« 素材の力 麺屋 香澄(中野) | トップページ | つけ麺 岩(下北沢) »

2014年8月 3日 (日)

じゃじゃおいけん 大久保店(大久保)

訪問日=7月25日(金) 晴れ

メニュー=冷やしじゃじゃ麺中盛り+チータンタン

Jyajyaoikenhiyajyajya

大久保に出来た「じゃじゃおいけん 大久保店」を訪問、お店の場所は以前伺った「鯱」の通路を挟んですぐ横であった。

お店に着くと店前に並びあり、ってどっちのお店の並びだろう?聞いたら「鯱」に並んだ方たちであった。というわけで「じゃじゃおいけん」の扉をくぐる、と言ってもこちらも八割程度埋まっているようだ。

店内の券売機でメニューを確認、ちなみにこちらは大久保店とあるように三軒茶屋にお店がある。そちらでは普通の「じゃじゃ麺」を頂いているので今回は「冷やしじゃじゃ麺」を選択することにした。

左上は子供用?次が中盛、ちと判りづらい。今回は中盛で券を購入した。それにしてもじゃじゃ麺の冷やしか、じゃじゃ麺の魅力が消えたりしないのかちょっと心配でもあった。

ちなみに「チータンタン」はあとで注文も出来るということだったがどうせ注文するのでそちらも先に券を購入している。

券を持って奥のカウンター席に着席、ちょっと待って「冷やしじゃじゃ麺中盛り」が提供された。まずは混ぜる前に麺だけ頂いてみる。

かなりコシのある太麺は平たくもちろん冷たいタイプ、コシが強いうどんのような感じにも思える。上の肉味噌が特徴的なこのメニュー、では混ぜてと。

Jyajyaoikenmaze お!これは!先ほどの麺に絡む肉味噌の味、コクはあるがしつこくない味、かなり良い。しょうがの風味も混ざりいい感じ、温かいのよりこちらの方が好みかも。時折キュウリの強い食感も歯に加わる。

このメニューはかなり気に入ったが、でも冷やしのためかあっと言う間になくなってしまった。もうワンサイズ大きくしたので頂いてみたい。

完食したがやはり冷やしのためか底に残る肉味噌も少ない。卓上にあった玉子を投入し、混ぜてから器を店の方にお渡しする。卓上の肉味噌も追加したほうが良いのか確認したら、それはお店の方が追加してくれるらしい。ただそれでも足りなければ追加するようにとのこと。

Jyajyaoikenchitantan スープが入って提供、混ぜてレンゲで頂いていく。これがまた良い味、卵のマイルドなうまみと肉味噌の味わいがスープに加わっている。ちなみに冷やしメニューと店内冷房でかなり涼しく、こうなると温かいスープが心地良い。

途中でおすすめのラー油を加えるとこれが良い香り、入れて良かった。お酢も投入すると味に変化があり、これも満足できる味になる。

「チータンタン」を堪能して完飲、店をあとにした。かなり良かった、再訪時にも冷やしで頼んでしまいそうだ。次回は麺の量を増やしてみよう。

到着=12:22 待ち時間=0分 行列=0人

麺=極太平麺 スープ=コクのある肉味噌 お気に入り度=8

Jyajyaoikensetumei1

Jyajyaoikensetumei2_2

Jyajyaoikenmenu

 

 

Metokiyasumi「じゃじゃおいけん 大久保店」のあとに「めとき」に向かったが臨休だった、まあ予想はしていたのでまた今度いってみよう。

|

« 素材の力 麺屋 香澄(中野) | トップページ | つけ麺 岩(下北沢) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/60085816

この記事へのトラックバック一覧です: じゃじゃおいけん 大久保店(大久保):

« 素材の力 麺屋 香澄(中野) | トップページ | つけ麺 岩(下北沢) »