« 新和歌山らーめん極ジョー(立川:アレアレアラーメンスクエア) | トップページ | 自家製極太手もみ麺 豚鶏ラーメン 雷一家(立川:たま館) »

2014年4月26日 (土)

麺処 鳴声(立川:アレアレアラーメンスクエア)

訪問日=4月13日(日) 曇り

メニュー=ブイヤベース de 担々麺

Narukoetantanmen

ラースクでもう一杯、「鳴声」は以前西馬込にあるお店に伺っている。まずは店前の券売機でメニューを確認、普段担々麺はあまり狙わない方だが、でもブイヤベースという文字に惹かれ「ブイヤベース de 担々麺」で券を購入した。店内に入りカウンター席に着席する。

そこから結構待って「ブイヤベース de 担々麺」が提供された。まずはスープを飲んでみる。海老のかおりを感じる魚貝のスープはあっさりながら味わい深いうまみあり。担々麺ながら辛みはそれほど感じない。

担々麺というかメニュー名通りブイヤベーススープのように感じる。正直最初はあっさりすぎたが食べ進むとかなり好みの味になってきた。

麺はかなり太く平たいタイプ、これは茹で時間が掛かるだろう。太い麺で噛み応えはあるが固い印象は無い。麺自体は好み、ただあっさりめのスープにはちょっと強すぎるかもしれない。

上には挽き肉が乗っているがこれがやたらと良い味、かなり気に入った。これはチコリかな?軽い苦みが好きな味。丼のふちにあるのはトマトのペースト、そのまま食べるとかなりトマトの風味と味があるのだが、スープに混ぜるとそれほど強い変化はないかもしれない。

アルファルファは食感がさくさくとしているが、ただ後半麺に絡み麺の食感があまり良くないものになってしまった。ちなみにアルファルファといえば東京03の飯塚さんと豊本さんだが、特にこの内容に関係があるわけではない。

すっかり完食、ただスープに挽き肉が沈んでいる。残すものかと食べていくとスープもかなり飲んでいた。店をあとにしたが、券売機にあった「鶏節中華そば」というメニューも気になるかも。

到着=12:16 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=ちょい辛みのあるブイヤベースの様なスープ お気に入り度=7

Narukoemenu1

Narukoe2

Narukoe3

Narukoehashi

|

« 新和歌山らーめん極ジョー(立川:アレアレアラーメンスクエア) | トップページ | 自家製極太手もみ麺 豚鶏ラーメン 雷一家(立川:たま館) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/59534186

この記事へのトラックバック一覧です: 麺処 鳴声(立川:アレアレアラーメンスクエア):

« 新和歌山らーめん極ジョー(立川:アレアレアラーメンスクエア) | トップページ | 自家製極太手もみ麺 豚鶏ラーメン 雷一家(立川:たま館) »