« 秀ちゃんラーメン(赤坂) | トップページ | 麺 高はし(赤羽) »

2014年12月15日 (月)

めとき(新大久保)

訪問日=12月4日(木) 曇り

メニュー=中華麺

Metokisoba

やっているのか不安ながらまた「めとき」へ向かっている。大久保通りを曲がり遠くからお店の方向を見ると、おっと店前に並びがあるではないか!ということはやっているといういことだな。

果たして店前にはかなりの並び、ちなみに暖簾はまだ中に掛かっている、あれ?この時間でもまだオープン前か。ただ並んですぐに暖簾が掛けられた。でもこれは結構待ちそうだな。

やはり30分まってやっと店内へ入りカウンター席に着席する。店内七席、四人と三人ずつ提供されている。前ロット四人の中華そばを盛りつけして提供、その前三人分(自分たちの前のロット)の片づけが終わり、ここで注文となった。

今回は「中華麺」の普通盛りで、鍋には麺が二玉ずつ三回、普通盛りで二玉ということのようだ。ちょい待って「中華麺」が提供されていく。

ここは小皿の下に千円札を挟んで代金を払う作法、でも前客の札がまだ挟まれていた。一応店主氏に断りを入れてもう一枚を皿の下に差し込む。見た目麺が盛り上がった「中華麺」、それでは頂こうか。

煮干しの風味とうまみを感じる醤油のスープ、口に広がる深い味わいが素晴らしい。結構優しい味だが、かなり好みのスープであった。思わずス-プだけで何口も飲んでしまう。

麺は中細で適度なコシ、スープはこの時点であまり絡んでないので自分で解いてスープに泳がせる。素晴らしいスープが麺に絡みかなり良い。

チャーシューはピンク色、噛み応えがあり肉のうまみを感じる、これも良い。ビールと一緒に食べれば最高のつまみになるだろう。

挽き肉の絡むメンマ、甘めながらこれがまた好み。食感も良く、いやこれもビールのつまみに最適だろう。あとはのりとナルトとねぎというトッピング、隙のない配置となっている。

やはり麺は多いが、でも好みの味のためまったく飽きずに完食してしまった。スープも完飲、最後に小皿の上に乗せられていた110円を受け取り、店をあとにした。大変満足、またいつか伺ってみたい。

到着=11:49 待ち時間=32分 行列=13人(オープン前行列)

麺=中細麺 スープ=煮干しのうまみある醤油 お気に入り度=9

|

« 秀ちゃんラーメン(赤坂) | トップページ | 麺 高はし(赤羽) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/60815258

この記事へのトラックバック一覧です: めとき(新大久保):

« 秀ちゃんラーメン(赤坂) | トップページ | 麺 高はし(赤羽) »