« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月30日 (木)

麺創 樹咲 kizaki(沼袋)

訪問日=4月16日(金) 晴れ

メニュー=樹咲そば

Kizakisoba

沼袋の「とろぽたや」は閉店したのか、好きな味だったんだけどな。さて今回はその後にできた「麺創 樹咲」を訪問する。

店内に入り券売機で左上の「樹咲そば」を購入した。つけ麺は「×」マークがついている。メニューはほかに「樹咲油そば」もあり。カウンター席に着席しちょい待って「樹咲そば」が提供された。

あっさりした醤油のスープはちょい甘みも感じられる。インパクトはそれほどながらスープの味わいは結構好み。

麺は中太で平たい麺、コシがありちぢれているのでスープも絡む。スープは麺と頂いた方が好みに感じる。チャーシューは小さめで、メンマもまずまずな感じ、あとヤングコーンが一本乗っている。

すぐに完食、スープは好きな味なので結構飲んでしまった。店をあとに、つけ麺とかどんな感じだろう、ちょっと気になる。

到着=12:09 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太平麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=7

Kizakimenu1

Kizakimenu2

Kizakieigyo

| | トラックバック (0)

2015年4月29日 (水)

ラーメン二郎 赤羽店(赤羽)

訪問日=4月15日(木) 晴れ

メニュー=小ラーメン(ヤサイカラメニンニク少なめ)

201504akabanejiroramen

久しぶりに「ラーメン二郎 赤羽店」を訪問する。並びはそれほどかな、あまり待たずに券売機で「小ラーメン」の券を購入した。

店の方が近くまで来て先に券を見せることに、トッピングコール「ヤサイカラメニンニク少なめ」はこの時点でおねがいしている。それほど待たず席が空いた模様、入り口付近でセルフの水を汲んでカウンター席に着席した。

結構待ってから「小ラーメン(ヤサイカラメニンニク少なめ)」提供、レンゲでスープを飲んでみる。動物系の味が効いたかなり濃い味の醤油スープ、うまみもばっちり効いている。ちょっと甘みもある感じ、いやこのインパクトのあるスープは心を持っていかれる味わいであった。

麺は太く平たく結構柔らかめ、カタメ発注が2人いたがそれくらいで良いのかも。ただ存在感のある麺、スープも絡みかなり黒く見える。

ヤサイはもやしとキャベツがたっぷりと、ヤサイ増しにしたのでかなりの量になっている。濃い味のスープのため容易に食べ進むことができる。

豚肉の固まりが4個くらい、注文は普通の「小ラーメン」ながら、それでこの量である。食感しっかりしながら柔らかいチャーシュー、繊維を感じる食感でとても良い味であった。ニンニクは少な目注文ながら結構な量、溶かすとやはり風味が強烈である。

このラーメンは量的にもがつんとくる。後半ちょい苦戦しながら完食した。スープはある程度飲んで丼を上にあげる。満足満腹で店をあとに、ちなみに店を出る時点で並びは10人ほどになっていた。「ラーメン二郎 赤羽店」にはまたそのうち伺うことにしよう。

到着=13:18 待ち時間=4分 行列=3人

麺=太平麺 スープ=コクのある濃いめの醤油 お気に入り度=8

| | トラックバック (0)

2015年4月28日 (火)

伊藤(王子神谷)

訪問日=4月12日(日) 晴れ

メニュー=そば

201504ito この日は一杯だけにしようと思っていたが、でも「伊藤」でもう一杯頂くことにした。店内に入るとおっと満席か、でもすぐに空いて着席することができた。カウンター席に座り店の方に「そば」でお願いする。

ぼーっと前を見ていたところ、あれ?「前金に御協力下さいませ」なる案内が下がっている、いつの間に。まあ特に問題がある訳ではないので案内に従い先払いしておくことにした。

「そば」はちょい待って提供、まずはスープを飲んでみる。煮干のうまみがしっかりがっちり効いた醤油のスープ、今回は煮干の効きが丁度良く、ただ苦味・エグミは抑え気味であった。いやあ「伊藤」のスープはやはり好きだなあ。

麺は細めでコシ、というかちょっと固めな食感、でもこのスープにはこの湯で加減に納得する。

スープから盛り上がっている麺をほぐしてスープに絡めるようにして食べていく。ただ少なめの麺はあっという間に完食してしまう。スープも飲んでいき最後は丼を持って完飲した。

いやあ満足、お代わりのもう一杯を迷ったが、でも待ちもありそうなのでやめておくことにした。先払いのためごちそうさまを伝えて店をあとにする。「伊藤」にはまたしばらくしたら伺いたくなるだろう。

到着=13:58 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=中細麺 スープ=にぼしの効いた醤油 お気に入り度=10

Itomaekin

| | トラックバック (0)

2015年4月27日 (月)

麺屋 はちどり(板橋本町)

訪問日=4月12日(日) 晴れ

メニュー=にぼしラーメン+味玉

Hachidoriramen

板橋本町駅近くにできた「麺屋 はちどり」を訪問した。店内に入りカウンター席に着席、席は他にテーブル席と座敷席がある。お店の方は厨房内一人にホールが一人、この席構成だとちょっと人数が足りてないように感じた。メニューを確認して今回は「にぼしラーメン」に味玉でお願いしている。

ちょっと待ってらーめん提供、スープをレンゲで掬い飲む。なるほど煮干しの風味とうまみの効いた醤油のスープ、動物系のうまみも感じられる。とてもバランスの良い味わいで優しい甘みも感じられる。良いねえこのスープ、かなり好みの味であった。

麺はちょい細目でコシがあるストレート、食感がしっかりしておりスープも絡む。このらーめんは良い。

チャーシューは結構大きめ、肉のうまみを感じる。味玉は半熟でとろとろ、中の黄身がぶわっとあふれる。メンマも食感良くくさみもない。

するすると食べていき完食、スープをどこまで飲むか迷っていたら、おっと完飲してしまっているではないか。最後にお会計をして店をあとにした。

「にぼしラーメン」良かったなあ、でも「丸鶏ラーメン」というのもかなり気になったのでこちらにはぜひ再訪したい。

到着=13:11 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=中細麺 スープ=煮干しのうまみが効いたバランスの良い醤油 お気に入り度=8

Hachidorimenu1

Hachidorimenu2

Hachidorimenu3

| | トラックバック (0)

2015年4月26日 (日)

ぼぶ亭(限定出店:新宿)

訪問日=4月19日(土) 曇り

メニュー=お通し、まぜそば、チャーシューパテ、かけ(味見)+白湯+生+持参ビール+梅割り2

今年も開催の「ぼぶ亭」、年に一度ぼぶさんが普通のお店を貸し切って営業される。定休日とはいえよくそんなことが出来るもんだ。

Bobutei1

カウンター席に着席しこの日だけのメニューを眺める。ただまずは一杯無料の生ビールをお願いする。すぐに提供、ではではカンパーーイ!

Bobutei2

ああ良い味、胃袋に染み込んでいく・・・。そしてお通しは昨年好評のため再度登場の「中華お粥」、優しいがしっかりした味、良い味だねえ、スタートを切るのにとても良い。

Bobutei3

さてメニューを確認、今年は麺が三種類か、なんかこだわりを感じるなあ。とりあえずつまみとしてもいけそうな「とちぎ和牛の牛脂まぜそば」をお願いした。

Bobutei4

ちょい待って提供の牛が強く香るまぜそば、おお!これは良い香りだなあ。さてまずは混ぜてと

Bobutei5

おっとこれは良いじゃない!コシのある太麺はかなり平たい、まぜそばでここまで平たい麺はあまり見ないが(まぜそば自体あまり食べないけど)、でも食感が楽しくこれはこれで良い。

その麺には牛のかおりとうまみが絡む。それほどきつい味ではなく、でもそれが丁度良い。よく混ぜるとタレのうまみも絡む。

ベビーリーフやレッドオニオンなど野菜の香りと食感も心地良い。そして牛肉の風味とうまみ、これは贅沢、これだけでつまみになる。とちぎ和牛ということだが正直とちぎ和牛の存在をこれまで知らなかった。でも良い味だなあ。もしこのまぜそばが普通のお店にあったらこれ目当てで訪問するだろう。

その後しばらく皆さんとお話、久しぶりにお会いする方も元気そうであった。ではそろそろ二杯目を、今度は「鶏白湯そば」でお願いした。ただ先に横の方の「鶏清湯小かけそば」を味見させて頂く。

Bobutei6

ウ(◎◎)マ~~~!!!

すっきしりながら鶏のうまみをしっかりと感じる、これはすごい!麺は細目でスープも絡む、良いわあ、すごい好きだわこの味、でも味見なので一口で切り上げる。

そして「鶏白湯そば」が提供された。

Bobutei7

いやこれも良い味!どろどろの白湯でなくさらっとしたスープ、鶏のうまみがしっかり感じる。

麺はやはり細麺でコシがありスープも絡む。鶏チャーシューはさっくりとしてあっさり、肉のうまみも濃い。二杯目のらーめんも速攻で無くなってしまう。

Bobutei8

しまった!夢中で食べていたら別に提供されたチーズを投入するのを忘れてしまった。残りのスープに投入して飲みきってしまう。

Bobutei9

あれ?「チャーシューのパテ」も頼んだのに画像がないな・・・。パテもうまかったし、乗せる用のデニッシュがバターの香りが強くやたらと良い味であったのも話題になった。

そしていつの間にか提供された、これはしらすの沖漬けだっけな?これは日本酒にあいそうな味だなあ。酒を持っていかれそうなつまみであった。

Bobutei10

お酒はいつの間にか「梅割り」なんてものを頼んでいたりする。某所では3杯制限があったりするが、ここでは関係ないぜ!100円だからいくらでも飲めるぜ!(2杯でやめておいたが)

Bobutei11

なんだこの豪華盛り合わせは!こんなのが居酒屋にあったらこれだけ注文でおしまいになってしまう。もう昔の立ち飲み魚金のぶつもりみたい(魚金のぶつもりはおとなしくなってしまったが・・・)。

楽しく飲んで食べてしゃべった今回の「ぼぶ亭2015」、堪能したなあ。そして頃合で退散した。

いやあ料理に堪能、皆さんとお話も出来てとても楽しめた限定出店であった。ぼぶさんとスタッフの皆さんに感謝である。

| | トラックバック (0)

2015年4月25日 (土)

らーめん はやし(渋谷)

訪問日=4月11日(土) 曇り

メニュー=塩らーめん

Hayashishio

渋谷で久しぶりに「らーめん はやし」へ向かうことになった。坂を上ってお店到着、そうかこんなに並んでいるのか。同行の方とお話をしながらしばし待つ。

しばらくして店内へ、まずは券売機で「らーめん」の券を購入する。カウンター席に着席、店の方に券を渡す際「塩」でとお願いする。券売機に「塩らーめん」自体の券はないが、口頭で注文できるらしい(以前知り合いに聞いていた)。でも「らーめん はやし」で塩らーめんは初めての注文、どんな味なんだろう。

ちょっと待って「塩らーめん」提供、丼からスープの良い香りが立ち上る。その香りにはゆず皮の風味も、期待はさらに高まる。まずはそんなスープを飲むことに。

おっとこれは!動物系と魚介のうまみがバランス良く効いたスープ、塩のスープはマイルドな味わいとなっている。いやこれは良い、口に広がるうまみが素晴らしい。思わずスープを何口も飲んでしまう。

麺はちょい太めでコシがある、ただ固い感じはなくスープも絡む。もちもちした食感で啜り心地がとても良い。この塩らーめんはすごい、「らーめん はやし」はこれまで何度か伺っていたが、もっと早く「塩らーめん」も頼めばよかった。

チャーシューは噛み応えがあり、それほどジューシーさは無いが肉のうまみを感じる。トッピングにメンマ・のり・ねぎ、今回ゆず皮は食べずにかおりを楽しんだ。

そして完食、当然スープも完飲して店をあとにした。いやあ満足、今度伺った際も「塩らーめん」を頼んでしまいそうだ。

到着=12:50 待ち時間=19分 行列=12人

麺=太麺 スープ=動物系と魚介の効いたマイルドな塩 お気に入り度=9

Hayashimenu

Hayashisyoyu_2こちらは同行者の「らーめん」、やっぱりこちらも良い

| | トラックバック (0)

2015年4月24日 (金)

ジャンクガレッジ 大宮駅前店(大宮)

訪問日=4月10日(金) 曇り

メニュー=まぜそば(ニンニク・チーズ・辛味・エビマヨ)

Junkgmaze

「いづみや本店」のあと最初は「ラーメン凪 豚王 大宮店」を再訪しようと思っていたが、途中にある「ジャンクガレッジ」が目に付いた。こちら大宮駅前店は未訪のお店、というわけで「ジャンクガレッジ 大宮駅前店」の扉をくぐることに。「ジャンクガレッジ」自体も久しぶりだなあ。

店内の券売機でメニューを確認、今回は「まぜそば」で券を購入している。その後カウンターに着席、しばらくして無料のトッピングコールあり。ニンニク・チーズ・辛味・エビマヨでお願いした。

最初席の空きは数席あったけど、その後満席になり席の後ろには待ち客が並ぶほどになっている。そんな中スマホ見ながらラーメンを食べる人が二人、どうなんだろうなあ。

さてちょっと待って「まぜそば(ニンニク・チーズ・辛味・エビマヨ)」提供、まずはそのまま混ぜずに麺を頂いてみる。コシのあるかなり太い麺は平たいタイプ、かなり強い食感となっている。この時点ですでにタレのうまみが感じられる。

Junkgmazemaze 下からぐりぐり混ぜて麺を引っ張り出す。この時点ではまだチーズとマヨネーズは絡ませていない。濃い味の醤油タレの絡む麺、うまみをしっかり感じる味わい、そのままもうちょっと食べるが連食のためだろうか飽きがくるのが結構早い。

でも大丈夫、チーズやマヨネーズを絡め、味変しながら食べ進む。すべて混ぜるとやはりかなりジャンクな味わいになる。

チャーシューは分厚く噛み応えあり。ヤサイもキャベツにもやし、麺と絡めながら食べ進む。最後の数口ちょっと飽きがくるのだが、でもすっかり食べきってしまう。

店をあとに、そういえば「ジャンクガレッジ」でラーメンは随分頂いていない。またそのうちどこかのお店で頂くことにしよう。

到着=12:16 待ち時間=0分 行列=0人

麺=極太平麺 スープ=濃い味のタレ お気に入り度=7

Junkgmenu1

Junkgtoppi

Junkgmenu2

| | トラックバック (0)

2015年4月23日 (木)

いづみや本店(大宮)

訪問日=4月10日(金) 曇り

メニュー=ラーメン

Idumiyaramen

大宮で有名な飲み屋さん「いづみや本店」は昼から営業しているのか。店前を通ったときに気づき、そういえば「ラーメン」があるはずと店内へ入ることにした。

テーブル席に着席、周りには昼から飲んでる人が多数いる。壁に貼られた大量のメニューから今回は「ラーメン」をホールのおねーさんにお願いした。

しばらくすると厨房内エレベーターでラーメンが降りてきた、上で調理しているの?どういう構造になっているのだろうか。その降りてきた「ラーメン」が自分に提供された。

レンゲは無いので丼から直接スープを飲む。あっさりした醤油のスープ、うまみもしっかり感じられる。麺は細くコシがありスープも絡む。予想したラーメンながら、期待した味でもあった。これで470円なら十分十分。

チャーシューは噛み応えがあり味が濃いめ。メンマは変わったかおり、ほやの塩辛のような風味がある。わかめは海藻のにおいが強めな感じであった。

すぐに完食、お会計をしてして店をあとにした。店を出てからいっそチャーハンやつまみメニューも頼んどけばと後悔してしまった。

到着=11:54 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=あっさりした醤油、うまみしっかり お気に入り度=7

Idumiyamenu1

Idumiyamenu2

| | トラックバック (0)

2015年4月22日 (水)

醤油 錦×大食いグルメアイドルのあずき(立川:アレアレアラーメンスクエア)

訪問日=4月9日(木) 晴れ

メニュー=熟成醤油ラーメン

Moenonishikiramen

「麺堂 銀座 朧月 鶏処」を後にして同じく立川のアレアレアにある「ラーメンスクエア」に移動した。店舗の卒業入れ替えがあり、以前「麺志朗」のあった場所に入った「醤油 錦×大食いグルメアイドルのあずき」へ向かう。

トライアウト優勝店と大食いグルメアイドル「もえのあずき」さんのコラボ店とはどういうお店なのだろう?もえのあずきさんはらーめんの味にも関わっているのかな?

施設に入り目的のお店につくと、なるほど「もえのあずき」さんのパネルが置かれている。券売機で「熟成醤油ラーメン」の券を購入して店内へ、この場所のお店に来るといつも通されるカウンター席に着席した。席はテーブルも多数ある。

ちょっと待って「熟成醤油ラーメン」提供、まずはスープから。コクのある濃いめの醤油スープ、揚げねぎから香ばしい風味も感じられる。見た目それほど油が多そうに見えなけれど、でも結構オイリーな感じがあり後半ちょいしつこくなってきた。

麺は中太でコシがある、のど越しはまずまず、もうちょい茹でてもらいたいところだが、ただ食べ進むとちょい柔らかくなってきたのでこれくらいが良いのかな。

揚げねぎはたっぷり入っているので香ばしい。チャーシューは大きめで噛み応えもあり。

すぐに完食、店をあとにした。コラボだからといって奇をてらう感じではなく、まじめな印象のらーめんだったように感じる。

到着=13:18 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=コクのある醤油、揚げねぎの風味 お気に入り度=7

Moenonishikimenu

Moenonishikikanban1

Moenonishikietumei

Moenonishikikanban2

| | トラックバック (0)

2015年4月21日 (火)

麺堂 銀座 朧月 鶏処(立川)

訪問日=4月9日(木) 晴れ

メニュー=大山鶏 極み中華そば

Oborodukiramen

銀座にある「麺堂 銀座 朧月」の新店が立川のグランデュオレストランフロアに出来た。「麺堂 銀座 朧月」は一度伺ったきりだなあ、なんて思いながら新店を訪問する。

レストランフロアに着いて「麺堂 銀座 朧月 鶏処」はすぐに見つかったが、ほかのお店に比べると小さめかもしれない。

店内に入りカウンター席に着席する。席はテーブルもあり。メニューを見て今回は「大山鶏 極み中華そば」でお願いした。

それほど待たず中華そば提供、まずはスープを頂いてみる。なるほど鶏のうまみある醤油のスープ、結構熱々であっさりながらコクとうまみも十分な味わい、かなり好きな味であった。

麺はちょい細目でコシがある。スープのしっかり絡む麺、スープと麺の相性も良い。好みのらーめん、スープは食べ進んでも飽きがこない。

チャーシューは鶏と豚の二種、鶏はさっくりした食感であっさりした味、豚は飼み応えあるものの結構ぱさつきがある、かおりもまずまずかな。正直鶏だけで十分だったりする。

最初見えなかったけどナルトもトッピングされている。のりもスープにあっている。

すぐに完食、連食を考えスープはある程度飲んで店をあとにした。つけめんはどんな感じだろう、ちょっと気になる(目黒店で頂いたのとは違ってそうだし)。

到着=12:56 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=あっさりながらコクのある醤油 お気に入り度=8

Oborodukimenu

Oborodukinaiyo

| | トラックバック (1)

2015年4月20日 (月)

麺食堂 一真亭(稲荷町)

訪問日=4月7日(火) 雨

メニュー=ばんめん(醤油)

Ishinteibanmen

「らーめん 稲荷屋」を後にして稲荷町でもう一軒、「麺食堂 一真亭」を訪問する。「ばんめん」を提供するお店の様で、店前の看板からすると「濃い目のタレにからめて食す中国では一般的な麺料理」らしい、油そばみたいな感じかな。

店内に入りカウンター席へ着席する。席はテーブルもあり、そうか喫煙可なのか・・・、においがかなり充満している。メニューを見て「ばんめん」を醤油でお願いする。

それほど待たず「ばんめん(醤油)」提供、まずは混ぜずにそのまま麺を啜ってみた。コシのある太麺は平たいタイプ、この時点で醤油タレがちょっと絡んでいる。

Ishinteibanmenmaze 混ぜてと、おっと良い味、ちょい濃いめながらタレのうまみが麺にしっかり絡んでいる。口に膨らむ香りも良い、今まで食べたメニューでは油そばとか和えそばという名前だけど、いやこれは「ばんめん」ということで問題ないな。予想以上に好きな味であった。

チャーシューは柔らかく肉のうまみを感じる、このチャーシューも良い。好みの味のためあっという間に麺が無くなっていく。

途中でレモンを絞りかける。酸味もプラス、後半に変化を出せるのも良い感じ。すぐに完食、とても満足した。これでタバコのにおいがなければもっと満足感が高かっただろう。

最後にお会計をして店をあとにした。メニューの写真を見るとらーめんだけでなくつけ麺も良さそうな感じ、それも気になるが次回訪れても「ばんめん」を頼んでしまいそうだ。

到着=13:03 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=濃いめの醤油タレ お気に入り度=7

Ishinteimenu1

Ishinteimenu2

Ishinteimenu3

Ishinteimenu4

Ishinteitoha

| | トラックバック (0)

2015年4月19日 (日)

らーめん 稲荷屋(稲荷町)

訪問日=4月7日(火) 雨

メニュー=醤油(細麺)

Inariyasyoyu

雨の中、稲荷町駅近くの「らーめん 稲荷屋」を訪問した。店内に入り券売機でメニューを確認、左上の「醤油」で券を購入する。今回は「細麺」を選んだが「太麺」もある模様、どちらが良かったんだろう?その後カウンター席に着席、奥にはテーブル席もある。

それほど待たず「醤油(細麺)」提供、まずはスープから。あっさりタイプの醤油スープ、でも味は濃いめでうまみもしっかり効いている。体調だろうか?もう少しあっさりした味でも良い気もした。

麺は細目でコシがある、食感良くスープも絡む。好みの麺、麺は最後まで伸びない。

チャーシューは噛み応えがあり結構味が濃いめ。メンマは香りがよろしくないかな、無くても良い。あとはのりにカイワレ、ねぎがトッピングされている。

そして完食、スープはある程度飲んで店をあとにした。背脂醤油を頼まれている方もいたが、そちらの方が好みだったかもしれない。

到着=12:40 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=あっさりした醤油、うまみしっかり お気に入り度=7

Inariyamenu

| | トラックバック (0)

2015年4月18日 (土)

二代目 小六(二子玉川)

訪問日=4月5日(日) 雨

メニュー=小六納豆(コーン抜き)

Korokunatou

「麺処さとう 桜新町店」を後にして二子玉川に移動した。駅からちょい歩いて「二代目 小六」を訪問する。

二代目ということは初代があったわけで、閉店した「小六」を継承するお店らしい。ただ醤油だったらーめんを味噌に変更しているらしいので味の違いは判らないだろう。いやその前に初代の「小六」に伺っていないので判るわけはない。

お店到着、店前の券売機でメニューを確認する。味噌らーめんは普段スルーする傾向が強く、でもなぜこの店に来たかといえば納豆メニューがあるからなわけで、という訳で「小六納豆」の券を購入した。

店内に入りカウンター席に着席、券を渡す際コーン抜きでお願いしている。とうもろこしは好きながららーめんに入るのはあまり好きではなかったりする。ちょっと待って「小六 納豆(コーン抜き)」提供、さて頂こう。

背脂も浮いたコクのある味噌のスープはうまみもしっかり感じられる。麺は中太でちょい平たくもちもち食感、のど越しも良い。

茹でもやしが大量に入っている、かなり多い。後半麺より多くなってきた。辛味ねぎが良い食感、辛味もある程度効いておりニラと一緒に麺と絡めて食べていく。

納豆はひき割り、最初は麺にも絡む。納豆が加わった方が好みの味であった。

すっかり完食、スープに沈んでいった納豆を拾うためスープもかなり飲んでしまった。そして店をあとに、無いものねだりだが醤油バージョンが提供されるならまた頂いてみたい。

到着=12:10 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=うまみのしっかりした味噌 お気に入り度=7

Korokumenu1

Korokumenu2

| | トラックバック (0)

2015年4月17日 (金)

麺処 さとう 桜新町店(桜新町)

訪問日=4月5日(日) 雨

メニュー=豊魚鶏だし塩ラーメン

Satoushio

雨の中、桜新町かららーめん店を目指す。「麺処 さとう 桜新町店」は本蓮沼にある「麺処 さとう」の2号店になるのかな。お店に着くと、おっと店前には待ち客が、あれ?11時オープンと思っていたが11時30分オープンになっているのか・・・。

先の待ち客も11時オープンと思っていたらしく、待つかどうか相談している。営業時間が変わったの?自分も迷った末に結局そのまま待つことにした。後ろにも並びが出来ていたが、多分11時オープンと思って来たんじゃないかな。

お店は11時30分ちょい過ぎに開店、ちなみにこの時点で12人が店前に並んでいた。

店内に入り券売機でメニューを確認する。醤油らーめんもあるけれど今回は「豊魚鶏だし塩ラーメン」の券を購入することにした。カウンター席に着席、テーブル席も四名掛け一卓に二名掛けが二卓あり。

さてちょい待って「豊魚鶏だし塩ラーメン」が提供された。まずはスープから、なるほど鶏のうまみを感じる塩のスープ、うまみもしっかり感じられる。透き通ったスープながら味わいは濃い、好きな味であった。

麺は細目でコシがある、それほどすっきりした啜り心地ではないけれど、でも風味も良くスープも絡んで好みの麺である。

中央にピンクのチャーシュー、噛み応えありながら柔らかい。このチャーシューも良いねえ、肉のうまみを感じる。後半ゆず皮に気づいたが香りはそれほどでは無かったかな。でも口の中に入ればさすがにゆずの香りを感じる。

すぐに完食、スープも飲みきって店をあとにした。雨の中まだ待っている方が複数にいる、人気があるようだ。

到着=11:20 待ち時間=13分 行列=4人(オープン前行列)

麺=中細麺 スープ=鶏のうまみ詰まった塩 お気に入り度=8

Satoumenu

Satoueigyo

 

 

Sazaesan1_3桜新町は「サザエさん」の作者長谷川町子さんが居住していたらしく、駅近くにはサザエさんの銅像が立てられていた。ちゃんと一家が揃っている。

よく見ると奥にも「サザエさん」のキャラクターがいるような。

 

Sazaesan2_2

| | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

麺処 有彩(西川口)

訪問日=4月4日(土) 曇り

メニュー=鶏だし醤油らぁめん

Arisaramen 午後の遅い時間に西川口へ向かった。駅近くにできた「麺処 有彩」を訪問、といってもオープンは2/18だからかなり経ってからの訪問である。いやあ近いからすぐいけると思っていたら訪問が随分遅くなってしまった。

店内に入り券売機で何にしようかと、塩らぁめんと迷いながら、まあ近いからまた来るだろうと思い左上の「鶏だし醤油らぁめん」で券を購入した。その後奥のカウンター席に着席したが、テーブル席もありそちらではご家族客が楽しそうに食事されている。

奥を見ると厨房の脇には製麺機の置かれた部屋がある、これで期待がさらに高まる。

さてちょい待って「鶏だし醤油らぁめん」が提供された。まずはスープを頂いてみる。あっさりしたスープながら鶏のうまみをしっかり感じる味、揚げねぎで香ばしさもある。うまみも十分感じる醤油のスープはかなり好みの味であった。良い味だなあ、ちょっと来るのが遅すぎたか。

麺は細目でコシがある、するすると啜り心地の良い麺は風味も良くこちらも好み、このらーめん良いねえ。午前中の一杯はあったけど、これならサービスの中盛りでも良かったか。

チャーシューは噛み応えがあり肉のうまみを感じる。メンマは細く食感も良い。白髪ねぎもスープにあう。

満足して完食、スープもレンゲでちびちび飲んでいるといつの間にか丼の底が見えてしまった。気持ちよく店をあとにしたが、これはまた「魚介鶏だし塩らぁめん」を食べに伺わないといけないな。

そういえばこの辺は飲み屋も多い、飲んだあとに贅沢な締めとして伺うのも良いかもしれない。そして今回の一杯、実は600円台だったりするのもうれしいところである。

到着=14:13 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=あっさりながら鶏のうまみの効いた醤油 お気に入り度=8

Arisamenu1

Arisamenryo1

Arisamenryo2

Arisamenu2

Arisakanban1

Arisakanban2

| | トラックバック (0)

2015年4月15日 (水)

麺 高はし(赤羽)

訪問日=4月4日(土) 曇り

メニュー=半肉入りつけそば大盛+味玉

201504takahashi

写真撮影断り必要

月が明けたので「高はし」に向かう。ただちょっと出遅れたか、といっても11時過ぎだけど。お店に着くと、そこには長蛇の列が待ち受けていた。ちょっとこれは予想以上だな。

