« 新宿わんたん麺(新宿:歌舞伎町:ゴールデン街) | トップページ | さしみや五坪(蒲田) »

2013年6月30日 (日)

【リニューアル】凪Noodle BAR(新宿:歌舞伎町)

訪問日=6月19日(水) 曇り

メニュー=つけ麺(300g)

Naginbartuke

「新宿わんたん麺」をあとにして歌舞伎町に出来た「凪」の新店へ向かう。「凪」はゴールデン街のお店もすぐ近くにあるし、西口には「ラーメン凪 煮干王 西新宿店」「ラーメン凪 炎のつけめん」もあるので新宿駅近辺に4店舗とはすごいことだ。これからも出店したりするのかな?別の形態ならいくらでも出せそうだけど。

ちなみに場所は映画館が集まるところの近く、といっても映画館で言うなら最近ちとさみしい感じ、実は昔この辺のボーリング場にはよく遊びに来ていたので思い出深いのだが・・・。

さてお店に着き、前にある券売機でメニューを確認する。当初「中華そば」を考えていたが、突如つけ麺が食べたくなりその券を購入した。券を握りしめて店内のカウンターに着席する。

Naginbarniku目の前には肉がぶら下がっているのだが、なんかすごいな。券を渡すと麺量の確認があった。200g・300g・400gとのこと、では真ん中の300gでお願いします。

それほど待たず「つけ麺(300g)」提供、まず麺を頂いてみる。コシのあるかなり太い麺は、でものどごしが良くもちもちした食感もある。太いのに固いわけではないこの麺、良い茹で加減だなあ、かなり好みの麺であった。そして平たい麺(一反もめん)が3枚、ぴろぴろと良い食感、スープも絡む。

つけスープは期待通り煮干しががつんと効いている。動物系のうまみも効いた濃い味の醤油、このスープはちょっと甘みも感じる。なんとも強力な味わい、力強い麺にしっかり対抗している。

でかくて分厚いチャーシューはローストポークのような風情、良い食感で肉の旨味もしっかり感じる。するすると食べ進んでいくが300gの麺は結構多い。いやこのつけ麺なら沢山頂きたいので、200gにしなくて良かった。

Naginbardonburiそして完食、丼の底には「我が煮干に一片の悔いなし」の文字がある。最後にスープ割りもお願いする。濃いめ味で返却ながら結局完飲、満足のもと店をあとにした。それにしてもここの「凪」もゴールデン街のお店と同じく24時間営業か、すごいな。このグループは相当攻めている感じがする。

到着=11:53 待ち時間=0分 行列=0人

麺=極太麺 スープ=煮干しのうまみ濃い醤油、甘みあり お気に入り度=8

Naginbarmenu

Naginbarkodawari

|

« 新宿わんたん麺(新宿:歌舞伎町:ゴールデン街) | トップページ | さしみや五坪(蒲田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/57690006

この記事へのトラックバック一覧です: 【リニューアル】凪Noodle BAR(新宿:歌舞伎町):

« 新宿わんたん麺(新宿:歌舞伎町:ゴールデン街) | トップページ | さしみや五坪(蒲田) »