« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月30日 (水)

らーめん 大木(大山)

訪問日=4月17日(木) 晴れ

メニュー=らーめん

Ookiramen

大山駅近くに出来た「らーめん 大木」を訪問、場所は先日伺った「あまみ屋」の近くであった。店前には山形らーめんの幟がある。

店内に入りカウンターに着席、席はテーブルもあり。メニューを見ると「冷やしらーめん」なんてのもある、さすが山形らーめんのお店、夏には良さそうだ。さて今回は「らーめん」で注文、ちょっと待って提供された。

まずはスープを頂いてみる。あっさりした醤油のスープ、その中に牛の風味と甘みが感じられる。じんわりくる味わいだが好みの味であった。

麺は中太で適度なコシ、のど越しは良いがスープの絡みはまずまずかも。麺が違えばもっと好みのらーめんと認識するだろう。

チャーシューというか牛肉、メニューにはチャー牛と書かれている。肉厚でかなりの噛み応え、噛みきるのが難しいほど。正直同じ量でもう少し薄切りなら食べやすく豪華になる気がする。

すっかり完食、お会計をして店をあとにした。冷やしらーめんがやはり気になる。

到着=12:04 待ち時間=0分 行列=0

麺=中太麺 スープ=あっさりした醤油、牛の風味と甘み お気に入り度=7

Ookimenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月29日 (火)

肉汁つけめん まるつき(三越前)

訪問日=4月15日(火) 晴れ

メニュー=肉汁つけ麺(並)

Marutukituke

「極上無双 誠屋」で食べ終え、もしまだ満席ならうきびしいと思っていたが、でも時間が良かったのか丁度空いてきたので「肉汁つけめん まるつき」で連食を狙うことにした。

一度外に出て「まるつき」の券売機でメニューを確認、「肉汁つけ麺」で券を購入した。今度は左のカウンターに券を出すと、普通のと濃厚の選択を確認された。濃厚は濃厚なんだろうなあ、怖かったので今回は普通の方でお願いしている。また中盛りまで同額とのこと、まあ連食なので並でお願いします。

空いた席に座りそれほど待たず番号を呼ばれた。つけ麺を受け取って席に戻る、さて頂こう。

適度なコシの太麺はちょっと柔らかめ、ただ特に違和感はないかな。太さの割りに提供は早かった。

上の挽き肉と卵黄を絡めて頂いてみる。挽き肉は濃い味ではないが、ただ卵黄と麺が絡みこれはこれで食べてしまえる。

でも器がざるなので卵黄がこぼれないかどきどきする。まあ卵黄は上の方で混ぜたので落ちなかったけど。というかこれならざるでない方が麺を目一杯混ぜることができるんだけど。

つけスープは、うわ!味濃いなあ!動物系のうまみがあるスープだがかなりしょっぱめ、連食だから?とも思ったがそれにしてもという味の濃さであった。麺は下の方をつけるだけで頂いていく。これで丁度良いくらいであった。

スープ内には豚肉とキャベツ、噛み応えがあるのだがこれもスープで味が濃くなっている。豚肉だけを直接麺に絡めて食べてみたが、それでもしょっぱい。

残り少ない段階でポットに入った割りスープの存在に気づいた。しまった、これで薄めれば良かったのか。丁度良い濃さで完食、施設をあとにした。

到着=13:00 待ち時間=0分 行列=0

麺=太麺 スープ=動物系のうまみある醤油、かなりしょっぱい お気に入り度=6

Marutukimenu1

Marutukimenu2

Marutukiitiran

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月28日 (月)

極上無双 誠屋(三越前)

訪問日=4月15日(火) 晴れ

メニュー=豚骨醤油らーめん(太麺)

Makotoyaramen

三越前駅近くにに二軒のらーめん店が入る店舗(施設?)「麺処 千義家」が出来た。二軒とは「極上無双 誠屋」と「肉汁つけめん まるつき」というお店になる。ちなみに場所は「日本橋 製麺庵 なな蓮」のすぐ横であった。

施設前にはそれぞれの店舗の券売機あり、まずは「極上無双 誠屋」の券売機で「豚骨醤油らーめん(太麺)」の券を購入する。施設前には並びがあったのだが、ただ調整のため5人飛ばしで店内へ入ることになった。

右のカウンターが「誠屋」になるようだ。食券を渡すと番号札を渡され、その札を持って空いている席に着席する。ちょっと待って番号を呼ばれ「豚骨醤油らーめん」を受け取った。席に戻り、さあ頂こう。

動物系のかおりと、そして風味がかなりある醤油のスープ、けっこうにおいは強めな感じ、うまみも十分感じられる。個性的な味わいであったが結構好きな味かも。

麺はコシのある太麺でちょい平たい、太いが固い印象はなく良い食感であった。チャーシューは噛み応えがあるタイプ、メンマは風味が微妙だなあ。あとはのりにねぎトッピングされている。

完食して一旦施設を出る。もちろんもう一軒も伺う予定である。

到着=12:21 待ち時間=0分 行列=5人(施設前並び:調整5人飛ばし)

麺=太麺 スープ=動物系の風味とうまみがある醤油スープ お気に入り度=7

Makotoyamenu

Makotoyaititan

Makotoyamatutuki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高はし(赤羽)の休み情報

ちらっと聞いた話では29日(火)は営業、5月の3日(土),4日(日),5日(月)は休みで6日(火)は営業とのこと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月27日 (日)

自家製極太手もみ麺 豚鶏ラーメン 雷一家(立川:たま館)

訪問日=4月13日(日) 曇り

メニュー=ラーメン

Kaminariiikaramen

ラーメンスクエアで三杯頂いたのだが、立川で気になるお店がもう一軒ある。胃袋も大丈夫そうだし折角なのでもう一杯頂くことにした。

向かったのはこちらもラーメン施設の「立川らーめんたま館」、目当ては以前伺った「濃厚鶏ソバ 怪人二十面相」がリニューアルした「豚鶏ラーメン 雷一家」である。

館内に入りお店の前にある券売機で「ラーメン」の券を購入した。席は満席のためすぐには座れなかったが、ただ待つほどもなく席は空いている。

券を渡すと麺は大盛りまで無料とのこと、さすがに四連食目なので今回はお断りした。

ちょっと待って「ラーメン」提供、まずはスープを頂いてみる。いやこりゃすごいね。もう動物系のコクとうまみがどかんと効いたスープ、濃厚ながらただ特にしつこい感じは無い。スープの味わいがとても強く、かなり好みのスープであった。

麺は太くコシがある、強いスープにも問題なくあっている。そして並盛りなのにかなり多め、まあ好みの味なので問題ないだろう。

チャーシューは豚と鶏の二種、これが二種とも良い味、さっくりとした食感でそれぞれ素材のうまみを感じる。のりは三枚、これでご飯くるんだらうまいだろうなあ。食べ進むと丼の底に引っかかりを感じる、なんだろう?

完食、最後にスープを飲んでいくとレンゲに髄がわんさか乗っているのに気がついた。箸の引っかかりはこれか、凄まじいな。

スープは良い味だがさすがにここまでの連食となれば完飲はしなかった。ただかなり満足して店をあとに、あのスープでつけ麺というのも良いかもしれない。

到着=13:00 待ち時間=0分 行列=0

麺=太麺 スープ=動物系のコクとうまみが強烈なスープ お気に入り度=8

Kaminariiikamenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月26日 (土)

麺処 鳴声(立川:アレアレアラーメンスクエア)

訪問日=4月13日(日) 曇り

メニュー=ブイヤベース de 担々麺

Narukoetantanmen

ラースクでもう一杯、「鳴声」は以前西馬込にあるお店に伺っている。まずは店前の券売機でメニューを確認、普段担々麺はあまり狙わない方だが、でもブイヤベースという文字に惹かれ「ブイヤベース de 担々麺」で券を購入した。店内に入りカウンター席に着席する。

そこから結構待って「ブイヤベース de 担々麺」が提供された。まずはスープを飲んでみる。海老のかおりを感じる魚貝のスープはあっさりながら味わい深いうまみあり。担々麺ながら辛みはそれほど感じない。

担々麺というかメニュー名通りブイヤベーススープのように感じる。正直最初はあっさりすぎたが食べ進むとかなり好みの味になってきた。

麺はかなり太く平たいタイプ、これは茹で時間が掛かるだろう。太い麺で噛み応えはあるが固い印象は無い。麺自体は好み、ただあっさりめのスープにはちょっと強すぎるかもしれない。

上には挽き肉が乗っているがこれがやたらと良い味、かなり気に入った。これはチコリかな?軽い苦みが好きな味。丼のふちにあるのはトマトのペースト、そのまま食べるとかなりトマトの風味と味があるのだが、スープに混ぜるとそれほど強い変化はないかもしれない。

アルファルファは食感がさくさくとしているが、ただ後半麺に絡み麺の食感があまり良くないものになってしまった。ちなみにアルファルファといえば東京03の飯塚さんと豊本さんだが、特にこの内容に関係があるわけではない。

すっかり完食、ただスープに挽き肉が沈んでいる。残すものかと食べていくとスープもかなり飲んでいた。店をあとにしたが、券売機にあった「鶏節中華そば」というメニューも気になるかも。

到着=12:16 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=ちょい辛みのあるブイヤベースの様なスープ お気に入り度=7

Narukoemenu1

Narukoe2

Narukoe3

Narukoehashi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月25日 (金)

新和歌山らーめん極ジョー(立川:アレアレアラーメンスクエア)

訪問日=4月13日(日) 曇り

メニュー=和歌山らーめん

Jyoramen

「麺志朗」の次は和歌山らーめんのお店「極ジョー」を訪問、ただし看板には「新和歌山らーめん」と書かれている。店前には並びあり、まずは券売機でメニューを確認する。「和歌山らーめん」で券を購入、その後並びについてしばし待つ。

ちょい待って店内に案内されテーブル席に着席した。案内で気づいたが入り口付近には無料風味替えコーナーがあるようだ。

秘伝の辛タレにおろしにんにく、高菜に紅ショウガ、ゆずこしょう、魚粉の案内となっている。ただし辛タレとおろしにんにくは卓上に常備されているようであった。一応風味替えアイテムを少しずつ皿に取ってきてらーめんを待つことに。

結構待ってらーめん提供まずはスープを頂いてみる。クセが無く案外すっきりした後口の豚骨醤油スープ、くさみなど無く食べやすい感じの和歌山らーめんという感じであった。

麺は細く噛み応えあり、細いのでスープはよく絡む。チャーシューはさっくりした食感ながら脂身も結構あり。でかいかまぼこがうれしい。あとはねぎとなっている。

ゆずこしょうは確かにゆずこしょうの風味が加わる。でもそれほどスープにあう感じは思えなかった。魚粉は少なすぎたかな、香る程度かも。

すっかり完食、店をあとにした。

到着=11:48 待ち時間=5分 行列=4人

麺=細麺 スープ=クセのない豚骨醤油 お気に入り度=7

Jyokanban

Jyomenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月24日 (木)

【卒業】麺志朗(立川:アレアレアラーメンスクエア)

訪問日=4月13日(日) 曇り

メニュー=海老塩ラーメン(平打ち麺)

Menshirosio

立川の「ラーメンスクエア」は三店舗が入れ替わったようだ。という訳で今回は三店舗食べる意気込みで「ラーメンスクエア」へ向かう。施設到着、最初は塩らーめんのお店「麺志朗」を訪問する。随分前に移転前の「UMA」に伺ったがその関連店らしい。

店前の券売機でメニューを確認、海老がトッピングされたメニューが左上だが、でも普通の「海老塩らーめん」で券を購入した。

店内のカウンター席に着席、テーブル席も多数あり。店の方に券を渡すと麺を平打ちと太麺の二種類から選べるとのこと、今回は平打ちでお願いしている。

ちょっと待って「海老塩ラーメン(平打ち麺)」提供、まずはスープを頂いてみる。海老のかおりとうまみが効いているあっさりした塩のスープ、あっさりながらうまみは詰まった味わい、とても好きな味であった。

麺は太めで平たいタイプ、そしてかなり固い印象でのど越しもまずまず、これは狙った茹で加減だろうか?もう少し茹でてもらった方が好みかもしれない。

チャーシューは非常に柔らかい。ねぎの上には海老フレーク、元のスープに海老の風味が強くあり、海老フレークもねぎと一緒に食べてしまったのでそれほど強烈に変化した印象はなかった。

すっかり完食、店をあとにした。麺は太麺の方が良かったのかな?

到着=11:28 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太平麺 スープ=海老のかおりとうまみあるあっさりした塩 お気に入り度=7

Menshiromenu

Menshiro

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月23日 (水)

つけめん ムサシヤ(吉祥寺)

訪問日=4月12日(土) 晴れ

メニュー=つけめん

Musashiyatuke

「三鷹食堂いなり」から吉祥寺に移動、裏の道に入り「つけめん ムサシヤ」へ向かう。お店到着、店内に入り数字入力式の券売機で1番の「つけめん」の券を購入した。

カウンター席に着席、奥にはテーブル席もある。ちなみに店員さんのTシャツの裏には「武蔵家」の文字がある、ああそういうことか。茹で時間は結構長めで7分くらいかな、それくらい待って提供された。

まずは麺を頂いてみる。コシのある太麺は平たいタイプ、のど越しが良くもちもち感もある。風味も良く好みの麺であった。

つけスープはかなり強力な味、動物系のかおりとうまみが強烈に、そして魚介のうまみもがつんと効いている。節系のざらつきも強くインパクトのあるつけめんとなっている。ただスープはしつこいほどではなく満足感は高い。

麺の上には豚肉がのっている。あっさりながらショウガ焼きのような感じでうまみはしっかり、良い味であった。キャベツはさっぱりとして濃い味のスープに丁度良い。

するっと完食、スープ割りはポットで提供される。薄めて結構飲んで店をあとにした。このメニューはご飯と一緒に頂いても良いような気がする。

到着=12:14 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=動物系と魚介のうまみががつんと効いた醤油 お気に入り度=7

Musashiyamenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月22日 (火)

三鷹食堂いなり(三鷹)

訪問日=4月12日(土) 晴れ

メニュー=ラーメン(醤油)

Inariramen

三度目の正直で三鷹の「三鷹食堂いなり」を訪問する。よかった、今回は無事に営業中であった。店内に入り券売機でメニューを確認、豚骨らーめんがメインになるのかな?でも今回は「中華そば」で券を購入した。

カウンター席に着席、券を渡すと塩と醤油のどちらにするか確認される、これは迷うなあ。結果醤油でお願いすることにした。

さてそれほど待たず「中華そば(醤油)」提供、まずはスープを頂いてみる。動物系のコクとうまみがかなりしっかりと効いた醤油のスープ、予想していたのはあっさり醤油だったが、なんだろうこれがかなり好みの味であった。スープの香りもかなり良い。

麺はちょい太めで平たいタイプ、適度なコシでつるつるとのど越しが良い、かなり好みのらーめんであった。

チャーシューはあっさり味で噛み応えがある。ほうれん草とメンマはちょい風味が気になる感じであった。タマネギは結構辛みがある。

麺とスープがかなり気に入っての完食、店をあとにした。実は他の方が召し上がっていたつけ麺もかなり良さそうであった。それも食べてみたい。

到着=11:36 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=動物系のコクとうまみある醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月21日 (月)

満来(新宿)

訪問日=4月11日(金) 晴れ

メニュー=チャーシューざる

Manraityazaru

久しぶりに「満来」の扉をくぐると店内はすごい行列となっていた。12時には大分時間があったのだが相変わらず人気があるんだなあ。

まずは券売機でメニューを確認、今回は「チャーシューざる」で券を購入した。並びに加わりしばし待つ。しばらくすると外にまで行列が伸びているのに気がついた。かなり待ちそうな感じだが案外回転は良い。というわけでそれほど待った感じもなくカウンター席に着席した。

しばらくして「チャーシューざる」提供、いやあつけスープの迫力がすごいなあ。さて頂こう。

つけめんにしてはちょい細目の麺は平たいタイプで適度なコシとなっている。のど越しが良く啜るのが気持ち良い麺であった。

つけスープにはチャーシューどっさり、隙間を見つけて麺を潜り込ませる。あっさりながらうまみを十分感じる醤油のスープ、あっさりといっても味わいはしっかり、酸味と辛みも適度に感じる。

満足感の高いつけめん、そしてそれをさらに高めるのがたっぷりのチャーシューになる。柔らかいが噛み応えを感じる肉厚のチャーシュー、あっさり味ながら肉のうまみがしっかりある。

かなり好み、そしてこのチャーシューは食べても食べても下から現れる。1350円とかなりの値段ながらその価値があるメニューである。

どんどん食べ進むがこれ大盛りにしたら胃袋が大変なことになってただろうな(そういえば昔食べたっけ)。

すべて食べ尽くし、丼を上にあげて店をあとにした。久しぶりにチャーシューらーめんも食べてみたい。

到着=11:21 待ち時間=9分 行列=10人

麺=中太平麺 スープ=あっさりした醤油味、酸味辛みもあり お気に入り度=9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

いぶし銀(町田)

訪問日=4月9日(水) 晴れ

メニュー=ジャパン

Ibusiginjapan

町田汁場 しおらーめん進化 町田駅前店」のあとはちょい歩いて「ラーメン noodles」を目指す。お店に近づくとすぐ横の「胡心房」には10人程度の並びになっているのが目についた。

さて「ラーメン noodles」に並びは無い、え!というかやってない、何で?なんと月に1度の水曜休みではないか!ほんとかよ・・・。

でもここは町田、他にも行きたい店はある。「胡心房」は待ち時間が長そうなので「煮干鰮らーめん 圓 町田店」へ向かうことにした。お店到着、・・・やってないよ。スタッフ研修で休業らしい、そんなことがあるのか・・・。

ここまで来たなら「白河手打中華そば 一番いちばん」に向かってみようか。お店到着、ああ・・・、こちらは普通に休みか、調べりゃ良かった・・・。やっぱり「胡心房」か「ど・みそ」にいっとけば良かったかなあ。

「ラーメンおやじ」に向かうがこちらの並びもすごい、やめておこう。

結局以前伺った「いぶし銀」を再訪することにした。店内のカウンター席に着席、前回は「つけ麺」だったので今回は汁麺の「ジャパン」でお願いした。

ちょっと待って「ジャパン」提供、まずはスープを頂いてみる。魚介のうまみを感じる醤油のスープ、あっさりながら十分なスープのうまみを感じることが出来る。最初煮干しをそれほど意識しなかったが、ただ食べ進むと煮干しの風味が増してくる。好みのスープであった。

麺は太くコシがあるタイプ、風味も良い。正直最初はあまりスープに馴染んでないように感じたが、でも食べ進むと良い感じに馴染んできた。

ゆず皮は見あたらないがゆずの風味を口の中を駆けていく。上のチャーシューは炙り、あまり香ばしくは無いが柔らかく肉のうまみを感じる。メンマはさくっとした食感でくさみもなし。

そして完食、たっぷりのスープはさすがに完飲はしなかったが結構飲んでしまっている。最後にお会計をして店をあとにした。

まあ町田なら営業してさえいればらーめんを食べる場所に困ることはない。営業していれば。

到着=13:17 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=魚介のうまみある醤油 お気に入り度=8

Ibusiginmenu1

Ibusiginmenu2

 

 

 

ラーメン noodles」は月に1度の水曜でした

Noodleseigyo

スタッフ研修で休業の「煮干鰮らーめん 圓 町田店」、まさかの事態

Enyasumi

こちらは普通に水曜休みだった「白河手打中華そば 一番いちばん」、久しぶりに食べたかった

Ichibanyasumi

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月19日 (土)

町田汁場 しおらーめん進化 町田駅前店(町田)

訪問日=4月9日(水) 晴れ

メニュー=鰺煮干しの塩そば

Matisinkaajinibo

「中野汁場 進化」は町田に移転したらしい。本店も町田なので町田で二店舗体制になるのか。ちなみに「町田汁場 進化」は随分前にバスで伺ったが、今回の「町田汁場 しおらーめん進化 町田駅前店」は駅から歩いて3、4分の場所になる。

お店に着くと前には並びあり、店自体は2階ながら並びは外に出た道路の端に並ぶようだ。普通なら判りにくいが案内のお兄さんがいるので迷うことはない。

先にメニューを渡され内容を確認、「塩らーめん」が良さそうだが「鰺煮干し」の文字が強力だなあ。もう少し悩むことにしよう。ちなみに並びを見て諦める人がちらほらいた。ちょっと待ってお兄さんに案内され階段を上がって店内に入る。

券売機は大きなボタンで判りやすい。やはり今回購入は「鰺煮干しの塩そば」の券、その後カウンター奥の席に着席する。

それほど待たずらーめん提供、まずはスープから頂くことに。魚介のうまみをしっかり味わえる塩のスープ、深いコクとうまみが感じられる。鰺煮干しのためかえぐみや苦みなどは感じない。でも不足感が無いどころか強い満足感がある。かなり好みの塩スープであった。

麺は細目でコシがある。風味が良くスープにあっている。これは来た甲斐のある塩らーめんであった。丼の淵にあるわさびを溶かし、さっぱりした風味にもして食べ進む。

チャーシューは噛み応えがあり、あっさり味ながら肉のうまみ感じる。メンマもくさみなく良い食感であった。あとはスライスタマネギにねぎ、あとゆず皮はあまり香らないが口に入れると良い香り、強烈な風味ではなくその香りに驚くことはない。

すっかり完食、スープはそこそこ飲んでいる。席を立とうと思ったが、横のご婦人が席を去るのに時間が掛かっている。そんな状態で待っていると、おっとスープを完飲してしまっているではないか。というわけで味わい尽くして店をあとにする事になった。

こちらには塩を頂くためにも再度伺いたいと思う。ちなみにこのあとさ迷い歩くことになるとはこの時には気づいていなかったのである。

到着=12:11 待ち時間=11分 行列=3人

麺=中細麺 スープ=魚介のうまみある塩 お気に入り度=8

Matisinkamenu1

Matisinkamenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月18日 (金)

ラーメン JAPAN 川口本店(川口)

訪問日=4月6日(日) 晴れ

メニュー=つけ麺(ニンニク)

Japantukemen

もう一軒も川口で、最初は「彩たまや」に向かったが混んでいたので今回は回避、「ラーメン JAPAN」へ向かうことにした。でも連食なのに量は大丈夫か?まあ並ならいけるだろう。

お店到着、店内の券売機で今回も「つけ麺」の券を購入した。カウンター席に座ると麺の盛りを確認される。今回は並でお願いした

しばらくしてトッピングコール、野菜増しは自信がなかったのでニンニクのみお願いする。

もうちょい待って「つけ麺(ニンニク)」提供、まずは麺を頂いてみる。コシのある中太麺はしっかり水でシメられており食感が強い。風味もよく好みの麺であった。

つけスープは動物系の味わいの効いた醤油のスープ、うまみも感じられるが案外さらっとしたスープとなっている。こちらは二郎風のらーめんを出すお店なのだが、個人的にはしっかりしたつけ麺を出すお店というイメージがある。

野菜はもやしがほとんど、わずかに2切れキャベツの切れ端を発見した。ここまでくるともやしだけでも文句はいわない。

チャーシューはとてもやわらかく、あっさりしながら肉のうまみもしっかり味わえる。ニンニクをスープに溶かすと当然ニンニクの風味が強烈に感じられる。

並盛りながらそこそこの量の麺、ただすぐに完食して店をあとにした。今度また大盛りを食べにいこうかな。

到着=12:28 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=濃い味の醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月17日 (木)

武蔵家 川口店(川口)

訪問日=4月6日(日) 晴れ

メニュー=らー麺+サービスライス

Musasiyaramen2

先週「らーめん まる玉 アリオ川口店」「麺屋 番」に伺ったが、まだ川口には行きたいお店がある。と言うわけでこの日は最初に「武蔵家 川口店」へ伺うことにした。

店内の券売機で普通の「らー麺」で券を購入、カウンター席に着席する。味の好みを確認されたがすべて「普通」でお願いした。ライスの有無も確認され、そちらは思わず「お願いします」と答えてしまった。

Musasiyarice 先にライス提供、一緒にチャーシューの入った器も目の前に置かれている。昼のサービスらしくこのチャーシューは無くなり次第終了らしい、これはうれしいサービスだなあ。

さてそれほど待たず「らー麺」提供、まずはスープを頂いてみる。動物系のコクとうまみを強く感じる濃厚なスープ、結構濃い味ながら、ただそれもまた良い。家系の風味と味わいを感じるスープ、あまり家系は狙わない方だがたまに食べるとやはり好みを感じてしまう。

麺は太く適度なコシ、もちもち感のある食感である。ちょっと短め、好みとしてはもう少し長い方が良いんだけど、まあ何度か来て知っているので問題なし。

チャーシューはスープが絡み良い味であった。ほうれん草もスープと絡めながら食べていく。

さてチャーシュー乗せライスも食べていこう。辛みの効いたチャーシューは噛み応えがある。多めのライスもチャーシューでどんどん食べていける。ただライス自体はそれほど好みではないかもしれないが、まあサービスなので。

のりをスープに浸してライス・チャーシューをくるみ口に放り込む、これが相当良い。

そしてらー麺完食、ライスは残り少ないがスープを入れてラーメン茶漬け、まあもちろんあうよね。

さらさらーとかき込んで完食、店をあとにした。ライスもお変わり自由で650円か、ここは良いな。

到着=11:55 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系のコクとかおり強い醤油 お気に入り度=8

Musasiyakonomi2

Musasiyaricemuryo

Musasiyamenu

Musasiyaeigyo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月16日 (水)

麺 高はし(赤羽)

訪問日=4月5日(土) 晴れ

メニュー=半肉入りつけそば大盛+味玉

201404takahashi

写真撮影断り必要

快晴の土曜日に赤羽の「麺 高はし」を訪問する。早い時間ながら店前には並びがある。土曜日のこちらで一番を取るには何時くらいにくればいいのだろうか?

結構待ってから店内に入りカウンター席に着席、着席前に店主氏から「大盛りー?」と聞かれるセミオートマチック注文が完了している。

ちょっと待って「半肉入りつけそば大盛+味玉」提供、まずは麺を頂くことに。コシのある浅草開花楼の太麺は風味が良くしっかりした食感がある。いつもの麺に納得し満足してしまう。

つけスープは今回も最初は混ぜずに頂いた。魚介のうまみと動物系のコクがある味わい、かなり好みの味であった。しばらく頂いてから下から混ぜてと、タレのうまみが強く加わり食べ進むスピードを上げさせる。やはり好みに最もあうお店、来て良かった。

角切りのチャーシューも噛み応えが強くあり、肉のうまみを存分に味わえる。甘みのあるメンマもほっとする味であった。たっぷりの麺もどんどん無くなりすぐに完食、大変満足した。

お会計をして店をあとにする。ではまた来月。そういえば今回も休みの張り紙は無かったが、ゴールデンウィークはどうするのかな?

到着=10:36 待ち時間=19分 行列=8人

麺=太麺 スープ=魚介動物系の効いた醤油

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月15日 (火)

麺屋 縁道(門前仲町)

訪問日=4月4日(金) 晴れ

メニュー=つけ麺(東北トッピング)

Ryokudotuke

「こうかいぼう」のあとは門前仲町に最近出来た「麺屋 縁道」を訪問する。店内に入り券売機でメニューを確認、つけ麺を買おうと思っていたが東北トッピングが気になり「つけ麺(東北トッピング)」で券を購入した。

カウンター席に着席、前に東北トッピングの説明が貼られていた。内容はせんべい汁のせんべいにきりたんぽ、そして肉団子とお麩が入っているらしい。ちなみにこちらは紙エプロンや髪留めの輪ゴム提供もあるらしい、女性にも配慮しているのだろう。

結構待っての提供は予想通りな太麺(そりゃ茹で時間掛かるよね)、まずはその麺から頂いてみる。コシのあるこの太麺、ただ固い印象はなくのど越しも良い。風味も良くかなり好みの麺であった。

つけスープは動物系のコクとうまみを感じるスープ、濃厚ながらしつこくない。最近濃厚動物魚介系は敬遠気味だが、こちらはとても好みを感じている。

トッピングのスープ内せんべいはもちもちした食感、スープも絡み良い味であった。面白いなあ。きりたんぽは米の食感がしっかり残る、このざらつきが気持ちいい。肉団子は軟骨入りで食感も良く香りも良い。お麩はふわっとやわらかい。このトッピングはアリだな。

案外多い麺もするっと完食、スープ割りをお願いする。あられとねぎも追加で再提供、あられが香ばしく良い歯ごたえであった。スープもかなり飲んでしまった。

満足、出るときに遠藤久美子さん似の女性の笑顔に癒されながら店をあとにした。ちなみに昼はつけ麺のみらしいが夜はらーめんもやっているらしい。それも気になる。

到着=12:47 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=太麺 スープ=動物系と魚介のうまみが効いた濃厚なスープ お気に入り度=8

Ryokudomenu

Ryokudotoppi

Ryokudolunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月14日 (月)

こうかいぼう(門前仲町)

訪問日=4月4日(金) 晴れ

メニュー=らーめん

Koukaiboramen

久しぶりに門前仲町へ向かう。最初に伺ったのは「こうかいぼう」、店前には多数のお客さんが並んでいる。最後尾に着いたが後ろにも続々と来客あり、人気は健在であった。

途中で店の方にメニューを渡される。しばし考え今回は「らーめん」でお願いした。徐々に進んでいくと店内にも待ちがあることに気が付いた、すごいなあ。

結構待ってカウンター席に着席、奥にはテーブル席もあるようだ。それほど待たず「らーめん」提供、まずはスープを頂いてみる。

魚介の風味と味わいを感じる醤油のスープ、動物系のうまみも感じられる。非常に味わい深いスープ、いやこれは素晴らしい。久しぶりに頂いたがかなり好みの味であった。

麺は中太でコシがある。風味も良くスープも絡む。麺に対してスープは少ないが不足感が無い。感動する一杯、これで650円か、安すぎるな。

上のチャーシューは柔らかく風味が良い、肉のうまみもしっかり感じる。メンマは太いが柔らかくくさみもない。

心震えながら完食、スープも飲みきってしまった。お会計をして店をあとにする。こちらにはまた是非伺いたい。

到着=12:05 待ち時間=26分 行列=多分17人(店内4名外13名)

麺=中太麺 スープ=魚介と動物系のコクとうまみがバランス良く効いた醤油 お気に入り度=8

Koukaibomenu_2

Koukaibokaitei

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

丸直(新馬場)

訪問日=4月2日(水) 晴れ

メニュー=鶏ポタージュ

Maruchyokutoripota

「ラーメン大木戸」のあとは新馬場に移動、向かったのは「丸直」というお店だが、以前北品川の時に伺っている。そうか閉店していたのか、ただめでたく移転開店ということらしい。

さてお店到着、店前の案内を見るとピザソバなるメニューがある。そういえば「ajito」もまた行きたいなあ。

店内の券売機でメニューを確認、醤油も三種、そして表のメニューで気になったピザソバなど、どうするか迷いに迷ってなぜか「鶏ポタージュ」で券を購入することにした。カウンター席に着席、テーブルではご家族客が食事をされている。

それほど待たず「鶏ポタージュ」提供、真っ白なスープは昔なら「らーめん?」と疑問を持っただろうが、最近は特に違和感がない。それではまずスープを頂いてみる。

鶏のうまみがあるクリーミーでマイルドなスープ、あっさりしているが塩味もきりっと効いている。さらっとしたクリームシチューのような味わい、ただ麺を頂いても物足りなさを感じない。このスープ自体がまず好みであった。

そして麺はもっちりした太麺で、コシはあるが固くはない。良い茹で加減でかなり好みの麺であった。こういうらーめんもあり、そしてかなり好みを感じている。

鶏チャーシューは柔らかくさっくりとした食感、スープにもあっている。黄色と赤のパプリカと緑のピーマンも色合いが良い。

揚げオニオンは香ばしく、スープに溶けるとなぜかポテトの様な感じにもなる。玉子の優しい味もスープにあっている。

完食しスープを楽しんでいたらほぼ飲みきってしまった。醤油のらーめんやピザソバも気になるが今回のも満足できるらーめんであった。これはほかのメニューも良いに違いない。

到着=13:21 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=鶏のうまみあるクリーミーでマイルドなスープ お気に入り度=8

Maruchyokumenu1

Maruchyokutime

Maruchyokutyoumiryo_2

Maruchyokumenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月12日 (土)

ラーメン大木戸(梅屋敷)

訪問日=4月2日(水) 晴れ

メニュー=ラーメン

Ookidoramen

梅屋敷の「ラーメン大木戸」を訪問、場所は駅からはちょっと歩いたところになる。店内に入り券売機で左上にある「ラーメン」の券を購入した。メニューはほかに特製やつけめんもあり。

カウンターはほぼ満席の状態、空き一席にぎりぎり着席できた。ちなみにこちらは元「むろや」の店主氏のお店、厨房内にはもちろんその店主氏がいる。どうやらお一人で営業されているようだ。

ちょっと待って「ラーメン」提供、まずはスープを頂いてみる。魚介のうまみを感じる醤油のスープ、すっきりしながらコクがあり、また味わいも濃い。一口目より二口目が美味しいスープ、かなり好みの味である。

麺は中細でコシがある、啜り心地が良くスープも絡む。これはかなり好みのラーメン、来た甲斐がある。

チャーシューは肉のうまみがあり噛み応えがしっかりしている。穂先メンマは柔らかくくさもも無い。ねぎの食感も良かった。

すっかり完食、最近はスープ完飲を控えようと思う今日この頃、でも気づけば丼は空であった。満足して店をあとにする。これはつけめんも激しく気になるなあ。

到着=12:35 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=中太麺 スープ=コクのある醤油 お気に入り度=8

Ookidomenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月10日 (木)

【閉店】べんてん(高田馬場)

訪問日=4月1日(火) 晴れ

メニュー=塩ラーメン

Bentensio

「べんてん」に向かうと店前の並びは15人か、これはかなり待ちそうだな。やはり30分以上待っての入店、カウンター席に着席する。

さて今回の注文は「塩ラーメン」で、消費税アップで値段が改訂されているが、まあこちらの「塩ラーメン」を食べると思えば安いものである。結構待ってラーメン提供、まずはスープを頂いてみる。

深いコクとうまみを感じる塩のスープ、塩ながら味わいは濃く、ただしつこさなどは無い。やはりかなり好みのスープ、思わずスープを何口も飲んでしまった。

麺は太めでコシがある。するすると口に入る麺は風味も良くスープもよく絡む。丼に大量の麺がうれしい。

上のチャーシューは柔らかいが食感もしっかり、肉のうまみも感じる。熱い油の掛かったねぎとショウガを麺と絡めて食べ進む。

どんどんなくなる麺、すぐに完食してしまう。うーん満足、お会計をして店をあとにした。今度はつけ麺を食べにこようかな。

到着=12:40 待ち時間=34分 行列=15人

麺=太麺 スープ=コクの有る塩味 お気に入り度=10

Bentennewmenu

Bententaxup

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

麺屋 番(川口:遠い)

訪問日=3月30日(日) 雨

メニュー=ラーメン(細麺・醤油)

Banramen

川口の名店といえば「麺屋 番」が思い出される。駅からはかなり遠くなるが雨の中か「らーめん まる玉」のあと「麺屋 番」へ向かうことにした。

店内の券売機で左上の「ラーメン(細麺・醤油)」で券を購入した。カウンターに着席、席はテーブル席もある。先客が3名でその全員が「焦がし醤油」を注文している。香ばしい香りが店内を漂い、かなり煙ってもいる。

さてちょい待ってラーメン提供、見た目でもう美味しいらーめんである。まずはスープを頂いてみる。あっさりめながらコクがありうまみも十分な醤油のスープ、そして香りが抜群に良い。久しぶりながらやっぱり良いわこのスープ、虜になる味であった。

麺は中太でコシがある。風味もよくスープにもあっている。やはり間違いない味であった。実は先客3名で後はなし、雨もあるだろうがこの味ならもう少し来客があっても良いような気がする。

上の炙りチャーシューは香ばしく肉のうまみを存分に味わえる。味玉も良い味、メンマも食感が良くくさみも無し。

かなりの満足感を得て完食した。店をあとにしたがこちらにもまた伺ってみたい。

到着=12:39 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=コクのある醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 8日 (火)

【閉店】らーめん まる玉 アリオ川口店(川口)

訪問日=3月30日(日) 雨

メニュー=まる玉ラーメン

Marutamaramen

先日川口のお店に伺ったが、川口には魅力的なお店がまだまだある。と言うわけでこの日は「アリオ川口」にある「らーめん まる玉」を訪問することにした。「らーめん まる玉」といえば両国のお店が有名だが、実はまだそちらには伺ったことがない。

アリオ川口のレストラン街に着き、お店に到着すると店前には並びがあった。ただすぐに空いて店内へ、カウンター席に着席する。テーブル席は半分ほど埋まっているようであった。

今回の注文は「まる玉ラーメン」でお願いした。それほど待たずらーめん提供、まずはスープを頂いてみる。鶏のうまみをしっかりと感じる白湯スープ、鶏スープを存分に味わえる。ただ鶏のくさみなどは感じない。とても好みの味、かなり久しぶりだが来てよかった。

麺はちょい細目でコシがある。ちぢれておりスープも絡む。実はこちらにあまり来なくなったのは以前麺がぼそぼそした食感だったから、でもこの日は良い茹で加減でスープにもあっている。

チャーシューはかなり柔らかい。あおさはちと海草のかおりがあるのだがそれほど気になる感じではなかった。ねぎの食感も良い。あとはもやしがトッピングされている。特にトッピングに問題があるわけでは無いが、出来ればチャーシューだけであとのトッピング無しでも頂いてみたい。

完食、連食を考えていたがスープがあまりに好みだったので思わず替玉をお願いしてしまった。替玉には塩だれ・揚げねぎ・フライドオニオンが着いてくる。

Marutamakaedama 替玉を丼に入れたがスープを結構飲んじゃったかな?麺がかなり多く見える。スープと混ぜて、塩だれも投入して頂いてみる。スープは少ないが十分な味わいを感じることが出来る。おっと替玉もありだな。

最後に揚げねぎと揚げニンニクも投入、焦げの風味が結構するが、まあ最後に味変出来て良かった。

すっかり完食、お会計をして店をあとにした。こちらにはまた伺ってみたい。それと両国のお店にも行きたくなったな。

到着=11:55 待ち時間=2分 行列=3人

麺=中細麺 スープ=鶏のうまみが効いた白湯スープ お気に入り度=8

Marutamatoppi

Marutamamenu1

Marutamamenu2

Marutamasetumei

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 7日 (月)

ラーメン凪 煮干王 大久保店(大久保)

訪問日=3月29日(土) 晴れ

メニュー=中華そば

Ookubonagisoba

「もちもちの木」のあとは「凪」グループの新店へ向かうことにした。場所は先日訪れた「はやし家」の跡、店内に入り券売機でメニューを確認する。

「つけめん」は調整中でお休み、「油そば」のボタンにも×が点灯していた。それでは「中華そば」でお願いしよう。カウンター席に着きちょっと待って「中華そば」が提供された。まずはスープを頂いてみる。

いやもう煮干しのコクとうまみがこれでもかと効いた醤油のスープ、動物系のコクもしっかり感じる。かなり好みのスープ、一口で魅了される味わいであった。

麺は太く平たくちぢれている。個性的な麺、でも適度なコシの麺はもちもち感があり、ちぢれているのでスープもよく絡む。「凪」なら好みと思うのは当然と思いながら、やはりその味わいに唸ってしまう。

チャーシューは小さかったので3枚になっているとのこと、このチャーシューがまた良い。肉のうまみがあり良い香り。これはごはんに合いそうだなあ。ねぎとタマネギもスープにあう。

そして完食、こらえきれずにスープも完飲してしまった。満足して店をあとにしたが、今度機会があればごはんをやたらとお代わりしてこの中華そばを頂いてみたい。

到着=13:00 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平ちぢれ麺 スープ=煮干しのコクとうまみががつんと効いた醤油 お気に入り度=8

Ookubonagimenu

Ookubonagieigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 6日 (日)

もちもちの木 新宿店(大久保)

訪問日=3月29日(土) 晴れ

メニュー=中華そば(小)

Motimotinokiramen

久しぶりに「もちもちの木 新宿店」を訪問、移転してからも初めてであった。階段を下りて店内カウンター席に着席、テーブル席も多数ある。洒落た内装は知らなければらーめん店とは思わないだろう(知らずに入る人もいないだろうが)。

さてメニューを確認して「中華そば」をお願いする。ただ連食予定なので注文は小であった。ちょっと待って「中華そば(小)」提供、まずはスープを頂いてみる。

魚介のうまみが効いた醤油のスープ、鰹の風味と味わいが強い。そしてスープ熱々、油断すると確実に口内やけどである(いやすでにやけどしている)。このスープは久しぶりながらかなり好みの味であった。

麺はちょい細目で適度なコシ、スープも絡まり麺まで熱々である。大量のスープはいつまでも熱々、お店のこだわりが伝わってくる。

チャーシューは小さめながら肉のうまみを感じる。メンマも柔らかくくさみもなし。

そして完食、熱々のスープを飲み干すのは諦め、ある程度でやめておく。でもこのスープの味で店を去りたく水を飲んだ後にレンゲで一口頂いてからお会計に向かった。

満足して店をあとにしたが、そういえば以前麺の湯きりを30回以上していたのを思い出した。さすがにもうやめたんだろうな。

到着=12:31 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=魚介のうまみが効いた醤油、熱々 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

ホープ軒 千駄ヶ谷店(国立競技場)

訪問日=3月28日(金) 晴れ

メニュー=ラーメン

Houpkenramen

「らーめん 一九」のあと、駅へ向かう途中で「ホープ軒 千駄ヶ谷店」を訪問する。長年営業しているお店だが、こちらは今回が初訪問であった。

店前の券売機で「ラーメン」の券を購入、奥の場所を案内されたがカウンター立ち食いスタイルになる。店内には結構豚骨のかおりが漂っている。

ちょい待って「ラーメン」提供、スープが丼になみなみと注がれおり上には背脂が浮いている。卓上の器からねぎを追加、まずはスープを頂いてみる。

Houpkennegi 動物系のうまみある醤油のスープは予想よりあっさりに感じる味、豚骨のかおりが強めながら好みのスープであった。

麺はコシのある太麺でもちもち感がある。これがかなり好みの麺、この麺良いなあ。

途中でニンニクを投入、風味が増したのだがもっと入れても良かったな。チャーシューは肉のうまみを感じる。脂身もあるがしつこくは感じない。もやしも絡めながら食べ進む。

そして完食、店をあとにした。客が出ては別の客がすぐに入ってくる、回転の良さと根強い人気を感じたお店であった。

到着=12:53 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=背脂たっぷり、豚骨醤油 お気に入り度=7

Houpkenmenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 4日 (金)

らーめん 一九(国立競技場・外苑前)

訪問日=3月28日(金) 晴れ

メニュー=らーめん

19ramen1 国立競技場の近くにあるお店「らーめん 一九」を目指す。こちらは最近個人的にはあまり食べていない豚骨らーめんの店、お店に到着すると店前にはスープの状況が書かれていた。この時は少しあっさりのスープらしい。

店内に入り券売機で左上にある「らーめん」の券を購入する。あと麺メニューは「チャーシューめん」のみ、ほかに餃子や飯もの、あとはトッピングとなっている。

カウンター席に座りそれほど待たず「らーめん」が提供された。まずはスープを頂いてみる。

19ramen2(光が入ったのでもう一枚写真を撮っている)

確かにちょいあっさりめの豚骨スープ、ただ食べ進むとコクとうまみを十分感じ出す。豚骨のくさみなどは感じずマイルドな味、好きな豚骨のスープであった。

麺は細くコシがあるタイプ、スープもよく絡む。この豚骨らーめんはかなり好みを感じる。

上の青ネギの食感も良い。チャーシューは薄いのが2枚、最初風味が微妙だったが2枚目は慣れたのか問題ない。後半味はちょっと濃いめに感じだした、それもまた良し。

そして完食、替え玉の誘惑は連食を思いだして振り切ることができた。店をあとにしたが券売機で気になったのは「お持ち帰り」の表示があるボタン、ちょっと頼んでみたいかも。

到着=12:36 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=あっさりながらコクのある豚骨スープ お気に入り度=8

19menu

19kanban

19assari

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 3日 (木)

【閉店】らあめん 学(秋葉原・末広町)

訪問日=3月26日(水) 曇り

メニュー=Brodo di Carne ~トリュフの香りをのせて~

Gakugentei

「らーめん風来居」のあとはコメントを頂いた「らあめん 学」を再訪、残念ながら3月で閉店らしいのでその前に。店内に入り券売機で限定の券を購入する。

カウンター席に着席、ちょい待ってらーめんが提供された。まずはスープを頂いてみる。コクのある醤油スープは深いうまみを感じる味わい、そしてこれがトリュフの力か、香りがものすごく良い、良いねえこれ。思わずレンゲでスープを何口も飲んでしまった。

麺は細目で適度なコシ、すすり心地が非常に良い麺である。以前頂いた「醤油らあめん」もかなり好みだったが、今回のらーめんもとても好みを感じる。

上にはでかいチャーシューが乗っている。噛み応えがあり肉のうまみをしっかり味わえる、贅沢な印象であった。

あとはねぎにカイワレとなっている。ねぎの上にはある赤いのは唐辛子かと思ったが混ぜても辛くない。トマトのような風味があったが何だったかな?

すっかり完食、スープを飲んでいくと黒胡椒の風味も強く感じた。満足して店をあとにする。

やはりこれだけのらーめんを出すのに閉店するというのは場所の問題かな?ちなみに先客が1名で帰り際に2名、多分もう少し違うところならもっと集客があるお店ではないだろうか。

到着=12:53 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=コクのある醤油、香りがとても良い

Gakumenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 2日 (水)

らーめん風来居(淡路町・小川町)

訪問日=3月26日(水) 曇り

メニュー=しおらーめん

Furaikyosio 秋葉原駅かららーめんのお店へ向かう。「らーめん風来居 神田秋葉原店」の最寄り駅はどこになるのだろう?淡路町・小川町が一番近そうだが、地下鉄の神田駅と秋葉原駅も近そうな感じであった。

お店到着後、店内に入り券売機で「しおらーめん」の券を購入、奥のカウンター席に着席した。店内はほぼ満席になっている。

それほど待たず「しおらーめん」提供、まずはスープを頂いてみる。とてもマイルドでクリーミーな白湯塩スープ、ちょい香ばしい風味も感じられる。そして甘みも感じられる味わい、昔よく食べていた「山頭火」系統のスープ、結構好きな味であった。

麺は中太でちぢれている。のど越しが良いタイプではないがスープにあっている。最初甘みは無くてもと思っていたが、でも麺を食べると甘みはむしろあって良い気がしてきた。

チャーシューは柔らかいタイプ、脂身があるのだが気にならず、むしろその食感が良い。ただメンマは風味がかなり微妙、無しでも良いなあ。あとはきくらげにねぎがトッピングされている。

そして完食、スープもある程度飲んでから店をあとにした。久しぶりに食べる味だったが、良いかもしれない。

到着=12:27 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=中太ちぢれ麺 スープ=マイルドでクリーミーな塩味 お気に入り度=7

Furaikyomenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

麺屋7.5Hz 新橋店(虎ノ門・内幸町)

訪問日=3月25日(火) 晴れ

メニュー=中華そば中盛り+白ごはん

75hzramen 大阪のお店「麺屋7.5Hz」が東京に進出、ちなみに新橋店とあるが直近の駅は虎ノ門になる。お店に到着すると店前には多数の並びがあった。そして結構待つ。

しばらくして店内に入り券売機で「中華そば中盛り」とごはんで券を購入した。席はカウンターのみ、奥の方に着席する。カウンターのみながら席数は結構多いようであった。

ちょっと待って「中華そば中盛り」提供、ただごはんが来ないなあ。ごはんは提供忘れだったようなので声を掛けて出して頂いた。でもごはんはちっさめ、まあ100円ならこんなものかな。

さてまずはスープを頂いてみる。結構濃いめの醤油スープはタレが効いた味わい、うまみもばっちり感じられる。このスープはくせになる味かも。

麺は太く食感がすごい。もちもち感もあるこの麺はかなり好み。席数の割りに客の回転はそれほど良いと思えなかったが、この麺なら仕方ないか。いやでもこの麺はかなり気に入ってしまった。

上にはねぎがたっぷり乗っている。生の太いねぎはあまり得意ではないためスープで熱を入れて食べていく。チャーシューは薄めながら3枚、これがごはんにあう。あとはメンマが乗っている。

スープの色が濃かったのでごはんをお願いしたが、ただ「中華そば」をおかずに食べるほど味が濃いわけではない。というわけでごはんはある程度食べてあとに残すことにした。

75hzrice 中華そばをほぼ食べ終わってから最後にスープをごはんに投入、スープを絡めながらのごはんが良い味であった。

すっかり完食、店をあとにする。出る頃にはさすがに並びは無くなっていたが、でも満席は続いている。人気があるんだねえ。ここが軌道に乗ればお店を関東でも増やしていくのだろうか?

到着=12:30 待ち時間=14分 行列=9人

麺=太麺 スープ=濃い味の醤油 お気に入り度=7

75hzmenu

75hznarabi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »