« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月31日 (日)

本枯中華そば 魚雷(後楽園・春日)

訪問日=8月22日(木) 晴れ

メニュー=王様中華そば

Gyoraikingsoba

「MENSHO TOKYO」のあとはかなり久しぶりに「本枯中華そば 魚雷」を訪問する。

店内に入り券売機でメニューを確認、限定の冷やしは×マーク、ということはもう売り切れか、食べてみたかったな。それなら「本枯中華そば」にしようと思ったが、でも「王様中華そば」というメニューが気になった、うーん。迷った末に「王様中華そば」で券を購入することに。

カウンター席に着席、後ろにはテーブル席もある。ちょい待って「王様中華そば」提供、でっかいチャーシューとたっぷりねぎが浮いている。まずはスープを頂いてみる。

あっさりした醤油のスープだが味わいはとても力強い、そしてコショウの効きがすさまじい。かなりインパクトのあるスープ、びりりとした辛みを感じるが、でも嫌いじゃない、というかむしろ好きな味であった。

麺は細くコシがあるタイプ、啜り心地がとても良い。

チャーシューは噛み応えがあり肉のうまみを感じる。このチャーシューはすごいなあ。ざくざくとしたねぎの食感、かなりの量がはいっている。これも特徴的であった。あとは厚切りのナルトにメンマとなっている。

すっかり完食、店をあとにした。厨房内は結構話が盛り上がっていたが、仕事の話かな?

到着=12:55 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=あっさりながら味わいしっかりな醤油、コショウ全開 お気に入り度=7

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月30日 (土)

自家製麺 MENSHO TOKYO(後楽園・春日)

訪問日=8月22日(木) 晴れ

メニュー=らーめん

Mensyotokyoramen 先日伺うも営業していなかったお店を再訪する。お店に到着すると店前に並びあり、あただすぐ店内へ入ることが出来た。

券売機でメニューを確認、上がつけめんか、悩んだがらーめん気分だったので今回は「らーめん」で券を購入した。店内でもちょい待ってカウンター席に着席した。席はテーブルもあり。

らーめんはすぐの提供、あれ?玉子?間違い?確認したらそのままで大丈夫とのことであった。まずはスープを頂いてみる。

動物系のうまみがあるスープ、塩という感じのスープである。野菜からだろうかとろみもある。実はこのらーめんにはラム肉が使われているらしいのだが、確かにその風味はあるがそれほどクセは感じない。

スープを飲んだ後に香りは残るがいやなにおいではない、というかかなり好みのスープかも。クセはないけどクセになる味であった。

麺はちょい細目で適度なコシ、細目の麺はスープがよく絡まる。このらーめん良いねえ、また食べたくなりそうだ。

チャーシューは二種、ラム肉と豚だがやはりラム肉の味が良い。豚も問題なく良い味だが正直両方ラム肉にしたいくらい気に入ってしまった。味玉はねっとりした黄身の半熟味付き玉子、甘みもある。

すぐに完食、連食を考えていたのに思わずスープも完飲してしまった。大変満足して店をあとにする。今度はつけ麺も試してみたい。

到着=12:22 待ち時間=6分 行列=4人(中2人、外2人)

麺=中細麺 スープ=動物系のうまみあるとろみの効いたスープ お気に入り度=8

Mensyotokyomenu1

Mensyotokyomenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月29日 (金)

麺屋 こころ 高田馬場店(高田馬場・西早稲田)

訪問日=8月19日(火) 晴れ

メニュー=台湾まぜそば(ニンニクあり)

Kokorobabamazesoba

「台湾まぜそば」のお店増えてるなあ。先日発祥のお店である「麺屋はなび」の東京進出店「麺屋はなび 新宿店」へ伺ったが、今回伺った「麺屋 こころ 高田馬場店」はその「麺屋はなび 新宿店」からもそれほど遠くない場所にある。

ちなみにこちらは大岡山にある「麺屋 こころ」の支店になる(「麺屋 こころ」も「麺屋はなび」出身らしいけど)。

店内に入り券売機でメニューを確認、ほかのメニューも検討したが、やはり購入したのは「台湾まぜそば」の券であった。

カウンター席に着席、店内は八割程度の埋まり具合となっている。店の方に券を渡すとニンニクの有無を確認された、今回は有りでお願いしている。

Kokorobabamazemaze ちょっと待って「台湾まぜそば」提供、よく混ぜてと。コシのある太麺は表面にざらつきがあるが、でもこれは狙ってのこと、よく見えなかったがテポの中で茹であがった麺をぐりぐりしているはずである。

そこに辛味の効いた濃いめのタレと様々なトッピングの味が絡まる。ニラやニンニクの強い風味、ねぎの食感に辛みのある挽き肉のうまみ、のりや魚粉からもうまみと風味が加わっている。黄身でちょいまろやかに。ただ「はなび」より味が結構濃いめかも、あっちの方がもう少しマイルドな気がする。でも好きな味であった。

Kokorobabarice あっと言う間に完食、ただし丼には大量に具材が残っている。当然めし割をお願いした。飯が入って再提供の丼をレンゲで混ぜる。やはり強めの味ながらぱくぱく頂きすぐに完食してしまった。

丼をカウンター上に上げて店をあとにする。そういえば横の方が召し上がっていた「塩まぜそば」も良さそうな感じ、今度はそれにしてみようかな。ちなみにこのあと向かった「らぁ麺 やまぐち」はちょうど夏期休業中であった・・・。

到着=12:00 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=コクのあるタレ お気に入り度=8

 

 

Yamaguchiyasumi「らぁ麺 やまぐち」は夏季休業だった、残念

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2014年8月28日 (木)

丸源ラーメン 川口芝店(蕨:遠目)

訪問日=8月17日(日) 曇り

メニュー=熟成醤油ラーメン肉そば

Marugennikusoba

「中華そば葵」のあとは近くの「丸源」を訪問する。看板はいろいろなところで見ていたが今回初訪問だったりする。

店内に入るとかなりの広さ、カウンターもあるがテーブルが中心のようだ。曜日的にも客層はご家族客が中心の様であった。

今回はカウンター席に着席、メニューを見るとかなり豊富に種類が揃えられている。らーめんも数種類、そしてチャーハンや餃子、唐揚げまで。今回は「肉そば」でお願いしている。

それほど待たず肉そば「」提供、まずはスープを頂いてみる。動物系のうまみがあるちょい濃いめの醤油スープ、背脂も浮いている。甘みがありうまみも十分、そして熱々、ずっと熱々、熱さにこだわりがあるのだろうか。

麺はちょい細目で固めな食感、スープが絡む、そしてやはり熱々であった。

上には豚肉、スライスたまねぎ、ねぎが乗っている。それらを麺と一緒に頂くのが一番好きな食べ方であった。もみじおろしを混ぜるとさっぱりした感じになる。でもすぐにその味はスープに消えていく。スープは後半かなり濃く感じ出す。

そして完食、案外スープも飲んでから席を立つ。最後にお会計をしてから店をあとにした。

到着=12:31 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=動物系のうまみあるちょい濃いめの醤油 お気に入り度=7

Marugenmenu1

Marugenmenu2

Marugenmenu3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月27日 (水)

中華そば葵(蕨:遠目)

訪問日=8月17日(日) 曇り

メニュー=中華そば

Aoisoba

コメントで頂いた「中華そば葵」へ向かう。お店は「丸源ラーメン 川口芝店」の近くであった。店内に入りカウンター席に着席、券売機は無い。

メニューを確認して中華そばでお願いしたが、でも店前の写真では塩もかなり良さそうな感じであった。結構待って中華そば提供、まずはスープを頂いてみる。

あっさりながらコクのある醤油のスープ、飲み終わると魚介のうまみも口に広がる。好きな味であった。

麺は中太で適度な、というか結構ゆるめの茹で上がり、これは意図したものか?もうちょい固めの方が好みかも。

チャーシューは分厚くでかい、肉のうまみがありちょい風味もあるが結構贅沢である。大したこと無い店ならチャーシュー麺として提供しそう。穂先メンマは柔らかくくさみもなし。

するすると食べてしまいすぐに完食、スープも結構飲んでしまった。最後にお会計をして店をあとにした。特製だとチャーシューはこれより増えるのかな?塩も気になるしまた伺おう。

到着=12:10 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=7

Aoimenu1

Aoimenu2

Aoimenu3

Aoip

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月26日 (火)

GaGana RAMEN(池袋)

訪問日=8月14日(木) 曇り

メニュー=GaGanaつけ麺中盛り(ホルモン)

Gaganartuke

「ラーメン長山」のあとは駅反対方向へ向かう。以前移転前の「ごとう」のあった場所に出来た「GaGana RAMEN」を訪問、店内に入り券売機でメニューを確認する。

ちょっと迷ったが今回は「GaGanaつけ麺」の中盛りで券を購入した。ちなみに中盛りとあるがその下はレディース盛りとなっている。ただメニュー写真で見たラーメンの見た目がかなり良い、券を買った後でも気になった。

カウンター席に着席、以前の店では待ち客の椅子があった場所に二名掛けのテーブル席も用意されている。

Gaganarpuarutea 店の方に券を渡すとチャーシューと炙りホルモンの選択を確認される。ここはやはりホルモンで。麺の熱・冷やの確認もあり、当然冷たいのでお願いしている。食前にどうぞと冷たいプーアル茶も提供された。

ちょっと待って「GaGanaつけ麺中盛り(ホルモン)」提供、まずは麺を頂いてみる。コシのある太麺は噛み応えがしっかりしている。風味もよく好みの麺であった。

つけスープは動物系のコクとうまみがあり魚介も効いている。かなり濃い味だなあ、麺をどっぷりつけると味が強いので調整する。キャベツで一休みしながら食べていく。

期待のホルモンは柔らかくふわふわした食感、これは良い味、かなり好みの味である。ただ小さいのが四つか、もう少しほしい。でもこれは増したいくらいであった。

途中でレモンを麺に絞り掛ける。さっぱりするがやはりスープの味が濃いのでその風味もスープにつけるとすぐに消える。

最後にカウンター上にあったポットからスープ割りを、ってしまった!これで味を調整すれば良かったではないか。ある程度飲んで店をあとにした。

到着=12:58 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系のうまみ濃い醤油、魚介の味わいもあり お気に入り度=6

Gaganarmenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月25日 (月)

ラーメン長山(池袋)

訪問日=8月14日(木) 曇り

メニュー=ラーメン並

Nagayamaramen

鶯谷にあるお店「ラーメン長山」の関連店を訪問するため池袋へ向かう。店内に入り券売機でメニューを確認する。今回は左上の「ラーメン」で券を購入しカウンター席に着席した。店の方から大盛り無料の案内を受けたが、一応連食予定なので普通盛りのままである。

ちょい待って「ラーメン」提供、まずはスープを頂いてみる。動物系のうまみあるマイルドな味のスープ、柔らかい甘みもあり好きな味であった。

麺は太めで平たいタイプ、コシがありスープも絡む。

チャーシューは鶏と豚の二種、鶏を先に頂いたが、かなりの噛み応えで結構なぱさつき具合であった。豚はちょっと柔らかいがこっちも若干のぱさつきがある。

メンマは極太で良い食感、風味はまずまずかな。あとはのりとねぎとなっている。

すぐに完食、スープは結構飲んで店をあとにした。麺量は少なめだったので大盛りでも良かったもしれない。

到着=12:26 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=動物系のうまみあるとろんとしたスープ お気に入り度=7

Nagayamamenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月24日 (日)

覆麺 智(神保町)

訪問日=8月12日(火) 曇り

メニュー=塩ラーメン

Fukumenshio

後楽園駅を降りて新店を目指したが、夏期休業か・・・。それは良いとしても店前がすごいことになってるな。では久しぶりの「覆麺 智」へ向かうため神保町へ移動する。

お店到着、店前の案内によると「サザエとカマス」のスープになるらしい。店内に入り券売機で「塩ラーメン」の券を購入、メニューはほかにまぜそばがあるようだ。カウンター席に着席、ほぼ満席の店内は常連さんが多いようであった。

それほど待たず「塩ラーメン」が提供される。まずはスープから、塩がびしっと強く効いたスープ、スープ自体のうまみがしっかりしている。塩分濃度は高いがかなり満足感の高いスープであった。久しぶりながらかなり満足感の高いスープに心がうれしくなる。

麺は中太でコシがあるタイプ、風味は強いがスープにあっている。揚げねぎが絡むと香ばしい風味も口に広がる。

チャーシューは薄いが大きい感じのが二枚、柔らかく良い味だなあ。メンマは食感しっかり、そしてこれも塩味がびしっときいている。

納得の元に完食、スープはどうしようか迷ったが結局完飲、横の人に習って自分も丼を持って飲みきっていた。いやあ満足、またいつか伺おう。

到着=12:31 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=塩がびしっと効いたスープ お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月23日 (土)

くまもとラーメン桂花 池袋西一番街店(池袋)

訪問日=8月10日(日) 雨

メニュー=桂花拉麺

Keikaramen

大塚でもう一軒を予定していたが、うーんやってないな、というわけで池袋へ移動した。次に伺ったのは「桂花」の新店、到着した場所は周りにらーめん店が密集する場所であった。

店内に入り券売機でメニューを確認、今回は「桂花拉麺」で券を購入した。カウンター席に着席、席はテーブルもあり。らーめんはすぐに提供された。

まずはスープを頂いてみる。マー油の香ばしいかおりがある豚骨スープ、こってりではなくさらっとしているがうまみは十分感じることができる。好きな味であった。昔はこのマー油の香りが苦手だったが、どうやら克服したようだ。

麺は中太でかなり固めな食感、でもこれは知っているので問題なし。でも昔はこの固い麺も苦手だった。

チャーシューは噛み応えがあるタイプ、固茹での味玉が半個乗っている。トッピングとしては茎わかめが特徴的、あとはメンマとなっている。

すぐに完食、スープはなんだか止まらずかなり飲んでしまった。店をあとに、「桂花」はたまに食べたくなる。

到着=11:57 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太ストレート麺 スープ=マー油のかおりあるさらっとした豚骨スープ お気に入り度=7

Keikamenu

Keikaclose

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月22日 (金)

豚骨一燈 大塚店(大塚)

訪問日=8月10日(日) 雨

メニュー=濃厚魚介らーめん

Ittoramen 先日伺ったばかりの大塚へ再度訪れたのは当然別のラーメン店に伺うため。今回訪問の「豚骨一燈 大塚店」は「暴れん坊」のちょっと先であった。以前小岩の「豚骨一燈」に伺っているが、ここも「麺屋一燈」グループのお店になるようだ。

店前のメニュー看板を見ると「あっさり中華そば」が来週から登場するらしい、しまった、普通のらーめんを頼む気だったが、見てしまうとそちらの方が良い気がした。

店内に入り券売機でメニューを確認、上はつけ麺ながら今回は「濃厚魚介らーめん」で券を購入する。カウンター席に着いたがテーブル席も結構ある。

それほど待たずらーめん提供、まずはスープを頂いてみる。動物系のコクとうまみを感じる醤油のスープ、魚介のうまみも感じられる。濃厚なスープだがまろやかでクリーミー、ちょっと甘みを感じる。好きな味であった。

麺は太めでコシがある。ただ固いイメージはなくとても良い食感、スープもよく絡む。

チャーシューは薄いが噛み応えあり。メンマは太いが柔らかい。青ネギと長ネギたっぷり、ざくざくとした食感も良かった。

すぐに完食して店をあとにする。「あっさり中華そば」も食べにきたい。

到着=11:27 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系のコクとうまみが濃厚な醤油、魚介のうまみもあり お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月21日 (木)

らーめん かねかつ(川口)

訪問日=8月9日(土) 曇り

メニュー=らーめん

201408kanekaturamen この日早い時間に一杯頂いたが、お昼にもう一杯食べたくなった。と言うわけで川口の「侍ラーメン(未訪)」というお店に向かったが、到着してもやっていない。というかこれは営業してるのかな?それでは「かねかつ」へ向かうことにしよう。

お店に着くと、おっといつの間にか行列店になっているではないか、結構待ちそうな感じである。並ぶ場所は室外機の前、今日は曇りなので良いけれど、晴れた日にはこの時期地獄かもしれない。

ちなみに店前のメニューを見ると季節のらーめんはお休みの模様、冷やしらーめんがあればと思っていたが仕方ない。

201408kanekatumenu そういえば以前とメニューの構成が変わっている模様、らーめんの他にらーめんクラッシックスタイルという表記がある。クラッシックは香味油を抜き、刻みネギで風味を出すらしい、それも気になるなあ。

5席の店のため予想はしていたが、やはりかなり待って店内カウンター席に着席した。実は後ろ2名で麺切れ、危ない。今回は「らーめん」でお願いしている。

それほど待たずに「らーめん」提供、まずはスープを頂いてみる。ああ、良い味だなあ。鶏のうまみを感じる醤油のスープ、あっさりながら非常に奥深い味わいとなっている。醤油のたれもきりっと効いた味、かなり好みの味であった。

麺は中太で適度なコシ、ただ最後までのびた印象は無い。スープもよく絡む(どうやら手打ち麺になったらしい)。食べるのがうれしいらーめんである。

チャーシューは鶏と豚の二種、鶏はさっくりとしており良い味、豚も噛み応えしっかり、肉のうまみを感じる。メンマではなくタケノコはさくっと良い食感であった。ねぎも麺に絡めながら食べ進む。

すっかり完食、当然のようにスープも完飲する。最後にお会計をして店をあとにした。非常に満足、まあ並びが出来るのは当然だろう。

到着=13:54 待ち時間=27分 行列=6人

麺=中太平麺 スープ=あっさりながらコクのある醤油 お気に入り度=9

Kanekatueigyo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月20日 (水)

麺 高はし(赤羽)

訪問日=8月9日(土) 曇り

メニュー=半肉入りつけそば大盛+味玉

201408takahashi 写真撮影断り必要

曇り空の土曜日、早い時間に赤羽の「麺 高はし」を訪問する。でも当然のように並びがあるようだ。ちょっと待って店内へ進入、端の席に着席した。

いつものメニューはすでに通っているようである。というわけでそれほど待たず「半肉入りつけそば大盛+味玉」提供、まずは麺を頂いてみる。

コシのある太麺は風味がすばらしく良い。食感しっかり、いつもの麺だ。ちなみにこちらは茹で後に水で洗っているが、強く締めている感じでは無いのでちょい温かくもある。

つけスープは今回動物系と魚介のうまみがバランスよく効いた味、どちらかが強いわけではないがこれも良い味である。

今回早めに下から混ぜて麺をつける。タレの味わいでスープのうまみもくっきり引き立つ。そんなスープに麺はどんどんなくなっていく。

チャーシューは食感しっかりながらいつもよりさっくりした食感であった。甘めのメンマも良い食感でくさみもない。

後半豆板醤と魚粉を混ぜたものを丼につくる。麺につけると辛味というよりしょっぱい味だが後半の味変にはこれも良い。

すぐに完食、頃合いで出たスープ割りでスープを薄める。これも良い味だなあ。最後にお会計をして店をあとにした。

ではまた来月、ちなみに8月は24日(日)~27日(水)がお休みになるようだ。

到着=10:32 待ち時間=15分 行列=6人

麺=太麺 スープ=魚介動物系の効いた醤油

201408takahashiyasumi

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月19日 (火)

手打ちラーメン 暴れん坊(大塚)

訪問日=8月7日(木) 晴れ

メニュー=暴れん坊つけメン大盛り

Abarenbotuke

大塚にできた「手打ちラーメン 暴れん坊」を訪問、どうやら日暮里の「馬賊」出身らしい、そうなるとやはり麺に期待してしまう。店内に入ると満席の模様、奥のテーブルに相席にて着席する。ちなみにカウンター席もあり。

さてメニューを確認、迷ったが「馬賊」でもっとも気に入ったのが「馬賊つけ麺」だったので、同等メニューと思い「暴れん坊つけメン」でお願いすることにした。大盛り無料らしい、じゃあそれで。

店頭の麺打ちスペースではバンバンととんでもなく大きい音を出しながら麺を打っている。

それほど待たず「暴れん坊つけメン大盛り」提供、まずは麺を頂いてみる。かなりコシのある太麺はちょい平たい、太さは不均等だが「馬賊」より揃っているような気もする。まあ何年も前の話だけど。

そして麺はかなり長い。スープに入れようとしてももなかなか最後が見えない。仕方なく途中でそのまま口に放り込む。とてもコシがあり食感しっかりな麺、それほどのど越しが良い訳ではないがとても好みの麺であった。

ゴマのかおりとうまみを感じるスープはちょい辛みもあり、しっかりしたうまみを感じる。麺をスープにつけて頂くとなんだかマイルドにも感じる、好みの味であった。

ちなみに麺の器には水が張られている、このためスープが薄まるのが早い。またスープは早めに温くなっていく。チャーシューは麺の器にあるのだが、やはり冷たい。

麺の上は賑やか、白髪ネギにわかめ、もやしにメンマ、まあ個人的にはネギだけでも良いんだけど。

そして完食、スープ割りは言わないでも入れてくれた。最後にお会計をして店をあとにする。

基本好きなつけ麺ながらやはり1100円は高すぎだな。でもそう思って「馬賊」でも普通のつけ麺を頼んだりしたが、結局そんなでもなかったのを思い出す。もしこちらに再訪するとしても注文に悩みそうだ。

到着=12:270 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=太平麺 スープ=ゴマのうまみが効いたスープ、ちょい辛み お気に入り度=7

Abarenbomenu1_2

Abarenbomenu2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

牛こくラーメン まる勝(新中野)

訪問日=8月5日(火) 晴れ

メニュー=牛こくラーメン

Marukaturamen 「麺屋はなび」のあとは新中野方面に移動する。到着したのは「牛こくラーメン まる勝」というお店、店内に入りカウンター席に着席する。席はテーブルもあり。

メニューはカレーとラーメンの二本立て、今回はラーメンでお願いしている。ちなみに先客無しながら後に4名の客が入店してきている。

しばらくすると味見してみてくださいとミニカレーが提供された、ちょっとうれしい。ラーメンもすぐに提供、でっかい器だなあ、麺量も結構ありそう。

まずはスープを頂いてみる。牛のうまみを感じるあっさりした醤油のスープ、ちょい甘みも感じる味であった。揚げねぎの香ばしさも感じられる。

麺は中太で適度なコシ、スープは絡むが違うタイプの麺でも頂いてみたいかも。

上に半生というかほぼ生の牛肉、これが味が染みており絶品、相当良い。これをつまみにお酒を飲みたい。あとはのりが大量に入っている。メンマや白髪ネギなどあり。

味見のカレーは結構甘めな感じながらコクがある。

Marukatunamakurimu 途中でデザートも頂いてみる。アイスクリームかと思ったら生クリームか、これは意外、でもこの時期はアイスクリームの方が良いのではないだろうか?

最後にお会計、ちなみにこのメニューは1080円であったりする。デザート付きでもちょっと高いなあ。店をあとにしたが上の牛肉はもう一度頂いてみたい。

到着=12:50 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=牛のうまみあるあっさりした醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

麺屋はなび 新宿店(西早稲田)

訪問日=8月5日(火) 晴れ

メニュー=台湾まぜそば(ニンニク少なめ)

Hanabitaiwanmaze 台湾まぜそば発祥のお店が東京進出、以前その「麺屋はなび」出身のお店「麺屋こころ」を訪問しているが、台湾まぜそばを東京でいろいろ見るようになったことを考えれば大元が出店するのは当然か。

お店に到着すると店前には並びあり、ちょっと待つことになる。途中に水のサーバーがありセルフサービスで飲むことが出来る、暑かったのでこれはありがたい。

しばらくして店内へ入り券売機で「台湾まぜそば」の券を購入した。でも一番人気は「塩味玉」というらーめんになっている。店内でもちょっと待つ、しばらくしてカウンター席に着席した。

目の前にある厨房を見ると、やはり台湾まぜそばは茹で上がり麺をテポの中で棒を使ってぐりぐり混ぜている。

Hanabimaze_2 ちょっと待って「台湾まぜそば」提供、そそられる見た目だある。まずは混ぜてと、もっちりした太麺は適度なコシながら太さもあって良い食感であった。そこに様々な味が絡んでくる。

辛みのある挽き肉はコクがある。ニラとニンニクの強い風味、魚粉からもうまみがくる。黄身でマイルドにも感じる味わい、あとはのりが風味を彩る。複雑な味わい、かなり好みの味であった。これは食べるのが楽しい。最後の方で麺が短いのばかりだがこれは仕方ないのか。

Hanabirice すっかり完食、でもまだ終わったわけじゃない。無料の追い飯を注文、返却して頂いた丼にはご飯が中央に置かれている。これを混ぜて口に放り込む。いやあ良い味だなあ、これだけで一食分の飯量を頂きたい。

すっかり完食、大変満足してして店をあとにした。そういえば近くに「麺屋こころ」の支店も出来るんだよな、そこも今度いってみよう。

到着=11:52 待ち時間=16分 行列=多分8人(多分中3人、外5人)

麺=太麺 スープ=コクのあるタレ お気に入り度=8

Hanabikodawari

Hanabishiodare

Hanabimenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だるま大使 本店(群馬八幡:遠め:群馬県)

訪問日=8月3日(日) 晴れ

メニュー=だるまこってり

Darumataishikoteri

群馬ラーメンツアーは最後の一軒、かなり有名という「だるま大使」を訪問する。お店に到着すると、うわ!これはすごいな、かなりの待ち客がいるようだ。こちらは名前を書いて待つ方式の模様、とりあずそとで適当に待つことに。

そろそろ順番というところで店内の待ち席に着席、その後ちょっと待ってテーブル席へ案内された。結構広いお店はカウンター席もあるようだ。

メニューを確認、さて何を頼みますか。基本っぽい「だるまラーメン」はこってりもできるらしい、じゃあそれで。あとは環七背脂チャッチャ系を源流とするらしい「パートⅡ」、あとはあっさり系の「しょうゆだるま」でお願いしている。麺も選べるらしく「だるまラーメン」は博多麺、ほかは極麺でお願いしている。

ラーメンはすぐに提供、まずは「だるまラーメン」のスープを頂いてみる。おおっとこれはすごい!超濃厚な豚骨スープはうまみがしっかり、スープの香りも非常に良い。かなり好みの味である。

こってりは背脂の量ということか、これは確かにこってりだ。麺は細くスープが絡む。いやあこのらーめんのインパクトはすごい。

Darumataishipart2 「パートⅡ」は豚骨醤油、これも濃厚でやはりインパクトが強いなあ。

 

 

 

 

Darumataishiassari「しょうゆだるま」は魚介のうまみがあるスープ、豚骨の後だとさすがにすごさを感じないが、でもこれをメインに出す店なら満足しそうならーめんであった。

そして残り少しというところで胃袋は残りの隙間を使いきった。申し訳ないがあとのことは他の方にお任せします。最後にお会計をして店をあとにした。

群馬ラーメンツアーもこれにて終了、とても楽しい群馬での一日であった。

到着=19:48 待ち時間=13分 行列=13人以上(記入性なので不明)

麺=細麺 スープ=濃厚豚骨スープ お気に入り度=8

Darumataishimenu1

Darumataishimenu2

Darumataishitabekata

Darumataishikanban

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金)

寿司 手延べラーメン 大金(江木:遠い:群馬県)

訪問日=8月3日(日) 晴れ

メニュー=寿司ランチ

Daikinset

群馬ラーメンツアーは六軒目、先ほどまできつかった胃袋はこの辺でなんだか調子がよくなってきた(ラーメンズハイか)。さて今度のお店は寿司と手延べらーめんのお店になる。

到着したがやはり店の外観はらーめん店という雰囲気ではない。店内に入りテーブル席に着席、座敷席もしっかりある。

さて調子が良くなってきたので今回は「寿司ランチ」なるらーめんと寿司のセットをお願いした。もう18時を過ぎているけどまだランチが注文できるらしい。ちなみに他の方はラーメンを注文している。

結構待って「寿司ランチ」提供、なんだか豪勢な組み合わせだなあ。ラーメンに寿司、そしてキャベツのサラダ、豆腐の小鉢、とどめにアイスコーヒーまでついている。

まずはラーメンを頂いてみる。あっさりした醤油のスープ、うまみはそれほど強くなく飲みやすい。好きな味であった。

麺は手延べで太く平たくぴろぴろした食感、太さまちまちなのも良い感じ。チャーシューは噛み応えがあるタイプであった。あとはメンマにのりとなっている。

寿司はマグロにイカ、かっぱ、玉子、いなりであった。ただシャリが結構ゆるいかも、寿司はまずまずかな。

かなりお腹が膨れて完食、最後にコーヒーも飲んでお会計に向かう。店をあとにしたが、外から厨房内を見ることが出来ることに気が付いた。お一人での営業なの?これは大変そうだ。

到着=18:24 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=7

Daikinramen

Daikinenu1

Daikinenu2

Daikinenu3

Daikinenu4

Daikinmae

Daikinenukanban

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月14日 (木)

手延ラーメン 喜満本店(竜舞:遠い:群馬県)

訪問日=8月3日(日) 晴れ

メニュー=ラーメン

Kimanramen

群馬ラーメンツアーは五軒目か、今度は「喜満本店」という手延べのお店になる。ここも老舗っぽい感じ、なんか店前の看板のキャラクターが埼玉の餃子チェーンに似てるなあ(まあ性別からして違うけど)。

店内テーブル席に着きメニューを確認、麺メニューはラーメンとチャーシューメンのみ、結構高いんだね。とりあえず各自ラーメンを注文、え!餃子も頼むんですか・・・(胃袋が多いなあ)。

Kimangyoza 少し待って餃子提供、かりっと香ばしい皮の食感、肉感のある餡も好みの餃子であった。

そしてラーメン提供、まずはスープを頂いてみる。あっさりした醤油のスープはうまみも十分な味わいとなっている。

麺は太く平たくぴろぴろした舌触り、のど越しが楽しいねえ。とても好みの麺であった。メンマはたっぷり乗せてくれている。チャーシューは噛み応えがあるタイプ、このチャーシューも好みであった。

すっかり完食、さすがに五連食目なのでスープはそれほど飲んでいない。

最後にお会計をして店をあとにした。そうか、まだ次のお店にいくんですね。

到着=16:33 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=7

Kimanmenu

Kimankanban

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月13日 (水)

麺屋 ざくろ(成島:群馬県)

訪問日=8月3日(日) 晴れ

メニュー=濃厚鶏塩つけそば

Zakurotuke

群馬ラーメンツアー四軒目、次の店はかき氷も出すお店らしい。お店に入り奥の窓際のテーブル席に着席する。厨房前にはカウンター席もあり。窓際のためか結構暑いかも、室内にいるのに汗が噴出す。

さてメニューを確認、何を頼むか迷うなあ。かき氷は二種類なので両方頼むことに。で、麺メニューは一番上の「濃厚鶏塩つけそば」をみんなでシェアすることになった。

ちょっと待ってつけそば提供、まずは麺を頂いてみる。かなりの太麺はコシがあり風味がとても良い。食感しっかりでもちもち感もある。麺がまず好みであった。

つけスープは鶏のうまみが濃厚な味わい、酸味や甘みは無く鶏の味わいをしっかり感じられる、かなり好みの味であった。いやこれは良いなあ。

鶏チャーシューはさっくりした食感で鶏のうまみも感じられる。かなり好みのつけ麺であった。

Zakuroicepoteto そして二種のかき氷提供、かき氷はあまり食べないのだが、でも今回かなり良かった。

ふわふわな食感の氷、そこにスイートポテトのシロップが掛かっている。すっきりしながら良い甘さ、これで500円は安いなあ。きな粉も振りかけながら氷がどんどん無くなっていく。

 

Zakurochoco もう一種類はココアの香ばしさがある。上品な甘さでココアパウダーの粉っぽさもちょっと感じる。これも良いが、どちらかと言えばスイートポテトの方がお気に入りかも。

さっくり完食、お会計をして店をあとにする。つけそばも良かったがかき氷がかなり気に入った、今度都内のかき氷の店を訪ねてみよう。

到着=14:47 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=鶏のうまみ濃厚な塩 お気に入り度=8

Zakuromenu1

Zakuromenu3

Zakuromenu2

Zakuromenu4

Zakurokanban

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月12日 (火)

手延ラーメン飛竜 大泉店(西小泉:ちょっと歩く:群馬県)

訪問日=8月3日(日) 晴れ

メニュー=冷やしラーメン

Hiryuhiyashi

群馬ラーメンツアーは三軒目、今度は「手延ラーメン飛竜 大泉店」というお店を訪問する。手延となるとどんなラーメンが頂けるのだろう。

店内に入り座敷席に場所を取る。席はテーブルもあり。注文は他の方が「ラーメン」と「餃子」、ならばこちらはちょいお高めの「冷やしラーメン」でお願いすることにした。

Hiryugyoza 先に餃子提供、ニンニクが効いた餡たっぷりの餃子であった。そして「冷やしラーメン」提供って、おっとこうくるか!でっかいメロンにサクランボだよ、いやまいったな。

他のテーブルにメロンとサクランボの入った皿があったけど、あれはこのメニューのフルーツを待避させていたのか、予想外だったなあ。気を取り直して冷やしラーメンを頂こう。

スープはゴマの風味と味が効いており酸味がかなり強い味わい、ゴマの冷やし中華という感じであった。ちょっと予想したイメージとは違ったがこれはこれでありかな。

手打ちの麺は太く平たいタイプ、食感は強いがもちもちしている。ただ太さまちまちでところによっては食感がぴろぴろ、舌の上が楽しい。のりとからしで風味が変わる。

Hiryuramen さて他の方のラーメンを味見させてもらう。あっさりした醤油のスープはショウガの風味が感じられる。そして麺はもちろん手打ち、温かい麺も良い食感であった。

冷やしに戻ろう。チャーシューは柔らかくあっさりで良い味であった。このチャーシュー良いなあ、温かいともっと好みを感じそう。

そして完食、いやいやまだメロンとさくらんぼが残っている。すっきりした甘さのメロンは良いのだが、やはり別皿で出してもらった方が・・・、サクランボは缶詰のかな?

最後にお会計をして店をあとにした。ちょっと狙いすぎたか、こういうはじめてのお店は普通のラーメンを頼むべきなのだろう。

到着=13:28 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺(太さいろいろ) スープ=ゴマのかおりとうまみある酸味の効いたスープ お気に入り度=7

Hiryumenu

Hiryumae

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

ROOSTER(ルースター:桐生:群馬県)

訪問日=8月3日(日) 晴れ

メニュー=醤油つけ麺

Roostertuke

群馬ラーメンツアー、次のお店は商店街の中にある「ルースター」、その商店街では祭りの準備をされている。お店に着くと確かにらーめんの文字もあるのだが、なぜか豆腐店の名前がある。変わってるなあ。

さてそんなお店の店内に入りカウンターに着席する。今回は「醤油つけ麺」を注文、他の方は「醤油ラーメン」と「塩ラーメン」でお願いしている。

Roostersio まずは醤油と塩のラーメン提供、先に「塩ラーメン」を味見させてもらったが鶏のうまみがあるスープは、焦がしネギの風味も感じられる。うーん良い味だなあ。細麺はコシがあり風味も良い。

 

 

Roosterramen 「醤油ラーメン」も香りがよくこれも良い味であった。この店もレベル高いな。

 

 

 

 

そしてつけ麺、コシのある細麺は麺の風味が良い。つけスープも醤油の良い香り、らーめんより濃い味ながら、でもきつくなくすっきりした味わい、辛みも適度に効いている。スープをつけると麺の甘みを感じる、良いねえ。

穂先メンマ柔らかい。チャーシューは噛み応えがあり肉のうまみを感じる。すっかり完食、連食なのでスープ割りはやめておいたが、でも実はそのまま結構飲んじゃってたりして。

最後にお会計をして店をあとにした。群馬のお店、すごいな。

到着=11:59 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=鶏のうまみある醤油、辛みあり お気に入り度=8

Roostersyoumen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

らーめん芝浜(下新田・新桐生:群馬県)

訪問日=8月3日(日) 晴れ

メニュー=塩らーめん

Sibahamashio_2

この日は群馬ラーメンツアー、お誘い頂き感謝感謝。というわけで高速道路に乗って群馬へ向かう。

最初に到着したのは7時からオープンの店「らーめん芝浜」、11時ちょい前だが結構人が入っている(その後満席)。カウンター席に着席、席はテーブルもある。実はこちらのお店は7月31日オープンらしい、さすがの情報力だなあ。

自分の注文は「塩らーめん」で、ほかに「お醤油らーめん」と、もう一人が「小麦三昧」?なにそれ?どうやらまぜそば→つけめん→らーめん(塩or醤油)というコースメニューらしい。それにプラスでチャーハンって最初から頼みすぎでは・・・。

Sibahamatyahan しばらくして先にチャーハン提供、味見させてもらうとぱらっとしたチャーハンは玉子のうまみが感じられる。セットのチャーハンなのに満足感が高い。この時点ですごいと感じていた。

 

 

Sibahamamaze そして「低加水麺のまぜそば」提供、これは「小麦三昧」の一品になる。あれ!他のお客さんもみんな「小麦三昧」を頼まれている、確かオープンしたばかりだよな?

味見させてもらったまぜそばは口に入れた瞬間に好みを感じる味わい、醤油のかおりが広がり細麺ながら食感のしっかりした麺、これは良いねえ。

Sibahamatuke 「上州辛味大根のつけめん」はのど越しの良い細麺、濃いめのタレはちょい温かくそこに大根の辛みが効いている。

 

 

 

さて自分の頼んだ「塩らーめん」提供、まずはスープを頂いてみる。鶏の風味と味わい、あっさりながらしっかりしたうまみ、これはすごい。麺はコシのある細麺、スープが絡み良い味であった。ちょっと感動している。

Sibahamasyouyu 「お醤油らーめん」を味見させてもらう。醤油の良い香りが鼻を抜けるスープ、そのスープが絡む麺を頂くとこちらも正解を感じる。これもすごい。

でも「小麦三昧」はこれも付くのか、周りの皆さんは知っているようだがやはり「小麦三昧」を頼むと大勝利のようだ。

さて塩に戻り食べ進む。鶏と豚のチャーシュー、鶏は柔らかいが食感もしっかり、豚はとろっと柔らかい。太いメンマも食感強いがくさみもなし。ねぎも良い食感だなあ、スープにあっている。

すっかり完食、いやあ良いラーメンだった。お会計に向かうと奥に製麺室があるのが目に入った。そういえば麺はらーめんとつけめんとまぜそばで3種類あるとのこと、自分にはあまりに遠いお店だが再訪時には必ず「小麦三昧」を頼むことだろう。大満足で店をあとにした。

到着=10:54 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=鶏のうまみが効いた塩 お気に入り度=8

Sibahamamenu1

Sibahamamae

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 9日 (土)

新宿で卍固め、ビールがぶ飲みオクトーバーフェスト

訪問日=8月2日(土) 晴れ

Octf1

らーな姐さんからお誘いを受け、歌舞伎町にある「大久保公園」で開催中(10日まで)の「新宿オクトーバーフェスト」へいくことになった。

ここは前年「大つけ麺博」で訪問した場所、12時開場ながらちょい遅れで到着する。テント下にはらーな姐さんとらーな師匠が場所を確保されていた。どうもどうもと汗をだらだら流しながら近づいていく。

さてまずはともあれビールを買いましょう。ちなみにこの会場の構成としては中央にテントがあり、その下に椅子が置かれている。テントの横にブースがあり、そこでビールやつまみが販売されている。またテントの端にはステージがあり、なんだか賑やかな音楽で盛り上がっていた。

さて最初のビールはブースの端にあるお店で購入、まずデポジットで1000円払いそれからビールを購入する。ちなみにデポジット1000円は帰るときに返却される。

それにしてもビールがたけえ!まあ聞いてたんだけどね。ついでにソーセージ盛り合わせも購入して確保地点にとって返す。

Octf2

そろったところで

カンパーイ!

むむ、高いだけにこのビールうめえ。他の方のビールも味見させてもらいながら飲み進む。高けりゃうまいのは当然ながら、やっぱりこのビールうまいなあ。

Octf3

こんなところでもらーめんの話をしたりするめんめん、べんてんの話とかなあ。

高いビールもがぶ飲みする。立ち飲みの店にいけばここの一、二杯の値段で良い気分になれそうだけど、まあそれは言うまい。

Octf5

Octf6

Octf7

野菜が乏しいと思ったが、そうだポテトも野菜じゃーまにー、ピクルスもあるしね。その後らーな人たちがやってくる、どうもどうも。

Octf4

テント端のステージがうるせえ、いやこれは当然か。そしてつまみはさらに充実していく。

Octf9

Octf8

かなり良い気分になったところでお開きとなった。いろんな種類のビールを飲めるのは良いね、高いけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

ZIPANG 上野店(上野)

訪問日=7月30日(水) 晴れ

メニュー=海老吟醸ラーメン

Zipangebira

「麺や 海渡」のあと以前「油そば 椿」があった場所に出来た「ZIPANG 上野店」を訪問する。それにしても「椿」関連のお店は本店も閉めちゃったし、どうしたのかな。

さて店内に入り券売機でメニューを確認、上の大きいボタンは味玉付きか、今回は味玉無しの「海老吟醸ラーメン」で券を購入した。カウンター席に着きそれほど待たずらーめん提供、まずはスープを頂いてみる。

海老のかおりがかなり強めのスープ、動物系のコクはあるが結構甘めな味わい、後半その甘さがちとしつこく感じ出す。

麺はかなり固めでちょい太い麺、食感がとても強い。正直もう少し茹でてもらった方が好みかな。

干しエビはさくさくとして香ばしい。鶏チャーシューは香ばしい香りがあるのだが、ただ結構ぱさつき気味かも。キクラゲは存在感あり。あとはねぎにお麩となっている。

すっかり完食、店をあとにした。あれ?「築地 えび金」も結構海老のかおりが苦手だったが、もしかすると強い海老の香りは自分の好みとして苦手なのかもしれない。

到着=12:44 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系のうまみがあり海老の香り強いスープ、甘みあり お気に入り度=6

Zipangmenu_2

Zipangkanban_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

麺や 海渡(末広町・秋葉原)

訪問日=7月30日(水) 晴れ

メニュー=らーめん

Kaitoramen

いくつかの店が入れ替わっている場所にできた「麺や 海渡」を訪問、店内に入り券売機でメニューを確認する。今回は左上の「らーめん」で券を購入した。

カウンター席に着き券を渡すと半ライスサービスとのこと、迷ったが連食を考えていたので今回はなしでお願いする。ちなみに先客は無しながら後に4人ほど入店している。

結構待って「らーめん」提供、まずはスープを頂いてみる。鶏のうまみと魚介の味わいが効いたスープ、クセが無くマイルドな味わい、でも温めかも・・・。

実は麺を茹でている間に半固形のスープを温めていた(多分寝かせていたものだろう)。麺を茹でてからテポをあげ、しばらくしてから丼に入れていたが、スープはさらにもうしばらくして丼に投入されていたくらいなので予想はしていた。という訳で麺も結構柔らかめの太麺、のど越しは良い。

最初麺の緩さになんだかなあと思っていたが、でも食べ進むとこれはこれでいいかもと思えてきた。優しい味のスープには丁度良いかも、ただもうちょい、ほんのちょいコシがあっても。

チャーシューは鶏と豚の2種、鶏は食感ありながら柔らかく鶏のうまみ感じる。豚は薄いが噛み応えあり、ただかおりは強めであった。メンマは太く良い食感、くさみも無し。あとはカイワレにねぎにのりとなっている。

すっかり完食、スープ自体はマイルドな味でかなり好みであった。店をあとに、多分自分と同ロットの方以降のスープは大丈夫だったのではないだろうか。

到着=12:07 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=鶏と魚介のうまみあるマイルドなスープ お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 6日 (水)

食処 渓(川口)

訪問日=7月27日(日) 晴れ

メニュー=渓つけめん

Keitsuke

日曜日に川口の「食処 渓」を久しぶりに訪問、おや?店前のメニューを見ると「ぶっかけまぜそば」なるメニューが目に入った。なんだろう?かなり気になるが、うーん、でも今日はもう頼むメニューは決めている。

店内に入り券売機で購入は「渓つけめん」の券、満席のため待ち席でちょっと待つことに。しばらくして席が空いたのでカウンター席に着席した。

ちょい待って「渓つけめん」提供、まずは麺を頂いてみる。コシのある太麺は食感が強く風味も良い。やはりかなり好みの麺であった。

つけスープは動物系のうまみ、そして魚介の風味と味わいを感じる。ちょっととろみを感じるスープは、それでも無化調のためか後口がすっきりしている。こちらもかなり好み、良い味だなあ。

途中でタマネギを投入、今回は結構多めに入れてみた。ざくざくとした食感ですっきりした辛みもあり。

スープ内にはチャーシューが入っているのだが柔らかくもあるが食感もしっかりしている。チャーシューは大きいのが一枚と刻まれたものが大量に入っていた。

メンマも食感良くくさみもない。かなり多い麺はこれで並盛り、逆にミニというのがあるのだが、それが普通盛りという感じかも。

すっかり完食、スープ割りはカウンター上のポットからスープを入れる。魚介のスープを多めに入れて完飲、満足して席を立つ。

おっと忘れてはいけないタマネギを入れたので券売機上にある入れ物に今回は100円をいれることにした。まあ量的には4,50円で良さそうな気もしたが、小銭がなかったので。

店をあとにしたがやはり「ぶっかけまぜそば」が気になる。今度頼んでみようかな。冷やしじゃないんだろうな、冷やしのまぜそばとかやらないかな。

到着=11:35 待ち時間=8分 行列=0人(満席)

麺=太麺 スープ=動物系と魚介のうまみが効いたとろみのある醤油 お気に入り度=9

Keibukakemenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

一龍(下北沢)

訪問日=7月26日(土) 晴れ

メニュー=中華そば

1ryusoba

「つけ麺 岩」のあと、いこうと思いながらまだ未訪だった「一龍」を訪問する。店内に入りカウンター席へ、空き席はあるが椅子の間隔が狭いなあ。身体をもぐりこませてメニューを確認、今回は「中華そば」でお願いしている。

それほど待たず「中華そば」提供、まずはスープを頂いてみる。動物系のコクとうまみを感じるスープは結構濃いめながら香りがとても良い。この味は昔どこかで食べた気もするがどこだったか?でもかなり好きな味であった。

麺はちょい太めでちぢれている。固さを感じる茹で上がりだが、でも狙った固さなんだろうなあ。スープはよく絡む。

チャーシューはかなりの噛み応えあり、ぱさつく手前という感じだがでもこれが好み、ビールと一緒に食べるとよさそうな感じもする。

もやしとねぎは個人的には無くてもいいかも。紅ショウガは普段ならいらない派閥に所属するのだが、でもこのスープにはなんだかあう。

するすると食べ進み完食、連食でかなりお腹一杯になっていたし、濃い味なのでスープはある程度、と言いながら結局かなり飲んでしまっている。

最後にお会計をして店をあとにした。途中で満席になっていた店内、地元の方が多数来られているようであった。

到着=12:13 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太ちぢれ麺 スープ=動物系のうまみあるスープ お気に入り度=7

1ryumenu1

1ryumenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 4日 (月)

つけ麺 岩(下北沢)

訪問日=7月26日(土) 晴れ

メニュー=つけ麺(細麺)

Iwatuke 下北沢で半地下のお店「つけ麺 岩」を訪問、店内に入りカウンター席に着席した。席はテーブルも多数あり。

メニューを見て今回はつけ麺をお願いする。ここで麺の選択を確認された。太麺や平打ち麺があるのだが、この日の変わり麺で細麺があるらしい。つけ麺の細麺は珍しいのでそれでお願いすることにした。目の前には広い厨房、店員さんも5人いる。

結構待って「つけ麺(細麺)」、麺は並でも結構な量のようだ。まず麺を頂いてみる。コシのある中太麺は風味も良く食感がしっかりしている。つけ麺だとあまり見ないタイプの麺だけどかなり好みの麺であった。

つけスープは動物系のうまみと魚介の風味と味わいが効いている。結構甘みがある感じ、ただスープはそれほど特徴がある感じではなかいかな。でもちょっと濃い味、その分麺をどんどん食べ進める。チャーシューはスープ内にあり、柔らかく良い味でかなり好み。

食べ進むとスープはさらに濃く感じ出す。そういえば他の方がスープ割をしていたので気づいたが、スープが小さいポットで別に用意されるらしい。というわけでまだ麺がある段階でスープ割を依頼する。これで味の調整をして完食した。

最後にお会計をして店をあとにする。太麺や平打ち麺も気になるが、でも細麺で注文してよかった。

到着=11:46 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=動物系と魚介のうまみあるスープ お気に入り度=7

Iwamenu

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年8月 3日 (日)

じゃじゃおいけん 大久保店(大久保)

訪問日=7月25日(金) 晴れ

メニュー=冷やしじゃじゃ麺中盛り+チータンタン

Jyajyaoikenhiyajyajya

大久保に出来た「じゃじゃおいけん 大久保店」を訪問、お店の場所は以前伺った「鯱」の通路を挟んですぐ横であった。

お店に着くと店前に並びあり、ってどっちのお店の並びだろう?聞いたら「鯱」に並んだ方たちであった。というわけで「じゃじゃおいけん」の扉をくぐる、と言ってもこちらも八割程度埋まっているようだ。

店内の券売機でメニューを確認、ちなみにこちらは大久保店とあるように三軒茶屋にお店がある。そちらでは普通の「じゃじゃ麺」を頂いているので今回は「冷やしじゃじゃ麺」を選択することにした。

左上は子供用?次が中盛、ちと判りづらい。今回は中盛で券を購入した。それにしてもじゃじゃ麺の冷やしか、じゃじゃ麺の魅力が消えたりしないのかちょっと心配でもあった。

ちなみに「チータンタン」はあとで注文も出来るということだったがどうせ注文するのでそちらも先に券を購入している。

券を持って奥のカウンター席に着席、ちょっと待って「冷やしじゃじゃ麺中盛り」が提供された。まずは混ぜる前に麺だけ頂いてみる。

かなりコシのある太麺は平たくもちろん冷たいタイプ、コシが強いうどんのような感じにも思える。上の肉味噌が特徴的なこのメニュー、では混ぜてと。

Jyajyaoikenmaze お!これは!先ほどの麺に絡む肉味噌の味、コクはあるがしつこくない味、かなり良い。しょうがの風味も混ざりいい感じ、温かいのよりこちらの方が好みかも。時折キュウリの強い食感も歯に加わる。

このメニューはかなり気に入ったが、でも冷やしのためかあっと言う間になくなってしまった。もうワンサイズ大きくしたので頂いてみたい。

完食したがやはり冷やしのためか底に残る肉味噌も少ない。卓上にあった玉子を投入し、混ぜてから器を店の方にお渡しする。卓上の肉味噌も追加したほうが良いのか確認したら、それはお店の方が追加してくれるらしい。ただそれでも足りなければ追加するようにとのこと。

Jyajyaoikenchitantan スープが入って提供、混ぜてレンゲで頂いていく。これがまた良い味、卵のマイルドなうまみと肉味噌の味わいがスープに加わっている。ちなみに冷やしメニューと店内冷房でかなり涼しく、こうなると温かいスープが心地良い。

途中でおすすめのラー油を加えるとこれが良い香り、入れて良かった。お酢も投入すると味に変化があり、これも満足できる味になる。

「チータンタン」を堪能して完飲、店をあとにした。かなり良かった、再訪時にも冷やしで頼んでしまいそうだ。次回は麺の量を増やしてみよう。

到着=12:22 待ち時間=0分 行列=0人

麺=極太平麺 スープ=コクのある肉味噌 お気に入り度=8

Jyajyaoikensetumei1

Jyajyaoikensetumei2_2

Jyajyaoikenmenu

 

 

Metokiyasumi「じゃじゃおいけん 大久保店」のあとに「めとき」に向かったが臨休だった、まあ予想はしていたのでまた今度いってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 2日 (土)

素材の力 麺屋 香澄(中野)

訪問日=7月23日(水) 曇り

メニュー=塩香澄ラーメン

Kasumishio

「つけ麺らーめん 司郎」のあとは中野に移動、駅からはちょい歩く場所にある「素材の力 麺屋 香澄」を訪問する。お店は中二階になる模様、店内に入ると目の前がカウンター席なのだがどうやら満席のようだ。

ただし奥にテーブル席あり、といってもテーブルは低く片方の椅子はソファーとスナックのテーブル席みたいだな、とりあえず今回はそちらに案内された。

メニューを確認して「塩香澄ラーメン」でお願いする。それほど待たずらーめん提供、まずはスープをいただいてみる。あっさりした塩のスープはじんわり口に広がるうまみ、突出した個性があるわけではないが結構好きな味であった。

麺は細目でちぢれている。適度なコシで後半結構柔らかくなってきた。

チャーシューは柔らかいタイプ、メンマはすっきりした味でくさみなし。柔らかい半熟玉子がやさしい味であった。

すぐに完食、お会計をして店をあとにした。

到着=12:42 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細ちぢれ麺 スープ=あっさりした塩 お気に入り度=7

Kasumieigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

つけ麺らーめん 司郎(阿佐ヶ谷)

訪問日=7月23日(水) 曇り

メニュー=つけ麺中盛り

Shirotuke 阿佐ヶ谷の「つけ麺らーめん 司郎」を訪問、お店に着くと店前は工事中、この状態だと入ろうという強い気持ちがないと店内には入らないだろう(まあ工事はこの時だけだろうが)。

でも入る前にまずは店前の券売機で券を購入する必要あり、メニューを確認する。つけ麺は並から特盛まで同額、1000gまでサービスってすごいな。今回は「つけ麺中盛り」の券を購入した。

券を持って店内に入りカウンター席に着席する。椅子は固定されておりテーブルまでが近い、テーブル自体も狭いので結構座りづらいかも。

しばらくして「つけ麺中盛り」提供、まずは麺を頂いてみる。コシのある、というかかなり固めの太い麺、平たいタイプでのど越しは良い。でも固いなあ。

つけスープは濃厚な動物系のスープ、そこに節系魚介のうまみが効いている。酸味と甘みも強め、なるほどこういう味か、味が濃いので麺を食べるのには問題ない。ただ後半ちょっとしつこく感じる。

スープ内の具材、チャーシューは噛み応えがあるタイプ、メンマも良い食感、のりやナルトもあり。ちなみに前述の通りテーブルは狭く、しかも上にでっぱりがあるのでかなり食べづらい。

中盛りの麺は多めながらするっと完食した。店をあとにしたが、こういう味をがっつり食べたい場合には良いかもしれない。

到着=11:52 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=動物系と魚介のうまみある濃厚醤油、酸味甘みも強め お気に入り度=6

Shiromenu1

Shiromenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »