« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日)

初代 海老秀 八重洲さくら通り店(東京駅)

訪問日=11月21日(金) 晴れ

メニュー=海老秀ラーメン

Ebihideramen 東京駅を降りて海老のらーめんを頂きに向かう。到着の「初代 海老秀 八重洲さくら通り店」は店内に待ち客あり、並びに着く前にまず券売機で券を購入する。左上が「海老秀ラーメン」か、じゃあそれで。他につけ麺や辛いメニューもあるようだ。

それほど待たず席が空いてカウンター席に着席する。店内にはアニメソングのようなものが流れているが、よく聴くとこちらの店の店名が歌われている。とおいうことは店のオリジナルソングか、そういえば「津気屋」でもオリジナルソングが流れているな。

ちょい待って「海老秀ラーメン」提供、まずはスープを頂いてみる。確かに海老の風味とうまみあるスープ、そこに味噌のうまみも感じられる。海老のかおりはあるけれど、ただくさみまでいっていない。結構好きな味であった。

麺は中太で適度なコシ、ちょいちぢれておりスープも絡む。チャーシューは噛み応えがある。キャベツはスープにつけて頂くと甘みを感じる。

そして完食、スープはある程度飲んでいる。このスープはライスに合いそうな気がする。店をあとに、あのスープなら辛味のあるメニューも良いかもしれない。

到着=12:30 待ち時間=6分 行列=5人

麺=中太麺 スープ=海老の風味とうまみ強い味噌 お気に入り度=7

Ebihidemenu1

Ebihidemenu2

Ebihidesong

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年11月29日 (土)

娘々(北浦和)

訪問日=11月20日(木) 曇り

メニュー=ホルモンラーメン+スタカレー

Vyanvyanhorumonramen 北浦和を降りて「娘々」へと向かう。結構年季が入った感じのお店、店内に入り厨房と反対のカウンター席に着席する。

メニューを確認、ここに来たなら「スタミナラーメン」を頼むべきか?でも「スタカレー」を食べてみたいと思い、一緒に「ホルモンラーメン」をお願いすることにした。

ちなみに他の方が「ホルモンラーメン大盛り」に「チャーハン大盛り」、それに「餃子」という頼み方をしていた、なんかすごいな。

Vyanvyansutakare それほど待たず「スタカレー」提供、スタカレーといってもカレーではない。ライスに辛味の効いた餡が掛かっている。

ニラともやし、僅かに挽き肉の入った餡は、辛くてとろみがある。それをライスに絡めて頂くと、なんだろう単純な感じなのにかなり好みの味であった。この辛味餡だけお持ち帰りしたいな。

すぐに完食、でも「ホルモンラーメン」はまだ出てこない。その後結構まっているがまだ提供されず、忘れられたのでは?と思った頃ようやくらーめんが提供された。

まずはスープを頂いてみる。あっさりした醤油のスープ、それほどすごい特徴のあるスープではない。麺は中太で適度なコシ、つるつるして喉越しが良い。ただ後半ちょっと柔らかくなってきた。

ホルモンがかなり好み、柔らかくも食感がありホルモンのうまみをしっかり感じる。これで酒を飲んでみたい。一緒にトッピングされた大根も味がしみている。

少な目のためすぐに完食、最後にお会計をして店をあとにした。スタカレーをまた食べてみたい。

到着=12:39 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=中太麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=7

Vyanvyanmenu1

Vyanvyanmenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月28日 (金)

葫 葛西店(葛西)

訪問日=11月16日(日) 晴れ

メニュー=らあめん塩

Ninnikushio

「麺’s ダイニング 036」のあとは葛西に移動、「らあめん葫」の新店に向かったのだが、おっと店前に人がいる。待ち客かと思ったらどうやら違うらしく、店前の置物を見ているようだ。あれ?置物じゃなくミミズク!これは珍しい、あとで写真を撮らせてもらおう。

店内へ入りカウンター席に着席、メニューを確認する。醤油にするか塩なのか、塩のつけめんも気になるところ。結構迷ったが他のお店で頂いてかなり気に入っている「塩」をお願いすることにした。

それほど待たずらーめん提供、まずはスープを頂いてみる。野菜の風味とうまみを感じる塩のスープ、優しい味わいはとても好みの味であった。

麺はちょい太めでコシがある、食感がしっかりしておりスープも絡む。

ここでカウンター上に置かれているニンニクを投入する。専用の器具で一欠片潰して入れたが、でもあまり入らず。もう一欠片投入、これで風味が強くなった。

チャーシューは噛み応えあるもほろっと崩れるような食感、味は濃いめであった。フライドオニオンで香ばしくなる。もやしも麺に絡めながら食べ進む。

するするっと食べていき完食、こちらのスープはかなり好みのためスープもほぼ完飲してしまった。

最後にお会計、ちょっとお話を聞くとミミズクはやはり店主氏が飼っているとのこと。他の方が話されていたが、看板娘ならぬ看板ミミズクということのようだ。

店を出てミミズクの写真をパチリパチリと、表情はかわいく面白いが、足の爪は太く鋭い。ちなみに道行く人も店前で足を止められていた。そういえば自分が店に入る前に見ていた方もその後店内に入ってこられていたっけ。

到着=12:13 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=野菜のうまみある塩 お気に入り度=8

Ninnikumenu

Ninnikutopi

 

Ninnikufukuro1

Ninnikufukuro2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月27日 (木)

麺’s ダイニング 036(小岩)

訪問日=11月16日(日) 晴れ

メニュー=中華そば

036soba

小岩に向かい「麺’s ダイニング 036」の扉をくぐる。店内に入り窓際カウンター席に着席、席はテーブルや座敷席もあり。メニューを確認して今回は「中華そば」でお願いした。

「中華そば」はすぐに提供、まずはスープを頂いてみる。あっさりした醤油のスープ、ちょい甘みがあり魚介のうまみも感じられる。

麺は中細でコシがある、オーソドックスな中華そばという感じであった。

チャーシューは二種、ピンクのチャーシューは柔らかく、でも食感もしっかりあり。肉のうまみを感じる。通常チャーシューも噛み応えあるも固くない、先と感じの違う肉のうまみが味わえる。

普段なららーめんのトッピングとしてはあまりうれしくないわかめ、ただこちらのは海藻くささもなく食感も柔らかいわけではない。好みのわかめを頂けた。メンマはかなり味が濃いのがちと違和感あり。刻みタマネギの食感も楽しみながら。

スープは後半味わいが濃くなってくる。魚粉も加わりスープのうまみが増す、好きな味であった。

でもそのころにはほぼ完食、結局スープもほぼ完飲してしまった。最後にお会計をして店をあとにする。地元にあればちょくちょく通うお店かもしれない。飲みのあとにも良さそうだ。

到着=11:32 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=あっさりした醤油、魚介のうまみ お気に入り度=7

036menu1

036menu2

036eigyo

036kanban

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

四代目ねかし 魚介とんこつ肉そば(池袋)

訪問日=11月15日(土) 晴れ

メニュー=山葵がキレる 肉そば『粋』

Nukashiiki 「麺屋ぬかじ」のあとは池袋に移動、「四代目ねかし」を訪問する。店内に入ると満席の模様、ホールの方が手のひらで店内の一角をさしてこちらでへどうぞと案内された。

でもそこに行こうとしてもブロックされる、どういうこと?実は店内からガラス越しに外の椅子を指されていた。おっとそういうことか、いやそれならお店の外でと言ってくれればいいのに。

ちょっと待って席は空いてカウンター席に着席する。今回は「肉そば『粋』」で注文、それほど待たず提供された。上には豚肉がたっぷり乗せられている。

まずはスープを頂いてみる。動物系の味わいがあるスープは、柔らかい味ながらうまみがあり食べるほどに味わいは濃くなっていく。

麺は中太で適度なコシ、というかもう少し食感強めでもいいかな。

チャーシューはちょい甘めながら肉のうまみがあり好きな味であった。結構な枚数が乗っている。味が濃いのだが、わさびも添えられており、これが肉との相性が良い。わさびとスープとはそれほどだけど。

麺はやはり後半かなり柔らかくなっている。

そして完食、最後にお会計をして店をあとにした。ちなみに隣の方は辛いメニューを召し上がっていたが、これは結構良さそうな感じであった。

到着=14:04 待ち時間=9分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=動物系味わいのうまみある醤油 お気に入り度=6

Nukashimenu1

Nukashimenu2

Nukashimenu3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

麺屋ぬかじ(渋谷)

訪問日=11月15日(土) 晴れ

メニュー=つけめん

Nukajituke

この日は最初目黒に出来たお店へ向かった。「支那そば 尋」は駅から結構歩いた場所、あれ?到着したがやってないじゃないか・・・。臨休かよ、まいったな。

諦めて駅へと戻る。目黒なら伺いたいお店もあるのだが、でも次に予定していたお店へ向かうことにした。

渋谷に到着、ちょい歩いた場所に出来た「麺屋ぬかじ」を訪問する。お店はあまり目立たない場所かもしれない。ちなみにこちらは以前上町にあった店の移転になる。

店内に入り券売機でメニューを確認、左上の「つけめん」で券を購入する。カウンター席に着席、厨房内男性2名と女性1名で営業されているようだ。それにしても店内にスープの良い香りが漂っている。よく見ると店内広くはないが、明るく綺麗でお洒落な感じであった。

ちょい待って「つけめん」提供、綺麗な麺にびびっとくる。まずはその麺から。コシのある太麺は喉越しも良くもちもちした食感、コシはあるけれど固い感じはない。とても好みの湯で加減、麺だけでかなり納得している。

つけスープは結構濃厚な感じ、麺をつけて頂いてみる。魚介の風味とうまみ、動物系の味わいを感じる濃い目の醤油スープ、ちょっととろみがあるほど濃厚で味も濃い。

ただ口に入れて味が濃いという思いが次の瞬間すっと消える。甘みや酸味もないのでくどくない、かなり好みの味であった。麺をどっぷりつけたり控えめにつけたりとその味を楽しむ。

トッピングはすべてあっさり味、チャーシューは柔らかく肉のうまみあり、非常に良い味である。穂先メンマや小松菜もあっさりして良い箸休め。

さて麺を少し残している段階でスープ割りをお願いした。割ったスープで麺を頂こうという魂胆である。でも厨房内でスープを少なくして調整してのスープ割り、再提供されたがここまでスープが薄い色になると麺を楽しむのは厳しいか?

とりあえず麺をつけて頂いたが、おっとこれでも良い味ではないか!スープのうまみで頂けてしまえる。これはらーめんも好みに違いない。

完食しスープも完飲、店をあとにした。とても満足した、またいつか必ず伺いたい。

到着=13:07 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=魚介と動物系が濃厚に効いた濃いめの醤油 お気に入り度=8

Nukajimenu1

Nukajimenu2

 

 

Hiroyasumiほんと勝手なんだから・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

広島流つけ麺 からまる(大久保)

訪問日=11月14日(金) 晴れ

メニュー=広島流つけ麺大盛り(細麺・辛さ30倍)

Karamarutuke 新大久保の「めとき」へ向かったが、臨休の札もないないな、定休日?。諦めて大久保へ移動する。

広島つけ麺のお店「広島流つけ麺 からまる」へ入り、カウンター席に着席した。席は奥にテーブルもあり。今回注文は「広島流つけ麺」でお願いしたが、もう一つの「広島流汁なし担々麺」はどんなのだろう?

ちなみにこの日はここだけにしようと思っていたので麺大盛りでお願いしている。注文すると店の方から太麺と細麺の選択を確認された。また辛さは1~100倍まで調整できるらしい。今回は細麺で、辛さは通常10倍らしいが、今回は30倍でお願いしている。

ちょい待って「広島流つけ麺大盛り(細麺・辛さ30倍)」提供、麺皿には野菜がたっぷり乗っている。まずは麺、コシのある細麺はすっきりした味で口の中にするするっと入っていく。結構好きな麺であった。

野菜など絡めず麺をそのままつけスープにつける。あっさりさっぱりした冷たいスープ、辛味はもちろん効いている。ただ30倍でもそれほどの辛さではないかも。辛さは途中で足せるらしいが、余計なことはしないほうが良いと思い今回はそのままで頂いた。

キャベツは茹でているが、でも柔らかすぎることもなく食感がしっかりしている。赤いスープにつけるとキャベツの甘みあり。白髪ネギや水菜を麺に絡めながら食べ進む。

チャーシューは噛み応えがあり、これもさっぱりした味であった。

大盛りの麺量は多くかなり食べ応えがある。後半レモンを麺に絞り掛けるとさわやかな酸味と風味が加わる。ただもう少し厚めのほうがうれしいかも。

すっかり完食、結構お腹は膨れている。最後にお会計をして店をあとにした。最近あまり広島つけ麺を食べていないが、でも食べると納得してしまう。またどこかで頂いてみたいが、その時は辛さ50倍でチャレンジしてみようかな。

到着=12:20 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=辛味のあるつけスープ お気に入り度=7

Karamaruonepoint

Karamarumenu1

Karamarumenu2

Karamarumenu3

Karamarumenu4

 

 

Metokiyasumi2「めとき」行けないなあ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

麺屋 どうげんぼうず(新中野)

訪問日=11月12日(水) 曇り

メニュー=辛そば

Dogenbouzukarasoba 「やしろうらーめん」のあとは新中野に移動、笹塚にあった「麺屋 どうげんぼうず」の移転店舗を訪問する。

店内に入り券売機でメニューを確認、左上は「辛そば」で下に「塩そば」がある。普段なら辛いメニューより「塩そば」を狙うところだが、でも以前の記憶が良かったので今回も「辛そば」で券を購入することにした。カウンター席に着席、それほど待たず「辛そば」が提供された。

まずはスープを頂いてみる。すっきりした味ながらうまみも十分なスープ、そしてもちろん真っ赤なスープは辛味もあり、ただ見た目ほどの辛味ではない。もう少し辛くても良いかな。

麺は中太で平たく、また縮れている。食感も良くスープも絡む。チャーシューがかなり良い味、食感あるが柔らかくも感じる。白髪ねぎはスープで赤くなっている。

するっと完食、スープもある程度飲んで店をあとにした。「塩そば」が気になるなあ。

到着=13:18 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太平麺 スープ=辛味のある塩スープ お気に入り度=7

Dogenbouzumenu

Dogenbouzueigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

やしろうらーめん(新高円寺)

訪問日=11月12日(水) 曇り

メニュー=やしろうらーめん(醤油)

Yashiroramen

新高円寺に出来た「やしろうらーめん」を訪問、お店は以前「鶏味噌らーめん 杉もと」のあった場所になる。

店内に入り券売機でメニューを確認、左上の「やしろうらーめん(醤油)」で券を購入した。あとは「やしろう味噌らーめん」があるようだ。

カウンター席に着席、先客は無しながら直後に後客が4名入ってこられている。ちなみに定休日は金曜日とさせて頂きますとの貼り紙あり、そうか定休日とか気にしてなかったな。

それほど待たず「やしろうらーめん」提供、まずはスープを頂いてみる。鶏と豚の白湯スープ、鶏の風味が結構あり。マイルドな味できつさはない、結構好きな味であった。

麺は中太で適度なコシ、食感良くかなり好みの湯で加減、スープも絡む。

チャーシューは炙り、香ばしいがそれは別になくてもいいかな。ただ大きいのが2枚はうれしい。メンマは風味が微妙、特に無くてもいい。あとはねぎに水菜となっている。

するすると食べ進み完食、スープもある程度飲んで店をあとにした。ちなみに他の方が「やしろう味噌らーめん」を注文されていたが、その後に鍋を振る音が聞こえてきた。そういう作り方の味噌らーめんなのか、ちょっと気になる。

到着=12:43 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=鶏のかおりとうまみある白湯醤油 お気に入り度=7

Yashiromenu1

Yashiromenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

らーめん かねかつ(川口)

訪問日=11月9日(日) 曇り

メニュー=らーめん(クラシックスタイル)

Kanekaturamencl

この日は「虎丸」だけの予定だったが、「つけめん」だったためか胃袋にかなり余裕がある。と言うわけで川口でもう一杯頂くことにした。でもそれほど重くないらーめんで、と言うわけで「かねかつ」へ向かうことに。

店内に入ると空きは1席、ただ前回と違いすぐに着席することになった。まあ5席だけど。今回は「らーめん」のクラシックで、それほど待たず提供された。

まずはスープを頂いてみる。あっさりした醤油のスープ、クラシックには香味油が入っていない。そのためか最初そばつゆの様にも感じられたが、でもちゃんとらーめんな味わいである。醤油のタレもきりっと効いてこれも好きな味であった。

麺は中太でちぢれている。もちもちぴろぴろした食感、良い湯で加減でスープもよく絡む。

豚のチャーシューは香りが良く肉のうまみを感じる。そういえば鶏チャーシューはないのか、これはクラシックだけなのか?それとも仕様が変わったのか?

メンマでなくタケノコも良い食感であった。香味油の替わりに入るねぎ、それほど香りが強いわけではないが、でも好きな感じ。

そして完食、最初連食のため完飲はしないでおこうと思っていたが、気づけばスープは残り少ない。思わず飲みきってしまう。最後にお会計をして店をあとにした。

出てから気づいたがこの日は「かぶのらーめん」という季節のらーめんのほか、「えび塩わんたんめん」という限定もあった模様、どちらも良さそうだなあ。今度訪問する際には限定を狙ってみようかな。

到着=12:36 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=中太平麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=9

Kanekatumenu1

Kanekatumenu2_2

Kanekatumenu3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

らーめん虎丸 川口店(川口)

訪問日=11月9日(日) 曇り

メニュー=つけめん(ニンニク少な目・サービス長ねぎ)

Toramarutukemen

以前一度伺っている川口の「らーめん虎丸」、再訪しないといけないと思っていた。雨が降りそうな日曜日に訪問、店内に入りまずは券売機でメニューを確認する。

最初は「らーめん」を頼もうと思っていたが、でも塩のほか二郎風のお店としては珍しい味噌もあったりする。迷った末になぜか「つけめん」を選択、カウンター席に着席した。

券を渡した時点でのトッピングコール、ニンニクを少な目でお願いしている。そういえばこの日は有料の長ねぎが無料との案内を見た。ではそれもお願いします。

ちょっと待って「つけめん」提供、麺を引っ張り出して口に入れる。コシのある極太麺はちょい平たい感じ、かなり強い食感となっている。最初固いとも思ったがスープにつけて頂くと違和感はそれほどないかも。

つけスープは動物系のうまみが強い醤油のスープ、結構甘みを感じる。油感も強め、ただ力強い麺なので問題ない。というか結構クセになる味であった。

もやしとキャベツのヤサイもたっぷりのっている。チャーシューは以前脂身がかなりきつかった。ただ今回も脂身はあるが控えめな感じ、スープにつけて温めてから食べていく。のりなんてのも2枚、結構良いかも。

多めの麺もすぐに完食して店をあとにした。今度は塩らーめんを食べにいこうかな。でも味噌も結構気になっている。

到着=11:52 待ち時間=0分 行列=0人

麺=極太平麺 スープ=動物系のコクとうまみが強い醤油、甘みあり お気に入り度=7

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

伊藤(王子神谷)

訪問日=11月8日(土) 曇り

メニュー=そば+そば

201411itosoba

早い時間に「麺 高はし」でお腹を満たした土曜日の午後、胃袋に隙が出てきた。と言うわけで久しぶりにストロングな煮干しを接種するため「伊藤」を訪問することにした。

店内に入りカウンター席に着席、今回は「そば」でお願いしている。それほど待たず「そば」提供、まずはスープを頂いてみる。

煮干しの風味とうまみがどーんと効いた醤油のスープ、でも今回案外すっきりした味かも。ただ煮干しのうまみは濃い、良い味だなあ。

麺は細目でコシがある、ちょいこりっとした食感も期待通りである。煮干しのスープにもよくあっている。

麺量はそれほどなのですぐに完食、もちろんスープも完飲してしまう。ここでしばし考える。なんだかこの「そば」を食べたのがダッシュしてしまった感覚になっておりまだ止まれない。というわけでもう一杯お願いすることにした。

201411itotuikasoba ちょっと待って「そば」もう一杯提供、今度は一味唐辛子を振りかける。辛味も加わった伊藤のそば、こちらの味にはコショウより唐辛子の方が好みであったりする。

満足感の高いお代わりそば、一杯目と同じスピードで完食してしまった。これで満足、最後にお会計をして店をあとにした。

そういえばホールの女性は随分長いな。一度いなくなったがその後復帰してずっといらっしゃる。何年か前にホールの方がちょくちょく入れ替わっていたのが懐かしい。まあ固定するのが一番だよね。

さて次はいつ「伊藤」を訪問しようか。

到着=13:31 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=にぼしの効いた醤油 お気に入り度=10

201411itoeigyo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

麺 高はし(赤羽)

訪問日=11月8日(土) 曇り

メニュー=半肉入りつけそば大盛+味玉

201411takahashi

写真撮影断り必要

先日伺うもお休みだった「麺 高はし」を訪問、この日は見事に営業されている。かなり早い時間のため店前の並びは3人、一度シャッターで伺ってみたいのだが何時頃に行けばいいのかな?今度もっと早い時間にチャレンジしてみるか。ちょっと待って店内へ、カウンター席に着席する。

もうちょい待って「半肉入りつけそば大盛+味玉」提供、まず麺を頂いてみる。コシのある太麺は食感がしっかりしており風味も良い。いつもの麺の安心感。

つけスープはいつも通り最初は混ぜずに麺をつける。魚介の風味とうまみのあるスープ、動物系のコクも感じられる。今回はほんと表面のスープで食べたためかなりあっさり、そして油感もある。

この状態で2口頂き、刻みタマネギを入れてからスープを混ぜた。下のタレも混ざりうまみもくっきり、やはり良い味だなあ。かなり多い麺もどんどんなくなっていく。

チャーシューは噛み応えありながら柔らかくも感じる。肉のうまみが口に広がる。メンマはざくざくとした食感でちょい甘みもあり。玉子はすっきりした味、スープをコーティングして口に放り込む。

するっと完食、頃合いで出た割スープを投入する。割って良い味、すっかり飲みきる。今回も満足した。最後にお会計をして店をあとに、ではまた来月お伺いします。

ちなみに11月は15日(土)と24日(月)がお休みのようだ。

到着=10:28 待ち時間=12分 行列=3人

麺=太麺 スープ=魚介動物系の効いた醤油

201411takahashiyasumi2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

餃子の王将 戸田公園五差路店(戸田公園)

訪問日=11月6日(木) 曇り

メニュー=天津麺

Osyotenshinmen

「コムギの夢」のあとはこちらもメニューをリニューアルしたという「麺屋 あがら」に向かったが、木曜休みだった・・・。まあ一杯頂いているのでもう良いかと思ったが、近くにある「餃子の王将」が目に入った、じゃあここで。

店内に入りカウンター席に着席、テーブル席が多数ある。メニューを確認、いろいろある。今回は中華料理屋さんで好きなメニュー「天津麺」でお願いした。

それほど待たずらーめん提供あっさりながらうまみを感じる醤油のスープ、わかりやすい味のスープとなっている。

麺はちょい細目で適度なコシ、それほど特徴がある感じではないが値段的にも問題なし。

そして上の玉子はふわふわした食感で、あまり具材は入っていないが、まあ値段的にも問題なし。上にはとろっとした餡が掛かっている。

すぐに完食、お会計は税込み540円である。店をあとに、餃子を頼んでもよかったな。

到着=12:48 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=うまみのある醤油 お気に入り度=7

 

 

Agaraeigyoそうか「麺屋 あがら」は木曜休みだったか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

麺笑 コムギの夢(戸田公園)

訪問日=11月6日(木) 曇り

メニュー=中華そば(醤油)中盛り

Komugiyumesoba

以前訪問した「コムギの夢」はメニューをリニューアルしているらしく、再び訪問することにした。お店に入りカウンター席に着席、確かに前とはメニューが違う。どうしよう、塩と迷ったが、でも今回は「中華そば(醤油)」でお願いすることにした。

おっと「チャーシューにぎり」なるメニューもある、これは気になるなあ、ただ連食を考えていたためここはぐっとこらえて注文は見合わせた。

お店の方に「中華そば」をお願いすると中盛りまで同額とのこと、では中盛りでお願いします(なら並盛りでチャーシューにぎりという手も・・・)。

さてそれほど待たず「中華そば(醤油)中盛り」提供、見た目オーソドックスな「中華そば」という感じである。まずはスープを頂いてみる。

魚介のうまみを感じる醤油のスープはとてもあっさりした味わい、もうちょいタレが効いていても良いけど、でもすっきりした飲み口のスープは好きな味であった。

麺は中太でコシがある。しっかりした食感、あっさりしたスープには食感がかなりしっかりしている。ただこういうらーめんは好きなタイプなのでどんどん食べ進む。

チャーシューは肉のうまみを感じる。いやこのチャーシューは良い味だなあ。ほうれん草にメンマ、ナルトにのり、ほっとする具材である。

するっと完食、スープも結構飲んでしまう。最後にお会計をして店をあとにした。塩はどんな感じかな、それとも今度はつけ麺を頼んでみようか。

到着=12:20 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=魚介のうまみあるあっさりした醤油 お気に入り度=7

Komugiyumemenu1

Komugiyumemenu2

Komugiyumemenu3

Komugiyumemenu4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

つけ麺 津気屋(川口)

訪問日=11月5日(水) 曇り

メニュー=煮干しつけ麺(中)

Tukiyanibotuke_2 かなり久しぶりに「つけ麺 津気屋」を訪問することにした。店内に入り券売機でメニューを確認、いろいろなメニューがあるが今回は「煮干しつけ麺」が気になった。最初並盛りで考えていたが、中も大盛りも同額か、思わず中盛りで券を購入している。

壁際のカウンター席に着席、テーブル席も多数あり。店員さんの明るい接客に好感を持つ。

ちょい待って「煮干しつけ麺(中)」提供、まずは麺を頂いてみる。コシのある太麺は喉越し良く風味も良い。麺量も案外多め、これで大盛りまで同額はありがたい。

つけスープはかなり粘度がある。煮干しのうまみが濃い味わい、動物系のうまみも効いている。粘度が高いのでスープはかなり絡まる。

メンマやチャーシューはスープ内、存在感としてはそれほどかも。スープの強さどんどん食べ進む。すっかり完食、スープ割りをお願いした。

それも結局完飲で店を後にする。久しぶりだが満足した、他のメニューも食べにいかなくては。

到着=19:02 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=煮干しのうまみ濃い醤油 お気に入り度=8

Tukiyamenu1

Tukiyamenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

Noodle kitchen ミライゑ(志茂)

訪問日=11月3日(月)祝日 曇り

メニュー=TOKYO醤油ラーメン

Miraieramen

「麺屋MOJA」のあとは11月1日にオープンしたばかりの「Noodle kitchen ミライゑ」を訪問する。以前のお店は近いので再訪を考えていたが、結局一度行ったきりだったなあ・・・。

さて「ミライゑ」の店内に入り券売機でメニューを確認、この日まで「TOKYO醤油ラーメン」と「濃厚SILKYつけ麺」が500円らしい。今回は「TOKYO醤油ラーメン」で券を購入した。

店内には待ち客あり、その後ろに着いてしばし待つ。後にもお客さんが結構来ているようであった。

ちょっと待ってカウンター席に着席、座って少ししたら誰の前にも料理が無い状態に、これはかなり待つかも。ただその後つけめんが6皿一挙に提供された。あれ、なぜだろう?ほとんどの方がつけ麺を注文されているようであった。

その後どんどん提供され、あれ?自分のあとにきた人のつけ麺が先に提供ってなぜだろう?結局25分ほど待って「TOKYO醤油ラーメン」提供、まあオープンしたばかりなら仕方ないか。

まずはスープを頂いてみる。あっさりした醤油のスープ、ただうまみがあり醤油の味わいも感じられる。ちょっと掴みづらい味わいかも。麺は中太でコシがある、しっかりした食感でスープもよく絡む。

チャーシューは噛み応えがあり、二枚で厚みは違うが良い食感で肉のうまみを感じる。ねぎの食感も良い。

すっかり完食、店をあとにした。こちらにはまたつけ麺を食べにこなければいけないな。近いからそのうち来るだろう、というのは前の店でも思っていたこと。さすがに忘れず伺いたい。

到着=13:36 待ち時間=7分 行列=3人

麺=中太麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=7

Miraiemenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

閉店麺屋MOJA(駒込)

訪問日=11月3日(月)祝日 曇り

メニュー=あごだし醤油らーめん

Mojaramen

駒込のらーめん店「麺屋MOJA」へ向かう。店内へ入りカウンターに着席、と思ったが気配を感じる。おっと奥の方に券売機あり、メニューを確認する。

今回は左上の「あごだし醤油らーめん」で券を購入、つけめんはまだ×マークがついている。カウンターに着席、それほど待たず「あごだし醤油らーめん」提供された。

まずはスープを頂いてみる。動物系のうまみある醤油のスープ、なるほど魚介の味わいも効いている。あまり油が浮いてるわけではないが結構油感がある、でも好きな味であった。

麺はちょい細目で適度なコシ、粉っぽさもちょい感じる。湯で加減だろうか?

チャーシューは噛み応えがあるタイプ、肉のうまみを感じるが風味はまずまずかな。刻みタマネギは最初辛味を感じたがスープで火が通り甘みも感じるようになる。スープを飲むと時折ゆずが香る。

すぐに完食、スープもかなり飲んでから店をあとにした。つけめんはいつから提供なのだろう?

到着=13:02 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=動物系と魚介のうまみある醤油 お気に入り度=7

Mojaeigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

牛炙り焼き さらい(新宿)

訪問日=11月2日(日) 曇り

メニュー=新宿まぜそば

Saraimazesoba

「田中屋」のあとは新宿に移動、焼き肉を出すお店「新宿 牛炙り焼き さらい」で「まぜそば」も提供していることを知り今回訪問することにした。

地下のお店のため階段を降りるとそこには待ち客がいた。ちょっと待ちそうな感じかも。やはり回転は良いとはいえず、後ろに来た客の2組は帰ってしまった。

先にメニュー表を渡されたので内容確認、といっても注文は「まぜそばで」で決まっている。ただほかのメニューも惹かれるものが多い。

店の方に「新宿まぜそば」をお願いするとなんと自分で「まぜそば」はラストの模様、危なかった。ただ後の来客にもまぜそば狙いの方もいた模様、申し訳ない・・・。

最初に並んだ際、ホール担当のお姉さんが予言したとおり10分ほど待ってカウンター席に着席することになった。やはり他の方が食べている丼ものなどがうまそうである。

ちょい待って「新宿まぜそば」提供、細く切られた焼き肉が乗っている。卵の黄身も上に、まずは混ぜずに麺を引っ張り出す。かなりの太麺は食感がしっかりしている。また茹で加減も絶妙で麺の風味もいい。らーめんが本業ではないのに、ちょっと驚くような麺が出てきた。

Saraiazemaze それでは混ぜてと。コクのあるタレは結構色は濃くなるがそれほどきつい味にはならない。ちょい甘みもあり良い味であった。このまぜそばかなり好みかも。

具材は焼き肉、みょうが、山芋、ねぎ、もやしと盛りだくさん。牛の焼き肉は脂が甘くて香りが良い。

山芋やねぎは太麺と濃いめのタレにあまり存在感は無いような。みょうがの風味が強烈、これはまあ好き好きかな。でもいろいろな味が絡んで良いかも、どんどん食べ進む。

途中で別添えのレモンを麺の上に絞り掛ける。レモンの風味が加わり食が進む。

Sarairice すっかり完食、丼にはタレと少し具材が残っている。そういえばライスがつくとあったよな。お願いすると案外立派な量で提供された。丼へ投入、混ぜて混ぜて。良い味だがちょっとご飯が多いか、別にタレが欲しい感じかもしれない。

すっかり完食、お会計は800円であった。今回のメニューも良かったが、ただ他の焼き肉メニューや丼がかなり気になる。

到着=13:24 待ち時間=12分 行列=2人

麺=太麺 スープ=コクのあるタレ お気に入り度=8

Saraimenu1

Saraimenu2

Saraimenu3

Saraimenu4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月11日 (火)

神楽坂 田中屋(神楽坂)

訪問日=11月2日(日) 曇り

メニュー=中華そば

Tanakayasoba

「田中商店」の関連店を訪問、ただ豚骨のお店ではない。神楽坂が最寄りながら今回は飯田橋からのアプローチ、途中の商店街では阿波踊りで盛り上がっている。徳島出身としてはテンションがあがる。

しばし阿波踊りを堪能してから「神楽坂 田中屋」へ向かう。到着すると店前には並びあり、さすがだねえ。

先に店前の券売機で券を購入、メニューを確認して「中華そば」で券を購入した。ちょい待って店内へ入りカウンター席に着席、明るく綺麗なお店である。

それほど待たず「中華そば」提供、こってりにも出来たようだが今回はそのままにしている。まずはスープ頂いてみる。

すっきりしながらうまみ十分な塩スープ、これは良い味だなあ、思わずスープを何口も飲んでしまう。こってりにしたらどういう味になるんだろう?でもこのスープにかなり納得している。

麺は中太で適度なコシ、平たい麺は喉越し良くつるつるもちもちしている。この麺もかなり好きなタイプ、つまり好みのらーめんであった。

チャーシューは2枚、1枚は柔らかいが脂身多め、もう一枚は柔らかく肉のうまみを感じる。ねぎの存在感しっかり、ざっくりした食感も良い。あとはメンマがトッピングされている。

途中で卓上に置かれた「特製唐華」という辛味を追加、こってりに合うと書いてあったがまあ大丈夫だろう。辛味もあるが香ばしさが良い。これは入れて正解の味変アイテムであった。

するするっと食べ進み完食、スープもかなり飲んでから店をあとにした。外に出てもまだ店前には並びがある。今回日曜日の訪問であったが、平日の並びはもっとすごいのだろうか?

到着=12:34 待ち時間=11分 行列=8人

麺=中太平麺 スープ=あっさりながらうまみ十分な塩 お気に入り度=8

Tanakayamenu

Tanakayaeigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月10日 (月)

蘭州(東銀座)

訪問日=10月31日(金) 曇り

メニュー=カキそば大盛り

Ransyukakisoba

気になりながら未訪であった「蘭州」にやっと足を向けた。1階もあるが確か2階がすごいんだっけ、あれ?2階は違うお店の様な・・・。和食のお店?ならばと1階のお店に狙いを変える。

店内に入ると席はすべてテーブル席、空きのテーブルに案内されたがあとで相席になっている。

壁に貼られたいろいろなメニュー、普通のラーメンでも良いかもしれないが、折角の中華料理のお店なので違うのにしようと考えた。という訳で今回は期間限定と思われる「カキそば」で、そして普通盛りの3倍という大盛りでお願いしている。

ちょっと待って「カキそば大盛り」提供、洗面器の様なステンレスの丼、でかいが食べきれないほどではないかも。確か特盛りはこの3倍、そりゃ無理だ・・・(1階でも頼めるのかな?)。でも倍倍ゲームというのは聞いたことはあるが、料理の盛りで3倍ゲームというのは恐ろしい。

まずはスープを頂いてみる。野菜の味わいを感じる塩のスープ、あっさりながらうまみ十分でとても味わい深い。ちょいとろみがあり、牡蠣の味はそれほどながらかなり好みのスープであった。

麺は中細で適度なコシ、ちょいちぢれておりスープも絡む。麺自体はそれほどすごい印象は無いが、普通に麺メニューとしてかなり好きな味、そして熱々、とろみのあるスープが口の中を焼いていく。一度白菜が口の奥に張り付き悶絶、でも食べる勢いは止まらない。

具材は白菜の他、ニンジン、豚肉、キクラゲと盛りだくさん。牡蠣はある程度だろうと思ったら食べる度に発掘される。10粒くらいはあったのではないか。

やはり後半麺はちょい柔らかくなってきた。でもお構いなしに食べ進む。汗を噴出しながら結構時間が掛かって完食した。

Ransyukara スープはどうしようか、とりあえず飲めるだけ、と思ったら良い味のため苦もなく完飲してしまった。

満足、最後にお会計して店を後にする。堪能したがさすがに特盛りは無理だろうなあ。

到着=13:17 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細ちぢれ麺 スープ=あっさりした塩、うまみ十分で具材の味わいあり お気に入り度=8

Ransyumenu1

Ransyumnu2

Ransyumnu3

 

 

Ransyuno2f

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

California Fusion(三河島・日暮里)

訪問日=10月29日(水) 曇り

メニュー=つけ麺鶏がらクラシック大盛り?+プチデザート

Californiafusiontuke

以前伺うも定休日だった「California Fusion」を再訪する。「サブロン」という洋菓子店なのだが裏口が「東池袋大勝軒」系のつけ麺を提供する「California Fusion」というお店になっている(ちなみに以前休みだったのはつけ麺の店だけで「サブロン」は営業)。

お店に到着すると今回は見事に営業中、扉を開けると小さいカウンター席があるようであった。なるほどこういう形態なんだ、もう裏口に板を置いて無理やりカウンター席を作っている感じである。というわけで席はわずか4席、そして満席、店前で待機することに。

しばらくして席が空いたので店内に入り着席した。麺メニューは「つけ麺鶏がらクラシック」しかないのでそれでお願いしている。

店の方が大型の冷蔵庫から麺を取り出し秤で重さを量っている。なら大盛りに出来るのでは?店主氏に聞いてみると特に決めてないので増やせるとのこと。通常320gなので400gでどうかとのご提案、ではそれでお願いします。

ちょっと待ってつけ麺提供、麺はてんこ盛りである。まずはその麺を頂いてみる。結構柔らかめの中太麺、ただもちもちしており喉越しも良い。そして長い、なんか楽しくなる麺であった。

つけスープはコクがあるうまみも効いた醤油のスープ、酸味・甘み・辛味が感じられる。ちょっと油も多め、イメージの大勝軒より粘度があるり濃いめの味だが好きな味であった。好きなつけ麺という印象である。

チャーシューが分厚く噛み応えがある。肉のうまみもしっかり感じる。ゆで卵半個もスープまとって良い味であった。

多めの麺はかなりの食べ応え、でもするすると食べてしまい完食した。その前に徳利で出された割スープで割ってスープも完飲、かなり満足した。

ただ食べ終わったのだがプチデザート200円というのがどうしても気になってしまった。後客は2名いたがそのあとはまだだったので1席の空き、というわけでこれならお店的にも大丈夫だろうと思いプチデザートを追加でお願いした。

Californiafusiondessert ちょっと待ってデザート提供、この日はチョコレートケーキにイチゴとクリームチーズのムース添え、200円なら十分以上の味わいではないか。さて折角のデザートながら残念ながら甘いものを味わって食べられない男、速攻で完食してしまう。

最後の締めも頂きお会計は900円と、あれ?大盛りは?店主氏から「自家製麺なので大丈夫です」と謎の言葉を頂きサービスと判る。

かなり満足して店をあとにした。たぶん今度伺っても大盛りでお願いするだろう。

到着=12:03 待ち時間=9分 行列=0人(満席)

麺=中太麺 スープ=酸味甘み辛味のある醤油、油多め お気に入り度=8

Californiafusioneigyo2

Californiafusionyasumi

Californiafusionmenu

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

つけめん さなだ(三郷・新三郷)

訪問日=10月26日(日) 曇り

メニュー=味玉つけめん大盛り

Sanadatuke

「六厘舎」にいらした方が三郷にお店を出店したとのこと、お店は最寄りの「三郷」駅からも結構歩く場所になる。「つけめん さなだ」に到着すると店内満席のため店前でしばし待つことになった。

先にメニューを渡されたので内容を確認、やはり初訪問となるとここは「つけめん」を選びたい。またこの日は連食予定が無かったので大盛りにしようと心に決めた。

と言うわけでその後注文確認の店の方には「つけめん」の大盛り、ついでに味玉付きにお願いしている。ということは「味玉つけめん」の大盛りということか、なるほど。

さてそれほど待たず店内へ入り、厨房入り口付近のカウンター席に着席した。テーブル席も多数ある。

Sanadaname_2 壁には祝花の付けられていたものだろう各店の店名と名前の書かれた紙が貼られている。「六厘舎」や「中華そばとみ田」、「不如帰」など多数あり、そんな中一際目立つ「おっぱいラーメン リーダー貴子」の文字、お子さんが「おっぱいラーメンってなにー!」と叫んでいた(ちなみに「ラーメンBAR」は学芸大学に移転)。

ちょっと待ってまず麺が、もう少し待ってつけスープが提供された。まずは麺を頂いてみる。コシのあるかなり太めの麺、とても風味が良い。食感のある麺ながら固い印象はなく好みの麺であった。

つけスープは動物系のコクとうまみ、魚介の風味と味わいが効いた醤油のスープ、スープ自体はさらっとしているがしっかりしたうまみが感じられる。麺と頂くとかなり好み、期待以上のつけ麺であった。

そして麺はスープにつけて頂くとつるつるとした食感で舌触りが気持ち良い、おっと麺はさらに好みになった。提供はちょっと待ったがこの麺になる茹で時間ならいくらでも待つ。大盛りは結構多めの麺量ながら普通盛りにしなかった数分前の自分を誉めてあげたい。

スープ内のチャーシューは、噛み応えはあるけれどこれは普通な印象かも。メンマは食感良くくさみもなし。味玉は白身の食感も良く、黄身も適度に半熟で良い味であった。

どんどん無くなる麺、これなら特盛りでも良かったか、数分前の自分と相談したい。

Sanadawarisoup_2 残念ながら完食、スープ割りをお願いする。ゆずと鰹節の選択、鰹節でお願いした。横の方は目の前に削り機を置かれて鰹節を削っていたが、右が壁だったためか器を持っていかれ、カウンターでスープ割りされたものが再提供された。これも良い味、下に行くほど味わいが濃くなる。

すっかり完飲、最後にお会計をして店をあとにした。満足した、こちらのお店にはまたいつか伺いたい。

到着=12:15 待ち時間=5分 行列=0人(満席)

麺=太麺 スープ=動物系と魚介のうまみある醤油 お気に入り度=8

Sanadamenu

Sanadaeigyo

Sanadanarabi

Sanadapark

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

麺屋はやしまる(高円寺)

訪問日=10月24日(金) 晴れ

メニュー=つけめん(塩)1.5玉

Hayashimarushiotuke

「麺屋 皇鶏」のあと「中華そば JAC」と迷いながら今回は「麺屋はやしまる」へ向かうことにした。そういえば先日「Rahmen Yahman」へ伺った際、なんか「はやしまる」を思いだし再訪したいと思っていた。

お店到着、店内に入りカウンター席に着席する。メニューを見て今回は「つけめん」の塩を1.5玉で、代金は先払い800円である。店の方にちょっとびっくりしたような顔をされたがなんだろう?

大盛りにしなかったからかな?大盛りまで同額だしね。それともわんたんをつけなかったからだろうか?80円差だし。まあなぜわんたんをつけなかったかといえば、つけめん塩で頭が一杯になり忘れただけなんだけど。

さてちょい待ってつけめん提供、まずは麺を頂いてみる。いやこれは良いわ!もっちりした食感、柔らかも感じながら、でもしっかりしたコシを感じる。風味も良く麺を噛むの楽しくなる。絶妙な湯で加減であった。

つけスープは塩ながら魚介と動物系のコクとうまみをしっかり感じる。結構塩辛いが麺と頂くと丁度良い、期待していたがかなりレベルの高いつけめんである。

スープ内にはチャーシューが入っている。強い噛み応え、肉のうまみも素晴らしく香りも良い。メンマもくさみ無く良い食感であった。

連食なので麺は1.5玉にしたが、2玉にするべきだったと後悔している。

すぐに完食、割スープを依頼した。以前は別の器で提供されていたが、今回は店の方がスープの器に直接入れて頂いている。変わったのかな?

その割スープはちょい濃いめながらやはりこれも良い味であった。スープを飲むとさすがに満腹、ほぼ完飲というところで店をあとにした。

満足した、今度こそわんたん付き麺2玉で注文しよう(いやらーめんという手もあるな)。

到着=12:56 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=魚介のうまみある塩 お気に入り度=9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

麺屋 皇鶏(高円寺)

訪問日=10月24日(金) 晴れ

メニュー=濃厚鶏白湯そば(塩)

Koukeitoripaitan

高円寺へ向かい鶏白湯のお店「麺屋 皇鶏」を訪問する。店内に入り券売機でメニューを確認、左上の「濃厚鶏白湯そば」は塩ベースらしい。

ほかに「濃厚醤油鶏そば」に「濃厚辛味噌鶏そば」、「比内地鶏の白湯そば」はあっさり塩味のようだ。今回は「濃厚鶏白湯そば(塩)」で券を購入、カウンター席に着席する。席はほかに2名掛けテーブル席も二卓あり。

それほど待たず「濃厚鶏白湯そば(塩)」提供、まずはスープを頂いてみる。鶏のうまみがぎゅっと詰まった白湯スープ、コクがあり粘度を感じるほどの濃度、ただ特にクドいとは感じない。好みのスープであった。

麺はちょい細目でコシがあるタイプ、しっかりした食感でスープもよく絡む。

鶏チャーシューというか鶏肉、ジューシーながら噛み応えも十分、鶏のうまみがあり炙っているので香ばしい。穂先メンマもやわらかくくさみもなし。刻みタマネギは結構な存在感がある。もう少し少なくてもいいかな。

するすると食べ進み完食、満足して店をあとにした。それにしても鶏白湯のお店が増えたものだ。

到着=12:29 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=鶏のうまみ詰まった白湯スープ お気に入り度=8

Koukeimenu

Koukeiopenannai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 5日 (水)

UNDERGROUND RAMEN(さいたま新都心)

訪問日=10月19日(月) 晴れ

メニュー=つけめん(濃厚)

Ugrtuke

「尾道らーめん岡本屋」のあとは2階へ移動、大宮から移転した「UNDERGROUND RAMEN」を訪問する。店内券売機でメニューを確認、今回は「つけめん」の濃厚で券を買うことにした。

カウンター席に着席、テーブル席も多数あり。ちょっと待って「つけめん(濃厚)」が提供された。

おお!麺がぴかぴか光って綺麗だね。まずはその麺を頂いてみる。コシのある太麺は角を感じる舌触り、ただつるつるしておりもちもち感もある。風味もよくかなり好みの麺であった。

つけスープは動物系と魚介のうまみが濃厚に効いた醤油のスープ、結構な粘度を感じるとろみがある。どっぷりつけると味が濃いので麺を浸ける量を調整する。でも調整して頂くとこれがかなり好みの味、特に酸味もなくしつこさも感じない。

スープ内のチャーシューは噛み応えがある。やはり粘度のあるスープが絡みまくる。あとはメンマとねぎのトッピングであった。

多めの麺もどんどん食べてしまい完食、スープ割りもお願いする。まだ濃いめながらもうお腹が一杯、もう少し割ってもらっても良かったがある程度飲んで店をあとにすることにした。満足した、久しぶりに「頑者」にもいってみたくなった。

到着=13:22 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系と魚介のうまみが濃厚に効いた醤油 お気に入り度=8

Ugrmenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

尾道らーめん岡本屋(さいたま新都心:コクーンフードコート)

訪問日=10月23日(木) 小雨

メニュー=醤油らーめん

Okamotoyaramen

さいたま新都心駅を降りて新店へ向かう。「コクーン新都心」にあるお店なのだが、まずは場所を確認するため案内を見た。するとフードコートにらーめん店があるではないか。という訳で先に一杯頂こうかな、と考えた。

「尾道らーめん岡本屋」のカウンターでメニューを確認、今回は「醤油らーめん」でお願いしている。

代金630円と思っていたら「+税」と書かれており680円であった、最近判りづらくなってきたなあ。呼び出しベルを受け取り近くのテーブル席で待機、少ししてらーめんが提供された。

まずはスープを頂いてみる。魚介の風味とうまみある醤油のスープ、背脂も少し浮いている。うまみのあるスープ、尾道ラーメンってこんなんだっけ?といっても尾道ラーメン自体そんなに食べてないな。

麺は中太で平たいタイプ、結構ぼそっとした感じ、もう少しゆでてもらった方がうれしいかも。チャーシューは噛み応えがある。メンマは太いが風味はちょい微妙かも。

すぐに完食、器を返却口に返して、さて次のお店に向かおう。

到着=13:09 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太平麺 スープ=魚介の風味がありうまみの効いた醤油 お気に入り度=6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

東京とんこつ ましこ亭 竹ノ塚店(竹の塚)

訪問日=10月19日(月) 晴れ

メニュー=極らーめん(塩)

Mashikoteiadashishio 最初に伺った「らぁめん 雅知」からも近い場所に出来た「東京とんこつ ましこ亭」の新店「東京とんこつ ましこ亭 竹ノ塚店」を訪問する。場所は以前「鶏そば 神樂」が会ったところ、「鶏そば 神樂」は結構良かったんだけど。

さてまずは店前の券売機でメニューを確認、以前「東京とんこつ ましこ亭」で「極らーめん(正油)」を頂いていたのでそれ以外のメニューにしようと考える。つけ麺も気になるな、でも濃厚の文字で回避してしまい、今回は「極らーめん(塩)」で券を買うことにした。

店内に入りカウンター席に着く、席はテーブルもあり。ちょっと待って「極らーめん(塩)」が提供された。

背脂の浮いたスープは動物系のうまみがある塩のスープ、塩ながらうまみは濃く、フライドガーリックの風味も結構ある。

麺は中太でコシがあるタイプ、食感良く好みの湯で具合の麺はスープも絡む。チャーシューは肉の部分は噛み応えがあるのだが、結構脂身あり、あまりうれしくはない。白髪ネギがスープにあっている。

するっと完食、店をあとにした。

到着=13:17 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=動物系のうまみある塩、背脂あり お気に入り度=7

Mashikoteiadashimenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高はし(赤羽)の11月休み情報

201411takahashiyasumi

さっき行ったら休みだった・・・。11月は休み多めだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

東京ラーメンショー2014第二幕その2(駒沢大学:駒沢オリンピック公園)

期間限定イベントのため先出し(第二幕は11月3日まで)

訪問日=11月1日(土) 雨

渡り蟹の白湯そば 「中華蕎麦 とみ田 × 麺屋 一燈

Trs201425 三軒舗目「中華蕎麦 とみ田」「麺屋 一燈」のコラボ店、渡り蟹の白湯スープというのにかなり興味があった。こちらもそこそこの並び、それほど待たず「渡り蟹の白湯そば」を受け取りテントへ向かう。

まずはスープを頂いてみる。なるほど蟹がいる!動物系のうまみあるスープながらしっかり蟹の風味と味わいを感じる白湯スープ、色は濃いけどしつこさは感じない。いやあ良い味だなあ、これ普通のお店で頼めたらうれしいかも。

麺は中太で適度なコシ、席を探している間にちょい伸びたか、でももちもち感がありスープも絡む。

チャーシューはでかいのが1枚、噛み応えあり。ねぎがたっぷり、メンマもくさみ無く良い食感であった。

すぐに完食してしまう。3杯食べて結構お腹が膨れてしまった。最後にかき氷を食べてこの日はここまでとすることにした。一応チケットは使い切ったが、もう一度いくべきか。

到着=12:59 待ち時間=6分 行列=12人

麺=中太麺 スープ=動物系と蟹のうまみある白湯スープ

Trs201426

Trs201427

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

東京ラーメンショー2014第二幕(駒沢大学:駒沢オリンピック公園)

期間限定イベントのため先出し(第二幕は11月3日まで)

訪問日=11月1日(土) 雨

鶏塩そば 高田馬場ラーメン組合②(麺屋 宗 × らぁ麺 やまぐち)

Trs201421

「東京ラーメンショー」第二幕は10月30日(木)から11月3日(月・祝)まで、今回土曜日に伺ったがあいにくの土砂降りであった。まあ気温的には温度が下がって良いかもしれない。

会場に到着したが客入りはそこそこ、翌日曜は曇時々晴の予報なのでもうちょっと来客があるだろう。というか日曜日に行けばよかった。

さて最初に向かったのは「高田馬場ラーメン組合②」、「麺屋 宗」「らぁ麺 やまぐち」のコラボ店はブース列の端になる。並びは6名なのですぐに受け取りテントに向かう。

やや!座る場所がない。普段ならテントの外で食べる人も多いのだが、雨なのでそりゃこうなるわな。結構時間が掛かって座る場所を見つけた。

まずはスープを頂いてみる。ああ良い味だねえ、塩ながらスープのうまみの濃い味わい、鶏と魚介のうまみが感じられる。スープだけでもそのまま飲みきりたいほどの味であった。

麺は細目で適度なコシ、時間が経ってちょっと伸びた感じもあるが、でも優しい食感でスープにあっている。出来れば出来立てを食べたかったけど。

チャーシューが絶品、噛み応えがあり肉のうまみ濃厚、風味が良い。穂先メンマも柔らかく良い食感であった。

すっかり完食、さて次はどこへ向かおうか。

到着=12:07 待ち時間=2分 行列=6人

麺=細麺 スープ=あっさりながら味わい濃い塩

Trs201422

 

 極太なにわ中華そば めっちゃ好きやねんズ」

Trs201423

二軒目は大阪から出店の極太麺のお店、そこそこ待ち客がいる。並んでいると何かを焼いている良いにおい、どこのかな?

やはり極太のためかちょい待つ感じ、ただし10分程度で受け取っている。雨のためラップを掛けてもらえるのがありがたい。テントへ向かい、さて頂こう。

真っ黒なスープ、見た目通り濃い味の醤油味ながら、ただきつい感じの味でなくちょい甘みもあり。動物系のコクもしっかり味わえるスープ、好きな味であった。

麺は期待通りの太さ、コシがあり食感もしっかりしている。結構つるつるした舌触り、もっちりした食感もある。濃い味のスープにも負けてない。

チャーシューは鶏と豚の二種、鶏肉は噛み応えあり、鶏のうまみとスープが混ざる。良い味だなあ。豚も噛み応えがあり、こちらも肉のうまみをしっかり感じる。

ぶっとい青ねぎはざくざくと良い食感、スープにあっている。太いメンマはくさみも無い。

すっかり完食、スープは後を引くので結構飲んでしまった。チケットはあと1枚、さて次はどこへ行こうか。

(続きます)

到着=12:29 待ち時間=11分 行列=12人

麺=太麺 スープ=濃い味の醤油

Trs201424

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »