« らーめん かつお拳(浅草橋) | トップページ | RAMEN BURGER TOKYO(浅草橋・秋葉原) »

2015年5月30日 (土)

饗 くろき(きは七が3つの喜:秋葉原・浅草橋)

訪問日=5月21日(木) 晴れ

メニュー=鶏つけそば 醤油

Kurokikamotuke

「らーめん かつお拳」のあと秋葉原方面にちょい歩き「饗 くろ喜」を覗いてみる。並びがすごかったらやめようと思っていたけどそれほどでもないな、という訳でそのまま並ぶことにした。

並んで5分ちょいで店内に入り券売機でメニューを確認、そうか前回感激したのでまた「味噌そば」を頼もうと思ってたんだけど×マークが点いている。

「塩そば」にしようかとも思ったけど、でも季節の限定そば「鶏つけそば 醤油」が気になった。という訳で「限定3」の券を買ってカウンター席に着席した。

店の方からつけそばは時間が掛かるとの案内を受けていたが、でもそれほど待たず提供された。麺には昆布出汁が掛けられている、まずはその麺を頂くことに。

コシのある太めの麺はちょい平たいタイプ、昆布出汁が絡むとのど越しもつるつるになる。昆布出汁を絡めるとすっきりながら昆布のうまみが絡み良い味、もうそれだけで麺を頂けてしまう。思わずそのまま数口食べてしまった。

麺をつけスープにつけてと、結構濃い味の醤油のスープ、鶏のうまみが効いておりかなり好みの味であった。ずるずると食べ進む。幅広の麺はスープにつけて食べるとつるつるっと口の中を滑っていく。

香ばしく味わいの濃い鶏チャーシューともう一種さっぱり味の鶏チャーシュー、こちらも食感がしっかりしている。メンマが柔らかい、歯をつけるとすっと落ちるように切れてしまう。スープ内のつくねはあっさり味でこれもふわふわ柔らか。

後半麺は昆布出汁にどっぷりつかる、かなり粘度の高い昆布出汁はちょっと食べにくくなったかも。

そして完食、提供時に昆布出汁をスープに入れてスープ割をと言われていたのでそうしたが、冷たくどろりとした昆布出汁は好み的にはまずまずかも。温かいかもう少しさらっとしたタイプならもっと良かった。スープはある程度飲んで店を後にした。

こちらのお店にはまた伺おう、今度こそ味噌そばを狙ってみようかな。

到着=13:16 待ち時間=6分 行列=5人

麺=中太麺、幅広麺 スープ=濃い味の醤油 お気に入り度=7

Kurokimenu

|

« らーめん かつお拳(浅草橋) | トップページ | RAMEN BURGER TOKYO(浅草橋・秋葉原) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/61668855

この記事へのトラックバック一覧です: 饗 くろき(きは七が3つの喜:秋葉原・浅草橋):

« らーめん かつお拳(浅草橋) | トップページ | RAMEN BURGER TOKYO(浅草橋・秋葉原) »