« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月30日 (火)

辛味噌煮干 六(試食会:神泉)

辛味噌煮干 六訪問日=6月21日(日) 晴れ

メニュー=辛味噌煮干つけ麺

6tukemen

神泉にある「辛味噌煮干 六」というお店で新しいメニューが提供され始めるらしく、その試食をさせて貰えることになった。

日曜日のちょっと遅い時間にお店に向かう。最寄りは神泉だが、歩いても行けそうなので今回は渋谷からのアプローチである。でも結構汗をかいてしまった。

お店到着、店内にはいりカウンター席に着席する。お店の方から今回のメニュー「辛味噌煮干つけ麺」の説明を聞く。実は普段あまり味噌らーめんは食べない方なのだが、今回のメニューはどういう感想を持つだろう。

さて説明のあと、テレビで流されたお店の紹介ビデオを見たりもする。そんなこんなで「辛味噌煮干つけ麺」が提供された。つけスープは石焼きの器に入れられており、ぐつぐつとスープが沸騰している。

まずは麺を頂いてみる。コシのある太麺は食感が良く風味も良い、好みの麺であった。そんな麺をスープに少しつけたり多めにつけたり味を楽しみながら食べていく。

つけスープは動物系のうまみある味噌のスープ、そして煮干の風味が口に広がる。味噌だけが主張する味ではなくスープの味わいもしっかりと感じる。

辛味はあるけれど強すぎる感じでもない。ただもう少し辛味が効いていても良いかな、そんな感想を伝えると別皿で唐辛子パウダーを提供して頂けた。

6eye きれいなオレンジ色の唐辛子、「バーズアイ」という種類らしい。その説明をいろいろ聞いていたら、しまったスープに入れるのを忘れてしまった。

スープ内のチャーシューは柔らかく、熱々の石焼きの器に入っていると下の方で結構溶けてしまう。この辺は実メニュー提供時には変わるかも。ねぎがたっぷり、スープにつけて食べていく。味玉が柔らかく良い味であった。

麺は250g、多く見えたけど水よけのザルがあったのでそれほど多いわけではない。もうちょい多くても良いかな。これもどうするか考えているとのことであった。

そして完食、しばらくお話をお聞きして店をあとにした。味噌つけ麺も良いもんだ、他のお店でも試してみたくなってしまった。

到着=14:06

麺=太麺 スープ=煮干の風味ある濃いめの味噌、辛味あり

6kodawari

6omote

| | トラックバック (0)

2015年6月29日 (月)

麺処 名越(東中野)

訪問日=6月20日(土) 晴れ

メニュー=中華そば

Nagoshisoba

「つけ麺 たけのじ」のあと東中野に移動、以前「瀧本軒」のあった場所にできた「麺処 名越」を訪問する。

店内に入り券売機でメニューを確認、上は魚介豚骨で次につけめん、その下に中華そばという具合にボタンが配置されている。なんとなく今回は「中華そば」で券を購入した。

店内は一席のみの空き、自分で満席になる。カウンター席に着席、席はテーブルも一卓あり。ちょっと待って「中華そば」が提供された。

まずはスープを飲んでみる。動物系のうまみある醤油のスープ、ちょい油感もあり、そのためかかなり熱々であった。結構好きな味である。

麺は中太でコシがある、食感もよくスープも絡む。チャーシューは噛み応えあり。メンマは風味がちょい微妙な感じであった。

後半なんとなく摺りにんにくを入れたのだがこれがスープにあう。これなら最初の方に入れても良かったな。

すぐに完食、スープはある程度飲んで店をあとにした。

到着=12:50 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=中太麺 スープ=動物系のうまみある醤油 お気に入り度=7

Nagoshieigyo

Nagoshimenu

| | トラックバック (0)

2015年6月28日 (日)

つけ麺 たけのじ(都電早稲田)

訪問日=6月20日(土) 晴れ

メニュー=つけ麺並

Takenojituke

都電早稲田駅近くの「つけ麺 たけのじ」を訪問する。店前に待ち客がいたのだが、まずは店内に入り券売機で券を購入することになった。

左上のつけ麺は並と大が同額、並が250gで大が350gか、逆に迷うな。これが並200gと大300gなら迷わず大にするんだけど。結局今回は並で券を購入することにした。

空き席の関係ですぐに着席、らーめんには関係ないどけ厨房内にいる店主氏の髭がすごい。ちなみにホールは別に女性が担当されている。

それほど待たず「つけ麺並」の提供、かなり太い麺だが、その割りに提供時間はかなり早いかも(でも茹で置きという感じではなかった)。まずはその麺を頂いてみる。

ちょい柔らかめの極太麺、コシはなく柔らかい食感、最初違和感があったけれど、でも食べ進めるとこれはこれでありかもしれないと思えてきた。

つけスープは動物系のうまみある醤油のスープ、酸味と甘味が効いている。優しい食感の麺には良いかもしれない。

スープ内には噛み応えのある肉厚のチャーシューが潜んでいる。メンマも大きめ、食感がしっかりしている。柚子皮はそれほど香らなかったが、口に入ると急に強い風味が広がった。

そして完食、スープ割りはある程度飲んで店をあとにした。もう一度くらい伺えば結構ハマるつけ麺かもしれない。

到着=12:06 待ち時間=0分 行列=4人

麺=極太麺 スープ=動物系のうまみある醤油、酸味甘味あり お気に入り度=7

Takenojimenu1

Takenojimenu2

| | トラックバック (0)

2015年6月27日 (土)

麺処 利他(新田)

訪問日=6月18日(木) 曇り

メニュー=利他らーめん

Ritaramen

新田駅近くの「麺処 利他」を訪問、店内に入り券売機でメニューを確認する。今回は特製の下にある「利他らーめん」で券を購入した。

カウンター席に着席、ちなみに後ろは座敷席になっている。麺は太麺らしくちょっと待って「利他らーめん」が提供された。

まずはスープを飲んでみる。節系魚介のうまみある醤油のスープ、きつい味でなく飲みやすい。それほど特徴がある感じではないが麺結構好きな味であった。

麺は太めで適度なコシ、さくっと噛みきれるような食感でスープは絡む。チャーシューは噛み応えあり、メンマはちょっとにおいが微妙な感じかも。味玉半個はうれしい。

すぐに完食、店をあとにした。

到着=12:29 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=節系魚介のうまみある醤油 お気に入り度=7

Ritamenu1

Ritamenu2

| | トラックバック (0)

2015年6月26日 (金)

青森下北ラーメン 三代目 藤村商店(住吉)

訪問日=6月16日(火) 曇り

メニュー=元祖魚介の中華そば

Fujimurasyotensoba

「麺屋 WILLOW」のあとは住吉駅に移動、駅の出口を出てすぐの場所にできた「青森下北ラーメン 三代目 藤村商店」を訪問する。店内へ入ると中には待ち客がいた、そうか人気があるんだな。

先に券売機で券を購入する。今回は左上の「元祖魚介の中華そば」で券を購入し待ち客の後ろにつく。自分の前まではすぐに着席できたのだが、そこからちょっと待つことに。10分ほど待ってカウンター席に着席する。

それほど待たず「元祖魚介の中華そば」提供、まずはスープを飲んでみる。魚介のうまみがある醤油のスープ、あっさりながらうまみは十分な味であった。結構オイリーな感じだが、どこか懐かしい感じの味かもしれない。

麺はちょい細目でちぢれている。すすり心地が良い感じではないが、でもスープはよく絡む。

上のでかいチャーシューは柔らかく、ただちょいぱさつきも感じる食感であった。メンマは柔らかくくさみもない。

すぐに完食して店をあとにした。ちなみに隣の方のつけ麺がかなりの大盛り具合であった。あれはサービスで同額(つけ麺は並・中・大盛り同額らしい)の大盛りだったのだろうか?

到着=12:19 待ち時間=10分 行列=5人

麺=中細麺 スープ=魚介のうまみある醤油 お気に入り度=7

| | トラックバック (0)

2015年6月25日 (木)

麺屋 WILLOW(浅草橋)

訪問日=6月16日(火) 曇り

メニュー=塩ラーメン

Willowshio

以前伺いながら臨休だった「麺屋 WILLOW」を再訪した。店内に入り券売機でメニューを確認、「醤油ラーメン」と迷ったが今回は「塩ラーメン」で券を購入している。カウンター席に着席、3席しかないが2階にも席がようだ。

「塩ラーメン」はすぐに提供、まずはスープを飲んでみる。鶏のうまみあるあっさりした塩のスープ、鶏のかおりもちょっと感じてしまう。ただすっきりして好きな味であった。

麺はちょい細目で適度なコシ、すすり心地が良い。麺を頂いた時の方がスープの具合が良い。

鶏チャーシューはさっくりした食感、鶏のにおいは結構強めであった。大降りカットのタケノコはしゃきっとざっくとした食感が楽しい。これはメンマよりうれしいかもしれない。

するするっと食べてしまい完食、スープも結構飲んで店を後にした。スープの感じからして「醤油ラーメン」の方がもっと好みだったかもしれない。

到着=11:45 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=あっさりした塩 お気に入り度=7

Willowmenu

| | トラックバック (0)

2015年6月24日 (水)

大味(蕨)

訪問日=6月14日(日) 曇り

メニュー=スーラータンメン

Taimisuratanmen

量が多いという蕨のお店「大味」に向かう。お店に着くと普通の中華料理店という感じ、店内に入るとテーブルのみの席構成であった。満席だったので今回は相席で着席している。

メニューを見て「スーラータンメン」をお願いした。まあ店の感じからしても喫煙可能はしょうがないか、でもかなりにおいが漂ってくる。

「スーラータンメン」の提供はかなり待つ、結局20分ちょい待ってやっと提供された。丼自体はそれほど大きくはないが、でもその丼にぎっちり詰まった感じである。

スープを飲もうとレンゲで掬おうとしたが、これはもうスープというより全体的に玉子餡だな。玉子ふわふわの餡の上にラー油が掛かっている。

掬って一口、あっさりマイルドな味のふわふわ玉子、スーラータンメンながら酸味はそれほど効いてはいない。そして見た目に予想していたがかなり熱々である。玉子餡には豆腐も入っており、それでさらにふわっとした感じになっている。

麺もたっぷり、コシのある中太で玉子餡は当然絡む。麺自体も好きなタイプであった。

玉子餡にはもやしにニラ、ハム、豆腐など、豚肉が良い味だなあ。このメニューは熱々で量もたっぷりのためゆっくり食べることになる。それでも麺は早めに完食した。

残りのスープ、というか残っているのは茶碗蒸しのような感じ、レンゲで掬って食べていく。最後はちょっとスープっぽくなったがそれも結局飲みきっている。

普通盛りは無茶な量という感じではなかったが、でも食後お腹がすっかり満腹になっていることに気づく。そういえば麺類大盛りってあったな、そんなの頼んだら大変なことになりそうだ。

お会計をして店をあとに、満足したがタバコのにおいがなければもっと良かったはず、それが残念。こちらのお店にはまたいつか違うメニューを頂きにも訪問したい。

到着=11:29 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=中太麺 スープ=ラー油の掛かったふわふわ玉子スープ、酸味は控えめ お気に入り度=7

Taimimenu1

Taimimenu2

Taimimenu3

Taimimenu4

| | トラックバック (0)

2015年6月23日 (火)

麺 高はし(赤羽)

訪問日=6月13日(土) 晴れ

メニュー=半肉入りつけそば大盛+味玉

201506takahashituke_2 土曜日のこと、赤羽の「麺 高はし」に向かったのだがいつもよりちょい出遅れた。そのためかお店に着くと店前にはかなりの行列が出来ている。これは結構時間が掛かりそうだ。

結局30分ほど待って店内へ、カウンター席に着席する。今回はちょっと待って「半肉入りつけそば大盛+味玉」が提供された。まずは麺から頂こう。

コシのある太麺はいつもより滑らかな感じ。でも食感はじっかり、風味も良い。こういう感じの麺もたまに出てくるが、いつもとの違いを感じられてそれもまたうれしい。

つけスープには今回も最初は混ぜずに麺を浸ける。動物系のコクとうまみ、魚介の風味と味わいを感じる。混ぜていないので下のタレはまだ全体にいき渡っていない。スープのうまみでしばらく頂く。

そして頃合で箸を使って下からスープを混ぜる。タレの味わいがスープのうまみを引き立たせる、今回も良い味だ。

角切りのチャーシューは噛み応えがある。肉のうまみもしっかりと、スープも絡み良い味であった。甘めのメンマや味玉なども楽しむ。

多目の麺もすぐに完食、食べ終わる直前に提供された割りスープで残りのスープも完飲する、いやあ良い味だなあ。

最後にお会計をして店をあとに、ではまた来月参上します。ちなみに7月の休みが貼られていたということは、もう6月の日曜休み以外は無いのだろう。その7月は20日(月)祝日が休みになるようだ。

到着=10:49 待ち時間=29分 行列=15人

麺=太麺 スープ=魚介動物系の効いた醤油

201506takahashimenu

201506takahashiyasumi

| | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月)

Hand-Pulled-Noodles(本郷三丁目)

訪問日=6月12日(金) 曇り

メニュー=ラム肉入り正油味麺

Hyandpullednoodlesram

「銀座 篝 Echika fit 銀座店」のあとは本郷三丁目に移動、ちょい歩いて「Hand-Pulled-Noodles」というお店の扉をくぐる。

店内の券売機でメニューを確認、左上の「牛肉入り正油味麺」にしようと思っていたが、でも横に豚、ラムと並ぶことに気がついた。今回は興味が出てしまった「ラム肉入り正油味麺」で券を購入することに。

その後カウンター席に着席、席はテーブルも一卓ある。厨房内は中国の方だろう、ご主人が大きなステンレスのボールから長い棒状の小麦の塊を手で引っ張って麺にしている。こういう麺の作り方ははじめて見た、面白いなあ。

この後なぜか順番を一つ間違えられたが、でも思ったほど時間は掛からず「ラム肉入り正油味麺」が提供された。まずは混ぜてと。

Hyandpullednoodlesmaze_2 かなり太い麺はコシがありかなり食感がしっかりしている。たまに細目もあるが基本太い麺、手で伸ばすとこういう太さ不均等になるのだろう。でもそれがまた良い、こういう麺は大好き。

上にはスパイシーなひき肉、下のタレとも混ざり山椒のぴりりとした刺激が口に広がる。

野菜がたっぷり、もやしにキャベツ、ニンジン、ピーマン、ワカメ、正直もう少し野菜少な目で麺を楽しみたい気もした。野菜別皿とかできないかな?

ラム肉はさっぱりした味でクセはない。でも後口にラム肉の香りがある、それもまた良し。

ちなみに横の方は中太くらいの麺が多めの様であった、その時々で麺に違いがあるようでそれもまた楽しそうだ。

完食直前、他の方がどこの料理か店主氏に確認していたのが聞こえてきた。説明によると中国出身のご主人がアメリカに渡り、そこでトルコの方に教えてもらったのがこの料理らしい。

そしてその料理は中国少数民族の料理とのこと、それを日本でお店を出して提供する、随分回ってきたもんだ。まあ楽しい料理を頂けるでのありがたい。

さて帰り際、壁に写真でかわいい女の子がテニスウェアで写っているのが目に入った。一枚の写真にはマイケル・チャン氏も写っている。ご主人に確認したらその女の子は娘さんらしい、自慢の娘って感じなのかな。

到着=12:14 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺(太さ不均等) スープ=山椒の効いたスパイシーな醤油 お気に入り度=7

Hyandpullednoodlesmenu

| | トラックバック (0)

2015年6月21日 (日)

銀座 篝 Echika fit 銀座店(銀座)

訪問日=6月12日(金) 曇り

メニュー=鶏白湯SOBA

Kagarisoba

銀座の行列店「銀座 篝」の支店が銀座駅のある地下街に出来た。お店の場所は「西銀座チャンスセンター」も近い。

到着すると店前には並びはあるが、それほど多いわけでは無かった、ちょっとほっとする。並びに着くと店の方からメニュー表を頂いた。

たか!950円が最低価格、マジか。ちなみにあとで本店の情報を確認したらそちらも値上がりしていた。とりあえず今回は「鶏白湯SOBA」の並でお願いしている。さてちょっと待って店内へ入りカウンターに着席した。

それほど待たず「鶏白湯SOBA」提供、まずはスープを飲んでみる。鶏のうまみが効いた白湯スープ、コクはあるけれどスッキリしている。ちょっと洋風な感じもするスープは好みの味であった。

麺は中細で適度なコシ、これは狙った茹で加減かな、ちょっと柔らかくも感じる。でもスープにはあっている。

低温調理の鶏チャーシューはさっくり柔らかい。ズッキーニやレンコンなどは季節の野菜になるのだろう、らーめんには珍しいトッピングであった。

すぐに完食、味は良いけれどもう少し麺量が欲しいかも。大盛りくらいでちょうど良さそうだ。最後にお会計をして店を後にした。せめて800円台ならもっとうれしいのだが、まあ銀座だしな、銀座にも安くてうまい店はあるけれど。

到着=11:36 待ち時間=9分 行列=2人

麺=中細麺 スープ=鶏のうまみある白湯 お気に入り度=7

Kagarimenu

| | トラックバック (0)

2015年6月20日 (土)

I am ラーメン漢(ラーメンマン:王子)

訪問日=6月10日(水) 晴れ

メニュー=ラーメン(こってり)

Ramenmankoteri

以前「滝野川大勝軒」があった場所に個性的な名前のお店ができた。「I am ラーメン漢(ラーメンマン)」か、いろいろ突っ込みたくなる名前だね。

さてそんなお店の前では大きな声で呼び込みをされている。その方に案内されて店内に入り券売機の前に立つ、さて何にしようかな。辛いラーメンとも迷ったが今回は普通の「ラーメン」で券を購入した。並みで300gとのこと、結構な麺量だね。

店の方に券を渡すと「こってり・あっさり・超こってり」の選択を確認された。超こってりには危険なものを感じてしまい、今回は「こってり」でお願いすることにした。カウンター席に着席、厨房内では野菜を炒める音が聞こえてくる。

しばらくして「ラーメン(こってり)」提供、まずはスープを飲んでみる。動物系のうまみがある醤油のスープ、野菜の味わいも効いている。ワイルドな味ながらきつい味ではない。正直もうちょい濃いめだとクセになる味になりそうな気もした。

麺は太くコシがある、しっかりした食感、ワシワシ噛む感じだが固い印象はない。かなり好みの麺であった。

野菜はもやしにキャベツ、ニラ、キクラゲ、ニンジン、豚肉がたっぷり入っている。豚肉はちょっと豚肉の香りが強めかもしれない。

背脂たっぷり、これが「こってり」部分か、「超こってり」だとこれがすごいことになるのかな?背脂を麺と絡めて頂くと、おっとこの方がコクが出てさらに好みの味になる。あとはゆで卵が半個乗っている。

すぐに完食、スープを飲んでいく。スープだけの方がインパクトがあるような、野菜と太麺だとちょっと弱いのか。やはりもうちょっと濃い目でも良いな。

さてスープは結構な量を飲んで店をあとにすることに。「滝野川大勝軒」は池袋に移転したからこちらにはまた来ることだろう。今度は辛いラーメンを頼んでみるか。

到着=13:09 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=動物系のうまみある醤油 お気に入り度=7

Ramenmankonomi

| | トラックバック (0)

2015年6月19日 (金)

トナリ 大宮店(大宮)

訪問日=6月9日(火) 曇り

メニュー=タンギョウ

Tonarirangyou

大宮で昼飯を、今回は「トナリ」の大宮店に伺うことにした。「トナリ」自体も久しぶりの訪問になる。

店内に入り券売機でメニューを確認、「タンメン」は頼むとして、この日は連食を考えていなかったので「ギョウザ」もお願いすることにした。そうなるとその二つのセットである「タンギョウ」で券を購入することになる。

席は満席の模様、店内の待機椅子にも1名座られている。同じく待機椅子に座ったが、ただそれほど待つこともなく空き席ができ着席することができた。厨房内では豪快に野菜が炒められている、こういうのを見るのも楽しい。

さてちょっと待って「ショウガコール」、今回は普通に有りでお願いした。そして「タンメン」提供、餃子もほぼ同時に提供された。野菜がてんこ盛りになっている。その野菜を掻き分けまずはスープを飲んでみる。

野菜の味わいが溶けたスープはうまみもしっかりと感じることができる。おっと予想以上に好きな味、油断していたからなのかかなり好みの味であった。

太く平たい麺はコシはあるけれど適度な感じ、つるつるとしたのど越しもある。この麺も良いじゃないか。

そしてたっぷりの野菜、キャベツ、白菜、タマネギ、ニンジン、ニラ、小松菜、もやし、コーン、イカ下足、カマボコ、豚肉とこれでもかと乗っかっている。野菜をしっかりと摂取できるのが良い。ショウガも溶かしながら食べ進む。

普段タンメンはあまり狙わないが、でも今回は強い満足感を覚えている。

そして餃子、最初はお酢だけで頂いてみる。肉のうまみを感じるこの餃子、ニンニクは感じず食べやすい感じ、熱々ではないが、それはそれで食べやすい。

半分食べてからお酢のお皿に醤油も加える。味ははっきりするがお酢だけのほうが好みかも。

タンメン・ギョウザともに完食、スープも結局飲みきってしまう。そして店を後に、たまにタンメンも良いものだ。今度他のお店でも狙ってみようか。

到着=12:17 待ち時間=4分 行列=1人

麺=太平麺 スープ=野菜の味が溶けたうまみのある塩 お気に入り度=8

Tonarimenu1

Tonarimenu2

Tonarimenu3

| | トラックバック (0)

2015年6月18日 (木)

R(駒澤大学)

訪問日=6月7日(日) 曇り

メニュー=濁り煮干ラーメン(醤油)

Rramen

「燎原」のあと同じく駒澤大学駅が最寄の「R」を訪問する。場所は以前「666」のあったところになるのだが、そうか「666」は閉店したのか、良かったんだけどなあ。

さて「R」の店内に入り券売機でメニューを確認する。最初左上の「煮干ラーメン(たぶん淡麗煮干ラーメンだろう)」にしようかと思ったが、でも名前に惹かれて今回は「濁り煮干ラーメン」で券を購入した。

カウンター席に着席、壁に飾られた絵を見ると煮干に関するものが多数ある、ちょっと面白い。

さて結構待って「濁り煮干ラーメン(醤油)」提供、まずはスープを飲んでみる。いやあ煮干だねえ!煮干の風味とうまみを感じる濃い目の醤油のスープ、煮干のエグミと苦味を感じるほどの味ながら、でも煮干好きなのでむしろそれも好みであったりする。このスープはガツンとくる味でわいあった。

麺はかなり太めでコシがある、でも固いというほどではない。しっかりした食感ながらのど越しも良い。このらーめん良いわ。

上のつぶつぶはなんだ、ってニンニクか!ショウガかと思った。結構な量にびっくりしたが、でもスープに溶かすとちょうど良い。ただ提供前に確認した方が良いかも。

チャーシューは肉厚で噛み応えがある、このチャーシューでさらにインパクトが出る。でもメンマは風味がかなり微妙かも、スープの風味と味で押さえつける。タマネギはしゃりっとした食感も良くすっきりした甘味も感じる。

そして完食、スープも結局飲みきってしまった。満足して店を後にする。他のメニューはどういう感じだろう?「煮干パイタン」というのもかなり気になる。

到着=13:06 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=煮干しが強烈に効いた濃い味の醤油 お気に入り度=8

Rhishio

Rkabe1

Kabe2

Rmenu

Reigyo

| | トラックバック (0)

2015年6月17日 (水)

燎原(駒澤大学)

訪問日=6月7日(日) 曇り

メニュー=燎原醤油ラーメンシンプル+サービスライス

Ryogenramen

自由が丘にある「星火」という和食料理店でらーめんを出しているというのは知っており、いつか行ってみたいと思っていた。

思っていただけでいつ行こうとも考えていなかったのだが、するとその「星火」がらーめん専門店を出すとのこと、なんという好都合、これは行かなくては。

お店は駒澤大学駅が最寄の環七通り沿い、お店に着いたので店前の券売機で券を購入しようとしたら、お店の女性がなにやら作業をされている。つり銭切れですか、その女性にちょっと待ってと言われたのでちょっと待ったけど、店に入った女性はなかなか帰ってきてくれない。何かあったのか?

後ろにも待ちが発生したので店内の別の女性に声を掛けた。すると口頭注文で良いとのこと、ちょっと考え今回は「燎原醤油ラーメンシンプル」でお願いした。

カウンターに着席、席はテーブルもあり。お店の方からライスがサービスとの案内があった。この日は連食を考えていたのだが思わずお願いしてしまった。

ラーメンはすぐに提供、あれ?箸はどこだ?前に小さい引き戸がありその中に箸入れが置かれていた。なるほどなあ。

さてまずはスープを飲んでみる。牛の風味とうまみを感じるあっさりした醤油のスープ、すっきりした味で香りが非常に良い。

麺は細目でコシがある、このスープにはこれくらいの太さがちょうど良いように感じた。

チャーシューではなく牛肉、香りが良く噛み応えがしっかりしている、いやこれ良いねえ。そしてもやし、普段らーめんにもやしを欲しない方なので、今回ももやしが入っているのはどうかと思っていた。でも豆の食感が良くもやし自体も細目なので麺とも違和感がない。このもやしなら文句なし。穂先メンマも柔らかく良い食感であった。

Ryogenrice そして完食、ここで残しておいたライスにスープを掛ける。コショウなんかを散らして頂いたがこれも良い。

らーめんには満足したが、ただ右横と、その逆の一つ飛ばして左横(後から来た)が知り合いだったらしく、食事中背中越しに話をされたのが非常に煩わしかった。それなら途中で席も空いたんだから移動すれば良いのに。

さて席を立つ前にハッと思い出す。そうだまだ代金払ってない!そのまま帰ると食い逃げになってしまうのでここでお支払いをして店を後にした。

さて今回頂いたのは「燎原醤油ラーメン」なので、注文時に迷った「星火醤油ラーメン」を頂きにこちらには再度訪問しなければいけない。

到着=12:29 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=牛の風味とうまみあるあっさりした醤油 お気に入り度=7

Ryogenmenu

Ryogeneigyo

| | トラックバック (0)

2015年6月16日 (火)

自家製中華そば としおか(早稲田)

訪問日=6月6日(土) 曇り

メニュー=塩ラーメン(中)

Toshiokashio

前日に呼び出しがあり、「べんてん」出身の方が出したお店「自家製中華そば としおか」に行くので一緒に並べとのお達し、集合は9時とのこと、マジっすか。並びがすごいとの噂は聞いていたけどそこまで気合いをいれないとダメなのか。

そして翌日お店には9時ちょうどくらいに到着、ってもうそんなに並んでるのかよ!なんと店前にはすでに8人のお客さんが待機されている、いやこれは驚いたなあ。

さて同行の方も到着したのでおしゃべりして時間をつぶす。その後も並びは伸びて伸びて伸びまくる、これは大変だ(土曜日というのも関係するのか)。

このまま伸びると周りからクレームがくるかもと思ったが、ただ開店時間である11時よりかなり前の10時40分にはのれんが掛けられた。この時点で50人弱が並んでいる。

徐々に店内へ入る待ち客、でも席は8席らしく自分達の目の前でファーストロットを逃すことになった、残念。そしてここからがまた長かった。

もしかすると並びが伸びすぎたので客を早めに入れたのか?ビルの関係者の方だろう、並びを整理されてもいたし。このまま列が伸び続ければ土曜日の営業ができなくなるんじゃないだろうか?

さて11時を20分ほど回ったところで店内へ入ることに。店内のお客さんを見るとこの時点でまだ提供されていない方もいるようであった。

券売機でメニューを確認、自分は「塩ラーメン」で券を購入、同行の方は「小ラーメン」で券を購入している。席調整のあとカウンター席に着席、ちなみに入口右には製麺室がある。

調理され始めからはそれほど待たずにらーめんは提供されたが、でも回転が悪いのは調理開始までの準備に時間が掛かるからではないか。なぜならこのお店は厨房内お一人で営業されているので、この来客に対してこれは大変そうだ。

さてまずは「塩ラーメン」のスープを飲んでみる。コクのある塩のスープはなるほど良い味、やはりこの味は出身の「べんてん」を思い出す。

ただどうしても「べんてん」と比べてしまうところもあり「べんてん」よりちょっとあっさりした味でうまみが抑え気味な感じがした。いや普通に考えたらかなり好みの味なんだけど。まあ「永太(「べんてん」出身)」と違ってほぼ「べんてん」な味で出てきたので。

麺は太めで適度なコシ、風味は良く好みの麺、「べんてん」で固め注文があったとき、そのあとの麺のようなちょい柔らかめかも。

チャーシューは柔らかく良い味、メンマも食感がしっかりしている。辛味もあるショウガがうれしい。ちなみに味玉はサービスだろうか?このロットは全員についていた。

Toshiokaramen ラーメンも味見させてもらったが、こちらも案外あっさりめな味、でもこれはこれで良い。

すっかり完食、スープも飲みきり店を後にした。また伺って味の違いを確認したいが、でも行列がなあ。次回はつけ麺を頼んでみたいのだが。

到着=9:04 待ち時間=2時間13分 行列=8人(オープン時全体で50人弱)

麺=太麺 スープ=コクのある塩のスープ お気に入り度=8

Toshiokamenu

Toshiokamenmori

Toshiokanoren

「当面昼間のみの営業とさせていただきます」ということらしい

Toshiokaeigyo

Toshiokaonegai

Toshiokakousaten

| | トラックバック (0)

2015年6月15日 (月)

麺屋 薫風(不動前)

訪問日=6月4日(木) 晴れ

メニュー=濃厚つけ麺大

Kunputuke

不動前駅近くの「麺屋 薫風」を訪問、お店にはしらけんさんとご一緒に入店する。

店内に入り券売機でしらけんさんは「大山鶏中華そば」を購入、自分は「濃厚つけ麺」で券を買うことにした。

 

Kunpusoba カウンター奥の席に着席、中華そばはそれほど待たずに提供された。ちょと頂いたが動物系のうまみある醤油のスープでうまみも十分な味わい、麺はちょい細目でコシがある。結構好きな味であった。

さてつけ麺提供、まずは麺を頂いてみる。コシのあるかなり太めの麺は、ただ固くなくて好みの茹で加減であった。

つけスープはかなり濃厚、動物系のうまみがあり魚介の味わいも効いている。そして酸味のある味わい、酸味は無い方がもっと好みかも。

スープ内には豚肉が入っている。麺の上には鶏肉も、さっくりした食感であっさりした味であった。大きいナルトがうれしい。

すっかり完食、スープ割りは少し頂き店を後にした。うーん、どこかで食べたような気もする味であった。

到着=11:56 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系と魚介のうまみある濃厚な醤油、酸味あり お気に入り度=7

Kunpumenu

| | トラックバック (0)

2015年6月14日 (日)

6人会・幹事ふたたび(アルス南青山・乃木坂)

訪問日=6月3日(水) 晴れ

4月に開かれた「ぼぶ亭」で不定期開催の「6人会」を開催することを告げられ、その幹事を依頼された。まあFILEさんの代理って感じなんだけどね。で、お店は「アルス南青山」という指定があったのでそこに決定、行こうと思っていたお店なのでありがたかった。

一応自分は日程調整とお店の連絡を担当し、FILEさんが店主氏に連絡が取れるそうなので料理などを調整してもらうことに。

そしてこの日19時開始でお店に集合、そうか乃木坂って駅としては降りるの初めてだな。お店は地下なので階段を下りて店内へ。

Arsmenu1

Arsmenu2

一番奥のテーブル席に陣取ることに。さて先に皆さんから集金してお会計を済ませます。よし!これで幹事の仕事終了!あとは食べて飲むだけだ!

まずはビールでカンパーーーイ!!!

Arsbeer

写真にベルがありますが、今回陣取ったのは厨房からは見えづらいところなのでこのベルでお店の方を呼ぶことになります。幹事は終了したけど座った席的にこのベルを叩くのは自分の役目となりました。えー、あとの記憶ですが中盤このベルを頻繁に叩いていた気がします。

ちなみにこの日はラーメン好きなメンツのため、通常コースから少しアレンジされており、麺メニューが少し増えた内容となっています。そして3時間飲み放題、なんて危険な響き「3時間飲み放題」、ベルを叩き続けるわけです。

さて最初に出てきたのは煮干しや鰹節、昆布にゴマなどの出汁を取るときに使われる食材、食べやすいつまみって感じじゃないけど、この店の姿勢を表すようで良いですね。

Arssono1

続いて出てきたのがウェルカムラーメン、ワイングラスに入っての登場はちょっと驚いたなあ。なんかお洒落。

Arssono2

伊達にワイングラスに入っているわけじゃない、なんとスープにワインが使われているらしい。スープを飲むと後口にワインがしっかり感じられる、面白いし良い味、これはうれしいなあ。

ちょっと席をはずしている時に提供されていたポテトサラダ、

Arssono3

いぶりがっこが入っているらしく、その噛み応えがポテトの食感の合間にあって楽しい。

そして味噌とチーズが上に塗られたバゲット、

Arssono4

おお!結構濃厚!でもチーズと味噌は違和感なくとても好みの味、これ良いわ。

そしておでん登場、

Arssono5

Arssono6

全部食べた訳じゃないけどお出汁が良い味でタネにもしっかり染みている。そういえば徳島にいたころはちくわぶの存在を知らなかったんだよなあ。でも最近はコンビにでおでんを買うときにでもお願いしてしまうほど好きになっている。

そして鶏の唐揚げ、

Arssono7

外はさくっとした食感、中はちょっと固めかな。なぜかおでんの出汁に漬けて食べるのが大流行してたっけ。

さてこれまでビール党として不動の地位を築いておりましたが、最近は他のお酒にも手を出すようになりました。

きっかけは昔飲み会でビールばかり頼む自分を指し、「割り勘負けする!」と言われたのが最初でした。それ以降まずは「ホッピー」に手を出し、まあこれはビールの延長気分ですね。ただそれから「ワイン」だ「芋焼酎」だと飲み始め、ついには「日本酒」にまで手を染めてしまいました。

という訳でこの日も「日本酒」をオーダーします。

Arsponsyu

なんかお洒落なグラスに入っている。日本酒をこういうグラスに入れると綺麗だなあ。

次に冷たいまぜそば、

Arssono8

すっきりした味でするする頂ける。ホタテがばかうま(馬鹿に旨い)。

そして牛すじの味噌煮込み、

Arssono9

この辺でもう記憶は曖昧だけど、コクのあるこってり味でかなり良かった(はず)。

そして〆にフルスペック煮干らーめんが「楽観」の丼で登場、

Arssono10

いや間違いないね。煮干しのうまみがしっかりと、記憶曖昧ながら確かスープまで完飲していたはず、まあこれで他の店にってらーめんを食べる必要はない。

という訳で会も無事に終了、途中テーブルの端に酒のグラスが林立していたような気もしますが、たぶん幻でしょう。

いやあ今回も大変楽しい飲み会でした。また皆で集まって飲みたいものです。

| | トラックバック (0)

2015年6月13日 (土)

ラーメン 雷鳥(サンダーバード:茅場町)

訪問日=6月1日(月) 晴れ

メニュー=2号ラーメン

Thunderbird2gou

茅場町に来たのでもう一軒、以前伺った「ラーメン雷鳥」を再訪することにした。でも一軒めからは結構距離があった・・・。

店内に入り券売機でメニューを確認、今回は「2号ラーメン 」で券を購入した。カウンター席に着席、席はテーブルもあり。

ラーメンはそれほど待たず提供された。まずはスープを飲んでみる。かなり濃厚な味だなあ。動物系のうまみがあるかなり濃いめの醤油スープ、インパクトのある味であった。

麺は太くコシがある、しっかりした食感、でも固いというほどではない。炙りチャーシューは噛み応えがあり香ばしい。極太のメンマも柔らかくくさみもない。

好みのラーメンだが後半濃厚な味、そして量的にちょっと苦しくなってきた。連食だしそういえば前日酒をしこたま飲んでたっけ。

すっかり完食、スープはある程度飲んで店を後にした。

到着=13:40 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系のうまみある濃い味の醤油 お気に入り度=7

Thunderbirdmenu1

Thunderbirdmenu2

| | トラックバック (0)

2015年6月12日 (金)

麺屋 孔雀(茅場町)

訪問日=6月1日(月) 晴れ

メニュー=鶏白湯そば

Kujyakusio

茅場町に出来た鶏白湯のお店を訪問する。店内に入りカウンター席に着席、席はテーブルもあり。

メニューを見て「鶏清湯そば」と迷ったが、やはり売りと思われる「鶏白湯そば」でお願いしている。注文すると塩と醤油を確認されたので塩でお願いしたが、どうだろう?醤油の方が良かったのかな?

らーめんはすぐの提供、まずはスープを飲んでみる。確かに鶏のうまみある塩のスープ、鶏のくさみもなく結構好きな味、ただスープはかなり少な目かも。

麺は中太でちぢれている、狙った茹で加減だろうか、ちょっとぼそっとした舌触り、もうちょい茹でてもらって良いかも。やはりスープが少ないのでちょい食べづらい。

鶏チャーシュー、というか鶏肉は結構ぱさつきあり、肉のうまみはすべて出ているような感じであった。ラーメンのトッピングでパプリカは珍しいかも。

すべて完食、お会計をして店を後にした。

到着=13:11 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太ちぢれ麺 スープ=鶏のうまみある白湯塩 お気に入り度=6

Kujyakumenu1

Kujyakumenu2

| | トラックバック (0)

2015年6月11日 (木)

四つ葉(最寄は坂戸駅?かなり遠い)

訪問日=5月31日(日) 晴れ

メニュー=四つ葉そば+本日のにぎり(ワラサ)

Yotsubasoba

「あじとみ食堂」のあとはバイクならそれほど離れていない「四つ葉」を訪問する。でも曲がる道を間違えたのかぐるぐる走り回ってしまった。「宝船」という看板が見えたのでその辺かな、と思ったら。おっとここか。

店前駐車場にバイクを止め、予想していた待ち客(多数)の後ろについた。並ぶとすぐに店の方が注文を確認にいらした。急いでメニューを見て「四つ葉そば」と、気になってしまった本日のにぎり「ワラサ」をお願いする。

ちょっと待ったが、でも予想より早く席は空いた模様、店内に入り奥のテーブル席に相席で着席した。席はカウンターもあり。どうやらお店はお寿司屋さんの建物と一体で、入り口が違うようだ。ちなみにこの「宝船」というお寿司屋さんが店主氏の実家らしい。

それほど待たず「ワラサのにぎり」、すぐに「四つ葉そば」も提供された。まずはスープを飲んでみる。なるほどこれもすごい!鶏のうまみあるあっさりながらコクとキレのある醤油のスープ、すっきりしているけれど味わいはしっかりしている。かなり好みの味のスープであった。

麺は細目でコシがある、しっかりした食感でスープも絡む。なるほどこれは並ぶわなあ。

上には豚と鶏のチャーシュー、豚は薄くピンク色、柔らかく良い味であった。スープで熱が通るとまた違った食感でも頂ける。鶏はさっくりしとしておりあっさり味であった。穂先メンマも柔らかく存在感がある。

ワラサのにぎりは大きめに切られたワラサが特徴的、しっかりした歯ごたえがある。ただらーめんに酢めしはそれほどかな、普通のライスでも良い気がした。

らーめん完食、スープも当然飲んでしまう。最後は丼を持って完飲、満足した。お会計をして店を後にする。実は他の方が召し上がっていた「蛤そば」が激しく気になった。遠いけど、こちらにもまた伺って他のメニューを試してみたい。

到着=12:37 待ち時間=21分 行列=18人

麺=中細麺 スープ=あっさりながらキレのある醤油 お気に入り度=8

Yotsubamenu1

Yotsubamenu2

Yotsuba

| | トラックバック (0)

2015年6月10日 (水)

あじとみ食堂(最寄は高坂駅?かなり遠い)

訪問日=5月31日(日) 晴れ

メニュー=黒醤油太麺

Ajitomikurosyouyu

行こう行こうと思いながら伺っていなかった「あじとみ食堂」を訪問する。良い天気の日曜日、バイクで現地へ向かうことにした。

結構時間が掛かってお店付近、大きい通りから脇に入り店舗着、大きい通りからもお店の看板は見える。ちなみに店横には駐車場があり。

店内に入ると満席で、待機椅子では数名が待たれている。自分もその椅子に座ったが、それほど待つこともなくカウンター席に案内された。席はテーブルも多数ある。

さてメニューを確認、いろいろ魅力的な名前が並んでいる。今回は結局「黒醤油太麺」でお願いしたが、普段タンメンを狙わない自分が、横の方の「タンメン」が気になって仕方なかった。そっちでも良かったのかなあ。

結構待って「黒醤油太麺」提供、真っ黒なスープはイカスミが入っているかのようであった。どうやらたまり醤油が使われているらしい。

まずはそのスープを一口、おお!これは良い!コクのあるちょい濃いめの醤油スープ、ただ塩辛いというほどではない。味わい深くちょい甘みも感じる、かなり好みのであった。

麺は結構な太さ、コシがあり食感もしっかりしており風味も良い。スープも絡みかなりの満足感である。このらーめん良いわ、結構遠かったけど来て良かった。

チャーシューはでかいのが2枚、柔らかくスープも絡めるとこの味がまた好みである。カイワレが結構な存在感、メンマも食感が良い。

どんどん食べてしまい完食、当然スープも最後は舐めるように完飲してしまう。お会計をして店を後にした。もしもっと近ければ頻繁に通うお店だっただろう。でもまたいつか訪問したい。その際には「タンメン」を頼んでみようか。

到着=11:49 待ち時間=4分 行列=3人

麺=中太平麺 スープ=コクのある濃い味醤油 お気に入り度=8

Ajitomimenu1

Ajitomisyoukai

Ajitomimenu2

Ajitomieigyo

| | トラックバック (0)

2015年6月 9日 (火)

らぁ麺 やまぐち(西早稲田・早稲田)

訪問日=5月30日(土) 晴れ

メニュー=追い鰹中華そば

Yamaguchikatsuo

「鶏そば なんきち」の後は久しぶりに「らぁ麺 やまぐち」へ向かうことにした。お店に着くと店前の並びは3名、でも回転よくすぐに店内へ入るとことが出来た。

券売機でメニューを確認、さて今回は何にしようかな。ちょっと迷ったが未食の「追い鰹中華そば」を選ぶことにした。カウンターに着席、その後も来客は多数あるが、ただ回転良くどんどん入れ代わっていく。

それほど待たず「追い鰹中華そば」提供、ますはスープを飲んでみる。鶏のうまみある醤油のスープはそこにしっかりとした鰹の風味とうまみを感じる。醤油タレもキリッと決まった味わい、そしてスープは熱々であった。

麺は中太で平たいタイプ、のど越しも良くつるつると喉を通っていく。そしてこの麺はスープもしっかりと絡む。これは良いわ、らーめんを食べる幸せを感じる。

チャーシューは噛み応えがあり肉のうまみがある。メンマも食感良くくさみもない。

すっかり完食、スープを飲んでいくがこの時点でもまだ熱々であった。そんなスープも結局飲みきってしまう。満足して店を後にした。

さて次回は何を頼もうか、久しぶりにつけ麺も頼んでみたい。

到着=13:03 待ち時間=3分 行列=3人

麺=中太平麺 スープ=鰹のうまみもいたコクのある醤油 お気に入り度=9

Yamaguchisetumei

| | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

鶏そば なんきち(高田馬場・西早稲田)

訪問日=5月30日(土) 晴れ

メニュー=白濁鶏そば

Nankichisoba

高田馬場にできた「鶏そば なんきち」を訪問、店内に入り券売機でメニューを確認する。今回は左上の「白濁鶏そば」で券を購入した。

券を渡すと細麺と中太卵麺のどちらにするか確認された。迷ったがなんとなく細麺で、ライスがサービスとのことだったが連食を予定していたので無しにしておいた。カウンター席に着席、席はテーブルもあり。それほど待たず「白濁鶏そば」は提供された。

まずはスープを飲んでみる。鶏のうまみを感じる醤油のスープ、化学調味料不使用とのことだがう味わいはしっかりしている。

麺は細くちょい固めな食感、九州のとんこつラーメンにありそうなタイプであった。これはこれで良い。

鶏肉は二種類、もも肉の鶏チャーシューとむね肉の鶏ハム、二種類頂けるというのは良いねえ。

そして完食、スープも結構飲んで店を後にした。廻りの方は結構替玉を頼まれていた。それも良いかも知れない。

到着=12:37 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=鶏のうまみある醤油 お気に入り度=7

Nankichimenu

Nankichisetumei

Nankichieigyo

| | トラックバック (0)

2015年6月 7日 (日)

中華そば BEAST(上井草)

訪問日=5月28日(木) 曇り

メニュー=中華そば+半ライス

Beastsoba

上井草にあった「らーめん 三獣使」がリニューアルして「中華そば BEAST」になった。今回はそのお店を訪問したのだが、実はオープン前にリニューアル期間があり、その時は「あっさり系 高~使」というお店で営業していたらしい。残念ながら伺えず、まあ期間も短かったのでしょうがない。

さて「中華そば BEAST」の店内に入り券売機を目の前にする。今回は「中華そば」で券を購入、この日は連食を考えていなかったので「ライス」の券も追加することにした。

店内には待ち客が1組3名、カウンター席には1席の空き、ちょっと待つかもと思ったが、でもちょうど3席空いて自分も座ることが出来た。でもここから結構待つことになる。前の3人がつけ麺のためか20分待って「中華そば」が提供された。

まずはスープを飲んでみる。いやなんてワイルドな味!動物系のコクとうまみがある濃いめの醤油スープ、ちょっとクセがあるけれど、そのクセも含めてかなり好みの味である。それにしてもワイルドな味だなあ。

麺は太めでかなりコシがある、食感しっかり、そして風味が良い。このらーめん良いわ、でも人によってはスープのこの風味が苦手な方もいるだろう。

普段ライスは最後に残すのだけれど、今回は先に頂いてしまう。予想通り濃いめのスープがライスにあう。のりをスープに浸しライスを巻いて口に放り込む。これも良いねえ。

チャーシューは噛み応えがあり肉のうまみを感じる。穂先メンマも食感しっかり、でも柔らかい。ねぎの食感も良かった。

Beastrice 麺完食、ふと気づくとライスは残り少ない。一応らーめん茶漬け前提で購入したので、残りのライスにスープを注ぐ。スープと一緒にライスを胃袋に流し込む、幸せ。

結局スープも完飲、丼をカウンターの上に置いて店を後にした。つけ麺もよさそうだな、こちらにはまた是非伺ってみたいものだ。

到着=12:42 待ち時間=0分 行列=3人

麺=太麺 スープ=動物系のうまみある濃いめの醤油 お気に入り度=8

Beastmenu1

Beastopen

Beasteigyo

| | トラックバック (0)

2015年6月 6日 (土)

らーめん まる玉 大島店(大島)

訪問日=5月27日(水) 晴れ

メニュー=ラーメン

Marutamaramen2

「拉麺5510」のあと引き続き大島でらーめんをもう一杯、お次は以前両国の「まる玉 両国本店」にも伺った「らーめん まる玉 大島店」を訪問することにした。

店内へ入りカウンター席に座る。店外にはテーブル席もあったりする。メニューを見て今回は「ラーメン」を注文、そしてその「ラーメン」は驚くほどすぐに提供された。

まずはスープを飲んでみる。いやこれもすごい、鶏のうまみがぎゅっと濃縮したような鶏白湯スープ、バターが入っているかのようなコクのある味わいとなっている。でも鶏のくさみなどはない、良い味だなあ。

麺はかなり細くちぢれている、ただコシはありスープも絡む。結構大きいチャーシューは肉のうまみあり、スープもからめて食べていく。あとはあおさとねぎがトッピングされている。あおさは海藻くささもなくスープと麺に絡めて食べ進む。

すぐに完食、さすがに2杯目なので完飲は厳しいか。でもメニューの写真を撮ったりしながら、合間にスープを飲んでいると、おっと、もうほとんど無いではないか。という訳で結局飲みきってしまった。

最後にお会計をして店をあとにする。大島での2杯はとても満足出来るものであった。

到着=12:53 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細ちぢれ麺 スープ=鶏のうまみ濃厚な白湯スープ お気に入り度=8

Marutamamenu1

Marutamamenu2

Marutamaeigyo

| | トラックバック (0)

2015年6月 5日 (金)

拉麺5510(大島)

訪問日=5月27日(水) 晴れ

メニュー=ラーメン(あっさり)

5510assariramen

大島駅近くに出来た「拉麺5510」を訪問した。店内に入りカウンター席に座る。メニューを見ると「ラーメン」と「醤油ラーメン」の二つが目に付いた。

案内を見ると「ラーメン」は白醤油らしい、端にあるし今回はそれで注文してみよう。あっさりとこってりも選べるようだが今回はあっさりでお願いしている。

先に会計とのことだったのでらーめん提供前にお代は支払い済みである。ちなみに先客は無しで、あとに数人入ってきている。

さてそれほど待たず「ラーメン」提供、まずはスープを飲んでみる。あっさりながらコクのあるスープ、塩の様にも感じるが白醤油を使っているのもちゃんと判る。そしてこのスープがかなり好みの味、これでなぜ先客がいなかったのか不思議に思うほどの味わいであった。いや良い味だなあ。

麺は中細でコシがある、すすり心地が良く風味も良い。細めの麺はスープもよく絡む。このラーメン良いねえ。

チャーシューは肉のうまみがありジューシー、ちょっと贅沢な印象を持つ。メンマが特徴的、大きめカット、でも食感良く味も良かった。お麩もスープを吸って存在感がある。

すぐに完食、スープは最後丼を持って完飲してしまった。最初に会計をしているのでごちそうさまを伝えてそのまま店を後にする。

いやあ満足したなあ、また近くに来たときにはこちらの再訪を考えたい。

到着=12:33 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=あっさりながらコクのある塩のような醤油 お気に入り度=8

5510menu

| | トラックバック (0)

2015年6月 4日 (木)

菊や(北千住)

訪問日=5月24日(日) 曇り

メニュー=ラーメン

Kikuyaramen

「大漁」のあと、かなり久しぶりに「菊や」へ向かうことにした。店内に入るとほぼ満席で、空きは一席のみとなっている。

さて注文、入る前は「アイスクリームラーメン」とか奇抜なメニューにしようと思っていた。でも横の方が召し上がっていた「ラーメン」がなんだかうまそう、そういえばこちらでまだ普通の「ラーメン」を食べていないことを思い出し、今回はそれでお願いすることにした。

ちなみにもう一人の横の方は「アイスクリームラーメン」を召し上がっていた、チャレンジャーだねえ。味の感想を聞いたらアイスクリームとラーメンは別に食べた方が良いかもと、若者よ、それを言っちゃあオシメーよ。

さて「ラーメン」はすぐの提供、まずはスープを飲んでみる。あっさりながらうまみも十分な醤油のスープ、あれ?なんてまともな、は失礼か、というか良い味じゃないか、ちょっとびっくりした。

麺は中太でコシがある、食感がしっかりしており茹で加減が良い。そうか普通のラーメンがちゃんとしていての奇抜なメニューなんだな。そういえばこれで500円か、結構良いかも。

チャーシューは噛み応えがあり肉のうまみを感じる。ねぎの食感も良かった。

すっかり完食、お会計をして店を後にする。普通の「ラーメン」も良かったが、でも次回訪問時には味の想像が出来ないラーメンの注文も考えてみたい。

到着=12:53 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=中太麺 スープ=コクのある醤油 お気に入り度=7

Kikuyamenu

| | トラックバック (0)

2015年6月 3日 (水)

大漁 浅草店(TX浅草・入谷)

訪問日=5月24日(日) 曇り

メニュー=塩らーめんと鯛めしセット

Tairyoshioset

鯛らーめんのお店「大漁」を訪問、駅はつくばエクスプレスの浅草駅か、入谷駅からもいけそうだがちょっと歩く感じなる。店内へ入ると手前にカウンター席あり。ただ店の方に案内されたのは奥のテーブル席であった。

さて何にしようかとメニューを見たが、すぐにらーめんと鯛めしのセットが目に入った。そうなるとやっぱりこれだな。店の方に注文するとらーめんは醤油と塩のどちらにするかを確認された。鯛めしにあいそうな気がしたので今回は塩でお願いしている。

らーめんと鯛めしのセットはすぐに提供、まずはスープを飲んでみる。あっさりした塩のスープは鯛の風味とうまみが効いている。それほどインパクトがある感じではないが、じんわりくるうまみは好きな味であった。

麺は中太でちぢれている。喉ごしはまずまずながらスープは良く絡む。チャーシューは薄めながら3枚、肉のうまみあり。

Tairyoraice 鯛めしも頂く。ご飯は固めの食感、そこに鯛の身も入っている。あっさりながら食べていくと鯛のうまみも出て良い味であった。スープを入れて頂くとやはりあうね、このためのセットということを感じてしまう。

らーめん、鯛めしともにすっかり完食、スープもかなり飲んでから店を後にした。醤油だったらどんな味だっただろう?ちょっと気になるかも。

到着=12:13 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太ちぢれ麺 スープ=魚介のうまみあるあっさりした塩 お気に入り度=7

Tairyomenu1

Tairyomenu2

| | トラックバック (0)

2015年6月 2日 (火)

麺庵 ちとせ(曙橋)

訪問日=5月23日(土) 晴れ

メニュー=らぁ麺

Chitoseramen

「にぼっしー中華そば家」のあとは曙橋へ、駅からはちょい歩く場所の「麺庵 ちとせ」を訪問する。

お店は大きい通りの一本内側という感じの場所、店内に入りまずは券売機でメニューを確認する。今回は左上の「らぁ麺」で券を購入した。カウンター七席は満席の模様、ただしすぐに空いて着席することができた。

「らぁ麺」は結構待っての提供、まずはスープを飲んでみる。あっさりした醤油のスープ、鶏や昆布などはこだわった食材が使われているらしい。スープからは結構昆布のうまみを感じる。

そしてこのスープ、最初結構あっさりに感じていたが、でも食べ進めると味わいが重なるように膨らんでいく、かなり好みの味であった。

麺は中太でちょい平たい、コシがありすすり心地がとてもいい。このらーめんは食べるほどに好きになっていく。

チャーシューは薄いけど結構な大きさ、食感も良く肉のうまみが詰まっている。穂先メンマもやわらかいが食感もしっかりとある。あとはねぎも存在感がある。

すっかり完食、結構お腹も膨れていたが、でもスープもほぼ完飲で店を後にした。お店の方が真面目そうな感じで、そんな方が作るらーめんも真面目な一杯と感じてしまった。

到着=13:17 待ち時間=2分 行列=0人(満席)

麺=中太麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=8

Chitosesetumei1

Chitosemenu

Chitosesetumei2

| | トラックバック (0)

2015年6月 1日 (月)

にぼっしー中華そば家(四谷三丁目)

訪問日=5月23日(土) 晴れ

メニュー=中華そば

Niboshisoba

先日伺いながら残念ながら営業が終わっていた「にぼっしー中華そば家」を再訪する。店内へ入ると、良かった、今回は問題なくやってそう。

カウンター席に着席してメニューを見る。「つけそば」も気になりながら今回は「中華そば」でお願いした。

「にぼっしー中華そば家」が間借りしている「煙人」は居酒屋さんらしく、いろいろな料理のメニューが壁に貼られている。そして各種お酒も置かれており、中には焼酎(泡盛か?)に浸かったハブが牙をむいていた。

さて結構待って「中華そば」提供、麺量は結構ありそうだ。まずスープを飲んでみる。煮干の風味とうまみが効いた醤油のスープ、ただえぐみや苦味あるほどではない。これが非常に良い味、まさに期待していた味である。思わずスープを何口も飲んでしまった。

麺はコシがあり、つるつるしたのど越しが気持ちいい。太麺ながら良い湯で加減、スープも絡む。この麺も良い。

麺量はかなり多め、そういえば麺少な目というのを頼んでいる人もいた。その麺少な目は100円引き。待てよ、中華そば700円だから600円ってことか、かなりお得だな。

チャーシューは中心部がレア気味、噛み応えがあり肉のうまみをも濃い。メンマも食感がしっかりしておりくさみもない。

多めの麺もどんどん食べ進みあっという間に完食、スープも結局飲みきってしまう。

最後にお会計をして店を後にした。これは「つけそば」も気になるな。

到着=12:22 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=煮干の効いた醤油 お気に入り度=8

Niboshimenu

| | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »