« UNDERGROUND RAMEN(さいたま新都心) | トップページ | 麺屋はやしまる(高円寺) »

2014年11月 6日 (木)

麺屋 皇鶏(高円寺)

訪問日=10月24日(金) 晴れ

メニュー=濃厚鶏白湯そば(塩)

Koukeitoripaitan

高円寺へ向かい鶏白湯のお店「麺屋 皇鶏」を訪問する。店内に入り券売機でメニューを確認、左上の「濃厚鶏白湯そば」は塩ベースらしい。

ほかに「濃厚醤油鶏そば」に「濃厚辛味噌鶏そば」、「比内地鶏の白湯そば」はあっさり塩味のようだ。今回は「濃厚鶏白湯そば(塩)」で券を購入、カウンター席に着席する。席はほかに2名掛けテーブル席も二卓あり。

それほど待たず「濃厚鶏白湯そば(塩)」提供、まずはスープを頂いてみる。鶏のうまみがぎゅっと詰まった白湯スープ、コクがあり粘度を感じるほどの濃度、ただ特にクドいとは感じない。好みのスープであった。

麺はちょい細目でコシがあるタイプ、しっかりした食感でスープもよく絡む。

鶏チャーシューというか鶏肉、ジューシーながら噛み応えも十分、鶏のうまみがあり炙っているので香ばしい。穂先メンマもやわらかくくさみもなし。刻みタマネギは結構な存在感がある。もう少し少なくてもいいかな。

するすると食べ進み完食、満足して店をあとにした。それにしても鶏白湯のお店が増えたものだ。

到着=12:29 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=鶏のうまみ詰まった白湯スープ お気に入り度=8

Koukeimenu

Koukeiopenannai

|

« UNDERGROUND RAMEN(さいたま新都心) | トップページ | 麺屋はやしまる(高円寺) »

コメント

まる玉から始まった第5のスープ、鶏白湯。鶏は豚骨に比べ、煮崩れるのが早いので仕込み時間を短縮出来るのが最大のメリットですね。ただ劣化も早いので、豚骨スープのように継ぎ足し(呼び戻し)が出来ないのがデメリット。まさに一長一短。

投稿: スーパー・メン | 2014年11月 7日 (金) 12時07分

>スーパー・メンさん
鶏白湯はすっかりらーめんの一ジャンルとして認知されているようですね。
まあ美味しければなんでも良し、
ただそのうちまた違うらーめんが有名になりそうな気もしますが。

投稿: ライダーマン | 2014年11月 7日 (金) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/60608170

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋 皇鶏(高円寺):

« UNDERGROUND RAMEN(さいたま新都心) | トップページ | 麺屋はやしまる(高円寺) »