« 高はし(赤羽)の9月休み情報 | トップページ | 漫々亭(指扇:遠い) »

2014年9月15日 (月)

青竹打ちラーメン 一力(鴻巣:遠い)

訪問日=9月4日(木) 曇り

メニュー=塩ラーメン

Itirikishio 群馬らーめんツアーはなぜかかき氷のお店を訪問することになった。そういえば前回もかき氷を食べているな(あれ以来いろんなところでかき氷を食べている)。訪問したのは店は「風花家」というお花屋さん、ここでかき氷を提供しているらしい。でも店内に入ると飲食スペースも広い。

皆でいろいろなメニューを注文する。自分は「マスカルポーネヨーグルト(いちごソース)」をお願いしている。提供のかき氷、いやあ見た目が綺麗、そしてさくさくの氷で味も良い。値段も手頃と満足感が高い。

そしてこのあと群馬らーめんツアーは埼玉らーめんツアーへと移行していく。ああ最初はかき氷ですか、訪れたのは有名店「慈げん」であった。こちらは天然氷のお店らしい。

店内に入り奥の座敷席に着席、ここでも皆がいろいろなメニューを頼む。自分は甘酒と小豆のかき氷にしたが、なんとも風変わりな味わい、ただ同行者はかなり好みらしい。他のメニューも美味しかった。

そして次こそはらーめん店、自分もずっと宿題となっていた「栄ラーメン」へ向かう。不穏な空気を感じ取る面々、な、なに!休みだと!このメンツなら一店舗くらいはあるだろうと思ったが、でもまさかこの店でくらうとは・・・。

つぎつぎ!つぎへ向かおう!「栄ラーメン」を引きずり今度も手打ちのお店「青竹打ちラーメン 一力」、でもこの店は知らなかったなあ。

店内へ入り奥の座敷席へ着席、席はテーブルやカウンター席もあり。今回自分は「塩ラーメン」でお願いしたが、ほかは醤油と味噌が頼まれている。

ちょい待ってらーめん提供、まずはスープを頂いてみる。コクのある塩のスープ、バターが効いているかの様な味わい、かおりも良くとても好みの味であった。

麺は太く平たいタイプ、コシがあり、なんだろうとても好きなタイプの麺、スープも絡む。チャーシューはでかい。噛み応えがあり肉のうまみを感じる

Itirikisyoyu 醤油ラーメンはあっさりながらうまみも十分、これも良い。

 

 

 


Itirikimiso 味噌ラーメンはちょい甘みも感じる。十分な味噌のコクとうまみ、なんだろう、普段味噌らーめんはあまり食べないし、そのあまり食べないタイプの味噌らーめんなのに、これ良いな。

塩は食べ進むとバターのような風味はなくなりゴマ油の風味が強くなった、なんだろう変化する。

すっかり完食、最後にお会計をして店をあとにした。そして次が今回のツアー最後のお店になる。

到着=18:39 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=コクのある塩 お気に入り度=8

Itirikimenu1

Itirikimenu2

Itirikimae

 

 

「風花家」

Fukayaomote

Fukayakori1

Fukayakori2

Fukayakori3

Fukayakori4

Fukayamenu1_2

Fukayamenu2

 

 

「慈げん」

Jigenomote

Jigenkori1

Jigenkori2

Jigenkori3

Jigenkori4

Jigenkori5

 

 

一応「栄ラーメン」

Sakaeramenkanban

Sakaeramentugo

|

« 高はし(赤羽)の9月休み情報 | トップページ | 漫々亭(指扇:遠い) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/60320823

この記事へのトラックバック一覧です: 青竹打ちラーメン 一力(鴻巣:遠い):

« 高はし(赤羽)の9月休み情報 | トップページ | 漫々亭(指扇:遠い) »