« 麺処 景虎(戸塚安行) | トップページ | 麺屋 こころ(大岡山) »

2014年1月27日 (月)

麺や すする まる弐(学芸大学)

訪問日=1月19日(日) 晴れ

メニュー=肉辛つけ麺中盛り(辛さ普通)

Susuru2nikutuke

学芸大学はあまり来ない場所、今回は商店街にある「麺や すする まる弐」へ訪問するため駅を降りた。ちなみに「まる弐」というだけあって「麺や すする」というお店もあるようだが、そちらはまだ未訪だったりする。

店内に入り券売機でメニューを確認、つけ麺が上か、じゃあそれで良いか。並と中盛りが同額となれば中盛りにしてしまおう。

カウンター席に着席すると辛さの好みを確認された。ひかえめ・やや辛・普通・大辛の順、迷ったが普通でお願いしている。

店内は先客2名とちょっと寂しい感じ、ただその後来客続々で満席になり、その後店内には待ち列も出来ていた。そんなお客さんには辛くないメニューが無いのか確認する人が結構いるようであった。その度に店員さんはひかえめはそんなに辛くないと説明している。

ちょっと待って「肉辛つけ麺中盛り(辛さ普通)」提供、麺の上には豚肉とラー油、もやしが乗っている。こうなると先にまぜそば風に頂いてみたい。まずは混ぜて麺を食べてみる。

コシのあるのど越しの良い太麺、ちょい固めだがつるつるした食感で好みであった。そして肉のうまみを感じる豚肉に、しゃきしゃきしたもやし、ニンニクの香りも効いたラー油、麺の器だけで結構満足感が高い。

続いてつけスープに浸けて頂くと、動物系のうまみと節系の魚介の味わいが効いた味わいを感じる。やはり辛みも結構効いているが、でもこれなら大辛でも問題なくいけそうだ。

好みのつけ麺、良いかも。どんどん食べ進み完食、スープ割りは前のポットから。ちょっとスープを入れすぎたかな、でも飲みやすくなったスープも完飲して店をあとにした。

らーめんはどんな感じかな、そっちも良さそうな気がする。

到着=11:40 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系と魚介のうまみあるスープ、辛みが効いている お気に入り度=8

Susuru2menu

Susuru2karasa

Susuru2honten

|

« 麺処 景虎(戸塚安行) | トップページ | 麺屋 こころ(大岡山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/59020837

この記事へのトラックバック一覧です: 麺や すする まる弐(学芸大学):

« 麺処 景虎(戸塚安行) | トップページ | 麺屋 こころ(大岡山) »