« 鶏そば 威吹 阿佐ヶ谷本店(阿佐ヶ谷) | トップページ | つけめん102(川口) »

2013年2月17日 (日)

ぶたの旨味らーめん とんくる(笹塚)

訪問日=2月3日(日) 晴れ

メニュー=らーめん(かため、脂ふつう)+替玉(かため、高菜)

Tonkururamen 高円寺から笹塚に移動、甲州街道を渡り、商店街に入ってすぐくらいの場所にある「ぶたの旨味らーめん とんくる」を訪問する。なんともピンクな外観だねえ。こちらは「三ZEN」の移転とのこと、つまり豚骨らーめんのお店である。

店内にはいり券売機でメニューを確認、らーめんでお願いしよう。ほぼ満席の店内ながらわずかな空きに身を潜り込ませた。

券を渡した厨房内の女性は元気で丁寧な接客、そして素晴らしい笑顔であった。まだ食べていないのに楽しくなる。麺のかたさと脂が選択可能の模様、普段なら麺は普通でお願いするところだが、お勧めがかためらしい。接客が気に入っていたので信じることにした。

あまり待たずらーめん提供、まずスープを頂いてみる。あっさりながら豚骨のコクとうまみあるスープ、においは強くないがスープの満足感は高い。いやあ好みのスープだなあ。

麺はかなり細目、コシがありちょい固さはあるが丁度良い食感でスープもよく絡む。信じて良かった!そのままするすると食べ進む。

実はこの段階ではトッピングには手を出しておらずまだ麺しか頂いてない、好みのらーめんであったため予定にはなかった替玉をお願いしてしまう(ちなみに120円)。この替玉はねぎと高菜が選択可能との案内、では高菜でお願いします。

Tonkurukaedamaそれほど待たず替玉提供、スープにダイブさせると結構な量なんだねえ。スープを絡めて頂いていく。替玉しても好みのらーめん、いいね。

ここでトッピングを頂いてみる。チャーシューは噛み応えあるも柔らかさも感じる。うずらの味玉はちょい濃いめで風味が良い。替玉に乗っているだけながら辛子高菜で結構辛目な味わいになる。

Tonkurumayu前に置かれていたマー油も追加、香ばしい香りで良い風味に変化する。すぐに完食、追わずスープも飲みきってしまった。

ごちそうさまを伝えて店をあとにした。いやあ良いお店、心もお腹も満足感に包まれている。

到着=12:27 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=細麺 スープ=あっさりながらコクのある豚骨スープ お気に入り度=8

Tonkurumae

Tonkurumen

Tonkurumenu_2

Tonkurukodawari1

Tonkurukodawari2

Tonkurueigyo

|

« 鶏そば 威吹 阿佐ヶ谷本店(阿佐ヶ谷) | トップページ | つけめん102(川口) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/56785146

この記事へのトラックバック一覧です: ぶたの旨味らーめん とんくる(笹塚):

« 鶏そば 威吹 阿佐ヶ谷本店(阿佐ヶ谷) | トップページ | つけめん102(川口) »