« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月31日 (金)

らぁめん 雅知(竹の塚)

訪問日=10月19日(月) 晴れ

メニュー=あっさり鶏そば

Gachiramen 晴天の日曜日、竹の塚へらーめんを頂きに向かう。到着したのは「らぁめん 雅知」というお店、店内に入り券売機でメニューを確認する。

左上は「汁なし煮込みそば」、次に「こってり豚そば」、そして「あっさり鶏そば」と並んでいる。「汁なし煮込みそば」が気になったが今回は「あっさり鶏そば」で券を購入した。

変わった形状のカウンター席、厨房前に普通のカウンター席がありそれと別に入り口近くに牛丼屋の様な中を通れるカウンター席がある。

さてそれほど待たず「あっさり鶏そば」提供、まずはスープを頂いてみる。とてもあっさりした醤油のスープ、すっきりした味わいでうまみは強くない。独特な香ばしさがあるのだが、ちょっと焦げているような感じにも思える、これはなんだろう?ただそれほど気にする感じでもないか。

麺は中太でコシがある。食感しっかり、好みの麺だがスープの絡みはまずまずかも。スープ自体にはあっているようにも感じる。

鶏チャーシューというかチキンロール、鶏のうまみがありジューシーな食感であった。メンマではなく細切りのタケノコも良い食感、ねぎの歯ごたえも良かった。

あっと言う間に完食、スープもそこそこ飲んで店をあとにした。実は他のお客さんには「汁なし煮込みそば」が人気のようであった。普通のまぜそばでは無い感じ、ちょっと面白そう。

到着=12:45 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりした醤油、香ばしさあり お気に入り度=7

Gachimenu

Gachisetumei1

Gachisetumei2

Gachisetumei3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月30日 (木)

勝浦ビーチスタイル(アクアシティお台場内ラーメン国技館:台場海浜公園)

訪問日=10月18日(土) 晴れ

メニュー=勝浦タンタンメン

Katsuuratantan 「パスタリアン」のあと建物を替えてもう一杯、かなり久しぶりにアクアシティお台場内にある「ラーメン国技館」へ向かう。大きい部屋にラーメン店が配置されたフードコートのような形式、前は違ったような気がするが変わったのか?

今回は勝浦タンタンメンのお店「勝浦ビーチスタイル」に狙いをつけた。店前のカウンターで注文、当然というべきか「勝浦タンタンメン」でお願いしている。呼び出しベルを渡されたのでテーブル席にてしばし待つ。ちょい待って呼び出し、「勝浦タンタンメン」を受け取りテーブル席に再度戻る。

まずはスープを頂いてみる。ベースのスープは魚介のうまみあるあっさりした醤油のスープでちょっと甘みも感じる。そしてもちろんラー油の香りと辛味が効いている。なんだかそのかおりが強い。

麺は中細でコシがある、喉越しが良くかなり好みのタイプであった。ちょっとこの麺は想像以上かも。

チャーシューやメンマはなく、タマネギのたっぷりはいったラー油に挽き肉が混ざっている。このラー油はインパクトがある。

そういえば以前「東京ラーメンショー」で「勝浦タンタンメン」を頼んだ際、「激辛」で注文したのだが辛いというより油がきつくってあんまりな印象だった。でも今回はそんなことなく結構好みの味であった。次に「勝浦タンタンメン」を頼む機会があってもあまり辛くしないようにしよう。

すっかり完食、スープもある程度飲んで「ラーメン国技館」をあとにした。さすがに3杯目、この日はこれでお終いである。

到着=12:32 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=甘みのある醤油にラー油たっぷり お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月29日 (水)

パスタリアン ダイバーシティ東京プラザ店(PASTALIAN:台場・青梅)

訪問日=10月18日(土) 晴れ

メニュー=カルボナーラ風つけめん

Pastaliankarubotuke 「田中商店」のあとにもう一軒、今度はイタリアンつけ麺の専門店「パスタリアン ダイバーシティ東京プラザ店」へ伺うことにした。

店前のカウンターでメニューを確認、最初は「つけナポリタン」にしようと思っていたが、でもいろいろメニューがあり迷ってしまう。

結局今回は「カルボナーラ風つけ麺」で注文することにした。実はまだ支払いをしている最中につけ麺は提供されている、いやはや早いな。

テーブル席に移動、つけ麺は真っ白なつけスープ、そして半熟玉子がトッピングされた太麺に粉チーズがたっぷり掛かっている。まずは麺を頂いてみることに。

提供時間的にも茹でおきの麺だろうがかなり食感が強く、角が立っている感じもある麺となっている。ただそれほど特徴がある感じではないかも。

つけスープはホワイトシチューのような味わい、黒こしょうの刺激もある。ただこれではカルボナーラ風ではないような?

半熟玉子を絡めた麺をつけて頂くと、確かにカルボナーラっぽくはなるかな。劇的な変化ではないが結構好きな味であった。スープ内にはベーコンやタマネギもはいっている。

するっと頂き完食、麺がなくなるころにはスープもかなり減っている。最後に器を返却口に返してフードコートをあとにした。ああいったつけ麺も結構面白いかもしれない。ミートソースも結構気になる。

到着=11:39 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=ホワイトシチューの様なスープ お気に入り度=7

Pastalianmenu1

Pastalianmenu2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月28日 (火)

博多長浜らーめん 田中商店 ダイバーシティ東京プラザ店(台場・青梅)

訪問日=10月18日(土) 晴れ

メニュー=らーめん

Tanakasyotenramen

この日は朝からお台場にいたので「ダイバーシティ東京プラザ」のフードコートでらーめんを頂くことにした。最初に向かったのは「田中商店 ダイバーシティ東京プラザ店」、「田中商店」がフードコートにあるのは驚いた(オープンは結構前)。

店のカウンターで「ラーメン」を注文、麺の固さはふつうでお願いしている。普通こういうところなら番号札や呼び出しベルを渡されるものだがそういったことはない。どうもすぐ出来るらしくレジのすぐ横に移動した。

え!もう出来たの!1・2分での提供、さすが「田中商店」である。セルフでトッピングの紅ショウガと辛子高菜を申し訳程度に追加してテーブル席に移動した。

まずはスープを頂いてみる。なんとこれがフードコートのラーメンか!豚骨の風味と味わいが存分に効いたスープ、うまみも十分でかなり好みの味、予想以上の味わいであった。

さすが提供時間が早いだけに麺は極細、でもしっかり食感がありスープもよく絡む。そして最後まで伸びてしまう感じもない。このらーめんは良い。

ねぎはたっぷり、麺に絡めながら食べ進む。キクラゲも独特な食感であった。チャーシューは噛み応えがあり、肉のうまみをしっかりと感じる。

途中で辛子高菜も頂いたがさすがに辛く結構なパンチあり。この辛子高菜でスープの雰囲気も変わる。

すぐに完食、替玉を頼んでみたいかも。ただ連食を考えていたのでやめておくことにした。でもスープは結構飲んでしまっている。

ちなみにメモを取るためしばらくそのままにしていたら、スープに膜が出来ていた。フードコートのラーメンを嘗めてはいけない。

到着=11:17 待ち時間=0分 行列=0人

麺=極細麺 スープ=うまみ十分な豚骨スープ お気に入り度=8

Tanakasyotenmenu

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月27日 (月)

豚骨ラーメン 豚野郎 護国寺店(九段下・飯田橋)

訪問日=10月17日(金) 晴れ

メニュー=塩豚骨

Butayaroshiotonkotu

「麺’s きた森」のあとは護国寺に移動、以前伺った「麺’s BAR」のあとに出来た「豚骨ラーメン 豚野郎 護国寺店」を訪問する。ただ「麺’s BAR」も「豚野郎」のスープを使っていたので関連があるのかな?

ちなみに最近豚骨らーめんはあまり食べに行かなくなっているが、でも中野店が好みの味だったのでこちらもチェックしていた。

店内に入り券売機でメニューを確認、上はセットメニューのボタンになっている。単品はどこだ?セットメニューの下だった。今回は中野店で気になった「塩豚骨」で券を購入、その後カウンター席に着席する。BGMは「浜田省吾」、普通のではなくライブの音、高まる!

そして「塩豚骨」が提供された。まずはスープを頂いてみる。予想通り濃いい豚骨スープ、かなり強力な味だが、でもそれほどしつこい感じではない。味わいの濃い豚骨スープなのでそれほど塩というイメージではないが、ただかなり好きな味であった。

麺はやはり細く噛み応えのあるタイプ、スープがよく絡む。このスープと麺でかなり満足感が高い。

チャーシューは噛み応えがあり肉のうまみを感じる。あとはねぎと刻みのり、ゴマも掛かっている。メンマは細目で食感が良い。

するすると食べ進み完食、替玉はどうしようか?迷ったがさすがに連食なのでやめておくことにした。ただしスープは飲んでしまう。そしてBGMは「MONEY」に、さらに高まる!スープを飲みながら聴いてしまう。結構飲んでから店をあとにした。

「和豚骨」はどんな感じかな、ほかのメニューも結構気になる。

到着=13:17 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=かなり濃厚な豚骨スープ お気に入り度=8

Butayaromenu1

Butayaromenu2

Butayarokaedama

Butayarokodawari

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月26日 (日)

東京ラーメンショー2014第一幕その2(駒沢大学:駒沢オリンピック公園)

期間限定イベントのため先出し(第一幕は10月29日まで)

訪問日=10月25日(土) 晴れ

なにわの金の塩 彩色ラーメン きんせい」

Trs2014kinseishio

自分で並んだもう一杯は「彩色ラーメン きんせい」の塩ラーメン、こちらもかなりの並びとなっている。やはり昼も過ぎて各ブースの並びも増えているようだ。

イベントステージではアイドルのライブが始まっている。残念ながら並んでいるので盛り上がっているのかどうかはよく判らなかった。それにしても良い天気だな、ちょっと暑くなり過ぎかな。

回転はまずまずといったところで30分ほど待って「なにわの金の塩」を受け取ることになった。テントに戻り、さて頂こうか。

まずはスープ、塩味結構つよめのスープは鶏のうまみを感じる。塩味は強いがこれくらい効いても好みを感じるスープ、むしろその塩の加減が結構良い。

あれ?シソの風味があるな?でもトッピングには見当たらない。あとで冊子を見たら「紫蘇油」を使用しているとのこと、それどこかで売っているなら欲しいかも。

麺は細目でコシがあるタイプ、スープにあっている。白髪ネギが強い存在感、チャーシューも肉のうまみを感じる。かなり納得の一杯であった。

その後も皆さんといろいろ話しながら15時くらいまで会場で過ごす。さてそろそろ帰ろうか。

会場を出るときにスイートポテトをひとつ購入してその場で頂く。甘さ抑え目で中が柔らかく締めのおやつに丁度良い。

さて「東京ラーメンショー2014」の第二幕は10/30(木)からか、また行かなければ。

到着=12:59 待ち時間=26分 行列=69人

麺=中細麺 スープ=鶏のうまみある塩味濃いスープ

Trs2014kinsei

Trs2014poteto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月25日 (土)

東京ラーメンショー2014第一幕(駒沢大学:駒沢オリンピック公園)

期間限定イベントのため先出し(第一幕は10月29日まで)

訪問日=10月25日(土) 晴れ

日本初の醤油ラーメン 来々軒

Trs2014rairaikenramen

今年も開催の「東京ラーメンショー」、土曜日のこの日はちょい雲があるくらいの良い天気であった。

会場に着きテントに陣取るお知り合いの皆さんにご挨拶、もう大分お召し上がりになっている。もう手を付けられていたが最初に「日本のラーメンを変える若手っぽい会」の「塩肉煮干らーめん(このらーめんは10/25まで)」を味見させてもらう。魚介のかおりとうまみが効いた塩のスープはかなり好きな味であった。

さてそろそろ並ぼうか、最初に向かったのは「来来軒」のブース、日本初のラーメンを再現と看板に書かれている。店の並びは10名ほど、まあまだ早いしね。すぐにラーメンを受け取りテントに戻る。

まずはスープから、あっさりながらうまみも十分な醤油のスープ、空腹で頂いたためかやたらと良い味であった。

麺は細くコシがありスープも絡む。好きなラーメンであった。チャーシューは噛み応えがあるタイプとなっている。オーソドックスながら好みの一杯、ただこのラーメンは同席の方達のなかでは評価が半々と言う感じかも。

他の方のらーめんも味見させて頂いている。「博多豚骨ラーメン」は豚骨のかおりがありうまみもしっかりしている。結構後に食べたので麺はもう柔らかかったが、このらーめんも好きなタイプであった。

「徳島ラーメン」はスープのみ、豚骨醤油の味わいで味わいがすごい感じではなく、案外すっきりしている。まあ徳島出身の自分としては「いのたに」とか「三八」が好きな味なんだけど。

到着=10:50 待ち時間=7分 行列=10人

麺=中細麺 スープ=あっさりした醤油

Trs2014rairaiken

 

 福島鶏白湯 福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊」

Trs2014fukushimapaitan

自分で並んだ2軒目は「福島鶏白湯」、写真の見た目が非常に良かったので気になっていた。ブースに向かうとかなりの待ち客がいる。ただ回転は早く13分ほどで受け取りテントに向かう。

あれ?テーブルに置いてラーメンを見たら案内の写真と結構違うな。もっと黄色いスープかと思ったんだけど、ほんと鶏白湯と言う感じだな。

まずはそのスープを頂いてみる。鶏のうまみあるあっさりした塩白湯スープ、ちょっと予想とは違ったかも。でもあっさりしてくせもないスープは飲みやすい。

麺は細目で適度なコシ、麺を頂いてもあっさりした味わいな印象であった。写真の見た目でもっと鶏の味わいがすごいのかと思ったがとてもすっきりしたスープとなっている。

チャーシューは噛み応えがあるタイプ、ねぎがたっぷり乗っている。すぐに完食してしまった。

そのほかいろいろ頂いている。「船橋ソースラーメン<」は個性的な味、ソースの味とかおりが特徴的なスープであった。皆でシェアすれば楽しめるらーめんかも。うわ!なんかホタテと牡蠣がすごいんだけど、こんなのも売っているのか。そういえば第一幕は味噌ラーメンが多いな。

(続きます)

到着=12:04 待ち時間=13分 行列=60人

麺=中細麺 スープ=あっさりした鶏塩白湯

Trs2014fukushima

 

Trs20144

Trs20146

Trs20143

Trs20142

  Trs20145

 

Trs20147

Trs20148

Trs20149

Trs201410

Trs201411

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月24日 (金)

麺’s きた森(九段下・飯田橋)

訪問日=10月17日(金) 晴れ

メニュー=醤油ラーメン あっさり煮干

Kitamoriramen

飯田橋から新店を目指す。「麺’s きた森」を訪問、駅は九段下でも同じくらいかな。

店内に入り券売機でメニューを確認、左上は「味玉醤油ラーメン」だが今回は普通の「醤油ラーメン」で券を購入した。値段は650円、最近出来たお店にしては結構安いのではなかろうか。

カウンター席に着席、お冷やはセルフとなっている。そういえば近くの方がつけ麺を召し上がっていたが、中太タイプの麺でスープもかなり良さそう、結構気になってしまった。ちなみに席は自分で空き一席、その後も来客があり待ち客の並びも出来ていた。

ちょっと待って「醤油ラーメン」提供、見た目からして美しい。まずはスープを頂いてみる。

魚介の風味とうまみが効いた醤油のスープ、確かにあっさりだがスープのうまみは十分な味わいとなっている。煮干し感が強いわけではないがかなり好みのスープ、思わずレンゲでスープを何口も飲んでしまう。このスープは良いねえ。

麺はちょい細目でコシがある、風味も良くスープもよく絡む。つまりかなり好みのラーメン、これは伺って良かった。

チャーシューは柔らかくほろりと崩れる感じ。メンマもくさみなく良い食感であった。麺にねぎを絡めるとその風味でまた別の顔を見せる。魚粉を溶かして風味増し。のりもスープにとけず、またのりの風味も良い。これで650円か、安すぎるくらいだな。

すぐに完食、最初の一口目で決めていたのでスープも完飲している。店をあとにしたが、次に伺った際は今回の醤油らーめんか、それとも気になったつけ麺か、かなり迷いそうだ。

到着=12:36 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=中細麺 スープ=魚介のうまみが効いたあっさり醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月23日 (木)

チャルメラ太郎(蕨:遠い)

訪問日=10月13日(月)祝日 曇り

メニュー=醤油ラーメン

Cyarumeraramen

「DHAらーめん KUROMAGURO」のあと蕨方面に移動、以前コメントを頂いて気になった「チャルメラ太郎」を訪問する。店の扉をくぐり奥のテーブル席に着席、席はテーブルのみとなっている。

メニューを見ると醤油ラーメンが450円、安い!でもこれは10月1日に値上がりしての金額、その前は350円だったらしい。案内に「350円は限界です」という魂の叫びが書かれている。

今回はその「醤油ラーメン」で注文、ちょい待って提供された。まずはスープを頂いてみる。あっさりした醤油のスープ、ただ香りが良くうまみも十分でちょい甘みも感じる。450円となれば驚くほどの味わいではないだろうか。

麺は細目で適度なコシ、食感は強くないがスープはよく絡む。案外麺量もしっかりある。

チャーシューは噛み応えがあり、ちょい濃いめながら味も良い。わかめはやはり海藻のかおりが強め、これは無しでもいいかも。あとはメンマにねぎとなっている。

するっと完食、スープもほぼ完飲してしまう。最後にお会計をして店をあとにした。あとで後悔したが餃子をつけても良かった。ちなみにお店は並びがでるほどでは無いが来客多数、地元で人気のお店という感じであった。

到着=13:00 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=あっさりした醤油のスープ お気に入り度=7

Cyarumeraneage

Cyarumeramenu

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月22日 (水)

DHAらーめん KUROMAGURO(江古田)

訪問日=10月13日(月)祝日 曇り

メニュー=DHAらーめん+サービスライス

Kuromaguroramen

先日伺うも定休日だった「DHAらーめん KUROMAGURO」を再訪する。店内に入りカウンター席に着席、メニューを見て今回は「DHAらーめん」でお願いすることにした。店の方から大盛りかライスがサービスとの案内あり、迷ったが今回はライスでお願いしている。

それほど待たずらーめん提供、まずはスープを頂いてみる。クロマグロのオイルを使用しているとの表記があったが、警戒していた魚くささは特にない。ただ魚介の風味とうまみはしっかり感じる醤油のスープ、油感はあるがきつい感じではなかった。これは好きな味である。

中太の麺は風味は良いけどちょっとぼそっとした食感、もう少し茹でてもらった方が好みかも。これは狙った湯で加減だろうか?

チャーシューは二種、豚はかなり良い味で香りが良い。鶏はさっくりしておりぱさつきを感じない。メンマは太めながら細かく切られている。小松菜の食感も良かった。

Kuromagurorice そして完食、ここでライスにスープを多め入れてと、このスープはライスにあう。さらさらーと口に流し込んで完食した。結局丼のスープも完飲してしまっている。

おっと危ないそのまま店を後にするところだった。お会計お会計、ちゃんとお支払いをして店をあとにする。オイルラーメンというのは油そばかな?普段油そばはあまり狙わないが、こちらの店はちょっと気になるかも。

到着=11:53 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=魚介のうまみ濃い醤油のスープ お気に入り度=7

Kuromagurosetumei

Kuromaguroeigyo2

Kuromaguromenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

麺屋 藤しろ 三軒茶屋店(三軒茶屋)

訪問日=10月12日(日) 曇り

メニュー=つけ麺中盛り

Fujishirotuke

「らあめん 小池」のあとは三軒茶屋に移動、「麺屋 藤しろ」の新店(移転?)「麺屋 藤しろ 三軒茶屋店」を訪問する。

店前の券売機でメニューを確認、上は「らーめん」ながら今回は「つけ麺」で券を購入した。店内カウンター席に着席、空きは自分が座って一席のみ、後にも来客があり待ちも発生していた。券を渡すと麺の盛りを確認される。並と中盛り同額か、では中盛りでお願いします。

ちょっと待って「つけ麺中盛り」提供、まずは麺を頂いてみる。もっちりしながらコシもある太麺、風味も良くこの好みの麺であった。

つけスープは鶏のうまみを感じる白湯スープでとろみがあるタイプ、そうか酸味があるのか、こういう味は途中からしつこく感じ出すんだよなあ。酸味無しバージョンを頂いてみたいかも。これは好みとしたららーめんだったかな。

スープ内には角切りチャーシュー、肉のうまみがありかなり好みの味であった。

多めの麺は結構な食べ応えがながらするりと完食、スープ割りもお願いした。スープはポットで提供、昆布の風味を感じる。ある程度飲んで店をあとにした。

そういえば飯田橋店でもつけ麺を頼み、酸味なしのつけ麺が食べたいと思っていたのを思い出した。次に「麺屋 藤しろ」へ伺った際はらーめんメニューを頼むことにしよう。

到着=12:40 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=太麺 スープ=鶏のうまみが効いた濃厚白湯スープ、酸味あり お気に入り度=7

Fujishirotyoumiryou

Fujishiromenu

Fujishiromenryo

Fujishiroeigyo

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年10月20日 (月)

らあめん 小池(上北沢)

訪問日=10月12日(日) 曇り

メニュー=煮干し醤油ラーメン

Koikeramen 以前伺った「つけめん 小池」はつけ麺のお店だったが、今回業態変更でらーめんメインのお店になったらしく再訪問することにした。

店内へ入り券売機でメニューを確認、濃厚の「鶏白湯煮干しラーメン」と淡麗の「煮干し醤油ラーメン」の二種類があるようだ。今回は「煮干し醤油ラーメン」で券を購入、カウンター席に着席する。

あまり待たずらーめん提供、まずはスープを頂いてみる。おお、このスープ良いねえ!煮干しの風味とうまみがしっかり効いた醤油のスープ、あっさりタイプながらうまみは十分、煮干しは効いているがきつい感じでは無い。かなり好みのスープであった。

麺はちょい細目でコシがある。食感がしっかりしておりスープも絡む。この煮干しラーメンはかなり好みかも、どんどん食べ進む。

チャーシューは豚と鶏の二種、豚は赤みがあるが、でも柔らかくあっさりした良い味であった。鶏は結構食感強い、でも固いわけではない。ぱさつきもなく鶏のうまみをしっかり感じる。刻みタマネギたっぷり、ざくざくした食感でスープにもあっている。

すぐに完食、たまらずスープも完飲、最後は丼を持って飲みきっている。大変満足して店をあとにした。替玉とか頼んでも良かったかな。いっそ濃厚もとか考えてしまったりもした。それはまた次に伺った際にでも。ただ気になるお店の再訪が遠いなあ。

到着=11:56 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=煮干しのうまみが効いたバランスの良い醤油 お気に入り度=8

Koikekaedama

Koikeosirase1

Koikeosirase2

Koikeosirase3

Koikeosirase4

Koikemenu

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月19日 (日)

麺 高はし(赤羽)

訪問日=10月11日(土) 晴れ

メニュー=半肉入りつけそば大盛+味玉

201410takahashituke

写真撮影断り必要 

この日は珍しく12時ちょい前に「麺 高はし」を訪問、おっとそんなに並んでいるのか!最近早い時間にばかり伺っていたのでこの時間の並びがどれくらいなのか把握していなかった。結構待ちそうな予感、結局30分程度待って店内へ入ることになった。

奥の席に着席、それほど待たず「半肉入りつけそば大盛+味玉」が提供された。まず麺を頂いてみる。コシのある太麺は風味が良くしっかりした食感となっている。安心の浅草開化楼である。

つけスープは今回も最初混ぜずに頂いていく。動物系と魚介のうまみがバランス良く効いたスープ、表面なので油感もあり。あっさりながら非常に良い味、これで二啜り頂いた。

その後刻みタマネギを入れ、まだ混ぜずに麺を頂く。あっさりスープにタマネギ、これも良し、しばらく食べてからやっと下からスープを混ぜる。

タレが混ざりうまみが膨らむ。やはり最初の味で結構頂いたので濃い味に感じる。まあ多めの麺を頂くには丁度いいか。

チャーシューは噛み応えあり。今回それほど香ばしくは無いが、肉のうまみをしっかり感じる。甘めのメンマでほっとしながら。玉子もスープに潜らせ味をコーティングで、白身の食感が良い。

後半豆板醤と魚粉を混ぜたものを丼に作り、麺に少しずつつけて頂いた。でも辛いというより塩辛い感じかも、今回多めに作ってしまったので最後にスープに投入したが、結構その味が支配的になってしまった。

麺を完食しスープ割りも頂いたが、いつもの味ではないな。豆板醤はしばらく封印しよう。最後にお会計をして店をあとにした。

ちなみに10月は13日(月)がお休みであった。

到着=11:56 待ち時間=27分 行列=13人

麺=太麺 スープ=魚介動物系の効いた醤油

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

Rahmen Yahman(新桜台・桜台・江古田)

訪問日=10月7日(水) 晴れ

メニュー=塩つけ

Yahmanshiotuke

「天下一品」のあとは一年ぶりに「Rahmen Yahman」へ向かうことにした。到着すると店内は満席、店前でしばらく待機する。ただそれほど待たず中へ入りカウンター席に着席した。今回は店前のメニューで決めていた「塩つけ」でお願いしている。

前回もあったけど目の前にはデスソースが置かれていた。嘗めてみたい気もしたが危険なのでやめておいた。

提供までは結構待つ、その間メニューを眺めていたのだが、しまった大盛りまで無料だったのか、でもちょうど自分のと思しき麺を茹でをはじめていたので訂正はしなかった。

もうちょい待って「塩つけ」提供、麺量はそこそこあるのでこれなら十分だろう。まずはその麺を頂いてみる。コシがありながらもちっとした食感もある中太麺、喉越しも良くかなり好みの麺である。

つけスープ、はっ!なにこれ良い味!コクがあり非常に香りの良い塩のスープ、シソの香りも感じられる。塩味もしっかり効いてうまみが引き立つ。良い味だなあ、来て良かった。

スープ内のチャーシューは肉のうまみを感じる、これもとても好みの味であった。

夢中で食べ進みすっかり完食、スープ割りをお願いする。割っても結構濃い味だが、お構いなしに完飲してしまう。

最後にお会計をして店をあとにした。この塩つけは大盛りでも頂いてみたい。ただ今度は普通のつけ麺を大盛りでお願いするかもしれない。

到着=12:28 待ち時間=3分 行列=0人(満席)

麺=中太麺 スープ=深いコクとうまみある塩 お気に入り度=8

Yahmanmenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月17日 (金)

天下一品 江古田店(江古田)

訪問日=10月7日(水) 晴れ

メニュー=ラーメンこってり並+サービスライス

Tenkaipinkoteri この日は江古田の新店に向かったのだが、休みかあ・・・。でも江古田なららーめん店は多数ある、と言うわけでどこかのお店に入ろうと駅方面に向かうことに。

途中で「天下一品」を発見、そうかここにも「天下一品」があるのか、未訪だしこちらに伺うことにしよう。店内に入りカウンター席に着席、今回は「こってり」の並でお願いしている。

注文するとホールのおばちゃんからサービスライスの案内あり、思わずお願いしてしまった。今度はおばちゃんスピードくじの箱を持って登場、引いてみると次回50円引きの券であった。まあ使わないだろうな。

ラーメンはすぐに提供、まずはスープを頂いてみる。動物系のうまみがある粘度の高いスープ、かなりの濃度だが優しい味わいでしつこい感じもない。かなり好みの味であった。ただイメージはもっと濃度がすごいことになっていたような気もするが、まあイメージなので。

麺は中太で適度なコシ、粘度のあるスープがよく絡む。あまり麺の量は多くはないが、ライスがあるので問題なし。

チャーシューは広いのが1枚、ライスを巻いて頂いてみる。噛み応えがあるタイプのチャーシュー、ライスとの相性はまあまあかな。トッピングはあとメンマにねぎ、ねぎはもう少し増やしたいかもしれない。

Tenkaipinrice 麺完食、ライスは当然のようにスープを掛けて頂く。スープの濃度はあるけれど、優しい味なのでラーメンのタレを追加する。これで丁度良い味わいになった。

するっと完食、最後にお会計をして店をあとにした。「天下一品」はたまに食べたくなる。

到着=12:07 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=動物系のうまみが濃い粘度高いスープ お気に入り度=8

 

 

Kuromaguroeigyoこちらは新店「DHAらーめん KUROMAGURO」の営業情報、当面とついているけれど普通にお休みだった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月16日 (木)

麺酒処 ぶらり(日暮里)

訪問日=10月4日(日) 雨

メニュー=鶏白湯らーめん

Burariramen

「二葉屋」のあとは駅近くまで移動、「馬賊」へ向かおうかとも思ったが、ぶらりと歩いてきたので「麺酒処 ぶらり」へ向かうことにした。でも随分久しぶりだな。

細い道を抜けてお店進入、券売機でメニューを確認する。以前はあっさりの「鶏そば」を頂いていたので今回は「鶏白湯らーめん」で券を購入した。でもつけ麺もあるのか、そっちも気になるな。カウンター席に着席、席はテーブル席も三卓あり。

ちょい待ってらーめん提供、まずはスープを頂いてみる。鶏のうまみが詰まった白湯塩スープ、いやこれは良い味だなあ、うまみは十分ながら鶏のくさみなどは感じない、口の中が楽しくなる。このスープを風邪の時に飲めばすぐ元気になれそうな気がする。かなり好みの鶏白湯スープであった。

麺は結構太めでコシがある。力強いスープながらそれでも麺の方がちょっと強い感じ、もうちょい細目で試してみたい気持ちもある。それでも十分好みのらーめんであった。

チャーシューではなく鶏肉、鶏のうまみを感じる。これも良い味、スープにもあっている。

白髪ネギはかなり多め、白髪ネギは好きなんだけどかなり多いので麺にも鶏肉にも全て絡む。山クラゲはがりがりと力強い良い食感、ただ食べても食べてもまだ出てくる感じ、もうちょい少なくてもいいかな。

すっかり完食、連食ながらスープもほとんど飲んで店をあとにした。つけ麺も気になるので今度はそっちで頼んでみよう。

到着=13:42 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=鶏のうまみ詰まった白湯塩 お気に入り度=7

Burarimenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月15日 (水)

二葉屋(日暮里)

訪問日=10月4日(日) 雨

メニュー=らーめん(醤油)

Futabayaramen

この日は最初、西日暮里にある名前のないお店「中華そば屋(これが店名か?)」を訪問する。当初夜営業のみだったのが昼営業を始めたのを知ったので。でも大雨の中到着すると、一時休業かよ・・・。

さあ次だ次だ!日暮里へ移動、結構歩きケーキ屋さんがやっているというつけ麺のお店を目指す。

ケーキ屋さん確認、つけ麺が頂けるという裏の入り口から入ろうとする、あれ?物が置いてあって入れないぞ。ここで営業案内を確認すると、土日祝休みかよ・・・。まあ土日祝はケーキ屋さんが忙しいだろうし、そりゃ無理か。

とほほと肩を落として帰り道、途中の道すがらにラーメンの看板が目に入った。見た目はお洒落な飲み屋さん、とりあえずこの店に入ってしまえ。

店内へ進入してカウンターに着席、テーブル席が多数ある。メニューを見ると麺だけでなくつまみなども含めてその数に驚かされる。ただ今回の注文はらーめんで、それほど待たず提供された。

あっさりした醤油のスープ、魚介のうまみが感じられる。すっきりした味でちょっと蕎麦つゆっぽい雰囲気もあり、結構好きな味であった。

麺は細目、でこれがかなり柔らかい。食べ進むとさらに柔らかくなってきた。どうなんだろう?もしかしたら茹で上げ時点で丁度良い茹で加減で、その後提供までに伸びたのかもしれない(細麺だしね)。コシがあればもっと好みのらーめんだと思っただろう。

チャーシューは柔らかくとろりとした食感、メンマもくさみ無くさくっとした食感であった。

すっかり完食、スープもある程度飲んでいる。最後にお会計をして店をあとにした。酒のあとにはかなり満足感の高いらーめんだろう。麺の湯で加減が問題なければ、いや酒のあとならこれはこれで有りかな(無しかな)。

到着=13:16 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=7

Futabayamenu1

Futabayamenu2

Futabayamenu3

 

 

Sobayayasumiこちらは一時休業になっていた「中華そば屋

 

 

 

 

Californiafusioneigyoこちらは土日祝お休みなのに伺ってしまった「California Fusion」の営業案内。でも夜の営業時間が書いてないな。がっかりして帰ってしまったが、詳細をケーキ屋さんで聞いてみれば良かったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月14日 (火)

麺 うら裏(幡ヶ谷)

訪問日=10月3日(土) 曇り

メニュー=しょうゆラーメン(中太麺)

Urauraramen

「製麺rabo」のあとは幡ヶ谷に移動、駅からはちょい歩いた場所にある「麺 うら裏」を訪問する。店内に入り券売機でメニューを確認、左上のボタン「しょうゆラーメン」で券を購入した。

カウンター席に着席、店の方に券を渡すと麺が太麺と中太麺から選ぶことができるとのこと、今回は中太麺でお願いしている。

それほど待たずらーめん提供、正直表のメニュー写真と違い結構そそられる見た目であった。

まずはスープを頂いてみる。コクがあり結構濃いめの醤油スープ、独特な香ばしい香りがあるけれど好きな味のスープであった。

麺は中太でコシがあるタイプ、濃いめのスープながらこの麺はあっている。

チャーシューは柔らかいがちょっと脂身多め。メンマも食感良くくさみもない。このらーめんのスープはごはんにも合いそうな味かもしれない。らーめんとライスで昼飯に十分な食事になりそうだ。

すぐに完食、スープも結構飲んで店をあとにした。ちなみに先客・後客とも無し、表のメニュー表もインクジェットプリンター印刷かな?もうちょっと綺麗な印刷の方が目を引きそうな気がする。

到着=12:40 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=ちょい濃いめの醤油スープ お気に入り度=7

Urauramenu1

Urauramenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

製麺rabo(西新宿五丁目)

訪問日=10月3日(土) 曇り

メニュー=支那そば

Raboshinasoba

西新宿五丁目の「製麺rabo」を訪問する。店内に入りカウンター席に着席、券売機は無いためまずはメニューを確認することに。

汁麺が三種、「らーめん」「中華そば」「支那そば」、つけめんも「つけ麺」と「つけそば」の二種、らーめんっていろいろな表記があるんだなあ。

でもどれを頼めばいいのかな?これは迷う。ちょっと考えてから今回は「支那そば」でお願いすることにした。

それほど待たず「支那そば」提供、まずはスープを頂いてみる。はっとする味わい、魚介の風味とうまみを感じる醤油のスープ、「あっさり」との表記もあったがうまみは濃く非常に良い味、香りも良くかなり好みのスープであった。

麺はちょい細目で適度なコシ、啜り心地が良くスープもよく絡む。適度なコシながら最後までダレた感じも無く食べ進む。このらーめんは良い。

チャーシューは分厚く噛み応えあり、肉のうまみを感じる。メンマも良い食感でくさみもない。のりのかおりがまた良いじゃないか。ねぎはざくざくとした食感、麺と絡めながら食べ進む。

結構丼に詰まっていた麺もすぐに完食、スープは止まらず結局完飲してしまった。大変満足、最後にお会計をして店をあとにした。

店を出る際、ほかのメニューを見たら「中華そば」におすすめのシールがはってあった。そっちは更にすごかったのか?つけ麺も気になるしこの店はまた伺うことにしたい。

到着=12:09 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=魚介のうまみある醤油のスープ お気に入り度=8

Rabomenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

麺屋武一 はなれ(新橋)

訪問日=9月30日(火) 晴れ

メニュー=濃厚つけそば中盛り

Buichihanaretuke 「光麟堂」のあとに「麺屋武一」の関連店を訪問する。場所は以前「和麺屋 長介」があった場所、店前に並びはあったがそれほど待たず店内へ入ることが出来た。

まずは券売機でメニューを確認、今回はつけそばにしようと思ったが、でも「濃厚」の文字が気になった。最近濃厚は敬遠気味、大丈夫かな?ちょっとボタンを押すのをためらったが、結局「濃厚つけそば」の券を買ってカウンター席に着席した。お店は以前同様結構狭い。

券を渡すと麺の盛りを確認された。並と中盛りが同額、中盛りでも270gとのこと、ならばと中盛りでお願いしている。

ちょっと待って「濃厚つけそば中盛り」提供、麺が結構多いな・・・。まずはその麺を頂いてみる。コシのある太麺は平たいタイプ、平打ち麺ゆえの独特な食感となっている。個人的に太麺の平打ち麺は苦手な場合もあるけれど、こちらは好きなタイプの麺であった。

スープは鶏のうまみが濃厚に効いた塩のスープ、鶏がこれでもかと感じられる。でも酸味や甘みは無いのでしつこくない。濃厚ながら飽きのこないスープであった。

スープ内には鶏肉が入っている。食感がありながら柔らかく、鶏のうまみもしっかり感じる。ほかに鶏つくねも、これも良い味だなあ。

多めの麺もどんどん無くなりすぐに完食、スープ割りをお願いする。ポットで提供の割スープ、割って飲んだスープの味も良かったが、割スープ自体も塩味が効いて良い味であった。さすがに満腹になり完飲はしていないが、でもかなり飲んでしまっている。

こちらも満足して店をあとにした。今度は本店かこちらかで「鶏白湯そば」を食べてみようかな。

到着=12:19 待ち時間=3分 行列=2人

麺=太平麺 スープ=鶏のうまみ濃厚な塩 お気に入り度=8

Buichihanarekanban

Buichihanaremenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月11日 (土)

高はし(赤羽)の10月休み情報

201410takahashiyasumi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光麟堂(新橋)

訪問日=9月30日(火) 晴れ

メニュー=らーめん

Kourindouramen

新橋に復帰した「ORAGA NOODLES」のもうちょい先に出来た「光麟堂」を訪問、お店は以前「らーめん 日吉」「もぐや 新橋店」があったときに伺った場所であった。店内に入り券売機でメニューを確認、今回は左上の「ラーメン」で券を購入、カウンター席に着席する。

お冷やはセルフでコップは上の棚に置かれているのだが、それほど広くない店内をうまく使っている感じがする。

ちなみに席は自分が座って残り一席の空きのみ、でもすぐあとに来客続々でその後外待ちも結構な人数になっていた。

ちょい待って「ラーメン」提供、まずはスープを頂いてみる。おおっとこれは!鶏のうまみを感じる塩のスープ、あっさりながらスープのうまみが濃い味わいとなっている。塩味もしっかり効いておりスープのうまみを引き立てる。かなり好みの味、かおりも良い。

麺は細目で適度なコシ、風味がよくスープにあっている。このらーめん良いねえ、予想以上に好みのらーめんであった。

チャーシューは噛み応えがありながら柔らかい。あっさり味でスープのじゃまにならない。大葉が少し入っているのだが、大葉好きのためその風味が心地よい。穂先メンマも柔らかくくさみもなし。ねぎの食感も良かった。

すぐに完食、大変満足して店をあとにする。こちらのお店にもまた伺ってみたい。

到着=12:02 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=中細麺 スープ=あっさりながら鶏のうまみが効いた塩 お気に入り度=8

Kourindoueigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月10日 (金)

麺屋 永太(蕨)

訪問日=9月28日(日) 晴れ

メニュー=塩ラーメン中盛り+サービス味玉

Eikichishio

蕨の「麺屋 永太」で塩が始まったとの情報を頂いた。という訳でこの日「らーめん 天道」のあと伺うことに。お店の前には当然のように並びができている、これは結構待ちそうだ。

やはりかなりの待ち時間、店内へ入り券売機でメニューを確認する。目当ての「塩ラーメン」で券を購入、丁度席も空いたのですぐに着席した。

券を渡すと麺の盛りを確認される。中盛りまで無料ながら先の店での替玉が頭をよぎる。でも中盛りでだよね、なんとかなるだろう。

ちなみに後ろが2名客、空き席の関係から奥の方に席に変わったのだが、ここは厨房内がよく見えて楽しい。前の客も塩ラーメンのようだけどやはりねぎの上に熱した油を掛けている。もうそれだけで期待が高まる。

結構待って「塩ラーメン」提供、まずはスープを飲んでみる。まろやかでクリーミーな塩のスープ、動物系と魚介のうまみがしっかりある。スープの感じはかなり違うのにやはり出身の「べんてん」を感じる味わい、かなり好みの味であった。

麺は結構な太麺でコシがあり食感もしっかりしている。でも固いというまでの印象はない。力強い太麺ながらスープはがっちり対抗、この塩ラーメンは良い。

上にはねぎと生姜が乗っておりそこに熱した油が掛けられている。それらの香りがとても良い。ねぎの上の辛味がスープに溶けると香ばしい風味スープに加わる。

チャーシューでかいのが1枚、柔らかく肉のうまみも十分感じる。ちなみに今回席移動により味玉をサービスして頂いている、ありがたや。黄身の味わいが良いねえ。

麺は結構な量、そういえば食べる前は完食できるか心配もしたが、結局問題なく食べきってしまっている。スープも完飲、大変満足して店をあとにした。

そういえばこちらはすでに3回目の訪問か、半年経たずとなれば自分としてはかなり珍しい。でもこちらのお店にはまた伺うことだろう。

到着=13:26 待ち時間=36分 行列=多分12人(中多分3人、外9人)

麺=太麺 スープ=コクのあるまろやかな塩 お気に入り度=9

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月 9日 (木)

らーめん 天道(蕨:遠目)

訪問日=9月28日(日) 晴れ

メニュー=塩らーめん

Tendoushio

川口から「らーめん まる玉」は無くなってしまった・・・(両国店はあり、未訪だけど)。でも「まる玉」出身のお店があるらしく訪問する(最寄り駅は蕨)。

お店は「イオンモール川口前川」のすぐ近く、店内に入りカウンター席に着席した。券売機は無い、という訳で上に貼られたメニューから「塩らーめん」をお願いした。

らーめんは驚くほどすぐに提供、まずはスープを頂いてみる。鶏のうまみが効いた白湯スープ、しっかりした塩味が鶏のうまみを引き立てる。かなり好きな味、確かに「まる玉」出身を感じる味であった。

麺は細目でコシがあるタイプ、スープがよく絡まる。ぼそぼそした感じもなくとても良い感じの麺であった。この鶏白湯塩らーめんはかなり好み。

チャーシューはとろりと崩れるほど柔らかい。ちょい濃いめの味だがスープのじゃまになる感じではない。あおさのりと青ネギもたっぷり、あおさのりはくさみとい感じではなく優しい海のかおり、ねぎの食感も良い。

麺も残り少なくなったところで上の張り紙が気になった。実はこの店、替玉が一玉無料だったりする。でもこのあと連食を考えてるんだよなあ。どうするか、迷ったならば頼んでしまえ、替玉お願いします。

Tendoukaedama すぐに器に入って替玉提供、塩ダレも提供して頂いている。折角なので塩ダレを替玉にかけて少し頂く。塩ダレのうまみで結構食べてしまえる。

数口で麺をスープの丼に投入、なんと小さめの器だったのだがチャーシューとねぎが下に忍ばされていた。ちょっと感激、麺量もそのままもう一杯分くらいある。

するすると食べてしまい完食、さすがに次を考えスープは・・・、でもついつい飲んでしまう。またスープはあまり残ってないな。

最後にお会計をして店をあとにした。満足した一杯、こちらのお店には伺うことだろう。でもいい加減に両国の「まる玉」にいかないとな。

到着=12:39 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=鶏のうまみが効いた白湯スープ お気に入り度=8

Tendoumenu1

Tendoumenu2

Tendoumenu3

Tendoueigyo

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年10月 8日 (水)

麺堂 銀座 朧月 目黒処(目黒)

訪問日=9月27日(土) 曇り

メニュー=濃厚つけ麺中盛り(300g)

Oboromegurotuke

「らーめん 恵本将裕」のあとは目黒に移動、以前「麺屋 航」のあった場所にできた「麺堂 銀座 朧月 目黒処」を訪問する。銀座のお店の二号店らしい。

店内に入り券売機でメニューを確認、左上の「濃厚つけ麺」にすることにしたが、並と中盛りが同額の模様、さっきスープをほぼ完飲しているのでどうするか。ええーい迷ったら上でいけ!という訳で中盛りの方で券を購入した。

カウンター席に着席、ほぼ満席となっている。厨房内は男性と女性1名ずつで営業されている。男性は店主氏かな?パワフルかつ機敏な動きは見ていて飽きない。

結構待って「濃厚つけ麺中盛り(300g)」提供、まずは麺を頂いてみる。太く平たい麺はかなりコシがある、いやコシというか結構固めな食感、コリコリした部分あり。そして中盛りの麺はかなりの量、これはかなりお腹が膨れそうだ。

つけスープはどろどろ濃厚で動物系と魚介のうまみを感じる。酸味甘みはないのできらいな感じではない。ただ食べ進むと後半結構飽きが来る、並盛りで良かったか。

チャーシューはスープ内にあり柔らかい食感であった。

やはり後半かなり満腹になってしまった。でも完食、さすがにスープ割りはやめて店をあとにした。

到着=12:58 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=太平麺 スープ=濃い味の濃厚醤油 お気に入り度=7

Oboromeguromenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 7日 (火)

らーめん 恵本将裕(中目黒)

訪問日=9月27日(土) 曇り

メニュー=煮干ラーメン

Emotoramen

中目黒のお好み焼き屋さんを土日祝日だけ間借りして営業するらーめん屋があるらしい。と言うわけで土曜日のこの日お店に向かうことに。到着すると、おっと店内満席ではないか、変わった営業形態だが人気があるようだ。

お店到着と同時に席は空いてカウンターに着席した。目の前にある大きな鉄板がお好み焼き屋さんを感じさせる。メニューは煮干ラーメンとその大盛りのみ、今回は並でお願いしている。

ちょっと待って「煮干ラーメン」提供、まずはスープを頂いてみる。うーん煮干しだねえ!煮干しの風味とうまみが効いた醤油のスープ、結構濃いめの味となっている。

煮干しはしっかり効いており、エグミはそれほどながらちょっと苦みを感じるほど、でも好きな味なので問題なし。周りの皆さんも美味しそうに召し上がっていたが、どうだろう?全ての人が好みではないかもしれない。でも自分はかなり好きな味であった。

麺はちょい細目でコシがあるタイプ、麺との絡みも良い。チャーシューは薄切りながら噛み応えあり、肉のうまみを感じる。刻みタマネギも良い食感であった。メンマでなく細切りのタケノコ、あとはのりがのっている。

すっかり完食、濃い味のスープなので完飲はしていない、はずだったが気がつけばほとんど無くなっているではないか。

最後にお会計をして店をあとにした。満足な一杯を頂いた。そういえば最近煮干しと鶏白湯スープのお店に遭遇することが増えたなあ。

到着=12:15 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=中細麺 スープ=煮干しの風味とうまみが強い濃いめの醤油 お気に入り度=8

Emotomenu

Emotoomote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 6日 (月)

つけ麺 喜味家(水天宮・人形町)

訪問日=9月26日(金) 晴れ

メニュー=醤油つけ麺(中盛り・麺冷や)

Kimiyatuke

人形町駅から歩いて「つけ麺 喜味家」を訪問する。店内の券売機でメニューを確認、左上の「醤油つけ麺」で券を購入した。

カウンター席に着き店の方に券を渡すと麺の盛りを確認された。並・中・大盛が同料金、また麺の冷や・温も選ぶ模様、今回は中盛りの冷やでお願いしている。前にはタマネギや魚粉の器、これは久しぶりに酸味・甘み・辛味の効いた味を期待するお店なのか?

目の前が厨房なので調理行程目に入る。でも珍しい麺の茹で方をしていた。茹でた麺を一旦水で絞め、その後もう一度茹でる、どういうことだろう?温盛り用かと思ったが、でもタイマーで1分30秒茹でる模様、もしかして茹で時間を間違ったのか?

結局その麺が自分に提供された。ちなみにその後はそんな茹で方はしていなかったのでやっぱり・・・。さてまずは麺を頂いてみよう。

太く平たい麺はコシがある。結構固めな茹で上がりでコリコリした感じもある。やはりもう少し茹でてもらった方がうれしい感じであった。

つけスープは酸味・甘み・辛味の効いた醤油のスープ、予想していた味わいながら油が結構多めかもしれない。

チャーシューは柔らかく良い味、あとはメンマにのり、ねぎが乗っている。

麺量はそこそこなのですぐに完食、店をあとにした。

到着=12:13 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=酸味辛味甘みの効いた醤油 お気に入り度=6

Kimiyaajihen

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

自家製麺 ほうきぼし(志茂・赤羽)

訪問日=9月23日(火)祝日 晴れ

メニュー=おくら納豆まぜ麺(冷や)+半ライス

Houkiboshinatou_2 「中華そば 椿」のあと久しぶりに「ほうきぼし」へ向かう。店内に入り券売機でメニューを確認、今回は「まぜ麺」にする予定だが「まぜ麺」は通常と納豆オクラの2種類、でもボタンは一つ、とりあえず券を買う。

カウンター席に着き、店主氏に券を渡す際「納豆オクラ」でとお伝えする。麺は温と冷やあり、こちらのまぜめんでうれしいのは冷やがあること。当然今回も冷やでお願いしている。

ちょっと待って「おくら納豆まぜ麺(冷や)」が提供された。まずは混ぜずに麺を一本、コシのあるかなりの太麺は食感がしっかりしており風味も良い。一本の麺で勝利を確信する。

Houkiboshinatoumaze_2 上には具材いろいろ、ひきわり納豆にオクラ、鰹節に刻みタマネギ、そして生卵、下にあるタレと絡めるように混ぜていく。ちょい濃いめのタレながらたっぷりの麺と具材で良い具合、すっきりしながら味わいがしっかりしている。

やはり納豆とオクラでねばねば、冷たい上に太い麺だが案外納豆は麺に絡まる。納豆だけでなくいろんな味が組み合わさり良い味であった。久しぶりの「まぜ麺」だが満足感は相当高い。そしてこの満足感はやはり麺の力強さがあってこそである。

するすると食べてしまい麺完食、ただ絡むといっても丼の底にはまだ大量の具材が残されている。ここで悩む、そして悩んだ末に出した答えが半ライス追加であった。

Houkiboshirice_2 すぐに提供、丼に投入して混ぜていく。納豆にオクラに鰹節、そりゃあご飯に合うさ。ばくばくと口に放り込み完食、とても満足して店をあとにした。

今度は何を頼もうかな、担々麺はあまり頼まないが「雪の担々麺」が気になる。一度は頼んでみたい。

そういえば店前の看板にかき氷の案内があった。14時からかと思ったが、あとで写真を見たら場合によってはランチタイムに提供できるかもしれないとある。まあさすがに満腹だったし頼まなかったと思うが、かなり惹かれるメニューかも。でも提供は夏だけかな?

到着=13:02 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=濃いめの醤油タレ お気に入り度=9

Houkiboshimenu1

Houkiboshimenu2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年10月 4日 (土)

中華そば 椿(王子)

訪問日=9月23日(火)祝日 晴れ

メニュー=中華そば

Tsubakisoba

西新井の「中華そば 椿」が閉店したのには驚いたが、でも王子駅近くに移転ということだったのか。

店内に入り券売機でメニューを確認、左上の「中華そば」で券を購入した。ただ椿ならば「つけめん」や「油そば」も気になるところである。券を持ってカウンター席に着席、ちょっと待って「中華そば」が提供された。

まずはスープを頂いてみる。粘度の高いどろどろのスープ、動物系と魚介のうまみがぎっちり詰まっている。かなり味は濃いめかもしれない。

麺はちょい太めで適度なコシ、茹で時間長めなのかな、ちょっとダレているような感じがあった。ただスープはよく絡む。

チャーシューというかこれはもう角煮、柔らかいが食感もしっかり感じられる。らーめんは後半ゆずの香りが鼻を抜けていく。

するっと完食、スープは濃厚なのであまり飲んではいないが、ごはんに掛ければ良い味になるかもしれない。店をあとに、今度は「つけめん」を頼んでみようか。

到着=12:32 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=動物系と魚介のうまみが効いた濃厚な醤油 お気に入り度=7

Tsubakimenu

Tsubakieigyo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月 3日 (金)

麺処 穂し乃(光が丘・練馬春日町:ちょっと歩く)

訪問日=9月21日(日) 晴れ

メニュー=らーめん

Hoshinoramen 「らーめん こうすけ」のあとは光が丘に移動、駅からはちょっと歩く場所にある「麺処 穂し乃」を訪問する。店前には並びあり、ただそれほど待つこともなく店内へ入ることが出来た。

券売機でメニューを確認、今回は左上の「らーめん」で券を購入している。カウンター席に着き数分でらーめんが提供された。

まずはスープを頂いてみる。魚介のうまみを感じる醤油のスープは動物系のコクもある。ちと油感強めのスープかも、でも結構好きな味であった。

麺はコシのある中太麺、食感良く風味も良い。またスープも麺との相性が良い感じであった。チャーシューは噛み応えがあり肉のうまみ感じる。穂先メンマも食感良し。

するっと完食、スープはある程度飲んで店をあとにした。ほかのお客さんにはつけ麺を食べる人も多かった、そっちの方がもっと好みだったかな?

到着=12:38 待ち時間=6分 行列=4人

麺=中太麺 スープ=動物系と魚介のうまみある醤油 お気に入り度=7

Hoshinomenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木)

らーめん こうすけ(大泉学園)

訪問日=9月21日(日) 晴れ

メニュー=醤油らーめん

Kousukeramen

大泉学園のらーめん店に向かったのだが、到着したのは以前にも来た場所であった。移転した「中華ソバ 伊吹」のあとに出来たお店「らーめん こうすけ」の扉をくぐる。

店内の券売機でメニューを確認、左上の「醤油らーめん」で券を購入した。ただ表の看板で気になっていたが「塩らーめん」もはじめたのか、それも気になるなあ。カウンター席に着席、奥には座敷席も一卓あり。

ちなみに券売機には「醤油らーめん」とあったがカウンター上のメニューには「らーめん 醤油」と書かれている。そういえば看板には「しょうゆらーめん」、いろいろな表記があるけれど、まっ同じか。

「醤油らーめん」はすぐに提供、まずはスープを頂いてみる。おっとこれは!あっさりながらキレのある醤油スープ、すっきりしているが非常に満足感が高い味わいである。このスープはかなり好みの味であった。

麺は細目でコシがあるタイプ、啜り心地が良くスープもよく絡む。一口目でうなる味、食べ進んでもまったく飽きない、このらーめん良いねえ。

チャーシューは噛み応え有り肉のうまみを感じる。メンマはさっくりした食感、それほど特徴はないが問題なし。ねぎも絡めながら食べ進む。

一気に完食、スープも当然完飲している。とても満足して店をあとにした。つけめんはどんな感じだろう、塩も気になるし、この店にはもう一度伺いたいものだ。

到着=12:08 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=キレのある醤油スープ お気に入り度=8

Kousukemenu1

Kousukesetumei

Kousukemenu2

Kousukeegiyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 1日 (水)

麺 高はし(赤羽)

訪問日=9月20日(土) 曇り

メニュー=半肉入りつけそば大盛+味玉

201409takahashi写真撮影断り必要 

先日伺うも休みだった赤羽の「麺 高はし」を訪問する。店前には2名の待ち、しばし待つ。その後並びは8人まで増えていた。席は空いて店内へ、カウンター席に着席する。座る前に大盛りたまごー?と確認されている。

もうちょい待って「半肉入りつけそば大盛+味玉」提供、まずは麺を頂いてみる。コシのある太麺は食感がしっかりしており風味がとても良い。麺は水で絞めているがそれほど冷たくない、でもこれがこちらの普通である。

つけスープは今回も最初は混ぜずに麺をつける。魚介と動物系のうまみがそれぞれ強く感じられる。下のタレが混ざっていないのでスープのうまみで頂く感じ、でもこれで麺はどんどん食べてしまえる。

ある程度頂いたところでスープを混ぜる。味わいが強くなり、コクとうまみもくっきりとする。今回も好みの味であった。

角切りチャーシューは噛み応えあり、肉のうまみをしっかりと感じる。味玉はスープでコーティング、良い味だなあ。

途中で豆板醤と魚粉を混ぜたものを丼の縁に作る。これを麺につけて頂いたのだが結構しょっぱい味、今回作る場所に失敗して麺にかなりついてしまった。でも味変して頂くこの味もこれはこれで良し。

かなりの量の麺もあっと言う間に完食、頃合いで出された割スープを投入する。納得のスープ割り、これを飲むところで毎回丁度満腹になる。

大変満足して店をあとにした。ではまた来月お伺いします。

到着=10:32 待ち時間=11分 行列=2人

麺=太麺 スープ=魚介動物系の効いた醤油

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »