« 本格味噌 仲間(行徳) | トップページ | とんこつらーめん 俺式(東京駅:東京ラーメンストリート) »

2013年10月17日 (木)

仙台牛タンねぎ塩ラーメン 喜蔵(喜は七が3つ:東京駅:東京ラーメンストリート)

訪問日=10月2日(水) 雨

メニュー=仙台牛タンねぎ塩ラーメン

Kikurasiora

「東京ラーメンストリート」も入れ替わりあるようだ。5月に「らーめん むつみ屋」、そして8月に「ジャンクガレッジ」「蟹専門けいすけ 北の章」が卒業したらしい。そして「仙台牛タンねぎ塩ラーメン 喜蔵(喜は七が3つの漢字)」「とんこつらーめん 俺式 純」「東京タンメン トナリ」の3店舗が9月20日にオープンした。

東京駅を降りて「東京ラーメンストリート」に着くとどこも並び多数である。今回は「仙台牛タンねぎ塩ラーメン 喜蔵」に伺うことにしたが、ここも並びは15人となっている。

先に券売機でメニューを確認、どれも高いなあ。というからーめん自体は一種類であとはトッピングの違いであった。追加トッピングの無い「仙台牛タンねぎ塩ラーメン」で券を購入したがそれでも980円である。

券を持って並びにつく、そこそこ待って店内のカウンターに着席した。横のおじさんはすでにラーメンを召し上がっているのたが、ちゅっぱちゅっぱ音を立てながらスマフォ見ている。どうなんだろうなあ・・・。

さてちょっと待ってラーメン提供、ねぎがたっぷり浮いているが、ただ期待ほどは一面を覆っていない。まずはスープを頂いてみる。

とてもコクがあり十分なうまみを感じる塩のスープ、最初値段に納得いかないものもあったが、この味には納得してしまった。かなり好みの味である。思わずスープを何口も飲んでしまった。

麺は中太で平たいタイプ、舌触りも良くスープがよく絡む。ただちょっと少な目かな。

牛タンはかなり柔らかいタイプ、かおりは良いが、ただもう少し食感が欲しいかも。噛み応えがあまりない。まあ贅沢ではある。ねぎがたっぷりでスープにあう。

すぐに完食、スープも結構飲んでしまった。店をあとにしたが、またこちらのらーめんは頂いてみたいものだ。

到着=11:43 待ち時間=13分 行列=15人

麺=中太平麺 スープ=コクのある塩 お気に入り度=8

Kikuramenu

Rasttime

|

« 本格味噌 仲間(行徳) | トップページ | とんこつらーめん 俺式(東京駅:東京ラーメンストリート) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/58396612

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台牛タンねぎ塩ラーメン 喜蔵(喜は七が3つ:東京駅:東京ラーメンストリート):

« 本格味噌 仲間(行徳) | トップページ | とんこつらーめん 俺式(東京駅:東京ラーメンストリート) »