« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月31日 (土)

旅人の木(荻窪)

訪問日=8月18日(日) 晴れ

メニュー=醤油らーめん

Tabibitonokisoba

「中華麺処 雅」のあとは荻窪に移動、以前吉祥寺にあったお店が移転した「旅人の木」へ向かう。

この時期お盆休みが心配であったが、そこはそれ荻窪である。目的のお店が休みでもいきたいお店はいくらでもある。

まあなんとかなるだろう、と思っていたが、結局「旅人の木」は問題なく営業中、店内に入り券売機でメニューを確認することに。上は「油そば」か、でも今回は「らーめん」で券を購入することにした。

カウンターに着席、ちなみに席の空きは一席のみであとにも来客続々、並びも発生していた。

それほど待たず「醤油らーめん」提供、まずはスープを頂いてみる。あっさりながらコクのある醤油のスープ、ちょい甘みもある味わいで魚粉のかおりとうまみも効いている。とても好みの味、揚げねぎの風味も良い感じであった。

麺は細目でコシがある。風味が良くスープもよく絡む。このらーめんは間違いなく好みである。刻みタマネギも麺に絡み良い食感であった。

チャーシューは柔らかく肉のうまみもしっかり感じる。太いメンマも柔らかく良い味であった。

すぐに完食、迷ったが結局スープも完飲してしまった。店をあとにしたが、その後も来客続々、人気があるんだねえ。

到着=12:44 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=中細麺 スープ=あっさりながらコクのある醤油、ちょい甘み お気に入り度=8

Tabibitonokimenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月30日 (金)

中華麺処 雅(大泉学園)

訪問日=8月18日(日) 晴れ

メニュー=雲呑麺(醤油)

Miyabisoba

「トリシオブットイメン」は閉店してしまったのか、かなり好みのらーめんが頂けたのだが。でもそのあとにらーめん屋さんが入った模様、と言うわけで大泉学園の新店「中華麺処 雅」を訪問する。

店内に入りカウンターに着席、メニューから「雲呑麺」を選んでお願いした。ただ周りの皆さんを見ると皆さん担々麺とかタンメンを頼んでおり、普通のラーメンを頼んでいる人がいない。そっちの方が良かったのかな?

さてちょい待って「雲呑麺」提供、まずはスープを頂いてみる。あっさりした醤油のスープはとてもすっきりした味わい、あまりインパクトはないが、でも好きな味であった。

麺は中太で適度なコシ、ちょい柔らかいかな。風味は良い。

ワンタンは肉のうまみとかおりがとても良い。このワンタンは良いねえ。チャーシューは柔らかくジューシーであった。甘めのメンマの味がなんだかうれしい。

完食し、結局スープも結構飲んでしまった。ちなみに厨房内は店主氏がおひとりで汗だく奮闘、大変そうだなあ。実は出る頃には待ち客も出来ていたこちら、もう地元で人気のお店になっているのかもしれない。

到着=11:45 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=7

Miyabimenu1

Miyabimenu2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月29日 (木)

横浜地獄らーめん青山屋(笹塚)

訪問日=8月17日(土) 晴れ

メニュー=地獄らーめん極上3

Aoyamajigokura

「麺屋 壱○壱」のあとは笹塚に移動、「地獄らーめん」という恐ろしい冠の付いたお店「横浜地獄らーめん青山屋」を訪問する。

店内に入り券売機でメニューを確認、辛さで値段が2グループに分かれるようだ。折角なのでここはひとつ100円増しの上のグループから、しかも一番辛そうな「地獄らーめん極上3」で券を購入することにした。

その後カウンターに着席、席はテーブルもあり。あれ?この時間でも喫煙可能か、厳しいなあ。ちょうど吸い始めたご夫婦がいてその煙がすべてこちらに流れてくる。あまりに厳しかったので席を変わることにした。

さて「地獄らーめん極上3」はすぐの提供、かなりあっさりめのスープに辛みが効いている。でも想像より辛くない、ちょっと肩すかしである。スープもうまみやコクが薄いかも、うーん。

麺は中太で結構粉っぽい感じ、茹で加減はこれであっているのか?

チャーシューは噛み応えがあるのだが結構小さめであった。900円はすべて辛みということか?わかめはらーめんにあまり欲しないのだが、ただ海草くささはあまり感じない。

完食して店をあとにした。

到着=12:28 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりスープに辛み お気に入り度=5

Aoyamamenu

Aoyamarank

Aoyamatoha

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月28日 (水)

麺屋 壱○壱(明大前)

訪問日=8月17日(土) 晴れ

メニュー=鶏白湯 塩

101ramen

明大前に出来たお店を訪問する。場所は以前「中田兄弟」のあったところ、店内に入り券売機でメニューを確認する。「鶏白湯 フォンデュ」というメニューが気になりながら、でも普通の「鶏白湯 塩」で券を購入した。その後カウンター席に着席、らーめんはすぐの提供であった。

まずはスープを頂いてみる。鶏のうまみを感じる塩の白湯スープ、ものすごい特徴があるという感じではないが、結構好きな味であった。

麺は細目でコシがある。スープも絡まる。チャーシューは噛み応えがあるタイプ、メンマはかなり太く結構柔らかい。ねぎは風味が強め、スープにあまりあっているとは思えなかった。

すぐに完食、店をあとにした。実は横の方が食べていたつけ麺が気になっていた。太麺がぴかぴか光っておりかなりそそられる。つけ麺もいいかもしれない。

到着=11:56 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=コクのある白湯スープ お気に入り度=7

101menu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月27日 (火)

麺屋 骨砕(板橋)

訪問日=8月14日(水) 晴れ

メニュー=らぁ麺+替玉

Kotusairamen

板橋にて豚骨らーめんのお店「麺屋 骨砕」を訪問する。場所は以前「ones ones板橋店」の時に伺った場所になるようだ。店前の券売機で「らぁ麺」の券を購入、店内に入りカウンターに着席する。

厨房内はおひとりでの調理接客、結構大変そうである。そのためかカウンター上には食べ終わった丼が多数残されていた。また所定の位置にコップが補給されておらずポットの水もない。うーん、さすがにもう一人必要では?

さてそれほど待たず「らぁ麺」提供、まずはスープを頂いてみる。豚骨のコクとうまみがばっちりしっかり効いたスープ、見た目ほど濃厚さはないがうまみも十分でかなり好みの味である、良いねえ。

麺は細目でコシがあるタイプ、風味も良くこのスープにも負けてない。好みのらーめんである。チャーシューは噛み応えがあるものが4枚も入っていた。

Kotusaikaedama2すっかり完食、思わず替玉をお願いしてしまう。すぐに提供された替玉、にんにく醤油なんてものを掛けて頂いてみる。替玉でも味は薄く感じず、ニンニクもかなり効いてこれも良い味であった。

すぐに完食、まだ置かれている器などを横にずらして丼を上にあげる。店をあとにしたが丼置きっぱなしなどが残念だったこちら、もう少し慣れればそこらへんも改善されるのかな。

到着=12:24 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=コクのある豚骨スープ お気に入り度=7

Kotusaimenu

 

 

Auruyasumi2前回訪問時に営業していなかった「あうる」はしばらくお休みの張り紙があった。再開することはあるのだろうか?もっと早く行けばよかったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年8月26日 (月)

喜多方食堂 麺や玄(稲荷町)

訪問日=8月11日(日) 晴れ

メニュー=蔵出ししょうゆラーメン(まったり)

Genramen

先日伺うもまさかの理由で休みだったお店を再訪する。ただ夏期休暇が心配であったが、良かった、問題なく営業している。

店内へ入ると、店の方に奥のカウンター席を案内された。席数はかなり多いようで、カウンターもあるがテーブルも多数配置されている。席はほとんど埋まっている模様、人気があるんだなあ。

メニューを見てかなり迷ったが、今回注文は「しょうゆ」のまったりでお願いしている。結構待ってらーめん提供、まずはスープを頂いてみる。

あっさりながら十分なうまみが感じられる醤油のスープ、背脂がたっぷり浮いている。これがまったりということか。

麺は太くちぢれている、のど越しは良いがちと柔らかめ、でもこの麺はこの茹で加減で正解な気がする。実はかなり好みの麺、啜るのが楽しいなあ。

刻みタマネギは最初辛いが、スープの熱で甘みに変わる。食感も良い。チャーシューは噛み応えがあり肉のうまみを感じる。小さめなので4枚らしい、ありがたい話だなあ。メンマも良い食感でくさみもない。

するりと完食、スープもかなり飲んでしまう。最後にお会計をして店をあとにした。店の方からは味噌もお勧めとの案内も受けた。また伺った際には頼んでみようかな。

到着=12:10 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平ちぢれ麺 スープ=あっさりした醤油、背脂たっぷり お気に入り度=8

Genmenu1

Geneigyo

Genmenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月25日 (日)

東京下町中華そば すずめ食堂(曳舟)

訪問日=8月11日(日) 晴れ

メニュー=中華そば

Suzumesoba

曳舟に出来たお店を訪問、場所は以前「旭川ラーメン 最上家」のあっとところになるようだ。

あれ?お店に着いたがまだ営業していない、11時オープンと思っていたが11時30分オープンらしい、しまった。次の店への移動も考えたが、暑いのでイトーヨーカドー内をぶらぶらして時間をつぶすことにした。

さて開店5分前にお店に戻ると、おっともう営業中になっているではないか。さっき伺っときにも2人並んでいたので早めに開けたのかな?

さて店前の券売機でメニューを確認、今回は「中華そば」で券を買って店内に入る。カウンターに着席すると、扇子をどうぞと渡された。店内が熱いわけではないが結構うれしい。

それほど待たず「中華そば」提供、まずはスープを頂いてみる。あっさりした醤油のスープは、ただ動物系と魚介のうまみがバランス良く効いた味わい。十分なうまみでとても好みの味であった。

麺は中太でコシがある。しっかりした食感で風味も良いが、ただあまりスープは絡まず、なんでだろう?まあスープ・麺ともそれぞれは好みではある。

ちなみにゆず皮が乗っているのだが最初からカットした物を乗せている模様、そのためかあまりゆずの香りを感じない。

チャーシューは2種、鶏は結構ぱさつきがあるもの、豚は脂身部分がジューシーであった。

そして完食、やはりスープが好みのため思わず完飲してしまった。店をあとにしたが、まだオープンしたばかりだし、こちらのお店は今後さらにレベルアップするお店かもしれない。

到着=12:24 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=7

Suzumemenu

Suzumeeigyo_2

Suzumeosirase

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月24日 (土)

【閉店】べんてん(高田馬場)

訪問日=8月10日(土) 晴れ

メニュー=つけ麺

Bententuke

「らぁ麺 やまぐち」をあとにして高田馬場でもう一軒、ならばの「べんてん」へ向かうことに。あれ?店前に並びが無い。そのまま店内に入ると一応満席ではあった。ただすぐに席は空いて着席、珍しい。

さて今回の注文は「つけ麺」を並盛りで、ちなみに厨房内には店主氏はいないようであった。その後席は半分ほどの埋まり具合に、どうした「べんてん」!

ちょっと待って「つけ麺」提供、まずは麺を頂いてみる。適度なコシの太麺はのど越しが良くもちもち感を感じる。半年振りだが良いねえ、やはり好みである。

つけスープは動物系と魚介のうまみが効いた醤油のスープ、コクがありとても好みの味であった。つけスープは前回の記憶があり心配したが、問題なしである。

それにしても麺の量が多いなあ。まあ好みの味のためどんどん食べ進むことが出来る。チャーシューも肉のうまみがばっちり感じる。ねぎたっぷりもうれしいところであった。

後半ちょい味わいが薄く感じたのでニンニクを投入、風味増しで一気に完食した。スープ割りもお願いしたがさすがに満腹、ある程度飲んでからお会計をお願いした。

ごちそうさまを伝えて店をあとにする。冷やし油そばも気になりなるところ、でも味噌味だからなあ。醤油味の冷やし油そばをやってくれないかな。

到着=12:28 待ち時間=1分 行列=0人(満席)

麺=太麺 スープ=コクの有る醤油 お気に入り度=9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月23日 (金)

らぁ麺 やまぐち(面影橋・高田馬場)

訪問日=8月10日(土) 晴れ

メニュー=冷やし煮干しそば

Yamaguchihiyasira

暑い、暑すぎる。それでもらーめんを欲する心あり。今回向かったお店は以前訪問している「らぁ麺 やまぐち」であった。店内に入り券売機をにらむ。訪問前は「つけそば」を頂こうと思っていたが、夏期限定が気になり「冷やし煮干しそば」の券を購入した。

カウンター席に着き店の方に券を渡すとこのメニューは時間が掛かる旨案内があった。冷たいメニューだどんとこい。ちなみに対面のご家族がつけそばを食べていたのだが、いやあうまそうだったなあ、まあ今度ということで。

ちょっと待って「冷やし煮干しそば」提供、丼に触れるとかなり冷たいことに気がついた。丼自体を冷やしているのだろう。まずはスープを頂くことに。

煮干しのかおりとうまみがしっかりと感じられる冷たい醤油のスープ、冷たいスープながらコクがあり味わいもしっかりしている。これは良いね、かなり好みの味であった。

麺は中太でちょい平たい、コシがありのど越しが抜群に良い。この麺はスープにとてもあっている。冷たいらーめんながら不足感がない。いやあこのメニューを注文して良かったなあ。

チャーシューは薄いが噛み応えあり、肉のうまみもしっかり感じる。メンマは太く、でも柔らかくくさみもない。ねぎとみょうがを絡めながら食べ進む。

じっくり味わいたいと思う心うらはらにびっくりするほど速攻で完食してしまった。スープも最後は丼を持って完飲、一度啜り終わってからもう一啜りして丼を置いた。

満足を腹に落として店をあとにする。今回のもかなり良かったし、じゃあ次はつけそばをたべに行かなきゃな。

到着=12:06 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太平麺 スープ=煮干しの香りとうまみある冷たい醤油 お気に入り度=9

Yamaguchimenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

ラーメンかばとら(蒲田)

訪問日=8月9日(金) 晴れ

メニュー=ラーメン

Kabatoraramen

「自家製麺 森のや」のあとは蒲田に移動、次に予定の「ラーメンかばとら」へ向かう。

店内に入りカウンター席に着席、さてはまずメニューを見て・・・、あれ?ない?困っていると店主氏にメニューは表だけだと宣言された。うーん困った。でも一応「らーめん」と「ちゃーしゅーめん」と「あぶらそば」があると教えてもらったので「らーめん」でお願いすることにした。

いやそれにしても店内が暑い、空調は効いているのだろうか?扉が開けっ放しということは大して効いてはいないだろう。

さてそれほど待たず「らーめん」提供、なんだこの量は・・・。でかい丼に麺が大量に入っている。実は連食である、大丈夫か?まずはスープを頂いてみる。

背脂がたっぷり入ったスープはコクがある醤油の味わい、好きな味だが脂が多めのためちと味は感じづらい。

麺は中太のストレート、固めの食感でちょい粉っぽい感じもある。ただこれが好みな感じの麺であったりする、結構良い。

チャーシューは柔らかくも感じるが食感もしっかりしている。豚のうまみもばっちりあり。かなり好みのチャーシュー、これは価値がある。

後半ニンニクを投入しようと思ったが、クラッシャーに対してニンニク丸ごとは大きすぎる。つぶすと汁が周りに飛ぶ、危険である。ただスープに入れると一気に風味が広がった。かなり好みのスープである。

食べ進むが店内が熱く徐々にきつくなってきた。周りには残す人多数、確かに量も多いが汗の量をみても店内の温度が影響している気がする。

なんとか食べきりお会計をして店をあとにした。多分冷房が効いていればもっと楽に食べ切れただろう。チャーシューがかなり良かったし、また食べたいという気がしないでもないが、もっと涼しい季節にならなければまた伺いたいとは思わないだろう

到着=13:06 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=コクのある醤油、背脂大量 お気に入り度=6

Kabatoramenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

自家製麺 森のや(池上)

訪問日=8月9日(金) 晴れ

メニュー=二色らーめん

Morinoya2syokura

池上に珍しいらーめんを出すお店があると知って伺うことにした。「自家製麺 森のや」に到着、店内に入り券売機でメニューを確認する。

目的のメニューは二つのらーめんが一つの丼で頂けるという「二食らーめん」、通常らーめんとは50円違いと良心的である。ちなみに清湯スープは細麺、濃厚白湯スープは太麺らしい。カウンター席に着席、これはジャスミンティーかな?良い香りである。

ちょっと待って「二食らーめん」提供、やはり見た目も面白い。まず透明スープの方から頂いてみる。

あっさりながら結構うまみを感じる醤油のスープ、海老が乗っておりその香りがかなりスープに移っている。麺は細目で適度なコシ、後半かなり柔らかくなってきた。

もう一種は動物系のうまみを感じるスープとなっている。麺はかなり太くコシがあり風味も良い。

正直どちらのらーめんもそれほどはっとするような味ではないが、でも二種を一度に頂けるのは結構良い。ただ形状により食べづらさも感じる。

チャーシューは噛み応えがあり結構味濃いめであった。メンマはかなり太いタイプ、くさみは無し。

そして完食、最後にスープを飲んでいくのだがやはりこの形状はスープを掬いづらい。レンゲを一回り小さくてもいいのでは無いだろうか。ある程度飲んで店をあとにした。あの丼は普通に売っているのかな?

到着=12:31 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺・極太麺 スープ=あっさり醤油・動物系のうまみある醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

天理スタミナラーメン 高田馬場店(高田馬場)

訪問日=8月7日(水) 晴れ

メニュー=スタミナラーメン

Tensutasutamina

「牛骨ラーメン 香味徳」から駅に向かって坂を降りる。ただそのまま駅ではなく途中にある「天理スタミナラーメン」へ立ち寄ることに。

店内の券売機で「スタミナラーメン」の券を購入してカウンターに着席する。ちなみに先客は無しであった(後客も)。

それほど待たず「スタミナラーメン」提供、まずスープを頂いてみる。結構濃いめのスープはうまみも感じる味わい、スタミナだけあって辛みも効いている。ただあまり深みは無い感じ、見た目で期待した野菜のうまみもあまり感じられなかった。

麺は細目でコシがある。風味が良くこの麺はかなり好みである、白菜にニラ、ニンジンと野菜がたっぷり、白菜は新鮮な感じであまり煮込まれた感は無いかも。豚肉が良い味であった。

完食して店をあとにした。こちらは関西に多数お店をだしているグループの関東進出店、でも関西のお店でもこの味なのかな?

到着=12:50 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=うまみのある辛みの効いたスープ お気に入り度=6

Tensutamenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

【閉店】牛骨ラーメン 香味徳 高田馬場店(高田馬場)

訪問日=8月7日(水) 晴れ

メニュー=香味徳醤油

Kamitokuramen

銀座のお店にもいったなあ、なんて思いながら高田馬場に出来た「牛骨ラーメン 香味徳 高田馬場店」を訪問する。

店内に入り券売機でメニューを確認、以前伺った銀座のお店では「香味徳ラーメン」を頂いていたので今回は「香味徳醤油」で券を購入した。

カウンター席に着席、奥にはテーブル席もあるようだ。それほど待たず「香味徳醤油」が提供、まずはスープから頂いてみる。

牛骨のかおりとうまみがある醤油のスープ、独特な香りながら、ただこのスープは醤油の味にあっている。正直銀座で食べたときよりも好みなのは醤油にしたからではないだろうか。脂のかおりも結構あるがそれも含めて好きな味であった。

麺は細目でちぢれている。コシというか結構固めな食感ながら、徐々にスープに馴染んできた。

チャーシューは柔らかいタイプ、もやしは普段らーめんに欲しないのだが、少な目で麺も固めなのでそれほど邪魔には感じない。

するすると食べすすみ完食、スープは結構気に入っているのでかなり飲んでから店をあとにした。次にこちらへ伺ったときにも醤油で注文することにしよう。

到着=12:30 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細ちぢれ麺 スープ=牛のうまみある醤油 お気に入り度=8

Kamitokumenu

Kamitokumenu2

Kamitokueigyo

Kamitokuutiwa

Kamitokumesse

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

自家製麺 SHIN 新 (反町)

訪問日=8月4日(日) 曇り

メニュー=らーめん

Shinsoba

東神奈川駅を降りて結構歩く。目的のお店「「自家製麺 SHIN 新」」に近づくとお店には並びがあることに気がついた。そうかそんなに人気のお店なんだ(ちなみに最寄は反町駅)。

で、お店に到着すると、あれ?まだオープン前か、11時開店と勘違いしていた。一番後ろについて開店を待つことにしたが、その後も並びが増え続けている。結局オープン時の並びは14人となっていた。

11時30分丁度に開店、徐々に店内へ入っていく。自分の番になり券売機でメニューを確認、左上は揚げ鶏の乗ったメニューながらでも普通の「らーめん」で券を購入することにした。ただ冷やしらーめんなんてのも気になるなあ、非常にそそられる。

券を持って奥のカウンター席へ着席、席数は8席か、ギリギリではないか、危ない。こうなると早めに来たのは正解ということになる。ちなみに厨房内は女性が2名で営業されている。

ちょっと待って「らーめん」提供、まずはスープから頂いてみる。おお!これは!動物系のコクとうまみ、魚介の風味と味わいがバランス良く効いた醤油のスープ、非常に良い香りで味わいが深い、なんて素晴らしいスープなんだ!一気に虜になってしまった。

麺は中太でコシがある。風味も良くスープもよく絡む。いやあこのらーめんはすごい!これは待った甲斐がある。

チャーシューは2枚、小さめだったので2枚入れてくれたらしい、ありがたや。さっくりして良い味、これも好みである。穂先タケノコがまた素晴らしい。良い香りで食感も良い。油断していたが一片のゆず皮がかなり効果的、香りよくスープにあっている。

感動しながら完食、しまった連食を考えていたのでスープは自重しようと思っていたが、でもこんならーめんを出されたら仕方ない、完飲しよう。というわけでスープを啜りきってから店をあとにした。

そういえば周りはだれもらーめんを食べておらず、注文は汁無し担々麺や冷やしらーめんばかりであった。普通のらーめんがこれほどなのに、どれだけレベルの高いお店なのだろうか?こちらにはぜひ再訪を考えたい。

ちなみにこのあと駅近くにある「麺処 雄」に伺ったが営業していなかった。中には誰もいなかったが営業時間変更?それとも夏期休業?結局「SHIN」で満足しきったのでこの日は連食はやめておくことにした。でもそれならせめて「SHIN」で味玉くらいつけても良かったなあ。

到着=11:16 待ち時間=15分ほど(オープン前並び) 行列=5人(オープン前行列)

麺=中太麺 スープ=魚介と動物系がバランス良く効いた醤油 お気に入り度=8

Shinmenu1

Shinmenu2

Shinunchiku

Shineigyo

 

Yuyasumi 「麺処 雄」は営業していなかった

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2013年8月17日 (土)

麺 高はし(赤羽)

訪問日=8月3日(土) 晴れ

メニュー=半肉入りつけそば大盛+味玉

201308takahasi

8月の「麺 高はし」を訪問、店舗横の建物が工事中で道路にトラックが停まっている。「高はし」の店前が見えなかったのだが、トラックを越えるとその先には10人以上の並びが待っていた。

というわけど今回は結構待って店内のカウンター席に着席した。それほど待たずつけそば提供、まず麺を頂くことに。

コシのある太麺はかなり風味が良く食感もしっかりしている、問題なし、好みの麺であった。

つけスープは今回結構あっさり目の味、ただ動物系と魚介のコクとうまみがバランス良く効いた味わい、あっさりめながら良い味であった。

半肉チャーシューは今回結構柔らかめ、さっくりした食感ながらそれもまたよし。味玉も白身の食感が良く黄身の甘みも良い感じ。

ちなみに今回は目の前にある調味料から「辛いお酢」を麺にかけてみた。でもまあまあかな。

大量の麺もすぐに完食、スープはそのまま完飲した。そしてスープ割りで提供されたスープを飲んでみる。とろりとしたスープはそのままでもしっかりした味わいを感じる。これを風邪の時に飲めば元気が出そう。

お会計をして店をあとにした。ではまた来月。

ちなみに8月は25日(日)~28(水)までお休みになるようだ。

到着=11:11 待ち時間=27分 行列=13人

麺=太麺 スープ=魚介動物系の効いた醤油

201308takahasiyasumi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月16日 (金)

松壱(新井薬師前)

訪問日=8月2日(金) 曇り

メニュー=玉子とじラーメン

Matuichiramen

「麺屋 鯱」のあとは新井薬師前に移動、以前は夜のみ営業だった「松壱」がランチ営業をはじめたらしい。気になっていたお店のため早速伺うことにした。

お店に着くとこの場所は以前「牛薫る麺処 嵐風」があった場所か、「嵐風」も良かったんだけどなあ。店内に入りカウンター席に着席、席はテーブルもあるようだ。

メニューを見て「玉子とじラーメン」を注文、ほかに「玉子とじ担々麺」というのもある、それも気になるかも。

それほ待たず「玉子とじラーメン」提供、溶き卵たっぷりである。スープを頂くと、いやあ油断していたがコクがあり味わいのしっかりした醤油のスープ、そこに溶き卵でマイルドにも感じる。とろりとしたスープはベースの味自体が好きな感じ、溶き卵でさらに好みになっている印象であった。

麺は細くコシがある、細い麺のためスープと玉子がよく絡む。そして麺と頂くとスープはさらに好みに感じてしまった。このらーめん良い、やみつきになりそうである。

ねぎの風味で結構印象が変わる、面白い。チャーシューは噛み応えがあるタイプであった。

そして完食、もちろんスープまで完飲している。実は出来るだけ残りがないように丼に口をつけてすすってたりする。

お会計をして店をあとにした。またこの溶き卵の入ったらーめんは頂いてみたいものである。

到着=12:34 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=コクのある醤油、溶き卵でマイルド お気に入り度=8

Matuichimenu

Matuichieigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月15日 (木)

麺屋 鯱(大久保)

訪問日=8月2日(金) 曇り

メニュー=塩らーめん

Syashisio

曇り空ですごしやすい昼時であったこの日、大久保のらーめん店を訪問する。鯛煮干しを使ったらーめんを出すという「麺屋 鯱」、店内に入りカウンター席に着席した。

メニューは「塩らーめん」と「白醤油らーめん」、魅力的なメニュー名だなあ、これは注文に迷う。でもメニュー最初の「塩らーめん」でお願いすることにした。らーめんは両方800円と結構強気な値段である。ちなみに先客は1であとは無しであった。

ちょっと待って「塩らーめん」提供、まずは透明なスープを頂いてみる。魚介のうまみあるかなりあっさりした塩のスープ、なるほど鯛の風味とうまみを感じるが、そのあっさり具合かららーめんというより鯛のすまし汁のような印象を受けてしまった。せめてもう少し塩味があっても良いような。

麺は細目でちょい固めな食感、のど越しの良い感じではないがスープにはあっている。時折ゆずのかおりを感じるがこのスープにはとても良い。

「低温真空レアチャーシュー」は噛み応えがかなりある。黒コショウも効いて良い味であった。そしてデフォで味玉が入っている。味玉らーめんと考えれば800円も納得できるかも。その味玉は柔らかく結構味濃いめであった。

すぐに完食、スープも結構飲んでしまった。連食を考えていたので鯛飯は自重したが、でもこのスープならそれは有りな気がする。

到着=11:45 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=魚介のうまみあるかなりあっさりした塩 お気に入り度=7

Syashimenu

Syashieigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

らーめん 銀杏(亀有)

訪問日=7月31日(水) 曇り

メニュー=鶏つけSOBA中盛り

Ginnnantuke

「らーめん富嶽」のあとは亀有に移動、以前「もぐや」のあった場所に出来た「らーめん 銀杏」を訪問する。

店内に入り券売機でメニューを確認、上は「鶏SOBA塩」となっていたが今回は「つけSOBA」で券を購入することにした。

店の方に券を渡すと並と中盛りが同額とのこと、ならばと中盛りをお願いした。カウンターに着席、席はテーブルもあるようだ。ランチタイムはライスが無料らしい。でも麺の盛りを中にしたので無しにしときます。

結構待って「鶏つけSOBA中盛り」提供、そうか太麺なのか。コシのある太麺は風味の良いタイプ、ただのど越しはまずまずかな。

つけスープは動物系のコクとうまみある醤油のスープ、直接飲むと酸味も感じる。勝手に塩味を期待していたが、まあそりゃそうか。

鶏のチャーシューはさっくりした食感であった。穂先メンマは柔らかいタイプとなっている。

さすがに中盛りの麺は多めながらすぐに完食、店をあとにした。こちらは銀座のお店との関連を噂されるためそのときの味でのつけを期待したが、それならやはり「鶏SOBA塩」にすればもっと好みを感じられただろう。

到着=13:46 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系のうまみある醤油 お気に入り度=7

Ginnnanmenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

らーめん富嶽(金町)

訪問日=7月31日(水) 曇り

メニュー=富嶽らーめん

Fugakuramne

金町に出来た「らーめん富嶽」を訪問する。店内に入り券売機でメニューを確認、左上の大きいボタンは特製の模様、その下の「富嶽らーめん」で券を購入することにした。でもその差は100円、結構良心的かも。

カウンター席に着きらーめん到着までしばし待つ。暇なので券売機をもう一度見ると「らーめん」というボタンもあることに気がついた。550円か、安いなあ。

ちょっと待って「富嶽らーめん」提供、まずはスープを頂いてみる。動物系のコクとうまみがある醤油のスープ、ちょっととろみも感じる。味わいに家系を思い出す。

麺は中太で適度なコシ、最初ちょい柔らかめと思ったが、でも最後もそれ以上に柔らかいとは感じていない。これはこれでありかもしれない。

上にはキャベツやもやしが乗っているが、強めの食感のため正直なしでも良いかな。わかめは海草のかおりがかなりあり、そして溶けるような柔らかさ、これは必要ないなあ。

チャーシューは噛み応えがあり、濃いめの味ながらインパクトもあって好みであった。

そして完食、店をあとにした。券売機にあった「塩煮干しらーめん」が気になるかも。

到着=12:55 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=コクのある動物系醤油 お気に入り度=7

Fugakumenu

Fugakuteikyu

Fugakueigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月12日 (月)

老郷 宝町店(平塚)

訪問日=7月30日(火) 曇り

メニュー=タン麺

Raosyantanmen

用事で平塚にいたので帰りに「老郷本店」へ向かうことにした。おや?遠目に見てもやっているように見えない、またかあ・・・、最近の切れ味の鋭さたるやなんとも・・・。

店前に着くと張り紙がある。どうやらリニューアルらしい、とほほ。ただ店前に駅前店舗の案内があった。ではそちらへ向かうことにしよう。

駅前ロータリーに面した地下のお店、階段を降りると先客は無しであった。券売機でタン麺の券を購入してカウンター席に着席する。

目の前になぜか蛇口、コップがあったのでそこから水をいれることにした。さらに謎の回転レーンがある、こちらは前に回転寿司のお店があったのだろうか?

ちょい待って「タン麺」提供、お酢をかけてと店員さんに案内される。上にはたっぷりのわかめ、こんなに乗っているとはなあ。

さてまずはスープを頂いてみる、非常にあっさりした塩のスープ、そこに結構な酸味が効いている。おっとこの味でまだお酢を勧めるのか、なるほど。あっさりといってもうまみは十分感じられるスープであった。

麺は中太、あれ?なにこれかなり好み、柔らかめなコシの麺ながらもちもち感がある。啜り心地も良い。かなり好みの麺であった。

上のわかめは結構な海草のにおい、でも食べ進むとあまりに気にならず。そしてタマネギの食感がかなり良い。あとはメンマとなっている。

Raosyanrayu ある程度食べてからお酢を追加、酸味は強いがこの方が好みかも。ラー油も追加してみた。とても香ばしく辛みも結構あり、良いかも。

そして完食、スープもかなり飲んでしまった。麺は相当気に入ったが味にものすごい感動を覚えたわけではない。でも食べ終わることにはまた食べたくなっていたりもする。「老郷」、また機会があれば食べてみたい。

到着=20:55 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりした塩、酸味あり お気に入り度=7

Raosyanmenu

Raosyanjyaguchi

Raosyansusi

 

Raosyanhonten本店はリニューアルでやってなかった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月11日 (日)

背油煮干濃厚醤油どっかん(幡ヶ谷)

訪問日=7月28日(日) 曇り

メニュー=背脂煮干しつけ麺(並)

Dokantuke

「三代目狼煙」のあと、甲州街道向かいにある「背油煮干濃厚醤油どっかん」を訪問する。こちらは随分前に伺った「我武者羅」が、曜日限定で出していたらーめんを提供するお店らしい。「我武者羅」では頂いていなかったので楽しみにしていた。

歩道橋を渡りお店に侵入、店内の券売機を確認する。上は「らぁ麺」か、でもこの日二杯目は「つけ麺」な気分であったりする。券を買ってカウンター席に着席、おしぼりサービスがうれしいねえ。

ちょっと待って「背脂煮干しつけ麺」提供、まずは麺を頂いてみる。コシのある太麺はのど越しが良いタイプ、上にはもやしが乗っている。そのもやしの上には背脂も、この背脂を増して醤油をかければ、油そばとして頂けそう。

つけスープは、おおっと!煮干し強烈、動物系のうまみある醤油のスープは煮干しのうまみもがつんと効いている。インパクトのある味、とても好みのスープである。いやあこれはすごいねえ。

もやしもからめながら食べ進む。スープ内には角切りチャーシューあり、噛み応えがすごい。ほうれん草?と思ったら春菊、独特の苦みながら好きな食材のためこれはうれしい。メンマもくさみ無しで良い食感。

麺量はそこそこな感じなのですぐに完食、スープ割りもお願いした。割っても好みのスープ、かなり飲んでから店をあとにした。この日の2杯はとても満足できた。食べ歩きにはとても良い場所に二店舗がある。

到着=11:48 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=煮干しのうまみが強烈な醤油、背脂たっぷり お気に入り度=8

Dokanmenu

Dokanseabura

Dokaneigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月10日 (土)

【閉店】らーめんつけめん 三代目狼煙(幡ヶ谷)

訪問日=7月28日(日) 曇り

メニュー=らーめん

3norosiramen

幡ヶ谷の「らーめんつけめん 三代目狼煙」へ向かうことにした。北大宮にあるお店の支店、綾瀬のお店にも伺ったがもう三店舗目か、実は同じお店なら味もそう違わないだろうしいくか迷っていた。ただ近くに興味のあるらーめん店も出来たので連食狙いで訪問することにした。

お店は以前「麺屋 九秀」のあったところ、バイクを駅前の駐車場に停めてお店に向かう。店内に入り券売機でメニューを確認、左上はつけ麺か、でも今回の目当てはらーめんであったりする。濃厚もあるが普通の「らーめん」で券を購入した。

カウンターに着席、券をお渡しすると麺が太麺と細麺から選べるとのこと、迷ったが今回は細麺でお願いすることに。

らーめんはすぐに提供された。まずスープから、動物系のコクとうまみある醤油のスープ、そこに魚粉の味わいが加わる。濃厚な感じではなくさらっとしたスープ、でも味わいはとてもしっかりしている。おっとこれはかなり好みの味である。

麺はちょい細目でコシがあるタイプ、しっかりした噛み応えながら、ただ固い印象はない。この麺はスープもよく絡まる。麺と頂くとスープはさらに良い味に感じてしまった。いやあ好みのらーめんだなあ。

チャーシューは柔らかく箸で持つと崩れるような感じ。極太メンマは噛み応えがすごい、ちょい酸味も感じるがおかしくはない。

すっかり完食、スープも飲んでいく。刻みタマネギが入っているのだが、スープと頂くタマネギが良い。連食なのでスープはほどほどにと思っていたが、でもタマネギ目当てで結構飲んでしまった。満足して店をあとにした。これは多分つけ麺も良いに違いない。

到着=11:27 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=動物系のうまみと魚粉の味わいある醤油 お気に入り度=8

3norosimenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 9日 (金)

noodle ワインバル食堂 nico(秋葉原)

訪問日=7月27日(土) 曇り

メニュー=塩らーめん

Nicosiora

稲荷町にある喜多方らーめんのお店に向かうと、うっ、まさかの理由で臨休、最近切れ味が鋭すぎる・・・。急いで次のお店へ向かうことにした。

向かったのは秋葉原の「ワインバル食堂 nico」、先日まさかの理由で臨休だったお店である。再訪すると、良かったやってるよ・・・。

イタリアンな外観のお店、店前のメニューを見てから店内へ入る。カウンターに着席、テーブルも多数あるようだ。メニューを見ると左上がらーめんか、塩にしようと思ってたんだよなあ。結局最初の思い通り塩でお願いすることにした。ちなみに代金は先払いのようである。

ちょっと待って「塩らーめん」提供、まずはスープから頂いてみる。鶏のうまみを感じる白湯塩スープ、ややクリーミーで野菜のうまみもある。結構好きな味であった。

麺はちょい太めでかなりコシがある。最初固いかもと思ったが、食べ進むとこれくらいで問題ないと思えてきた。

干しエビが上に浮いているがスープに海老のかおりは特に無く、彩りとしてのトッピングかな。チャーシューは噛み応えがありながら脂身がジューシーであった。

ほかはレモンのみとトッピングはちょっと寂しい感じ、これでサヤエンドウとかでも乗ってれば彩りも良いだろう。レモンを絞ってちょっとさっぱり感を出して食べ進む。店の感じからたとえばトマトソースが別皿で注文出来たりすると味変出来て面白いかも。

するっと完食、先払いのためそのまま店をあとにした。店前メニューを見るとワイン飲み放題500円なんてのもあるのか(7月までと書いてあるけど)、こちらは飲みに来ても良い感じのお店かもしれない。

到着=13:53 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=鶏白湯塩スープ お気に入り度=7

Nicomenu1

Nicomenu2

Nicomenu3

Nicomenu4

 

 

Menyagenyasumi「喜多方食堂 麺や玄」は製麺所の機械トラブルという聞いたことのないトラブルで臨休であった。

 

 

 

 

Newcastlecurry ちなみ「ワインバル食堂 nico」あと、閉店したと思っていたら移転という(随分経ってだけど)したカレーの名店「ニューキャッスル」を訪問した。

今回は階段を下りた地下のお店、店内に入りカウンターに着席した。以前お店にいたおじさんはテーブル席でカレーを食べている。休憩だろうか?

カウンター向こうにいる若いお兄さんにカレーの「大森」を注文、すると男性なら「蒲田」、もしくは「蒲田」より多く「川崎」より少ないという「つん蒲」を勧められた。でも連食なので「蒲田」でお願いすることに。

すぐに提供、期待通り目玉焼きも乗ってるねえ。さて頂こう。コクがあり結構濃い目のカレーの味わい、十分な辛みはあるけれどきつすぎるほどではない。

野菜のうまみも感じるカレー、良いねえ。実は以前のお店の時にセロリのかおりがきつすぎることがあり、苦手な時もあった。今回はそういったものは無いかな。

ライスとカレーをばくばく頂く。途中目玉焼きを崩してマイルドな感じにもして食べ進む。

あっという間に完食、これはまた食べたくなる味である。お会計をして店をあとにした。今度は「川崎」を頼んでみようかな。

Newcastlemenu1

Newcastlemenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 8日 (木)

【移転】滝野川大勝軒(滝野川)

訪問日=7月25日(木) 曇り

メニュー=ラーメン

Takitaisyoramen2

「麺屋 こりん」のあとに予定していたのは新板橋駅近くの「あうる」というお店、でも営業していないじゃないか・・・。臨休?案内が無いので判断できない。

困った困った、そんな困ったときには「滝野川大勝軒」店内に入り券売機で購入したのは前回と同じ「ラーメン」であった。前のがちょっとあっさり味だったので確認したくなり。カウンター席に着席、それほど待たず「ラーメン」が提供された。まずはスープを頂いてみる。

動物系と魚介のうまみある醤油のスープ、好きな味だが、でも味を感じづらい。脂が多いのではないだろうか?あまり食べてない段階から口の周りがぺたぺたする。

麺は太くかなりコシがある。ちょい平たいタイプで好みの麺である。大勝軒は麺が楽しみで来てもいる。

チャーシューは噛み応えがあるタイプ、今回も何枚ものチャーシューが入っていた。甘めのメンマは慣れると欠かせないものと感じてしまう。そしてねぎが大量に入っているのもうれしいところであった。

最後の方でニンニクを入れたり醤油の入れてみたりしたが、やはり脂で味は感じづらい。

それでもすっかり完食、店をあとにした。また今度伺ってみよう。

到着=12:43 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=動物と魚介のうまみある醤油 お気に入り度=7

 

Auruyasumi「あうる」は営業していなかったが、この日たまたまだったのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 7日 (水)

麺屋 こりん(板橋本町)

訪問日=7月25日(木) 曇り

メニュー=醤油らーめん並盛

Korinramen

板橋本町駅近くにある「麺屋 こりん」というらーめん店を訪問、こちらは新店ではなく結構前から営業しているお店になる。12時開店だがそのちょい前に着くとすでに営業中の札が掛けられていた。

店内に入りカウンターに着席、醤油らーめんをお願いする。並と中盛りが同額、でも連食予定なので並でお願いした。おっと前払いですか、先に支払いを済ますことに。店内を見るとやはり開店直後だったのか先客は1名、ただ後には来客が続々とやってきている。

それほど待たず「醤油らーめん」提供、まずスープを頂いてみる。あっさりながら動物系のうまみと魚粉の味わいが効いた醤油のスープ、がつんとくるタイプではないが、でもバランスが良くとてもいい味、好きなスープであった。

麺は太めで適度なコシ、のど越しが良い。油断していたがこれは結構好きならーめんだなあ。

チャーシューは噛み応えも感じながら柔らかくもある。味も良し。のりにメンマ、半熟玉子半個もうれしい。

すっかり完食、スープもかなり飲んでしまった。近所にあれば結構伺ってしまいそうなこちら、つけ麺を頼む人も多かったが、そちらも良さそうな感じであった。

到着=11:57 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系のうまみある醤油 お気に入り度=7

Korineigyo

Korinmenu

Korinmenryo

Korinkanban

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

豚ラーメン(蕨)

訪問日=7月24日(水) 晴れ

メニュー=らーめん(野菜カラメ魚粉タマネギニンニク少な目)

Butararamen

以前伺ったことのある「豚ラーメン」を再訪する。前回の「カレー麺」がかなり気に入ったので通常らーめんが食べたくなっていた。店内に入り券売機で目当ての「らーめん」で券を購入、カウンターに着席する。

さてトッピングはどうしようか、魚粉やタマネギもあるようだ。ちょっと待ってトッピングコール、「ニンニク少な目で野菜カラメ魚粉タマネギで」とお願いした。すると店主氏から「ニンニク少な目のあとアブラ以外全部ですね」と再確認、まあそうですけど・・・。

こんもり野菜でらーめん提供、ただそれほど無茶な量ではない。まずスープを頂いてみる。動物系のコクとうまみある醤油のスープ、乳化がすごいスープである。十分なうまみを感じるスープ、とても好みの味であった。

麺は太く平たいタイプ、コシがありしっかりした食感でスープにもあっている。これは良い、通常らーめんもかなり好みの味であった。

野菜はもやしにキャベツ、ざくざくとした食感ながら、コシのある麺は歯ごたえのある野菜にも存在感を失わない。魚粉の風味も結構効く。

チャーシューは分厚いのが2枚、噛み応えがすごく肉のうまみも感じる。タマネギも食感が良くさっぱりした印象、ニンニクはやはり強烈だなあ、結構なかおりであった。

とても多い麺も最後まで飽きることなく完食、スープも結構飲んでしまう。とても満足して店をあとにした。今回店内に客はあまりいなかったが、でもここのらーめんは良い。また伺ってみたい。

到着=12:19 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=コクのある醤油 お気に入り度=8

Butaratoppi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 5日 (月)

つけ麺 Hero’s(越谷)

訪問日=7月21日(日) 曇り

メニュー=旨っ辛つけ麺中盛り

Heroskaratuke

「札幌みその」のあとは越谷駅近くに出来た「つけ麺 Hero’s」を訪問する。店内はすべてテーブル席のみ、着席しメニューを確認する。

今回は右上の「旨っ辛つけ麺中盛り」を注文、始めて来たお店で辛みを効かせたメニューを頼むのは珍しい。まあ売りのメニューっぽかったので。卓上には魚粉とタマネギが置かれている。辛味のほかに酸味と甘みも効いたスープのお店かな?

あれ?喫煙可能なの?その煙がすべてこちらにくる場所であった、厳しい。というわけで提供直前に席を替えてもらうことにした。

「旨っ辛つけ麺中盛り」提供、まずは麺を頂いてみる。コシのある麺はちょい太め、量は案外多いようである。

つけスープは確かに辛みの効いた醤油のスープ、そこに酸味と甘みも感じられる。うまみも十分、「やすべえ」のような味わいであった。チャーシューはスープ内に入っている。噛み応えがあるタイプであった。

そして完食、お会計に向かう。750円か、並700円くらいのメニューがあればありがたいのだが。まあ最初タバコの煙が厳しかったが、スープ自体は好きなつけ麺であった。

到着=12:05 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=辛み甘み酸味のある醤油 お気に入り度=6

Herosmenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

札幌みその 越谷店(蒲生)

訪問日=7月21日(日) 曇り

メニュー=味噌らーめんSP

Misonomisora

蒲生駅からちょっと歩く場所にある「札幌みその 越谷店」を訪問した。店に着くとかなり大きなお店の用である。店内に入りカウンター席に着席、テーブル席も多数あり。

メニューを確認、今回は「味噌らーめん」でお願いした。ピリ辛もやしが食べ放題、それを食べながららーめんを待つ。ただそれほど待った印象もなくらーめん提供、まずスープを頂いてみる。

あっさりながらコクとうまみをしっかり感じる味噌のスープ、味噌のきつさはないが、それほどすごい特徴がある感じではない。麺は中太で適度なコシ、風味は良いがのど越しはまずまずであった。

あれ?よく見るとトッピングが多いような?確認するとSPらしい。おかしいなあ、連食を考えているのでSPを頼むわけは無いんだけど。まあ今更もったいないのでそのまま頂くことに。

チャーシューは柔らかいタイプ、薫製のようなかおりがある。さすがにSP、チャーシューも多いね。卵も薫製のようなかおりがある。メンマはちょっとにおいがきつめ、久しぶりに残している。あとはもやしにタマネギ、麺と絡めて頂いてく。

完食してお会計をすると1000円超えであった。まあSPでも味は変わらないだろうし、良しとしよう。

到着=11:27 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりながらコクも感じる味噌 お気に入り度=6

Misonomoyasi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 3日 (土)

鶏王(秋葉原)

訪問日=7月20日(土) 曇り

メニュー=鶏王つけめん

Torioutuke

「もりずみキッチン」のあとは秋葉原に移動する。内装工事・・・、マジか・・・、「noodle ワインバル食堂 nico」はお休みであった。

それならば仕方ない、駅反対へ向かうことにした。以前酔っ払ったときに訪問し、そのせいであまり記憶が無い、という記憶のある「鶏王」が目当てである。

店内に入り券売機でメニューを確認、今回は「鶏王つけめん」で券を購入した。その後カウンター席に着席、しばし待つ。もやしが食べ放題なんだね、皿に取ってつけめんまでの場つなぎに。

ちょっと待って「鶏王つけめん」提供、麺の上に鶏もも肉がそのまま乗っているという豪快なメニューである。まずは麺を頂いてみる。

適度なコシの平打ち麺は太さが不均等、でもちょっとコシがないかなあ、柔らかい食感であった。

つけスープは鶏のうまみとかおりが強い白湯スープ、クリーミーな味わいでうまみもしっかりしている。ただ鶏のかおりが結構強い。仕方なくコショウを振ってかおりを抑える。スープはフライドオニオンのかおりも結構ある。

鶏ももは柔らかくいい味、ただこちらも鶏のかおりは結構ある、これは仕方ないかな。ここまでの鶏肉となれば食べ応えがある。キクラゲはそれほどこのメニューにあっているとは思えないがなんで入っているのだろう?

完食しスープ割りをお願いするとポットを渡された。このポットからのスープの出が良くなく、あまり出ないなあと思っていたら逆に多めに入れてしまった。

結構薄目味のスープをそこそこ飲んで店をあとにした。やはり普通のらーめんの方を再食したほうが良かったかも。

到着=13:06 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太平麺 スープ=鶏のうまみとにおいあるクリーミーな白湯スープ お気に入り度=6

Torioumenu

Torioumoyasi

Toriousetumei

 

 

Nicoyasumi nicoは内装工事でお休みであった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 2日 (金)

もりずみキッチン 東京ドームシティ ラクーア店(春日・水道橋)

訪問日=7月20日(土) 曇り

メニュー=特製醤油らぁ麺

Morizumiramen

昨年「ちゃぶ屋」倒産のニュースには驚いたなあ。そんな「ちゃぶ」屋の店主氏が復活のお店を出した模様、水道橋からそのお店「もりずみキッチン」がある「ラクーア」へと向かう。

お店到着、店内に入るとかなり広いお店、今回は奥のテーブル席に着席した。どうやらテーブル席が中心な席構成、ただし一部カウンター席も見受けられる。

メニューを確認し今回は「特製醤油らぁ麺」をお願いした。席は8割程度の埋まり具合、まあこれだけの席数ならばすごいことだ。そしてスタッフが多い。見える範囲だけで10人以上いる。

さてちょっと待って「特製醤油らぁ麺」提供、まずスープを頂いてみる。結構濃い味の醤油スープ、タレがびしっと効いた感じだがちょっと効き過ぎかもしれない。ただ好きな味であった。

麺は太く平たいタイプ、コシがあるというか結構固め、のど越しもまずまずかも。もう少し茹でてもらった方が好みかな。ちなみに麺は後半短いものばかりになってきた、なんでだろう?

チャーシューはでかいのが乗っている。噛み応えがあるタイプであった。メンマは細めながら食感が良くくさみもない。

するっと完食、お会計に向かう。あれ780円じゃないの?外税表記か、一応総額表記も下に小さくあるようであった。なるほどなあ。

到着=12:00 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=濃い味の醤油 お気に入り度=7

Morizumimenu1

Morizumimenu2

Morizumimenu3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 1日 (木)

めん徳 二代目つじ田 八重洲東京駅前店(日本橋)

訪問日=7月19日(金) 曇り

メニュー=つけめん

Tujitatuke

「麺処 才谷屋」のあとは日本橋へ移動した。お次は「つじ田」の新店を訪問、店前には並びが多数あり(10人くらい)。先に券を店内の券売機で買う必要があるらしい。というわけで店内へ入りメニューを確認、今回は「つけめん」で券を購入した。

その後店前の並びへ戻る際一気待ち客が中へ入っていった。結局待ちは3人だけになっている。その3人もすぐに店内へ、随分回転が良いお店だなあ。お店の方に券を渡してちょいと待つ。

あれ?後から来た人が店内へ入り先に座ってしまった。その後お店の方に注文を確認されたが、いや「二代目つけめん」でなく「つけめん」です。順番がおかしくなってしまったかな?待つほども無く店内へ入りカウンターに着席した。店内を眺めるとかなり席数が多いお店の様である。

ちょっと待って「つけめん」提供、結局順番飛ばしで先に入ったひとより早く提供された(その方はかなり不満そうであったが)。ちゃんと見ていてくれていたか、ありがたい。まずは麺から頂いてみる。

コシがありながらもちもちした食感の太麺、のど越しが良く麺を啜るのが気持ち良い。これは良いね、とても好みの麺である。

つけスープは動物系のコクとうまみ、魚介の味わいがバランス良く効いている。ちょい濃いめながら好みの味、粘度もありスープは麺にもよく絡む。「つじ田」のつけめんを久しぶり頂いたが、良いねえ。

チャーシューはスープ内に入っている。噛み応えがあるタイプであった。途中ですだちを麺に絞りかける。爽やかな酸味とかおりで心地よい。

すぐに完食、スープ割りをお願いする。飲みやすくなったスープも思わず完飲してしまった。満足して店を後にする。「つじ田」で久しぶりにらーめんも食べてみたいかも。今度どこかのお店にいってみようか。

到着=12:56 待ち時間=3分 行列=3人

麺=太麺 スープ=動物系と魚介のうまみある醤油 お気に入り度=8

Tujitamenu1

Tujitamenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »