« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

麺恋処 爆龍(武蔵小山)

訪問日=2月15日(日) 晴れ

メニュー=中華そば+サービスライス

Bakuryuramen 「風は南から」の後、ほんとは「ボニート・ボニート」にいこうと思っていた。でも相席の方の背脂醤油ラーメンが頭に焼き付き、もう一軒のこってり系の候補へ向かうことにした。

「風は南から」も近い場所にある「麺恋処 爆龍」というお店を訪問、ただ路地に入った場所にあるお店は結構判りづらい。店内に入り券売機でメニューを確認、今回は「中華そば」で券を購入した。

カウンター席に着席、内装が綺麗なお店は目の前にある厨房もかなり広めである。おっと奥には犬がいる、あちらを向いて腹をつけているが店内にいるのは珍しいな。

さて店の方に食券を渡すとライスがサービスとの案内を受ける。迷ったが思わずお願いしてしまった。

結構待って「中華そば」提供、まずはスープを頂いてみる。動物系のうまみあるスープは結構マイルドな味、食べ進むと生姜を結構感じる。背脂も効いてるけどそれほどこってりという感じではない。でも好きな味であった。

麺はかなり太く平たいタイプで適度なコシ、この太さでこの茹で加減はあまりないかも。でもこれがかなりうれしい茹で加減であった。まあ時間が掛かるので勇気がいる茹で加減だろう。

刻みタマネギとねぎは存在感あり。もやしもたっぷり、個人的にはもう少し少なめでも良いんだけど。チャーシューは噛み応えあり。

ここで別皿の醤油漬けのニンニクを投入、風味が強くなり結構二郎っぽい感じになった。そして完食、ニンニクや生姜も効いて元気になりそうならーめんであった。

Bakuryurice 最後に残しておいたライスにスープを掛ける。ただそれほどあわないかな。でもあっという間に完食してしまう。

店を出る前に犬の写真を撮らせて貰った。店の方は良い顔してねーといっていたが、そのままで十分良い顔である。

到着=12:49 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=太平麺 スープ=動物系のうまみあるスープ、各種薬味の味 お気に入り度=7

Bakuryumenu1

Bakuryudog

Bakuryumenu2

Bakuryumae

| | トラックバック (0)

2015年2月27日 (金)

風は南から(武蔵小山)

訪問日=2月15日(日) 晴れ

メニュー=醤油ラーメン

Kazeminamiramen 武蔵小山駅からも近い場所に出来た「風は南から」を訪問、こちらは昔伺った「井田商店」の2号店らしい。

店内にはいると満席の模様、とりあえず先に券売機で券を購入することに。今回は上の「醤油ラーメン」を選択、ほかに「背脂醤油ラーメン」と「塩ラーメン」がある。

ホール担当のエキゾチック美女に満席なので10分ほど待つかもしれないとの案内を受ける、大丈夫です!寒かったので店内で待たせてもらえるのがうれしいところ、ただ外を見るとそこにはすでに待ちが出来ていた。ちなみにすべての席にらーめんの提供が完了している、もうちょい待つ感じか。

確かに10分ほどでテーブルに空き席が、相席にて着席する。席はカウンターもあり。それほど待たず「醤油ラーメン」が提供された。

まずはスープを頂いてみる。コクのある醤油のスープ、色は黒いがきつい味ではない。うまみも十分でとても好みの味、冷えた身体も温まる。

麺は中太でコシがあるタイプ、切れ味良い食感でスープも絡む。このらーめん良いねえ。

チャーシューは薄いが大きめで噛み応えあり。メンマも食感良くくさみもない。どんどん食べ進みあっと言う間にすっかり完食した。多めのスープもかなり飲んでしまう。温度の下がったスープの味も良い。

満足して店をあとにした。こちらにはまた伺いたい。そういえば相席の方の「背脂醤油ラーメン」がかなり魅力的であった。

到着=12:24 待ち時間=9分 行列=0人(満席)

麺=中太麺 スープ=コクのある濃いめの醤油スープ お気に入り度=8

Kazeminamimenu_2

Kazeminamieigyo

| | トラックバック (0)

2015年2月26日 (木)

つけ麺 竹川(三軒茶屋)

訪問日=2月14日(土) 晴れ

メニュー=つけ麺 大

Takekawatuke

「新福菜館 麻布十番店」のあとは三軒茶屋に移動、駅からはちょっと歩いた場所にある「つけ麺 竹川」を訪問する。ちなみに以前伺った「めん 和正」の前も通ったが、6、7人の並びが出来ていた。人気は衰えていないようだ。

「つけ麺 竹川」到着、軽く階段をあがり店内へ入る。券売機でメニューを確認、つけ麺は小・並・大が同額らしい。大は250gか、なら大丈夫だろう。と言うわけで「つけ麺 大」の券を購入した。

その後カウンター席に着席、お店は厨房内2名で営業されているようだ。

ちょい待ってつけ麺提供、綺麗な麺だなあ。まずはその麺を頂いてみる。コシのある太麺は風味が良く喉のすべりも良い、好みの麺であった。

つけスープはコクのある鶏白湯、甘みを感じるが不快な感じではない。酸味もなくしつこく感じない。食べ進むとかなり好みに感じてきた、このつけ麺良いかも。250gの麺は結構食べ応えがある。

スープ内にはピンクのチャーシュー、結構な量が入っている。ただ熱々のスープで熱が通る。もったいないな。最初に麺の器に避難させておいた一枚は綺麗な色、そのままでも良い味だがら、このチャーシューは麺の上で提供した方が良いような気がする。

鶏つくねは結構固めな食感、もう少しふわっとしている方がさらに好みかも。メンマは食感良くくさみもなし。

多めの麺もすぐに完食、スープ割りをお願いする。魚介のうまみを感じるスープ、割ったスープも完飲してしまう。満足して店をあとにした。気になったのが「有機野菜つけ麺」というメニュー、そちらにしなかったのを後で後悔してしまった。

到着=13:46 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=太麺 スープ=ちょい甘みも感じる鶏白湯 お気に入り度=8

Takekawamenu

Takekawahana

| | トラックバック (0)

2015年2月25日 (水)

新福菜館 麻布十番店(麻布十番:プレオープン中)

訪問日=2月14日(土) 晴れ

メニュー=ラーメン並

Sinpukusaikansoba 京都の「新福菜館」が東京に進出、この日はまだプレオープン中でグランドオープンは23日からとなる。そんなプレオープン中のお店だが店前にはかなりの並びあり、これは結構待ちそうだ。

店の前は日が当たらないため随分寒い。そんな環境だが後ろを見ると並びはさらに伸びて全部で18人になっていた、これはすごい。

20分ほど待って店内へ、ただ予想よりは早かったかな。券売機でメニューを確認、左上の「ラーメン並」で券を購入する。もし販売していたらと思った「焼めし」はまだ×マークが点いていた。グランドオープンの時には提供されるのだろう。

カウンター席に着きちょい待って「らーめん並」が提供された。真っ黒なスープはコクのある醤油の味、醤油たれの味は効いているが見た目ほど濃い味ではない。うまみも十分、かなり好きな味であった。

麺は中太のストレート、コシがあり食感もしっかりしておりスープも絡む。この麺もかなり良い。好みのらーめん、どんどん麺が無くなっていく。

チャーシューはスープの一面に、薄いが噛み応えがある。青ねぎも食感良し、これは増せば良かったな。もやしは茹でられたおり味が薄まる感じがあった。個人的にはもう少し少な目でも良い。

すっかり完食、スープも飲みきってしまう。満足して店をあとにした。「焼めし」提供後に必ず再訪しよう。ただし心配なのは行列、店を出ると並びは30人程になっていた、恐ろしい。

到着=12:42 待ち時間=19分 行列=9人

麺=中太麺 スープ=コクのある濃いめの醤油スープ お気に入り度=8

Sinpukusaikanmenu

| | トラックバック (0)

2015年2月24日 (火)

ラーメン 暁(蒲田)

訪問日=2月13日(金) 晴れ

メニュー=ラーメン+ミニキーマカレー

Akatsukiramen

「中華そば まぜそば 白夢」のあとは線路挟んで反対へ向かう。以前伺った「ラーメン 暁」を再訪、店前のメニューを見ると「ミニキーマカレー」がランチタイム100円らしい(通常200円)。

店内の券売機でメニューを確認、あれ?「納豆つけめん」無いのか、目当てだったんだけな。それならばと「ラーメン」で券を購入、そしてどうしても気になった「ミニキーマカレー」も買ってしまった。カウンター席に着席、テーブルも三卓あり。

それほど待たず「ラーメン+ミニキーマカレー」提供、まずはスープを頂いてみる。濃いめの醤油スープはすっきりした味、醤油濃いめな味わいとなっている。ただしきつい感じは無し。以前の印象とは大分違うかも。

麺はちょい細目でちぢれておりコシがある。麺と頂くとスープはかなり良い感じになる。

チャーシューは柔らかく肉のうまみあり。メンマもくさみなく良い食感であった。

「キーマカレー」は挽き肉たっぷりでトマトを感じるカレーとなっている。確かにミニサイズだがカレーはたっぷり、100円ならばかなりのお得感である。

ラーメン・ミニカレーともにすっかり完食、スープも結構飲んで店をあとにした。メニューはちょこちょこ変わるのかな?また伺ってみようか。

到着=12:51 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=濃いめの醤油スープ お気に入り度=7

Akatsukimenu1

Akatsukikabe1

Akatsukikabe2

Akatsukimenu2

Akatsukimenu3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

中華そば まぜそば 白夢(蒲田)

訪問日=2月13日(金) 曇り

メニュー=中華そば

Byakumusoba 蒲田駅からちょい歩き、「中華そば まぜそば 白夢」というお店を訪問する。奥まった扉をくぐって店内へ、カウンター席に着席した。奥にはテーブル席もあるようだ。内装はらーめん屋さんぽくない感じ、落ち着いた雰囲気が結構良い。

メニューを見て今回は「中華そば」でお願いする。まぜそばがメインだろうか、「まぜそば赤」というのがかなり気になった。

結構待って「中華そば」提供、まずはスープを頂いてみる。魚介のうまみを感じるあっさりした醤油のスープ、結構すっきりした味わいで優しい味となっている。

麺は中細で適度なコシ、最初ちょっと歯につく感じもあったが、すぐに食感も良くなってきた。最初あっさりすぎると感じたスープだが、食べ進むと味わいも増してくる。

チャーシューは肉厚、柔らかく肉のうまみを感じる。メンマもくさみなく良い食感であった。ゆず皮はあまり香らなかったが、さすがに口に入るとやはり香りは強くなる。半熟の卵は柔らかく優しい味であった。

そして完食、スープも結構飲んでしまう。最後にお会計をして店を後にした。やっぱりまぜそばの方が良かったかな、再訪するなら「まぜそば赤」を頼んでみたい。

到着=12:11 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=中細麺 スープ=魚介のうまみあるあっさりした醤油 お気に入り度=7

Byakumumenu1

Byakumueigyo

Byakumumenu2

Byakumuomote

| | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

中国ラーメン揚州商人 新横浜店(新横浜)

訪問日=2月11日(水) 晴れ

メニュー=豚玉ラーメン(刀切麺)+炒飯セット

Yossyusbutatama

夜知り合いと晩飯に向かう。久しぶりの「揚州商人」へ、店内へ入りテーブル席に着席する。メニューを見て好物の天津麺ぽかったので「豚玉ラーメン」をお願いした。あとそれに炒飯セットを追加でお願いしている。

 

Yossyusmoyashi 別に注文のもやし炒め提供、しゃきしゃきしたもやしは濃いめな味で香ばしくもある。好きな味であった。サービスのジャスミン茶を飲んだりもする。

そして「豚玉ラーメン」提供、炒飯はちょっとして提供された。まずはスープを頂いてみる。動物系のうまみある塩のスープ、透明ながら濁りもあり。うまみもしっかり効いてパンチがある。

今回麺は「刀切麺」でお願いしたが、食感強くかなりの太麺は平たく厚い。強い噛み応えの麺となっている。ただスープは強めの味ながら、このメニューは細麺の「柳麺」のほうが良いかも。

上の豚玉は豚肉の入った玉子焼き、豚肉も結構な量が入って食べ応えがある。

Yossyustyahan パラッとした炒飯は海老も入っている。こちらも強めの味、提供したてが一番良い味だが、ただ冷めてもそれはそれで良い感じであった。

全体的に濃い味だったが満足して完食、お会計をして店をあとにした。「揚州商人」はいろいろなメニューが選べるのがうれしいお店である。

到着=19:14 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=太平麺 スープ=動物系のうまみある塩 お気に入り度=7

