまた来月。ちなみに7月は20日(月)の祝日がお休みになるようだ。

到着=10:40 待ち時間=28分 行列=11人

麺=太麺 スープ=魚介動物系の効いた醤油

201507takahashiyasumi_2ピンボケしているけど内容は前回の休み情報と同じ

| | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

蒙古タンメン中本 新宿店(新宿)

訪問日=7月5日(日) 曇り

メニュー=冷し五目味噌タンメン

Nakamototuke

「麺屋武蔵 新宿本店」のあとは道路挟んで反対側にある「蒙古タンメン中本 新宿店」に向かう。店内に入ると、おっと結構な待ち客がいるではないか、いやそんなにいるとは思わなかったな。

店の方に案内され一旦外に出て、階段部分で待機することに。ただすぐに呼ばれて店内へ入る。まずは券売機でメニューを確認、今回は「冷し五目味噌タンメン」で券を購入した。

店内でもしばし待機、ただ前客がグループだったのか調整のためそれほど待たずカウンター席に着席することになった、ツイているなあ。

それほど待たず「冷し五目味噌タンメン」提供、まずは麺を啜ってみる。適度なコシの中太麺、もっちりした食感もある。あっさりした麺だがこれが好きなタイプであったりする。

スープは真っ赤、唐辛子が大量に入っている。ただ痛いほどでは無く味噌のうまみもあって麺を絡めるととても良い味であった。

具材を絡めて食べ進む。その具材はキャベツにもやし、ニラ、ニンジン、キクラゲなどがたっぷりと。豚肉は辛味噌スープが絡みこれも良い味であった。

途中でスライスのゆで卵を口に入れる。黄身の甘みを感じながら白身にホッとさせられる。麺の上には茹でもやし、これも良い箸休めになる。

そして完食、スープは完飲までしていないが好みの味だったためかなりの量を飲んでしまっている。

満足して店をあとに、ちなみに行列はこの時間でも階段まで伸びているようであった。

到着=19:22 待ち時間=6分 行列=多分12人(調整7人飛ばし)

麺=中太麺 スープ=辛味の効いた味噌 お気に入り度=8

Nakamotomenu1

Nakamotomenu2

Nakamotomenu3

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お気に入り6以下 お気に入り7 お気に入り7 その他の場所 お気に入り7 世田谷区 お気に入り7 中央区 お気に入り7 中野区 お気に入り7 北区 お気に入り7 千代田区 お気に入り7 千葉県 お気に入り7 台東区 お気に入り7 品川区 お気に入り7 埼玉県 お気に入り7 墨田区 お気に入り7 大田区 お気に入り7 川口市 お気に入り7 文京区 お気に入り7 新宿区 お気に入り7 杉並区 お気に入り7 東京その他 お気に入り7 板橋区 お気に入り7 江戸川区 お気に入り7 江東区 お気に入り7 渋谷区 お気に入り7 港区 お気に入り7 目黒区 お気に入り7 神奈川県 お気に入り7 練馬区 お気に入り7 荒川区 お気に入り7 葛飾区 お気に入り7 豊島区 お気に入り7 足立区 お気に入り8以上 お気に入り8以上 その他の場所 お気に入り8以上 世田谷区 お気に入り8以上 中央区 お気に入り8以上 中野区 お気に入り8以上 北区 お気に入り8以上 千代田区 お気に入り8以上 千葉県 お気に入り8以上 台東区 お気に入り8以上 品川区 お気に入り8以上 埼玉県 お気に入り8以上 墨田区 お気に入り8以上 大田区 お気に入り8以上 川口市 お気に入り8以上 文京区 お気に入り8以上 新宿区 お気に入り8以上 杉並区 お気に入り8以上 東京その他 お気に入り8以上 板橋区 お気に入り8以上 江戸川区 お気に入り8以上 江東区 お気に入り8以上 渋谷区 お気に入り8以上 港区 お気に入り8以上 目黒区 お気に入り8以上 神奈川県 お気に入り8以上 練馬区 お気に入り8以上 荒川区 お気に入り8以上 葛飾区 お気に入り8以上 豊島区 お気に入り8以上 足立区 その他ラーメン つけめん まぜそば ラーメン 冷やしメニュー 日記・コラム・つぶやき 行列5分以上