« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月31日 (水)

つけ麺山崎(国立:ちょっと歩く)

訪問日=12月20日(土) 雨

メニュー=つけ麺

Yamazakituke

「くじら食堂」のあとは国立に移動、駅から結構歩いた場所にある「つけ麺山崎」へ向かう。もうすぐお店というところでちょっと迷ったりしながらお店到着、良かったやっていた。らーめん食べ歩きをしていると、結構歩いて臨休ということもよくあることなので。

店内に入り券売機でメニューを確認、左上は特製ながら今回は普通の「つけ麺」で券を購入した。カウンター席に着席、そのカウンターは5席で2名掛けテーブル席が1卓ある。ちなみに先客1名、お店の方は3名いる。

案内を見るとスープは「互」と「縁」の2種類があり、この日は「互」での提供らしい。味の違いはあとで写真に撮って確認しようと思ったが、ちょうどお客さんが来て写真は撮れなかった。

茹で時間結構長めで提供、提供時に器が熱いとの案内を受けた。写真のため上の方を持って移動させようとしたがそれでも熱々、言ってもらってなければ驚いていただろう。それにしても麺が綺麗だな。

まずはその麺を頂いてみる。コシのある結構な太麺、食感がしっかりしており麺の風味がかなり良い。太いけれど舌触りも良い、これはかなり好みの麺である。

つけスープは魚介の風味とうまみ、動物系のコクと味わいがしっかりと効いている。ちょい濃いめながら麺をどっぷり浸けてもきつい感じがない。最初ちょい酸味を感じたがそれもきつくなくスープに調和している。このスープもかなり好みであった。

このつけ麺は良い、駅から結構歩いたがその価値がある。スープ内の豚肉は棒状、肉のうまみを感じる。豚肉のにおいもあるがそれも含めて好きなタイプ。メンマは食感良くくさみも無し。

Yamazakisoup するする食べ進み完食、スープ割りをお願いする。ゆずを入れて大丈夫か確認されたが、もちろんお願いしている。割っても良い味のスープ、止まらなくなり結構な量のスープも完飲してしまった。

満足して店をあとに、こうなると「縁」はどんな味なのか、かなり気になる。

到着=12:39 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=魚介のうまみと動物系の味わいの効いた醤油 お気に入り度=8

Yamazakieigyo

Yamazakigotoen

Yamazakimisemae

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月30日 (火)

くじら食堂(東小金井)

訪問日=12月20日(土) 雨

メニュー=醤油らー麺(200g)

Kujiraramen とても気になっていた東小金井の「くじら食堂」は夜営業だけかと思っていた。でも土曜日は昼営業をやっているのか!最近知ったこの話、これは伺わなくては!

駅を降りるとちょいと雨が降ってきたが、まあそれほどすごくないので傘なしでお店に向かう。「くじら食堂」は駅からそれほど離れていない場所、最近よく遭遇する臨時休業が怖かったが、良かったやっている。

店内に入り券売機でメニューを確認、左上の「醤油らー麺」で券を購入したが、塩やつけ麺も気になるなあ。満席だったが券を買った時点で空きが出来た、と言うわけですぐにカウンター席へ着席する。

店の方に券を渡すと麺の盛りを確認された。150g200g250gが同額、真ん中の200gでお願いすることに。ちょい待って「醤油らー麺(200g)」提供、まずはスープ頂いてみる。

魚介のうまみを感じる醤油のスープ、動物系の味わいも感じられる。あっさりめの味ながら優しいうまみがかなり好みのスープ、なんだろうすごく好きな味であった。思わずスープを何口も飲んでしまう。

麺は太く平たくちぢれている。もっちりした食感もあり、あっさりめなスープなのに違和感がない。喜多方らーめんな感じ、いやこのらーめん良いねえ。

チャーシューは豚が二種、低温調理のチャーシューはちょい柔らかいが噛み応えもありすっきりした味となっている。煮豚チャーシューは噛み応えがあり、こちらも濃い味ではなくスープの邪魔にならない。メンマは食感良くくさみもなし。ねぎがスープにあっている。

すっかり完食、もちろんスープも飲んでしまう。最後に丼から直接飲みたいと思い、丼を持って完飲した。いやあ満足した、こちらにはまた伺いたい。ちなみに後客続々で席を立った時点で店内には8人ほどの並びが出来ていた。良い時間に来てしまったようだ。

到着=11:46 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=太平ちぢれ麺 スープ=魚介と動物系のあっさりした醤油 お気に入り度=8

Kujiramenryo

Kujiramenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月29日 (月)

大勝軒NEXT上野店(上野・御徒町)

訪問日=12月19日(金) 晴れ

メニュー=つけそば中(400g)

Taisyokennexttuke 「麺や まめよし」のあとは御徒町に移動、「大勝軒NEXT上野店」を目指す。今回御徒町から向かったが、店の場所は上野駅からでも遠くない。

店内に入り券売機でメニューを確認、「つけそば」の券を購入する。並300g中400g大500gが同額、お店の方に確認したら確認したら茹で後の量らしい。ならばと中盛りでお願いすることにした。

奥のカウンターに着席、席はテーブルもあり。結構待って「つけそば中(400g)」が提供された。まずは麺から。かなりの太麺はコシがあり食感がしっかりしている。風味も良く、ちょっと固めながら好みの麺であった。

つけスープは動物系のうまみと魚介の味わいが効いたかなり濃いめの醤油スープ、甘みもあるが辛味は弱めかな。酸味はあまり感じないのでくどさは無いが、でもやはり味が濃いめかも。

チャーシューは棒状で噛み応えがある。ナルトは細切り、メンマは強めの食感であった。あとはねぎやのりがトッピングされている。

そして完食、今回はスープ割りをせず店をあとにした。最初メニューを見たときに「タンタンつけ麺」というのが気になったが、ただよく判らないメニューに980円という金額でやめてしまった。でもどんな味だっただろう?頼んでも良かったかな。

到着=13:17 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=魚介と動物系が効いた濃い味の醤油 お気に入り度=7

Taisyokennextmenu

Taisyokennextmen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月28日 (日)

麺や まめよし(有楽町)

訪問日=12月19日(金) 晴れ

メニュー=らーめん並

Mameyoshiramen 有楽町の焼鳥屋さん「とり餐」が昼に「麺や まめよし」となってらーめんを提供されている。と言うわけで向かったのだが、実は今回で3度目の訪問である。まあ今回ダメならもういかないでいいや、と思っていたが、良かったやってるよ。

店内に入ると小型の券売機あり、メニューを見て今回は左上の「らーめん並」で券を購入した。カウンター席に着席、2名掛けテーブルもあるのだが、そちらはお冷や置きとなっている。

ちなみに先客は1名、ちょっと寂しい感じだったがあとに3名が入ってきている。厨房内女性1名で営業されているようだ。

それほど待たず「らーめん並」が提供された。まずはスープを頂いてみる。魚介と動物系のうまみあるあっさりした醤油のスープ、クセが無くすっきりしたスープとなっている。

麺は中太で適度なコシ、最初茹で過ぎかもと、ただ最後までそれ以上伸びた感じはなかった。これはこれでありだな。ただ麺と頂くとスープはあっさりすぎるようにも感じる。酒の後に頂くならちょうど良いかもしれない。

チャーシューは柔らかいタイプ、メンマもやわらかくくさみもない。あとトッピングはねぎにのりとなっている。

すっかり完食、スープも結構飲んで店をあとにした。夜営業でらーめんは提供しているのだろうか?

到着=12:46 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=魚介と動物系のうまみあるあっさりした醤油 お気に入り度=7

Mameyoshimenu

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月27日 (土)

なんつッ亭 御徒町店(御徒町)

訪問日=12月17日(水) 晴れ

メニュー=らーめん

Nantsuramen_2 「チラナイサクラ」のあとはすぐ横の「なんつッ亭 御徒町店」を訪問、「なんつッ亭」は池袋店(閉店)以来か、久しぶりだなあ。

店内に入り券売機でメニューを確認、いろいろなメニューがあるのだが、久しぶりなので今回は「らーめん」で券を購入することにした。カウンター席に着席、奥にテーブル席もあり。予想していたがらーめんはすぐに提供された。

まずはスープを頂いてみる。コクとうまみのある豚骨スープ、そして期待通りマー油の香ばしさも感じられる。おかしいな?以前はマー油が苦手だったのだが、今はマー油が多い部分のスープが好みの味に感じる。というかマー油の効きが物足りない。

麺は丸い断面、結構固めながらこれがスープにあっている。チャーシューは噛み応えがあるも柔らかい。固まりのチャーシューもありこちらも良い噛み応えであった。

普段もやしはらーめんに欲しない方だが、こちらのは結構細いので食感が良い。特に不満もなく麺と絡めながら食べ進む。

すぐに完食、スープも結構飲んで店をあとにした。やはりもう少しマー油が効いていても良かったかな。

こちらは豚骨だけでなく煮干しや味噌などほかのメニューもありそれも気になるが、でも次は普通の豚骨マー油スープのつけ麺を頂いてみたい。多分酸味が効いてなければ好みのはず。

到着=13:24 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=マー油の効いた豚骨スープ お気に入り度=7

Nantsumenu1

Nantsumenu2

Ramenyokotyo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月26日 (金)

チラナイサクラ(御徒町)

訪問日=12月17日(水) 晴れ

メニュー=中華そば

Chiranaisakurasoba 「御徒町ラーメン横町」へ向かったのだが、施設は以前の場所からすぐ近くへ移転している。屋内施設から路面店舗に変わり数店の入れ替わりもあったようだ。

今回訪問したのは入れ替わりの1店舗である「チラナイサクラ」、ちなみに「蒙古タンメン中本 御徒町店」だけは1月末まで前の施設で営業するらしい。

「チラナイサクラ」の店内へはいり券売機でメニューを確認、今回は左上の「中華そば」で券を購入した。

まだオープンして一週間、オペレーションは結構混乱気味である。と言うわけでちょっと待ってカウンターに案内されて着席、席はテーブルも多数ある。席数は結構多いようであった。店内は和をモチーフとした内装、店員さんも女性は浴衣っぽい着物の衣装を着ている、なんか良いねえ。

ちょっと待って「中華そば」提供、まずはスープを頂いてみる。おっとこのスープ良いじゃないか!コクのある醤油のスープは非常に香りがよくスープを飲むのが楽しくなる。口に広がるうまみも心地良い。ただ無化調らしい。かなり好みのスープであった。

麺は中太でコシがある、麺自体の風味も良くスープにもあっている。かなり好みのらーめんであった。

鶏肉の固まりが非常に良い味、鶏のうまみが濃く香りも良かった。チャーシューはローストビーフのような感じ、噛み応えがあり上のスパイスもありぴりりと刺激がある。この鶏とチャーシューでお酒を飲んでみたい。メンマもくさみ無く良い食感、白髪ネギもスープにあう。

すっかり完食、最後にスープは飲んでいると薫製のような香りも感じた。ちなみにレンゲは小さめ、もう少し大きいのでごくりと飲みたい。結局最後は丼を持って完飲した。

満足した、またこのらーめんは食べてみたい。

到着=12:53 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=中太麺 スープ=コクのある醤油、香りが良い お気に入り度=8

Chiranaisakurasetumei

Chiranaisakuramennu1

Chiranaisakurakona

Chiranaisakuramennuiroiro

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月25日 (木)

麺屋はるか(秋葉原)

訪問日=12月14日(日) 晴れ

メニュー=カレー台湾まぜそば(ニンニク少なめ?)

Harukacurrymaze

「むぎとオリーブ」のあとは「麺屋はなび」の関連店「麺屋はるか」を訪問する。場所は以前「麺屋ばんどう」というお店があった場所になるが、「麺屋ばんどう」は結局未訪であった・・・。

階段を降りて自動扉をあける。店内は満席で待機椅子には待っている方が座られている。とりあえず先に券売機で券を買うことに。

メニューを確認、「台湾まぜそば」は好きなんだけど、それほど味の違いを求めて新店を巡りたいとは思わなくなっている。これまで伺った美味しい店に再訪すれば良いかなあ、なんて。というわけで今回は「カレー台湾まぜそば」で券を購入、券を渡す際にニンニクの有無を確認された。実は最初無しでお願いしている。

待機椅子は一杯だったのでここで一旦外に出てしばらく待つことに。後ろにも並びは伸びていったが、その数はすごいことになっている。階段の上まで並んでいるようであった。

しばらくして店内の待機椅子まで移動、BGMはサザン縛りのようだ。15分ほどで待ってカウンター席に着席、座る前直前、店員さんにニンニク少な目が出来るのか確認、すると可能とのことであった。ではそれでお願いします。

ちょっと待って「カレー台湾まぜそば(ニンニク少なめ)」提供、カレーのかおりが鼻を抜ける。でもこれニンニクは少な目?結構多いような・・・。

まずはそまま麺を頂いてみる。もっちりした太麺はこの時点で結構カレーのうまみがある、麺自体も好みであった。

Harukamazemaze では混ぜてと、そうすると結構濃い味のカレー、もう間違いないカレー味、味も濃いめであった。卵黄でなく全卵くらいがちょうど良さそうな味かもしれないが、でも若者なら丁度いいのかな?

トッピングは挽き肉にねぎ、刻みのり、水菜、そして刻みタマネギの存在感がすごい。ニンニクの風味が強烈、少な目じゃないよね?でもどんどん食べ進む。

Harukarice そして完食、追い飯をお願いする。丼にご飯が入って再提供、混ぜて混ぜて。これでもやっぱり濃い味、お酢を入れたりして味を調整する。

すっかり完食、口の中にニンニクの風味がかなり残っている。お店をあとに、この時点でも待ちの並びは階段上までいるようであった。アキバにまた人気のお店が出来たようだ。

到着=13:01 待ち時間=14分 行列=6人

麺=太麺 スープ=コクのあるカレー味 お気に入り度=7

Harukasetumei1

Harukasetumei2

Harukamnu1

Harukamenu2

Harukamenu3

Harukamenryo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月24日 (水)

むぎとオリーブ マーチエキュート神田万世橋店(秋葉原)

訪問日=12月14日(日) 晴れ

メニュー=蛤SOBA

Mugioribihamagurioba 秋葉原駅から万世橋を渡り、高架下の飲食店などが並ぶ「マーチ エキュート 神田万世橋」へ向かう。今回はその一店舗「むぎとオリーブ マーチエキュート神田万世橋店」へ、以前伺った「むぎとオリーブ」の2号店になるようだ。

店内に入ると満席の模様、外で待つように案内される。メニューを渡され注文を聞かれたが、まだ決まっていなかったので少し待って頂くことに。でも店前寒いな、隣のビルからだろうか、吹き下ろしの風か冷たい。そして回転が悪いのか結構待つ感じであった。

後ろにも並びが伸びていく。途中で店の方が出てきて注文を取ろうとしているが、なぜか後ろを先に聞こうとしている。えっ!と言う顔をしたら、後ろの方にこちらの方を先に伺いますと断って注文を聞いてくれた。自分が悪かったのだろうか?今回は「蛤SOBA」でお願いしている。

15分ほど待って店内へ、カウンターは満席のためテーブル席へ案内された。「蛤SOBA」はすぐに提供、まずはスープを頂いてみる。

なるほど蛤のうまみをしっかり感じる醤油のスープ、醤油は結構濃いめの味であった。もうちょっとすっきりした味かと思ったが、でも好きな味ではある。

麺はちょい細目でコシがあるタイプ、風味もよくスープも絡む。この麺はかなり好みかも。

蛤の殻でちょっと食べづらいが、でもその蛤はいくつも入っている。数えたら7枚、気前が良いなあ。また殻を入れる器も別に提供、ちゃんとしている。蛤の実は大きくはないが良い味であった。うまみをしっかり出しているのだろう。

鶏チャーシューは小さめながらこれも結構な枚数がはいっている。あっさり良い味で鶏のうまみもあり。

ナルトの結ばれたもの、ナルト好きなのでこれはうれしい。ズッキーニのトッピングも面白い。まああっても無くても良いけど。

すっかり完食、スープも結構飲んでいる。最後にお会計をして店をあとにした。そういえばまだ未食の「鶏・煮干・蛤のトリプルSOBA」も気になる。

到着=12:18 待ち時間=14分 行列=0人(満席)

麺=中細麺 スープ=蛤のうまみが効いた醤油 お気に入り度=7

Mugioribimenu

Mugioribisetumei

Mugioribinenmatunenshi

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月23日 (火)

つけ麺 しろぼし(東中野)

訪問日=12月13日(土) 晴れ

メニュー=醤油炊き しろぼし つけ麺

Shiroboshituke_2 「支那そば 尋」のあとは東中野に移動、先日伺うもお休みであった「つけ麺 しろぼし」を再訪する。ちょい階段をあがり店内に入る。

まずは券売機でメニューを確認、左上の「醤油炊き しろぼし つけ麺」で券を購入した。ほかに辛いメニューやらーめんもあるようだ。カウンター席に着席、席はテーブルもあり。

券を渡すと麺の盛りを確認された。大盛り(330g)まで同額、では大盛りでお願いします。ちなみに特盛り(440g)が100円増し、えびすこ盛りというのもあってそれは660gで200円増し、茹で上げ1kg近くになるのだは?

こちらの店主氏は元力士らしく恰幅の良い感じ。その体型を見て自分もまだまだだな、と思っちゃダメか。そして店内のテレビでは相撲関連のビデオが流れていた。

入店時かなり空席のあった店内ながら、後客続々、ほぼ満席となっている。

それほど待たず「醤油炊き しろぼし つけ麺」提供、結構麺多いな。まずはその麺を、コシのある太麺は茹で時間はあまり長いようには感じなかったが、でも固い印象はなく良い食感である。ちょい塩気もあり、そのまま結構食べてしまえる。

つけスープは魚介と動物系のうまみがある醤油、さらっとしたしておりうまみも十分感じられる。がつんとくる感じれないけれど好きな味であった。

チャーシューは柔らかいが食感もしっかりしている。肉のうまみがあり好みのタイプであった。他にもトッピングは数種類、鶏つくねにレンゲの上には大根、油揚げ、柚子皮、麺の上にもやし、キャベツ、のり、鰹節とにぎやかである。結局スープにすべて入れ麺と絡めながら食べ進む。

するっと完食、スープ割りも結構飲んでから店をあとにした。もうちょっとちゃんこ鍋っぽい感じのスープでも面白かったかもしれない。

到着=13:16 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系と魚介のうまみある醤油 お気に入り度=7

Shiroboshimenu

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月22日 (月)

支那そば 尋(目黒)

訪問日=12月13日(土) 晴れ

メニュー=支那そば

Hiroshinasoba以前伺うもお休みだった「支那そば 尋」を再訪、良かった今日はやっている。店内に入り券売機でメニューを確認、左上の「支那そば」で券を購入した。カウンターに着席、席はテーブルもあり。

それほど待たず「支那そば」が提供された。まずはスープを頂いてみる。あっさりした醤油のスープ、ちょい甘みはあるもクドい感じではない。じんわりくるうまみは好みのスープであった。

麺は中太でコシがある、結構食感がしっかりしておりスープも絡む。

チャーシューはかなり噛み応えがあるタイプであった。トッピングはほかにメンマ、のりとシンプル構成となっている。

すぐに完食、結構好きならーめんであった。ご飯ものとセットにすればさらに満足感も高まるだろう。でも水はあまり美味しくなかったかも。

到着=12:28 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりした醤油のスープ お気に入り度=7

Hiromenu1

Hiromenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月21日 (日)

今年も開催「ぼぶ麺会2014」だああ

訪問日=12月11日(木) 晴れ

毎年恒例のぼぶ麺会、今年も参加させて頂くことになった。場所は神谷町駅最寄の「イタリアンバール トスカーナ 神谷町店」というお店、店内に入るとそこではD幹事長が来場者のチェックをされている。どうもどうも、よろしくお願いします。その後主催者ぼぶさんにもご挨拶、ほかの方にも挨拶していく。

今回はバイキング形式の宴、テーブル上にはうまそうな料理が並んでいる。タコのカルパッチョで出だし快調、肉料理もこのメンツだとお洒落なチャーシューに見えてしまう。ブルーチーズが強烈なパンプキンサラダ、すごい風味だなこれ。

2014bobumenkai1

2014bobumenkai2

2014bobumenkai3

そして皆さんでカンパーーイ!!ビールをがぶ飲みしていく。いろいろな話をして盛り上がる。そして数々の料理を、撮ってない!!しまった魚料理やすごい美味な肉があったのに・・・。

2014bobumenkai4

2014bobumenkai5

2014bobumenkai6

あと話しに夢中で出遅れてしまう。でもピザも美味かったなあ。

後半メンツを考えてからーめん風メニューが提供された。スープはどこか懐かしい老舗の味わい、でも麺はパスタであった。以前堀切菖蒲園の「麺処 糀や」でスープはらーめんながら麺がうどんの「饂麺」を頂いたが、そのときの印象はうどん料理だった。やはり今回も麺がそうなのでパスタという認識になってしまう。

2014bobumenkai8

もう一品の麺料理はミートソース、うわ何これうめえ!やたらと良い味、これは大きめの皿で食べてみたいなあ。

2014bobumenkai9

感動しているとホールのおねーさんが一皿どうですかと、もう食べたのを伝えたがさらに勧めてもらったのでもう一皿頂いた。納豆トッピングもあるらしく今度はそれも乗せて。なるほど納豆が乗っても良い味、でも無しの方がより好みかも。

2014bobumenkai10

ちなみにほかの方で納豆トッピングをかなり気に入っている人もいた。最後にデザート、パンナコッタ添えコーヒーゼリー、うーん満足。

2014bobumenkai11

2014bobumenkai12

上は最後のほうの一コマ、なぜかネームプレートを奪われていったがこうなっていたのか。この光景を見てなんだか百目タイタンを思い出した。

そして最後に締めの挨拶もありこの日の会もお開きとなった。いやあ盛り上がったなあ。今回もぼぶさんとDさんに感謝である。

ちなみにこのあと2次会でカラオケに向かい、またしても盛り上がる。そしてそのあと深夜の街を徘徊することになった・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月20日 (土)

RYOMA本店(新井薬師前)

訪問日=12月10日(水) 晴れ

メニュー=伊太利ー麺(hotチリ)+チーズ

Ryomaramen

「麺屋ゼットン」のあと、折角なのですぐ近くの「RYOMA」を訪問することにした。でも久しぶりだなあ。店内へ入るとカウンターは満席、こちらでもテーブルに案内された。

メニューを確認、「らーめん」と迷ったが今回は「伊太利ー麺」でお願いすることにした。辛さが選べる模様、一番辛いだろう「hotチリ」でお願いしている。

「RYOMA」はトマトのらーめんが有名だったような気がするが、他の方で頼んでいる人はいない。「らーめん」や期間限定の「しらす油そば」、あと「つけ麺」のようであった。

ちょっと待って「伊太利ー麺」提供、期待通りの真っ赤なスープである。トマトの酸味とうまみがあるスープ、やはり結構な辛味がある。でもこの辛味がスープに合う。うまみも十分で良い味のトマトスープであった。

麺は太めでコシがある、スープに負けない麺であった。上には鶏肉、柔らかく非常に良い味、これ良いな。

Ryomacheese 最初頼んでいなかったが途中でチーズを注文、すぐに提供されたので丼に投入する。チーズが溶けてコクが増す。やはりこのスープにはチーズがあう。

途中でレモンを絞り入れる。絞ったけどナプキンがないな、行儀悪く指をなめてしまう。そういえばチーズを頼まなければレモンを待避する皿がなかったかも。でも満足して完食、スープもほとんど飲んでしまう。

スープを飲んでいる途中、締めごはん頼むか迷ってしまった。でもさすがに食べ過ぎだと思いやめておくことにした。

最後にお会計をして店をあとにする。今度伺った際には普通の「らーめん」を頼んでみようかな。

到着=12:45 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=辛味のあるトマトスープ お気に入り度=7

Ryomamenu1

Ryomamenu2

Ryomamenu3

Ryomamenu4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月19日 (金)

麺屋ゼットン(新井薬師前)

訪問日=12月10日(水) 曇り

メニュー=まぜそば中

Zetonmazesoba

東中野のお店に伺ったが、設備工事か・・・。新井薬師前に移動「RYOMA」の近くに出来た「麺屋ゼットン」を訪問する。随分前に同じ様な名前の店に伺った気もするが、気のせいか?

店内に入り券売機でメニューを確認、左上の「まぜそば」で券を購入した。ボタンにも書いていたが並(200g)・中(250g)・大(300g)が同額となっている。券を渡す際、盛りを確認されたので今回は中盛りでお願いしている。

カウンターは満席のためテーブル席へ着席、ちょい待って「まぜそば中」が提供された。トレイの上にはまぜそばだけでなくスープに魚粉、生卵が配置、セットメニューのという感じになっている。まずは麺をそのまま頂いてみる。

コシのある結構な太麺はもっちりしている。この時点でかなり好みの麺であった。

Zetonmazemaze 混ぜて、頂いてみる。結構濃い味、コクのあるタレの味わいながらちょっと味が強めかも。もう少し穏やかな味の方が良いかな。

トッピングは高菜に桜エビ、ねぎにメンマとなっている。高菜でさらに味が濃いのかもしれない。

玉子を投入、マイルドになったが、でもまだ味は濃いめであった。魚粉で風味とうまみもプラスして食べ進む。チャーシューは鶏と豚の二種、食感が良い。

Zetonshiru 後半スープを頂いてみる。鶏のうまみが詰まったスープ、このスープはかなり好み。そのままで結構飲んでしまう。丼に投入、こうすると麺は喉越しが良くなりさらに好みになった。スープの味わいは良いが、でもやはりまだ味が濃いめかな。

そして完食、スープも完飲して店をあとにした。もう一度伺えばもっと好みを感じるまぜそばかもしれない。

到着=12:20 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=味濃い目の醤油タレ お気に入り度=7

Zetonmenu

Zetonsetumei

 

 

Shirobosshiyasumi最初に伺ったお店はお休みでした、まったく・・・

 

 

 

 

 

Torisaiyasumi実は前日も休みを喰らっていた、2連敗でした・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月18日 (木)

龍神(ときわ台)

訪問日=12月7日(日) 晴れ

メニュー=龍神らーめん

Ryujinramen 「らーめん 吉凛」のあとは移転した「龍神」を訪問する。大山の時に2度ほど伺っているが、それも随分前のことになる。

お店到着、店の扉を開けようと思ったが、あれ?開かないな。ここで店の方が出てきてくれ、入り口はあちらと教えてくれた。広い扉は出口で小さい扉が入り口、理由はそこに券売機があるからだろう。

その券売機でメニューを確認、実はつけめんを考えていたのだが×マークが光っている。13時からか、しまったなあ。と言うわけで左上の「龍神らーめん」で券を購入した。

カウンター席に着席、それほど待たず「龍神らーめん」が提供された。まずはスープを頂いてみる。

ゴマの風味とうまみがあるスープは辛味も効いている。ただそれほど強い辛味ではない。結構甘みもあるがこのスープには違和感なし。そういえば昔食べたときは激辛で注文したな、辛さは変更できたのかな?

麺はコシのある中太、食感が非常に良くスープも絡む。この麺はかなり好みであった。チャーシューは噛み応えがあるタイプ、メンマは柔らかいが普通な感じかも。あとはカイワレとキクラゲとなっている。

そして完食、スープは結構あとを引く。店をあとにしたが、やはりつけめんが気になっている。

到着=12:34 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=ゴマのうまみあるスープ、辛味あり お気に入り度=7

Ryujinmenu

Ryujineigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月17日 (水)

らーめん 吉凛(東十条)

訪問日=12月7日(日) 晴れ

メニュー=醤油らーめん

Kichirinramen 東十条駅近くに出来た「らーめん 吉凛」を訪問、お店は「燦燦斗」のすぐ近くになる。店内に入り券売機でメニューを確認、左上の「醤油らーめん」で券を購入した。メニューはほかに塩や豚骨、味噌につけめん、チャーハンに餃子と多彩である。

カウンター席に着席、席はテーブルもあり。ちなみにカウンターは結構高く、椅子も高いので座りにくいかも。あと厨房内でスープを漉しており、そのにおいが結構漂ってくる(まあ今回たまたまだけど)。

ちょい待って「醤油らーめん」提供、まずはスープを頂いてみる。あっさりした醤油のスープ、揚げねぎの風味が特徴的、それほど香ばしくはないが独特な感じであった。

麺はちょい細目でコシがある、ちぢれておりスープは絡む。麺は後半ちょっと柔らかくなってきた。

チャーシューは柔らかい。穂先メンマも柔らかいが風味は微妙かも。味玉が半個入っている。そして完食、やはりカウンターが高いので結構食べづらかった。

店をあとにして念のため「燦燦斗」を覗いてみたが、夜営業だけになったので当然営業はしていなかった。でもまたいきたいよなあ。

到着=11:53 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=6

Kichirinmenu1

Kichirinsetmnu

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月16日 (火)

麺 高はし(赤羽)

訪問日=12月6日(土) 晴れ

メニュー=半肉入りつけそば大盛+味玉

201412takahashi 写真撮影断り必要

12月ということは今年最後の「麺 高はし」を訪問、今回はかなり早い時間に伺おうと思っていたが、思わぬ事態発生でいつもと変わらない時間に到着した。

店前には5人の待ち客、とっくにオープンしている。ちょっと待つ感じ、しばらくしてカウンター席に着席した。もうちょい待って「半肉入りつけそば大盛+味玉」提供、まずは麺を頂いてみる。

コシのある太麺は今回ちょっとコリッとした食感がある。でもなんだろうちゃんと茹でられているのに食感が強いというような感じ、こういう麺も面白い。風味も良く好みの麺であった。

つけスープは今回も混ぜずに麺を上の部分につける。動物系のうまみと魚介の味わいが効いたあっさり味、混ぜて下のタレと混ざらないよう慎重に3口頂いた。良い味、これで麺半分はいけるな。

ここで下から混ぜて。タレの味わいでうまみもくっきりとなったスープ、麺がどんどんなくなっていく。

味玉をスープにつけてうまみをコーティング、今回黄身の具合がかなり良い。白身も固すぎず良い食感であった。

チャーシューは噛み応えありながら柔らかい、肉のうまみをしっかりと感じる。ねぎの食感も良い。

今回はいつもと違い、辛味は使わずそのまま完食した。頃合いで出た割スープを使い、残りのスープも完飲する。うーん満足、最後にお会計をして店をあとにした。今年はこれで最後かな、また来年。

ちなみに年末年始は12月29日(月)昼まで営業、1月3日(土)より営業開始予定らしい。

到着=10:29 待ち時間=17分 行列=5人

麺=太麺 スープ=魚介動物系の効いた醤油

201412takahashiyaumi

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月15日 (月)

めとき(新大久保)

訪問日=12月4日(木) 曇り

メニュー=中華麺

Metokisoba

やっているのか不安ながらまた「めとき」へ向かっている。大久保通りを曲がり遠くからお店の方向を見ると、おっと店前に並びがあるではないか!ということはやっているといういことだな。

果たして店前にはかなりの並び、ちなみに暖簾はまだ中に掛かっている、あれ?この時間でもまだオープン前か。ただ並んですぐに暖簾が掛けられた。でもこれは結構待ちそうだな。

やはり30分まってやっと店内へ入りカウンター席に着席する。店内七席、四人と三人ずつ提供されている。前ロット四人の中華そばを盛りつけして提供、その前三人分(自分たちの前のロット)の片づけが終わり、ここで注文となった。

今回は「中華麺」の普通盛りで、鍋には麺が二玉ずつ三回、普通盛りで二玉ということのようだ。ちょい待って「中華麺」が提供されていく。

ここは小皿の下に千円札を挟んで代金を払う作法、でも前客の札がまだ挟まれていた。一応店主氏に断りを入れてもう一枚を皿の下に差し込む。見た目麺が盛り上がった「中華麺」、それでは頂こうか。

煮干しの風味とうまみを感じる醤油のスープ、口に広がる深い味わいが素晴らしい。結構優しい味だが、かなり好みのスープであった。思わずス-プだけで何口も飲んでしまう。

麺は中細で適度なコシ、スープはこの時点であまり絡んでないので自分で解いてスープに泳がせる。素晴らしいスープが麺に絡みかなり良い。

チャーシューはピンク色、噛み応えがあり肉のうまみを感じる、これも良い。ビールと一緒に食べれば最高のつまみになるだろう。

挽き肉の絡むメンマ、甘めながらこれがまた好み。食感も良く、いやこれもビールのつまみに最適だろう。あとはのりとナルトとねぎというトッピング、隙のない配置となっている。

やはり麺は多いが、でも好みの味のためまったく飽きずに完食してしまった。スープも完飲、最後に小皿の上に乗せられていた110円を受け取り、店をあとにした。大変満足、またいつか伺ってみたい。

到着=11:49 待ち時間=32分 行列=13人(オープン前行列)

麺=中細麺 スープ=煮干しのうまみある醤油 お気に入り度=9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月14日 (日)

秀ちゃんラーメン(赤坂)

訪問日=12月1日(月) 曇り

メニュー=ラーメン+替玉(カタメ)+替玉(カタメ)

Hidechyanramen

随分前「ラーメン屋 秀」だった時に訪問したお店が味と店名をリニューアルしたらしい。と言うわけで訪問、階段上がって中2階の店内へ入る。テーブル多数、今回は厨房前の大テーブルへ着席した。

注文は「ラーメン」で、驚くほどすぐに提供された。スープからは豚骨の強い風味、最近豚骨はあまり食べないが、でもたまに食べるならこういうにおいの強い方がうれしい。

まずはスープを頂いてみる。うわ!強烈!豚骨の風味とうまみが強烈に効いたスープ、これはまたすごい味わい、でも満足感は高い。がつんとくる味であった。かなり細い麺はちょい固めでスープが強く絡む。熱々のスープは麺と頂いた方がさらに味わいが膨らむ。このらーめんは良い。

チャーシューは噛み応えあり、風味は微妙ながらそれはまあいいか。ねぎもたっぷり、スパイスが効いている。

Hidechyankaedama1 すぐに完食、当然のように替玉を、今回はカタメでおねがいした。またしてもすぐに提供、丼に入れる。紅ショウガを入れてと。

替玉でも味わい損なわず、この豚骨ラーメンは気に入ってしまった。

 

Hidechyankaedama2 すぐに完食、思わず替玉もう一回お願いしてしまう。提供の替玉にはラーメンのタレが添えられた。替玉にタレとスープを少し入れてまぜそば風に、でも味がちょっと弱いか、もう少しスープを入れた方が良かったかな。

その後丼にイン、今度はニンニクを専用の器具で潰し入れ入れる。長い楊枝があったので、器具についたニンニクもこそげ入れられる。ニンニクで風味さらに強烈に。

満足して完食した。最後にお会計に向かう。1,020円を払って店をあとにした。帰りの道すがら、あれ?替玉2回でなぜ1,020円?そういえば伝票に「3」と書かれていたけれど、あれは替玉の数量だったのか?替玉2回しかしてないよな?でも味には相当満足したので別にいいや。

到着=12:54 待ち時間=0分 行列=0人

麺=極細麺 スープ=風味とうまみ強烈な豚骨スープ お気に入り度=7

Hidechyanmenu1

Hidechyanmenu2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月13日 (土)

スパイス・ラー麺 卍力(西葛西)

訪問日=11月30日(日) 曇り

メニュー=スパイス・パクチーラー麺

Manjimaruramen

「支那ソバ 小むろ」のあとは西葛西に移動、結構前にオープンしていた「スパイス・ラー麺 卍力」を訪問する。こちらは「鬼金棒」出身らしく、山椒のシビレに弱い自分としてはちょっと後回しにしてしまっていた。

お店に到着すると店前には結構な並びになっている。並んだ後にもどんどん来客有り、その並びもすごいことになっている。

途中で先に券を買うよう店員さんから案内があった。まずは店内の券売機でメニューを確認、普通の「スパイス・ラー麺」にしようと思っていたが、パクチーの文字が目に入ってしまった。思わず「スパイス・パクチーラー麺」で券を買ってしまう(それほどパクチー好きと言うわけではないんだけど)。

列に並び直したところ、後ろにおばあさんがいたのだが待機椅子が空いた時にひゅっと座ってしまった。まあおばあさんだから仕方ないか、と。でもそのまま列は進んでいき、結局券を渡す際にも先に渡していた、うーん。

それにしてもかなり待つ、カウンター8席のため仕方ないのか。結局1時間以上待ってカウンター席に着席した、いやあ待ったなあ。厨房内2名での営業、野菜を炒める音が聞こえたりもする。

ちょい待って「スパイス・パクチーラー麺」提供、パクチーが丼を覆っている。まずはスープを頂いてみる。

なるほどこれはスパイスラー麺、スパイスの効いたスープは最初カレーの様な雰囲気がある。でもやはりカレーラーメンという感じではなくスパイスの効いたラーメンのスープ、シビレもあるが舌を麻痺させるほどではない、かなり好みの味であった。これははまる味だろう。

麺はコシのある中太、食感もしっかりしておりスパイススープもよく絡む。

どっさりのパクチーは風味が強い。でもこのスープにはよくあっており好みであった。ちなみに「スパイス・ラー麺」にも入っているようだが、パクチーが苦手な人はねぎにも変更できるらしい。

野菜はもやしと、見えなかったが確かニラも炒めていたはず。麺と絡めながら食べ進む。チャーシューは分厚く、噛み応えありながらほろりとくずれる。

すっかり完食、スープも結構飲んでしまう。連食なので自重したが、ここだけならライスを頼んでも良かっただろう。かなり好みのらーめんだった。またこちらには伺ってみたい。

到着=12:12 待ち時間=1時間8分 行列=多分18人(中多分6人、外12人)

麺=中太麺 スープ=スパイスの効いたスープ お気に入り度=8

Manjimarumenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月12日 (金)

支那ソバ 小むろ(行徳)

訪問日=11月30日(日) 曇り

メニュー=ワンタンメン

Komurowantanmen 行徳駅が最寄りの「支那ソバ 小むろ」を訪問、店内に入りカウンター席に着席する。席はほかにテーブルもあり。結構早い時間の訪問ながら、でも席は半分くらい埋まっている。その後も来客多数、まだオープンして間もないはずだが人気があるようだ。

メニューを確認、普段なら初訪問の店ということで「支那そば」を頼むところながら、こちらは「かづ屋五反田店」出身ということで今回は「ワンタンメン」でお願いすることにした。厨房内を見るとチャーシューはその都度カットしている、これは期待してしまう。

ちょっと待って「ワンタンメン」提供、まずはスープを頂いてみる。ああこの味良いわあ・・・。あっさりながらコクとうまみある醤油のスープ、すーっと引き込まれる味わい、かなり好みのスープである。これはかなりレベルの高いスープ、一口目で満足感が相当高い。

麺は中太でコシがある。風味も良くスープにあっている。これもかなり好みの麺、このらーめんは良い。

チャーシューは噛み応えがあり香りも良い。ワンタンは皮がぴろぴろとした舌触り、中の肉餡も良い味でショウガの風味も感じる。メンマもくさみ無し。

強い満足感のなか完食、スープもかなり飲んでしまう。いやあ良かったなあ。最後にお会計をして店をあとにした。この近くの方がうらやましいと思えるらーめんだった。

到着=11:18 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりながらコクのある醤油 お気に入り度=8

Komuromenu

Komuroeigyo

Komurokanban

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月11日 (木)

つけめん102(川口)

訪問日=11月28日(金) 曇り

メニュー=中華そば

102soba かなり久しぶりに川口の「つけめん102」を訪問、店前の券売機でメニューを確認する。この店はつけ麺がメイン、と思いながら今回は「中華そば」で券を購入、店内に入り奥のカウンター席に着席した。

ちょい待って「中華そば」提供、まずはスープを頂いてみる。魚介のうまみある醤油のスープ、コクのある味わいはかなり好みの味であった。久しぶりだがやはり良い味、ここはもっと来ないとなあ。

麺は中細でコシがあるタイプ、食感良くスープも絡む。小さい丼ながら案外麺量もしっかり入っている。食べていくと時折柚子皮の風味が、これがスープにあっている。

チャーシューというか角煮、食感あるけれど柔らかく、肉のうまみもしっかりと感じる。メンマはさっくりした食感、これはそれほど特徴はないかも。

するするっと完食、スープも結局完飲して店をあとにした。今度はつけ麺を食べにいこうかな。

到着=20:55 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=魚介のうまみある醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月10日 (水)

らーめん えんや(王子)

訪問日=11月27日(木) 晴れ

メニュー=煮干醤油らーめん

Enyaniboshisyouyu_2

飲み会のあとに皆さんと別れ、四ツ谷駅の南北線ホームに向かいました。電車に乗り込み席を見ると、おっと空きがあるではありませんか!これはついていると席に座り、いやあ楽しかったなあ、と感想を頭に思い浮かべ。

ここでふとドアの上にある液晶画面を見ると、

!!!!「王子」????

乗換駅ではありませんか!一瞬の混乱の中電車を飛び降りました。乗ったらすぐに乗換駅、時間と空間を飛び越えたのか?まあそんなことはありません。一瞬で寝て運よく起きたということでしょう。

もう帰らなければと思いながらなぜか足は「えんや」へ向かってました。まだ営業しているようだったので店内へ入り、券売機で「煮干醤油らーめん」の券を購入しカウンター席に座ります。

ただ記憶はここまででして・・・。あとはよく覚えていなかったりします。でもあとでメモを確認するとお気に入りは「8」になっていたので美味しかったに違いありません。結構写真も撮っているようです。「えんや」にはまたいかないとなあ。

ちなみにそのあとはちゃんと自宅に帰っていました。相変わらず帰巣本能は立派なようです。

到着=23:19 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=中細麺 スープ=煮干の効いた醤油(のはず) お気に入り度=8

Enyasetumei

Enyaeigyo

Enyamenu

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月 9日 (火)

「支那そば屋 こうや」で冬の刺激(四ツ谷)

訪問日=11月27日(木) 晴れ

久しぶりに恒例のらーめんな面子での飲み会、今回お店の選定を任されたので一度やってみたかった四ッ谷の「支那そば屋 こうや」予約しました。ちなみにコースメニューとかはないので席の予約だけです。

19時前に到着しましたが、別のグループも予約での入店多数、この店そういう使われ方も多いんだなあ。

Kouyamenu1_2

とりあえず先にメニューを確認、あれを頼んで、それも候補に考えて、と。

Kouyamenu2

すぐに今回集合の5人が徐々に集まってきます。まずは飲み物を、皆さんは瓶ビール、自分だけ中ジョッキ、ジョッキのビールが好きなんだよね。あとピータン、ビールと食べるピータンも好きだったりします。

ビール到着、まずは

カンパーーイ!!

Kouya1

ピータン・ピータン・ピータンタン、ピータンの黄身を食べながらビールを飲むと、ビールの味が変わった味になるのが好きなんですが、まあ誰にいっても同意してもらえません。

Kouya2

適当に料理を注文、じわりじわりと提供されていきます。タン・ハツ・ガツ・ミミ盛り合わせ1100円の方(1400円もあり)と黄ニラと肉の炒め、良いつまみになります。

Kouya3

Kouya4

とんがりポテトサラダ、最近自分の中でポテトサラダブーム到来中。

Kouya6

ワンタン皿は肉餡の詰まったこうやのワンタン、良いねえ。間違いない。でもワンタン麺のようなスープに入ったの違い、冷めると皮が固くなってきます。これは速攻で食べた方が良いメニューだったのか。

Kouya5

さて本来ビール党の自分ながら、かなり以前の飲み会で「割り勘負けする」と言われて以来「ホッピー」という新たな武器を手に入れました。

ただし「こうや」にホッピーはありません。と言うわけで他の皆さんが飲んでいた紹興酒にスイッチいたしました。そうか紹興酒ってこんなにがぶ飲みしていいものなのか、どんどん無くなっていきます。

Kouya7

焼きそばみたいなのはなんだっけ?いや食べた記憶は確かにあります。

Kouya8

後半麺メニューを頼むことになりました。「支那麺(しなそば)」と「雲呑麺(わんたんめん)」と、もう一品「極辣麺(カライカライそば)」

Kouya9

Kouya11

もちろん「支那麺」と「雲呑麺」は普通にこれ目当てで来ても良い味だから満足感は高いですね。

Kouya10

この期に及んで手ぶれ、辛さを予感して手が震えてしまったのでしょうか。器に取り分けて頂きましたが、あれ?そんなに辛くないぞ?ぴりりとした刺激を感じながら2杯・・・、

イタイ、イタタタタ!舌が痛い、口のあちこちがイタイイタイ、突然MAXモードに突入しました。そういえば注文時に辛さを確認され、辛くしてくださいと言った気がします。福助盆に帰らずです(ちなみに「福助盆に帰らず」を検索するとなつきさんのブログが候補に出てくるな)。

まあそんなこんなもありながら、あれ?おかしいな、いつの間に22時なんて時間になってたのか?ではそろそろお会計をしましょうか。確か一人4600円だったような気がしますが、この5000円は誰と誰でしょうか・・・、申し訳ないことにべろべろに酔っぱらってなんだかよく判らないことに。

まあ途中からグダグダでしたが、楽しかったことは間違いありません。

いやあ今回も楽しい飲み会でした。

そして皆さんと別れ南北線で地元へ向かうのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 8日 (月)

雨ニモマケズ(十条)

訪問日=11月27日(木) 晴れ

メニュー=粋×鶏白湯 濃厚つけめん

Amenimomakezutuke

「Noodle Maker 貴」のあとはすぐ近くある「雨ニモマケズ」を訪問、こちらのお店は「麺処 ほん田」の直営5号店らしい。こちらも最近オープンのお店になる。すごいな十条!

ちなみに店前には結構な並びが出来ていた。そういえばすぐ近くにあるうどん屋さんの並びも結構なもの、すごいぞ十条。

先に券を買う必要あり、店内に入りメニューを確認する。今回は左上の「つけめん」で券を購入したが、ほかのメニューもかなり気になる。

並びに戻り、それからちょっと待つことに。しばらくして店内に空き席が出来たのだが、食券購入の波に巻き込まれてちょい待って着席した。

つけめんは着席してすぐに提供、出来上がっていたか。まずは麺を頂いてみる。コシのある太麺は喉越しが良く食感も良い。好みの麺だがちょっと少な目かな。

つけスープは鶏のうまみが効いた白湯スープ、粘度のあるスープながら酸味はなくくどくない。結構温めだがそれほど熱さにこだわらない方なので問題なし。好みのつけめんであった。

チャーシューは噛み応えあるもさっくり切れる、良い味だなあ。茹でキャベツは甘みも感じる。

麺量はあまり多くないのですぐに完食、スープ割りをお願いした。割っても良い味、完飲して店をあとにした。他のメニューも試してみたい。

到着=12:19 待ち時間=17分 行列=9人

麺=太麺 スープ=濃厚ながらくどくない鶏白湯 お気に入り度=8

Amenimomakezumenu

Amenimomakezueigyo_2

 

 

Udoniwaiこちらは並びのあったうどん屋さん、良さそう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 7日 (日)

Noodle Maker 貴(十条)

訪問日=11月27日(木) 晴れ

メニュー=醤油らーめん

Takaramen

先日伺ったばかりの十条ながら、最近新店が立て続けに出来ているためすぐに再訪することになった。今回伺ったのは「らぁ麺 さくららん」の跡に出来た「Noodle Maker 貴」というお店になる。

店内に入り券売機でメニューを確認、左上の「醤油らーめん」で券を購入した。カウンター席に着席、席はテーブル席もあり。ちなみに空き一席のみ、オープンしたばかりだが人気があるようだ。

調理行程を見ているとまず丼にお湯を入れて温め、それを捨てた後に鍋で熱しまくった油を丼に入れていた。ジュワッという音が耳に入る。

ちょい待って「醤油らーめん」提供、まずはスープを頂いてみる。あっさりながらコクのある醤油スープ、そして熱した油の風味をしっかりと感じる。これは好きな味、油の香りも効果的であった。

麺は中太でコシがある、平たい麺はスープも絡む。舌触りも良くこれも好み。このらーめんは良い。

チャーシューは念入りに炙られいたため、ガスの香りをついていなか心配していたが問題なし、柔らかくとろっとしているが肉の噛み応えもある。メンマも食感良くくさみもない。

すっかり完食、スープと一緒に頂くねぎの食感も良かった。スープもかなり飲んで店をあとにする。そういえばまわりにはまぜそばを食べる人も多かった。人気なのかな?ちょっと気になる。

到着=12:03 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=中太平麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=8

Takamenu1

Takamenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 6日 (土)

東京天ぷらつけ麺 天丸(三河島・日暮里:ちょい歩く)

訪問日=11月24日(月)祝日 晴れ

メニュー=天丸つけ麺

Tenmarutuke

「食処 渓」のあとは日暮里へ向かう。ただ訪問したのは日暮里駅からは結構歩く場所にある「東京天ぷらつけ麺 天丸」、距離でいうと三河島駅も同じくらいか。先日伺った「California Fusion」も結構近い。

お店に着くと店前には並びあり、ちょいと待つことに。列は進んで次が前のご夫婦というとき、空き席の関係でちょい飛ばさせてもらうことになった。

店内に入りカウンター席に着席、こちらは天ぷらも提供するつけ麺のお店、メインと思われる「天丸つけ麺」でお願いした。天ぷらとらーめんと言えば「阿闍梨」を思い出すが、ほかはどこかで食べたかな?

厨房内は男性と女性の1名ずつ、手間の掛かるメニューだが連携して作業されている。天ぷらも揚げたてを出してくれるのか、これは良い。

ちょい待って「天丸つけ麺」提供、天ぷらがこんもりとしている。まずは麺を頂くことに。コシのある中太麺、喉越しが良く風味も良い。もちもち感もある麺は好みのタイプであった。

つけスープは、しょっぱー!かなり塩気の強いスープ、これはなに味だろう?しょっぱくて味がよく判らない。この塩辛さは麺だけでなく天ぷらもつける前提なのか?調理行程としてかなりとろみのあるスープを鍋に入れ、その後別のスープを入れていたが、分量はあっていたのだろうか?

天ぷらを頂いてみる。大葉はからっと揚がりさくさく、ただ大葉の風味をあまりしない、なんでだろう?大葉好きなんだけど。ナスは良い揚がり具合、つけスープはこれがあう。

鶏天もジューシー、これは何もつけずそのままが一番良かった。かき揚げはタマネギ、人参、カボチャ、サツマイモと具沢山、ちょい油っこいが天つゆならあいそうな気がする。天つゆが欲しい。

そして完食、最後にお会計をして店をあとにした。スープが違えばもっと好みを感じたお店だっただろう。

到着=13:09 待ち時間=3分 行列=3人(調整2名飛ばし)

麺=中太麺 スープ=かなりしょっぱいスープ お気に入り度=6

Tenmarumenu1

Tenmarumenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食処 渓(川口)

訪問日=11月24日(月)祝日 晴れ

メニュー=渓らーめん(小)

Keiramen

祝日の月曜日は久しぶりに「食処 渓」を訪問しよう。店内に入り券売機で券を、って故障中か、と言うわけで店主氏に直接「渓らーめん」の小をお願いしている。

カウンター席に着席、ちょいあとに来た客の香水のにおいがかなり強い、厳しいなあ・・・。

ちょっと待って「渓らーめん(小)」提供、まずはスープを頂いてみる。魚介のうまみと動物系の味わいが効いた醤油のスープ、とろりととろみがある。濃厚ながら特にクドい感じはなし、好みのスープであった。

麺は太くコシがある、ちぢれておりスープも絡む。そして喉越しが良い麺は舌の上をつるりと滑る。時折甘い香りは、まあ香水なんだけど。

チャーシューは噛み応えがありスープも絡んで良い味になる。メンマは太く、でも柔らかくくさみもなし。途中で擦りニンニクを投入する。ニンニクで風味増し増し、七味唐辛子も入れてみたが、今回の投入量では濃いめのスープのためあまり影響はないようだ。

かなり最後の方でカウンター上にある割スープを入れてみた。ちょい味を薄めたのだが、これはこれで有りだね。らーめんあっさりというのも作って欲しいくらい。

すっかり完食、スープもかなり飲んで店をあとにした。今度はなにを頂きに伺おうかな。

到着=12:29 待ち時間=23分 行列=多分15人(中多分5人、外10人)

麺=太麺 スープ=魚介と動物系のうまみが効いた醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 5日 (金)

煮干そば 流。(十条)

訪問日=11月23日(日) 晴れ

メニュー=煮干そば

Nagarenibosoba 「二郎」のあとだったのだが、なんか今日いけそうな気がしたので東十条駅で降りることに。そこから十条駅まで歩き、駅すぐ近くに出来た「煮干そば 流。」を訪問した。

店前には並びあり、先に券を購入する必要があるようだ。こってりマイルドという「アブラ煮干そば」も気になるが、今回はあっさりの「煮干そば」で券を購入している。

列に戻りそこから結構待ってから再度店内へ、カウンター席に着席した。ちなみにお冷やはセルフサービスになる。

ちょい待って「煮干そば」提供、まずはスープを頂いてみる。おお!店名に偽り無し!煮干しの風味とうまみある醤油のスープ、ただエグミや苦みはあまりない。かなり好みの味、スープの味わいに引き込まれていく。

麺はちょい太めでコシがある、ただもちもち感もありそれでいて喉越しも良い。良い湯で加減だなあ、かなり好みの麺であった。

でっかいチャーシューはピンクな色合い、噛み応えがあり肉のうまみを感じる。メンマは食感強くくさみも無し。刻みタマネギは存在感あり、ざくざくとした食感であった。

すっかり完食、スープもかなり飲んでしまう。このスープはライスもあいそうだ。最後に丼を上に上げて店をあとにした。これはほかのメニューも気になるな、また伺うことにしよう。

到着=14:02 待ち時間=17分 行列=7人

麺=中太麺 スープ=煮干しの風味とうまみある醤油 お気に入り度=8

Nagaremenu

Nagarenarabi

Nagaremae

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 4日 (木)

ラーメン二郎 JR西口蒲田店(蒲田)

訪問日=11月23日(日) 晴れ

メニュー=ラーメン小(ニンニク少なめ・とうがらし)

Kamajiroramen 蒲田に「ラーメン二郎」が出来たとのこと、ただ店主は閉店した「ラーメン二郎 鶴見店」の方らしい。ということは移転ということか。

なにやら待ち時間がすごいという噂があったのだが、お店に着くと並びは予想したほどひどい感じではなかった。行列につきしばし待つ。しばらくして列が進むと店内にも待ちがあることに気がついた、なるほど・・・。

店内まで進み券売機でメニューを確認、今回は左上の「ラーメン小」で券を購入する。待っている途中で店の方に盛りを確認されたので券を提示する(小ですぜ)。

もう少し待って奥のカウンター席に着席した。20分ちょっとか、まあ予想していたほどではなかったかな。それから結構待ってトッピングコール、ニンニク少な目にとうがらしをお願いした。「ラーメン(ニンニク少なめ・とうがらし)」提供、丼を受け取り、さて頂こう。

あっさりした醤油のスープ、という表現を二郎でするべきなのか、ただレンゲで飲んでもうまみはあるがすっきりした味であった。下から混ぜるとうまみと醤油タレの味わいが強くなったが、それでも二郎のイメージからするとあっさりめ、食べやすい二郎という感じかな。

麺は太く平たいタイプ、コシはあるけれど柔らかくも感じる。風味は良く好きな麺であった。

ヤサイはキャベツともやし、案外キャベツが多いことに驚く。ヤサイはしゃきしゃきした食感であった。

チャーシューは噛み応えはあるが、あまりジューシーではない。トッピングのとうがらしで辛味も加わる。ニンニクをスープに溶かすとさすがに風味が強烈になった。

その後完食、飲みやすいのでスープも結構飲んでしまう。最後に丼を上にあげて店をあとにした。店を出ると並びはさらにすごいことに、数えると25人になっていた。かなり人気があるんだなあ。

到着=12:29 待ち時間=23分 行列=多分15人(中多分5人、外10人)

麺=太平麺 スープ=うまみのある醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 3日 (水)

麺餐 一凛(成増)

訪問日=11月22日(土) 晴れ

メニュー=淡麗煮干麺

Ichirintanreiniboshi

「JIGENJI」のあとは成増に移動、「麺餐 一凛」というお店を訪問する。店内に入り奥の券売機でメニューを確認、「濃濁煮干麺」がかなり気になるなあ。ただ今回は左上の「淡麗煮干麺」で券を購入した。

カウンター席に着席、卓上のメニューを見たら非常に魅力的なサイドメニューがあることに気がついた。いやこれは良さそうだ、「ガパオライス」が特に気になる。

ちょい待って「淡麗煮干麺」提供、まずはスープを頂いてみる。煮干の風味とうまみある醤油のスープ、結構煮干のエグミがあるけれど、これはこの日だけなのか?ただ煮干スープ好きなのでそれも含めてかなり好みの味わいであった。

麺はちょい細めでコシがある、結構固めながらなぜか煮干スープはこういう麺に納得してしまう。するすると食べ進む。

チャーシューは2種類、一枚は炙りで香ばしく噛み応えあり。もう一枚はちょいやわらかいがこちらも食感がしっかりしている。穂先メンマもやわらかくくさみもなし。

するっと完食、スープをちょこちょこ飲んでいたらほとんど完飲状態であった。満足して店をあとにする。それにしてもサイドメニュー良さそうだったなあ。食べとけばよかったかな。

到着=13:00 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=煮干しの風味とうまみある醤油 お気に入り度=8

Ichirinmenu1

Ichirinmenu2

Ichirineigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 2日 (火)

JIGENJI(下井草)

訪問日=11月22日(土) 晴れ

メニュー=ラーメン

Jigenjiramen 以前「つけめん 最大元」のあった場所にできた「JIGENJI」を訪問、店内入りカウンター席に着席する。ちなみに先客は無しながら、後に6人の来店があった。

今回の注文は「ラーメン」で、お願いしたときに醤油と白ダシの選択を確認された。白ダシも気になったが今回は醤油でお願いしている。

ちょい待って「ラーメン」提供、まずはスープを頂いてみる。動物系のコクとうまみがある醤油のスープ、ちょい甘みもあるけれど実は好きな味であった。

上にトッピングされているのは「陳皮」らしく、それが口に入ると柑橘系のさわやかな風味が口に広がる。

麺はちょい太めでコシがある、結構食感は強いけれど強めのスープにあっている。

チャーシューは噛み応えがあり肉のうまみを感じる。キャベツにもやしも結構たっぷり、麺と絡めながら食べ進む。

すっかり完食、最後にお会計をして店をあとにした。あのスープはご飯と一緒でも良かったかもしれない。

到着=12:10 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=動物系のうまみある醤油 お気に入り度=7

Jigenjimenu

Jigenjidrink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 1日 (月)

とんこつらーめん 俺式(東京駅:東京ラーメンストリート)

訪問日=11月21日(金) 晴れ

メニュー=つけ麺

Oreshikituke 「初代 海老秀」のあと東京ラーメンストリートへ向かうことにした。どこかでつけ麺を食べようかと、でもどこも並んでるなあ。特に「六厘舎TOKYO」がすごいことになっている。

ちょっと迷ったがなぜか「とんこつらーめん 俺式」へ、ここも7人ほど並んでいる。並んだちょうどその場所に券売機があったのでまずは食券を購入、予定通り「つけ麺」で購入している。ここで結構席が空いたらしくあまり待たずに着席することができた。大きいテーブル席に着席、ちょい待って「つけ麺」が提供された。

まずは麺を頂いてみる。コシのある太麺は結構固い食感、もうちょっと茹でてもらった方がうれしいかも。まあここはらーめんメインだろうから仕方ないのか?

つけスープは動物系のうまみがあり結構濃い目の味、酸味も感じられる。酸味なしでも食べてみたいなあ。上にはマー油が掛かっており、そのマー油を絡めると香ばしい味に感じられる。

チャーシューは短冊状でジューシーな感じ、肉のうまみを感じる。スープ内にはキャベツやねぎが、これを麺と絡めるさらに味が濃く感じてしまった。下にあったタレが絡んだのか。

麺量はそこそこなのですぐに完食、スープ割りはせずそのまま店をあとにした。今度こちらに伺った際はまた「豚骨らーめん」を注文してみよう。

到着=13:00 待ち時間=4分 行列=7人

麺=太麺 スープ=酸味のある豚骨 お気に入り度=6

Oreshikimenu

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »