2015年2月21日 (土)

灰汁中華 ノ貫(へちかん:桜木町)

訪問日=2月11日(水) 晴れ

メニュー=海老蕎麦

Hechikaneibisoba

「地球の中華そば」から歩いて桜木町へ向かう。今度は「灰汁中華 ノ貫」というお店を訪問、店前に「ノ貫」と書かれた小さい木の看板が置かれている。

どうやらここは夜飲み屋さんらしい。ちなみに後で別の方に聞いたが「ノ貫」自体は何度も場所を替えて営業しているとのことである。

扉を開けると満席で店内には待ちが1名、入れなさそうなので外で待つことに。外で待っていても感じる煮干しのかおり、かなり期待してしまう。

ちょい待って2名退店、店内に入りカウンター席に着席した。お品書きを見ると「海老蕎麦(50杯)」のみ、じゃあそれで。周りを見ると「炙り肉刺し」なんかも頼まれている、うーん良さそう。

ちょっと待って「海老蕎麦」提供、まずはスープを頂いてみる。煮干しの風味とうまみを感じる醤油のスープ、煮干しの味は海老に勝利、でも煮干しの味だけでなく甘みも感じる、これが海老か?海老の香ばしい感じはあまりないがかなり好きな味であった。

麺は細目でコシがある。ぼきぼきした噛み応えではないが、食感が強くスープにあっている。

ピンクのチャーシューはかなりの噛み応え、ただ柔らかくも感じる。最初肉のかおりがつよめだが、スープに浸けていると良い味と風味になってきた。刻みタマネギも食感強く存在感がある。

すっかり完食、結局スープも飲みきってしまった。お会計をして店をあとにする。もし次に伺う機会があったとしてもまだこの場所で営業しているだろうか?でもまた機会があれば是非伺いたいお店であった。

到着=12:35 待ち時間=4分 行列=1人

麺=中細麺 スープ=煮干しの風味とうまみ満載の醤油 お気に入り度=8

Hechikanmenu

Hechikantyui

Hechikann1

 

 

Hechikanhirohi_2駅へ向かう道で見つけたポスター、五木ひろしさんの下に五木ひろしさん、これ狙ってるよね

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

地球の中華そば(伊勢佐木長者町・関内)

訪問日=2月11日(水) 晴れ

メニュー=醤油つけそば

Tikyunotyukatuke

この日は関内からちょっと歩いた場所にある「地球の中華そば」を訪問、開店前のお店に到着すると店前はすでに長蛇の列となっている。おや?一番後ろにいるのはsomenmanさんではないですか、お話しながら待つことに。

並んだ直後に開店、店内へ徐々に並びが消えていく。ここでsomenmanさんから聞いて知ったこと、水曜はつけそばのみ提供らしい。そうだったのか、いつもお店の情報をよく調べないで伺うからなあ、まあ良いか。

しばらくして先に券売機で券を買うことに。「醤油そば」の券で購入したが、これで「醤油つけそば」になるのだろう。店内の席は埋まっているので一旦外で待つ。しばらくして先客が退店、20分ほどで店内へ入ることが出来た。カウンターに着席、席はテーブルもあり。

ちょっと待って「醤油つけそば」が提供された。まずは麺を頂いてみる。細目で平たい麺はコシがあるタイプ、そしてのど越し良く風味も良い。いやこれはとても好みの麺である。上には刻みのりがトッピングされている。

つけスープはあっさりながらコクがありうまみも十分な醤油のスープ、酸味はあるが、なんだろう全くきつい感じがない。酸味の強いつけスープは苦手なんだけど、この味はかなり好みであった。このつけそば良いねえ。

スープ内には細く切られたチャーシューが入っている。かなり太いメンマは柔らかくくさみも無い。このメンマがかなり好み、これなら増量したい。

麺量はそれほど多くないのですぐに完食、スープ割りをお願いした。ホールのおねえさんがポットからスープを入れてくれる。スープは温まり酸味はさっきより感じたが、ただこれもまた良い味、レンゲでずばずば飲んで完飲してしまった。

満足して店をあとにする。今回のつけそばがかなり良かったので、いつか「中華そば」も頂きに伺いたい。

到着=11:31 待ち時間=19分 行列=11人(開店前行列)

麺=中細平麺 スープ=あっさりながらコクのある醤油、酸味もあり お気に入り度=8

Tikyunotyukasetumei

Tikyunotyukatukenomi

Tikyunotyukaeigyo

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2015年1月13日 (火)

らーめん無垢(新横浜:ラーメン博物館)

訪問日=1月2日(金) 晴れ

メニュー=無垢ラーメン

Mukuramen

「NARUMI-IPPUDO」のあとはドイツからの逆輸入店舗「らーめん無垢ツヴァイテ」、でも看板は日本ぽい。こちらのお店は並び多数、しばらくして券売機前までたどり着いた。

らーめんは普通だがドイツビールやつまみが逆輸入を感じるかも。おや?日本酒?なんか関連があるのだろうか?今回券売機では「無垢ラーメン」を選択、そこからもうちょっと待って店内に入りカウンターに着席した。席はテーブルもあり。

らーめんはそれほど待たずに提供、特に海外を感じるような見た目ではないかも。レンゲというか窪みがほとんどないスプーンでスープを頂いてみる。

こってりした豚骨醤油スープ、結構甘みも感じる。普通の豚骨よりちょい香ばしい、なんだろうかなりクセになる味、最初戸惑ったがこれはこれで良い。

麺は中太でコシがある。歯切れの良い食感で濃厚なスープも絡む。面白い食感の麺だな、なんかハマるらーめんであった。

チャーシューは柔らかいが食感もしっかりしている。スープをまとったほうれん草も良い味であった。味玉半個がデフォ、ちょい味濃いめだね。

でっかいのりが一枚、のりの食べ方はぱりっとした状態で食べる人とスープにつけてしっとりした食べ方があると思うが、自分はしっとり派閥のためスープにつけてから麺に絡める。

すっかり完食、後を引くスープも結構飲んでしまう。最後に水を飲んでと、そうするとまたスープを飲んでしまう。結局スープがほとんど無くなってから店をあとにすることになった。ビールも頼めばよかったかな?

到着=13:03 待ち時間=26分 行列=21人

麺=中太麺 スープ=こってりした豚骨醤油、甘みあり お気に入り度=8

Mukumenu_2

Mukukanban_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月12日 (月)

NARUMI-IPPUDO(新横浜:ラーメン博物館)

訪問日=1月2日(金) 晴れ

メニュー=コンソメヌードル

Narumiippudoconsomme

まだお正月なこの日、やっているお店は限られる。ただ新横浜ラーメン博物館はHPで営業していることを確認していた。というか元旦から営業か、あんたはエライ!

ラー博到着、まずはちょい並んで入場券を購入する。改札を通り地下のノスタルジックな世界に足を踏み入れる。

お店はどこも大変な並び、ちなみにこの日最初は「NARUMI-IPPUDO」に決めていた。おや?並びがないな、まずは券売機でメニューを確認する。「コンソメヌードル」を選択、でも980円とは結構な値段だな。

店内に入りカウンター席に着席する。席はテーブルも多数あり。そして空き席が結構ある、どうしたのか?

それほど待たず「コンソメヌードル」提供、まずはスープを頂いてみる。なるほどコンソメスープな味、あっさりながらうまみ十分で非常に味わい深い。もうこのスープだけでも十分な感じ、かなり好みのスープであった。

麺はコシがある中太、風味も良くスープも絡む。普通のらーめんではないがかなり好みらーめん、これはこれで良いねえ。

チャーシューというかローストポーク、上に岩塩が乗っている。噛み応えがとてつもないな。でっかいので食べ応えもあり、贅沢な印象を持つ。きのこが香りよく良い食感、スープに合う。紫タマネギはちょっと辛め、もう少し薄切りの方がうれしいかも。

そして完食、スープもかなり飲んで店をあとにした。好きな味だったがなぜあんまり人がいなかったのだろう?メニューには「ベジタリアンヌードル」なんてのもあったのに。

ちなみにこの日の客層は日本、もしくはアジア系が中心だが、でも欧米系の方も10人以上は見かけた。IPPUDOは看板が一店舗だけ異質なのが選びづらかったのか?

そういえば駄菓子屋さんが無くなっている。あそこで型ぬきを買うのが楽しみだったのに・・・。正月だけだろうか?

到着=12:52 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりながらうまみ十分なコンソメスープ お気に入り度=8

Narumiippudomenu

Rahakub2

Narumiippudokanban

Narumiippudosetumei

Narumiippudosetumei1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月30日 (金)

麺や でこ(新丸子・武蔵小杉:試食会)

訪問日=5月21日(水) 小雨

メニュー=あっさり中華そば(醤油)

Dekosyouyu

以前西小山で「月音」をやられていた方がお店を出すらしい、なんて書いたりするけれど、その店主氏は飲みの席で何度もご一緒していたりする。

この日その新店「麺や でこ」での試食会があり武蔵小杉駅からお店へ伺うことに。でも駅としては新丸子が一番近い。行きの道すがらお知り合いに遭遇、食べた醤油のらーめんも鶏白湯も美味しかったとのことであった。

お店到着、店内へ入り店主氏にご挨拶する。店内にはまたお知り合い多数であった。券売機で「あっさり中華そば(醤油)」のボタンを押してカウンター席に着く。ちなみにテーブル席もあり。

らーめんはすぐに提供、まずはスープを頂いてみる。香ばしい風味のある醤油のスープ、コクがあるが濃すぎる感じではない。深いうまみとのスープはお世辞抜きにかなり好みの味であった。

麺は太く平たいタイプ、のど越しが良くスープも絡む。ちょい短めだったがこの時たまたまだったようで、あとに食べている方のは特に短い感じではなかった。

噛み応えのあるチャーシューは肉のうまみしっかり、これも良いねえ。メンマやのりなども楽しんであっという間に完食、かなりレベルの高いらーめんであった。

麺=太平麺 スープ=コクのある香ばしい醤油

Dekomenu1

Dekomenu2

Dekomenu3

 

 

さて一杯らーめんを頂いたらビールを飲んじゃうよ。缶ビールを出して頂き

カンパーイ!

写真は撮っていない(油断である)。

Dekotori大皿に盛られたつまみを取り分けて頂く。なんだかやたらとうまい鶏肉、しっとり柔らかく、ただ食感もしっかり、鶏のうまみが口に広がる。このつまみ良いなあ。そういえば枝豆もあったけどなぜかそちらは頂いていない(油断である)。

 

 

Dekoekekoは?エケコさんてなんですか?なにやらひげの怪しい人形がある。どうやらペルーやボリビアの人形らしく、ほしい物のミニチュアを持たせると実際に手に入るらしい。

ぬぬ、それはすごい。体重を減らしたいとかは無理なのかな?背脂をつけたりすれば・・・、あ、逆に増えちゃうか。でもエケコさん自体削ったらバチが当たるんだろうな。

実際に手に出来るものが良いということか。ここはひとつ現金で、うひひ。あれ?お金のミニチュアってどうすれば良いんだろう?

そういえば「麺や でこ」の店名の由来を聞いたら、店主氏の娘さんのおでこが、ほらなんというか、あれらしく、いやその書き方のほうがおかしいな、要するにでこっぱちらしく、そこからこの店名をつけたらしい。

まあ男性と違って女性のでこっぱちはかわいいから良いよね。男性の場合はでこっぱちと言わず、あられもない言われ方になるけど。

Dekouronhiさてここで飲み物はウーロンハイにチェンジ、飲みやすいのでくいくい飲んでしまう。お代わりを何度もしたので紙コップがゆるゆるになってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

メニュー=旨いるどらーめん(塩)

Dekosio

この日提供のらーめんはもう一種あり、Tksさんとシェアして「旨いるどらーめん(塩)」も頂くことになった。まずはスープから頂いてみる。

鶏のうまみを感じる塩のスープ、このスープには生クリームが使われているらしい。なるほどマイルドな味わい、ただマイルドながら塩味はしっかり、単なる鶏白湯とは違う味わいだがかなり好きな味であった。

麺は中太で平たいタイプ、コシがありのど越しも良い。啜り心地も良くスープも絡む。このらーめんも良いねえ。

上にはシソのトッピング、このトッピングの好みは人によるかな?でも自分はシソ好きなのでこのトッピングでさらに好みの風味に感じた。キノコの風味もスープにいきる。鶏チャーシューはさっくりした食感、鶏のうまみも良い感じであった。

そして完食、これは醤油と鶏白湯のどちらが良いかと聞かれたら困るなあ。正直両方良い。

さて良い時間となり店をあとにすることになった。「つけそば」も気になるし、こちらにはまた是非伺ってみたい。

麺=中太平麺 スープ=鶏のうまみある塩、マイルド

Dekoramensetumei

Dekokanban

Dekoopen

 

 

6470kanban 「麺屋 でこをあとにして、数人でもう少し飲むことになった。場所は良く判らないんだけど2階のお店、懐かしいおもちゃなどがあるお店であった。

ホッピーを頼むとそれぞれのグラスに入った焼酎の量が全然違う。普通な感じから入れすぎだろうというものまで、その後注文しても中の量は一定しない、それもまた面白かった。

店主氏が昔のらーめん店に詳しく、またTkzさんがそれを膨らませる。なんだか沢山飲んだがやたらと安かったような気がする。

かなり遅くなって解散、地元川口到着は終電であった。良かったちゃんと帰れて・・・。

6470naka

6470tumami

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2014年2月16日 (日)

らぁめん 夢(東神奈川)

訪問日=2月11日(火)祝日 曇り

メニュー=らーめん

Muramen 神奈川で用事あり、その前にらーめんを一杯食べていこう。東神奈川駅で下車、そこからちょい歩いて「らぁめん 夢」へと向かう。

お店に近づくと、え!そんなに並んでるの?人気なんだなあ、これは結構待ちそうだ。そして待ち時間は予想以上となり30分近く待ってやっと店内に入ることになった。

券売機でメニューを確認、今回は左上の「らーめん」で券を購入した。カウンター席に座りしばし待つ。厨房内お一人での営業、席数は少ないとなると赤羽の「高はし」を思い出す(券売機は無いけど)。店主氏の手際も良い。

らーめんの前に注射器に入った煮干しオイルが提供された。これで味の変化が楽しめそうだ。

「らーめん」提供、まずはそのままのスープを頂いてみる。おっとこれは!鶏のうまみを感じる味わいで醤油のタレがきりっと効いたスープとなっている。すっきりした味ながら十分なコクとうまみ、かなり好みの味であった。煮干しオイルはあとで入れよう。

麺はちょい細目でコシがある、啜り心地がとても良い。かなり好みのらーめんであった。

チャーシューは二種、鶏は厚めに切られてさっくりとした食感、くさみなどは無い。豚は噛み応えがあり、あっさりした味ながら肉のうまみをしっかりと感じる。

さて麺残り半分くらいで煮干しオイルを注射する。投入量は注射器の半分程度、ただこれだけでも随分煮干しの風味が強くなる、ちょっと驚いた。その後煮干しオイルを全て注射、かなり煮干しの効いたらーめんに変化した。オイルでここまで変わるのか、これは楽しい。

すっかり完食、やはり我慢できずスープまで完飲してから店をあとにした。満足ならーめんを頂けた。ちなみにこの店からもうすこし行くと以前伺った「自家製麺 SHIN 新」がある。もうこの二店舗だけこの辺に住まれている方がうらやましい。

到着=11:30 待ち時間=28分 行列=10人

麺=中細麺 スープ=鶏のうまみのあるきりっとした醤油、煮干しオイルで味変 お気に入り度=8

Mukanban

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年1月23日 (木)

維新商店(横浜)

訪問日=1月16日(木) 晴れ

メニュー=柚子塩そば(麺大盛り)

Ishinshio サル番長さんから試写会のお誘い頂き、横浜で「小さいおうち」を鑑賞した。面白い、松たか子さんや黒木華さんがかわいかった。テレビのCMや映画紹介で見たときはもっとどろどろした話かと思ったが、そうではない。

さて鑑賞後に食事でもと「維新商店」へ向かうことになった。「麺や 維新」目黒に移転して元の場所がこのお店になった模様、一度行ってみたいと思ってたんだよねえ。

店内に入り券売機でメニューを確認、サル番長さんは「中華そば」を選んだので、味見させてもらおうと違う味を選択することに。「柚子塩そば」にしようかな、券を購入後、中央のカウンター席に座り到着を待つ。席はテーブル席も一部あり。

さてそれほど待たず「「柚子塩そば」提供、来た時点でかなり柚子のかおりが漂っている。ではスープを、おお!まさに柚子塩、ゆずの香りと味わいが結構強めに効いた塩のスープ、コクがありうまみもしっかり感じられる。柚子の効き具合に最初驚いたがとても好みの味であった。

麺は太めで平たいタイプ、ちぢれておりスープも絡む。適度なコシながら柔らかい感じではない。かなり好みの麺であった。

Ishinsyoyu ここでらーめんを入れ替え中華そばを味見させてもらう。結構タレの味わいが効いた醤油のスープ、動物系のコクがあり背脂のうまみも効いている。これも良いな、麺もスープにあっている。

元に戻り塩そばを食べ進む。ねぎを麺と絡めながら。チャーシューは薄いが非常に肉のうまみを感じる。メンマも柔らかく、くさみも無し。

Ishinbeer すっかり完食、スープも完飲してしまった。ちなみにビールを飲んでいたが、中華そばのスープは酒のつまみになりそうな味わいであった。そういえば醤油のスープは結構ショウガの効きを感じる。

満足して店をあとにした。遠いけどこちらにはまた伺ってみたいものだ。

到着=21:03 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平ちぢれ麺 スープ=ゆずのかおりと酸味の効いた塩 お気に入り度=8

Ishinmenu

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年8月18日 (日)

自家製麺 SHIN 新 (反町)

訪問日=8月4日(日) 曇り

メニュー=らーめん

Shinsoba

東神奈川駅を降りて結構歩く。目的のお店「「自家製麺 SHIN 新」」に近づくとお店には並びがあることに気がついた。そうかそんなに人気のお店なんだ(ちなみに最寄は反町駅)。

で、お店に到着すると、あれ?まだオープン前か、11時開店と勘違いしていた。一番後ろについて開店を待つことにしたが、その後も並びが増え続けている。結局オープン時の並びは14人となっていた。

11時30分丁度に開店、徐々に店内へ入っていく。自分の番になり券売機でメニューを確認、左上は揚げ鶏の乗ったメニューながらでも普通の「らーめん」で券を購入することにした。ただ冷やしらーめんなんてのも気になるなあ、非常にそそられる。

券を持って奥のカウンター席へ着席、席数は8席か、ギリギリではないか、危ない。こうなると早めに来たのは正解ということになる。ちなみに厨房内は女性が2名で営業されている。

ちょっと待って「らーめん」提供、まずはスープから頂いてみる。おお!これは!動物系のコクとうまみ、魚介の風味と味わいがバランス良く効いた醤油のスープ、非常に良い香りで味わいが深い、なんて素晴らしいスープなんだ!一気に虜になってしまった。

麺は中太でコシがある。風味も良くスープもよく絡む。いやあこのらーめんはすごい!これは待った甲斐がある。

チャーシューは2枚、小さめだったので2枚入れてくれたらしい、ありがたや。さっくりして良い味、これも好みである。穂先タケノコがまた素晴らしい。良い香りで食感も良い。油断していたが一片のゆず皮がかなり効果的、香りよくスープにあっている。

感動しながら完食、しまった連食を考えていたのでスープは自重しようと思っていたが、でもこんならーめんを出されたら仕方ない、完飲しよう。というわけでスープを啜りきってから店をあとにした。

そういえば周りはだれもらーめんを食べておらず、注文は汁無し担々麺や冷やしらーめんばかりであった。普通のらーめんがこれほどなのに、どれだけレベルの高いお店なのだろうか?こちらにはぜひ再訪を考えたい。

ちなみにこのあと駅近くにある「麺処 雄」に伺ったが営業していなかった。中には誰もいなかったが営業時間変更?それとも夏期休業?結局「SHIN」で満足しきったのでこの日は連食はやめておくことにした。でもそれならせめて「SHIN」で味玉くらいつけても良かったなあ。

到着=11:16 待ち時間=15分ほど(オープン前並び) 行列=5人(オープン前行列)

麺=中太麺 スープ=魚介と動物系がバランス良く効いた醤油 お気に入り度=8

Shinmenu1

Shinmenu2

Shinunchiku

Shineigyo

 

Yuyasumi 「麺処 雄」は営業していなかった

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2013年6月 8日 (土)

麺の坊 砦(新横浜:ラーメン博物館)

訪問日=5月29日(水) 曇り

メニュー=ミニ砦ラーメン+砦のおむすび

Torideramen 「IKEMEN HOLLYWOOD」のあとは横にある「麺の坊 砦」に向かう。渋谷のお店には伺っているがこちらはまだ未訪であった。

店前には並びあり、しばらくして券売機で券を購入することに。今回は「ミニ砦ラーメン」と「砦のおむすび」を選択、実は「砦のおむすび」がかなり気になっていた。

それほど待たず店内に入りカウンターに着席、その後案外待ってラーメンが提供された。おむすびはそれから少しして。まずスープから頂いてみる。

コクのある豚骨スープは非常に深みのある味わい、いやこれはすごい、かなり好みのスープであった。ミニではなく普通のラーメンでも良かったか。

麺はとても細いタイプ、今回茹で加減はふつうでお願いしたがちょいかためくらいの食感で、それが丁度良い噛み応えであった。細麺のためスープがよくからむ。ちなみにミニラーメンは替え玉ができない。

チャーシューは薄めで噛み応えあり。もやしはしゃっきりした食感となっている。ミニながら満足感は高い。

Toridementaiすぐに完食、おむすびに取りかかる。明太マヨソースをつけて一口、おう!これは良い!マイルドな味となった明太のうまみが口の中に広がる。

ただ食べ進むと後半おむすびはくずれてしまった。これはどうやって食べるのが正解か?でもこのソースは持ち帰りしたいほどである。

スープも飲みながら完食、店をあとにした。ほかに伺いたいお店もあったが、とりあえずこの日は大満足二軒でラーメン博物館をあとにすることにした。

到着=11:17 待ち時間=5分 行列=6人

麺=極細麺 スープ=コクのある豚骨 お気に入り度=8

Toridemen

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年6月 7日 (金)

IKEMEN HOLLYWOOD(新横浜:ラーメン博物館)

訪問日=5月29日(水) 曇り

メニュー=ジョニーディップ

Ikemenjohnnydipオープンと同時にラーメン博物館に入り地下への階段を降りる。昭和な雰囲気を感じながら目的のお店「IKEMEN HOLLYWOOD」に到着した。こちらはアメリカからの逆輸入店舗らしい、さすがラー博は面白い。

お店の券売機を確認し、多分一番メインのメニューと思われる「ジョニーディップ」の券を購入した。ほかにも「ゴーストバスター」や「バックドラフト」といった気になるメニューがある。

店内に入りカウンターに着席、テーブル席も多数ある。店員さんはやはり日本のお店とは違う感じ、服装がかっこいい。結構待って「ジョニーディップ」提供、プレートの上に麺とスープの器が乗っている。

まず麺を頂いてみる。コシのある太麺はしっかりした食感、風味も良く好みの麺である。

つけスープは最初にかなりバジルのかおりを感じる。そして動物系のうまみもあり、ちょい甘みもあるがしつこいほどではないようだ。おや?好きな味、ちょっと予想外に良い印象であった。

スープ内にはミニトマトも入っている。チャーシューは薄切りでかなりしょっぱめであった。

するすると食べてしまい完食、いつも頂いているつけ麺とは印象がかなり違うが、とても好みの味であった。

そういえば麺の量はそれほどであったが、これで通常サイズならミニはどうなるのだろう。そう思って他のミニを頼んでいる人を見ると、多分3口くらいで食べれそうな量であった。通常サイズでよかった。

最後にスープ割りをお願いし、それも完飲して店を後にした。面白いつけ麺を頂けた。こうなるとやはりほかのメニューも気になってしまう。

到着=11:01 待ち時間=0分 行列=0人(一番客)

麺=太麺 スープ=動物系のうまみ、バジルが効いている お気に入り度=8

Ikemenmenu

Ikemenpork

Ikementoppi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

お気に入り6以下 | お気に入り7 | お気に入り7 その他の場所 | お気に入り7 世田谷区 | お気に入り7 中央区 | お気に入り7 中野区 | お気に入り7 北区 | お気に入り7 千代田区 | お気に入り7 千葉県 | お気に入り7 台東区 | お気に入り7 品川区 | お気に入り7 埼玉県 | お気に入り7 墨田区 | お気に入り7 大田区 | お気に入り7 川口市 | お気に入り7 文京区 | お気に入り7 新宿区 | お気に入り7 杉並区 | お気に入り7 東京その他 | お気に入り7 板橋区 | お気に入り7 江戸川区 | お気に入り7 江東区 | お気に入り7 渋谷区 | お気に入り7 港区 | お気に入り7 目黒区 | お気に入り7 神奈川県 | お気に入り7 練馬区 | お気に入り7 荒川区 | お気に入り7 葛飾区 | お気に入り7 豊島区 | お気に入り7 足立区 | お気に入り8以上 | お気に入り8以上 その他の場所 | お気に入り8以上 世田谷区 | お気に入り8以上 中央区 | お気に入り8以上 中野区 | お気に入り8以上 北区 | お気に入り8以上 千代田区 | お気に入り8以上 千葉県 | お気に入り8以上 台東区 | お気に入り8以上 品川区 | お気に入り8以上 埼玉県 | お気に入り8以上 墨田区 | お気に入り8以上 大田区 | お気に入り8以上 川口市 | お気に入り8以上 文京区 | お気に入り8以上 新宿区 | お気に入り8以上 杉並区 | お気に入り8以上 東京その他 | お気に入り8以上 板橋区 | お気に入り8以上 江戸川区 | お気に入り8以上 江東区 | お気に入り8以上 渋谷区 | お気に入り8以上 港区 | お気に入り8以上 目黒区 | お気に入り8以上 神奈川県 | お気に入り8以上 練馬区 | お気に入り8以上 荒川区 | お気に入り8以上 葛飾区 | お気に入り8以上 豊島区 | お気に入り8以上 足立区 | その他ラーメン | つけめん | まぜそば | ラーメン | 冷やしメニュー | 日記・コラム・つぶやき | 行列5分以上