« 鶏湯ラーメン ばふ。(武蔵小金井) | トップページ | 蒙古タンメン中本 本店(上板橋) »

2013年7月21日 (日)

まぜまぜ ムタヒロ(国分寺)

訪問日=7月10日(水) 晴れ

メニュー=まぜまぜ

Mazemutahiromaze

「鶏湯ラーメン ばふ。」のあとは国分寺に移動、以前「コクブンジ55」のあった場所にできた「まぜまぜ ムタヒロ」を訪問する、って「ムタヒロ」は国分寺に三店舗目かすごいねえ。

店内に入り券売機でメニューを確認、今回は大盛りも同額ながら並の「まぜまぜ」で券を購入した。席に着くと野菜増しが可能とのこと、迷ったが普通でお願いしている。ライスとスープも付けることが出来るらしい、ではお願いします。

食べ方指南を見ると食べ方は3千通りとのこと、まあトッピングを入れればいろいろ楽しめそうだが・・・。

それほど待たずまぜそば提供、上にはたっぷりのもやし乗っている。最初に麺を引っ張り出してそのまま頂いてみた。

コシのある太麺はもちもち感があるタイプ、そこに動物系のコクとうまみあるタレが絡んでいる。濃いめだがきつい感じはしないこの味わい、この時点でかなり好みを感じている。

Mazemutahiromazemazeさて混ぜて頂いてみよう。食べると魚介のうまみも口に広がる。おっ!さらに良くなった!そして普段もやしはらーめんに欲しない食材なのだが、でもこのもやしは普通のものよりかなり細く食感が素晴らしく良い。このまぜそばにもやしは逆に必要、野菜増ししたほうが良かったかなあ。

豚肉も良い味、肉のうまみをしっかりと感じる。刻みタマネギも辛み無く食感が良い。このまざそばはかなり好みを感じる。

さてスープをどうするか、あとでライスと丼に残ったタレで楽しみたいし。という訳でつけ麺のように麺をスープにつけて頂くことにした。魚介のうまみが効いたスープでさっぱり味で頂ける。うーん良い味だし楽しい。

Mazemutahirorice 後半ライスを丼に投入した。タレの絡むライス、残りの麺も一緒に口に放り込んでいく、いやあ楽しい。

そして最後にスープを丼に入れてラーメン茶漬け風、レンゲをもらって食べていく。これも良い味、いやあ楽しいなあ(写真は撮ったがあまり綺麗ではないので割愛)。これほど楽しいまぜそばはこれまで頂いたことがない。

味わい尽くして完食、店をあとにした。ほかにもまぜそばで感動するほど好きなお店はあったが、でもここほど楽しめたことはない。店の方の接客も明るくこちらまで楽しくなってしまう。とても感動したまぜそばを頂けたお店であった。

到着=12:53 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系のコクとうまみあるタレ お気に入り度=8

Mazemutahiromazekata

Mazemutahiroeigyo

|

« 鶏湯ラーメン ばふ。(武蔵小金井) | トップページ | 蒙古タンメン中本 本店(上板橋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/57836110

この記事へのトラックバック一覧です: まぜまぜ ムタヒロ(国分寺):

« 鶏湯ラーメン ばふ。(武蔵小金井) | トップページ | 蒙古タンメン中本 本店(上板橋) »