« 柴崎亭(つつじヶ丘) | トップページ | AFURI 六本木店(六本木) »

2014年9月28日 (日)

つけめん やきとり 居酒屋 満月(神保町)

訪問日=9月18日(木) 晴れ

メニュー=しょうゆつけ麺

Mangetsutuke

神保町でつけ麺を頂きに「つけめん やきとり 居酒屋 満月」を訪問する。店内に入り券売機で左上は「しょうゆつけ麺」、でも150円高い「塩つけ麺」がかなり気になる。ただ財布を見ると小銭がきっちり650円、結局「しょうゆつけ麺」の券を購入した。

カウンター席に着席、テーブルも多数あり。雰囲気的に夜は居酒屋なのかな?そういえば周りの方は皆さんらーめんを召し上がっている、そっちの方が良いの?

ちょと待って「しょうゆつけ麺」提供、まずは麺を頂いてみる。適度なコシの太麺はちょい平たいタイプ、食感は強くなく結構茹でているのか先日の「うどん田村」の麺を思い出す、でも嫌いじゃない。

つけスープは動物系と魚介のうまみがある醤油のスープ、きつさのない味わい、ただそれほど特徴がある味ではないかもしれない。

チャーシューは噛み応えあり。あとはメンマにのりなど、スープの下には刻みタマネギが潜んでいた。この値段で味玉一つ入っているのか、これはうれしいかも。

すぐに完食、ホールの方が割りスープの入ったポットを持ってきてくれたので、スープを割ってある程度飲んでから店をあとにした。

到着=12:57 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=煮動物系と魚介のうまみある醤油 お気に入り度=6

Mangetsumenu

Mangetsukanban

|

« 柴崎亭(つつじヶ丘) | トップページ | AFURI 六本木店(六本木) »

コメント

12月13日昼、隣席でラーメンと食べていた人の器からガラス片が出てきていました。
口の中を切らなかったのは幸いですが、(隣の席の方が)文句を言おうとしたら、店員を呼んでも全く気付かない。
店員が気付いてガラス片のことを伝えても、中国人の接客スタッフが「ごめんなさい」の一言。
調理している責任者は全く気付いていないし、中国人の接客スタッフも伝えない。
その客は呆れたように店を出て行った。
今後も、同じことを繰り返されると思う。自分も二度と行かないと思う。

投稿: | 2014年12月13日 (土) 18時54分

ガラス片は危ないですね。
そういえばこれまで外食しても、
そういう経験はないようですので、
それはツイているのかもしれません。

ただ正直私のブログにこの内容をお書き頂いても、
お店に伝わることはないだろうなあ、
なんてもことも感じますが・・・。

投稿: ライダーマン | 2014年12月15日 (月) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/60378988

この記事へのトラックバック一覧です: つけめん やきとり 居酒屋 満月(神保町):

« 柴崎亭(つつじヶ丘) | トップページ | AFURI 六本木店(六本木) »