この日は結構待つ模様、そして後ろの方は風邪なのか花粉症なのか鼻を啜る音が異常にうるさい。横の席になりませんように。

結局30分以上待って店内に入りカウンター席に着席した。ちょい待って「半肉入りつけそば大盛+味玉」提供、提供時麺が少なくなったので後で足すと言い渡された。確かにいつもよりちょい少ないかな。まずはその麺を頂いてみる。

コシのある太麺は食感が強く麺自体の風味も良い。やはり浅草開化楼の麺は好みにあう。

つけスープはいつもの通り最初は混ぜずに麺をつける。動物系のコクとうまみ、魚介の風味と味わいを感じるがちょっと脂が多めに感じる。そのためかいつもよりあっさりに感じてしまう。という訳で今回は早めに下から混ぜることにした。

タレの効きが強くなりうまみもくっきり、最初の味からがらりと変わる。そんなスープが力強い麺をしっかりと受け止めている。

さて食べている途中ながらさきほどの鼻を啜る方は真横に座られた。という訳で食事中ずっと鼻を啜る音を聞きながら食べていかなければいけない、これは厳しすぎる・・・。でも我慢して食べ進む。

ある程度食べたところで麺がどばっと追加された。随分増えたな。味玉はスープに浸けてさらに味が育つのを待つ。チャーシューは噛み応えがあり肉のうまみを随分感じる、いつも通りごろごろと入っているのがうれしい。そろそろ回収の味玉、スープもまとって味わいはさらに良くなる。

どんどん食べ進み完食、頃合で提供されたスープで割りスープ、もちろん飲みきっている。いやあ今回も満足、最後にお会計をして店をあとにした。ではまた来月伺います。

ちなみに4月は休み無しの予定らしい。5月はGWの3・4・5で休もうと思っていると言っていたが、4月初旬の考えだからなあ、変わるかも。

到着=11:16 待ち時間=36分 行列=17人

麺=太麺 スープ=魚介動物系の効いた醤油

| | トラックバック (0)

2015年4月14日 (火)

一条流がんこ総本家(四谷三丁目)

訪問日=4月2日(木) 晴れ

メニュー=100ラーメン

Ganko100ramen

前回の訪問から4ヶ月、「一条流がんこ総本家」の扉をくぐる。って並び無しなのか、これはツイている。ただし着席してしばらくすると来店多数で外に数人の並びも出来ているようであった。

注文は家元に聞かれてから、しばし待つ。奥で作業されていた家元がこちらを振り返りにっこり笑って注文を聞く。では前回迷った「100ラーメン」でお願いします。「100ラーメン」は調味タレの入らないラーメンと聞いているがどんな感じになるのだろう?

注文したところで横の方が先にお支払いをしている。あれ、そういうシステムだっけ?でも先客に倣って自分も先にお支払いすることにした(家元でなく女性に)。

それほど待たず「100ラーメン」提供、強い期待を胸にスープを啜る。え!これで調味タレ入ってないの?魚介のうまみを感じるスープは甲殻類の香りも強く感じる。口に広がる味わいは強く、そして結構しょっぱめであった。うーんこれはすごい、不足感など微塵も無くかなり好みの味である。

麺はちょい細めでコシがある、食感がしっかりしておりスープも絡む。いやこのラーメンは良い。これは食べとかないといけないラーメンだわ。

噛み応えのあるチャーシューが三枚、ちょっとしょっぱめで肉のうまみを感じる。このチャーシューも満足感が高い。味玉もまるまる一個、メンマも食感が良い。あとはねぎ、このねぎもスープにあう。

満足感が高いまま完食、当然スープも飲みきってから店をあとにした。

らーめんの満足感は高かったが、残念ながら横の席からこれまで聞いたことのない様な咀嚼音が聞こえていた。その分若干ラーメンの印象にも影響を与えたかもしれない。これはまた再訪して「100ラーメン」を注文しなければいけないな。

到着=11:41 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=中細麺 スープ=甲殻類のうまみも効いたスープ お気に入り度=9

| | トラックバック (0)

2015年4月13日 (月)

かいらく(王子)

訪問日=3月31日(火) 晴れ

メニュー=らーめん+小チャーハン

Kairakuramen

王子の老舗「かいらく」に向かう。駅からはちょい歩いてお店到着、店内へ入る。テーブルに相席で案内されたがカウンター席はわすか、テーブル席がメインのようだ。店内はほぼ満席、人気があるんだなあ。

壁のメニューを見て今回は「らーめん(550円)」と「小チャーハン(300円)」をお願いした。合わせても850円か、これは頼みやすい。

ちょい待って「らーめん」提供、まずはスープを頂いてみる。お!動物系の風味とうまみある醤油のスープ、あっさりながらうまみも十分、かおりも良くかなり好みのスープである。予想以上に好きな味でちょっとびっくりした。

麺はちょい細目で適度なコシ、つるつるとしたのど越しでスープとの相性も良い。いやこれは予想以上に好みのらーめんである。

Kairakutyahan ちょっとしてチャーハン提供、小皿に盛られているがなんだか随分盛り上がっているな。普通の皿なら小じゃないチャーハンくらいあるのではないだろうか?

しっかり塩味の効いたチャーハン、刻みチャーシューやグリーンピースが入っている。食べ応えがある小チャーハンである。

らーめんに戻りそちらも食べ進む。チャーシューはかなり噛み応えがあり、歯でぐっと噛む食感、それも良い。メンマは食感よくくさみも無し。

ラーメン、小チャーハンともに完食、スープもかなり飲んでしまう。というか水を飲んだりしていたら結局ほとんど飲んでしまった。

最後にお会計をして店をあとにする。この店良いな、また伺おう。

到着=11:38 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=動物系のうまみあるあっさりした醤油 お気に入り度=8

Kairakueigyo

| | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

宗谷岬 間宮堂(幸手:遠い)

訪問日=3月29日(日) 曇り

メニュー=元祖帆立らーめん(塩・細麺)

Mamiyadosio

「榮ラーメン」のあとは「煮干そばとみ田」に行こうと思っていたが、臨休か・・・。でも遠目のお店に来ているのでほかにも候補店を考えている。「宗谷岬 間宮堂」に到着、店前には駐車場も有り。

店内に入り券売機でメニューを確認する。今回は左上の「元祖帆立らーめん」で券を購入したが、「ホタテ出汁の新カレーらーめん」というのも気になった。メニューには生帆立丼やほたてバター、生帆立のなめろう風などほたて充実なラインナップなっている。

店内満席のため待ち席でちょっと待つ。待っている間に店の方が食券を受け取りにきた。渡すと塩と醤油の確認、塩がお勧めらしいのでそちらでお願いした。麺も細麺と平打ち麺が選択可能、こちらは両方人気があるとのこと、迷ったが細麺でお願いすることにした。

その後すぐに案内されカウンターに着席、席はテーブルも三卓ある。それほど待たず「元祖帆立らーめん(塩・細麺)」提供、まずはスープを頂いてみる。

確かにほたての味わいを感じる塩のスープ、塩ながらうまみは十分で味わいがしっかりしている。このスープ良いねえ、好きな味であった。

麺はちょい細目で適度なコシ、スープが絡む。後半ちょい柔らかくなってきたが、でもそこまでおかしくはない。この麺も良いんだけど平打ち麺だとどんな感じだろう、結構気になる。

チャーシューは無し、替わりに肉厚のホタテがトッピングされている。分厚いので食べ応えあり、このスープならチャーシューよりこちらの方がうれしい。でっかいお麩はスープを吸って口の中で広がる。

すぐに完食、スープもほとんど飲んで店をあとにした。生帆立丼、頼んどけば良かったかなあ。

到着=12:40 待ち時間=11分 行列=0人(満席)

麺=中細麺 スープ=ほたてのうまみある塩 お気に入り度=8

Mamiyadomenu1

Mamiyadomenu2

Mamiyadomenu3

Mamiyadoeigyo

 

 

Tomitayasumiこちらは「煮干そばとみ田」の営業案内、日曜日もたまに休みになるのか

| | トラックバック (0)

2015年4月11日 (土)

榮ラーメン(久喜:遠い)

訪問日=3月29日(日) 曇り

メニュー=醤油ラーメン

Sakaeramensyoyu

長年の宿題店に向かうため122号線を北上する。久喜市にある「榮ラーメン」が気になったのはも10年以上前のこと、何かのラーメン本で見かけたのが最初のはず。昨年には群馬・埼玉らーめんツアーの一軒として向かうはずが、臨休だったという苦い思いでもある。

川口からなら道路はほとんど一本で行けるルートながら、でもやっぱり遠いなあ。やっとお店到着、あれ?まだ営業前か、でも到着と同時にのれんが掛けられた。並びは結構あったのだが、最初に並んでいた方と一緒に店内へ入ることになる。

店内はかなり広いお店の模様、今回はカウンター席に着席したがテーブルも多数ある。ただ座敷席が一番多い。メニューを確認、つけ麺とかも気になりながら今回は「醤油ラーメン」でお願いすることにした。

自分の座ったカウンター席の目の前は厨房となっている。この場所は調理行程を見ることが出来て楽しくなる。大きな釜で麺が茹でられ、深いざると平ざるを使って麺を湯切りする、なんと見事な技だろう。

さてそれほど待たず「醤油ラーメン」提供、まずはスープを頂いてみる。おお!なんだこれは!そのスープの味わいに驚いた!

魚介のうまみを感じる醤油のスープ、動物系のうまみも効いている。澄んだスープながら味は濃い、引き込まれる味わい、かなり好みのスープである。いやこれは良い。感動しながら麺を頂く。

いやこれもすごい!かなり太めで平たい麺、コシがありながらもちもち感がある。のど越しが素晴らしく良いこの麺、衝撃的なうまさでびっくりした。

チャーシューはスープで温まりとろとろ、スープにもあっている。メンマは食感良くくさみもない。あとはねぎのみ、でもそれがうれしいらーめん、どんどん無くなっていってしまう。

名残惜しくも残念ながら完食、スープを残すわけもなく最後は丼を持って完飲した。大変満足した今回の一杯、しばらくしたらまた食べたくなるだろう。

お会計をして店を出ると店前の並びは15人、まあ当然だろう、そう思ってしまうほど満足した。いやあ良かった、これまで来なかったのを後悔するレベル、遠いけどまたそのうち再訪したい。

到着=11:42 待ち時間=0分 行列=0人(オープン直後)

麺=太平麺 スープ=魚介のうまみ感じる醤油のスープ お気に入り度=8

Sakaeramenmnu1

Sakaeramenmenu2

Sakaerameneigyo_2

| | トラックバック (0)

2015年4月10日 (金)

とんとん船(戸塚安行)

訪問日=3月28日(土) 曇り

メニュー=らーめん

Tontonshipramen川口の「とんとん船」というお店を訪問する。ただ川口駅からはかなり遠い、というか最寄り駅は戸塚安行でそちらからなら徒歩で3,4分くらいだろう(ちなみに店先に駐車スペース有り)。

店内に入りカウンターに着席、席はテーブルもあるようだ。メニューを確認、今回は「らーめん」をお願いした。営業案内を見ると夜だけでなく昼もやっているのか。夜営業だけと思っていたけどそれならもっと早く伺えば良かったな。

さてそれほど待たず「らーめん」提供、まずはスープを頂いてみる。動物系のうまみと香りがある醤油のスープ、背脂も適度に浮いている。油の層はあるもののそれほど油っこい印象はない。おっとこの味は昔(20年くらい前)よく食べていたお店を思い出す、良いかも。

麺はちょい細目でちぢれのあるタイプ、コシがあるが固い印象はなし。ちぢれているのでスープもよく絡む。

チャーシューは噛み応えがあり、端っこチャーシューも2個入っている。濃いめの味ながらこれが案外スープに合っている。

もやしはたっぷり、最初あまり必要とは思わなかったが、でも案外濃いめの味にはこのもやしが丁度良いかな。ねぎもかなりの量がトッピングされている。

すっかり完食、スープを飲んでいく。はっ!しまった、擦りニンニクがあったのを忘れていた。このスープに投入したら味の変化を楽しめただろう。今更ながらニンニクを投入して完飲してしまった。

最後にお会計をして店をあとにする。メニューには「塩とんこつ」や「味噌」のあるこちら、それも昔よく伺っていたお店で注文していたので食べてみたくなった。こちらのお店にはまた伺うことにしよう。

到着=19:33 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細ちぢれ麺 スープ=背脂の浮いた動物系のうまみある醤油 お気に入り度=7

Tontonshipmenu

Tontonshipeigyo

Tontonshipmisemae

| | トラックバック (0)

2015年4月 9日 (木)

高はし(赤羽)の4月休み情報

4月は休みなしとのこと(日曜定休日は休み)。

ということでいつもの張り紙はありませんでした。

4月は頑張って5月3,4,5日に休む予定(4月初旬時点の予定ですが)らしいです。

*5月は3日(日)~6日(水)までお休みのようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華そば 勝本(水道橋)

訪問日=3月28日(土) 曇り

メニュー=つけそば

Katumototuke かなり早い時間に水道橋の「中華そば 勝本」を訪問、まずは店前の券売機でメニューを確認する。「中華そば」が上か、でも今回は「つけそば」で券を購入する事にした。

店内に入り厨房前のカウンター席に着席、反対には壁に面したカウンター席もある。木目調のカウンターに心が安らぐ。厨房はかなり広くその中の4名が調理担当、またホールには別に2名がおり接客を担当されている。

さてちょっと待って「つけそば」提供、まずは麺から頂いてみる。コシのある太麺はもっちり感がある。弾力のある食感でのど越しが素晴らしく良い、好みの麺であった。

つけスープは動物系と魚介のうまみが効いたマイルドなスープ、ただ塩味はしっかり効いており麺との相性もいい。このスープも良い。ただ麺から水の香りだろうか、気になるかおりもあったりする。まあすぐ気にならなくなったけど。

スープ内には薄切りのチャーシュー、かなり薄切りなのでもう少し欲しい。もしくは麺の上にトッピングした方が見た目にも良い気がする。メンマは食感良くくさみもなし。

後半すだちを麺に絞り掛ける。さわやかなすだちの酸味とかおりで変化をつけられるのがうれしい。最後の一口でスープではなく麺に黒七味を振りかけた。香ばしい香り、これは良い。今度から黒七味は麺に振ろう。

そして完食、スープ割りもお願いした。すぐに提供のスープ割り、割っても良い味のスープは当然のように完飲してしまう。満足して店をあとにした。かなり気に入ったこちら、いつか「中華そば」も頂いてみたい。

到着=11:09 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系と魚介のうまみあるマイルドな醤油 お気に入り度=8

Katumotomenu1

Katumotomenu2

Katumotoeigyo

Katumototyotin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 8日 (水)

堀切つけそば 照久(堀切菖蒲園)

訪問日=3月25日(水) 晴れ

メニュー=つけそば並盛

Syokyutuke

以前「中華そば 清水」の時に伺った場所にできた「堀切つけそば 照久」を訪問。ちなみに営業時間は昼のみらしいが夜はどうなっているのだろうか?

さて店内に入り券売機でメニューを確認、下にはラーメンもあるのだが今回は左上の「つけそば並盛」で券を購入することにした。

カウンター席に着席、ちょっと待って「つけそば」が提供された。ぴかぴか光る麺が美しい。コシがあり弾力のある太麺、のど越しが非常に良くつるつる喉を通っていく。かなり好みの麺である。麺だけ頂いても楽しい気持ちになってしまう。

つけスープはコクのある醤油のスープ、酸味・甘み・辛味の効いた味で酸味を結構感じる。こういう味は最近あまり見なくなった気がする。酸味は結構効いているが不思議と好きな味(実は酸味が強いのは苦手)、先日食べた「つけそば 丸長 目白店」の様な味わいであった。

かなり好みのつけ麺、スープ内には薄目で細かく切られた濃い味のチャーシューというか豚肉、そしてメンマと刻まれたナルト、それを麺と一緒に頂く感じになる。これも先日頂いた「丸長」のように感じる。

並ながら300gの麺は食べ応えあり。ただ好みのつけめんのためどんどん無くなっていく。良い味だなあ、連食予定は無かったのでせめて中盛りにしておけばよかったな。

そして完食、スープ割りもお願いする。酸味は強いが好きな味のためすぐに完飲、店をあとにした。

このつけそばもかなり気に入った、また頂いてみたい。

到着=12:50 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=酸味辛味甘みの効いた醤油 お気に入り度=8

Syokyumenu1

Syokyumenu2

Syokyumenu3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 7日 (火)

滝野川大勝軒(池袋)

訪問日=3月23日(月) 晴れ

メニュー=ラーメン

Takinogawaramen 以前コメントに頂きながら、油断により「滝野川大勝軒」の閉店前訪問を逃してしまった・・・。でもすぐに移転復活の「滝野川大勝軒」、場所は以前「キングコング」のあった場所であった。

お店に近づく、おっと店前に並びが!と思ったら横の「狸穴」の方であった。「狸穴」人気あるんだなあ。でも「滝野川大勝軒」にも並びあり、しばし待つことに。それにしても池袋へ移転しても「滝野川大勝軒」なのか、まあその方がうれしいんだけど。

並びは進んで券売機でメニューを確認、今回は「ラーメン」で券を購入した。ちなみに「滝野川大勝軒」は「もりそば」より「ラーメン」の方が好きだったりする。

カウンター席に着席、お店は厨房内3名での営業、その内の大きい人とめがねの人は移転前でも見た方であった。一人は店長かな?

ちょっと待って「ラーメン」提供、では頂きましょう。動物系のうまみと魚介の味わいが効いた醤油のスープ、「滝野川大勝軒」は伺う度に味の印象が違ったんだけど、今回は動物系のうまみが強い感じであった。

これはこれで良し、「滝野川大勝軒」は味が一定ではないスープを楽しみにしている自分がいる。と言うわけで移転しても「滝野川大勝軒」の印象はあまり変わらず。これで別の訪問時に自分の好きな魚介の味が強い時も出現すれば完璧である。

麺は太く適度なコシ、もう少しコシの強い方が好みながらこういう時もあったし、これはこれで良し。丼にぎっちり詰まった麺は風味も良く食べ応えがある。

チャーシューは食感強く肉のうまみを感じる。かなり甘めのメンマはこういう味付けもよくあった。ねぎもたっぷり、ナルトにのりもきっちり入っている。

後半変な形の容器に入った擦りニンニクを投入する。この入れ物はドレッシング用かな?正直入れづらい。またニンニク自体も香りはあまり強くない。

すっかり完食、スープもほぼ完飲で店をあとにした。さて次回の味がどうなるのか、ちょっと楽しみ。

到着=12:08 待ち時間=10分 行列=4人

麺=太麺 スープ=動物系のうまみ強い醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 6日 (月)

創麺業 磯部水産(東小金井)

訪問日=3月22日(日) 晴れ

メニュー=海の幸薫る潮そば

Isobeshio

「めん屋 平右衛門」のあとは駅反対に向かい、以前伺った「くじら食堂」の場所に向かう。現在この場所で「くじら食堂」の休みである土曜の夜と日曜日が「創麺業 磯部水産」として営業されている(元「音麺酒家 楽々」の店主氏が営業、「楽々」は体調不良により店を閉めたらしい)。

店内に入り券売機で限定のボタンを押す。今日のらーめんは「海の幸薫る潮そば」になる(らーめんは変わる模様)。カウンター席に着席、空きは一席のみでその後も来客が途絶えることはなかった。

さてそれほど待たず「海の幸薫る潮そば」提供、まずはスープを頂いてみる。おっとこれは良い!あっさりした塩のスープながらコクとうまみをしっかりと感じる。魚介のうまみあるスープはとても好みの味、いやあ良いねえ、思わずレンゲで何口も飲んでしまった。

麺は細目でコシがある、風味が良くスープも絡む。麺は噛むとほのかに甘みも感じる。この潮らーめんは良い。

チャーシューは鶏と豚の2種、鶏はさっくりしておりあっさりした味となっている。豚は飼み応えがあり肉のうまみ感じる、このチャーシュー良い香りだなあ。

穂先メンマは柔らかく良い味、くさみなど無し。ねぎの上には魚粉がのっており、スープに溶かすと魚介の風味やうまみが強くなる。でもスープのバランスが崩れることはない。

どんどん食べていきすっかり完食、当然スープも飲みきってしまう。満足して店をあとにした。店主氏はまたいつか別にお店を出されるのか?その際にはまた伺ってみたい。

到着=12:54 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=細麺 スープ=あっさりした塩 お気に入り度=8

Isobemenu

Isobeeigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 5日 (日)

めん屋 平右衛門(東小金井)

訪問日=3月22日(日) 晴れ

メニュー=生醤油ラーメン(並)

Heiemonramen

日曜日の一軒目は三鷹にある「らーめん処 こたに」に向かったのだが、そうかあ、日曜休みかあ・・・。と言うわけで東小金井へ移動することにした。訪問したのは「めん屋 平右衛門」というお店、大学のグラウンド横になる。

店内に入り券売機でメニューを確認、今回は左上の「生醤油ラーメン」で券を購入する。そのほかにもメニューはいろいろあるようだ。カウンター席に着席、券を渡すと麺の盛りを確認される。ただ連食予定なので今回は並でお願いしている。

それほど待たず「生醤油ラーメン」提供、まずはスープを頂いてみる。あっさりした醤油のスープは魚介のうまみが感じられる。インパクトある感じではないが、でもすっきりした飲み口でかなり好みの味であった。

麺はちょい細目でコシがある、ちょっと固めかな、スープとは最初馴染んでいなかったが途中から徐々に馴染んできた。

チャーシューは噛み応えがあり肉のうまみを感じる、良い味だなあ。メンマは食感良くこれがかなり好みの味であった。白髪ねぎもスープにあっている。

すぐに完食、心地良いスープは、実は完飲してしまっている。そして店をあとに、この辺に住んでいればちょくちょく伺ってしまうお店かも。ほかのメニューも結構気になる。

到着=12:28 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=7

Heiemonmenu

Heiemonnoren

 

 

 

Kotanieigyo 「らーめん処 こたに」のメニューと営業案内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 4日 (土)

煮干中華そば 鈴蘭 中野店(中野)

訪問日=3月21日(土)祝日 曇り

メニュー=煮干そば

Suzurannibosoba 「ラーメン 力 東風」のあとは中野に移動、ただ先の店のスープが胃の中で重くもたれ掛かっている。でもそれにも負けず「煮干中華そば 鈴蘭 中野店」の扉をくぐる。こちらは新宿三丁目にあるお店の支店になるようだ。

店内の券売機でメニューを確認、今回は左上の「煮干そば」で券を購入することにした。その後カウンターに着席、席はテーブルもあり。店内はかなり混んでいる。ちなみにほとんどの方がつけめんを召し上がっていたのだが、そちらの方が良かったのかな?

ちょい待って「煮干そば」提供、まずはスープを頂いてみる。おっと煮干し効いてるねえ!煮干しの風味とうまみが強く効いた醤油のスープ、とても強い味わいとなっている。先のお店のスープもすごかったが、でもこちらのスープもインパクトがある。

麺はちょい太めで平たいタイプ、ちぢれておりさくっと歯切れのいい感じであった。

チャーシューは薄切りの為柔らかい。さっぱりした味ながら肉のうまみもあり良い味であった。穂先メンマはかなり大きい、柔らかいが食感もしっかりしている。食べ応えあり。

するするっと食べてしまい速攻で完食した。ここの煮干しスープも好みの味である。満足して店をあとに、つけめんはどんな感じだったかな。

到着=13:29 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=コ煮干しのうまみ強い濃い味の醤油 お気に入り度=8

Suzuranmenu

Suzurankanban

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 3日 (金)

ラーメン 力 東風(新宿御苑)

訪問日=3月21日(土)祝日 曇り

メニュー=ラーメン+替玉(カタメ)

Tofuramen 新宿御苑前に出来た「ラーメン 力 東風」を訪問、場所は以前「ラーメン オズ骨」のあった場所になる。店内に入り券売機で左上の「ラーメン」で券を購入、その後カウンター席に着席した。先客は無し、ただその後数人の来客があった。

らーめんはすぐに提供、まずはスープを頂いてみる。おっと良い味!コクのある豚骨スープは口の中でもうひと味ある感じ。最近豚骨はあまり頂かないが、ここのスープはかなり好きな味であった。ただ重いスープだなあ。

麺は細く結構固めな食感、スープが良く絡む。このラーメンはかなり好み、でも重たいスープだなあ。

チャーシューは噛み応えがあり肉を喰ってる感が強くあり、スープも絡んで良い味であった。キクラゲも食感が強い。歯でぐっぐっと噛む感じ。あとはねぎがトッピングされている。

Tofukaedama 連食予定のなか完食したが、うーんどうしよう。迷った末に結局替玉をお願いしてしまった。カタメ発注の替玉はすぐに提供、スープに投入したが確かにカタメで粉っぽさも結構ある。スープにちょっと馴染ませてから食べていく。

どんどんなくなる麺、後半卓上にある辛子高菜を入れようとしたが、注意書きを見るとご飯用らしい。辛子高菜は別にトッピングしないといけないんだ。まあ購入するほどではないのでそのまま完食した。なんだかんだスープもほとんど飲んでしまう。

そして店をあとに、こちらのラーメンはまた頂いてみたい。ただこのあと重たいスープが胃の中に居座る感じであった。このあと結構この重さに苦しむことになる。ここは身体の体調を整えてから再訪したい。

到着=12:39 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=コクのある濃いめの豚骨スープ お気に入り度=7

Tofumenu1

Tofutopi

Tofutakana

Tofumotomise

Tofumenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 2日 (木)

東京じゃんがら ecute上野店(上野:駅構内)

訪問日=3月20日(金) 曇り

メニュー=醤油じゃんがら

Jyangarasyoyu かなり遅い時間、移動の途中に上野駅で降りる。でも改札は出ない。目当ては駅構内にある「じゃんがら」の新店だったりする。店内に入りテーブル席に着席、席はカウンターもあり。

メニューを見ると「九州じゃんがら」のほか、じゃんがらとしては珍しい「醤油じゃんがら」というメニューもある。今回はその「醤油じゃんがら」でお願いした。

それほど待たずらーめん提供、まずはスープを頂いてみる。煮干しの風味とうまみある醤油のスープ、ちょっと油が多めなオイリースープ、ただそれもあってかスープはかなり熱々であった。

上にゆず皮がトッピングされているが、あまり香らないかも。

麺は適度なコシの中太タイプ、のど越しが良くスープも絡む。好みの麺ながら後半ちょっと柔らかくなってきた。

チャーシューは噛み応えあり。ゆず皮はさすがに口にはいるとゆずの香りが鼻を抜ける。後半辛子高菜をトッピングしてみる。このスープにあうと言う感じではないが、でも辛子高菜が良い味で思わずもう少し入れてしまった。

そして完食、スープもかなり飲んでしまう。最後にお会計をして店をあとにした。駅構内に「じゃんがら」というのも良いもんだ。今度は「九州じゃんがら」も頼んでみたい。

到着=14:20 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=煮干しのうまみある醤油、油多めで熱々 お気に入り度=7

Jyangaramenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 1日 (水)

らーめん 一力堂 神田小川町店(小川町・神保町)

訪問日=3月17日(火) 晴れ

メニュー=ラーメン

Ichirikidoramen

「創作料理 青」のあと、近くの「らーめん 一力堂」を訪問する。店内に入り券売機でメニューを確認、今回は左上の「ラーメン」で券を購入した。

カウンター席に着席、券を渡すと店の方から麺の固さと背油の量を確認された。両方普通でお願いします。それほど待たず「ラーメン」提供、スープの表面にはたっぷりの背脂が浮いている。

まずはスープを、動物系の味わいを感じる醤油のスープ、うまみもしっかり効いている。背脂たっぷりでコクがある。ただしつこい感じはしない。もうちょい背油多目でもよかったかな。

麺は中細のストレート、コシがあるタイプで麺とスープの相性がいい。感じとしては随分前に伺った「ますたにラーメン」の様な感じであった。

チャーシューは薄いが3枚、薄いので食感が良い。ねぎは食感良くスープにあう。もう少し多い方がうれしいのだが、「九条ネギラーメン」というメニューがちゃんとある。ただ1000円とかなりの値段だったりもする。

後半お店の方に進められた壷入りのねぎを投入する。うわ!ねぎの香り強烈、すごいな。でもこれはこれであり。

そして完食、スープはある程度飲んで店をあとにした。ちなみにこの辺で「ますたにラーメン」っぽいらーめんとなれば、以前伺った「醤油ラーメンなら藤崎奈々子(閉店)」を思い出す、のは自分だけか。

到着=12:55 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=背脂の浮いたうまみある醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »