« 九段 炎神(市ヶ谷・九段下) | トップページ | さしみや五坪(蒲田) »

2013年9月29日 (日)

黄金の塩らぁ麺 Due Italian(市ヶ谷)

訪問日=9月13日(金) 曇り

メニュー=冷製イタリア麺 赤

Dueitalianhiyaaka

「炎神」をあとにして市ヶ谷駅方面に歩いていく。久しぶり訪問の「Due Italian」、さすがの人気店、店前には並びがある。ちなみに並びも店内も女性がほとんと、こうなると逆に男性が並びにくいかも。そしてかなり待ちそう、回転は非常に悪い。

予想通りかなり待って店内へ、今回券売機で購入したのは冷製の赤であった。1200円ながら以前の印象が相当良く、もう一度頂きたいと思っていた(移転前のお店だけど)

カウンター席に着きしばし待つ。店内には食べ終わっているのにお話に夢中のおばさま多数、この店の雰囲気からいってもこれはしょうがないのかな?着席から15分ほど待ってやっと到着、期待通りの真っ赤具合である。

まずレンゲでソースを頂いてみた。すっぱ!そして甘!かなり酸味のあるトマトのソース、そして甘みもかなり感じる。トマトの酸味というよりバルサミコ酢のような酸味、かなり酸味が強い。そして甘みもあるが結構くどさを感じてしまった。以前のはこんな味だったかなあ。

麺は細目でコシがある、スープも良く絡む。プチトマトは結構酸味が強めで皮も固い。プチトマトは好きで自宅でもよく頂くが、まわりのソースが甘いので余計酸味を強く感じたかもしれない。トマト満載のこのメニュー、チャーシューなどの具材は無い。

完食して店をあとにした。そうだ、冷製の白という手があったなあ。

到着=12:18 待ち時間=16分 行列=5人

麺=中細麺 スープ=酸味が強く甘みもある冷たいトマトのソース お気に入り度=6

Dueitalianmenu3

Dueitalianmenu4

Dueitalianoomori

|

« 九段 炎神(市ヶ谷・九段下) | トップページ | さしみや五坪(蒲田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/58281778

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金の塩らぁ麺 Due Italian(市ヶ谷):

« 九段 炎神(市ヶ谷・九段下) | トップページ | さしみや五坪(蒲田) »