« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月30日 (月)

さしみや五坪(蒲田)

訪問日=9月14日(土) 曇り

メニュー=カレーラーメン+小ライス

Gotsubocurry

以前伺った「さしみや五坪」、ブログのコメントにはカレーラーメンを推す声を頂いていた。蒲田で他のお店の予定もあり、自分としては珍しく早めに再訪することにした。

店内に入り券売機で購入はもちろん「カレーラーメン」の券、その後カウンターに着席する。それほど待たず「カレーラーメン」提供、まずはスープを頂いてみる。

スパイシーなカレースープ、とろりとしたスープは野菜のうまみを感じる。辛さが強い訳ではないがスパイスでインパクトがある。甘めの味ながら甘過ぎまでいかない。そして奥に魚介の風味が感じられる。なんだろうこれ、かなり好み、はまる味わいである。

麺は中細でちぢれている。適度なコシでカレースープもよく絡む。おっとこのカレーラーメンは良いねえ、かなり気に入った。

魚のすり身が入ったワンタンは、カレーも絡むが元も良い味である。白髪ねぎも絡めながら食べていく。玉子でほっと箸休め、黄身と白身の優しい食感が良い。

麺完食、でも完食前に決めていた、小ライス追加でお願いします。スープにインで絡めて頂く。もうこれで普通のカレーとして頂ける。らっきょうをかじりながら完食した。そして丼に少しだけ残ったカレーをレンゲですくい取るように食べきった。

いやあ満足した、店をあとにしたがこのメニューはまた頂いてみたいものである。

到着=12:34 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細ちぢれ麺 スープ=甘みも感じる野菜カレースープ お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月29日 (日)

黄金の塩らぁ麺 Due Italian(市ヶ谷)

訪問日=9月13日(金) 曇り

メニュー=冷製イタリア麺 赤

Dueitalianhiyaaka

「炎神」をあとにして市ヶ谷駅方面に歩いていく。久しぶり訪問の「Due Italian」、さすがの人気店、店前には並びがある。ちなみに並びも店内も女性がほとんと、こうなると逆に男性が並びにくいかも。そしてかなり待ちそう、回転は非常に悪い。

予想通りかなり待って店内へ、今回券売機で購入したのは冷製の赤であった。1200円ながら以前の印象が相当良く、もう一度頂きたいと思っていた(移転前のお店だけど)

カウンター席に着きしばし待つ。店内には食べ終わっているのにお話に夢中のおばさま多数、この店の雰囲気からいってもこれはしょうがないのかな?着席から15分ほど待ってやっと到着、期待通りの真っ赤具合である。

まずレンゲでソースを頂いてみた。すっぱ!そして甘!かなり酸味のあるトマトのソース、そして甘みもかなり感じる。トマトの酸味というよりバルサミコ酢のような酸味、かなり酸味が強い。そして甘みもあるが結構くどさを感じてしまった。以前のはこんな味だったかなあ。

麺は細目でコシがある、スープも良く絡む。プチトマトは結構酸味が強めで皮も固い。プチトマトは好きで自宅でもよく頂くが、まわりのソースが甘いので余計酸味を強く感じたかもしれない。トマト満載のこのメニュー、チャーシューなどの具材は無い。

完食して店をあとにした。そうだ、冷製の白という手があったなあ。

到着=12:18 待ち時間=16分 行列=5人

麺=中細麺 スープ=酸味が強く甘みもある冷たいトマトのソース お気に入り度=6

Dueitalianmenu3

Dueitalianmenu4

Dueitalianoomori

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月28日 (土)

九段 炎神(市ヶ谷・九段下)

訪問日=9月13日(金) 曇り

メニュー=つけ麺

Enjintuke

市ヶ谷駅から結構歩き、九段下との中間くらいに出来た「九段 炎神」を訪問する。ちなみにこちらは札幌にあるお店の東京進出店、となれば味噌が売りだろうなあ。

メニューを見るとやはり味噌があり、ほかに潮、醤油、つけ麺といろいろあるようだ。ただ店内の券売機を見ると醤油のボタンには×マークが点いている。オープンから結構経っているがいまだに販売していないのか。

普段からあまり味噌は狙わないほう、というわけで今回は「つけ麺」の券を購入することにした。その後カウンター席に着席、店の方に券を渡す。厨房内からはゴーというバーナーの音がしている。どういう状態になっているのか見たかったが、残念、座った席の関係で炎は見えない。

それにしてもスタッフが多いなあ、見える範囲で7名が作業をされている。ちなみに12時に近づくと店内は混んで待ち客も出来ていた。人気があるんだねえ。

そういえば着席時につけ麺は時間が掛かるとの断りあり、確かにかなり待つことになった。15分ほど待ってようやく「つけ麺」の提供、まずは麺を頂いてみる。コシのある太麺は固めな印象、もう少し茹でてもらった方が好みかな、風味は良い。

そしてつけスープ、なるほどこういう味か!牛のスープらしいがデミグラスソースのような味わい、ただ味はかなり濃いめなので麺をつける量を調整して食べ進む。このスープはチーズが合いそうだな。それにしても味が濃い。

味玉を頂いたがこれもかなりしょっぱい、まあデフォで入れてくれているので文句は言わない。チャーシューは肉のうまみをしっかり感じる。ねぎがたっぷり入っているが、これはあまりスープにあっているとは思えない。

そして完食、スープ割りをお願いした。小さいポットに入れての提供、少し飲むと牛のうまみを感じる、このスープ良いな。でも割っても割っても元のスープの味が濃い。全て投入でやっと飲めるくらいになった。まだ濃い目なのである程度飲んで店をあとにした。

さて醤油はいつ投入されるのだろうか?

到着=11:45 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=デミグラスソースのようなつけスープ お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月27日 (金)

【リニューアル】凪Noodle BAR(新宿:歌舞伎町)

訪問日=9月11日(水) 曇り

メニュー=つけ麺(300g)

Naginbtuke

以前伺ったことのある「凪Noodle BAR」はメニューをリニューアルしたらしい。という訳で「徳島ラーメン 可成家 TOKYO」のあとに歩いてお店へ向かうことにした。

店先の券売機を見ると確かに以前とメニューが違う、渋谷店大宮店のような内容になっている。何を頼むか迷ったが、歩いて身体が熱くなっていたので今回は「つけ麺」の券を購入することにした。

店内に入りカウンターに着席、目の前にはメニューを自分好みにカスタマイズできる「OMOTENASHI SHEET」が置かれている。つけ麺も書くのだろうか?確認するとつけ麺は味が決まっているので書かなくて良いらしい。

ちなみに麺の量は200g・300g・400gと選択可能、250gも出来るようだ。じゃあ折角なので300gでお願いします。

さてそれほど待たず「つけ麺(300g)」提供、まずは麺を頂いてみる。適度なコシの中太麺はもちもち感があり風味も良い。それにしても300gってこんなに多いのか、でも好みの麺なので問題ないだろう。

つけスープは、おっと甘いねえ!動物系のうまみあるスープながらかなりの甘み、最初の一口はその強めの甘みにびっくりした。ただ数口食べるとこの味は結構やみつきになる感じかも。ただ麺半分を超えるとやはり甘みがきつくなってくる、面白い味だけどね。

チャーシューはローストポークのような感じ、良い味だねえ、かなり好みである。トッピングは紫キャベツに紫タマネギ、水菜にコーンとにぎやかな感じ、ただ券売機のボタンメニューにあったように別皿のほうがうれしいかも(正直生のタマネギが辛くて苦手)。

そして完食、スープ割りをお願いした。豚骨のうまみが強く感じるスープ、ねぎも入っている。そのスープはある程度飲んで店をあとにした。次の訪問時にはまだ頂いていない「赤王」を頼んでみようかな。

到着=13:01 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=甘みの強い豚骨醤油 お気に入り度=7

Naginbomotenashi_2

Naginbmenu

Naginbdonburi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月26日 (木)

徳島ラーメン 可成家 TOKYO 代々木店(代々木)

訪問日=9月11日(水) 曇り

メニュー=元祖白系徳島ラーメン+生玉子

Kanariyasiroramen

代々木に出来た徳島ラーメンのお店へ向かう。店前には並びあり、先に券売機で券を買う必要があるようだ。

実は徳島出身ながら、徳島らーめんには黄・白・茶(もしくは黒)に分類されるらーめんがあるのを知ったのはこちらに来てからのこと、よく食べていた「三八」は黄色らしい。地元にいたときに黒は食べたことはなく「いのたに」に伺ったのも随分あと、実家に帰省したときだった。

さて券売機にあるボタンは白と茶の文字、迷ったが今回は「元祖白系徳島ラーメン」の券を購入した。ちなみに生卵がサービスのようだが、それは店員さんへ申告するらしい。

お店は結構変わった造り、店前には右と左に扉があり、それぞれその奥に縦長の席がある。その中央に厨房がある造りになるようだ。さてちょっと待って左の扉から入ってカウンター席に着く。

しばしの待ち時間、調理行程を見ていると丼にタレを入れ、それをバーナーで炙っている、あれは何の効果があるんだろう?それほど待たず「元祖白系徳島ラーメン」が提供された。丼は小さめだね、まずはスープを頂いてみることに。

コクがありうまみの濃い豚骨スープ、独特な香りは徳島で食べた味を思い出す。懐かしく好きな味だが、でもちょっと甘いなあ。甘みの印象が結構強い。

麺は細くコシがある。細麺のためスープがよく絡む。甘い豚肉も味が濃いめで、これはご飯にあいそうだ。そしてねぎが良い食感であった。

Kanariyaegg ここで生卵を投入、マイルドな味になる。どろっとした白身も、スープの熱で徐々に固まる。

すっかり完食っして店をあとにした。量も少な目だし、味的にもご飯と頂いた方が良いらーめんだったかもしれない(同額の大盛りという手もあったけど)。

到着=12:16 待ち時間=7分 行列=6人

麺=細麺 スープ=コクのある豚骨、甘みあり お気に入り度=7

Kanariyamenu1

Kanariyamenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月25日 (水)

Rahmen yahman(新桜台・桜台・江古田)

訪問日=9月8日(日) 小雨

メニュー=塩らは

Yahmansioraha

「麺屋 威」のあとはかなり久しぶりに「Rahmen yahman」へ向かうことにした。到着すると店前に並びあり、結構待つのかな?そこそこの持ち時間で店内へ、カウンターに着席した。

ちなみにこの時点ではまだなにを頼むか決めておらず、2軒目だしつけめんでも頼もうかなと考えていた。ただ他の方は「らはめん」の注文が多く、また前の方が塩で頼んでいたので、思わず「塩らは」でお願いしてしまった。

目の前にはメニュー表があり魅力的なメニューが多数ある。「鶏の冷た~い塩らはッ!」というのが気になってしまった。そして目の前には「DEATHソース」が置かれている、興味を持ってしまったのが恐ろしい。

さて結構待って「塩らは」提供、まずはスープを頂いてみる。最初あっさりに感じたが、食べ進めると深いコクとうまみを感じる塩のスープ、かなり好みの味である。

そしてこのスープは香りが非常に良い。シソが入っておりそれがかなり効果的であった。このスープは麺と頂くとさらに好みに感じる、いや良いねえ。

麺はちょい太めでコシがあるタイプ、風味が非常に良く、スープにもよくあっている。あ、このらーめん好きだわ、夢中で食べ進む。

チャーシューは肉厚でジューシー、良い味だなあ。どんどん食べ進む。そういえば中・大盛りは無料だっけ、中盛りでもよかったな。

あっと言う間に完食、こらえきれずスープも完飲してしまった。最後にお会計をして店をあとにした。こちらには再度伺うことだろう。今度は違うメニューも試してみたい。

到着=13:02 待ち時間=12分 行列=3人

麺=太ストレート麺 スープ=深いコクとうまみある塩 お気に入り度=8

Yahmanmenu1

Yahmanmenu2

Yahmandeath

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月24日 (火)

麺屋 威(上板橋)

訪問日=9月8日(日) 小雨

メニュー=塩ラーメン

Takasio

細かい雨が降っている、どうしよう。というわけであまり遠くない店へ向かうことにした。上板橋の駅前にある「麺屋 威」を訪問、店内に入りカウンターに着席する。席はテーブルもある模様、店内は結構混んでおりカウンターは満席であった。

メニューを見て今回はラーメンの塩でお願いすることにした。すぐの提供、まずはスープを頂いてみる。

鶏のコクとうまみを感じる塩のスープ、かおりはそれほどならがうまみは十分で結構好きな味であった。

麺はコシのあるストレート、風味は良いがスープはあまり絡まず、ただ後半徐々に馴染んできた。

ピンクのチャーシューは噛み応えがある、良い味だなあ、満足感がかなり高い。穂先メンマはもろみのような香ばしいかおりと味わいがある。柔らかい食感もよく好みであった。

ちなみに普通に食べたのだがこの日は家族客が多く、ほぼ満席の状態で入店して一番最初に食べ終わっている。日曜日だからかな?いや食べるが早いからか。

お会計をして店をあとにする。ちなみにお代は700円、最近は700円でも安いという感覚になってきた。

到着=12:31 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=中太ストレート麺 スープ=動物系のうまみある塩 お気に入り度=7

Takamenu

Takakodawari1

Takakodawari2

Takaeigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月23日 (月)

元祖まぐろラーメン本店(板橋本町)

訪問日=9月7日(土) 小雨

メニュー=正油ラーメン

Maguroramen

「自家製麺 ほうきぼし」のあと、折角なので夜にしかやっていないお店へ向かうことにした。以前から気になっていた「元祖まぐろラーメン本店」を訪問、お店は板橋本町駅すぐ近く、環七沿いの場所になる。

店内に入ると、え!こんなに並んでるの!待ち客多数、びっくりした。カウンターにある席は10席、結構待ちそうだな。

さてまずは券売機でメニューを確認、とりあえず左上にある「正油ラーメン」の券を購入することにした。店内を見ると有名な方達がこちらに来たときの写真が多数貼られている。

そこそこ待って席に着く。店内はそれほどマグロのにおいはしなかったが、カウンターに座ると微かに魚の香りが鼻をくすぐる。

ちょっと待って「正油ラーメン」提供、まずスープから。あっさりした醤油のスープはやはりマグロのかおりはあるのだが、でもいやな感じではない。あっさりながら背脂も浮いてうまみも十分、結構好きな味であった。ただスープはちょい酸味を感じてしまったが、これはなんだろうな?

麺は中太でちぢれている、適度なコシながら後半柔らかくなってきた。スープは良く絡まる。チャーシューは噛み応えがあるタイプ、そしてねぎの食感が良い。

するっと完食、スープも結構飲んで店をあとにした。そういえば「正油ラーメン丼」や「正油タレそば」など気になるメニューもあるこちら、またそんなメニューを頂きに伺ってみようかな。

到着=19:36 待ち時間=17分 行列=10人

麺=中太ちぢれ麺 スープ=あっさりした醤油、マグロの香りあり お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月22日 (日)

自家製麺 ほうきぼし(志茂・赤羽)

訪問日=9月7日(土) 小雨

メニュー=まぜ麺(冷)

Houkibosihiyamaze

昼に頂いたのは一杯だけ、ならば夜も頂いてしまおう。という訳でひさしぶりに「ほうきぼし」へ向かうことにした。

店内に入ると、おや?いつの間にか券売機が設置されている。今回の目当てである「まぜめん」の券を購入、こちらはあまり見かけない冷やしのまぜめんが頂ける。

カウンターに座り店の方に「まぜ麺」の券を渡し、券は「まぜ麺」と書かれているだけなので普通のでとお伝えした。ちなみにあと納豆のまぜ麺も選択できる。そして麺は冷やでお願いしている。

今回店主氏はいない模様、厨房内には年配の男性ともう一人女性がいる。あれ?この方は店主氏のお父さんかな?テレビで見たことがある気がする。ちなみに茹で時間7分の太麺なのでちょっと待っての提供となった。

Houkibosimazemaze まずは混ぜてと、コシのある太麺は食感も良く喉越しも良いタイプ、風味も抜群に良い。かなり好みの麺、「ほうきぼし」はまず麺が好みである。

その麺にコクのあるタレが絡む。まぜ麺でも深い味わい、良いねえ、久しぶりながら期待以上の味であった。

チャーシューは一度温めている模様、香ばしく肉のうまみを味わえる。鰹節の風味と味も効いている。甘めの油揚げの味がほっとする。刻みタマネギは辛味が強くなく良い食感であった。

冷たい麺に生卵はどうなるかと思ったが、今回違和感もなくむしろマイルドな味に納得している。

Houkibosisoup 冷たい麺のため食べ進むのが早い。すぐに別添えスープの出番、まずはそのまま飲んでみたが、もうすでに良い味である。でも麺に投入、やはり温かい麺のようにらーめんぽくはならないが、それでもスープの絡んだ麺として楽しめる。

満足して完食、店をあとにした。今年もこのメニューを食べることが出来て良かった。こちらのお店にはまた伺おう。そういえば今回メニューを確認しようとHPを見たらブログがあることに気がついた。それを見ると、アメリカ?「ほうきぼし」が!いやすごいなあ。

到着=18:51 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=コクのある冷たいタレ お気に入り度=9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月21日 (土)

麺 高はし(赤羽)

訪問日=9月7日(土) 曇り

メニュー=半肉入りつけそば大盛+味玉

201309takahasi

かなり早い時間に赤羽の「麺 高はし」を訪問、もうオープンしているようで店前には並びがあるが、というか到着する直前に中から一人、そしてもう一人が食べ終わって出てきている、何時に開店なの?

さてそれほど待たず店内に入りカウンターに着席する。オートマチックで注文完了、しばらくして「半肉入りつけそば大盛+味玉」が提供された。

まずは麺を頂いてみる。コシのある太麺は食感がしっかりしており風味もかなり良い。やはり好みの麺、ここに帰ってきたと思ってしまった。

つけスープは今回も混ぜずに麺をつけて頂いてみる。混ぜないとあっさりした味、ただ魚介のコクとうまみ、動物系の味わいをしっかりと感じられる。良い味だなあ、そのまま数口食べてしまった。

次に下から混ぜて、タレのうまみもきりりと効いて良い味、ほっとするね。がつがつと食べ進んでいく。

半肉チャーシューはかなり噛み応えがあり肉のうまみを味わえる。甘めのメンマも良い味わいであった。丼一杯の麺もどんどん無くなっていく。

今回は後半、麺の器に豆板醤にゴマと魚粉を入れてみたが、これが結構良かった。辛味も効いて良い味、今度は麺多めの段階で入れてみよう。

そして完食、スープ割りも完飲してしまった。お会計をして店をあとに、ではまた来月。

ちなみに9月は16日(月)が休み、23日(月)は昼のみ営業になるようだ。

到着=10:40 待ち時間=8分 行列=4人

麺=太麺 スープ=魚介動物系の効いた醤油

201309takahasiyasumi2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月20日 (金)

きねこ(中井・落合)

訪問日=9月6日(金) 曇り

メニュー=チーズ乙伽哩+白ごはん

Kinekocurrymen

中井駅の近くに出来た「きねこ」を訪問する。お店を探すが、どこだ?住宅地をうろうろする。ああ!ここか!ただそれほど迷ったわけではなくたどり着けたようだ。

店内に入りテーブル席に着席、カウンターもあるが席に余裕があったためこちらになった。あれ喫煙可能なの?一応吸っている人と一番遠いところを選んでいる。結構広いお店であった。

メニューを見る。実はこちらは勝浦にある勝浦式タンタンメンのお店のご子息がやっているお店らしい。通常初めて伺ったお店ならオーソドックスな「ラーメン」か、今回なら「勝浦式タンタンメン」を選ぶところだが、ただお願いしたのは「チーズ乙伽哩」であった。

実はhi-snowさんのブログで見たカレーラーメンの写真があまりにもうまそうだったので来る前に注文は決めていた(でもチーズは写真の見た目に思わず)。

ちょっと待って「チーズ乙伽哩」提供、と思ったらチーズが入っていなかったらしく一旦持ち帰る。バーナーの音が聞こえてから再提供となった。ちなみにこの時点で喫煙客は退店されている。

まずスープから頂いてみよう。確かにカレーっぽいところもあるけれど、フォンドボーを使っているのでデミグラスソースのようなスープ、味わい深く良い味、かなり好みのスープであった。見た目ほど濃い味ではなく味わいもしつこくない、いやこれは良いわ、もう最初からニコニコである。

麺は太めでコシがある。喉越しがよく風味が抜群に良い。また食べ進むとチーズのコクもスープに加わる。チーズ自体もスープにあっている。

そういえばメンマにのりと、ラーメンらしいトッピングもあるが、まああっても良いかぐらいだな。

かなり納得して完食、実はこの日は別の店での連食を考えてながら、ただこちらのお店で「勝浦式タンタンメン」という選択肢も考えていた。でもこの残ったスープをそのまま飲みきるのはもったいない。という訳で白ごはんを追加でお願いすることにした。

Kinekorice 提供の白ご飯は、あれ?結構器が小さめだな、まあ良いか。丼に投入、一口味わうと、うわ!これも良いわ!放り込むように口に運んでいく、最後まで油断できないメニューである。

ちなみに先客は喫煙の一名、後客は年配の女性一名、と思ったら食べ終わる前に前述のhi-snowさんが来店された。どうもどうもとご挨拶、カレーラーメンのうまさに驚いていることをお伝えする。

すっかり完食、お会計へ、850円か、あれ?ごはんは?確認したら間違えたとのことであった。メニューを見るとこのメニューは半麺にすれば半ライスがつけられるようだが、今回は通常麺でライスをお願いしたつもりだった。

結局判りづらかったとのことでこの日はサービスということに、するとあのライスは半ライスだったのかな?別に今回のメニュー1000円くらいでも十分だったんだけど。でもライスセット900円とかランチサービスとかあればもっとうれしいかも。

かなり納得して店をあとにしたが、こちらにはせめて「勝浦式タンタンメン」を頂くためにも再訪しなければいけないだろう。

到着=12:16 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=フォンドボーカレースープ お気に入り度=8

Kinekomenu1

Kinekomenu2

Kinekomenu3

Kinekomenu4

Kinekomenu5

Kinekomenu6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月19日 (木)

ラーメン JAPAN 川口本店(川口)

訪問日=9月5日(木) 曇り

メニュー=つけ麺中盛り(ニンニク少な目)

Japantukemen

再訪を考えていた川口のお店「ラーメン JAPAN」を訪問する。店前看板でも確認できる大盛りまでサービスの文字、さすがに大盛りは夜注文するにはきついかな。

店内の券売機で「つけ麺」の券を購入、カウンター席に着席する。店の方から麺の量を確認される、では中盛りでお願いします。しばらくして提供直前のトッピングコール、ではニンニク少な目でお願いします。

それほど待たず「つけ麺中盛り(ニンニク少な目)」提供、まずは麺を啜ってみる。コシのある中太麺は風味がよく喉越しも良い。二郎風のらーめんを出す店ながら二郎の麺とは全然違うタイプ、ただこれがかなり好みの麺であったりする。

つけスープはかなり濃い味の醤油のスープ、うまみも十分感じられる。随分濃いめの味なので麺を調整してスープにつける、そうすると良い味、どんどん食べ進む。

野菜はもやしのみ、キャベツは見あたらない。まあ別に良いけど。チャーシューは噛み応えがあるが結構ぱさつきも感じる。ニンニク多いよな、少なめではない。まあ別添えなので問題なし。正直こちらは麺とスープで納得しているのでほかはまあいいや。

多めの麺もすぐに完食、店をあとにした。多分次もつけ麺だろうな。

到着=19:25 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=濃い味の醤油 お気に入り度=8

Japanmori

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

荻窪らーめん 栄龍軒(松原団地)

訪問日=9月4日(水) 曇り

メニュー=つけ麺

Eiryukentuke

「麺や 極」のあとは駅反対にある「荻窪らーめん 栄龍軒」へ向かう。久しぶりだなあ。店内に入りカウンターに着席、店内はほぼ満席となっている。

メニューを見て今回は「つけ麺」をお願いすることにした。中盛りか半ライス無料らしい、でも連食なので普通盛りのライス無しでお願いしている。

ちょっと待って「つけ麺並盛り」提供、まずは麺を頂いてみる。コシのある中太麺は喉越しがよく食感もしっかりしている。風味も良く間違いなく好みの麺、出だしから良い印象であった。

つけスープは魚介のコクとうまみがある醤油のスープ、動物系の味わいも効いている。濃厚ではないがうまみもしっかり感じられる。かなり好みの味、久しぶりながら来て良かったと思える味であった。

スープ内にはトッピングが大量に入っている。チャーシューは噛み応えと柔らかさが同居する食感、肉のうまみをしっかり味わえる、うん贅沢。メンマはしゃきしゃきとした食感でくさみもなし。ナルトの細切りはナルト好きなのでこれはうれしい。

並盛りながら結構な量の麺もすぐに完食、お願いしたスープ割りもかなり飲んでしまった。最後にお会計をして店をあとにする。久しぶりにらーめんも頂いてみたいな、こちらにはまた伺うことにしよう。

到着=12:47 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=中太麺 スープ=魚介のうまみあるコクのある醤油 お気に入り度=8

Eiryukenmenu

Eiryukeneigyo

Eiryukenmori

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月17日 (火)

麺や 極(松原団地)

訪問日=9月4日(水) 晴れ

メニュー=らーめん

Kiwamiramen

松原団地で塩らーめんのお店を訪問する。店内に入り券売機でメニューを確認、左上の「らーめん」の券を購入、ただ塩という表記はない。

カウンター席に着きしばし待つことに。奥にはテーブル席も多数あるこちら、結構広いお店であった。それほど待たず「らーめん」提供、まずスープを頂いてみる。

熱々のスープはコクのある塩、ちょい香ばしい風味もある。塩ながら味わいがしっかりしており不足感がない。かなり好みの味であった。

麺は太めでちょっと平たいタイプ、コシがある、というか結構固めな食感であった。狙ってこの湯で加減だと思うが個人的にはもう少し茹でてもらった方がうれしい感じではある。ただスープがしっかりしているのでそれほどおかしいとは思わない。

チャーシューはとろりとしたしており肉のうまみを感じる。スープにあうこのチャーシュー、良いねえ。メンマは見た目黒いが食感もよくくさみもない。ねぎが大量に入っていたが一部切れてないないねぎがあるようであった。

そして完食、スープが好みのため思わず完飲して店をあとにした。麺がちょい固めだったののだが、もう一度いけば慣れてもっと好みに思うかもしれない。

到着=12:18 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=コクのある塩 お気に入り度=7

Kiwamikanban

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

金町製麺(金町)

訪問日=9月1日(日) 晴れ

メニュー=つけ麺

Kanamatiseimentukemen

二郎風のお店で頂いたが、量がそれほどでもなかったので、ならばもう一軒行ってしまおうと思ってしまった。という訳で先日伺った「金町製麺」を再訪である。

今回はつけ麺を頂こうかな、そう思いながら店前のメニューを見ると「冷やし醤油そば」?これは気になるなあ。店内に入りカウンターに着席、思わず「冷やし醤油そば」をお願いしてしまった。でも残念、売り切れか、「中華そば」の冷やしバージョンならあるらしく、いやそれも気になるが、最初に考えていた「つけ麺」でお願いすることにした。

ちょっと待ってつけ麺提供、麺から啜ってみる。コシのある太麺は平たくちぢれている。かなり食感が強く、風味が良い。この麺良いねえ。

つけスープは結構濃いめの醤油スープ、ちょい甘みもあるがいやな甘みではない。表面には背脂も浮いている。そういえばメニューに書かれていた煮干しはそれほど強くないかな、でも好きな味であった。

チャーシューは噛み応えがあり優しい味ながら肉のうまみをしっかり感じる。これは良いわあ、贅沢である。メンマというか味付きタケノコ、しゃきしゃきと食感が良い。

すぐに完食、スープ割りをお願いした。割ってもちょい濃いめ、でも思わず完飲してしまった。

お会計をして店をあとにした。つけ麺も良かったがやはり前回の「冷やしカレーらーめん」が衝撃的だったな。次回訪問時にはまたその日のらーめんを狙ってみたい。

到着=12:37 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平ちぢれ麺 スープ=濃いめの醤油、背脂入り お気に入り度=8

Kanamatiseimenmenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月15日 (日)

豪麺 MARUKO(金町)

訪問日=9月1日(日) 晴れ

メニュー=ラーメン(ニンニク少な目)

Marukoramen

金町に出来た二郎風のお店を訪問、でも実はこれが三度目の訪問であったりする。最初に伺った際は住所を間違って地図を印刷してたどり着けず、2度目はお休みであった。

お店に近づくと店内には待ち客が1名、到着直前に2名が並ぼうとしたので自分の前にいる待ち客は3名となった。と、その前の2名が並ぶ直前、店内にいた待ち客は外に出てと言われたようだ。この暑さの中、きびしいなあ(注意書きはある)。

さて先に券を買う必要がある模様、店内の券売機でラーメンの券を購入した。店前の並びに加わったが、ここからかなり待つことになった。

まあ予想はしていた。店内にはお子さん2名連れご家族客、ほかにも女性が3名いる。女性は麺を一本ずつすすっていたのでこれは時間がかかるだろうなあ、と・・・。

結局全ての客の前にらーめんが出てしまった。でもまだ席は空かない。その後随分待ってやっと空いた席は、なんと一緒に外で並んでいた3名の先頭の方が座っていた席であった。その人も結構待っていたのだが・・・。

ちなみに入店時点で後ろには6名が並んでいた。そしてその後席がどっと空いて並び無しに、極端だなあ。

座ったときにトッピングコール、今回はニンニク少な目でお願いした。それほど待たず「ラーメン(ニンニク少な目)」提供、まずはスープを頂いてみる。

かなり濃い味の醤油スープ、乳化がすごいねえ。そしてうまみもものすごい、嫌いじゃないがかおりに一部微妙なものがある、なんだろう?まあすぐに慣れたけど。

麺はかなりの太さ、コシがあるというかかなり固めな食感、でも強力なスープにはこれくらいがいいのかな。

もやし中心の野菜ながらキャベツもすこし入っている。スープは野菜と絡めて頂くと丁度良い濃さであった。チャーシューは噛み応えがあり、ただスープに馴染むと柔らかくも感じる。あっさり味の肉ながら、スープで濃い味になっている。

そして完食、丼をカウンターにあげて店をあとにした。店を出ると目の前にある「麺工房 Sakura」が目に入ったのだが、あれ?お客さんがいない、というか店の方もいなかった。何かあったのかな?

到着=11:38 待ち時間=23分 行列=3人

麺=極太麺 スープ=濃い味の醤油 お気に入り=7

Marukoeigyo

Marukoannai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

らーめん エックス(志木:遠い)

訪問日=8月31日(土) 晴れ

メニュー=中華そば

Xsoba

次のお店は駅からはかなり遠い場所にある「らーめん エックス」、ただし駐車場が近くにあるようだ。店内に入りカウンターに着席、席は座敷席も用意されている。

メニューを確認すると右端は豚骨醤油か、どうするかな。迷ったが今回は「中華そば」でお願いすることにした。

それほど待たず「中華そば」提供、まずスープを頂いてみる。動物系のコクとかおりがある熱々の醤油スープ、濃いめの味でうまみも感じられる味であった。

麺は中太でコシがあるタイプ、スープはあまり絡んでないように感じるが、でもスープの味わいはしっかりある。スープの味が濃いからかな?

チャーシューはさっくりした噛み応え、メンマは太いが柔らかい。

するすると食べ進み完食、お会計をして店をあとにした。ちなみに先客1名であとは無しであった。結構好きな味であったが、でも「豚骨醤油ラーメン」を頼んだほうがもっと好みであったかもしれない。

到着=12:16 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=動物系のコクがある醤油 お気に入り度=7

Xmenu

Xeigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月13日 (金)

高はし(赤羽)9月の休み情報

とりあえず9月の休み情報だけ

201309takahasiyasumi_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決まってません(朝霞台)

訪問日=8月31日(土) 曇り

メニュー=ラーメン

Nanasiramen

土曜日のこの日はまだ名前が決まっていないお店を訪問する。最寄は朝霞台、もしくは北朝霞駅、お店に到着すると確かに名前が無いようだ。というか「ラーメン」の暖簾だけとなると入るのに勇気が要るだろうな。

どうやらオープン丁度に到着した模様、店主氏が店前に並んだ人を案内している。ちなみにこの時点での入店は自分を含めて4人であった。

カウンターに着席、店主氏が申し訳なさそうにラーメンしかないですが良いですか?と聞いている、もちろん良いですとも。

ちょいと待つ。店内は薄暗く、また左右の壁際に机を置いているのだが中央に広い空間がある、かなり独特な雰囲気である。でもこの空間にも席が置けるよな?まあ店主氏お一人で営業しているようなので、これ以上席を増やしても対応できないのだろう。結局あと客が続々と入り、店の中には待ち客の並びが出来ていた。

ちょっと待ってラーメン提供、まずはスープを頂いてみる。濃い味の醤油スープは香ばしくちょい甘みも感じる。コクがあり背脂も浮いたスープはかなりインパクトのある味わいであった。

スープが少な目な上、味が濃いのでスープの多いまぜそばのようにも感じる。これははまる味、実はかなり気に入っている。

麺は太く平たくちぢれている。もちもち感もある麺はスープも絡む。この麺も良いねえ。このらーめんは面白い、そしてかなり好みであった。

チャーシューがまたすごい量、噛み応えがあり肉のうまみがある。スープにもあっている。ねぎの食感も良い。

のりもスープにあうなあ。もしもライスを頼んでいればスープを纏ったのりでくるんで頂いてみたい。間違いなく好みだろう。ゆで卵はスープが染みて良い感じになっている。

かなり満足して完食、濃いめのスープも完飲してしまった。お会計をして店をあとにした。まだオープンして間もないこちら、今回のらーめんはかなり気に入ったが、今後メニューは増やしていくのだろうか?また伺ってみたいものである。

到着=11:30 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平ちぢれ麺 スープ=濃い味の醤油、背脂 お気に入り度=8

Nanasimenu

Nanasimisemae_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

麺屋じもと(西台)

訪問日=8月28日(水) 晴れ

メニュー=牛あぶらそば

Jimotoaburasoba

折角西台に来たならもう一軒、次は「麺屋じもと」へ向かうことにした。

実は以前伺った際の印象はまずまずだったが、その後イベントで頂いたあぶらそばがかなり気に入ってしまい、お店でも頂こうと思っていたわけで。

階段を上がり2階のお店の扉をくぐる。奥のカウンターに着席、居酒屋な店内はテーブル席のほうが多数ある。注文はもちろん「牛あぶらそば」で、厨房内は一人でホールも一人となると広い店内、結構大変そうであった。

Jimotomazemaze ちょっと待って「牛あぶらそば」提供、まずは混ぜて、と。コシのある太麺はもっちりした食感がありかなり好みの麺、そこに牛のうまみある油タレが絡まる。塩って感じの味わい、ちょい味濃いめだが良い味であった。

チャーシューがまた非常に好みの味、濃い味ではないが肉のうまみが詰まっている。タマネギの食感も良い。

するすると食べ進んでいく。そういえば無料トッピングにカレー粉があったか、ついでにちょこっと飯をお願いしよう。注文すると丁度ご飯が切れているとのこと、残念。残ったあぶらタレにライスを絡めたら絶対あうだろうなあ。とりあえずカレー粉だけお願いすることにした。

Jimotocurry すぐの提供、投入するとカレーのうまみがありながら元の味も感じる、これも良いねえ。すっかり完食、残ったタレも飲んでしまった。

最後にお会計をして店をあとにした。今回のメニューはかなり気に入ったが、今度伺ったときはなにを頼もうかな。

到着=12:28 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=かおりの良い牛のあぶらそば お気に入り度=8

Jimotomenu

Jimototabekata

Jimotogentei

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月11日 (水)

手打ちつけ麺 欣家(西台)

訪問日=8月28日(水) 晴れ

メニュー=きんやつけめん

Kinyatuke

この日は「西台駅前二郎」に伺う予定だったのだが、ええ!当面夜のみの営業になったの!そんなあ・・・。それでは別のお店へ向かおうことにするか・・・。

というわけで久しぶりに「欣家」の扉をくぐることにした。店内に入りカウンターに着席、メニューを見て迷ったが今回は「きんやつけめん」でお願いすることにした。

ちょっと待って提供、まずは麺を頂いてみる。コシのある太麺は平たさを感じる。あまりクセのない感じに、中華麺とうどんの中間という印象を持った。

つけスープは動物系と魚介のうまみがバランスよく効いた味、うまみも十分感じられる。濃厚ではないが味わいは深い、かなり好みのスープであった。最初違和感をもってしまった麺もスープにつけると特におかしくは感じない。どんどん食べ進む。

わかめはしゃっきりした食感で海草くささもない。普段らーめんにわかめは欲しない方だがこれならあってもいい。ほぐしチャーシューはスープ内にはいっている。噛み応えがあり良い味であった。メンマが大量に入っているが、くさみもなく食感も良かった。

そして完食、実はあとで気づいたが平日は麺中盛りが無料らしい、それでもよかったな。お会計をして店をあとにした。

そういえばこちらには「ほらふきざる」という超特盛り注文がある。一度頼んでみたいが、食べきれないだろうなあ。

到着=12:02 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=魚介と動物系のうまみある醤油 お気に入り度=8

Kinyamenu

Kinyamori

Kinyaeigyo

Kinyaudon

 

Nisidaijiroeigyou西台駅前二郎は8月19日から当面夜のみ営業になったらしい、とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月10日 (火)

【移転】東京神田 角中中華そば店(神保町)

訪問日=8月26日(月) 曇り

メニュー=つけそば+替玉

Kakunakatukeこちらのお店の内容ですが、次の「手打ちつけ麺 欣家をダブって投稿してしまい、それを消そうとして間違って消してしまいました・・・。

しかも頂いたコメントも一緒に消してしまいました。大変申し訳ございません。

もう一度同じ内容を書くのが難しいので、書いた内容の要点を思い出せる範囲で書かせてもらいます。

①つけスープがど豚骨濃厚でかなり好みの味だった。

②麺は適度なコシのかなりの太麺で、ただスープにはあまりあっているとは思えなかった。

③スープ割りのあと、つけそばの替玉は出来ないが、中華そばの替玉が出来、それがかなり好みであった。

まあそんな感じです。

ブログ内容の取り扱いには注意いたします。

到着=20:00 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺・細麺 スープ=かなり濃厚な豚骨醤油 お気に入り度=8

Kakunakakaedama1

Kakunakakaedama2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 9日 (月)

とんとん亭 川口芝本店(蕨:遠い)

訪問日=8月25日(日) 曇り

メニュー=みそらーめん+替玉(しょうゆ)

Tontonmiso

川口に気になるお店があり夜に訪問、ただ住所は川口といっても駅は蕨が最寄になる(それでもかなり遠いけど)。到着の「とんとん亭」は店先が夜にぴかぴか輝き場所が判りやすい。

注文は店先でおこない先払いの模様、今回は「みそらーめん」でお願いした。テーブルに着席、ちなみに店内は屋台風となっている。ラーメンはすぐの提供、セルフで自分の席に持っていく。

背脂たっぷりの味噌らーめん、まずはスープを頂いてみる。マイルドな味噌のスープはけっこうあっさりめな味わい、でも味噌のうまみはしっかり感じる。それほどすごい特徴があるわけではないが結構好きな味であった。

麺は細目でちぢれている。ちょっと歯にひっつく感じもあり。麺はまずまずの印象であった。ねぎともやしを絡めながら食べ進む。

チャーシューは薄目でさっくりしている。ラーメンは量があまり多くなくすぐに完食、ちょっと迷ったが替玉をお願いすることにした。

メニューの説明を読むと替玉はスープ付き、そして味も替えられると書かれている、どういうことだろう?とりあえずしょうゆの替玉をお願いすることにした。

Tontonkaedamaすぐに出来上がり今回もセルフでテーブルに持っていく。ほぼ普通のらーめん、チャーシューやもやしが無いのでかけラーメンという感じである。

スープを頂くと、かなりあっさりした醤油のスープで味噌のあとのためかかなりあっさりに感じてしまった。背脂もあるがそれほどインパクトは感じない。

麺はちょい少な目かな。ニンニクを多めに投入したが、それほどワイルドに変化しなかった。どちらかといえば味噌の方が好みといえる。

ちなみにラーメンは500円、みそらーめんが600円、替玉はしょうゆ・みそ関係なく200円、替玉するならラーメンを頼んでからみそのスープで頼んだほうがお得だった気がする。

すぐに完食、店をあとにした。結構ご家族客が多いこちら、ご近所に人気のお店のようだ。

到着=20:00 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細ちぢれ麺 スープ=マイルドな味噌とあっさりした醤油、背脂いり お気に入り度=6

Tontonmenu

Tontonsappari

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

食処 渓(川口)

訪問日=8月25日(日) 曇り

メニュー=魚つけめん

Keiuotuke

川口でもう一軒伺うならこちらのお店、久しぶりに「渓」へ向かうことにした。

店内に入り券売機でメニューを確認、今回は「魚つけめん」の券を購入した。普通盛りで購入したが、「小」というボタンもある。連食だしそっちでもよかったかな?多分「小」が普通のお店の並くらいだろうし、まあいいか。

カウンターに着席、ちょっと待ってつけ麺が提供された。まずは麺を頂いてみる。

コシのある太麺は風味がよく食感がしっかりしている。やはり好みの麺、麺だけですでに納得している。

つけスープは名前通り魚介のうまみとかおりが効いたスープ、動物系のコクもある。さらっとしているが味わいはしっかりしている。やはり好みの味、このつけめんもいいねえ。

チャーシューは噛み応えがあるタイプ、刻みチャーシューも入っている。メンマは極太ながら柔らかくくさみもない。

麺は多めながらあっという間に完食、お願いしたスープ割りも完飲してしまった。満足して店をあとにする。川口にも良い店が多い。、今度また違うお店で川口スペシャルを実行しよう。

到着=12:20 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=魚介のうまみが効いた醤油 お気に入り度=9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 7日 (土)

らーめん かねかつ(川口)

訪問日=8月25日(日) 小雨

メニュー=季節のーめん(冷たいらーめん)

Kanekatuhiyara

雨が降っていたこの日、遠出は厳しいので諦めよう。ならば近くのお店でらーめんを頂くべし、というわけで先日初訪したばかりの「かねかつ」を再訪することにした。

お店到着、店前のメニューを見て「季節のらーめん」という「冷たいらーめん」が気になった。ただこの日は結構涼しい、でもいつまでやっているのかわからない。結局店内に入って注文したのは「冷たいらーめん」であった。

ちなみに提供に時間が掛かるとのこと、時間はあるさ、どんとこい。先客は1名、おかしいなあ、前回の記憶ならもっと客が入っても良さそうな味だったのだが?ちなみに後客は2名であった。

厨房内の調理行程を見ているとシェーカーを使ってスープを仕上げている。意味があるのかはよく判らないけど。

やはり結構待って「冷たいらーめん」提供、まずはスープを啜ってみる。ああ、これは良いわあ・・・、冷たいがコクがありうまみも十分な醤油のスープ、冷たいけれど深いうまみを感じる。かなり好みのスープ、これはすごいねえ、かなり気に入った。

麺は中太で適度なコシ、ただ冷たいスープのため延びることはない。相当好みのらーめん、涼しいけれど注文してよかった。

チャーシューではなく鶏肉がトッピングされている。鶏のうまみとかおりがあり、食感もしっかりしている。実は鶏のたたきもあり、柔らかく良い味であった。これは贅沢だなあ。

ほかにナスの煮浸し、よく味が染みている。またねぎとミョウガがこのらーめんにはあっている。ショウガもスープに混ぜながら食べ進む。

すだちはあまりかおりを感じないかな、彩りで乗っているのかもしれない。そういえば氷がひとつ入っていたが、それでスープが冷たくなりすぎることはなかった。

すっかり完食、思わずスープも完飲してしまった。かなりの満足感、800円が安いと感じてしまう。店をあとにしたが、こちらにはまた伺いたいと思う。

到着=11:43 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=コクのある冷たい醤油 お気に入り度=9

Kanekatumenu2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月 6日 (金)

三鷹大勝軒(三鷹)

訪問日=8月24日(土) 曇り

メニュー=中華麺 並

Mitakataisyosoba

「たきたろう」を後にして駅方向へ向かう。次のお店は「三鷹大勝軒」、看板は見つかったが、あれ?どこだ?きょろきょろしてしまったが建物奥に店舗発見、店内に入り券売機でメニューを確認することに。

今回は「中華麺」の並で券を購入した。その後カウンターに着席、テーブルも一卓置かれている。

ちょっと待って「中華麺 並」提供、まずはスープを頂いてみる。動物系のコクと魚介のうまみがバランスよく効いた醤油のスープ、味わい深くとても好みの味である。永福町大勝軒系って感じの味であった。

麺は中太で適度なコシ、というかちょい柔らかめだがそれは予想通り。この麺は風味が非常に良く、それがスープと交わり良い香りに感じる。

チャーシューはさっくりした食感で香ばしい。メンマは大量に入っており、良い食感でくさみもない。

すっかり完食、大量のスープはさすがに二軒目はどうかと思いながら、でもほぼ完飲してしまった。もう一度高い満足感を胃袋に収めて店をとにした。三鷹で良いお店に二軒伺えてしまった。

到着=12:45 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=こくのある醤油 お気に入り度=8

Mitakataisyomenu

Mitakataisyoeigyo

Mitakataisyokenbaiki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 5日 (木)

たきたろう(三鷹)

訪問日=8月24日(土) 曇り

メニュー=塩らーめん

Takitarosio

随分前に「たきたろう」へ伺ったが、その後塩らーめんを食べに再訪しようと思っていた。でもそれから随分経ってしまった・・・。

やっと足を向けたこの日、駅からはちょっと歩いた場所にあるお店の扉をくぐる。店内に入り券売機でメニューを確認、購入はもちろん「塩らーめん」の券である。

大きなテーブル席に相席で着席、奥にカウンターがある。ご家族客が多いね、その光景に違和感は無い。お子さんも美味しそうにらーめんを食べている。

そういえば「たきたろう」とは幻の巨大魚のことだっけ、目の前にあるタペストリーにはそれらしき魚が浮かび上がっている。

さてちょっと待って「塩らーめん」提供、まずはスープを頂いていみる。魚介のコクとうまみを感じる塩のスープ、塩ながら味わいは濃く非常に良い味、ごまの香りもスープに合う。いやかなり好みの味、これは良い。

麺は太くちょい平たい感じ、かなりコシがあり最初ちょっと固めに感じたが、ただ2・3口目には丁度良い食感になっている。この塩らーめんは良い、再訪してよかった。

チャーシューは柔らかいが噛み応えもある。メンマは食感良く味も好みであった。

好みの塩らーめん、どんどん食べ進みあっという間に完食した。連食を考えていたのにどうにも止まらなくなりスープ完飲、大変満足して店をあとにした。これはまた伺いたいところである。

到着=12:12 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=コクのある塩 お気に入り度=8

Takitaromenu

Takitarotape

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

夏だ!ビールだ!肉を焼け!プールサイドでバーベキュー(高輪フォレストガーデン:高輪台・品川)

訪問日=6月1日(土) 晴れ

今年もぼぶさん主催、Dさん幹事の「夏麺会」が開催されました。場所は「高輪フォレストガーデン」といつものところとは少し違うようですね。今回は品川駅からのアプローチ、途中限界!さんやなつきさんと合流しながら現地に向かうことに。

現地に着くとホテルの屋外テラスにプールがあり、その周りでバーベーキューができるつくりとなっている、なんだかすごいなあ。

今回の飲み会には知っている方から初めてお会いする方まで30人以上が集まっています。

適当な席に着いたらピッチャーからジョッキにビールを注いで、っと、

Hitenbeer 

乾杯を待つべきでしょうが、もう適当に飲んでたりします。

あ、カンパーーイ発声がありました。

目の前にはでかい肉盛り皿がありまして。今回は序盤、主に焼き担当を仰せつかっておりました。

Hitenniku

おっといけねえ、座った席の関係でこの量を二人で担当する感じになってます。そんな喰えねえって!まあとりあえず焼いていきましょう。

Hitenyaki

がんがん喰っていきます。外で食べると美味しいねえ。ビールもここぞとばかりに飲み干していきます。

ちなみに最初の席にいたのはしばらくで、その後はいろいろな席を飛び回ってました。なぜかずっと立って話をしていた記憶もあったりして。いろいろなお話が出来て楽しかったなあ。

あれ?そういえば写真が3枚しかない?ほか撮ってなかったか・・・。プールの写真は撮りたかったのに。

そのプールはさすがに入らないようにとの注意書きがあります。ただそこはそれ、押すな押すなよということかと。そんな話もしてましたが、おっと!誰かがほんとに放り込まれそうになっているじゃないか!すんでのところでセーフ、危ないところでした(期待してましたが)。

さてそんな盛りがった今回の飲み会、頃合でお開きとなりました。毎度お誘い頂きぼぶさんDさんに感謝です。

ちなみに2次会は駅近くの居酒屋に数人が、しまったここでウーロンハイを飲んでしまいました。私ウーロンハイを飲むとスイッチオンで酔いが更にまわります。そしてスイッチオフ、このあとは自宅の床の上で起きた朝4時からの記憶となります。どうやって家まで帰ったんだろう??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 3日 (火)

金町製麺(金町)

訪問日=8月22日(木) 曇り

メニュー=冷やしカレーらーめん+鶏そぼろご飯

Kanamatiseimenhiyacurry

金町に出来た新店「豪麺 MARUKO」を訪問するも、お休みってマジか・・・、最近多すぎる・・・。実はこちらに来たのはこれで2回目、まあ最初は住所を間違っていたのでたどり着けなかっただけなんだけど。

ならば久しぶりに「金町製麺」へ向かうことにしよう。お店到着、店内に入りカウンターに着席する。席はテーブルもあり。

さてと何を頂こうか、メニューを見ると「冷やしカレーらーめん」というのが気になった。普段あまりカレーラーメンは注文しないのだが、でも「冷やし」というのが気になってしまい。今回はその「冷やしカレーらーめん」と「鶏そぼろご飯」をお願いした(後日再訪しているが、そのときにはこのメニューはなかった)。

先に「そぼろご飯」の提供、これで100円か、お得だな。それほど待たず「冷やしカレーらーめん」、まずスープを頂いてみる。

さらっとした冷たいスープはスパイシーな味わい、あっさりながら十分なうまみも感じている。予想したカレーソース感覚のスープではないが間違いなくカレーのらーめん、そしてこれがかなり好みの味であった。

麺は中太で適度なコシ、もちもち感もある。この食感で温かいらーめんなら後半延びてくるだろうが、でも冷たいのでこれ以上はおかしなことにならない。この麺はスープにもあっている。

こういうカレーらーめんもあるのか、ちょっと感動している。そしてこのスープは結構な辛みがあったりする。どんどん虜になっていく自分を感じている。ねぎも絡めながら食べ進む。

鶏そぼろご飯は鶏のうまみがつまったそぼろがたっぷりのっている。普通ならライスだけで100円というところだが、これはかなりお得なメニューである。

らーめんとご飯を交互に頂いていく。らーめんを食べ進めるとスープの下からカレー風味の挽き肉が出現、こういう仕掛けもあるのか、面白い!

らーめん・ご飯共に完食、スープも思わず完飲してしまった。かなりの満足と納得感、これで850円は安いなあ。お会計をして店をあとにした。

こちらのお店にはまた伺いたいものである。

到着=12:04 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=結構辛みのあるさらっとしたカレースープ お気に入り度=8

Kanamatiseimenmenu

 

Marukoyasumi_2「豪麺 MARUKO」は夏季休業でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月)

カレーつけ麺 しゅういち 恵比寿店(恵比寿)

訪問日=8月21日(水) 曇り

メニュー=カレーつけ麺

Syuichikaretuke

「瞠」のあとはカレーつけ麺のお店「カレーつけ麺 しゅういち」へ向かう。お店に着くとこちらは半地下の模様、階段を降りて店内に入る。

券売機でメニューを確認、左上は特製か、でも普通の「カレーつけ麺」で券を購入することにした。2名掛けテーブル席に着席、カウンターも若干あるがテーブル席が多数置かれている。そしてそのほとんどの席が埋まっているという、かなり人気のお店のようだ。

それほど待たず「カレーつけ麺」提供、結構太い麺の割に提供はかなり早かった。ちなみにつけスープの器は熱せられ、スープがぐつぐつと煮えたぎっている。

まずは麺を頂いてみる。適度な、というか結構コシのない太平麺、風味もそれほど感じない。茹で加減だろうか?独特な食感であった。

つけスープはかなりクリーミーでマイルドなカレースープ、辛みはそれほど感じない。予想したスパイシーなカレースープではなく若干肩透かし、でも結構好きな味かも。まあこういう味ならこの茹で加減の麺でもありかもしれない。

つけあわせのほうれん草がスープにあう。チャーシューはジューシーな感じ、半熟味玉半個がうれしい。

Syuichirice 麺は結構多めながらすぐに完食、お約束のライスをスープに投入する。このスープはライスの方があうような気が・・・。それも完食、店をあとにした。

外に出ると並びは5名、人気だなあ。  

到着=12:38 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=マイルドなカレースープ お気に入り度=7

Syuichimenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 1日 (日)

瞠 恵比寿店(恵比寿)

訪問日=8月21日(水) 曇り

メニュー=らーめん

Miharuramen

恵比寿にある老舗のらーめん店「前川(山田と間違えてしまった・・・)」に向かう。え!8月1日からしばらくお休み、マジか・・・。

と言うわけで久しぶりに「瞠」へ向かうことにした。店前には並びあり、先に券を買って並ぶようにと書かれている。

店内に入り券売機でメニューを確認、久しぶりなので「らーめん」を選択して表に並び直す。ちなみに横の「坂内」には10名ほどの並びが出来ている、すごいねえ。

さてそれほど待たず店内にはいりカウンターに着席する。ちょっと待って「らーめん」提供、まずはスープを頂いてみる。

魚介のコクとうまみある醤油のスープ、結構濃いめの味ながら後口はすっきりしている。味わい深いスープ、久しぶりだが好みの味である。

ちょい太めの麺はコシがあり風味がとても良い。スープも絡むこの麺も好きなタイプ、好みのらーめんであった。チャーシューは肉厚で噛み応えも十分。極太のメンマは柔らかく味も良い。

するすると食べ進み完食、満足して店をあとにした。今回の「らーめん」も良かったが横の方が食べていたつけ麺大盛りが相当良さそうであった。次に訪問する際にはそれを狙ってみたい。

到着=12:10 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=魚介も効いた醤油 お気に入り度=8

 

Maekawayasumi休みはいつまででしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »