« 映画朱鳶ラーメン(三ノ輪橋) | トップページ | 二代目達人 麺屋ぐぅの音(西葛西) »

2013年10月14日 (月)

ワインと創作中華料理 中華naきもち(秋葉原)

訪問日=9月28日(土) 曇り

メニュー=Bランチ(ラーメン・チャーハン・エビマヨ・黒酢酢豚)

Kimotibset

「朱鳶ラーメン」のあとは秋葉原に移動、あまり中華料理屋さんのらーめんは狙わないほうなのだが、イケ麺さんブログで見た「ワインと創作中華料理 中華naきもち」のBランチが気になって訪問することにした。Bランチは提供時間が決まっているのだが、ハーフのメニューが4品選べるセットになる。

お店到着、店内に入りテーブル席に着席した。奥にはカウンター席もあるようだ。ちなみに先客は1名であったが、あとにどんどん来客がある、そのほとんどがBセットを頼まれていた。

Kimotibmenu さてメニューを見て18品の中から4品を選ぶ。ラーメンは基本としてあとは飯ものでチャーハンか、ほか2品はエビマヨと黒酢酢豚でいっとこう。これで800円、Bセットを2つ頼めば1600円で8品、有りな選択ではなかろうか。

それほど待たずセレクトBセット到着、ハーフということだが一品ずつは少な目である。これは時間を限らないと作るのが大変だろうなあ。

まずはラーメンから、あっさりながら結構味は濃いめの醤油スープ、かおりは中華料理店のものであった。麺は中太で適度なコシ、ちぢれておりスープも絡む。適度なコシながら最後まで延びない。チャーシューは固くてぱさつきが強めであった。

チャーハンはぱらっとしており味わいもしっかりしている。エビマヨの海老は外がさくっと中はぷりっと、良い食感である。濃いめのマヨネーズソースながら好きな味であった。

酢豚は肉の食感をしっかり感じる噛み応え、コクのある黒酢餡も好きな味、そんなメニューをそれぞれ順に食べていく。

完食、ハーフと言うがこれの倍でも問題ない量である。最後にお会計をして店をあとにした。

一品一品がすごい味ではないが、とても楽しいメニューであった。量的にも2オーダーで8品、本気で試してみたい。

到着=13:30 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりながら味濃いめの醤油 お気に入り度=7

Kimotiamenu

|

« 映画朱鳶ラーメン(三ノ輪橋) | トップページ | 二代目達人 麺屋ぐぅの音(西葛西) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/58383645

この記事へのトラックバック一覧です: ワインと創作中華料理 中華naきもち(秋葉原):

« 映画朱鳶ラーメン(三ノ輪橋) | トップページ | 二代目達人 麺屋ぐぅの音(西葛西) »