« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月31日 (火)

ソラノイロ salt&mushroom(麹町)

訪問日=12月21日(土) 晴れ

メニュー=塩煮干ソバ

Soranoirosio

麹町に出来た「ソラノイロ」の2号店、「ソラノイロ salt&mushroom」を訪問する。店内に入り券売機でメニューを確認、いろいろなメニューがあるんだな。でも今回は左上の「塩煮干ソバ」で券を購入した。カウンター席に着き店の方に券を渡す。それほど待たずにらーめんが提供された。

まずはスープを頂いてみる。あっさりながら味わいがしっかりした塩のスープ、煮干しのかおりとうまみも抜群に効いている。食べる前に煮干しのかおりが強いと感じていたが、でもスープを頂くと特にきつい感じは無い。いやこれは良い味だなあ、思わずスープを何口も飲んでしまった。

麺は中太の平打ち、適度なコシでのど越しが良い、スープもよく絡む。かなり好みの塩らーめんである。

チャーシューは薄いが3枚入っている。噛み応えがあり、あっさり味なのでスープの邪魔にならない。のりは単体だと風味が強いが麺と絡めて頂くと良い風味であった。ねぎの食感も良い。かまぼこ?これなんだろう、もちもちしており香りが良い。お麩の香りもよかった。

そして完食、当然の様にスープも完飲した。いやあ満足したなあ。こちらは塩のほかにキノコベジと肉ソバメニューがあるお店、これはほかのメニューもかなり気になる。

到着=12:20 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太平麺 スープ=煮干しのうまみとかおりある塩 お気に入り度=8

Soranoiroeigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月30日 (月)

環七背脂系 麺屋ブッチャー(板橋)

訪問日=12月20日(金) 小雨

メニュー=ブッチャー麺(背脂多め)

Bucyamen

板橋駅近くにある背脂らーめんのお店に向かう。店名は「麺屋ブッチャー」、地獄突きが頭に浮かぶ。店内に入り券売機でメニューを確認、左上の「ブッチャー麺」で券を購入した。

カウンター席に着席、奥にはテーブル席もあるようだ。店の方に券を渡すと背脂の量を確認された。脂抜きに脂少なめ、普通、多め、鬼脂、最後のがすごそうだなあ。今回は「背脂多め」でお願いしている。

しばし待つ、そして気がついた店内のBGM、おっとプロレス関連ではないか。パワーホールが掛かると前のめりになる自分であった。

さてそれほど待たず「」提供、やはりスープの表面は背脂で真っ白である。まずはスープを、結構濃い味の醤油スープ、コクを感じる味わいだがワイルドなほどの味の濃さではない。背脂でマイルドな感じ、もうちょい味が濃くても良いかな。

麺はコシのある太麺、ちょっとゴワっとしているがスープにあっている。このスープには厚めのねぎがよくあっている。ほかに野菜はもやしが乗っている。チャーシューは噛み応えがあるタイプであった。

麺は案外少なめかも、すぐに完食してしまう。この日は連食を予定していなかったため、この量ならライスくらいつけてもよかったな。スープもある程度飲んで店をあとにした。

到着=12:39 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=濃い味の醤油、背脂大量 お気に入り度=7

Bucyamenabura

Bucyamenmenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月29日 (日)

えびそば一幻 東京店(西武新宿)

訪問日=12月17日(火) 晴れ

メニュー=えびみそ(そのまま・太麺)

Ichigenmiso

「肉肉ラーメン 2/100」のあとはすぐ近くの「えびそば一幻 東京店」を訪問する。こちらの店は以前池袋東武百貨店の諸国ラーメン探訪区にもあったのだが、味噌らーめんということで訪問していなかった(味噌らーめんはあまり狙わないもので)。新宿にお店が出来てどうしようかと思っていたが、最初の店にも近いので伺うことにした。

お店到着、店内に入り券売機でメニューを確認する。味噌以外もあるのだが、でもここの売りだろうと思われる「えびみそ」で券を購入することにした。味は「そのまま」と「ほどほど」、「あじわい」の三種類があり、今回は海老が一番濃そうな「そのまま」で、あと太麺と細麺があるのだが、今回は太麺を選択することにした。

カウンター席に着きそれほど待たず「えびみそ(そのまま・太麺)」が提供された。提供時点ですでに海老が香っている。

まずはスープから、やはり海老の味わいと香りを感じる味噌のスープ、ただそのスープは味噌だけが突出して強いわけではない。海老と良い調和、いやこれはかなり好みの味である、良いねえ。そしてスープは熱々で最初火傷しそうになるほどであった。

麺は太めでコシがある。のど越しがよくもちもち感もある麺、スープにもあっている。このらーめんはとても好みな味、池袋にあった時にもいっとけば良かったな。

海老のフレークは香ばしく、最初さくっとした食感だったがすぐにスープへとけていく。奥に魚粉があったのだが、あれ?魚粉というか溶かすと海老の風味がすごいことに、ちょい苦みもあるが変化が出て面白い。

油断していたがチャーシューもかなり好み、柔らかく、でも食感もしっかりしており味も良い。

すっかり完食、連食ながらスープも結構飲んでしまった。店をあとにしたがこれは「えびしょうゆ」も頂いてみたいものだ。

到着=12:45 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=海老のうまみとかおりある味噌 お気に入り度=8

Ichigenmenu1

Ichigenmenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月28日 (土)

肉肉ラーメン 2/100 西新宿店(西武新宿)

訪問日=12月17日(火) 晴れ

メニュー=肉肉ラーメン(麺中盛り・タレ味)

Nikunikuramen

肉満載のらーめんを頂きに西武新宿駅が最寄りの「肉肉ラーメン 2/100 西新宿店」を訪問する。店前の券売機で「肉肉ラーメン」の券を購入、店内に入ると満席の模様、ただ丁度一席空いたのですぐに着席することが出来た。

店の方に券を渡した際に確認事項が2つあり。麺は大500g中370g小250gが同額らしく今回は中盛りでお願いした。味もタレと塩があるらしい、タレって何だ?確認すると醤油味ということらしい。じゃあタレでお願いします。

それほど待たず「肉肉ラーメン(麺中盛り・タレ味)」、あれ?中盛りの量は茹で後と思ったら茹で前の量か、結構な量であった。でも大500gでも680円はお得だな。

まずはスープを頂いてみる。あっさりした醤油のスープ、甘みも感じる味だが、ただその甘みがスープにあっている。牛の風味とうまみが感じられるがこれは元のスープか、それとも上の肉から溶けた味わいか。でも結構好きな味であった。

麺はちょい太めで適度なコシ、もちもち感もあり好みの麺、でも結構多いな。これで大盛りにしたらすごいことになりそうだ。

上の牛肉は噛み応えがあり、適度に脂身もある。筋もあるが特に固いわけではなく満足感があるお肉であった。チャーシューは無いがこのメニューでそれは必要ないだろう。

もやしが肉の下にあり、それを麺と肉で絡めながら食べ進む。最後の方でショウガを投入、もうちょっと早く入れても良かったと思うくらいスープにあう。

そして完食、店をあとにした。そういばメニューに「いつか見た夢」というのがあったのだが何だろう?すごい量の肉だろうか?

到着=12:13 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=太麺 スープ=牛のうまみあるあっさりした醤油、甘みあり お気に入り度=7

Nikunikumenu

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年12月27日 (金)

中華そば しば田(仙川:ちょっと歩く)

訪問日=12月15日(日) 晴れ

メニュー=中華そば

Shibatasoba

仙川駅から結構歩いた場所にある「中華そば しば田」を訪問、いやあ店に着く前に気づいていたが、待ち客の並びがすごいねえ。オープン時間がそれほど前ではないことを考えればかなり人気があるのだろう。でもこれは結構待ちそうだな。

しばらくしても列はなかなか進まない。結局30分以上待つことになった。席が空いたので店内に入り券売機でメニューを確認、左上の「中華そば」で券を購入することにした。ただほかにあった「煮干そば」が気になるなあ、あとで後悔することになったりしないだろうか?カウンター席に着席、それほど待たず「中華そば」が提供された。

まずはスープを頂いてみる。動物系のコクとうまみがあるあっさりした醤油のスープ、ただあっさりといっても味わいはしっかりしている。とても香りが良いこのスープはかなり好みの味であった。

麺は細く適度なコシ、さくっと噛みきれるタイプでスープがよく絡む。いやこの「中華そば」は良い、「煮干そば」でなく良かった。でも「煮干そば」を食べたらそちらもまた満足してそうだけど。

チャーシューは薄いが三枚入っている。肉のうまみを感じるこのチャーシュー、そしてこちらも香りが良い。メンマもくさみなくスープにあっている。

麺は少な目のためすぐに完食、もちろんスープは完飲している。満足して店をあとにした。これは「煮干そば」も食べてみたいものだ。

到着=11:36 待ち時間=34分 行列=12人

麺=細麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=8

Shibatamenu

 

 

 

 

Inarieigyoちなみに「中華そば しば田」のあと、先日営業していなかった「三鷹食堂いなり」を再訪したが、今回も営業していなかった・・・・。ただ前回と違いシャッターは閉まっていなかったので営業していたのかも。

早仕舞いかな?ただこれは13時15分のこと、スープ切れにしても随分早い気がするのだが。相性が悪いんだろうな、仕方ないので諦めよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月26日 (木)

【リニューアル】つけめん 小池(上北沢)

訪問日=12月14日(土) 晴れ

メニュー=鶏つけめん(煮干し風味)

Koiketuke

「麺匠 竹中」のあとは上北沢に移動してラーメン店を目指す。「つけめん 小池」は甲州街道沿いであった。

店内に入り券売機でメニューを確認、左上は「つけめん」のゆず風味ながら、どうしても煮干し風味が気になり今回は「鶏つけめん(煮干し風味)並盛り」で券を購入した。もう一種類の海老風味も気になるところである。ちなみに案内によると寒くなったのでラーメンも始めたらしい。そうかラーメンはやってなかったのか。

しばらくして提供前につけスープを電子レンジに入れて温めている。スープ割りで電子レンジを使うのは見かけるが、提供前はあまり見かけないな、珍しい。

そして提供、まずは麺を頂いてみる。コシのある黄色い太麺はしっかりした食感、風味も良く好きな麺であった。ただやはり並はちょい少な目かもしれない。

つけスープは鶏のうまみを強く感じる白湯スープ、確かに煮干しの風味が感じられる。ただその煮干しも強すぎることなく丁度良い。ちょい甘みも感じるがそれほど強いわけではなく良い塩梅であった。そしてねぎが良い仕事をしている。このつけめんはかなり好みであった。

鶏チャーシューが2種、スープ内には適度な弾力の鶏肉、スープも絡み良い味である。そして麺の上にはピンクの鶏肉、さっくり柔らかく適度に効いた塩味が鶏のうまみを引き立てる。

おっとこのつけめんかなり気に入った。するすると食べ進んでいく、中盛りでも良かったな。すぐに完食、前にあるポットから割りスープを入れ、結局そのスープも完飲、店をあとにした。

ちなみに先客が1名で後は2名、もう少し入っても良いような気がするのだが。平日なら違うのかな?目の前の厨房機器が結構汚れていたのが気になった、というのはあったけど。

到着=13:00 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=鶏のうまみを感じる白湯スープ、煮干しの風味 お気に入り度=8

Koikemenu

Koikenewmenu

Koikeeigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月25日 (水)

麺匠 竹中(桜台)

訪問日=12月14日(土) 晴れ

メニュー=淡麗鶏だしらーめん

Takenakaramen

桜台駅近くの「麺匠 竹中」を訪問、お店は派手な感じではなく店内に入っても落ち着いた雰囲気であった。

入り口左の券売機でメニューを確認、左上の「淡麗鶏だしらーめん」で券を購入する。ほかに「濃厚魚介豚骨らーめん」や「濃厚魚介つけ麺」などがあるようだ。カウンター席に着きしばし待つ。先客は2名であったがあとから続々と来客あり。

ちょっと待ってらーめん提供、まずはスープを頂いてみる。鶏のうまみを感じるあっさりした醤油のスープ、あっさりながら引き込まれる味わい、すっきりしたスープながら不足感がない。これはかなり好みの味である。

麺は中太で適度なコシ、風味もよくこのスープによくあっている。とても満足感の高いらーめん、冷えた身体も温まる。

チャーシューがまた良い。炙っているので香ばしく、噛み応えのあるチャーシューは肉のうまみをしっかり味わえる。メンマも極太ながら柔らかくくさみも無し。ゆず皮が乗っているが、これはあまり香らないか。

すぐに完食、スープも完飲して店をあとにした。他の方を見るとつけ麺を頼む人も多かった、そちらもかなり気になる。

到着=11:55 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=8

Takenakamenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月24日 (火)

鶏白湯ラーメン モミジ(末広町)

訪問日=12月12日(木) 晴れ

メニュー=モミジラーメン

Momijiramen

「日本橋 製麺庵 なな蓮」のあとは末広町に移動、鶏白湯らーめんのお店「鶏白湯ラーメン モミジ」を訪問する。店内に入り券売機でメニューを確認、特製でなく普通の「モミジラーメン」で券を購入した。

お店は混んでおり自分が着席したことで満席になっている。ちょっと待ってラーメン提供、鶏白湯というだけあってスープが白い。まずはそのスープから。

鶏のコクと味わいを強く感じる白湯スープ、うまみも十分な感じで、最初ちょっと味が濃いと感じたが、食べ進むと気にならなくなってくる。鶏のくさみもなく結構好きな味であった。

麺は太めでコシがある。最初歯にひっつく感じがあったのだが、途中で良い食感になってきた。

鶏肉はさっくりした食感で味も良い。このらーめんには味玉が合ったかも、まあ今更なので追加はしていない。レモンは飾りだろうか?もう少し厚めに切ってくれたら味の変化を楽しめそう。

そして完食、スープも結構飲んでから店をあとにした。

到着=12:41 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=太麺 スープ=鶏のうまみ濃厚な白湯スープ お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

日本橋 製麺庵 なな蓮(三越前)

訪問日=12月12日(木) 晴れ

メニュー=支那そば

Nanarensoba

三越前駅で降りてらーめん店に向かう。「日本橋 製麺庵 なな蓮」は建物にちょい入った場所にある。店前の券売機でメニューを確認、今回は「支那そば」で券を購入した。800円か、これくらいも普通になってきたな。

店前には並びが出来ていたので後ろについて待つことに。ただそれほど待たず店内に入りカウンター席着席した。奥にはテーブル席もあるようだ。カウンター上の案内を見ると、国産小麦で無化調らしい、ならばこの値段も仕方ないか。

結構待って「支那そば」提供、綺麗ならーめんだなあ。まずはスープを頂いてみる。あっさりながら味わいはしっかりと感じる醤油のスープ、とてもすっきりした味は、くどさが無い。かなり好みのスープであった。

麺は中太で平たいタイプ、適度なコシでのど越しも良い。レベルの高いらーめん、こりゃ来てよかったな。

チャーシューは厚いのが2枚、食感はあるけれど柔らかい。肉のうまみもしっかりと感じる。ねぎにメンマもこのらーめんにあっている。満足しながら食べ進む。ほぼ完食の段階で鶏肉が下から出現した。結構うれしいサプライズ、満足して完食した。思わずスープも飲みきってしまう。

店をあとにしたが、これはほかの方が食べていて良さそうだったつけ麺も頂いてみたいものだ。

到着=12:04 待ち時間=3分 行列=3人

麺=中太平麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=8

Nanarenmenu1

Nanarenmenu2

Nanarensetumi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月22日 (日)

日本橋ラーメン ばしらぁ(人形町)

訪問日=12月11日(水) 曇り

メニュー=ばしらぁ(太麺)

Basirabasira 「もんなか まごころ厨房」のあとは人形町に移動、「日本橋ラーメン ばしらぁ」を訪問する(「麺 やまらぁ」の支店は間違いでした。申し訳ございません)。

店内に入り券売機でメニューを確認、左上の「ばしらぁ(太麺)」で券を購入した。その後カウンター奥に着席、その奥の厨房からは野菜を炒める音が聞こえる。

さてそれほど待たず「ばしらぁ(太麺)」提供、まずはスープを飲んでみる。こ、これはなんだ?変わった風味のスープは味噌のような、そうじゃないような、風味が特に不思議な感じ。酒粕でも入っているのか?最初独特な香りに困惑してしまった。

麺はかなり太く平たいタイプ、コシがあり好みの麺である。キャベツやもやしなどの野菜が香ばしく良い感じ。そしてその香ばしい野菜と絡んだスープは丁度良い風味になる、これなら問題ない。チャーシューは噛み応えがあるタイプであった。

そして完食、面白いらーめんだった。店をあとにしたが、あれは何らーめんというべきなんだろう?

到着=12:04 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=変わった風味の味噌のようなスープ お気に入り度=7

Basirakanban

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月21日 (土)

もんなか ○心厨房(まごころ:門前仲町)

訪問日=12月11日(水) 曇り

メニュー=濃厚しおらーめん

Magokorosio

門前仲町は先日「麺処 才谷屋」へ伺うために訪れているが、なんとその真横にらーめん店が出来たらしく、同じ場所を再訪することになった。

「もんなか ○心厨房」は以前伺ったことのある「○心厨房」の支店、店に着くと前には2名の待ちが出来ていた。実は隣の「麺処 才谷屋」も店内満席であったりする。

さて「もんなか ○心厨房」は列に並ぶ前に店内の券売機で券を購入する必要がある。えーと「しおらーめん」はどれだ?ちょっと迷ってからボタンを発見して券を購入、表に戻って並びに加わる。ただそれほど待たず店内に入りカウンター席に着席した。

らーめんはすぐの提供、まずはスープを頂いてみる。動物系のコクとうまみがある濃厚ながらクリーミーでマイルドな塩スープ、味わいはしっかり感じるがくどさを感じない。いやこれは相当好みの塩スープ、良いわあ。

麺はちょい太めでコシのあるタイプ、風味がよくスープも絡む。この塩らーめん良いねえ。

チャーシューは噛み応えがあり、肉のうまみとかおりを感じる。ほかに白菜にねぎ、タマネギが乗っている。かなりの満足感があるらーめん、麺が無くなっていくのが残念であった。

すぐに完食、スープもかなり飲んでしまう。完飲しなかったのは連食を狙っているから、ってほぼ完飲状態だけど。丼を上にあげて店をあとにした。

満足したなあ、つけ麺も良さそうだ。今度横の店との連食で再訪というのも良いかもしれない。

到着=12:04 待ち時間=3分 行列=2人

麺=太麺 スープ=動物系のうまみある濃厚ながらマイルドでクリーミーな塩 お気に入り度=8

Magokoroeigyo

Magokoromenu

Magokorosaitani

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月20日 (金)

蒙古タンメン 中本 東池袋店(池袋)

訪問日=12月9日(月) 曇り

メニュー=冷やし五目蒙古タンメン+サービスプチ麻婆丼

Ikenakamotogomokutuke

「元祖めんたい煮込みつけ麺」のあとは同じく池袋に出来た「蒙古タンメン 中本 東池袋店」へ向かう。でも池袋の西口に「蒙古タンメン 中本」ってあるよな、まあもう一軒出すのは需要があるからだろう。

到着すると店前には並び多数、ってあれ?店内にもいるの?すごいな。待っているときに「蒙古タンメン 中本」を運営する「株式会社誠フードサービス」の代表白根誠氏登場、並んでいる客に挨拶しながら店内へ入っていく(でまたすぐに出て行ったけど)。

ちょっと待って店内券売機まで列が進む。今回は「冷やし五目蒙古タンメン」で券を購入した。それにしてもここの店も広いねえ、カウンター席が奥の方まで伸びている。

店の方が券を回収、その際オープン記念サービスは何にするか確認された。ゆで玉子と迷ったが今回は「プチ麻婆丼」でお願いしている。予想より早めで席は空きカウンター奥に着席した。

ちょっと待って「冷やし五目蒙古タンメン+サービスプチ麻婆丼」提供、まずは麺を頂いてみる。コシのある太麺はのど越しがよく、十分冷えて口の中が気持ちいい。

つけスープは期待していたよりさっぱりした味噌のスープ、ただし味は濃いめ、結構しょっぱいかも。ねっとりとろみのある麻婆餡が掛かっている。柔らかいキャベツがスープに絡んで良い具合であった。それにしてもしょっぱいな、味噌の甘みやうまみは少な目かもしれない。

もやしで口をさっぱりとしながら、時折プチ麻婆丼を頂いていく。あれ?後半お腹が一杯になってきた、前日の酒が残っていたかな?

でもなんとか完食、店をあとにした。ここももう一度いってみた方が良い様な気がする。

到着=11:57 待ち時間=18分 行列=多分18人(中多分10人、外8人)

麺=太麺 スープ=さっぱりながら味の濃い味噌、辛みあり お気に入り度=7

Ikenakamotoservice

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月19日 (木)

元祖めんたい煮込みつけ麺(池袋)

訪問日=12月9日(月) 曇り

メニュー=めんたい煮込みつけ麺(200g)

Mentainikomitukmen

池袋駅西武口近くに出来た「元祖めんたい煮込みつけ麺」を訪問、お店は2階にあるのか、珍しいな。

店内に入り券売機でメニューを確認、おっと1,280円、高いなあ!100gと200g300gでボタンが違うが、でも値段はすべて同じであった。今回は200gで券を購入、カウンター席に着席した。

最初に水以外のドリンクは、と確認されたが、昼から飲みのお客さんも多いのかな。とりあえず今回は水でお願いしている。

ちょっと待ってつけ麺提供、提供時に食べやすさのため縦に配膳していると案内された。200gだと麺の量が結構少ないな。その麺は太くて適度なコシ、のど越しがよく好みの麺であった。

つけスープはかなりのとろみあり、片栗粉でも使っているかのようなとろとろ具合である。酸味と甘みがあり独特な風味もある。明太子はたっぷり入っているが,結構味の濃いスープなのでそれほど全面には味が来ないかも。ぷちぷちした食感をかなり感じる。

中には椎茸やショウガも入っている。そういえばチャーシューがないのか、この値段は明太子によるところが大きいのかな?

すぐに完食、スープ割りは前に置いてあるポットから。割ったスープを結構飲んでから店をあとにした。これが700円くらいならもっと納得できたかもしれない。

到着=11:27 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=酸味甘みある醤油、粘度がすごい お気に入り度=6

Mentainikomiwari

Mentainikomimenu

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年12月18日 (水)

麺や 一途(武蔵小山)

訪問日=12月8日(日) 曇り

メニュー=麺 途+サービスライス

Itizumichi

「麺屋 ゆうすけ」のあとは武蔵小山に移動、フランス料理出身という「麺や 一途」を訪問する。お店に入ると店内には待ち客あり、人気があるんだなあ、ご家族客も多数いるようだ。

さてそれほど待たずカウンター席に着きメニューを確認する。初めて来た店ならば普段は醤油のらーめん(今回なら「卓」)を選択しそうなものなのだが、でも店内のスパイシーな香りに思わず「途」をお願いしてしまった(カレーラーメンもあまり狙わないのに)。サービスライスがつくとのこと、先の店で断ったので今回はお願いしてしまう。

らーめんはすぐ提供された。まずはスープを頂いてみる。あっさりしたカレーのスープはちょい酸味も感じる味わい、ただ思ったよりカレー感は強く無いかも。あっさりしたスープカレーという感じ、まあらーめんにするなら当然か、でもスープ自体はかなり好みであった。

麺はちょい細目で適度なコシ、くせがないのでスープに丁度良い。

おっとこの鶏肉、とても好みの味、さっくりしながらジューシーな鶏肉はニンニクの風味がかなり感じられる。これをつまみに酒を飲んでみたい。食べ進めるとゆず皮が入っていることに気がついた。ゆずの香りが鼻を抜ける。

Itizurice すぐに完食、ライスにカレーをかけてみる。スパイシーなスープながら、もう少し味の濃い方がライスにあうだろう。

すっかり完食、スープの味はかなり気に入ったので思わず完飲してしまった。お会計をして店をあとにする。やはり「卓」が気になるな。あとカレースープに生クリームが入っているという「利」を食べてみたいかも。

到着=12:24 待ち時間=4分 行列=3人

麺=中細麺 スープ=あっさりしたカレースープ お気に入り度=7

Itizumenu1

Itizumenu2

Itizumenu3

Itizukodawari

Itizumenueigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月17日 (火)

麺屋 ゆうすけ(江原町)

訪問日=12月8日(日) 曇り

メニュー=あっさり鶏塩らあめん

Yusuktorisio

江原町駅近くのらーめん店を訪問、それにしても随分寒くなったなあ。お店に着くと、おっとまだオープン前か、しばらく近くをぶらぶらする。10分くらい経ってから再訪するとちょうど営業開始となったところであった。

店内に入りカウンター席に着席、席はテーブル席もが多数ある。さてさてメニューを確認、あっさりと濃厚の選択か、濃厚は怖いので今回は「あっさり鶏塩らあめん」でお願いすることにした。

らーめんはすぐの提供、ゆずの香りが丼から立ち上る、良いねえ。提供時にサービスライスの有無を聞かれたが連食予定なのでお断りしている。さてまずはスープから。

鶏のうまみがあるあっさりした塩のスープ、あっさりながら味わいは十分な感じ、もうちょい塩味が効いてても良いかな。でも好きな味であった。

麺はちょい細目で適度なコシ、くせのない麺である。鶏チャーシューはさっくりした食感でぱさつき無し。あ、この鶏チャーシューかなり好みかも。白髪ねぎもスープに合う。

あれもう無くなった、驚くほど速攻で完食してしまった。結構夢中で食べてたんだな。お会計をして店をあとにした。

そういえばサービスのライスは断ったが、ラーメン茶漬けでの〆で良かったかもしれない。

到着=11:42 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=鶏のうまみあるあっさりした塩 お気に入り度=7

Yusukmenu1

Yusukeigyo

Yusukmenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月16日 (月)

麺 高はし(赤羽)

訪問日=12月7日(土) 晴れ

メニュー=半肉入りつけそば大盛+味玉

201312tahakashituke

12月の「麺 高はし」を訪問、この日はもっと早い時間に伺おうと思っていたのだがちょっと出遅れてしまった。それでも相当早い時間にお店到着、え!そんなに並んでるの!これは結構待ちそうだなあ・・・。

待っている間に気がついた。ついに値上がりするのか、といっても580円の「らあ麺」が600円なので値上がりしてもかなり安いけど。

さて結局相当な待ち時間で店内に入り、カウンター席に着席した。店主氏に「いつものー、」と聞かれたので「いつものー」、と返しておく。ちょっと待って「半肉入りつけそば大盛+味玉」提供、まずは麺を頂いてみる。

コシのある浅草開花楼の太麺、食感がっしりで噛むと良い風味を感じる。この麺は良い、いつ食べても満足する。

つけスープを今回も最初は混ぜずに麺をつける。動物系のコクとうまみ、魚介の風味と味わい、そしてうっすら感じるタレのうまみが麺に絡む。相当良い、三口これで頂いた。

そしてスープを下から混ぜる。タレの味わいが効きやはり納得のつけそばとなる。心が跳ねるなあ、来てよかった。

チャーシューは噛み応えがあり肉のうまみもしっかりと感じる。器の中にごろごろと転がるチャーシュー、なかなか減らないのがうれしい。

味玉はさっくりした黄身の食感と、白身の柔らかい弾力が気持ちいい。甘めのメンマと風味の良いねぎも欠かせない。

今回は後半に豆板醤と魚粉を麺に乗せてみた。でもちょっと多すぎたかな、味は良いけど濃すぎるかも。次回は丼のふちにつけて調整しながら食べることにしよう。

そして完食、スープ割りも完飲する。最後にお会計をして店をあとにした。

尚12月は23日(月)が休み、年末年始は29日(日)が昼のみ営業で年内最後、1月は4日(土)より営業らしい。多分昼のみだろう。年内最終日は初めて目にする日曜営業か、どうしよう、いくべきかな。

到着=10:38 待ち時間=30分 行列=13人

麺=太麺 スープ=魚介動物系の効いた醤油

201312tahakashiyasumi

201312tahakashimenu1

201312tahakashimenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

珍来(川口)

訪問日=12月5日(木) 晴れ

メニュー=ラーメン

Chinrairamen

忘年会から地元に戻り、さて締めのらーめんを頂こうか。料理をかなり頂いていたので極めてあっさりなラーメンを求めている。ではどこに?「102」とか「中華食堂 大門」などを考えたが、でもそこよりあっさりが良いかな、となれば久しぶりに「珍来」だな。お店に入りカウンター席に着席した。

注文は「ラーメン」で、周りは定食を頼む人や、料理をつまみにビールを楽しんでいる人もいる。

それほど待たず「ラーメン」提供、予想通り、期待通りのとてもあっさりした醤油のスープ、がつんとくる味ではないが希望していたあっさりらーめんがここにある。

麺はコシがある太麺、啜り心地もよくとても好みの麺、珍来はどちらかというと麺が好みであったりする。

トッピングはチャーシューにメンマ、まあ多くは語るまい。するすると食べ進み完食、スープも結構飲んでいる。お会計をして店をあとにした。

ほかの珍来ではつけ麺もあるらしいが、ここでもやってくれないかな?まあ麺は間違いないが、つけスープはどうかというのがあるけれど。

到着=22:50 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=7

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年12月14日 (土)

リバーサイドでビールをがぶ飲み(WATERLINE:天王洲アイル)

訪問日=12月5日(木) 晴れ

ぼぶさん主催の通称「ぼぶ麺会」が今年も開催された。場所は天王洲アイルにある「WATERLINE」、駅から向かう途中で皆さんと合流しながらお店に向かう。

それらしき場所に到着してお店に入ったが、そっかそっか、こっちは違う店なのね。

おっと!そっちですか!

Waterline

今回も残念な写真でお送りします。

パーティー会場という感じですね。受付で主催のぼぶさんや幹事のDさんに挨拶+お会計を済ませて中に入っていきます。

お知り合いに挨拶、そして挨拶、テーブルの上にはうまそうな料理がならんでますね。

Waterlinemenu1

頃合でグラスにビールが注がれ、

カンパーーーイ!

Waterlinemenu2

あれ?写真がこの3枚しかない・・・、ビールの写真も撮ってないとは・・・。

ここのビールがものすごくうまかったのになあ。香りがよく苦味も適度にあり、味わいもとても好みであった。普段から酒はビールが中心ながらあまりに美味しくてがぶ飲みしてしまったりして。

料理も食べまくる、うまいビールで食も進むなあ。

そしていろいろな人ともお話させてもらった。お初お話しする女性がいたと思ったら、おお!そうですか!「ぼぶ亭」で厨房にいらした方だったとは、その時の話で盛り上がったりもする。そういえば漫画の話でも盛り上がったり、らーめん遠征の話もしたり、いやあ楽しかった。

最後にマイクのトラブルもあったりしたが、とても盛り上がった飲み会だった。今回も会を開いてくれたぼぶさん、そしてトラブルも見事乗り切った幹事のDさんに感謝である。

ちなみに最近2次会後になぜ家に帰れたのか良くわからないことが多かったので、今回はこれで帰ることにした。というわけで〆のらーめんは地元ということで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月13日 (金)

麺処 HARU 晴(入谷)

訪問日=12月5日(木) 晴れ

メニュー=濃厚つけ麺中盛り

Harutuke

「味道屋」のあとは以前伺ったことのある「麺処 HARU 晴」を再訪することにした。店内に入ると結構な人数の待ち客あり、人気があるんだなあ。

まずは券売機でメニューを確認、左上の「濃厚つけ麺中盛り」で券を購入した。そこそこ待ってカウンターに着席、あらかじめ麺を茹で始めていたらしく、それほど待たずつけ麺が提供された。

綺麗な極太麺である。それにしてもスープが濃厚そうだなあ、最近濃厚系は敬遠気味なのだが大丈夫かな。

まずは写真を撮ろうと店の方にお断りすると、どうぞのあとに「かわいく撮ってください」との声がけあり、前回と違い店主氏のピースはないので、じゃあつけ麺をかわいく撮っちゃおうかな(店主氏超笑顔だったけど)。さて写真を普通に撮った後、まずは麺を頂いてみることに。

かなりの極太麺は、でも舌触りよく風味が良い。太いのでするする啜る感じでは無いが、この強力な麺はかなり好みであった。

つけスープは動物系のコクとうまみ、そして煮干しの風味と味わいが強力に効いた醤油のスープ、味わいは濃厚ながらこれがかなり好きな味であったりする。酸味や甘みもなくくどさも感じもない。それにしてもインパクトのあるスープだなあ。

スープ内のチャーシューは噛み応えがあり肉のうまみもしっかり感じる。穂先メンマが柔らかくくさみもない。中盛りの麺は結構な量ながら問題なく完食した。

Harusoup 最後にスープ割りをお願いすると、ねぎとチャーシューが追加出来るとのこと、では両方お願いします。再提供されたスープはまだ濃いめながら良い味、すっかり完飲してしまった。あれ?そういえばねぎはあったけどチャーシューは入ってなかったな、まあ良いか。

満足して店をあとにした。次回訪問時は再チャレンジで「中華そば」を頼んでみようかな。

到着=12:27 待ち時間=11分 行列=7人

麺=太麺 スープ=動物系のうまみと煮干しの味わいが効いた濃厚醤油 お気に入り度=8

Toybox

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月12日 (木)

味道屋(入谷)

訪問日=12月5日(木) 晴れ

メニュー=ラーメン(醤油)

Midouyaramen

入谷に出来たお店に向かったのだが、到着すると大衆居酒屋と書かれている。一応お店は中華料理店という感じ、店内に入り1名掛けテーブル席に着席した。

店内はテーブル席に座敷席、そしてカウンター席という構成になっている。メニューを確認、いろいろな料理があるんだなあ。とりあえず今回はラーメンの醤油でお願いした。周りは定食を頼む人が多いようだ。それにしてもかなりの混雑具合、満席になり待ち客も出来ている。

さてそれほど待たずラーメン提供、スープを頂くことに。あっさりながら動物系のコクを感じる醤油のスープ、うまみもしっかり感じられる。正直油断していたが好きな味であった。

麺は提供前に多分中太かちょい細のちぢれだろうと予想していた。でも予想外の太ちぢれ麺、コシがあり風味も良い。これも油断していた、良いかも。

チャーシューというか厚くない角煮、柔らかく良い味である。もやしは乗っているが麺が太いので食感は負けない、まあ無しでも良いんだけど。わかめはない方が良いかな、海草のかおり強めであった。

結構納得のらーめんだったが途中から周りのたばこがすごいことになってきた。お店の形態的には仕方ないのか、結局たばこのにおいを嗅ぎながら完食した。

お会計をして店をあとに、らーめん自体は好きな味だったため、これは定食も良いかもしれない。

到着=12:02 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系のうまみある醤油 お気に入り度=6

Midouyamenu1

Midouyamenu2

Midouyamenu3

Midouyamenu4

Midouyamenu5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

スズキヤスオ(南新宿)

訪問日=12月4日(水) 晴れ

メニュー=ラーメン(細麺:ニンニクしょうが少し)

Suzukiyausoramen

「らーめんけいすけ農園生活」のあとは南新宿に移動、以前伺った「ラーメン ヤスオ」が一時期休んでいたようだが、営業再開したというので再訪する事にした。

お店に着くと前には並びが一人、前回よりましだな。ちょっと待って店内に入り券売機でメニューを確認する。「ラうどん」と「ラーメン」の選択、前回「ラうどん」を頂いているので、今回は「ラーメン」で券を購入することにした。

カウンター奥の席に着きしばし待つ。するとニンニク・しょうがの有無を確認された。野菜増しとかあるんだっけ?でもニンニク・しょうがをそれぞれ「少し」でお願いしている。

それほど待たず「ラーメン」提供、まずはスープを頂いてみる。おっとこれまたインパクトのあるスープだなあ。動物系のコクと魚介の風味とうまみある濃い味の醤油スープ、甘みも感じる味ながらかなり好きな味である。食べ進むと病みつきになる感じかも。

麺はやや細目でかなりコシ、というか固めな食感、ただこのインパクトのあるスープにはこれくらいの固さの方が具合がいい。スープに負けない麺であった。

ちなみにカンターが高く、でも椅子はそれほど高くないのでお子さんは食べるのが大変そう。ただ自分は背が高くないのに座ると高身長になる方なので問題ない。

チャーシューは柔らかいタイプで肉のうまみを感じる。ニンニクが強烈、風味が強い。そういえば最初見た目にショウガが見つからなかったが、でもいるね、スープにショウガを感じる。

するすると食べ進み完食、スープも結構飲んでしまう。最後に丼を上にあげて店をあとにした。つけめんはやらないのかな?あのスープでつけめんを食べてみたい。

到着=11:58 待ち時間=7分 行列=1人

麺=中細麺 スープ=コクのある濃い味の醤油、甘みあり お気に入り度=8

Suzukiyausomenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月10日 (火)

【リニューアル閉店】らーめんけいすけ農園生活(新宿)

訪問日=12月4日(水) 晴れ

メニュー=らーめん(しお・麺並・野菜半日分)

Yasaikeisukedonburi

新宿の「塩逸品 五代目けいすけ」が業態変更したらしい。そうか、あのらーめん好きだったんだけどなあ。さて新しいお店「らーめんけいすけ農園生活」に着き店内へ、カウンター席に案内された。

席構成など結構変わっているが、やはりそれでもテーブル席が多数ある。先客は4人、昼時としてちょっと寂しい感じかも(あとで変わるんだけど)。

ちなみに注文はオーダー式になる模様、今回は「しお」でお願いすることにして、麺は並、野菜は半日分と選択することにした。オーダーは野菜だけ値段が違う。しばらくすると厨房からは鍋で炒める音が聞こえてきた。

Yasaikeisuketanmen それほど待たず「らーめん(しお・麺並・野菜半日分)」提供、かぶの丼で提供された。丼はトレーの片側に寄せられている、なぜだろう?蓋を開けて合点がいく、蓋の置く場所を確保してあったのか、なるほど。

まずはスープを頂いてみる。コクがあり結構塩味の効いた塩のスープ、野菜のうまみもありタンメンという感じであった。結構好きな味だがちょっと塩味が濃いかな。

麺は中太でかなりのど越しがいい。啜り心地がよくかなり好みの麺である。

野菜はたっぷり、キャベツにもやし、ニラ、タマネギ、さやえんどう、キクラゲ、ニンジン、コーン、白菜、豚肉、ショウガ、半日分とのことだが満足感のある量であった。チャーシューは無いが問題ない。

食べ進むと野菜のうまみがさらにスープへ加わっていく。そして完食、スープは濃い味なのである程度飲んで終了とした。

Yasaikeisukeorder お会計はオーダーシートを持ってレジに向かう。そうかメニューは税抜き表示だったのか、これ判りづらいんだよなあ。それと店員さんの話し声が大きめなのが気になった。退店直前に来客続々でほぼ満席になったのだが、それまで結構少ない客だったので話し声が目立っていた、どうなんだろうなあ。

到着=11:58 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=濃い味の塩 お気に入り度=6

Yasaikeisukeyasai

Yasaikeisukenwmenu

Yasaikeisukemenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 9日 (月)

らーめん かねかつ(川口)

訪問日=12月1日(日) 晴れ

メニュー=らーめん

Kanekaturamen

「めっちゃタンメン」のあとは渋谷で知り合いのバンド演奏を見にいっている。盛り上がってたなあ、いやあかっこ良かった!

そんなお店は飲み放題食べ放題であったが、最初に1枚写真を撮った段階でもう撮るのはやめてしまった。おのれホワイトバランスめ・・・、いやこのク○携帯・・・。

ちなみに最後のほうで参加バンドが入り乱れて楽器を演奏していたがこれが面白かった。歌詞なんてないので粉チーズの成分を歌ったりもしていた、そんなのありかい!

さていろいろあって夕方頃にお店を出て地元川口まで帰ってきた。では最後の締めにらーめんを食べよう。「渓」はもうやってないだろうな、そうだ「かねかつ」にいってみよう、でもやっているのか?

お店到着、目立たない店なので最初判らなかったが、良かったやっている。店内に入りカウンター席に着席、今回は「らーめん」でお願いした。それほど待たずらーめん提供、まずはスープを頂いてみる。

ああ、これは良いわあ・・・、あっさりながらコクとうまみある醤油のスープ、今回は昆布のうまみを結構感じる。いやあ良い味、思わずスープを何口も飲んでしまう。酒の後なので思わずもう何口か飲んでしまった、良い味だなあ。

麺は適度なコシの中太タイプ、柔らかいコシながら柔らかいわけではない。風味もよく好みの麺、これはとても好みのらーめんである。

チャーシューは2種、豚のうまみがあるチャーシューは、でもあっさり味でスープに合う。鶏はさっくり食感で鶏のうまみをしっかり味わえる。タケノ薄切りが良い食感であった。

そして完食、もちろんスープも完飲してしまう。お会計して店をあとにした。

Kanekatumenu 店を出てから気がついたのだが「季節のらーめん」は最終日だったのか、そっちでも良かったかな。まあ仕方ない、またこちらの店には伺うだろう。その時に「季節のらーめん」が何か確認してから注文してみよう。

到着=18:40 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりながらコクのある醤油 お気に入り度=9

 

 

Shibuyaband盛り上がってるなあ

 

 


 

 

Shibuyaredこれがホワイトバランスに屈した写真だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日)

めっちゃタンメン(目黒)

訪問日=12月1日(日) 晴れ

メニュー=納豆ミソタンメン(小)

Mecyatanmenmisonato

納豆ラーメンは食べたことがあるのだが、タンメンに納豆とはいかなることか、そんなメニューを出す目黒のお店を訪問した。

店内に入り券売機でメニューを確認、目的のメニューは「納豆ミソタンメン」となるらしい。ちなみに麺の量は小の上が中、うーん並は無いのか。適量がどこらへんか判らないが今回は「納豆ミソタンメン(小)」で券を購入した。

入り口近くのテーブル席に着席、奥に厨房がありその前にはカウンター席もあるようだ。厨房からは野菜を炒める音がする。

ちょっと待って「納豆ミソタンメン(小)」が提供された。なるほど野菜の上に納豆が掛かっている。まずはスープを頂いてみる。

味噌のうまみを感じるスープはそれほどすごい特徴がある感じでは無い、ただ焦げている香りがある。この香りはスープではなく野菜からだろうな、ちょっと苦手な風味であった。

麺は平たいタイプでのど越しがいい。とても好みの麺である。上の野菜は盛りだくさん、キャベツにもやし、ニラ、コーン、ニンジン、ねぎ、ほうれん草、豚肉、ナルトとなっている。そしてやはり一部焦げているところもあり。

さてさて納豆を野菜、麺と絡めて頂いてみる。納豆のかおりと味わい、そして絡む野菜と麺があっている。よく納豆ラーメンを頂くときに麺に絡めようとしても納豆がすべり落ちで呆然とすることがあるのだが、このメニューはそれがない、結構良い。

納豆を混ぜるとスープにとろみが加わっていく。食べ進むむと途中から焦げのかおりは気にならなくなってきた。

Mecyatanmenrayu

そういえば壁の張り紙を思い出しラー油を追加してみた。まあこれでさらに好きになったという感じではないが、でも変化が生まれて楽しい気持ちになる。

そして完食、納豆を掬おうとしていたらスープをかなり飲んでしまった。焦げの風味はたまたまかな、もう一度伺えば病み付きになるかもしれない。

到着=11:15 待ち時間=0分 行列=0人

麺=平麺 スープ=焦げのかおりある味噌 お気に入り度=6

Mecyatanmenmenu1

Mecyatanmenkabe

Mecyatanmenmenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 7日 (土)

ラーメンの店どでん(北浦和:遠い)

訪問日=11月30日(土) 晴れ

メニュー=ラーメン(ニンニク少な目)

Dodenramen

「富士丸」の北浦和店は訪問前に閉店してしまった。ただその店の方が同地にお店を出したらしい。しかも土日祝は昼営業と知り訪問することにした。

駅は北浦和が最寄りだが、かなり遠い場所になる。お店に着くと店前には並びあり、先に店内の券売機で「ラーメン」の券を買って並び直す。ただそれほど待たず店内に入りカウンター席に着席することが出来た。おしぼりとお冷やを持ってきてしばし待つ。

ちょっと待ってのトッピングコールはニンニク少な目でお願いしている。そして提供、まずはスープを頂いてみる。

粘度を感じるスープは脂が多めで味の濃い醤油、乳化もしておりマイルドながらうまみもびしっと効いている。そして特徴的な甘みあり、インパクトのある味だなあ。甘みもあって病みつき系の味わいであった。

麺はかなり太く平たい麺、コシがあり風味が良い。いやあ力強いらーめんだなあ、かなり好きな味である。

ヤサイはもやしにキャベツ、案外キャベツの量が多い。肉は分厚いのと固まりが乗っている。噛み応えがあり肉のうまみをがつんと感じる。固まりは端の部分だろうか、かなり味が濃い。

ヤサイの上には背脂が掛けられている(アブラ増しはしていない)。実は最近脂が多いときつく感じるようになっていたので心配していたのだが、あれ?問題ないな。それならまた「富士丸」の本店にもいってみようかな。

ニンニクは少な目注文ながら結構な量が入っている。風味強烈、スープに合う。

そして完食、スープもある程度飲んで店をあとにした。つけ麺もあるこちら、あの麺ならそれも良さそうな気がする。

到着=12:58 待ち時間=8分 行列=7人

麺=極太平麺 スープ=マイルドな味ながら味の濃い醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 6日 (金)

中華そば 時翁(神田)

訪問日=11月29日(金) 晴れ

メニュー=中華そば

Tokioramn

神田に出来た「中華そば 時翁」を訪問する。場所は以前「らーめん 七琉門」があった場所になる。店内に入り券売機でメニューを確認、左上の「中華そば」を選択したが、「煮干しそば」や「台湾ラーメン」というメニューも気になった。

カウンター席に着きしばしらーめんを待つ。厨房内は年輩の男性と若い女性、奥に年輩の女性もいるようだ。若い女性の笑顔がとても良い。

さてそれほど待たず「中華そば」提供、まずはスープを頂いてみる。あっさりした醤油のスープは、ただ醤油の味はきつくなく塩といってもおかしくない味わい、魚介の風味とうまみが効いておりスープの味にとても満足している。かなり好みの味であった。

麺はちょい細目でコシがある。風味もよくスープにもあっている。

チャーシューは噛み応えを感じるがでも柔らかくもある。あっさり味でスープの邪魔にもならない。刻みタマネギは最初辛みがあったのだが、熱が通り甘みに変わる、食感も良い。またのりの風味がとてもよかった。

すっかり完食、スープもほぼ完飲して店をあとにした。再訪時は何を頼むだろう、「台湾ラーメン」が一番気になっているかも。

到着=12:22 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 5日 (木)

【閉店】べんてん(高田馬場)

訪問日=11月28日(木) 晴れ

メニュー=塩ラーメン

Bntensioramen

久しぶりに「べんてん」に向かう。今回は「塩ラーメン」にしようかな。お店に着くと前の並びは結構な人数であった、これはかなり待ちそうだなあ、30分くらいかな?

そして待った40分、あまりの待ち時間に前のおねーさんは帰ってしまっている。自分もそろそろ帰ろうかなというところでやっと店内に入ることが出来た。注文はやはり「塩ラーメン」で、それほど待たず提供された。

まずはスープを頂いてみる。ああ、これこれ・・・、コクがあり深いうまみの塩スープ、足りなかった物が埋められた感覚を覚える。間違いないべんてんの塩スープ、待った甲斐がある。思わずスープを何口も飲んでしまう。

麺はコシのある太麺、風味がよくスープがよく絡む。とても好みの麺だなあ。満ち足りていく気持ちを感じる。

上にはショウガが乗っている。このショウガがスープに合う。チャーシューはでかく噛み応えあり、肉のうまみをしっかりと感じる。

大量の麺ながら、ただそれがうれしい。でも残念ながらたっぷりの麺もあっという間に無くなってしまった。

こらえきれずスープも完飲、最後にお会計をして店をあとにした。大変満足した、またいこう。そうえいば正月情報はまだ貼られていなかったな。

到着=12:02 待ち時間=41分 行列=14人

麺=太麺 スープ=コクの有る塩味 お気に入り度=10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 4日 (水)

noodle azzurri(東長崎)

訪問日=11月24日(日) 晴れ

メニュー=らぁ麺

Azzurriramen

「播磨坂もりずみ」から東長崎駅が最寄の「noodle azzurri」に移動する。お店に着き、階段をすこし下がって店内へ入った。

券売機で左上の「らぁ麺」を購入、カウンター席に着席した。お店の方はYシャツを着ているが休日のサラリーマンな感じ、ただお店の雰囲気も良いのでその格好もあっている。ちなみに席はテーブルもあり。

ちょっと待って「らぁ麺」提供、まずはスープを頂いてみる。動物系のコクと魚介のうまみが効いた醤油のスープ、結構粘度がある。それと油も多め、後半ちょっとくどく感じ出す。

麺は太くかなりコシがあるタイプ、風味がよくとても好みの麺であった。この麺はスープもよく絡む。

チャーシューは肉厚で噛み応えがあるのだが、風味はちと微妙かも。ただ上の黒コショウと一緒に味わうとすっきりして問題なく頂ける。あとはメンマにのりとなっている。

そして完食、店をあとにした。この麺とスープならつけめんとか良さそうだな、そうな感想も持ってしまった。

到着=13:15 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系と魚介のうまみある醤油 お気に入り度=7

Azzurrimenu

Azzurrieigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 3日 (火)

播磨坂もりずみ(茗荷谷)

訪問日=11月24日(日) 晴れ

メニュー=醤油らぁ麺

Morizumiramen

茗荷谷に出来た「播磨坂もりずみ」を訪問する。以前「もりずみキッチン」に伺っているのだが、早くも2店舗目の展開か、すごいな。

お店に着くと前には並びが多数あり、ご家族客も多いようだ。うーん結構待ちそうな予感である。そんな予感どおり結構待って店内に入りカウンター席に着席した。席はテーブルもあり。

奥には見晴らしの良い広い厨房、調理風景が見えてうれしくなる。さてメニューを確認して今回は「醤油らぁ麺」でお願いした。

それほど待たずらぁ麺提供、まずはスープから。透き通ったスープながらコクとうまみを感じる醤油のスープ、深い味わいで独特な風味、でもそれも良い。かなり好みの味のスープであった。スープは「もりずみキッチン」と同じだろうか?こちらのほうがすっきりした印象かも。

麺はちょい細目で適度なコシ、この状態なら後半柔らかくなる心配を感じたのだが、でも食べ進んでも伸びた印象は無い。啜り心地も良い麺、このらーめん良いなあ。

チャーシューは大きいのが2枚、柔らかいが噛み応えもしっかり感じる。しつこさもなく良い味であった。太いメンマも食感よくくさみもない。

Morizumimenudonburi するりと完食、さてどうするか、一瞬迷った後、結局スープも完飲してしまった。丼の底では何かキャラクターが笑っている。

最後にお会計をすると「もりずみキッチン」同様、税抜き表示なのでおつりが細かい。でも今回は気づいていたので細かい金額でも驚きはなかった。来年の消費税増も考えてるんだろうなあ。

店をあとにしたが並びはまだまだ収まらず、人気があるんだねえ。そういえば「塩麹らぁ麺」というメニューも気になった、どんな味だろう、一度頂いてみたい。

到着=12:05 待ち時間=20分 行列=11人

麺=中細平麺 スープ=あっさりながらコクがある醤油 お気に入り度=8

Morizumimenu1

Morizumimenu2

Morizumimenueigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

中華ソバ専門店 赤坂味一 亀戸店(亀有)

訪問日=11月21日(木) 晴れ

メニュー=中華ソバ

Ajiitioba 「宮崎らーめん 鶏三郎」のあとに亀有へ向かう。駅からそれほど離れていない場所に出来た「中華ソバ専門店 赤坂味一」を訪問、船橋にお店があるらしく、こちらはその支店になるようだ。船橋の店は未訪だけど。

店内に入り券売機で左上の「中華ソバ」で券を購入、500円なの?安!券を持ってテーブル席に着席する。ちなみにカウンター席は無いようだ。

さてそれほど待たず「中華ソバ」が提供された。まずはスープを頂いてみる。おっとこれは!煮干しのうまみと香りが効いた醤油のスープ、「永福町大勝軒」のような味わいでかなり好みの味である。思わずスープを何口も飲んでしまう、あっ、このスープ良いねえ。

麺は結構固まっているので最初にほぐしてと。中太の麺は最初スープがあまり絡まず、ほぐして泳がせているうちに馴染んできた。そうするととても好みのらーめんと感じる、これで500円か、すごいな。

チャーシューは小さめながら噛み応えあり。メンマは良い食感であった。麺の量は結構なもの、これで大盛りとかすごそうな気がする。そういえばチャーシュー麺で650円だったな、そっちでも良かった。

そして完食、スープも結構飲んでから店をあとにした。近所にあればうれしいお店かもしれない。

到着=13:02 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=煮干しの効いた醤油 お気に入り度=8

Ajiitimenu1

Ajiitimenu2

Ajiitikanban

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 1日 (日)

宮崎らーめん 鶏三郎(小岩)

訪問日=11月21日(木) 晴れ

メニュー=鶏三郎ラーメン

Torisaburoramen

小岩にある鶏白湯のお店を訪問する。でも実は病み上がり、ちゃんと味わえるかなあ。お店は駅からそれほど離れていない場所、店内に入りカウンター席に着席する。後ろには座敷席もある。

メニューを確認して今回は「鶏三郎ラーメン」をお願いした。ラーメンメニューはほかに「鶏三郎醤油ラーメン」と、野菜のたっぷり入った「あさガツ」というのがあるようだ。

「鶏三郎ラーメン」はすぐに提供、まずはスープを頂いてみる。鶏のうまみとかおりがある白湯スープ、塩味も結構効いている。鶏の味わいはしっかりとあるが、くさみやくどさは無い、好きな味であった。

麺はちょい細目、適度にちぢれておりスープもよく絡む。チャーシューは肉の繊維を感じる食感、結構醤油の味わいが強めであった。このスープにはそれほどあってる訳ではないかな。でもチャーシュー自体は好きな味であった。

もやしはたっぷり入っている。細目で食感は良いのだが、やはりその噛み応えは麺の食感には勝つ。結構な量が入っているのだが、もうちょい少な目でも良い。

そして完食、結局スープを気に入り結構量を飲んでしまった。最後にお会計をして店をあとにした。風邪の影響があまりなかったのはありがたかった。

到着=12:28 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=鶏のうまみある塩白湯スープ お気に入り度=7

Torisaburomenu1

Torisaburomenu2

Torisaburomenu3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »