« 麺や すする まる弐(学芸大学) | トップページ | 豚骨一燈(小岩) »

2014年1月28日 (火)

麺屋 こころ(大岡山)

訪問日=1月19日(日) 晴れ

メニュー=台湾まぜそば(ニンニク少なめ)

Kokorotaiwanmaze

「麺や すする まる弐」のあとに大岡山へ移動、台湾まぜそばを出すという「麺屋 こころ」を訪問する。店内に入り奥の券売機で「台湾まぜそば」の券を購入した。店内満席ながらちょうど席が空いてすぐに着席、これで席は埋まりその後は待ちの列が出来ていた。

店の方に券を渡すと「ニンニクは?」と確認された。トッピングコール?確認したらニンニクを入れるか入れないかというだけらしい。では少なめでお願いします。

Kokoromazemaze ちょっと待って「台湾まぜそば」提供、良くかき混ぜてと案内される。上には挽き肉、ニラ、ニンニク、刻みのり、ねぎ、卵黄とにぎやか、まずは混ぜてと。

コシのある太麺は表面にざらつきあり、それは期待通りでタレがよく絡まる。コクのある濃い味なまぜそば、最初ちょっと濃すぎかなと思ったが食べ進むと問題なく、むしろ良い味であった。

魚粉のかおりとうまみを強く感じる。ニラとニンニクの風味も強烈に感じる。挽き肉の食感とうまみもあり、味わいが重なりながら、でもまとまっている。あまりまぜそばは狙わないほうだがこれは良い、あっと言う間に完食した。

Kokororice 提供前に気づいていた壁の案内にあった追い飯というのお願いする。丼にライスを入れてもらい、残ったタレを混ぜ頂く。予想通りだがこのタレがライスに抜群にあう、良い味だなあ。

ライスも完食、満足して店をあとにした。台湾まぜそばも今年は都内に増えてくるのかもしれないな。

到着=12:24 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=太麺 スープ=コクのある濃い味のタレ お気に入り度=8

Kokoromenryo

Kokoroeigyo

|

« 麺や すする まる弐(学芸大学) | トップページ | 豚骨一燈(小岩) »

コメント

仰るように東京でもブレイクするかもしれないパワーを秘めていますよね。
やまのもおいしかったですが、こちらは本格的でしたね。

投稿: ぼぶ | 2014年1月29日 (水) 10時46分

>ぼぶさん
台湾まぜそばははまる味ですね。
またどこかお店が出来たら訪問してしまうと思います。

投稿: ライダーマン | 2014年1月29日 (水) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/59026269

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋 こころ(大岡山):

« 麺や すする まる弐(学芸大学) | トップページ | 豚骨一燈(小岩) »