« 麺や 勝治(関内) | トップページ | 【閉店】ささりんどう(経堂) »

2013年3月31日 (日)

谷口食堂(新横浜:ラーメン博物館)

訪問日=3月16日(土) 晴れ

メニュー=鍋焼きラーメン

Tanigutinabera 「麺や 勝治」のあともう一軒頂くことにした。新横浜へ移動、久しぶりにラー博へと向かう。その途中うらちゃんさんとお会いしたりもする。ラー博のあと横浜高島屋に催事出店の「麺やBar 渦」へ向かうらしい、なるほど。気になるが4杯目はやめとこう。

さてラー博で入場料300円を支払い館内へ、一杯頂くための入場料である。地下フロアに降りて「谷口食堂」を目指す。こちらは鍋焼きラーメンの店、期間限定出店になるようだ。

店前の券売機で購入は「鍋焼きラーメン」の券、でも鍋焼きにもミニラーメンがあるのか、さすがラー博、ぶれてない。店内に入りカウンターに着席する。

先にたくあんの古づけが提供された。これをつまみながら待つべきだろうが、全部そろえて写真が撮りたいのでまだ食べない。

Tanigutinaberafutaそれほど待たず「鍋焼きラーメン」提供、蓋の付いた土鍋を開けるとふわっと湯気が立ち上る。まずスープを頂いてみる。

あっさりながら味わい濃い醤油のスープ、懐かしい感じのする味であった。でもちょっと味が濃いかな。ご飯と頂くなら丁度良いかもしれない。

麺は細めながらコシがものすごい。食感しっかりでスープもよく絡む。そしてやはり熱々、油断するとやけどしそうであった。かしわ肉の食感がかなり強い、良いねえ。ちくわとねぎもほっとする。

Tanigutisukiyakiちなみに生卵の食べ方については三通りの提案がある。今回は三つめで頂くことにした。蓋に卵を移動してすき焼き風に麺を絡めてみる。味わいもマイルドになり食べやすい。これはスープ内で混ぜても良い味だろう。

最後のほうで古づけをかじる。味が濃いめ、ご飯が欲しいがこれ以上はさすがにやめておこう。

そして完食、店をあとにした。やはりラー博は良いね。また行こう。

到着=14:10 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=あっさりながら味わいの濃い醤油 お気に入り度=7

Tanigutimenu

Tanigutitakuan

Tanigutiegg

|

« 麺や 勝治(関内) | トップページ | 【閉店】ささりんどう(経堂) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/57074495

この記事へのトラックバック一覧です: 谷口食堂(新横浜:ラーメン博物館):

« 麺や 勝治(関内) | トップページ | 【閉店】ささりんどう(経堂) »