« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月30日 (日)

【リニューアル】凪Noodle BAR(新宿:歌舞伎町)

訪問日=6月19日(水) 曇り

メニュー=つけ麺(300g)

Naginbartuke

「新宿わんたん麺」をあとにして歌舞伎町に出来た「凪」の新店へ向かう。「凪」はゴールデン街のお店もすぐ近くにあるし、西口には「ラーメン凪 煮干王 西新宿店」「ラーメン凪 炎のつけめん」もあるので新宿駅近辺に4店舗とはすごいことだ。これからも出店したりするのかな?別の形態ならいくらでも出せそうだけど。

ちなみに場所は映画館が集まるところの近く、といっても映画館で言うなら最近ちとさみしい感じ、実は昔この辺のボーリング場にはよく遊びに来ていたので思い出深いのだが・・・。

さてお店に着き、前にある券売機でメニューを確認する。当初「中華そば」を考えていたが、突如つけ麺が食べたくなりその券を購入した。券を握りしめて店内のカウンターに着席する。

Naginbarniku目の前には肉がぶら下がっているのだが、なんかすごいな。券を渡すと麺量の確認があった。200g・300g・400gとのこと、では真ん中の300gでお願いします。

それほど待たず「つけ麺(300g)」提供、まず麺を頂いてみる。コシのあるかなり太い麺は、でものどごしが良くもちもちした食感もある。太いのに固いわけではないこの麺、良い茹で加減だなあ、かなり好みの麺であった。そして平たい麺(一反もめん)が3枚、ぴろぴろと良い食感、スープも絡む。

つけスープは期待通り煮干しががつんと効いている。動物系のうまみも効いた濃い味の醤油、このスープはちょっと甘みも感じる。なんとも強力な味わい、力強い麺にしっかり対抗している。

でかくて分厚いチャーシューはローストポークのような風情、良い食感で肉の旨味もしっかり感じる。するすると食べ進んでいくが300gの麺は結構多い。いやこのつけ麺なら沢山頂きたいので、200gにしなくて良かった。

Naginbardonburiそして完食、丼の底には「我が煮干に一片の悔いなし」の文字がある。最後にスープ割りもお願いする。濃いめ味で返却ながら結局完飲、満足のもと店をあとにした。それにしてもここの「凪」もゴールデン街のお店と同じく24時間営業か、すごいな。このグループは相当攻めている感じがする。

到着=11:53 待ち時間=0分 行列=0人

麺=極太麺 スープ=煮干しのうまみ濃い醤油、甘みあり お気に入り度=8

Naginbarmenu

Naginbarkodawari

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月29日 (土)

新宿わんたん麺(新宿:歌舞伎町:ゴールデン街)

訪問日=6月19日(水) 曇り

メニュー=わんたん麺

Sinjyukuwantanmen

今回向かったお店は「新宿わんたん麺」が店名か、なにやら朝6時から営業している歌舞伎町のお店らしい。しかも昼過ぎには閉店するという、客層はどこらへんを狙っているのか気になるお店である。

お店はゴールデン街のなか、「ラーメン凪」の近くになる。今回昼飯にはちょっと早い時間にお店に入る。

店内は予想していたのだが飲みのお店って感じ、奥にはステージがありダーツ台もある。夜は別の営業で、朝は「新宿わんたん麺」という感じなのだろう。席はカウンターと大きいテーブル席がある。今回はテーブル席に座りわんたん麺をお願いした。

Sinjyukuwantanmenosinko しばらくすると麦茶、そしてかぶときゅうりの漬け物が提供された。ちとしょっぱめながらよく漬かって良い味、わんたん麺までの良いつなぎである。

おや?先ほどまで店内でくつろいでいた人達がステージでベースとギターを演奏している、なんだろう、すごいことになってきた。素敵な演奏を聴きながらしばし待つ。

しばらくして「わんたん麺」提供、まずスープを頂いてみる。とてもあっさりした醤油のスープは中華料理店のらーめんな感じ、でもあっさりながらじんわりくるうまみがある、これがとても好きな味であったりする。

麺はちょい細目で適度なコシ、案外量もあり、この時点で十分ならーめんであった。

このわんたん麺にはチャーシューはなく鶏肉が乗っている。周りはかりっと、中はジューシーな鶏肉、良い香りであった。肉ワンタンは皮の食感が良い。味玉も入っているが結構しょっぱめであった。

完食、スープは多いのである程度飲んでからお会計に向かう。800円は味と雰囲気で納得の価格、ちなみに営業時間について店主氏に話を聞くと、朝などは夜のお店終わりの人がくるとのこと。そして閉店は13時30分から14時くらいに締めるとのこと、まあこれもどこまであてになるか・・・。

雰囲気も含めてとても満足したわんたん麺のお店、歌舞伎町で朝まで飲んで、その後の締めというのも良いかもしれない。

到着=11:18 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=8

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月28日 (金)

らぁーめん家 69’N’ROLL ONE(赤坂見附)

訪問日=6月18日(火) 曇り

メニュー=2号らぁめん

6kun2gou

「中華そば さかいや」をあとにしてもう一軒赤坂に出来たお店へと足を向ける。なんと町田の「69’N’ROLL ONE」が赤坂に移転、とうとう都内にお店を出したか。店に着くと入り口が狭いお店、見た目小さめのお店に見える。ただ店内に入ると結構な広さであった。

さてまずは券売機でメニューを確認、来る前はつけ麺にするか汁麺にするか迷っていたが、結局つけ麺は発売前なので問題無しである。というわけで「2号らぁめん」を選択、店内に待ち客がいたのでその後ろに並ぶことに。ただそれほど待たず席に案内された。

今回のお店は厨房が奥の方にあり、ということは店主氏もその奥の厨房にいることになる。そうかあの正拳突き湯切りは見られないのか・・・。ちなみにこのためか店内には以前のようなぴりぴり感がなく、皆さん大きな声で話しながら食事をされている。

ちょっと待って「2号らぁめん」が提供された。まずはスープから頂いてみる。コクのある醤油のスープ、あれ?最初ちと味を感じづらい、ちょっと油が多めであった。混ぜて頂くと良い味わい、醤油のうまみをきりっと感じる、でもちと油が多めであった。

麺は細くコシがある。しなやかな食感と舌触りでスープも絡む、好みの麺であった。ただ麺は後半ちと柔らかくも、素早く頂くことにした。

チャーシューは噛み応えがあり良い味わい。鶏チャーシューはとても柔らかく味も優しい。穂先メンマも柔らかいが、かおりはそこそこかな。

するりと完食、スープも飲む。スープは後半の方が良い味に感じている。店をあとにしたが「69’N’ROLL ONE」ではまだつけ麺を頂いていない。いつか頂きたいものだ。

到着=12:49 待ち時間=6分 行列=6人

麺=細麺 スープ=コクのある醤油、油多め お気に入り度=8

6kunmenu1

6kunmenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月27日 (木)

中華そば さかいや(赤坂見附)

訪問日=6月18日(火) 曇り

メニュー=中華そば

Sakaiyasoba

赤坂見附駅かららーめんを求めてふらふら歩く。あれ?目的のお店はどこだろう?地図の場所に到着したがよく判らない。

住所を頼りにその区画をぐるぐる回り、はっ!ここか!という感じでらーめん屋さんに気がついた。一見らーめん屋さんには思えない、そんな「中華そば さかいや」の扉をくぐる。

店内は落ち着いた雰囲気、店の方に案内されて席に着いた。今回はカウンターに着席したがテーブル席も多数あるようだ。

メニューを確認すると麺メニューのほかにアルコールドリンクやつまみも多数あり、夜は飲みが主体のお店なんだろうな。

さてメニューを睨みつけて注文を考える。暑かったので「盛りそば」と迷ったが、でも「中華そば」でお願いすることにした。

結構待って「中華そば」提供、まずはスープを頂いてみる。かなりあっさりした醤油のスープ、魚介のうまみもあるがかなりあっさりしている。なんだかそばつゆのような感じも受けた。ただねぎが絡むと中華そばということを思い出す。

麺は細目でちぢれている、細いがコシがありスープも絡む。チャーシューは小さいが数枚あり、噛み応えがある。メンマはにおいがちと微妙かも、ただねぎがたっぷりなのは結構うれしい。

するっと完食してお会計に向かう。600円か、それなら十分だな。店をあとにしたが、「盛りそば」の方がもっと好みだったかなあ。

到着=12:28 待ち時間=3分 行列=0人(満席)

麺=中細ちぢれ麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=7

Sakaiyamenu1

Sakaiyamenu2

Sakaiyamenu3

Sakaiyamenu4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

漢のスタミナ系ラーメン すた麺 神田本店(小川町)

訪問日=6月17日(月) 晴れ

メニュー=すた麺+サービスライス

Sutamenramen

小川町からすた麺のお店「漢のスタミナ系ラーメン すた麺」へ向かう。丁度昼時だったためか店前には並びがある。

というわけでちょっと待って店内にはいり券売機で「すた麺」の券を購入、カウンターに着席した。席はテーブルもあるようだ。店の方に券を渡すとライスがサービスとのこと、ではお願いします。この日は結構暑い天気であったのだが、ただ店内も暑い、クーラープリーズ。

さてそれほど待たず「すた麺」提供、まずスープから頂いてみる。動物系のコクがあり甘みを感じる醤油のスープ、あまじょっぱいって感じであった。

Sutamenkaramiこれで卓上にある唐辛子とニンニクを入れればスタミナがつきそうなスープになりそうだ。スープにはタマネギとニラなども入っている。タマネギが甘くていいかも。

麺は太くかなり固めな印象、麺が固まり気味だったので麺を入れてからスープを入れているのかな?チャーシューは噛み応えも感じるがちょい脂身が多い。

途中で唐辛子を投入、でも案内にびびり一杯だけにしておいた。種が沢山はいった唐辛子は一杯でも結構辛くなる。

Sutamenrice それでもすぐに完食、最後はライスにタマネギとスープをかけて頂くことに。ただこのスープはそれほどライスとあわないような、まあサービスなので別にいいんだけど。

すっかり完食、店をあとにした。ちなみに出るころには汗だくである、もっと暑くなったらクーラーをつけるのかな。

到着=12:12 待ち時間=6分 行列=5人

麺=太麺 スープ=甘辛い醤油スープ お気に入り度=7

Sutamenmenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月25日 (火)

ajito ism(大井町)

訪問日=6月16日(日) 雨

メニュー=つけ麺じゃないロッソ

Ajitoismjyanairosso

池上から大井町に移動、先日伺ったばかりながら、その後すぐ近くに移転した「ajito(新店は「ajito ism」)」を訪問することにした。

お店に着いたが随分お洒落なお店だなあ。前のお店とはえらい違う。店内に入ると満席のためちと待つことに。以前に比べると席数もかなり多いようだ。

それほど待たずカウンターに着席したが、奥にはテーブル席もあるようであった。以前のお店も趣があったが、人気の店だしこれくらいの客数はあって当然だろうね。

ちなみに聞いた所によると前日土曜日はかなりの待ち客であった模様、まあこの日は雨が降っていたので狙い目だと思いましたし。そういえば横のお客さんは先週来たのにあまりの並びに断念した、と楽しそうに店主氏と話していた。

さて注文は「つけ麺じゃないロッソ」、ちょっと待って提供された。トマトのスープというよりトマトのソース、つけ麺のロッソと同じ様にさらさらなスープではない。

トマトのうまみが効いたソースはニンニクのかおりを感じる。この時点でもかなり好みの味、最初つけ麺のときよりトマトの酸味を感じると思ったが、ただ麺と頂くとマイルドに感じる。やはりこちらのロッソソースは満足感がかなり高い。

麺は非常にコシのある太麺、風味が良く独特な噛み応えが楽しい。厨房設備が変わるとこの食感も変わると思ったが健在であった。つけ麺だとどうなのかな?それはまた今度で。

つけ麺じゃないがこのロッソも良い、トマトを使った麺料理というのをしっかり感じる。タマネギの食感もスープにあう。

チャーシューは肉のうまみがあり、そしてかなりの噛み応え、それにしてもでかいなあ、非常に贅沢である。半熟玉子は柔らかい味、これは通常でも入っているのかな?やさしい味と食感がとても良い。

そして完食、ソースは麺に絡んで残り少ない。でも舐めるようにスプーンで掻きだしてソースも完食、お会計に向かう。お会計は奥様で、以前お会いしたことがあるのでご挨拶する。でも奥様にはまだステルスモードが効くかも、うひひ。

大変満足して店をあとにした。今度は久しぶりに「ピザそば」を頼んでみようか、久しぶりに「つけ麺」というのも気になるところである。

到着=12:11 待ち時間=3分 行列=0人(満席)

麺=太麺 スープ=ニンニクのかおりあるマイルドなトマトソース お気に入り度=10

Ajitoismmenu

Ajitoismeigyo

Ajitoismonegai

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年6月24日 (月)

鶏そば 小鳥(池上)

訪問日=6月16日(日) 雨

メニュー=濃厚鶏塩そば

Kotoritorisio

池上に出来たお店「鶏そば 小鳥」を訪問、店内に入り券売機でメニューを確認する。あっさりにするべきと頭では考えたが、でも上の「濃厚鶏塩そば」で券を購入した。

カウンターに着席、木のカウンターは温かみがある。それほど待たずらーめん提供、まずスープを頂いてみる。

鶏のうまみを感じる白湯塩スープ、あっさりながら鶏の味わいをしっかり感じる。ただ鶏のにおいも結構でている、最初正直苦手な感じであった。

麺は中太でコシがある。スープのにおいがなければ好きならーめん、途中でコショウを入れてみた。これでかなり良い感じになった。こうなると塩味がもうちょっとあるとさらに好みの味かもしれない。

鶏肉はちょいぱさつきもあり、こちらも鶏のかおりがある(スープからかな)。鶏そぼろはあまり麺に絡まないが、優しい良い味であった。ゆずの効いた唐辛子を投入、味変するとさらに好みの味になった。

そして完食、スープも結構飲んでいる。店を後にしたが、やはりあっさりの方がもっと好みの味であったかもしれない。

到着=11:25 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=鶏のうまみある白湯塩 お気に入り度=7

Kotorimenu

Kotorieigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月23日 (日)

麺Dining Number Nine 09(草加)

訪問日=6月15日(土) 曇り

メニュー=濃厚つけ麺

09tuke

「麺処 維響」のあとは草加に移動、市役所近くに出来た「麺Dining Number Nine 09」を訪問する。店に着くと前には並びが出来ていた、ご家族客も多い。というわけで結構待って店内に入り券売機でメニューを確認、左上の濃厚つけ麺で券を購入した。850円か、結構高いなあ。ちなみにメニューは油そばや濃厚らーめんもあるようだ。

その後カウンターに着席、そこからもかなり待って(17分後)つけ麺が提供された。まあ待つのは予想してたけどね。

まず麺を頂いてみる。かなりコシのある太麺、のどごしは結構良い方だが、もう少し茹でて良いかも。ちょい固めな印象であった。

つけスープはかなりどろどろな粘度あり、動物系のうまみと魚介の味わいが効いている。酸味も結構あり、個人的には酸味をもう少し抑えてもらいたい。ただ濃厚そうだがそこまできつくないのは野菜も入っているからだろう。といってもやはりどっぷり浸けると味は濃い。

スープ下にはタマネギが潜んでいた。最初辛みがあったのだが、熱が通り甘みに変わる。タマネギあると濃いめのスープも食べやすい。チャーシューというか肉の塊、これがすこぶる良い味、かなり好み、価値がある。

そして完食、スープ割りは無しで店をあとにした。まぜそばにしても良かったかな。

到着=12:45 待ち時間=15分 行列=7人

麺=太麺 スープ=動物系と魚介のうまみある濃厚な醤油、酸味もあり お気に入り度=7

09menu

09tuketabe

09mazetabe

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

麺処 維響(綾瀬)

訪問日=6月15日(土) 曇り

メニュー=維響拉麺

Ikyoramen

綾瀬に出来たお店「麺処 維響」を訪問する。店内に入り券売機でメニューを確認、左上は特製か、でも今回はその下の「維響拉麺」でお願いしよう。その後カウンターに着席、席はテーブルもあり。

ニューを見るとその豊富さに驚く、塩のほか醤油魚介魚貝、つけ麺に担々麺などもある。魚貝がかなり気になるかも、しまったか。

さてそれほど待たず「維響拉麺」提供、まずスープを頂いてみる。動物系のうまみが濃い醤油のスープ、味わいもかなり濃いめであった。動物系の独特のにおいもあり、豚と鶏の白湯ということだが、そうかこれも白湯になるのか。好きな味だが自分にはちょっと味が濃すぎるようだ。

麺は太くコシがある。固めの食感、好みの麺だがもう少し茹でてもらった方がさらに好みだろう。

チャーシューは脂身多めでちょっとしつこい。もやしはなくてもいいんだけどな。

そして完食、味が濃いのでスープはそこそこ飲んで店をあとにした。やはり魚貝塩の方が良かったか。

到着=11:58 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系のうまみある濃い味の醤油 お気に入り度=7

Ikyomenu1

Ikyomenu2

Ikyoheijitu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月21日 (金)

新橋 纏(新橋)

訪問日=6月14日(金) 曇り

メニュー=烏賊干し鶏白湯醤油そば

Matoitoriitka

夜の新橋で新しく出来たらーめん店を訪問する。場所は以前「ぶちうま」があったところ、いつの間にか「ぶちうま」は閉店してたのか、もう一回いっとけば良かった(あれ?「ぶちうま」って他の店も閉店なのか・・・)。

狭い路地を通り抜け、酔っぱらいをよけて「新橋 纏」の店内に入る。入り口の券売機でメニューを確認、売り切れボタンが多いような(あとで確認したら濃厚鶏つけ麺は一時販売休止らしい)。それでは「烏賊干し鶏白湯醤油そば」の券を購入してカウンターに着席した。

結構待ってらーめん提供、メニュー名にある食材がトッピングとして乗っている(鶏肉とイカゲソ)。

まずはスープを頂いてみる。おお!烏賊の味とかおりがする、そして鶏のうまみ、なるほどメニュー名に偽り無しである。最初驚いたが食べ進むと違和感がなくなった。濃いめの醤油味もあってかなり好みの味、面白いスープである。

麺はちょい細目でコシがあるタイプ、しっかりした食感でかなり好み。食べ進むと途中から子供の頃に食べていた豚骨醤油らーめんを思い出しながら食べていた。烏賊の香りは相変わらずあるんだけどね。

トッピングの鶏肉はあっさりした味でさっくりした食感となっている。イカゲソの煮付けはそのままの味、でもイカゲソ良いなあ。らーめんのトッピングでは見たことはないが、結構満足している。メンマもくさみ無く良い食感であった。

完食しスープもほぼ飲みきって店を後にした。面白いらーめんであった。ちなみに店の方は最初1人で、途中から3人になった。狭い厨房でそんなに、と思ったがオープン直後だからかな。またあとから来た2人のおしゃべりも気になった。さて今度は何を頼もうか、つけめんも面白そうである。

到着=22:00 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=烏賊と鶏のうまみある醤油 お気に入り度=7

Matoimenu

Matoieigyo

Matoikyusi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月20日 (木)

らーめん屋 市郎(川口)

訪問日=6月11日(火) 雨

メニュー=らーめん

Itiroramen

川口にまた新しいお店が出来たのか、といっても場所は以前「魚らん坂」のあったところである。店内に入り券売機でメニューを確認、左上の「らーめん」で券を購入した。

メニューはほかに塩らーめんやつけ麺もあるようだ。カウンター席に着き店の方に券を渡す、席はボックステーブル席もあり。

それほど待たずらーめん提供、まずスープを頂いてみる。あっさりした醤油のスープは、はっきりした味でうまみも感じる。最初どうかと思ったが途中でネギをからめて頂くと結構好みの味にも感じだした。

麺は細く適度なコシ、後半ちょっと柔らかくなってきたので素早く食べた方が良いかもしれない。チャーシューは噛み応えがあるタイプであった。そしてやはりねぎの食感がいい。

すぐに完食、店をあとにした。最近川口の新店が多いな、油断しないようにしないと。

到着=19:10 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

麺屋 扇 SEN(指扇・西大宮:遠い)

訪問日=6月9日(日) 晴れ

メニュー=塩らーめん

Sensio

「麺屋 GAKU」のあともバイクで移動、次のお店はどの駅からも遠い「麺屋 扇」であった。お店には駐車場あり、端の方に停めてお店に入る。

券売機でメニューを確認するとあっさりの塩とこってりの濃厚塩がある模様、あとはつけめんに塩煮干しというボタンもある。

ちなみに限定は丁度売り切れとなった様だが、頼む予定はなかったので問題なし。塩煮干しも迷ったが、今回は「塩らーめん」で券を購入した。

カウンターに着席、席はテーブルも用意されている。途中ちょっとトラブルがあった模様、というわけで提供は20分後であった。

まずスープを頂いてみる。あっさりながらスープのうまみがしっかりした塩のスープ、良い香りだなあ。どうやらトリュフオイルを使っているらしい。この日は塩らーめん二連食だが問題なし、こちらも納得の味で満足感が高い。

麺は細目でコシがある、風味も良くスープも良く絡まる。問題なく好みの塩らーめんである。チャーシューは柔らかくとても良い味であった。

あっという間に完食、連食でスープも多めなのに完飲してしまった。店をあとにしたがやはり埼玉にも良い店が多い、また別のお店を探りにいこう。

到着=11:47 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=あっさりした塩、香りが良い お気に入り度=8

Senmenu1_2

Senmenu2

Seneigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火)

麺屋 GAKU(上尾)

訪問日=6月9日(日) 晴れ

メニュー=鶏塩ら~めん

Gakutorisio

上尾に面白いお店があるらしく日曜日にバイクでそのお店へ向かうことに。道路が空いていたので予定より早く到着、お店はビルの中にあるようだ。

丁度開店準備をしているところで店の方と目があった。開店前ながら中に入れてもらえることに、ありがとうございます。

カウンターに着席、横の部屋にはテーブル席が多数有る。その部屋の奥には甲冑が置かれていた。横にはライフル、なんだこりゃ?あとで聞いたらオーナーの趣味らしい。ちなみに夜は「雪村」という焼鳥屋さんで昼だけらーめん屋として営業しているとのこと、なるほどそんな感じのお店である。

さて今回の注文は「鶏塩ら~めん」で、ちょっと待ってらーめんが提供された。まずはスープから頂いてみる。

おっとこのスープは!鶏のうまみが非常に濃い塩のスープ、くさみなどはなく力強い味わい、まさに鶏のスープである。これはかなり好みの味だなあ。

ちょい細めながら固め食感のストレート麺、このスープにあわせるのは面白い。でも結構気に入ってたりして。

チャーシューなどは無く鶏のほぐし肉が乗っている。これがスープにあっている。刻みタマネギも違和感無し。

するすると食べてしまい完食した。おもわずスープも完飲している。お会計をして店をあとにしたが、予想以上に満足できたらーめん、ほかのメニューも良さそうである。

到着=10:58(開店前) 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太ストレート麺 スープ=鶏のうまみ濃い塩 お気に入り度=8

Gakumenu1

Gakumenu2

Gakumenu3

Gakukatyu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月17日 (月)

ツケメンハネウマ(浜松町・大門)

訪問日=6月8日(土) 晴れ

メニュー=つけ麺並み

Haneumatuke

「らぁめん ほりうち」のあとは浜松町に移動してちょい歩く。目的の「ツケメンハネウマ」は川向こうであった。店内に入り券売機でメニューを確認、今回は「つけ麺」でいってみよう。

カウンターに着席し券を渡すと並と中盛りが同額とのこと、中盛りと迷ったが、この日はまだ病み上がりできついかも、というわけで並盛りでお願いしている。

結構待って「つけ麺並み」提供、まず麺を啜ってみる。コシのある太麺は喉ごしが良く風味も良い。ちと固めに感じるがそれほど違和感に思うほどではない。好みの麺であった。

つけスープは濃厚でどろどろ、ただよくある濃厚スープかというとそうではない。動物魚介の味わいもあるが、野菜の効いたベジポタって感じである。どろどろながら味わいは軽やか、粒々感のあるスープは舌触りも楽しい。ただ味がちと優しすぎるかな。

このスープは麺を勢いよくすするとスープがはねそうなので、慎重に食べていく。チャーシューはスープ内に入っており噛み応えがあるタイプであった。

並盛りの麺ながらそこそこの量、でもすぐに完食してスープ割りをお願いした。ある程度飲んで店をあとにする。「辛つけ麺」はどんな感じかな、それも面白そうな気がする。

到着=12:32 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=濃厚なつけスープ、ベジポタ お気に入り度=7

Haneumamenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

らぁめん ほりうち 新橋店(新橋)

訪問日=6月8日(土) 晴れ

メニュー=ラーメン

Horiutiramen

新宿にある「ほりうち」が新橋にもお店を出したらしい。場所は「大勝軒」の目の前である。店内に入り券売機でメニューを確認、そういえば「満来」系で普通のラーメンて食べたこと無いな、と思い「ラーメン」の券を購入した。その後カウンターに着席する。しまった左右がくちゃくちゃ食べる客か、厳しい。

さてそれほど待たず「ラーメン」提供、まずスープを頂いてみる。あっさりした醤油のスープ、うまみも十分感じられる。がつんとくるほどの味ではないが好きな味であった。

麺は中太でコシがある。のどごしも良く好みの麺、ただ麺を頂くとスープの味をあまり感じない。スープの絡みがよくないのか、湯切りが甘いからかもしれない。

チャーシューはでかいのが入っている。噛み応えはありながら柔らかい。ジューシーなお肉、良いね。途中でスープの味に物足りなさを感じたのでコショウを投入、これで少しインパクトが出た。

そして完食、店をあとにする。今度伺ったときにはチャーシュー麺にチャレンジしてみようかな。

到着=12:02 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=7

Horiutimenu

Horiutieigyo

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2013年6月15日 (土)

つけめん 麺吉(大塚)

訪問日=6月4日(火) 晴れ

メニュー=濃厚つけ麺大盛り

Menkitituke

「しょうゆらーめん 汐満」のあとは大塚駅近くのお店に移動する。「つけめん 麺吉」は店前にメニューがあるのだが、濃厚か、その文字にびびりながら店内へ入ることに。

カウンターに着席、ほかにテーブル席も結構ある。メニューを見ると中華そばもある模様、でも濃厚つけ麺でお願いすることにした。並・大盛り・特盛りが同額とのこと、では大盛りでお願いします。でもそれで780円なら、並み700円くらいがあるとうれしいなあ。中華そばは並み680円で大盛り780円か、それなら納得できるのに。

ちなみに店の方は一人で営業されているが、テーブルもあるこの形態ではきびしいのではないだろうか?というか前は居酒屋さんかな?そんな内装であった。来客は多数ありつねに満席近い客入りとなっている。やはりこれで一人は無理があるのでは?

ちょっと待って「濃厚つけ麺大盛り」提供、まず麺を頂いてみる。適度なコシの太麺は風味がとても良い。柔らかいと感じる数歩手前な食感、これが良い感じである。

つけスープは動物系のコクと魚介の風味とうまみが強くでた醤油のスープ、酸味はあるが強くないのでくどくない。ちょい甘みがあるかな、でもかなり好きな味であった。

チャーシューはスープ内に沈んでいる。独特な香りで、肉のうまみはしっかりと感じる。

やはり多めの麺であったがするすると食べてしまい完食、スープ割りもお願いする。かなり薄目で再提供、ゆずも入っている。ある程度飲んでお会計に向かう。会計までこなす手際の良い店主氏だが、それでも一人では提供間違いなど混乱もあるようだ。やはりもう一人くらいいたほうが良いのではないだろうか。

到着=12:31 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=コクのある濃い味の醤油 お気に入り度=7

Menkitimenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月14日 (金)

しょうゆらーめん 汐満(千駄木)

訪問日=6月4日(火) 晴れ

メニュー=しょうゆらーめん

Siomituramen

千駄木駅近くにあるらーめん店を訪問、店前の案内を見ると結構こだわっているお店なのかな。ただつけめんやってませんは逆に間違って入ってきそうな気がするんだけど。店内に入り券売機で左上の「しょうゆらーめん」で券を購入、カウンター席に着席した。

らーめんはすぐの提供、まずスープを頂いてみる。魚介のうまみある非常にあっさりした醤油のスープ、昆布のかおりはあるがくさみには感じない。すっきりした飲み口の醤油スープ、ただらーめんとしてのインパクトは弱いかも。脂感も薄いのでそばつゆのようにも感じる。

麺は細目でコシがある。熱々のスープをふーふー吹いたからか、スープはあまり乗っていない。

チャーシューは噛み応えがあるタイプ、肉の味わいなどは少ない。ねぎが強めの風味に感じたが、九条ねぎがたっぷり乗った限定らーめんは逆にインパクトが出て良さそうな気もした。

するりと完食、スープを頂いていく。すると下の方から干し貝柱が姿を現した。なるほどこういうのも味に加わっていたか。ただもうちょっと脂感も欲しい気がする。でも実はスープは飲み口が良く結構飲んでたりして。

ごちそうさまを伝えて店をあとにする。後半何かで味変できればもっと満足感の高まるらーめんかもしれない。

到着=12:00 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=非常にあっさりした醤油 お気に入り度=7

Siomitumenu

Siomitusetumei

Siomitueigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木)

ラーメン JAPAN 川口本店(川口)

訪問日=6月2日(日) 晴れ

メニュー=つけ麺大盛り(ニンニク少な目)

Japantuke

なぜか風邪を引いていた。頭にがんがんくる痛みは二日酔いか?それとも風邪のためか?さてそんな身体に気合いを入れるため近場でニンニクを摂取しにいくことにした。

再訪の「ラーメン JAPAN 川口本店」、店内の券売機でメニューを確認する。今回は「つけ麺」の券を購入、店の方に渡すと大盛りがサービスとのこと、思わずそれでお願いしてしまったがこの体調で大丈夫なのか?店内は満席のためちょっと待ってカウンター席に着席した。

それほど待たず「つけ麺大盛り」提供、トッピングコールはさすがにやりすぎはまずいと思い、ニンニク少なめでお願いした。まず麺から頂いてみる。

コシのある太麺はのどごしが良く麺の風味も良い、これはかなり好みの麺である。予想以上に好きなタイプであった。

つけスープはやはり動物系のコクが効いた濃いめの醤油スープ、うまみも十分効いている。結構濃い味ながらそれほどきつい感じではない。好きな味であった。

ヤサイはもやしが中心でキャベツも入っている。麺と絡めながら食べ進む。豚肉はかなり塩辛いタイプ、食感は良いが塩辛い、まあ風邪で汗をかいていたので丁度良いかも。

そしてのりがこのスープにあっている。目当てのニンニクもきめていく。ニンニクはもっと多くても良かったかな。

多めの麺も好みの味のためするすると食べ進み完食、店をあとにした。以前「ラーメン」を頂いたが、こちらはつけ麺の方が好みかもしれない。

到着=11:50 待ち時間=7分 行列=0人(満席)

麺=太麺 スープ=魚動物系のうまみある濃い味の醤油 お気に入り度=8

Japantabekata

Japanoomori

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月12日 (水)

立呑風太くん(阿佐ヶ谷)

訪問日=6月1日(土) 晴れ

というわけで阿佐谷麦酒道場を後にして阿佐ヶ谷の街を次のお店へと向かう一行、到着したのは「立呑風太くん」であった。

Fuutakanban

店前のドラム缶を囲んで2次会開始、ドラム缶の上に飲み物が並んでいきます。

Fuutadrink 
そういえばこの店にらーめん食べに来ようと思ったことあったなあ。夜営業なのでやめたんだっけ(前は昼営業がなかったっけ?)。

Fuutamenu

らーめんではなく焼き鳥が並んでいきます。おっ!しっかりした噛み応えの焼き鳥、味も良いねえ。

Fuutayakitori

話も盛り上がりますね。エロい話もあったような。眉毛の話が中心だった気もします。

こちらの店に登場の参加者もあり、久しぶりじゃないですか。なんか格好がガチムチですけど。

Fuutaramen

らーめんも注文、もう食べられてますが一応塩高菜ラーメンの写真を。あれ!このらーめんはかなり好みの味、いやこのスープうまいなあ。これは普通に一杯食べにきたい味でした。

Fuutamazesoba

油そばも注文、あら、これはさらに好みの味、酒のつまみにも最適です。ここのらーめん良いなあ、かなり気に入りました。

さて最近酒量を減らしていたためか後半お疲れ気味、というわけでまだ飲み足りない方々いるなか何人かで離脱することになりました。でも楽しかったなあ。またこういう飲み会があることを期待します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

阿佐谷麦酒道場(阿佐ヶ谷)

訪問日=6月1日(土) 晴れ

久しぶりにお会いするひとも含め、阿佐ヶ谷の自家製ビールが飲めるお店で飲み会である。

「阿佐谷麦酒道場」の店内に入るといきなりビールのタンクが目にはいる。ビール好きとしてはたまらない光景である。

まずは一階の受付で飲み放題のタグを貰って首にかける。それから2階に移動しテーブル席に陣を取った。

皆さん集まったところで各々好みのビールを店の方に注いでもらい再度テーブルに結集、それでは

カンパーイ!

Asabakubeer

つまみは所定の場所にあるのでそれを適当に取ってテーブルに置いていく。

Asabakutumami1_2

Asabakutumami2

サラダ?自分は脂っこいもの中心でつまみをあさる。

Asabakutable2_2

ビールが無くなっては席を立つ、注いでは戻るを繰り返す。ちなみにビールのジョッキは自分で洗う事もできるのだが、その洗う装置が気持ち良い。その装置にジョッキを押し付けると一瞬で洗浄してくれる。気持ち良い。

2階にもビールサーバーがあるのだが、1階にあるのが自家製の模様、ビールの種類をメモし忘れたがレモンの味がするビールが強烈、でもそれは最後に飲むほうが良いかも。そしてまたしても全種類飲んでしまった。

Asabakutumami4

鶏のから揚げうめーなあ

Asabakutumami3

Asabakutumami5

でぶまっしぐら(あっ、すでに・・・)

今回もいろんな話で盛り上がった。盛り上がったので飲み放題時間が終了したところで次のお店へ向かう事に

つづく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

麺 高はし(赤羽)

訪問日=6月1日(土) 晴れ

メニュー=半肉入りつけそば大盛+味玉

201306takahasi写真撮影断り必要

6月の「麺 高はし」を訪問、11時頃に到着すると店前はかなりの行列となっている。天気も良いからなあ、こりゃ結構待ちそうだ。というわけでかなり待って店内にはいりカウンターに着席した。

それほど待たず「半肉入りつけそば大盛+味玉」が提供、まず麺から頂いてみる。コシのある太麺はしっかりした食感である。風味も良し、いつもの麺にほっとする。

つけスープは今回ちょっとオイリーな感じ、でも魚介のうまみとコク、動物系の味わいがしっかりと味わえる。とてもバランスの良い味、かなりの納得感と満足感がある。チャーシューの噛み応えもしっかりと、贅沢だなあ。

後半にいつもの唐辛子と魚粉を麺にかけ、今回はついでにすりゴマもかけてみた。インパクトのある味わいになるがすりゴマはあまり生きてないかな。次回は唐辛子控えめで試してみよう。

最後にスープ割りを完飲して店をあとにした。外に出ても並びは多い。多分15人以上はいただろう。いまだ人気は衰えていないようだ。

ちなみに6月は、土曜日の休み無しで営業するらしい(日曜日定休日はあり)。

到着=11:00 待ち時間=32分 行列=14人

麺=太麺 スープ=魚介動物系の効いた醤油

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日)

麺者 服部(水道橋・神保町)

訪問日=5月31日(金) 晴れ

メニュー=らーめん

Hatoriramen なつきさんから映画の試写会に誘われ「インポッシブル」を鑑賞、すごい映画であった。スマトラ島沖地震の話しだが、やはり津波のシーンはきついものがある。でも最後まで見て良かったと思える内容であった。

ちなみに実話らしいけど、いろいろな出来事はすべて本当にあったことだろうか?迫力もすごかったけど、それらの出来事にも考えさせられるものがある。

さてその後は久しぶり訪問の「麺者 服部」へ向かうことになった。お店到着、券売機でメニューを確認する。なつきさんは限定の「四川担担麺」を選択、自分も限定を迷うが、でもかなり久しぶりなので「らーめん」を選択することにした。カウンター席に着き、ちょい待ってらーめんが提供された。

まずスープから、おお!これは!魚介のうまみが強く効いた味わい、結構濃いめの味ながらしつこくは感じない。非常に好みの味、久し振りすぎる訪問を後悔するほどの味であった。

麺はちょい細目でコシがある。しっかりした食感でスープも絡む。いやこのらーめんは良い。もっと早く再訪すれば良かったなあ。

チャーシューは噛み応えがあり肉の旨味をしっかり感じる。メンマもくさみなしであった。

Hatoritantanお裾分けで頂いた「四川担担麺」はしっかりした辛味と痺れのある担々スープ、挽き肉とねぎを絡めて麺を頂く。これも良いね。ちなみに食べているなつきさんはシャワーを浴びたような汗をかいている。

らーめんに戻りするすると食べ進んでいく。結局スープまで一気に完飲、かなり満足の味であった。店をあとにしたが、これはまたつけめんも食べてみたい。そして煮干しのらーめんも気になるなあ(限定だけど)。また伺おう。

到着=20:47 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=魚介の効いた濃い味の醤油味 お気に入り度=8

Hatorimenu1

Hatorimenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

麺の坊 砦(新横浜:ラーメン博物館)

訪問日=5月29日(水) 曇り

メニュー=ミニ砦ラーメン+砦のおむすび

Torideramen 「IKEMEN HOLLYWOOD」のあとは横にある「麺の坊 砦」に向かう。渋谷のお店には伺っているがこちらはまだ未訪であった。

店前には並びあり、しばらくして券売機で券を購入することに。今回は「ミニ砦ラーメン」と「砦のおむすび」を選択、実は「砦のおむすび」がかなり気になっていた。

それほど待たず店内に入りカウンターに着席、その後案外待ってラーメンが提供された。おむすびはそれから少しして。まずスープから頂いてみる。

コクのある豚骨スープは非常に深みのある味わい、いやこれはすごい、かなり好みのスープであった。ミニではなく普通のラーメンでも良かったか。

麺はとても細いタイプ、今回茹で加減はふつうでお願いしたがちょいかためくらいの食感で、それが丁度良い噛み応えであった。細麺のためスープがよくからむ。ちなみにミニラーメンは替え玉ができない。

チャーシューは薄めで噛み応えあり。もやしはしゃっきりした食感となっている。ミニながら満足感は高い。

Toridementaiすぐに完食、おむすびに取りかかる。明太マヨソースをつけて一口、おう!これは良い!マイルドな味となった明太のうまみが口の中に広がる。

ただ食べ進むと後半おむすびはくずれてしまった。これはどうやって食べるのが正解か?でもこのソースは持ち帰りしたいほどである。

スープも飲みながら完食、店をあとにした。ほかに伺いたいお店もあったが、とりあえずこの日は大満足二軒でラーメン博物館をあとにすることにした。

到着=11:17 待ち時間=5分 行列=6人

麺=極細麺 スープ=コクのある豚骨 お気に入り度=8

Toridemen

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年6月 7日 (金)

IKEMEN HOLLYWOOD(新横浜:ラーメン博物館)

訪問日=5月29日(水) 曇り

メニュー=ジョニーディップ

Ikemenjohnnydipオープンと同時にラーメン博物館に入り地下への階段を降りる。昭和な雰囲気を感じながら目的のお店「IKEMEN HOLLYWOOD」に到着した。こちらはアメリカからの逆輸入店舗らしい、さすがラー博は面白い。

お店の券売機を確認し、多分一番メインのメニューと思われる「ジョニーディップ」の券を購入した。ほかにも「ゴーストバスター」や「バックドラフト」といった気になるメニューがある。

店内に入りカウンターに着席、テーブル席も多数ある。店員さんはやはり日本のお店とは違う感じ、服装がかっこいい。結構待って「ジョニーディップ」提供、プレートの上に麺とスープの器が乗っている。

まず麺を頂いてみる。コシのある太麺はしっかりした食感、風味も良く好みの麺である。

つけスープは最初にかなりバジルのかおりを感じる。そして動物系のうまみもあり、ちょい甘みもあるがしつこいほどではないようだ。おや?好きな味、ちょっと予想外に良い印象であった。

スープ内にはミニトマトも入っている。チャーシューは薄切りでかなりしょっぱめであった。

するすると食べてしまい完食、いつも頂いているつけ麺とは印象がかなり違うが、とても好みの味であった。

そういえば麺の量はそれほどであったが、これで通常サイズならミニはどうなるのだろう。そう思って他のミニを頼んでいる人を見ると、多分3口くらいで食べれそうな量であった。通常サイズでよかった。

最後にスープ割りをお願いし、それも完飲して店を後にした。面白いつけ麺を頂けた。こうなるとやはりほかのメニューも気になってしまう。

到着=11:01 待ち時間=0分 行列=0人(一番客)

麺=太麺 スープ=動物系のうまみ、バジルが効いている お気に入り度=8

Ikemenmenu

Ikemenpork

Ikementoppi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木)

自家製麺 麺処 東行(南浦和)

訪問日=5月27日(月) 晴れ

メニュー=濃厚鶏つけ麺中盛り

Tokotuke 「鶏そば 三むら」のあとは南浦和に移動、「自家製麺 麺処 東行」を訪問する。店前メニューを見ると濃厚の文字がある、うーん。

濃厚の文字にびびりながら店内に入り券売機でメニューを再度確認、「濃厚鶏拉麺」と迷ったが今回は「濃厚鶏つけ麺」で券を購入することにした。

カウンター席に座り店の方に券を渡す。その際、並み200gと中盛り300gは同額との案内を受けた。では中盛りでお願いします。

結構待って「濃厚鶏つけ麺中盛り」提供、だいたい10分くらいだったな。まず麺を頂くことに。

コシのある、というかかなり固めの太麺、のど越しは良く風味も良い。でもちょっと固い印象が強い。

つけスープは鶏のうまみが濃いかなり濃厚なスープ、そして甘みが結構ある。ちょっと味が濃すぎかなあ、甘みもない方がもっと好きかもしれない。

赤いチャーシューはあっさり味で食感が良い。スープ内にはのりと、先ほどのとは別に薄切りチャーシューが入っている。こちらは赤くないが良い味であった。メンマは味がかなりしょっぱい。

麺の量が多く、後半ちと苦戦しながら完食して店をあとにした。やはり拉麺の方がもっと好みだったかもしれない。

到着=12:33 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=鶏のうまみある濃厚なスープ、甘みあり お気に入り度=6

Tokomenu

Tokosetumei

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

【移転】鶏そば 三むら(蕨)

訪問日=5月27日(月) 晴れ

メニュー=あっさり鶏塩そば+サービス鶏唐揚げ

Mimuratorisio以前コメントに頂いたお店を訪問する。「究極豚骨 豚野郎」は閉店、と思ったら浦和に移転か、好きな味だったので良かった。

店内に入り券売機でメニューを確認、濃厚もあるが今回はあっさりの「鶏塩そば」で券を購入した。ほかにまぜそばとつけそばがあるようだ。

カウンターに着席、券を渡すとから揚げをどうするかとたずねられた。サービスなの?ではお願いします(から揚げはオープニングサービスらしい)。うきうきしていたが、ただここから結構待つことに。

Mimuramenu_2かなり手際が良いのになぜかラーメンは一杯ずつの調理している。このため提供までにはかなり時間が掛かるようだ。ただ12時を過ぎて混雑しだしてからは2杯ずつの調理になった、なんでだろう?17分後に唐揚げ提供、その後「あっさり鶏塩そば」が提供された。

まずスープを頂いてみる。鶏のうまみが詰まった塩のスープ、あっさりながら味わいはしっかりしている。かなり好みの味、あっさりスープながら不足感を感じない。おっとこの味は良いじゃないか。

麺は中太でコシがある。風味も良くこのスープにあっている。かなり好みの塩らーめんである。ねぎの食感も良い。

鶏チャーシューというか鶏肉、食感はあるがやわらかく、ぱさつきなど感じない。これも良い。唐揚げもジューシーで贅沢、これが680円はかなりお得である。

ゆずコショウも追加、良い香りだなあ。ちょっとした刺激も感じられる。

納得して完食、スープもほぼ完飲して店をあとにした。提供がもっと早ければもっと満足感が高かっただろう。この日はなにか事情があったのかな?

到着=11:46 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=鶏のうまみがつまったあっさりした塩 お気に入り度=7

Mimuraeigyo

Mimurasyamo

Mimuratbs

Mimuratv

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2013年6月 4日 (火)

ジャンプ(一ノ割・春日部:遠い)

訪問日=5月26日(日) 晴れ

メニュー=ラーメン(ニンニク少な目・ネギ)

Jumpramen先日伺うも臨休だった「ジャンプ」を再訪する。考えていたよりも随分早くお店に到着、でも店前にはすでに並びが出来ていた。

しばし待つ、そして営業時間ちょうどに開店、待ち客が順に中に入っていく。自分の番となり券売機でメニューを確認、上は「小ラーメン(700円)」、次の段に「ラーメン(700円)」、うーん小にするべきかなあ。そうすれば連食できるかもしれないのだが・・・。でも結局「ラーメン」で券を購入した。ほかにメニューは「まぜそば」があるようだ。

赤いカウンターに着席、目の前にトッピングの案内が書かれている。粉(旨味調味料)というのもあるが、これは通常は入っていないのか?いやさらに入れるということだろう。

結構待って「ラーメン」提供、やはりかなりの量であった。ちなみにトッピングコールは「ニンニク少な目・ネギ」でお願いしている。

まずスープから、動物系のコクとうまみある濃い味の醤油スープ、うまみももちろん効いている。タレのきつい感じはなくとても好みの味であった。

麺は太くてコシがある。ただ固い感じではなく食感も良い。この麺は強めのスープにも負けていない。遠かった来て良かった。

ヤサイはもやしがたっぷり、キャベツも結構入っている。良い食感である。ねぎが入ると雰囲気が変わる、ただねぎは結構固めであまり食感は良くないようであった。

そして豚が良い味、噛み応えありながら柔らかくも感じる。ニンニクはやはり効くねえ、においも強烈であった。

そして完食、満足できる味であった。店をあとにしたが、後客は結構あるが並ぶまでいってない模様、まあまだ営業してすぐだからだろう。次回訪問時には「まぜそば」の注文を考えてみたい。ちなみに量も多かったのでこの日連食はやめておくことにした。

到着=11:11 待ち時間=21分 行列=5人(オープン前行列)

麺=太麺 スープ=濃い味の醤油 お気に入り度=8

Jumptoppi

Jumpeigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

魚介系 つけ麺・ラーメン おたけ(六町・竹ノ塚:遠い)

訪問日=5月25日(土) 晴れ

メニュー=つけ麺中盛り

Otaketuke 「麺工房 Sakura」から移動、駅からは結構遠いお店「魚介系 つけ麺・ラーメン おたけ」を訪問する。店内に入りカウンターに着席、席はテーブルもあり。

メニューを確認し、今回はつけ麺でお願いすることにした。麺は普通・中・大盛りが同額の模様、迷ったが今回は中盛りでお願います。ただ普通盛り700円くらいがあるとうれしいなあ。

厨房内にはご年輩の男性がいるのだが、結構テレビが気になるらしい。テレビを見てかなり笑っていた。

ちょっと待って「つけ麺中盛り」提供、コシがある中太麺はちぢれたタイプ、ラーメンにあいそうな麺である。中盛りの麺は結構量が多い。

つけスープはうまみのあるあっさりした醤油のスープ、強い個性のようなものはないが嫌いということはない。

チャーシューはくさみもなくチャーシューという感じであった。すぐに完食、やはり普通盛り700円くらいがあるといいのではないだろうか。完食後スープ割りをお願いし、ある程度飲んで終わりとした。

最後にお会計をして店をあとにする。やはり中華そばの方が良かったかな。

到着=13:27 待ち時間=2分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりした醤油、うまみあり お気に入り度=6

Otakemenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

麺工房 Sakura(金町)

訪問日=5月25日(土) 晴れ

メニュー=煮干しラーメン

Sakuranibosi金町駅近くに出来たお店「麺工房 Sakura」を訪問する。店内に入り券売機でメニューを確認、「中華そば」と「煮干しラーメン」があるのか、どちらにしよう?ちなみに「中華そば」は480円、安いなあ。結局「煮干しラーメン」の方で券を購入したが、それでも580円である。

店内は満席のためすぐには座れなかったが、でもすぐにあいてカウンターに着席した。目の前には広い厨房がある。その奥には製麺機も、自家製麺ということか。

それほど待たず「煮干しラーメン」提供、まずスープを頂いてみる。煮干しのうまみとかおりを感じる醤油味、スープのうまみも十分感じられる。とても好みの味、スープは濁っているが「永福町大勝軒」のような味であった。

麺は細目で適度なコシ、表面はあまりのど越しが良い感じではないが、でも食感も良くスープも絡む。これで580円か、十分以上の満足感である。

チャーシューは噛み応えがあるタイプ、メンマはそれほどの特徴はないかな。あとはゆで玉子が半個入っている。

あっという間に完食、連食予定なのにスープもほとんど飲んでしまった。最後に丼を上にあげ店をあとにした。こういうお店が自宅近くにあるとうれしいかもしれない。

到着=12:39 待ち時間=2分 行列=0人(満席)

麺=中細麺 スープ=煮干しのうまみある醤油 お気に入り度=8

Sakuramenu1

Sakuramenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

RamenDining JINGU(明治神宮前)

訪問日=5月19日(日) 晴れ

メニュー=つけ麺(細麺)

Jingutuke イベント会場をあとにして、近くにある「RamenDining JINGU」を再訪することにした。今回はつけ麺で券を購入、入り口近くのテーブル席に着席した。

券を渡すとつけ麺は太麺と細麺があるとのこと、つけ麺で細麺はいついらいだろう?思わず細麺でお願いしてしまった。

それほど待たず「つけ麺(細麺)」提供、まず麺を頂いてみる。コシのあるちょい細目の麺は、こりっとした噛み応えがある。ただ固い印象ではなく良い食感であった。久しぶりの細麺のつけ麺、こういうのをイメージしていたので結構うれしい。

つけスープは牛のスープ、クリーミーながら牛のうまみが詰まっている。しっかりした味わいで、酸味や甘みもないのでくどくない。そして一口目の香りがとても良かった。

コシのある麺は力強いスープにも負けていない。そしてねぎの食感も良かった。チャーシュー2種構は結構冷たい。牛はローストビーフって感じ、もう少し薄いか温かいと食べやすいかも。豚はスープで温めて頂く。

最後にスープ割りをお願いする。それも結構飲んで店をあとにした。今度はまたらーめんを頂きにこようかな。

到着=13:08 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=牛のうまみあるクリーミーなスープ お気に入り度=8

Jingumenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »