« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月28日 (金)

九州じゃんがららあめん 銀座店(東銀座)

訪問日=2月20日(木) 晴れ

メニュー=ぼんしゃん+替玉

Jyangarabonsyan

「Japanese Soba Noodles むぎとオリーブ」でかなり時間が掛かったので、連食はすぐ近くの「九州じゃんがららあめん」に向かうことにした。この辺には先日来たばかりだな、銀座でもいろいろな種類のらーめんが頂けるようになってきた。

さて「九州じゃんがららあめん」到着、店内に入り入り口のカウンターで注文する。今回は久しぶりに「ぼんしゃん」でお願いすることにした。

テーブル席に座りらーめんはすぐの提供、表面が真っ白である、こんなんだっけ?脂の層の模様、下には茶色いうまみのある豚骨スープが隠れている。結構好きな味であった。

麺は細く適度なコシ、スープがよく絡む。チャーシューは薄めで肉の味わいを感じる。あとはキクラゲにねぎとシンプルな構成であった。

結構お腹も膨れたが、でも「じゃんがららあめん」は昔よく通ったお店で、そのときに刷り込まれた条件反射で替玉をお願いしてしまった。

Jyangarakaedama すぐに提供、上に紅ショウガと辛子高菜、そして擦りゴマを乗せて頂いてみる。辛子高菜辛いなあ、しまったな、スープの味がよく判らなくなってしまった。でも替玉ならこれくらいのインパクトがあってもいいかな。そういえば麺の固さを注文するのを忘れてしまった。

すぐに完食、お腹一杯で店をあとにした。久しぶりだが結構良かった、いつかまた他のメニューを頂きに伺おう。

到着=12:50 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=コクとうまみある豚骨スープ お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月27日 (木)

Japanese Soba Noodles むぎとオリーブ(東銀座)

訪問日=2月20日(木) 晴れ

メニュー=鶏SOBA

Mugioributorisoba

銀座の松坂屋建替え工事中だったんだ。今回はそんな松坂屋の裏にできた「Japanese Soba Noodles むぎとオリーブ」を訪問する。店名だけ見ると「Japanese Soba Noodles 蔦」を思い出してしまう(関係ないらしいけど)。

店内に入り券売機でメニューを確認、左上の「鶏SOBA」で券を購入した。ちなみにこれが一番安価なメニューで850円、蛤SOBAは950円とかなり強気な値段設定となっている。他に鶏・煮干し・蛤のトリプルスープのSOBAもあるようだ(980円)。あれ?煮干しのSOBAはないのか。

店内に入ると待ち客あり、結構待ってカウンター席に着席した。座ってからもかなり待つ、15分待ってやっと提供された。まずはスープを頂いてみる。

かなりコクとうまみある濃い味の醤油スープ、醤油タレのかおりも強めであった。鶏SOBAということですっきりしたスープかと予想していたが違う感じ、ただ好きな味ではある。

麺は細目でちょい固め、さくっとした食感でスープも絡む。

チャーシューは低温調理の豚と鶏の2種、両方さっくりした食感で肉のうまみを感じる。ただ鶏はもう少しジューシーな方がうれしいかも。

揚げたナルトとは珍しいトッピングだな、でもナルトは好きな食材なのでこれはうれしい。長芋はほくっとした食感、ねばりはあまり感じないがこのトッピングも良い。

するっと完食、スープもかなり飲んでから店をあとにした。回転がもう少し良いとうれしいお店かもしれない。

到着=12:07 待ち時間=13分 行列=4人

麺=中細麺 スープ=コクのある濃い味醤油 お気に入り度=7

Mugioribumenu

Mugioribusetumei

Mugioribuoil

Mugioribukabe

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月26日 (水)

肉煮干し中華そば さいころ(中野)

訪問日=2月18日(火) 晴れ

メニュー=背油中華そば

Saikoroseabura

今回もなつきさんに試写会をゴチになりマチェーテ・キルズ」を鑑賞、とんでもない超展開、無茶苦茶だけど面白い。最後そうなるかあと思いながら見終えることになった。これは面白いと思う人とそうでない人がはっきり分かれそうだな。

さてその後らーめんを食べに行こうということになり「肉煮干し中華そば さいころ」へ向かうことになった。店内の券売機で「背油中華そば」の券を購入、なつきさんは限定の「鶏油と平子の旨味そば」を注文するようだ。カウンター席に座り、ちょっと待ってらーめんが提供された。

煮干しのかおりとうまみある醤油のスープ、動物系のコクも効いている。背脂もたっぷりなスープ、予想はしていたがかなり好みの味であった。

麺は太くコシがある。のど越しも良くもちもち感もあり、スープもよく絡む。良いねえこのらーめん、久しぶりだが来て良かった。

Saikorogentei ここで限定らーめんを味見させてもらう。あっさりながら魚介のうまみを感じるスープ、ただ「背油中華そば」を先に食べたためか結構味があっさりに感じる。麺は細く適度なコシ、細麺なのでスープも絡む。こういうのも良いね。

さて元に戻して背油煮干し、チャーシューは肉のうまみ強く感じる、肉増しメニューでも良かったな。ねぎのざくざくとした食感も良い。メンマもくさみなく食感も好みであった。

そして完食、店をあとにした。こちらのお店にもまたいつか伺いたい。

到着=20:33 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=煮干しのうまみある醤油、背脂たっぷり お気に入り度=8

Saikoromenu

Saikoro29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月25日 (火)

めんや 参○伍 飯田橋店(飯田橋)

訪問日=2月18日(火) 晴れ

メニュー=らーめん

305ramen 「びぜん亭」からすぐ近くの「めんや 参○伍 飯田橋店」を訪問する。六本木にある「めんや 参○伍」の関連店、場所は以前伺った「つけ麺 銀風 GINPU」のすぐ横、というか同じビルか。

店内に入りまずは券売機でメニューを確認する。上はらーめんで下につけ麺、らーめんは600円だがつけめんは500円、なにそれ!やす!とりあえず今回は「らーめん」の券を買うことにした。

店内は満席ながら券購入のタイミングで丁度一席空いてすぐ奥のカウンター席に着席できた。ちょっと待って「らーめん」提供、まずはスープを頂いてみる。

動物系のコクとうまみある濃いめの醤油スープ、とろりとした粘度のあるスープとなっている。結構しょっぱいが、まあきついほどではない。

麺は太めでかなりコシがある。食感強め、もう少し茹でてもらっても良いが、このスープならこれくらいの力強さが必要かも。

チャーシューは刻まれたもの、やはりらーめんなら刻まれてない方がうれしいかな。あとはねぎにのりとシンプルな構成であった。

すぐに完食、スープもある程度飲んでから店をあとにした。ちなみにつけ麺は素つけ麺という感じらしく、トッピングは好みで追加購入するということらしい、それはそれでありだな。

到着=12:24 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=太麺 スープ=動物系のコクとうまみある濃いめの醤油 お気に入り度=7

305menu1

305menu2

305menu3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

びぜん亭(飯田橋)

訪問日=2月18日(火) 晴れ

メニュー=支那そば

Bizenteisoba

飯田橋のらーめん店「びぜん亭」を訪問、趣のある店構えである。店内に入りカウンター席に着席、そうか2階席もあるのか。厨房内はご主人ともう一人は奥様だろうか、天気の話などにこやかに話される。

さて今回の注文は「支那そば」で、しばらくすると俵状の握り飯が先にだされた。「支那そば」もすぐに提供、まずはスープを頂いてみる。

あっさりした醤油のスープはほっとする味わい、何かが突出して強い訳ではないが、でもじんわり胃袋にしみる味、こういうらーめんがとても好きになっている。

麺は中細で適度なコシ、緩くちぢれてスープも絡む。このらーめん良いなあ。

チャーシューは小さめながらタレの味をしっかりと感じる。「ちゃあしゅうそば」にしたら後半味の変化を楽しめそうだ。あとはメンマにのりにねぎとシンプル、これで良し。

握り飯はタレのうまみを感じる味わい、スープにあう。すっかり完食、スープも完飲してしまう。

最後にお会計をして店をあとにした。先客無しながらあとは3名、もっと入っても良いような。素敵ならーめんを頂けたのでまたいつか伺ってみたい。

到着=12:05 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=8

Bizenteikanban

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月23日 (日)

めんや 正明(志木)

訪問日=2月16日(日) 晴れ

メニュー=鰤らあめん塩

Masaakiburisio

折角上福岡までいったのなら、帰る途中の駅で降りもう一軒いってしまおう。志木駅から「めんや 正明」というお店へ向かう。以前松戸にあった時に伺ったお店、こちらに移転したらしいのだがまだ伺っていなかった。お店に近づくと店前の道路も雪がすごい。

店内に入り券売機でメニューを確認、その際店の方に雪の影響でトッピングの鰤がチャーシューになるとの説明があった、まあこれは仕方ないよね。納得の上、今回は「鰤らあめん塩」で券を購入した。カンター席に着き、ちょっと待ってらーめんが提供された。

まずはスープを頂いてみる。確かに魚介の風味とうまみを感じる塩のスープ、ただ動物系のうまみもある。鮮魚の風味はあるけれど、くさみという風には感じない。以前の店では魚介の風味はまずまずと感じてしまったが、こちらではとても好みの味と香りという感想を持つ。

麺は細目で固めな食感、これはこれで良い感じ。3杯目ながらどんどん食べ進むことが出来る。

上のチャーシューは薄いが噛み応えあり。鰤でなくとも良し、でも鰤だとどう感じただろう?魚のにおいにやられていたかも。メンマはちょい甘みを感じるタイプ、食感が良くくさみもなし。塩のスープはかなり気に入ったが醤油だったらだうだったかな?

すっかり完食、さすがに3杯目なので完飲はしなかったが、でも結構スープも飲んでしまった。満足して店をあとに、次回訪問時には鰤のトッピングでどういう感想を持つか楽しみな気がする。

到着=14:02 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=魚介の風味とうまみある塩 お気に入り度=8

Masaakimenu

Masaakieigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

【リニューアル】中華そば 田家 ふくふく(上福岡)

訪問日=2月16日(日) 晴れ

メニュー=煮干そば

Denyanibosoba

「中華そば 幻六」のあとは上福岡に移動、駅からちょい歩いた場所の「中華そば 田家 ふくふく」へ向かう。途中の歩道に残る雪は、ただ良い天気なので大分溶けて氷と水を踏む感じでお店に向かうことになった。

雪に手間取りながらやっと到着、店内に入りカウンター席に着席する。何を頼もうか考えていなかったが、直前に入店の方が「煮干し大盛り」と頼まれていた。思わず「煮干そば」で注文、それほど待たず提供された。

まずはスープから、あっさりながら煮干しのコクとうまみ、そして風味をしっかり感じる醤油のスープ、染み渡るうまみ、このスープは良い。

麺は太くコシがある、のど越しが良くもちもちした食感もある。これがまた良い。好みのらーめん、かなり納得している。

チャーシューは噛み応えがあるタイプ、肉のうまみをしっかりと感じる。穂先メンマも柔らかくくさみもない。

すっかり完食、かなり多いスープなのでさすがに完飲は無理だろう。でもメニューの写真を撮り、その合間にスープを飲んでいると、おっと結局ほぼ完飲であった。

最後にお会計をして店をあとにした。通常の醤油も食べてみたい、そして塩も気になる。

到着=13:18 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=あっさりながら煮干しのうまみある醤油 お気に入り度=8

Denyamenu1

Denyamenu2

Denyaeigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

中華そば 幻六(朝霞台・北朝霞)

訪問日=2月16日(日) 晴れ

メニュー=幻六醤油そば

Genrokusoba

大雪の翌日、残る雪と強風でバイクは無理、という訳で電車に乗って埼玉のらーめん店に向かう。北朝霞駅で下車、朝霞台駅を通り過ぎて「中華そば 幻六」を訪問する。

店前には二名の待ちあり、最初に店内の券売機でメニューを確認、今回は「幻六醤油そば」で券を購入した。表に戻り列の後ろに、ちなみに店前には待ち客用のベンチがあるのだが、解けた雪もあり濡れて座れない。

ちょっと待って奥の厨房前カウンター席に着席、ほかにテーブル席を仕切ったカウンター席もある。

それほど待たず「幻六醤油そば」提供、まずはスープを頂いてみる。あっさりながらコクのある醤油のスープ、おっとこのスープ良いなあ。蛤の出汁が使われているということだが、確かに貝類のうまみを感じる。自分だけかもしれないが貝類の出汁は口の両端で感じる。柔らかい甘みも感じるスープ、とても好きな味わいであった。思わずスープを何口も飲んでしまう。

麺は中太でコシがある、ちょい固めながらなんだろう、このスープにしっくりくる。とても好みのらーめん、いやあ来て良かった。

ピンクのチャーシューは噛み応えがあるタイプ、最近こういうチャーシューも増えてきた、これも良い。メンマは太めでさっくりしとした食感、くさみもない。

好みのらーめん、どんどん食べ進みあっという間に完食した。この日は連食を考えていたのだが、でもこらえきれずスープも完飲してしまった。店を出ると並びは10人に増えていた、人気なんだなあ。

到着=12:24 待ち時間=12分 行列=2人

麺=中太麺 スープ=あっさりながらコクのある醤油 お気に入り度=8

Genrokumenu

Genrokuigyo

Genrokumennokokoro

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

つけめん102(川口)

訪問日=2月15日(土) 曇り

メニュー=海老味噌らーめん(辛)

102ebimiso

雪が降ってもう大変、そんな土曜日の夜に地元でらーめんを頂くことに。駅前の「つけめん102」を訪問、店前の券売機でメニューを確認する。

中華そばにしようと思っていたんだけど、限定メニューという表示が気になった。結局購入したのは「海老味噌らーめん」というメニュー、自分としては珍しく味噌らーめんの選択である。

店内にはいるとほぼ満席ながら、唯一の空き席に着席することが出来た。ただ香水の香りが・・・。券を渡すと辛いのもあるとのことで、では辛いのでお願いします。

ちょっと待って「海老味噌らーめん(辛)」提供、上にはもやしにキャベツ、そしてワカメが乗っている。

まずはシープを、お!海老のかおりとうまみある味噌の味、味噌がきつい感じでなくとても良い味、これは好きな味である。

麺は太平でちぢれている、舌触りが楽しい感じ、スープも絡む。麺とスープは非常に好みであった。

上にはわかめ、海草の香りがあるのだが、それほど強くなくスープをかけると気にならなくなる。でもこのらーめんには特に必要とは感じないかな。茹でもやしに茹でキャベツは食感が強めでかなり多い。これも必要としないかも。

わかめとキャベツ、もやしは先にやっつけることにした。わかめとキャベツは無くなったが、麺の隙間に入ったもやしは食べきれない。まあ仕方ない。

チャーシューというか薄目の角煮は柔らかいタイプ、メンマはかおりがちと微妙、これも無しでいいかな。挽き肉はスープのなかに沈んでいった。途中で辛味を広げて食欲アップ、一気に食べ進む。

すっかり完食、スープも結構飲んでいる。麺とスープ、チャーシューで十分だったかもしれない。店をあとに、今度伺った際には久しぶりにつけめんを頼んでみよう。

到着=19:29 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=太平ちぢれ麺 スープ=海老のうまみとかおりある味噌 お気に入り度=7

102menu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

尾道らーめん めでたい屋(茅場町)

訪問日=2月14日(金) 雪

メニュー=尾道らーめん

Medetaiyaramen

「鶏節らーめん 鶏武士」のあとにもう一軒、茅場町からちょっと歩いて尾道らーめんのお店「尾道らーめん めでたい屋」を訪問する。お店に着くと店前ではお弁当を売られているのに気がついた、珍しいな。

店内に入り券売機左上の「尾道らーめん」で券を購入、厨房前のカウンター席に着席した。中央には吉野家の様に店の方が真ん中を通るカウンター席もある。

それほど待たずらーめん提供、まずは真っ黒なスープ頂いてみる。動物系のコクがある濃い味の醤油スープ、結構濃いめな味でちょい甘みも感じる。これはご飯と一緒に食べても良い気がする。

麺は平たい中太でコシがある。スープもよく絡み好みの麺であった。チャーシューは噛み応えがあるタイプ、一部ぱさつきのある部分もあった。

ねぎが厚めに切られている。実は昔ねぎが苦手で、ただ今は好きな食材だが厚みのあるのはまだ躊躇する。スープにつけて熱を通し、しばらくすると食感も柔らかく好みな感じになった。

そして完食、店をあとにした。ライス頼んでも良かったかな。

到着=12:31 待ち時間=0分   行列=0人

麺=中太麺 スープ=濃い味の醤油 お気に入り度=7

Medetaiyamenu_2

Medetaiyaonomiti

Medetaiyabento

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月18日 (火)

鶏節らーめん 鶏武士(小伝馬町・馬喰町)

訪問日=2月14日(金) 雪

メニュー=あっさり醤油(細麺)

Toribushiassari

また雪か、まだ道には積もっていないがよく降るなあ。さて今回は小伝馬町駅から「鶏節らーめん 鶏武士」というお店に向かう。

お店到着、店内に入りカウンター席に着席した。席は2階もあるようだ。メニューは塩の白湯とあっさりの醤油、迷ったが今回は「あっさり醤油」の細麺でお願いした。

ちょい待ってらーめん提供、まずはスープを頂いてみる。あっさりながらうまみを感じる醤油のスープ、鶏骨とアゴ出汁のスープが使われているらしい。

上には鶏節が花削りと厚削りとしてトッピングされている。花削りは食感が鰹節っぽい、ただ風味が違う。トッピングとしてはあまり食感は良いようには思えないかな。厚削りは噛み応えがある。鶏節はスープへのうまみとして考えたほうが良いのかもしれない。

麺はちょい細目でコシがあるタイプ、さくっとして食感はまずまずな印象、もうちょい茹でてもらった方がさらに好みだろう。

チャーシューは無く鶏肉、ちょいぱさつき気味かも、鶏節の荒削りの先にある感じであった。それにしてもカイワレが多いなあ、辛みを感じる。添えるくらいで良いんだけど。あとは味玉が半個となっている。

そして完食、お会計をして店をあとにした。白湯の方が良かったかもしれない。

到着=11:55 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=コクのあるあっさりした醤油 お気に入り度=7

Toribushimenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

中華食堂 大門(川口)

訪問日=2月11日(火)祝日 曇り

メニュー=大門ラーメンあっさり

Daimonasariramen 一杯飲んで地元川口の「中華食堂 大門」で〆のらーめんを迎える。店内へ入り奥のカウンター席に着席、最初はつけ麺を食べようと思っていたのだが、手前のテーブル席で食べている方のを見て今回も「大門ラーメンあっさり」でお願いしてしまった。

ちょっと待ってラーメン提供、まずはスープを頂いてみる。やはり「あっさり」なのにコクのある濃い味醤油、まあこの前の「こってり」よりはあっさりかな、でも好きな味であった。

麺は太めでコシがあるタイプ、食感も良くスープも絡む。ここは麺も好みであったりする。チャーシューは噛み応えがあるタイプ、あとはメンマにのりとなっている。

酒の後ながらすぐに完食、お会計をして店をあとにした。次回こそはつけ麺を頼んでみたい。

到着=22:11 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=コクのある濃い味醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

らぁめん 夢(東神奈川)

訪問日=2月11日(火)祝日 曇り

メニュー=らーめん

Muramen 神奈川で用事あり、その前にらーめんを一杯食べていこう。東神奈川駅で下車、そこからちょい歩いて「らぁめん 夢」へと向かう。

お店に近づくと、え!そんなに並んでるの?人気なんだなあ、これは結構待ちそうだ。そして待ち時間は予想以上となり30分近く待ってやっと店内に入ることになった。

券売機でメニューを確認、今回は左上の「らーめん」で券を購入した。カウンター席に座りしばし待つ。厨房内お一人での営業、席数は少ないとなると赤羽の「高はし」を思い出す(券売機は無いけど)。店主氏の手際も良い。

らーめんの前に注射器に入った煮干しオイルが提供された。これで味の変化が楽しめそうだ。

「らーめん」提供、まずはそのままのスープを頂いてみる。おっとこれは!鶏のうまみを感じる味わいで醤油のタレがきりっと効いたスープとなっている。すっきりした味ながら十分なコクとうまみ、かなり好みの味であった。煮干しオイルはあとで入れよう。

麺はちょい細目でコシがある、啜り心地がとても良い。かなり好みのらーめんであった。

チャーシューは二種、鶏は厚めに切られてさっくりとした食感、くさみなどは無い。豚は噛み応えがあり、あっさりした味ながら肉のうまみをしっかりと感じる。

さて麺残り半分くらいで煮干しオイルを注射する。投入量は注射器の半分程度、ただこれだけでも随分煮干しの風味が強くなる、ちょっと驚いた。その後煮干しオイルを全て注射、かなり煮干しの効いたらーめんに変化した。オイルでここまで変わるのか、これは楽しい。

すっかり完食、やはり我慢できずスープまで完飲してから店をあとにした。満足ならーめんを頂けた。ちなみにこの店からもうすこし行くと以前伺った「自家製麺 SHIN 新」がある。もうこの二店舗だけこの辺に住まれている方がうらやましい。

到着=11:30 待ち時間=28分 行列=10人

麺=中細麺 スープ=鶏のうまみのあるきりっとした醤油、煮干しオイルで味変 お気に入り度=8

Mukanban

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年2月15日 (土)

らぁ麺 やまぐち(面影橋・高田馬場)

訪問日=2月9日(日) 晴れ

メニュー=鶏つけそば大盛り

Yamaguchituke 「つけ麺処 なると」のあと、最初は「無鉄砲」にいこうと思っていた。でも「なると」は動物系のかおりが結構あったので、次に「無鉄砲」はやめておこうと思い違うお店へ向かうことにした。

そうだ、電車の着く高田馬場で降りて「らぁ麺 やまぐち」へ向かうことにしよう。でも高田馬場駅からなので結構な歩き、雪をしっかり踏みしめながらお店へ向かう。

到着すると、ええマジ!店前には結構な並びが出来ている。この道路状況なのにすごいなあ。こうなるとかなり待つのかと持っていたが、ただ予想していたほどの待ち時間はなく店内へ入ることが出来た。

この日選ぼうと思っていたは「つけそば」、券売機で券を、あれ?つけそばのボタンはどこだ?かなり探して右の一番下に発見、ここか!油断してたなあ。券を買ってカウンター席に着席した。

店の方につけそばは大盛り無料との案内を頂いたが、連食だしどうするか。でも思わず大盛りでお願いしてしまう。

ちょい待って「鶏つけそば大盛り」提供、綺麗なつけそばだなあ。麺の器には冷たい出汁水が張られている。まずは麺を頂いてみる。

とても風味の良い中太麺、適度なコシながらしっかりと食感を感じる。よくあるつけ麺からすると細めだが、これがかなり好みの麺、もう昆布のうまみで麺を食べてしまえる。

つけスープは鶏のうまみがきりっと効いた醤油のスープ、結構濃いめながら後口はすっきりしている。このつけそばはかなり良い、強い満足感を感じながら食べ進む。

麺の上にはピンクのチャーシュー、すっきりした味ながら肉のうまみをしっかりと感じる。実はスープ内にも鶏チャーシューが入っている。さっくりした食感で実にジューシー、非常に良い。メンマも食感が良くくさみもない。

かなり多い麺も問題なくするする胃袋に収まっていく。すぐに完食、スープは麺の器にあるけれど、スープ割は出来るのかな?確認すると別にお願いできるとのこと、ではお願いします。再提供のスープは、飲みやすくなって良い味、もちろん完飲している。

かなり納得して店をあとにした。足下がひどい中、外の並びは絶えず、普段の日曜日はどういうことになっているんだろうか?

到着=13:41 待ち時間=15分 行列=6人

麺=中太麺 スープ=鶏のうまみきりっとある醤油 お気に入り度=9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

つけ麺処 なると(上井草)

訪問日=2月9日(日) 晴れ

メニュー=つけ麺(中)

Narutotuke まだ雪の残るこの日、でも天気は良い。さあらーめんを求めて出かけよう、という訳で上井草駅を降りる。今回の目的地は「つけ麺処 なると」というお店、そこに向かうまでの道も雪を踏みしめていかなくてはいけない。

苦労して到着、店内に入り券売機でメニューを確認する。左上は「つけ麺」か、じゃあそれで券を購入しよう。テーブル席にも空きはあったが今回はカウンター席に着席している。券を渡すと麺の量を確認された。大盛りまで同額らしいが、とりあえず中盛りでお願いすることに。

それほど待たずつけ麺提供、麺には粒々が見える。まずはその麺から、コシがあり風味の良い太麺はちょっと固めな茹で加減、まあ慣れれば問題ない。

つけスープは動物系のコクとうまみを感じる味わい、結構動物系のかおりがあるのだが、まあこれも慣れれば問題ない。揚げねぎの良い風味も感じられる。

それにしても麺の量が多いなあ、上から見たら大したこと無いように思ったが、深底なのでその麺量に驚いた。これは大盛りにしたらすごいことになりそうだ。

チャーシューは脂身多めながら脂っこくはない。

そして完食、スープ割りをお願いした。このレンゲは結構掬いづらいかな、でも割ったスープがかなり好み、らーめんが気になるなあ。

スープを完飲して店をあとにした。今回客は三割程度だったが、この天候なら当然だろう。

到着=12:34 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系のうまみとかおりある醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

舎鈴 エキュート赤羽店(赤羽:赤羽駅構内)

訪問日=2月8日(土) 雪

メニュー=昔ながらの中華そば

Syarinsoba 電車で帰るため改札を入り、ホームに向かう途中「舎鈴」の案内が気になった。「昔ながらの中華そば」?思わず頂きたくなってしまった。

並びはあるも席が空いたのですぐに座れそう。券売機で「昔ながらの中華そば」は480円であった、安いなあ。すぐに着席、結構待って中華そばが提供された。

まずはスープを頂いてみる。なんだろうかなりスパイシーな味わい、コショウかかなり効いた感じのスパイシー、ちょい甘みも感じる醤油のスープはうまみも十分な味わいであった。

麺は中太でかなり柔らかめな食感、もう少しコシがあっても良い気もする。茹で上がりから提供まで結構時間が掛かったし、写真も撮ったので伸びてしまったかな?

チャーシューは噛み応えがあるあっさり味、メンマやナルト、のりと一通り揃っている。480円と考えれば十分な感じであった。

すぐの完食、店をあとにした。駅ナカのらーめんと考えれば値段的に良いのでは、ただ提供まで15分掛かったのは急いでいるときにはあまりうれしくないかもしれない。

到着=11:32 待ち時間=1分 行列=2人

麺=中太麺 スープ=うまみがありスパイシーな醤油 お気に入り度=7

Syarinmenu_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

麺 高はし(赤羽)

訪問日=1月11日(土) 雪

メニュー=半肉入りつけそば大盛+味玉

201402takahashi 朝から雪が降っていたこの日、赤羽の「麺 高はし」を訪問する。でもやっているのか?2月の営業情報が無い中、恐る恐るお店に近づくと、おっとこんな天気なのに店前には並びがある。結構早い時間なのにこれは予想外だな。

並びに着きちょっと待って店内へ入る。ちなみに入店時には並びが10人程度に伸びていた。カウンター席に座りいつもの自動発注完了、それほど待たず「半肉入りつけそば大盛+味玉」が提供された。

コシのある太麺は風味が抜群に良く、ちょい固めな食感も好みなところ、期待通りの麺を今回も頂けた。

つけスープは今回結構スープの味が濃く出た味わいとなっている。最初は混ぜずに頂いたが、それでも動物系のコクとうまみ、魚介の風味と味わいがあり、思わずこのまま完食できると思ってしまった。

でも5口食べてから下から混ぜることに。下のタレが混ざり濃くなる味わい、うまみはさらに広がる。今日のスープはかなりすごい。

ごろごろ入っているチャーシューも肉のうまみを強く感じる。このチャーシューもすごいな。

途中で豆板醤を麺の丼に付ける。今回はそれを麺につけ、辛み部分をスープに浸けないように頂いた。これでスープの味も辛くならない。

そして完食、お会計をして店をあとにした。

ちなみに2月は日曜休みだけらしい。

到着=10:48 待ち時間=13分 行列=6人

麺=太麺 スープ=動魚介動物系の効いた醤油

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

あまみ屋(大山)

訪問日=2月2日(日) 曇り

メニュー=つけそば二玉

Amamiyatuke

「中華そば もりそば さい。」のあとは以前「麺舗十八」というお店が、店名変更をした「あまみ屋」を訪問する。

店内に入りカウンター席に着席、今回は「つけそば」をお願いした。麺は二玉(400g)まで無料、でも400gは茹で後の量、ちと悩んだが大丈夫だろう、思わず二玉でお願いしてしまった。

結構待って「つけそば二玉」提供、あれ麺の量はこんなにすごいのか、しまったな。まずは麺を頂いてみる。コシのあるかなりの太麺は、のど越しも良くもちもちした食感、とても好みの麺である。

つけスープはショウガのかおりが結構ある。コクのある濃いめの醤油スープ、濃いめといっても角のある味わいではなく良い味であった。インパクトのある太い麺もしっかり受け止める。好みのつけ麺、これならこの麺量も問題ないか。

スープ内にはほぐしたチャーシューが入っている。スープも吸って良い味であった。しまったねぎ増しを忘れていた!ねぎはある程度入っている。

麺残り半分のところで胃袋に余裕はあったのだが、ただ完食時点ではぎりぎり食べきれたという感じになってしまった。さすがにスープ割りは無しで、でも好みのつけ麺で良かった。

最後にお会計をして店をあとにする。好みのつけ麺だったな、またいつか伺いたい。

到着=12:15 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=コクのある醤油味 お気に入り度=8

Amamiyamenu

Amamiyamenryo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

中華そば もりそば さい。(大山)

訪問日=2月2日(日) 小雨

メニュー=ラーメン並

Sairamen

大山駅近くの「中華そば もりそば さい。」を訪問、店内に入りカウンター席に着席した。奥にはテーブル席もあるようだ。

メニューを見て今回はラーメンでお願いした。すると麺の盛りはとの確認あり。中盛り400gまで無料らしいが、でも連食を考えていたので並でお願いします。

ちょい待って「ラーメン並」提供、まずはスープを頂いてみる。動物系と魚介のうまみがある醤油のスープ、大勝軒系の味わい、うまみも感じる。

麺は太めでさっくりした食感、もちもち感はあまりないかな。もうちょい茹でて湯切りをしっかりしてくれるとさらに好みを感じるだろう。

チャーシューは小さめながら噛み応えがある。ワンタンが入っているのは以外であったが、肉のうまみと風味をしっかり感じる。あとはメンマにのり、ナルトにねぎというのはうれしいところ。ゆで卵も半個入っている。

すぐに完食、お会計をして店をあとにした。もりそばでも良かったかな。

到着=11:55 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ動物系と魚介のうまみある醤油 お気に入り度=7

Saimenu

Saieigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

めん徳 二代目つじ田 新橋店(内幸町・新橋)

訪問日=2月1日(土) 晴れ

メニュー=つけめん

Tujitatuke

「めん徳 二代目つじ田」の新店も訪問、券売機が店脇にあるのだが、これなら気づかずそのままお店に入る人もいそうな気がする。

券売機の左上はトッピングの多い「特製二代目つけめん(1,200円)」、次はトッピングがちょい少なくなる「二代目つけめん(980円)」、今回は普通の「つけめん」で券を購入した。まあそれも880円だけど。ちなみに「ラーメン」のボタンは×マークが点いている、夜はやってるのだろうか?

店内に入りカウンター席へ着席、ちょっと待って「つけめん」が提供された。綺麗な麺だね。まずは麺から頂いてみる。

コシのある太麺はのど越しが良く、ちょい固めながら好みの麺、期待通りかも。

つけスープは動物系のコクとうまみ、魚介の味わいの効いた醤油のスープ、しっかりした味ながら案外マイルド、でもちょい濃いめかな。酸味甘みなどは感じない。

スープ内には噛み応えのあるチャーシューが入っている。メンマも良い食感でくさみもない。

どんどん食べ進み、麺が残り半分というところですだちを麺に絞り掛ける。さわやかな酸味と香り、連食で結構お腹も膨らんでいたが、でもこのすだちでするすると食べ進んでいける。

すっかり完食、最後にスープ割りをお願いした。まだ濃いめなスープ、濃い場合は言えばまた割ってくれるが、まあお腹もきつくなってきたのである程度で飲んでから店をあとにした。久しぶりに「つじ田」でらーめんも食べてみたいなあ。

到着=12:38 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系と魚介のうまみある醤油 お気に入り度=7

Tujitamenu

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年2月 8日 (土)

味噌らーめん ねむろ(新橋)

訪問日=2月1日(土) 晴れ

メニュー=根室のサンマらーめん

Nemurosanma 新橋に出来た地下のお店を訪問、1階2階は居酒屋さんで以前伺ったことがある。

階段を下りてテーブル席に着席、座ったとたんお決まりでしたらと言われたが、いやいやちょっと待ってください。メニューを確認してとりあえず「根室のサンマらーめん」でお願いした。

それほど待たずらーめん提供、まずはスープを頂いてみる。魚介のうまみと独特な風味がある醤油のスープ、ちょいクセはあるが結構好きな味であった。でも油が多めかも。

麺は細目でちょい柔らかめ、もう少し固めならスープにもあってかなり好みと感じるだろう。チャーシューは噛み応えがあるタイプ、メンマのかおりが微妙な感じであった。半熟味玉半個はうれしい。

するっと完食、お会計をして店をあとにした。

到着=12:13 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=魚介のうまみある醤油 お気に入り度=

Nemuromenu1

Nemuromenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

自家製麺 伊藤(赤羽)

訪問日=1月30日(木) 曇り

メニュー=中華そば

Baneitosoba

立ち飲みのお店を梯子したので、らーめん店も梯子する。まあ普通のことじゃないよな、でも折角なので。赤羽駅近くの「自家製麺 伊藤」を訪問、奥の券売機で「中華そば」の券を購入してカウンターに着席した。

すぐに提供、煮干しのうまみある醤油のスープ、でも「伊藤」のイメージからは結構あっさりした味に感じる。ただ塩分濃度は高め、でも結構あっさり味、うーん、煮干し好きなのでもちろん好みだがイメージからは結構違うかも。「比内鶏そば」に間違われた訳じゃ無いよな?

麺は細目で固めな食感、これは期待通りでかなり好みの麺であった。トッピングはねぎのみ、すぐに完食して店をあとにした。

そういえば伊藤でスープ完飲しなかったのは初めてかも、まあさすがにらーめん2杯目だからね。という訳でここでお開きとなり解散となった。いやあ楽しかった。

到着=21:56 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=煮干しのうまみある醤油 お気に入り度=8

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

麺 はくた(赤羽)

訪問日=1月30日(木) 曇り

メニュー=らーめん他

飲みの場所を後にして、赤羽に新しく出来たというらーめん店を訪問することになった。到着したのは「麺 はくた」というお店、おっとチェックしてないお店だったよ。

Hakutamenu1

お店に入り券売機でおつまみセットとドリンクの券を購入、麺メニューはあとで。奥のテーブル席に着いてまた皆さんで盛り上がる。

Hakutasawa

おつまみ登場、麻婆豆腐とか水餃子とか。ゴマダレをつける水餃子って初めて食べたけど、これ良いわ。この食べ方は有りだな。

Hakutagyoza

Hakutamabotofu

さてそろそろらーめん頼みますか。自分は「正油ラーメン」で、ほかには「担々麺」と「特製味噌拉麺」と良いバランスじゃないかな。

それほど待たず提供された。「正油ラーメン」はタレに魚介をふんだんに使ったという適度なコクの醤油スープ、結構個性的な味わいとなっている。麺は中太でちぢれておりスープが絡む。

Hakutaramen

ほかのらーめんも味見させてもらった。坦々麺はゴマの香りとうまみがある。辛味はそこそこ、がつんとくる味わいではないが結構好きな味かも。

Hakutatantan

味噌はすっきりした味ながら味噌のうまみを感じるスープ、頼んだらーめん3種のなかだと個人的にはこれが一番好みかも。

Hakutamiso

そしてあっという間に完食、お店をあとにした。赤羽もらーめん店がいろいろ出来るな、近いんだから油断しちゃだめだな。そして実はこの後もう一軒向かっていたりして。

続く

到着=21:00頃 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=コクのある醤油 お気に入り度=7

Hakutamenu2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

赤羽で立ち飲む夜(居酒屋:いこい-喜多屋:赤羽)

訪問日=1月30日(木) 曇り

赤羽で飲もう!ということになった。最初はGAKUさんと「いこい」という立ち飲みのお店に向かうことに。

改装前に伺ったことがあるんだけど、いやあ綺麗になったんだなあ、でも立ち飲みなのは変わらない。テーブルに場所を取り(もちろんテーブルの立ち飲み)、まずはビールとこの日お奨めの刺し盛をお願いした。

Ikoibeer

ビールうまいね、そして一人前という感じのこの刺し盛は250円、安!そして250円なのに良い味だねえ。それにしても相変わらず全てのメニューが安い。

他にもつまみを頼みます。

Ikoityasyu

Ikoinikomi

うむ満足、さて軽く飲んだところで次のお店に向かいましょう。

アリスさんが合流して今度は「喜多屋」というお店に、赤羽には何度か来てるけどこのお店は初めてだなあ。

同じく立ち飲み、最初はビールで

Kitayabeer

こっちのメニューも安いねえ!この店は見逃してたな。こちらでもいろいろ注文、ちょっと面白かったのでクリームシチューも。

Kitayatumami1

Kitayasityu

焼きももちろん

Kitayakushi1

Kitayakushi2

Kitayatumami2

Kitayakushi3

いろいろ頼んだなあ。途中でホッピーも注文したんだけどそれは写真撮り忘れ、でもやたらと「なか」が濃い、というか量が多いのに驚いた。

さて十分飲んだところでお店をあとに、締めのらーめんに向かいます。

続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

中華ソバ 伊吹 (志村坂上)

訪問日=1月30日(木) 曇り

メニュー=中華ソバ+和え玉+炊き込みご飯

Ibukisoba_2 昨年の5月に移転した「中華ソバ 伊吹」に伺っているが、お店は再度移転したらしい。今度は志村坂上駅が最寄の模様、三次公園のすぐ横になる。お店到着、店内に入ると満席で待ち客もいるようであった。

まずは券売機でメニューを確認する。ブログ限定ってなんだろう?ブログは見てなかったので左上の「中華ソバ」で券を購入した。

ちなみに並んでいるときに「和え玉」を注文する人が多いようであった。客の回転を考えると結構待ちそうだし、いっそ連食を考えることはやめて「和え玉」と「炊き込みご飯」の券も追加で購入することにした。

厨房内には以前のお店でも見かけた店主氏、そしてご年輩の女性はお母さん?さて予想通り結構待ってカウンター席に着席した。

それほど待たず「中華ソバ」提供、まずはスープを頂いてみる。煮干しのうまみと風味ががつんとくる醤油のスープ、苦みはあるがきつくはない。強力な味わい、煮干し好きなら満足感の高いスープ、自分は煮干好きなので満足感が高い。

麺は細目でちょい固めな食感、「伊藤」ほど固めではないがスープにあっている。予想はしていたがかなり好みのらーめであった。

Ibukirice_2 「炊き込みご飯」も頂いてみる。チャーシューの入ったご飯は香ばしい香りもあり良い味わいであった。これが150円か、量は多くないがお得だな。

「中華ソバ」に戻り食べ進む。やっぱりこのスープ良いなあ。そしてチャーシューは噛み応えがあり肉のうまみもしっかり感じる。刻みタマネギはしゃりしゃりとした食感でスープにあう。のりでご飯を巻いて、ただこれは白いご飯の方が合いそうな気がする。

Ibukiaedama_2 麺が残り少しの段階で「和え玉」をお願いした。ちょっと待って提供、よく混ぜてと案内される。この和え玉は麺の替玉にタレと油、そして刻みチャーシューが入っている(案内を見ると「煮干中華ソバ イチカワ(残念ながら未訪)」公認らしい)。

最初は和え麺風に混ぜてから頂いてみる。タレのうまみが効いたやはり固めの麺、これだけで食べてしまえる。ちょい味が濃いめながら良い味、ある程度食べてしまった。

次はスープにつけてつけ麺風、これもちょい濃いめながらいろいろな食べ方が出来て楽しい。最後はスープにすべて入れて通常の替玉風で完食した。

当然スープも完飲してから店を後にした。表に出てから気づいたが昼と夜でメニューが違うのか、夜のも気になるなあ。

到着=12:06 待ち時間=17分 行列=6人

麺=細麺 スープ=煮干しのうまみ濃厚な醤油 お気に入り度=8

Ibukimenu

Ibukiaedamamenu

Ibukihiruyoru

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

中華そば 永楽(大井町)

訪問日=1月26日(日) 曇り

メニュー=ラーメン

Eirakuramen

「麺屋 図南」のあとは大井町に移動、久しぶりに「ajito ism」へ向かう。休みかあ・・・、さてどうするかな?「ラズンバ(今は凛?)」も休みだよな、そうだ!ものすごく前に伺った「中華そば 永楽」を再訪しよう。

お店に着くと店前には並びあり、ただ並びと同時に店の方に呼ばれて並びの方達と一緒に店内に入る。その方たちは2階へ、自分は1階のテーブル席に相席で着席した。1階は満席だが、2階も混んでいることだろう。

さて今回の注文は「ラーメン」で、ちょい待って提供された。まずはスープを頂いてみる。あっさりながらコクとうまみある醤油のスープ、揚げねぎの風味が効いている。結構好きな味であった。

そして麺を頂いたとき、あれ?びびっときた。適度なコシの麺は中太で平たいタイプ、のど越しが良くスープにあっている。麺を頂くとスープの味わいがとても良く感じた、かなり好みならーめんという認識に変化する。麺とスープがあっているということか。

そして普段らーめんに必要としないもやし、太いもやしなので麺と絡めずもやしだけで頂ける。しゃっきりした食感でみずみずしい。もやしは途中からスープで熱が入り食べやすくなった。

そして噛み応えのあるチャーシューは醤油タレの風味が強めな感じ、これが良い味、増したいほど。どんどん食べてしまい完食、揚げねぎの風味と食感を楽しみながらスープも完飲した。

お会計は600円、満足して店をあとにした。ほかのメニューも頼んでみたいな、ここが近所にあればうれしいだろうなあ。

到着=13:16 待ち時間=0分 行列=5人(1F満席)

麺=中太平麺 スープ=あっさりした醤油、揚げねぎの風味 お気に入り度=8

 

 

Ajitoyasumi休みか、でもまた行きたいんだよなあ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年2月 2日 (日)

麺屋 図南(蒲田)

訪問日=1月26日(日) 曇り

メニュー=鶏白湯ラーメン

Zunantoripaitan

蒲田でらーめん、「麺屋 図南」を訪問する。券売機でメニューを確認、左上はセットメニューか、その下が醤油ラーメン、次に塩、そして鶏白湯となっている、うーん迷うなあ。普段なら「ラーメン醤油」を選びそうなところだが、でも表の写真メニューでどうしても気になった「鶏白湯ラーメン」で券を購入することにした。

カウンター席に着席、席はテーブルもあり。ちなみに厨房内の店主氏おひとりで営業されているようだ。テーブル席もあるのに大丈夫なのかな?

さてそれほど待たず「鶏白湯ラーメン」提供、見た目が良いねえ。貼られた案内を見ると無化調らしい、なるほど。まずはスープを頂いてみる。

とろりとした粘度のある白湯スープは鶏のうまみが濃厚な味わい、ただ後口はすっきりしている。結構塩味が効いているこのスープ、好きな味であった。

ただ塩味は最初問題なかったが途中からちょっときつめに感じだした。スープ自体の味が良いだけに惜しい。ただ説明書きを見るとスープを飲み干してもらうため塩分控えめでとある。味濃いめだったのはこの日たまたまかな?

麺は細目でコシがあるタイプ、スープにあっている。好みのらーめんだが塩味だけだな。鶏チャーシューは薄切りながら何枚も入っている。さっくりした噛み応えながらスープにもあって良い味であった。ねぎも風味が強くなくスープの邪魔にはならない。

そして完食、スープの味自体はとても好み、結構飲んだが、やはり完飲はせずに店をあとにした。こちらにはもう一度伺ってみたいかも、ほかの方が召し上がっていたの醤油も良さそうだった。

到着=12:22 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=鶏のうまみ濃厚な白湯塩スープ お気に入り度=7

Zunanmenu

Zunankodawari

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

焼麺 春日(西川口)

訪問日=1月25日(土) 曇り

メニュー=目玉焼きラーメン(中)

Kasugayakiramen

「支那そば 孤高」のあともう一軒行こうと思っていたお店はスープ切れ終了であった。この日は他に代替えを考えていなかったのだが、そういえば西川口にお店が出来ていたのを思い出し訪問することにした。

「焼麺 春日」到着、こちらは「焼麺 つるぎ」の様に焼いた麺のメニューを出すらしい。お店到着、店内の券売機でメニューを確認する。左上が「焼きラーメン」、今回はその横の目玉焼き入りで券を購入した。

奥のカウンター席に着席、手前にはテーブル席が二卓ある。券を渡すと麺は大と中があるとのこと、連食なので中でお願いした。結構待つのは予想通り、麺を焼くのでこれは仕方ない。

そして提供、焼かれた麺がスープから顔を出している。結構暗い店内のため残念な携帯の残念なカメラ機能では・・・。

まずはスープを頂いてみる。動物系のうまみがある醤油のスープ、結構甘みを感じる味わいであった。

麺を頂くが最初は焼きがついていない部分を狙ってすする。もちもちした食感のかなりの太麺、適度なコシながら結構好み。

そして焼いた部分、かなりの焼きっぷりで固めな食感、がりがりとした部分もある。麺の食感は固かったり柔らかかったりと口の中が忙しい。そういえば実は炊き込みご飯などのおこげも苦手なことを思い出した。「焼麺 つるぎ」も思い出したが、やはり麺は普通の麺の方が好みなのは変わっていなかったか。

チャーシューは柔らかいタイプ、目玉焼きはあっさりした味で柔らかめ、こちらはもう少しハードに焼いてもらった方が好みかも。とろりとした黄身を麺に絡めながら食べ進む。

そして完食、店をあとにした。まあ今回はまずまずに感じたが、でも焼いた麺が大丈夫ならもっと好みに感じただろう。

到着=13:53 待ち時間=0分 行列=0人

麺=焼いた太麺 スープ=動物系のうまみある醤油、甘みあり お気に入り度=6

Kasugamenu

Kasugakanban

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »