« Rahmen yahman(新桜台・桜台・江古田) | トップページ | 【リニューアル】凪Noodle BAR(新宿:歌舞伎町) »

2013年9月26日 (木)

徳島ラーメン 可成家 TOKYO 代々木店(代々木)

訪問日=9月11日(水) 曇り

メニュー=元祖白系徳島ラーメン+生玉子

Kanariyasiroramen

代々木に出来た徳島ラーメンのお店へ向かう。店前には並びあり、先に券売機で券を買う必要があるようだ。

実は徳島出身ながら、徳島らーめんには黄・白・茶(もしくは黒)に分類されるらーめんがあるのを知ったのはこちらに来てからのこと、よく食べていた「三八」は黄色らしい。地元にいたときに黒は食べたことはなく「いのたに」に伺ったのも随分あと、実家に帰省したときだった。

さて券売機にあるボタンは白と茶の文字、迷ったが今回は「元祖白系徳島ラーメン」の券を購入した。ちなみに生卵がサービスのようだが、それは店員さんへ申告するらしい。

お店は結構変わった造り、店前には右と左に扉があり、それぞれその奥に縦長の席がある。その中央に厨房がある造りになるようだ。さてちょっと待って左の扉から入ってカウンター席に着く。

しばしの待ち時間、調理行程を見ていると丼にタレを入れ、それをバーナーで炙っている、あれは何の効果があるんだろう?それほど待たず「元祖白系徳島ラーメン」が提供された。丼は小さめだね、まずはスープを頂いてみることに。

コクがありうまみの濃い豚骨スープ、独特な香りは徳島で食べた味を思い出す。懐かしく好きな味だが、でもちょっと甘いなあ。甘みの印象が結構強い。

麺は細くコシがある。細麺のためスープがよく絡む。甘い豚肉も味が濃いめで、これはご飯にあいそうだ。そしてねぎが良い食感であった。

Kanariyaegg ここで生卵を投入、マイルドな味になる。どろっとした白身も、スープの熱で徐々に固まる。

すっかり完食っして店をあとにした。量も少な目だし、味的にもご飯と頂いた方が良いらーめんだったかもしれない(同額の大盛りという手もあったけど)。

到着=12:16 待ち時間=7分 行列=6人

麺=細麺 スープ=コクのある豚骨、甘みあり お気に入り度=7

Kanariyamenu1

Kanariyamenu2

|

« Rahmen yahman(新桜台・桜台・江古田) | トップページ | 【リニューアル】凪Noodle BAR(新宿:歌舞伎町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/58263871

この記事へのトラックバック一覧です: 徳島ラーメン 可成家 TOKYO 代々木店(代々木):

« Rahmen yahman(新桜台・桜台・江古田) | トップページ | 【リニューアル】凪Noodle BAR(新宿:歌舞伎町) »