« 仙台牛タンねぎ塩ラーメン 喜蔵(喜は七が3つ:東京駅:東京ラーメンストリート) | トップページ | 麺工房 わう(新宿) »

2013年10月18日 (金)

とんこつらーめん 俺式(東京駅:東京ラーメンストリート)

訪問日=10月2日(水) 雨

メニュー=豚骨らーめん+替玉

Oresikiramen

「喜蔵」を出てすぐに「とんこつらーめん 俺式」へ向かう。こちらは「せたが屋」グループのお店になる。「せたが屋」グループといえば「東京ラーメンストリート」には「ひるがお」もあるのでこの施設には2店舗ということになる。

やはり店前の並びは多数、その後ろについてしばし待つ。ちなみに食券は事前に買う必要はないみたい。並びは進んで券売機前、今回は「豚骨らーめん」の券を購入した。そこそこ待って店内の2名掛けテーブル席に着く。満席ではあったがカウンター席もある。

ちょっと待って「豚骨らーめん」が提供された。まずスープを頂いてみる。結構濃いめの豚骨スープ、うまみも十分な味わいとなっている。すごい特徴がある豚骨スープという感じでは無いが、好みの味であった。

麺は細くちょうど良い湯で加減、細麺なのでスープもよく絡む。チャーシューは噛み応えもあるが柔らかさも感じる。挽き肉が絡むキクラゲが面白い。

Oresikikaeae 残り半分くらいで替玉をお願いした。それほど待たず提供、卓上にあった「俺式ラー醤唐し油そばの作り方」で味をつけていく。

スープをかけてラー油を掛け、ニンニクも投入する。辛味の効いた油そば、スープが少なかったかな?「凪」のような驚きは無かったが、でも普通の替玉をこういう風に頂くのは面白い。

さくっと食べて店をあとにした。もう一軒入れ替えの「トナリ」は別のお店でも頂いているため今回はスルーで。でも東京駅反対方向にも「トナリ」はあったよな、他にも出しているし「トナリ」の出店も加速しているようだ。

到着=12:07 待ち時間=12分 行列=14人

麺=細麺 スープ=濃厚な豚骨スープ お気に入り度=7

Oresikimenu1

Oresikimenu2

Rastsmile

|

« 仙台牛タンねぎ塩ラーメン 喜蔵(喜は七が3つ:東京駅:東京ラーメンストリート) | トップページ | 麺工房 わう(新宿) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/58407200

この記事へのトラックバック一覧です: とんこつらーめん 俺式(東京駅:東京ラーメンストリート):

« 仙台牛タンねぎ塩ラーメン 喜蔵(喜は七が3つ:東京駅:東京ラーメンストリート) | トップページ | 麺工房 わう(新宿) »