 

沢山のメニューの中から一部だけ紹介

Yossyusmenu2

Yossyusmenu4

Yossyusmenu5

Yossyusmenu6

Yossyusmenu8

Yossyusmenu13

| | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

灰汁中華 ノ貫(へちかん:桜木町)

訪問日=2月11日(水) 晴れ

メニュー=海老蕎麦

Hechikaneibisoba

「地球の中華そば」から歩いて桜木町へ向かう。今度は「灰汁中華 ノ貫」というお店を訪問、店前に「ノ貫」と書かれた小さい木の看板が置かれている。

どうやらここは夜飲み屋さんらしい。ちなみに後で別の方に聞いたが「ノ貫」自体は何度も場所を替えて営業しているとのことである。

扉を開けると満席で店内には待ちが1名、入れなさそうなので外で待つことに。外で待っていても感じる煮干しのかおり、かなり期待してしまう。

ちょい待って2名退店、店内に入りカウンター席に着席した。お品書きを見ると「海老蕎麦(50杯)」のみ、じゃあそれで。周りを見ると「炙り肉刺し」なんかも頼まれている、うーん良さそう。

ちょっと待って「海老蕎麦」提供、まずはスープを頂いてみる。煮干しの風味とうまみを感じる醤油のスープ、煮干しの味は海老に勝利、でも煮干しの味だけでなく甘みも感じる、これが海老か?海老の香ばしい感じはあまりないがかなり好きな味であった。

麺は細目でコシがある。ぼきぼきした噛み応えではないが、食感が強くスープにあっている。

ピンクのチャーシューはかなりの噛み応え、ただ柔らかくも感じる。最初肉のかおりがつよめだが、スープに浸けていると良い味と風味になってきた。刻みタマネギも食感強く存在感がある。

すっかり完食、結局スープも飲みきってしまった。お会計をして店をあとにする。もし次に伺う機会があったとしてもまだこの場所で営業しているだろうか?でもまた機会があれば是非伺いたいお店であった。

到着=12:35 待ち時間=4分 行列=1人

麺=中細麺 スープ=煮干しの風味とうまみ満載の醤油 お気に入り度=8

Hechikanmenu

Hechikantyui

Hechikann1

 

 

Hechikanhirohi_2駅へ向かう道で見つけたポスター、五木ひろしさんの下に五木ひろしさん、これ狙ってるよね

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

地球の中華そば(伊勢佐木長者町・関内)

訪問日=2月11日(水) 晴れ

メニュー=醤油つけそば

Tikyunotyukatuke

この日は関内からちょっと歩いた場所にある「地球の中華そば」を訪問、開店前のお店に到着すると店前はすでに長蛇の列となっている。おや?一番後ろにいるのはsomenmanさんではないですか、お話しながら待つことに。

並んだ直後に開店、店内へ徐々に並びが消えていく。ここでsomenmanさんから聞いて知ったこと、水曜はつけそばのみ提供らしい。そうだったのか、いつもお店の情報をよく調べないで伺うからなあ、まあ良いか。

しばらくして先に券売機で券を買うことに。「醤油そば」の券で購入したが、これで「醤油つけそば」になるのだろう。店内の席は埋まっているので一旦外で待つ。しばらくして先客が退店、20分ほどで店内へ入ることが出来た。カウンターに着席、席はテーブルもあり。

ちょっと待って「醤油つけそば」が提供された。まずは麺を頂いてみる。細目で平たい麺はコシがあるタイプ、そしてのど越し良く風味も良い。いやこれはとても好みの麺である。上には刻みのりがトッピングされている。

つけスープはあっさりながらコクがありうまみも十分な醤油のスープ、酸味はあるが、なんだろう全くきつい感じがない。酸味の強いつけスープは苦手なんだけど、この味はかなり好みであった。このつけそば良いねえ。

スープ内には細く切られたチャーシューが入っている。かなり太いメンマは柔らかくくさみも無い。このメンマがかなり好み、これなら増量したい。

麺量はそれほど多くないのですぐに完食、スープ割りをお願いした。ホールのおねえさんがポットからスープを入れてくれる。スープは温まり酸味はさっきより感じたが、ただこれもまた良い味、レンゲでずばずば飲んで完飲してしまった。

満足して店をあとにする。今回のつけそばがかなり良かったので、いつか「中華そば」も頂きに伺いたい。

到着=11:31 待ち時間=19分 行列=11人(開店前行列)

麺=中細平麺 スープ=あっさりながらコクのある醤油、酸味もあり お気に入り度=8

Tikyunotyukasetumei

Tikyunotyukatukenomi

Tikyunotyukaeigyo

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2015年2月19日 (木)

肉そば むつき食堂(小岩)

訪問日=2月10日(火) 晴れ

メニュー=肉そば+サービスライス

Mutukiramen

小岩で「肉そば」のお店へ向かう。店前の券売機でメニューを確認、といっても麺メニューは「肉そば(並)」だけなる。当然その「肉そば(並)」で券を購入、ちなみに「ごはん」のボタンには×マークが点いている。実はこの時間ライスがサービスらしい。

自動ドアから店内に入り、カウンター奥の席に着席する。券を渡すとライスの有無を確認された。思わず有りでお願いしてしまう。そのごはんはセルフでお代わり可能、生卵も食べ放題と気前が良い。

ちょっとしてごはん提供、「中華そば」もすぐに提供された。いやあスープが真っ黒である。最初に卵を中華そばの上に落として、さて頂こう。

かなり濃い味の醤油スープ、煮干しの風味が感じられる。結構濃い味だが好きな味、ライスと一緒に頂くのが丁度良い。おかずになるラーメン、ライス無しだときつい感じもするが、でもこの味はかなり気に入ってしまった。

麺はちょい細目でコシがある。濃い味のスープもよく絡む。少な目だがライスと一緒なら丁度良いか。

チャーシューでなくバラ肉、濃いめの味でこれはもうご飯のおかずになる。ねぎもたっぷり、ざくざくした食感であった。

Mutukiraice 「中華そば」を食べるうちにライスは無くなり、セルフでお代わりすることに。後ろにあるでっかいジャーからご飯をよそう。ここで卵を混ぜて入れ、その上から中華そばのスープを掛けた。これだけだと味が弱めなので玉子かけごはんのタレもいれた方が良さそう。

ごはんもすっかり完食、スープも結構飲んでしまう。ごはん2杯でお腹もかなり膨れてしまった。満足して店をあとにする。ごはん込みでかなりの満足感、ここはライスが必須のお店だと思う。

到着=11:45 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=濃い味の醤油、煮干しのうまみ お気に入り度=8

Mutukisetumei

Mutukiegg

Mutukimenu1

Mutukimenu2

Mutukiraiceokawari

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

林檎舎(池袋)

訪問日=2月8日(日) 曇り

メニュー=ラーメン+カレー

Ringoyaracurry

池袋で早めの晩飯、「六厘舎」の関連店「林檎舎」を訪問する。店内に入り券売機でメニューを確認、今回は「ラーメン」と「カレー」で券を購入した。それぞれ550円と450円、合わせても1000円、これは良いねえ。

カウンターに着席するとカレーはすぐに提供、ラーメンもその1分後くらいに提供された。うーん予想よりカレーが立派だな、ちょっと食べすぎか。

まずラーメンのスープから頂いてみる。背脂の浮いたスープは動物系のコクとうまみある醤油味、結構濃いめの味であった。

麺は太めでコシがある。食感あるが固いわけではない。良い感じの茹で加減である。

チャーシューは端の部分かな、かなり肉厚で噛み応えがあるのが2枚入っている。メンマは太いが柔らかい。

ここでカレーを食べてみる。こちらも結構濃いめの味、辛さはそれほどながら香ばしい感じもある。カレーはあまり食べないが、でも450円なら十分以上ではないだろうか。最後の方でカレーライスをスープにつけて頂いたが、まあこれは特に良くはないな。

そして完食、店をあとにした。周りの方が定食を召し上がっていたこちら、いろいろな利用のされかたするお店なのだろう。カレーに豚焼肉や生姜焼きのトッピングが出来ればさらに食べ応えがありそうな気もする。

到着=16:55 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系のうまみある醤油 お気に入り度=7

Ringoyamenu1

Ringoyamenu2

Ringoyamenu3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月17日 (火)

健楽(月島)

訪問日=2月8日(日) 雨

メニュー=ラーメン+半チャーハン

Kenrakuhantyanra

月島で「健楽」というお店に向かう。お店につくと年季の入った感じ、店前にラーメンなどのサンプルがある。か、亀?カメタロー?なぜこの場所に?

さて店内に入りカウンター席に着席、先客は二名でお一人タバコを吸われている。でも良かった、煙はこちらにこなさそう。

メニューを確認、中華屋さんな感じのラインナップとなっている。「天津麺」に惹かれながら、今回は「ラーメン」と「半チャーハン」でお願いした。ウーロン茶はペットボトルでご自由に。

チャーハンはすぐに、それほど間を空けずラーメンも提供された。まずはラーメンのスープを頂いてみる。あっさりした醤油のスープ、水かな?ちょい独特な風味もある。ただすっきりして飲みやすいスープとなっている。

麺はコシのある中太麺、いやこの麺がかなり好み、食感良くスープも絡む。麺がかなり気に入ってしまった。これなら大盛りでも良かった。

チャーシューは噛み応えあり、メンマも食感良くくさみもない。あとはナルトにのりと一通り揃っている。

チャーハンは作りおきでなくその都度調理、盛りつけも綺麗だなあ。結構味付けのしっかりしたチャーハンはパラッとしている。ラーメンと頂くには丁度良い。案外量もしっかり、半チャーハンでこれはかなりうれしい。

すっかり完食、いつの間にかスープも完飲してしまう。最後にお会計はラーメン490円の半チャーハン310円で800円、これもうれしいねえ。

とっても満足して店をあとにした。こちらにはまた伺ってみたい。今度は「天津麺」にするべきか、「五目ワンタン麺」というのも気になっている。

到着=11:36 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=8

Kenrakumenu1

Kenrakuurontya

Kenrakutaberogu

Kenrakumenu2

Kenrakukame

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年2月16日 (月)

麺屋 えぼし(野方)

訪問日=2月5日(木) 雨

メニュー=塩らー

Ebooshisiora

朝と昼の間に、ちょいと「麺 高はし」でつけそばを頂いたそんな午後、まだいけるな。という訳でもう一軒伺うことにした。

向かったのは「麺屋 えぼし」というお店、気になっていながらいつオープンするのか判らなかった。でもロバオさんのブログでオープンを知り訪問することに。

店内に入り券売機でメニューを確認、左上は「らーめん」、その下の「塩らー」は設定上720円だが実際は820円らしい。100円高いことに何かがあるのか、気になったので「塩らー」で券を購入した。

カウンター席に着席、券を置きその上に100円玉を追加で乗せる。「塩らー」は結構待っての提供、まずはスープを頂いてみる。

動物系のうまみあるマイルドな塩スープ、インパクトのある感じではないが、優しい感じのうまみが好みのスープであった。時折シソのような風味も感じる。また揚げねぎの香ばしさもあり。

麺はちょい太めでコシがある、のど越しがいい感じではないが、ただこれも好みの食感である。マイルドなスープもマイルドに絡む。

チャーシューは噛み応えがあり案外味が濃い。メンマは食感良くくさみもなし。なんかトッピングにそそられないものがあるのだが、チャーシューがもう一枚くらいあれば印象が違うかも。

そして完食、実はスープも完飲している。店をあとにしたが、このらーめんはもう一度食べればもっと好みを感じかもしれない。

到着=13:30 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=動物系のうまみあるマイルドな塩 お気に入り度=7

Ebooshimenu

Ebooshishio

Ebooshishiosetumei

Ebooshieigyo

Ebooshioomori

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

麺 高はし(赤羽)

訪問日=2月7日(土) 晴れ

メニュー=半肉入りつけそば大盛+味玉

201502takahashi

かなり早い時間に赤羽の「麺 高はし」を訪問、店前に並びはあったが、おっとまだ営業前ではないか!初のファーストロットいけそう。

10時30分ちょい前にオープン、いつもこれくらいなのか?カウンター席に着き座った順に注文の品が提供されていく。周りを見るとやはり「らあ麺」が多いようだ。

そして自分の「半肉入りつけそば大盛+味玉」提供、まずは麺を頂いてみる。コシのある太麺は今回結構のど越し良い感じ、ただ食感はがっしりしており風味も良い。

つけスープは今回も最初混ぜずに麺をつける。動物系と魚介のうまみあるスープはいつもより結構あっさりめな感じ。今回は早めに混ぜてしまう。

タレのうまみが加わるスープ、それでもいつもより強い味ではないかな。ただこれはこれでスープのうまみを味わえる。

大量に入った角切りチャーシューはがしっと食感しっかり、肉のうまみを感じる。甘めのメンマも心地良い。

ちなみに今回スープを混ぜた後、刻みタマネギを多めに入れてみた。スプーン3杯まで無料のタマネギながら5杯いれたので帰りに10円を入り口脇にあるかごに入れる必要がある(4~6杯は10円、その上もあり)。

自分には今回のタマネギは入れすぎだった。辛味も強く感じてしまったので今後は入れても2杯までにしよう。

そして完食、提供のスープで割って完飲する、これも良い味であった。最後にお会計をして店をあとにした。それではまた来月。

ちなみに2月は定休日の日曜以外は営業するらしい。

到着=10:15 待ち時間=11分 行列=5人(オープン前行列)

麺=太麺 スープ=魚介動物系の効いた醤油

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

まぜそば 三ツ星(恵比寿)

訪問日=2月5日(木) 雨

メニュー=和牛まぜそば+サービスプチライス

Mitsuboshiwagyu

「前川」をあとにして、冷たい雨の中駅反対へ足を向ける。以前伺った「中華そば 恵比寿 紀和」の後に出来た「まぜそば 三ツ星」を訪問、こちらはメインがまぜそばの店になる。

店内に入りカウンターに着席、ちなみに先客・後客ともに無しであった。天候が悪かったからかな。メニューを確認して今回は「和牛まぜそば」でお願いする。サービスのプチライスもお願いした。

それほど待たずまぜそば提供、あれ?箸がないな。周りを見るとフォークとスプーンで食べて頂きたいとの説明POPが貼られていた。ただし箸とエプロンは頼めば出して貰えるらしい。お店の流儀なら従うべし、フォークとスプーンで頂くことにする。

まずは混ぜるべきだが、でもその前に麺をこっそり一本すする。コシはあるが適度な感じの太麺、もちっとした食感がある。

Mitsuboshimaze では混ぜて、と。牛挽き肉の存在感が強いまぜそば、結構甘めな感じであった。もう少しミートソースっぽいのかと思ったが、まあこれはこれで良し。ただちょっと甘みが強いかも。辛味も少しあり、青海苔の風味も感じられる。ねぎの食感も歯に感じる。

 

Mitsuboshirice 麺量はそこそこあったがすぐに完食してしまった。ここでプチライスを投入、入れると結構な量である。混ぜて、と。甘みはやはりあるが結構良い。

すぐに完食、最後にお会計をして店をあとにした。もう少し甘み控えめな感じでも頂いてみたい。ちなみに今回寒かったので頼まなかったが、冷たいメニューの「鶏冷まぜそば」が気になっている(冷たいまぜそばは珍しいので)。

到着=12:19 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=コクがあり甘めなタレ(牛挽肉餡) お気に入り度=7

Mitsuboshimenu

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

前川(恵比寿)

訪問日=2月5日(木) みぞれ

メニュー=チャーシューメン

Maekawatyasyumen 恵比寿で以前伺うもお休みだった「前川」を再度訪問する。お店に到着すると年季の入っている感じ、扉を開けて店内に進入する。中に入るとかなりの混み具合、一席のみ空いた席に身を潜り込ませた(狭い)。

上に貼られたメニューを確認して今回は「チャーシューメン」でお願いした。これで650円か、安いねえ。周りはチャーハンを食べている人も多かった。

それほど待たず「チャーシューメン」提供、まずはスープを飲んでみる。あっさりした醤油のスープは醤油がしっかり効いた味わい、出汁がすごいとかそういう感じではないが、でもなんか良い。

麺は中太でちょい固め、ぼそっとしたした食感もある。この雰囲気だからだろうか、なぜか納得してしまものがある。普通の店ならもう少し茹でて欲しいとか思いそう。

チャーシューは醤油の効きが強めな感じで存在感がある。トッピングはもやしにナルト、メンマはくさみなく良い食感であった。

すぐに完食、最後にお会計をして店をあとにした。ちなみに外はみぞれ混じりの冷たい雨ながら、お店には来客が途切れなかった。根強い人気のお店のようだ。

到着=11:51 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=中太麺 スープ=あっさりした醤油、醤油濃いめ お気に入り度=7

Maekawamenu1

Maekawamenu2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

蒙古タンメン 中本 御徒町店(御徒町)

訪問日=2月3日(火) 晴れ

メニュー=蒙古タンメン+定食

Nakamotomoukotanmen

「御徒町ラーメン横丁」は施設移設に伴い数店舗の入れ替えがあったが、「蒙古タンメン 中本 御徒町店」は引き続き営業中であった。

ただしほかの店舗と移転時期が少し違ったらしく、以前他の店舗に伺ったときにはまだ以前の場所で営業されていた。この日はすでに移転が完了しており、久しぶりに伺ってみることに。

お店到着、以前と違い建物の外に入り口がある。その入り口には待ち客1名、ただし店内にも5名の待ち客がいるようであった。外は寒かったが回転が早く、すぐに店内へ入ることが出来た。

券売機でメニューを確認、今回は「蒙古タンメン」と「定食」でボタンを押す。あれ?券が出てこない、そうが決定ボタンを押すんだっけ。えーとどこだっけ?下の方のボタンを見つけてやっと買うことが出来た。

その後カウンターに着席、提供は2回間違えあり。まあ違うのがきたので断っただけなんだけど。先に「定食」提供、それから結構待って「蒙古タンメン」が提供された。

まずはマーボー豆腐餡の掛かってない部分のスープを頂いてみる。コクのある味噌のスープ、ちょい甘みも感じられる。うまみも十分、好きな味であった。

麺はちょい太めで固めな食感、のど越しが良い感じではないがやはり好きなタイプであった。そして熱々、火傷しそうになる。

ねっとり粘度のあるマーボー豆腐は辛味がある。キャベツの甘みも感じながら食べ進む。キクラゲやニンジン、豚肉も熱々のスープが絡む。

途中で定食も頂いていく。どろりとしたマーボー豆腐をライスに掛けると、これがやたらと好みの味であった。

やはり最近辛味に弱くなったのか「蒙古タンメン」でも後半かなり辛いと感じてしまう。それでもすっかり完食、残りのライスに少しスープを掛けて口に流し入れる。

店をあとに、辛さ耐性が低くなったなあ。これで「北極ラーメン」とか食べたらどうなるのだろう?胃袋がひっくり返るかもしれない。

到着=12:49 待ち時間=5分 行列=6人(中5人、外1人)

麺=太麺 スープ=辛みの効いた味噌 お気に入り度=7

Nakamotomenu

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

麺屋 永太(蕨)

訪問日=2月1日(日) 晴れ

メニュー=ラーメン中盛り

201502eitaramen

「豚丼・博多とんこつ ばりかた屋」のあと久しぶりに蕨の「永太」へ向かうことにした(住所は川口だけど)。お店に到着すると店前に並びが無い。ただ店内を見ると結構な待ち客、入れなさそうなので外で待つ、寒い・・・。

しばらくするとお店の方が店内へ入っていく。その年配の男性から中に入ったらどうですかと、優しく声を掛けて頂いた。それではお言葉に甘えて扉を開けます。店内に待つ方も詰めてくれた。

まずは券売機でメニューを確認、寒かったので今回は「ラーメン」で券を購入した。しばらくすると席が一つ空き、調整で2名飛ばして着席することが出来た。券を渡す際中盛りでお願いしている。

ちょい待って「ラーメン中盛り」提供、まずはスープを頂いてみる。動物系のうまみある醤油のスープ、魚介のうまみも感じられる。白いスープはクリーミーでマイルド、ただ力強さのある味わい。これで良し、今回も納得の味である。

麺はコシのある太麺、食感がしっかりしておりもちもち感もある。スープも絡むこの麺、やはりラーメンも良いねえ、来て良かった。

チャーシューは柔らかめでほろっと崩れる感じ、肉のうまみを感じる。メンマもくさみなく良い食感であった。のりもスープにあっている。

結構な量の麺もすぐに完食、スープも最後には舐めるように完飲してしまう。今回も満足して店をあとにした。今度はつけ麺か塩でお願いしてみよう。

到着=12:20 待ち時間=17分 行列=6人(調整2名飛ばし)

麺=太麺 スープ=コクがありクリーミーでマイルドな醤油 お気に入り度=9

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

豚丼・博多とんこつ ばりかた屋(川口:アリオ川口フードコート)

訪問日=2月1日(日) 晴れ

メニュー=白とんこつ

Barikatayashiro

オープンしたのは知っていたがまだ伺っていなかった「豚丼・博多とんこつ ばりかた屋」を訪問する。場所はアリオ川口のフードコート、日曜日のこの日は沢山の客でフードコートの席が埋まっている。

「ばりかた屋」の店前で注文、今回は「白とんこつ」でお願いした。ほかに辛い「赤とんこつ」、マー油の「黒とんこつ」、そしてつけ麺や醤油ラーメン、店名とは少し違うが「豚ひつまぶし丼」などがある。

注文後に会計したが、そうか外税か、小銭じゃらじゃらである。呼び出しブザーを渡され席を探す。無いなあ・・、と思っていたらブザーが鳴ってしまった。早いな、これなら店前で待っていても良かったかも。ラーメンを受け取り、なんとか相席で着席することが出来た。

まずはスープを頂いてみる。予想したのと違い結構ちゃんとした豚骨スープ、コクとうまみのある味わいとなっている(後味は強めだが)。普段豚骨を食べない自分として驚くほどと言う感じではないが、うまみもしっかり効いており好きな味であった。

麺は細くちょい固め、スープも絡む。替え玉とかあるのかな?チャーシューは噛み応えあり、これは普通な感じ。あとはキクラゲとねぎ、のりがトッピングされている。

麺少な目のためすぐに完食、器を返却口に返してフロアをあとにした。チャーハンなんかのセットで注文するというのも良いかもしれない。

到着=11:50 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=コクとうまみのある豚骨スープ お気に入り度=7

Barikatayamenu1

Barikatayamenu2

Barikatayamenu3

Barikatayatoppi

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月 9日 (月)

らーめん 竜美 与野本町店(与野本町)

訪問日=1月31日(土) 晴れ

メニュー=生姜醤油らーめん

Tatsumiramen

「麺家 Shumen Doushi」のあとは与野本町に移動、以前伺った「麺処 晨輝」のあとに出来た「らーめん 竜美 与野本町店」を訪問する。

店内に入り券売機でメニューを確認、今回は「生姜醤油らーめん」で券を購入する。カウンター奥の席に着席、席は手前にテーブルもあり。

それほど待たず「生姜醤油らーめん」提供、確かにメニュー名通り、生姜の風味を感じるあっさりした醤油のスープ、ただ醤油の味わいもきっちり効いている。結構好きな味であった。

麺はコシのある中太麺、ぱつっとした食感で表面がつるつるしている。

チャーシューは薄めながら食感良く結構な枚数が乗っている。メンマはくさみなし。

すぐに完食、店をあとにした。背脂のらーめんはどんな感じだっただろうか。

到着=13:20 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=生姜のかおり強いあっさりした醤油 お気に入り度=7

Tatsumimenu1

Tatsumikoujyo

Tatsumimenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 8日 (日)

高はし(赤羽)の2月休み情報

2月の休みは定休日の日曜だけらしいです

201502takahashiyasumi_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺家 Shumen Doushi(南与野)

訪問日=1月31日(土) 晴れ

メニュー=正油SOBA

Syumendoshisyoyu

南与野に出来た「麺家 Shumen Doushi」を訪問する。こちらは北千住の「牛骨らぁめん マタドール」出身らしい。ちなみにお店の場所は以前「海と大地のらあめん ひろや」の時に伺った場所だが、その後も「らーめんしおの風INさいたま」が入っていたようだ(未訪だけど)。

店内に入り券売機でメニューを確認、上段は正油ながら左上は特製と思われる「極正油SOBA」」となっている。今回は真ん中くらいにある「正油SOBA」」で券を購入、その後カンター席に着席した。この日も寒かったが店内は太陽の光で暖かい。

ちょっと待って「正油SOBA」」提供、まずはスープを頂いてみる。牛のスープはあっさり、ただコクとうまみを感じる醤油の味わい、これは好きな味である。ぴりっとした辛味もあり。

麺はちょい細目で適度なコシ、食感良いが後半ちょっと柔らかくなってきた。でも好みのらーめんである。

そういえばチャーシューは無く、替わりに甘みも感じる肉感強めの挽き肉が乗っている。この挽き肉からもうまみがスープに溶ける(「極正油SOBA」にはチューシューがあるみたい)。穂先メンマも柔らかくくさみもなし。

どんどん食べ進み完食、底に沈む挽き肉をサルベージするうちにスープはほぼ完飲してしまった。満足して店をあとに、「塩SOBA」も気になるが、今度伺う際は特製の「極」にしてみようかな。

到着=12:24 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=あっさりながらコクのある醤油 お気に入り度=8

Syumendoshimenu

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月 7日 (土)

博多麺房 赤のれん(六本木)

訪問日=1月30日(金) 雨

メニュー=らぁめん

Akanornramen

夜の六本木でらーめんを食べる。どこに行こうかと思いネット検索、久しぶりの「天鳳」とも迷ったが今回はまだ訪問したことのない「博多麺房 赤のれん」へ向かうことにした。

店内に入りカウンターに着席、席はテーブルもあり。そのテーブル席では宴会が催されていた。ず、随分盛り上がってるな・・・。

さてメニューを確認、今回は「らぁめん」を注文する、ってすぐに提供された。まずはスープから、おお良い味だね!コクとうまみのある豚骨スープはぐっとくるものがある。かなり好きな味、豚骨らーめんは最近それほど食べなくなっているが、でもこの味はとても気に入った。

麺は中細で平たいタイプ、コシがあり平たい食感も良い。噛み応えのあるチャーシュー、メンマは風味微妙ながらそれほどきつい感じではない。あとはねぎというトッピングになっている。

Akanornkaedama すぐに食べ終え当然のように替玉をお願いした。150円か、まずまずな値段かな。でも提供された替玉を見るとチャーシューがついている。これはかなりお得かも。

 

 

Akanornkaedama2 スープにダイブ、2杯目でも味わいに不足感なし。すぐに完食、スープもこらえきれず完飲してしまう。

最後にお会計をして店をあとにした。次に六本木でらーめんを食べることになっても、こちらの店を候補にあげるだろう。

到着=18:10 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細平麺 スープ=コクとうまみある豚骨スープ お気に入り度=8

Akanornmenu

Akanornyurai

Akanornnosmoking

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月 6日 (金)

麺屋武蔵芝浦別巻(田町)

訪問日=1月28日(水) 晴れ

メニュー=ら~麺

Musashibeturamen

「中華そば かどふく」のあとは「麺屋 武蔵」の新店へ訪問する。「武蔵」はどこで食べてもレベルが高い印象があり、ただそれが逆に新店を狙わなくなってきている理由でもあった(蒲田店以来かな)。

実際今回伺った「麺屋武蔵芝浦別巻」のすぐ近くに「麺屋武蔵 芝浦店」があるのだが、そちらには伺っていなかったりする。まあレベルの高いお店が出店するのは、ご近所の方にはうれしいことだろう。

店内に入り券売機でメニューを確認、つけ麺と迷ったが今回は「ら~麺」で券を購入した。カウンター席に着席、並と大が同額とのこと、連食なので並でお願いしている。

周りを見るとつけ麺の注文が多い感じ、つけ麺は並・中・大・特盛りが同額らしい。隣の方は券を渡す際に600gでとお願いしていたが、そうかそんな注文の仕方も出来るのか。

あまり待たず「ら~麺」、まずはスープを頂いてみる。魚介と動物系のうまみのあるスープはちょっととろみを感じる。コクがありうまみも十分、好みの味であった。

麺は太く平たいタイプ、コシがありのど越しも良い。結構固めの食感ながらスープと頂くと不思議と丁度良い茹で加減に感じる。

チャーシューというかもう角煮、噛み応えがあり所々柔らかい。メンマもくさみなし。

そして上に浮く辛味トッピング、溶かすとさらに好みの味に変化する。ちょい辛味があり香ばしい。溶かしたあとのスープをかなり気に入ってしまった。このトッピングは良いなあ。

そして完食、満足して店をあとにした。今度「麺屋武蔵 芝浦店」にもいってみようかな。そういえば扉の取っ手が日本刀の形であった。

到着=13:06 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=魚介と動物系のうまみある醤油 お気に入り度=8

Musashibetumenu1

Musashibetumenryo

Musashibetukatana

Musashibetumenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

中華そば かどふく(三田)

訪問日=1月28日(水) 晴れ

メニュー=中華そば+サービスライス

Kadofukuramen 田町駅を降りて「中華そば かどふく」というお店に向かう。店内に入り券売機でメニューを確認、今回は「中華そば」で券を購入したが、「大山鶏煮込みそば」というメニューも気になった(注文されている方も多い)。

カウンター席に着席、テーブルもあり。券を渡すとライスの有無を確認された。迷ったが思わずお願いしてしまう。新店のはずだが結構年季の入った感じのお店、以前もなにかお店があったのかな?

「中華そば」は驚くほどすぐに提供、まずはスープを頂いてみる。魚介のうまみを感じるあっさりした醤油のスープ、アゴ出汁を使用しているらしいがほっとするような味わいであった。

麺は結構細く適度なコシ、ただ食べ始めでこの状態なので後半かなり柔らかくなってきた。

チャーシューは噛み応えがあり食感がしっかりしている。メンマもくさみなし。のりをライスに巻いて頂いたがこれがあう。

Kadofukurice らーめん完食、ライスにはやはりスープを掛けてしまう。ライスにあうスープ、さらさらーと流し込み完食してしまった。気づくとスープも残り少ない状態になっている。

店をあとに、この辺は飲むお店も多いので締めの一杯に丁度良いのではないだろうか。

到着=12:34 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=魚介のうまみあるあっさりした醤油 お気に入り度=7

Kadofukumenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 4日 (水)

國分ラーメン食堂(金町)

訪問日=1月25日(日) 晴れ

メニュー=中華そば(醤油)

Kokubunsoba_2 「麺屋ぶち」のあとは金町に移動、駅からすぐの「國分ラーメン食堂」を訪問する。店内に入ると満席で待ち客もいる。後客も続々、外まで並びは伸びていた。

こちらは前金制のため先にレジでメニューを選択して先払いとなる。今回は「中華そば(醤油)」でお願いすることにした。店内は見た感じ小料理屋さんの様な感じ、居抜きかな?

ちょい待ってカウンター席に着席、テーブルも一卓ある。そして席に着いた瞬間に「中華そば(醤油)」が提供された。もう出来てたの?ちょっとびっくりした。

まずはスープを頂いてみる。魚介の風味とうまみを感じる醤油のスープ、あっさりながら味わいはしっかりしている。独特な香ばしさも感じるスープ、好みの味であった。

麺は太く平たくちぢれている。ただ固い印象はなく良い茹で加減、ぼこぼこした麺の舌触りも楽しい。スープは少な目ながらしっかりした味なので不足感はない。

角煮の様なチャーシューは食感も柔らかくとろりとしている。穂先メンマも食感ありながら柔らかくくさみも感じない。鶏つくねは軟骨入りで良い食感、大葉の風味も良い。そして完食、思わずスープも飲んでしまう。

あっと言う間に完飲、前払いなのでそのまま店をあとにした。退店時点でもまだまだ待ち客の列は途切れていない。新店ながらすでに人気のお店になっているようだ。

到着=12:26 待ち時間=12分 行列=0人(満席)

麺=太平ちぢれ麺 スープ=魚介のうまみある醤油 お気に入り度=7

Kokubunmenu

Kokubunmaekin

Kokubuneigyo

 

 

Daicyantakoyakiこれは京成立石駅近くにある「たこ焼き大ちゃん」のたこ焼き(マヨネーズソース)。ちょっと感動するくらいのたこ焼きだった。

外がかりっとしているけど、よく焼いてかりっとしている感じ。このたこ焼き良いわあ、ちょっとハマってしまいそう。

 

Daicyanmenu 

Daicyankanban

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 3日 (火)

麺屋ぶち(亀有)

訪問日=1月25日(日) 晴れ

メニュー=牛骨ラーメン 小

Buchiramen

亀有で「牛骨ラーメン」のお店「麺屋ぶち」を訪問する。店内に入りカウンターに着席、奥にはテーブル席もある。

メニューを見て「牛骨ラーメン」で注文することにしたが盛りが小・中・大とある。何となく小というのはいやなんだよなあ。でも連食を考えていたので「「牛骨ラーメン小」でお願いしている。

それほど待たずラーメン提供、まずはスープを頂いてみる。牛のうまみある醤油のスープ、甘みも感じる味わいであった。ニンニクも効いているからか焼き肉のタレの様な風味を感じてしまう。結構クセになりそうな味わいであった。

麺は中細のストレート、コシがあり固さも感じる。最初違和感のある食感であったが徐々にスープに馴染んできた。

チャーシューは炙り、肉厚で香ばしく良い味、このチャーシュー良いな。上にはもやしも乗っている。

もやしは盛りつけ時に気づいており、普段らーめんのもやしトッピングはうれしくない方なので今回も最初はうれしくはなかった。でも細いもやしは食感が良く、このもやしなら文句なし。あとはねぎがトッピングされている。

すぐに完食、スープも結構飲んでしまう。最後にお会計をして店をあとにした。ご飯ものとセットで頂くとさらに満足感が高いだろう。

到着=11:52 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細ストレート麺 スープ=牛のうまみあるちょい甘めの醤油 お気に入り度=7

Buchimenu

Buchininniku

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

めん処 圡田八(西大井・中延)

訪問日=1月24日(土) 曇り

メニュー=どたはち伝説中華そば

Dotahatidensetura_2 「伊藤商店 戸越公園店」のあとに以前つけめんを頂いた「めん処 圡田八」を再訪をすることにした。お店到着、店内に入るとおっと満席か!ただ角の席が一席空いていたのですぐに着席することができた。

メニューを見て今回は「どたはち伝説中華そば」でお願いしている。このメニューは「塩風味」らしい。ちなみにお品書きとは別の案内に「ごまんえつ」という醤油らーめんもあり、そちらにするか結構迷ってしまった。味噌や「純粋な塩ラーメン」というメニューもあり、それも気になるなあ。

ちょっと待って「どたはち伝説中華そば」提供、なんかねぎと鶏肉の盛りがすごい。

まずはスープ頂いてみる。あっさりした塩のスープ、鶏のうまみが感じられる。塩味がしっかり感じられるスープであった。麺は中太で縮れている、適度なコシで食感がとても良い。

連食二軒目のためか正直スープは最初物足りなく感じてしまった。でもすっきりしたスープは食べ進めるほどにハマり出す。この味良いかも。

ねぎと鶏肉を絡めながら食べ進む。鶏肉は強い食感、噛みしめると鶏のうまみも感じる。いやこれはすごい鶏肉だな。たっぷりのねぎも食感が良い。メンマもくさみなく良い食感であった。

結構食べ応えあるこのらーめんもすっかり完食、スープも飲んでしまう。最後には丼を持って完飲した。お会計をして店をあとにする。

今度伺った際には「純粋な塩ラーメン」や「ごまんえつ」を頼んでみようか。でも「どたはち伝説中華そば」もまた頂いてみたいかも。

到着=13:07 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=中太ちぢれ麺 スープ=鶏のうまみあるあっさりした塩 お気に入り度=8

Dotahatimenu1

Dotahatimenu2

Dotahatikodaari

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

中華そば 伊藤商店 戸越公園店(戸越公園)

訪問日=1月24日(土) 曇り

メニュー=中華そば塩

Itostyotenshio 戸越公園の「中華そば 伊藤商店 戸越公園店」を訪問、こちらはデビット伊東さんのお店「でびっと」の別ブランドらしい。

店内に入りテーブル席に着席、席はテーブルのみとなっている。年期の入った中華料理屋さんと言う感じの店内、以前のお店の居抜きだろうか。メニューを見てもらーめんだけでなくいろいろな料理がある模様、横のテーブルでは定食を召し上がっておられた。

さて今回は「中華そば塩」で注文、塩らーめんはすぐに提供された。まずはスープを頂いてみる。鶏のうまみを感じる塩のスープ、うまみがしっかりしている。好きな味であった。

麺は細目で適度なコシ、ちょい歯につく感じもある。この麺はまずまずかな。

チャーシューは噛み応えがあり肉のうまみを感じる。これは良い味だなあ。のりもスープにあっている。メンマもくさみなく食感も良い。

するっと完食、最後にお会計をして店をあとにした。地元にあれば定食なんかも頂いてみたいお店かもしれない。

到着=12:37 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=鶏のうまみある塩 お気に入り度=7

Itostyotenmenu1

Itostyotenmenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »