« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木)

栄秀(新宿)

訪問日=2月11日(月)祝日 晴れ

メニュー=醤油ラーメン

Eisyuramen新宿の歌舞伎町で珍しく背脂ラーメンのお店に向かう。「栄秀」の店内に入り券売機でメニューを確認、押したボタンは「醤油ラーメン」であった。メニューはほかに塩ラーメンや味噌ラーメン、つけ麺なども選択できる。

その後カウンターに着席、背脂と麺の固さは調整ができるようだが今回は普通でお願いしている。

ちょっと待って「醤油ラーメン」提供、背脂で真っ白である。店の方からよく混ぜてとの案内あり、混ぜるとスープの色が黒くなった。

Eisyurmenmaze見た目通り濃い味の醤油スープ、きつい刺激でないのは背脂の効果か。コクがありうまみもあるスープは、なんだろう、かなり好みの味であった。なんだかはまる味だねえ。

麺は中太で適度なコシ、スープに合うが後半ちょっと柔らかくなってきた。固めで注文した方が良かったかな。ただおかしいほどではない。

たっぷりのねぎはざくざくとした食べ応えに存在感あり。チャーシューは噛み応えのあるタイプ、スープが絡み濃い味であった。メンマはちょい微妙だがスープの味に隠れるので問題はなし。ゆで卵半個の何気ない味にほっとする。

ずるっと完食、スープは次の店への影響を考えて飲むのはそこそこにしておいた。今回注文しなかったが、このラーメンにはライスがあいそうだなあ。

店をあとにしたが、こちらはしばらくすると無性に食べたくなる味かもしれない。そういえば「平太周(大崎広小路)」も随分いってないなあ。また食べてみたくなった。

到着=13:13 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=濃い味の醤油、背脂たっぷり お気に入り度=8

Eisyumenu

Eisyueigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

麺屋 十兵衛(大泉学園:遠い)

訪問日=2月10日(日) 晴れ

メニュー=和風つけめん中盛り

Jyubetuke保谷に来たならここでもう一軒いくべきか、悩むなあ。でも今回は再オープンした「麺屋 十兵衛」に向かうことにした。「十兵衛」は一度閉店の後に「康基」へとなり、その後で再オープンとなったお店である。

到着すると店前にはご家族客が一組、その後ろに並ぶことに。しばらくして店の方が出てきて先に注文、今回は和風のつけめんでお願いすることにした。麺の盛りも確認される。中盛りまで同額とのこと、ならば中盛りでお願いします。その後ちょっと待って店内に入りカウンターに着席した。ちなみに席はテーブルもある。

注文のつけ麺はちょっと待っての提供、まず麺を頂いてみる。コシはあるがちょっと柔らかくも感じる太麺、いや柔らかいのとはちょっと違うか、この麺に最適な茹で加減である。のど越しが良く舌触りが気持ちいい。柔らかいコシで適度な食感、いやこれは素晴らしい麺である。

つけスープは味わい濃いめながらあっさりなイメージもある醤油のスープ、コクがありうまみも十分であった。ちょいぴりっと辛みもくるこのスープ、ああ、良いなあ・・・。

麺が消えるようになくなっていく。これは連食でも大盛りにすれば良かった。噛み応えのあるチャーシュー、ナルトもうれしいなあ。

あっと言う間に完食した、というかしてしまった。最後に当然スープ割りをお願いする。店の方から和風と動物系の選択を迫られる。動物系の方でお願いします。

確かに動物系のうまみが強くなったスープ、温まったためか酸味もあるが、きつい感じではない。もちろん完飲、かなり満足した。

お会計をして店をあとにしたが、こちらにはまた是非伺いたい。

到着=12:58 待ち時間=9分 行列=4人

麺=太麺 スープ=コクのある醤油、辛みあり お気に入り度=8

Jyubemenu

Jyubemori

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月26日 (火)

INOSHOW(保谷)

訪問日=2月10日(日) 晴れ

メニュー=鶏と煮干の中華そば

Inoshowramen保谷でらーめんを頂く。今回のお店は「INOSHOW」、石神井公園にある「井の庄」の支店である。「井の庄」も随分行ってないなあ。

お店は駅すぐのところ、店内にはりカウンター席に着席する。店内は開放感のある明るく綺麗なお店であった。

さてメニューを確認、ウリは辛いつけ麺だろうと思いながら、連食に影響が出そうなので辛いのは回避して「鶏と煮干の中華そば」でお願いすることにした。

結構早くらーめん提供、まずスープを頂いてみる。コクのある醤油のスープ、煮干しのうまみも感じられる。味わいはしっかりしているがくどくない。かなり好みのスープ、一口でかなり気に入っている。思わず何口も飲んでしまった。

麺はちょい細目でコシがあるタイプ、すすり心地も良くスープも絡む。このらーめん良いねえ。

トッピングにはでっかいチャーシューが2枚、かなりの噛み応えで肉のうまみも十分に感じられる。ちょい味濃いめの太メンマは、メンマ自体にもうまみがある。これでビールを飲んでみたい。

すっかり完食し、スープもかなり飲んでしまう。実はカウンター上にあるスープ割りのスープもちょっと飲んでみた。動物系のうまみとかおりも結構あるスープ、これはこれでありだな。やはりつけめんも良いんだろう。

最後にお会計をして店をあとにした。今度「井の庄」の本店にも行ってみたくなったなあ。

到着=12:17 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=コクのある醤油 お気に入り度=8

Inoshowmenu1

Inoshowmenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

鶏王けいすけ 秋葉原店(秋葉原)

訪問日=2月9日(土) 晴れ

メニュー=鶏そば(鶏清湯)

この日は酔っていた。いや、この日も酔っていた。どれくらいかのことかと言えば何年ぶりかに食べたらーめんの写真を撮り忘れるくらいに酔っていた。

昼にイベント毎があり、その後、秋葉原の「四文屋」へ向かった訳である。入り口をはいり奥に進もうとすると呼び止める声があった。おっとsomenmanさんでは無いですか、どうもどうも。挨拶してその後カウンター席に着席した。

そこそこ記憶に問題がある程度に酒を飲む。ビールを飲む、梅割りも飲む、レバ冷製とか、焼き物とかを食べていく。

この店のすばらしいサービスは梅割りを3杯までで止められるということ(3杯までの制限あり)、ビールだけならここまでになることは無い。梅割りでもうふらふらである。でも無事お会計を済ませてから店をあとにする(記憶に薄いが)。

さて酒を飲んだらラーメンでしょう、ということで駅反対方向に歩き出した(確か)。

ワープである!気づくと「鶏王けいすけ」のカウンターに座っている訳である。

Torikeisuke1どうやらラーメンで無い写真は撮っているようだ。ここで力尽きたのかそのあとの写真は無い。携帯にメモが残っていた。「これを読む未来の自分に、確かに食べきっているよ」、正直よく覚えていない・・・。

そのほか味についてメモが残っている。ただ過去の自分は未来の自分を信用しているようだが、秋葉原に霞んで消えた過去の自分を信用できないので、これ以上は書かないことにしておこう。梅割り恐るべし。

その後いつの間にか自宅にたどり着いていた。やるな、過去の自分!

「鶏王けいすけ」はもう一回行かないとなあ。

到着=20:42 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=うまみのある鶏のスープ(メモから)

Torikeisuke2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

【閉店】まるもも食堂(末広町・秋葉原)

訪問日=2月9日(土) 晴れ

メニュー=丸桃らーめん

Marumomoramen 神田から秋葉原に移動、以前「つけ麺ダッシュ トリンピッグ」のあった場所に出来た「まるもも食堂」に向かう。こちらも「きびグループ」のお店なので閉店という感じでは無い。

お店到着、店内に入り券売機でメニューを確認する。左上の「丸桃らーめん」でお願いしよう。でも「にゅうにゅうらーめん」って何だろう?その後カウンターに着席した。

それほど待たずらーめん提供、まずスープを頂いてみる。透明なスープは煮干しのうまみを感じる味わい、喜多方ラーメンのような味に感じる。でもちょっと味が濃いかな。

麺は中太でかなり平たくちぢれている。面白い舌触り、最初戸惑ったが途中からはまりだす、この麺いいね、かなり気に入った。

そしてチャーシューがまた良い。噛み応えがあり、肉のうまみをしっかりと感じる。普通のらーめんなのだがでっかいチャーシューが4枚入っている。これはお得だなあ。

正直スープはものすごく好きという感じではないが、でも麺とチャーシューの満足感がものすごく高い。

すっかり完食、うーん良かった。店をあとにしたが実はまた食べたくなていたりする。

到着=11:37 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太平ちぢれ麺 スープ=コクのある醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

ほうきぼし 神田店(神田)

訪問日=2月9日(土) 晴れ

メニュー=濃厚鶏煮干つけ麺(200g)

Kandahoukibosituke神田駅を降りて名前の無いお店に向かう。臨時休業か・・・。では同じく神田で狙っていたもう一軒のお店へ向かうことにしよう。

「ほうきぼし」の神田店は以前「自家製麺 まんちんろう」のあった場所になる。「まんちんろう」は「ほうきぼし」店主氏のおとうさんがやっていたので、閉店という感じでもないのかな?

お店に到着すると時間はちょうど11時、でもまだ開いていない。前のメニューを見ていると後ろに人がどんどん集まってきたのでそのまま先頭で並ぶことにした。

Kandahoukibosimenuほどなくして開店、カウンター席に着席する。「ほうきぼし」は麺がとても好み、今回は麺を堪能するため「濃厚鶏煮干つけ麺」を200gでお願いすることにした。

厨房内では男性2名が調理中、しばらくして赤羽の女性店主氏がやってきた。いまはこっちにいるのかな?さてそれからかなり待って別の方の汁無しのあと「濃厚鶏煮干つけ麺」が提供された。ちなみにスープはレンジで温められているのでかなり熱い。

まず麺を頂いてみる。コシのある太麺はもっちり感があり、風味も良い。この麺を期待していた。やはり「ほうきぼし」は麺がとても好みである。

つけスープは鶏のうまみと煮干しの味わいが効いている。とろっととろみを感じるスープはちょっと味が濃いめかな。でもつけ麺なら大丈夫、好きな味であった。

スープ内のチャーシューは柔らかいタイプ、良い味である。あとメンマはさくっとした食感となっている。

結構多いと思った麺もすぐに完食、麺は300gにすればよかったなあ。スープ割りもお願いしてそれも完飲、最後にお会計して店をあとにした。

満足したつけめん、さて担々麺系は狙わないほうだが今度は「雪のたんたん」を頼んでみようかな。

到着=11:02 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系と煮干しのうまみある粘度のあるスープ お気に入り度=8

Kandahoukibosiyude

 

 

 

 

Yasumiこちらは名前のないお店の臨休案内、ちなみに後日訪問している。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

桜花(赤羽)

訪問日=2月8日(金) 晴れ

メニュー=ラーメン(しょう油)+生ビール

Oukarmen夜に赤羽のらーめん店に向かう。「桜花」は夜のみ営業のお店、久しぶりに酒を飲んでない状態の夜らーめんである。お店は駅からちょっと歩いた場所、営業時間は大丈夫だろうか?お店に到着すると、良かったやっている、扉を開けて店内に入りカウンターに着席した。

注文はラーメンで、夜なので生ビールもお願いしている。ビール提供、ぐいっと一口で半分頂いた。ふいーー。ラーメンもすぐの提供、まずはスープから。

あっさりした醤油のスープ、魚介のうまみも感じられる。最初かなりあっさりに感じたが、でも後半イメージが変わってくる。

麺は結構細いタイプ、適度なコシで食感も好み。チャーシューはかなりの噛み応え、しっかりした食感で満足感が高い。あとはメンマにのりとオーソドックスなトッピングであった。

そして麺を食べ終えスープを、あれ?なんだかとても良い味、味わいもしっかりしている。最初必要以上にあっさりに感じたのはもしやビールで舌を痺れさせたから?そして残りのビールを飲んでスープを飲むと、やはりかなりあっさりに感じてしまう。しまった・・・。

スープもかなり飲んでお会計、店をあとにしたが、こちらはもう一度伺ったほうが良いかもしれない。

到着=22:34 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=7

Oukabeer

Oukamenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

麺屋 紅(TX浅草)

訪問日=2月8日(金) 晴れ

メニュー=トマトラーメン 紅+サービスライス

Kurenaitomara 「麺流地 浅草 たいが」のあとはちょっと歩き、以前伺った場所のあとに出来た「麺屋 紅」を訪問した。店内に入り券売機で「トマトラーメン 紅」の券を購入した。

正直普段なら初めて来た店なので醤油らーめんや塩らーめんを選ぶところだが、でも店名がついたメニューがメインだろうと思いこちらを選んでいる。カウンター席に着席、ちょっと待ってらーめんが提供されてた。

酸味のあるトマトのスープ、バジルの香りが効いている。酸味はあるがきついわけではなくちゃんとトマトを使ったメニューとして味わえる。コクもありかなり好みの味であった。トマトラーメンは酸味だけが強すぎて、味わいに不満を持つことが多いのだが、こちらのスープにはかなり満足している。

麺は太めで平たいタイプ、コシがありスープも絡む。このラーメンいいね。ただ上のもやしが邪魔かも。たっぷりと乗ったもやしながら、このスープにはあってないような。水っぽく感じるし無しの方がありがたい。

ほかに鶏肉も乗っている。かなりしっかりした食感、スープにあう。うーん、もやしはずっと絡まるなあ、もやしなしで粉チーズがあればもっと好きなラーメンだろうなあ。

Kurenairice麺完食後、スープをライスの器に入れてみる。これも粉チーズがあればリゾットのようになるだろう。正直ライスにそのままのスープはあまりあわなかった。

完食、でも好みのトマトラーメンであった。出来るならば次回はもやし抜きで注文してみたい。

到着=13:49 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=バジルの効いた酸味のあるトマトスープ お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

麺流地 浅草 たいが(TX浅草)

訪問日=2月8日(金) 晴れ

メニュー=名古屋コーチン白湯ラーメン しお ランチサービス中盛り

Taigaramen_3つくばエクスプレス浅草駅近くの「麺流地 浅草 たいが」を訪問、ちなみに銀座線などの浅草駅からなら結構な距離になる。

店内にはいりカウンターに着席、メニューを見て「名古屋コーチン白湯ラーメン しお」でお願いした。ランチタイムサービスは中盛りでお願いしている。

それほど待たずらーめん提供、まずスープを頂いてみる。確かに鶏のコクと味わいの効いた白湯スープ、なんだか香ばしい香りも感じられる。うまみも感じるスープは鶏のくさみもなく好きな味であった。

麺はちょい細目で弾力がある。スープもよく絡むが後半ちょっと柔らかくなった。中盛りでなければ最後までのびなかったかな。ライスでも良かったか。チャーシューは厚めで、噛み応えもあるが柔らかくも感じる。

するっと完食、スープも結構飲んでいる。最後にお会計をして店をあとにした。もしかするとあっさりの方がもっと好みだったかもしれない。

到着=13:30 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=鶏のうまみある白湯スープ お気に入り度=7

Taigamenu1

Taigarice

Taigamenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

あぶり食堂 炭乃家 西小山店~【移転】ラーメンBAR

訪問日=2月7日(木) 晴れ

今回もアリスさん主催のらーめん好き飲み会に呼んで頂きました。

場所は西小山の「あぶり食堂 炭乃家」という焼き肉のお店、丁度良い頃合にお店に到着します。徐々に集まりだす参加者の皆さん、まずはビールでしょう。

それでは、オツカレサーーーン!

Aburibeer_2

すでにタレの準備は完了してます。まずはキムチやサラダ、チヂミなどが目の前に並べられていきました。このチヂミはチーズの味が良いねえ。

Aburikimuti_2

Aburikyabetu

Aburitidimi_2

そして並べられていくお肉な皿の数々、そういえば最近焼き肉って食べてなかったなあ。

Aburinegisio

ネギ塩のカルビにホルモン、それとカルビかな

Aburikarubihorumon_2

どんどん焼いてきましょう!

Aburiyaki

あ!うめえ、焼き肉うめえな。久しぶりなのでちょっと感動してます。

らーめんな話からそのほかの話まで、その間も飲み放題を良い事にビールをがぶ飲みします。

Aburiburebure_3

もうブレブレですな・・・。

Aburitehepero

てへぺろ!

いやあ、飲んだなあ。かなり飲んでもう遅い時間、でも締めを求める人達がいます。私もその人達です。

なぜか歩いて武蔵小山まで、案外近いもんですね。到着したのは以前サル番長さんのブログで見たことがるお店でした。

Ramenbar

まずはビールですよ、ここでもブレませんよ。写真はブレて使えないものばかりでしたが。

Ramenbarbeer

最後にどういうお店か出てきますが、メニューはいろいろあるわけです。そうですか、サル番長さんは前回はっちゃけたんですか、今回はおとなしいですね。

そういえばこちらのお店は、店が出来る前の段階で大崎さんが見つけていたと店主氏が仰ってました。するどい嗅覚だなあ。

Ramenbarmenu1

Ramenbarmenu2

なんだか他のお客さんと仲良くなったのは良いけど、背中をバンバン叩いてたような気がします。まあ気のせいでしょう。

おや?なんだか周りが騒がしいですね。横を見ると空間にモヤモヤが掛かっています。いや消火器が倒れるとは大変ですね。

Ramenbarkemuri

うーん、私の写真だと単に画質が悪いだけに見えてしまうなあ。

ちなみにこちらのお店はラーメンBARです。当然ラーメンがあるわけです。まずは細麺の方から

Ramenbarramehoso

あれ?なんでしょう?やたらとうまいんですが。味わい的にがっちりらーめんというかちょっとお茶漬けチックな感じがあります。そして麺がやたらと良いんです。あと岩のりの風味とねぎの食感も満足感が高いなあ。ちょっと油断してました。

Ramenbarrmenfuto

こちらは太麺、カツオオイルが入ります。このカツオオイルがかなり効果の高いものでした。もう足どりが酔拳状態なのに覚えているので間違いないです。

この辺だと思いますが携帯にメモを書いています。「ラーメンバーの店主カス焼け」、これなんだったけなあ?店主の声がなにかで焼けたってことだったと思うのですが・・・・。

そして店主氏です。

Ramenbartensyu

セクシーな美女が札をひらつかせながらオイルを持ってにっこり笑う、どうしたらいいんでしょうか?目と心を躍らせながらお会計を済ませました。

さて帰りましょう。ちなみにこの時間は電車が次々に最後の走りについているころです。当然地元川口までの電車は途中までしかありません。

最後のチャンスに賭けるため池袋までたどり着きました。そこからダッシュ、ありましたよ川口方面に向かう深夜バス、なんとか乗り込めました。無事発車したのは良いですが、危ない、寝過ごすところでした。でも川口駅前で下車、自宅に帰還を果たしました。

いやあ、いろいろありましたが今回も楽しめました。アリスさん、そしてサル番長さん、ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

つけめん102(川口)

訪問日=2月3日(日) 晴れ

メニュー=つけめん大盛り

102tuke日曜日にお外で飲む。さてそろそろ帰ろうかと地元に到着、締めは地元の「102」へ向かうことにした。店前の券売機で「つけめん(800円)」の券を購入、大盛りは無料らしい。その後店内カウンター席に着席する。

それほど待たず提供、まずは麺を。コシのある太麺は、いやコシというかかなり固めの食感、でものど越しは良い。まあこういう食感が好きな人も多いだろうな。でも個人的な好みとしてはちと固めという印象であった。

つけスープは動物系のコクと魚介のうまみあるスープ、マイルドな感じで味わいも十分、やはり好みの味だなあ。でも今回ちょっと変わった風味もあった。メンマが同じ様な風味なので、これの影響かな。そのメンマはしゃきしゃきした食感であった。

麺は多めながらなぜかあっと言う間に完食、麺の茹具合は好みとちょっとちがったが好みのつけ麺であった。店をあとにしたが、並700円くらいのメニューが正直欲しいんだよね。

到着=21:19 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系と魚介のうまみあるマイルドな醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

ぶたの旨味らーめん とんくる(笹塚)

訪問日=2月3日(日) 晴れ

メニュー=らーめん(かため、脂ふつう)+替玉(かため、高菜)

Tonkururamen 高円寺から笹塚に移動、甲州街道を渡り、商店街に入ってすぐくらいの場所にある「ぶたの旨味らーめん とんくる」を訪問する。なんともピンクな外観だねえ。こちらは「三ZEN」の移転とのこと、つまり豚骨らーめんのお店である。

店内にはいり券売機でメニューを確認、らーめんでお願いしよう。ほぼ満席の店内ながらわずかな空きに身を潜り込ませた。

券を渡した厨房内の女性は元気で丁寧な接客、そして素晴らしい笑顔であった。まだ食べていないのに楽しくなる。麺のかたさと脂が選択可能の模様、普段なら麺は普通でお願いするところだが、お勧めがかためらしい。接客が気に入っていたので信じることにした。

あまり待たずらーめん提供、まずスープを頂いてみる。あっさりながら豚骨のコクとうまみあるスープ、においは強くないがスープの満足感は高い。いやあ好みのスープだなあ。

麺はかなり細目、コシがありちょい固さはあるが丁度良い食感でスープもよく絡む。信じて良かった!そのままするすると食べ進む。

実はこの段階ではトッピングには手を出しておらずまだ麺しか頂いてない、好みのらーめんであったため予定にはなかった替玉をお願いしてしまう(ちなみに120円)。この替玉はねぎと高菜が選択可能との案内、では高菜でお願いします。

Tonkurukaedamaそれほど待たず替玉提供、スープにダイブさせると結構な量なんだねえ。スープを絡めて頂いていく。替玉しても好みのらーめん、いいね。

ここでトッピングを頂いてみる。チャーシューは噛み応えあるも柔らかさも感じる。うずらの味玉はちょい濃いめで風味が良い。替玉に乗っているだけながら辛子高菜で結構辛目な味わいになる。

Tonkurumayu前に置かれていたマー油も追加、香ばしい香りで良い風味に変化する。すぐに完食、追わずスープも飲みきってしまった。

ごちそうさまを伝えて店をあとにした。いやあ良いお店、心もお腹も満足感に包まれている。

到着=12:27 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=細麺 スープ=あっさりながらコクのある豚骨スープ お気に入り度=8

Tonkurumae

Tonkurumen

Tonkurumenu_2

Tonkurukodawari1

Tonkurukodawari2

Tonkurueigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

鶏そば 威吹 阿佐ヶ谷本店(阿佐ヶ谷)

訪問日=2月3日(日) 晴れ

メニュー=鶏そば

Ibukisoba阿佐ヶ谷到着、予定の店へ。あれ、どこだろう?印刷した地図を上に下に、南口出たところを探索していたが見つからない。結局見つかったお店は北口を出てすぐであった。

鶏そばのお店「鶏そば 威吹」は外観が結構派手な感じ、豚骨らーめんの店に似ているなあ。店内の券売機で購入は「鶏そば」で、500円となれば安いねえ。しかも替玉2玉まで無料らしい。カウンター席に着席、店内はほぼ満席であった。

ラーメンはすぐの提供、まずスープを、鶏のうまみある塩のスープ、うまみを感じる味わい、まあこれで500円なら十分ではないか。

麺は中太でちぢれている、適度なコシで食感はまずまず、スープはよく絡む。

上には3種のねぎ、揚げねぎというかねぎ油は香ばしく良い香り。白髪ねぎは食感良くスープにあう。青ねぎは最初風味強く感じたがスープで熱が入り風味も押さえられた。

鶏チャーシューは小さいが柔らかい食感、結構好みかも。タケノコのようなメンマはくさみ無し。

すぐに完食、周りはみなさん替玉を頼まれていたが、今回はそのまま店をあとにすることにした。こちらの店が本店と言うことは、今後店を増やす予定なのかな?

到着=11:46 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=中太麺 スープ=あっさりした塩 お気に入り度=7

Ibukimenu

Ibukispice

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

【閉店】かれー麺 実之和(西川口)

訪問日=2月2日(土) 晴れ

メニュー=かれー麺+サービスライス(少な目)

Minowakaremen 「麺 高はし」のあと、もう一軒いっちゃおうかな、なんて気がおきたわけで。西川口の駅からちょっと歩いた場所にある「かれー麺 実之和」、かれー麺のお店である。以前高田馬場のお店(その後移転閉店)に伺ったが、それから随分経ってしまった(六本木のお店に行こうとしたら定休日だったことも)。

店舗到着、店内にはいりテーブルに着席する。カウンターもあるがテーブル席が中心の席構成となっている。

メニューを確認、冷たいのにも心が動いたが今回は久しぶりに「かれー麺」でお願いすることにした。ランチタイムはライスがサービスの模様、少な目でお願いします。

それほど待たず「かれー麺」提供、まんまカレーが掛かっている。スープというかとろみ具合からいってもルーって感じ、スパイシーなスープでかなり塩分が効いている。ちょっとしょっぱいかなあ、少し甘みがあっても良いようにも思う。まあライスと頂くなら丁度良いか。

麺は太めでコシがある。結構固めの茹であがりながら強めのスープにはこれくらいの方がいいのだろう。

上にはゆで豚、カレーを絡め頂く。これとライスと抜群にあう。ほかに存在感のあるねぎ、スープの熱で食感が良くなる。

Minowakarerice完食し、お約束のライスにルーを掛けて頂いてみる。正直この方があうかも。ライスも完食、お会計をして店を後にした。つけめんも気になるところであった。

到着=13:27 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=カレースープ お気に入り度=7

Minowamenu1

Minowamenu2

Minowamenu3

Minowamenu4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

麺 高はし(赤羽)

訪問日=2月2日(土) 曇り

メニュー=半肉入りつけそば大盛+味玉

201302takahasituke写真撮影断り必要

土曜日早めの時間に「麺 高はし」を訪問、並びはもちろんある。ちょっと待って店内へ、カウンターに着席する。今回も店主氏から「おおもりー」の声で注文完了、それほど待たず提供された。麺多いねえ。

コシのある太麺はがっしりとした噛み応え、風味も良く安心の麺である。つけスープはまずは混ぜない上層の味でしばらく味わう。

あっさりながら動物系のコクとうまみ、魚介の風味と味わいを感じられる。今回図らずもメンマが一緒に口に入ったが、ちょい甘みもあるメンマはその味で麺が頂ける。

しばらく頂いてからスープを下から混ぜ込んでいく。味わいくっきり、今回ちょい甘みも感じる味であった。

チャーシューの噛み応え、香ばしく贅沢な味である。やはり良い、ここに来ると心がリセット出来る気がする。

麺は残り3分の1、ここで魚粉と唐辛子の出番、今回はスープに投入である。確かに味は変わるが麺に直接の方が効果は高いかもしれない。次回はやはり麺にかけようかな。

すっかり完食、丁度よく出てきたスープ割りで残りのスープも完飲した。満足、そして満足、ではまた来月。

ちなみに2月は11(月)祝が休みであった。

到着=10:50 待ち時間=16分 行列=7人

麺=太麺 スープ=魚介動物系の効いた醤油

201302takahasiyasumi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

麺屋 きころく(練馬)

訪問日=2月1日(金) 晴れ

メニュー=つけ麺(300g)

Kikorokutuke 「煮干し中華そば 三四郎」のあとは練馬に移動、駅からちょっと歩く場所にある「麺屋 きころく」を訪問する。

お店は建物奥の方にある模様、店内に入り券売機でメニューを確認する。左上がつけ麺か、じゃあそれにしよう。麺は200gと300gが同額、ならばと300gでお願いすることにした。

テーブル席に座ったが、片側がつぶれているので扱いはカウンターと同じ、ちなみにカウンター席もちゃんとある。

ちょっと待って「つけ麺(300g)」提供、かなりの極太麺である。上にはかつお節が乗っている。食感がっしりの麺はそれでも表面滑らか、風味も良く好みの麺であった。それにしても食感がすごいなあ。

つけスープはかなりのどろどろ具合、濃厚な動物系のスープながらでも特にくどくない。野菜のうまみもがあり、そしてかつお節の香りと味も混ざる。このつけ麺良いかも。スープを見たときは濃厚に飽き気味な身としては失敗かと思ったが、問題なしである。

スープ内にはチャーシュー、結構大きく噛み応えもあり。極太のためちょっと時間が掛かりながら完食、この時点でスープは残り少ない。迷ったがスープ割りをお願いした。予想していたが結構薄めで返却、それでも最後の締めには丁度良い。

店をあとにしたが、こちらでは汁麺も一度頂いてみたい。

到着=13:06 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=極太麺 スープ=濃厚ながらくどくない醤油 お気に入り度=7

Kikorokumenu

Kikorokumen

Kikorokueigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

煮干し中華そば 三四郎(江古田)

訪問日=2月1日(金) 晴れ

メニュー=煮干し中華そば

34rosoba江古田で煮干しのお店を訪問、以前「いちや」があった場所らしい(結局未訪だったけど)。店内に入り券売機でメニューを確認、「煮干し中華そば」にしようかな。券を買ってその後カウンター席に座る。

この時点で空きは一席のみ、人気があるんだねえ。ちなみに本日の煮干しは片口イワシですっきりらしい。煮干し度は5段階で1.5、以前伺った「中華ソバ 伊吹」を思い出す。

それほど待たず「煮干し中華そば」提供、煮干しのがっつり効いたスープは、いやいやこれで1.5だと5はどうなるのさ、でもかなり好みの味であった。スープは煮干しだけでなく動物系のうまみもあり。口に広がる味わいは濃い、良い味だなあ。

麺はちょい細目でコシというか固めな食感、どうも煮干しの効いたスープはこういう食感の麺が納得出来る。「伊藤」に影響され過ぎな自分がいる。でもそれがありがたい。

たっぷりのタマネギはちょっと辛みがあるのだが、熱で甘みに変わっていく、良い食感である。チャーシューは噛み応えが有り、肉のうまみもしっかりと感じる。

34ronibosiすっかり完食、迷ったがスープも完飲してしまった。店をあとにしたが、店前にある「煮干しの苦手な方はご遠慮ください」の文字が目に入った。店主氏も煮干し好きなのだろう。

到着=12:31 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=中細麺 スープ=煮干しの効いたスープ お気に入り度=8

34romenu

34roepron

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

【閉店】大勝軒まるいち(川口)

訪問日=1月29日(火) 晴れ

メニュー=つけめん

Kawamaru1tuke飲んだ後に地元で締めに向かう。久しぶり訪問の「大勝軒まるいち」、店前の券売機で購入は「つけめん」の券であった。

店内に入りカウンター席に着席、相当飲んで食べてしていたが、でもまだいける。

結構待って「つけめん」提供、結構な太麺はコシがありそれでいてのど越しも良い、良い麺である。久しぶりの訪問だがこの麺はうれしくなる。

つけスープは動物系のコクと魚介のうまみがあるが、いやあしょっぱいなあ、かなり味が濃い。酒の後だからだろうか?途方に暮れそうなしょっぱさであった。調整のため麺はスープにちょっとつける。量を調整すると好みの味であった。

チャーシューもスープで味が濃い感じである。一枚のチャーシューで麺をかなり頂ける。

それでもすっかり完食、味の濃さはあったが好みのつけ麺であった。

到着=22:58 待ち時間=0分 行列=0分

麺=太麺 スープ=超濃い味の醤油 お気に入り度=7

Kawamaru1menu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

らーめん えんや(王子)

訪問日=1月28日(月) 晴れ

メニュー=塩らーめん

Enyasio 前日伺えなかった「えんや」、この日飲んだ後に向かうことにした。王子で下車したが、閉店時間はどうなのか?良かったやっている。

店内の券売機でメニューを確認、醤油が気になるがもう一度「塩らーめん」で券を購入する。その後カウンターに着席、テーブル席には酔客がいてかなり盛り上がっていた。

さて結構待って「塩らーめん」提供、まずスープを頂いてみる。ばしっと味わいの決まった塩のスープ、スープのうまみが塩の味わいで引き立つ感じ、酒の後なのにインパクトがある。かなり好みの味であった。醤油と迷っていたが問題なし、いや醤油でも問題無しなのか。

麺は中太のストレート、しなやかなのど越しで風味も良い。茹で加減も丁度好みである。

チャーシューはちょい赤身が残っている。噛み応えがあるお肉、良い味だなあ。ローストビーフのような感じであった。早めに食べて正解である。穂先メンマも良い食感であった。

するすると食べてしまい完食、実はスープも完飲している。店をあとにしたがこちらには再度酒を飲んでないときに伺いたい。そういえばつけめんも食べてみたいなあ。

到着=22:34 待ち時間=0分 行列=0分

麺=中細麺 スープ=コクのある塩 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

【移転】滝野川大勝軒(王子)

訪問日=1月27日(日) 晴れ

メニュー=もりそば

Takitaisyomorisoba 「味噌麺 高樋兄弟」のあとはひとつ用事をこなしてからもう一軒でらーめんを考えた。王子の「えんや」を目指したが、なんという不定休、この日は営業していないようだ。

うーん、困ったときの「滝野川大勝軒」、でも営業時間はどうだろうか?とりあえずお店到着、おお!まだやっていた。店内に入り券売機で「もりそば」の券を購入、カウンターに着席する(ちなみにこのすぐあと準備中になった)。「もりそば」は即提供、茹であがったばかりらしい。

まず麺を頂いてみる。確かに伸びている感じではない。コシがありのど越しの良い太麺、結構平たいのだが前はここまで平たくなかったような?でもかなり好みの麺、この麺だけでも来た甲斐がある。

つけスープは動物系のコクとうまみある醤油のスープ、ちょい油は多めだがきついほどではない。酸味は控えめ、甘みもあるが最初それほど強くはなく、後半甘みが増したがスープのうまみでいやな甘さには感じない。このスープの味も良い。かなり好みのつけ麺である。

スープ内には大量のメンマ、ちょっと甘めのメンマはトッピング増ししたのかと思うほど量が多い。そしてチャーシューも大量に入っている。噛み応えのあるでっかい肉が4枚は入っていた。通常もりそばなのだが、相当なお得感である。

多めの麺もすっかり完食、満足して店をあとにした。こちらもちょくちょく伺いたいお店である。

到着=14:56 待ち時間=0分 行列=0分

麺=太平麺 スープ=動物系のコクとうまみある濃い味の醤油 お気に入り度=8

 

 

Enyaeigyoこちらは「えんや」の営業情報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高はし(赤羽)2月は11日が休み

201302takahasiyasumi記事化は先だけど休み情報だけ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

味噌麺 高樋兄弟(御徒町)

訪問日=1月27日(日) 晴れ

メニュー=味噌らー麺

Takahibrmisora御徒町駅で降りて、先日テレビに出ていた「味噌麺 高樋兄弟」を訪問することにした。珍しく味噌らーめん狙いである。お店は上野松坂屋の近く、店内に入り券売機で「味噌らー麺」の券を購入した。

カウンターに着席、まだお店はオープン間もない時間だが、かなりのお客さんが来店している。多分すぐ満席になるだろう。ちなみに麺の盛りは中盛りも同額の模様、ただ前日の酒がきつかったので並でお願いしている。

結構待ってらーめん提供、まずスープを頂いてみる。コクとうまみのある味噌のスープ、さらっとしたタイプであまり味噌が突出して主張していない。その方が好み、好きな味であった。

麺はかなり太いタイプ、コシがあり食感がっしりで結構なインパクトがある。

チャーシューは噛み応えがあり、肉の味わいをしっかり感じる。上にはもやしとねぎがたっぷり乗っている。太麺のためもやしの食感にも負けていない。そしてゴマもたっぷり、ただすりゴマの方が好みかも。

するすると食べ進み完食、スープも飲んでいく。最後の方はかなりショウガのかおりが感じられる。結局スープも結構飲んでから店をあとにした。味噌らーめんももっと食べに行こうかな。

到着=11:05 待ち時間=0分 行列=0分

麺=極太麺 スープ=コクとうまみある味噌のスープ お気に入り度=7

Takahibrmenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

六厘舎(大崎)

訪問日=1月26日(土) 晴れ

メニュー=つけ麺

6rinsyatuke「六厘舎」には一応指定時間の15分前に集まることになっている。ただ「らぁめん 響」のあとまだ時間があったので喫茶店で時間つぶし、頃合を見てお店に向かうことにした。

到着後、店舗横の待合室でしばし待つ。30分ころ番号順に店内へ案内されて着席、「つけ麺」はすぐに提供された。

まずは麺から、コシのある太麺は風味も良いタイプ、でも前とはかなり違う印象を受けた。以前は表面が滑らかで食べると喉が気持ちよかったが、茹で加減だろうか?まあ好みの麺ではある。

つけスープは動物系のコクと魚介のうまみあるスープ、バランスの良い味でマイルドにも感じる味であった。この味は問題なく好みである。

チャーシューは噛み応えがあり肉のうまみしっかり、非常に好みなので一口では食べずに二口に分けて頂いた。

そして完食、スープ割りもお願いしている。スープ割りの味が良いねえ。結局スープも完飲で店をあとにした。また今度伺いたいが、土曜日だけだからなあ。

到着=12:26 待ち時間=2時間8分(店舗待ち時間20分程) 行列=不明

麺=極太麺 スープ=動物系と魚介の効いた醤油 お気に入り度=8

6rinsyamenu

6rinsyaseiriken

6rinsyasetumei

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

【閉店】らぁめん 響(目黒)

訪問日=1月26日(土) 晴れ

メニュー=特製醤油ダレラーメン

Hibikiramen 久しぶりに大崎の「六厘舎」に向かうことにした。到着して店前で整理券をもらうと今回は14:30のロットらしい。さすがそれまでは待てないので一反離脱、目黒に移動することにした。

以前伺った「麺屋 航」のちょい先にできた「らぁめん 響」を訪問する。店内に入りカウンターに着席、メニューを見てさて何を頼もうかなあ。上が特製か、普通のはどれだろう?でもこれが普通のラーメンらしい。じゃあ「特製醤油ダレラーメン」をお願いします。ライスが無料らしいが連食なので断っている。

ちょっと待ってらーめん提供、その際におつまみもやしを勧められた。これを食べながら待てばよかったのか、しまった。

まずはスープ頂いてみる。コクのあるかなり濃い味の醤油スープ、個性的な味ながら、でも実はとても好みであったりする。うまみもあるがこのスープはライスにあいそう。

麺は適度なコシの中太麺、それほど太くない麺ながらこのスープにあっている。

上にはタマネギがたっぷり、スープで熱を通して食べて見る。良い食感で甘みも出ている。チャーシューは柔らかいが食感もあり、スープも絡み良い味であった。メンマはあっさりしたタイプで食感が良い。

するっと完食、タマネギを掬うついでにスープをかなり飲んでしまった。このらーめんならライスを頼んでも良かったなあ。最後にお会計をして店をあとにした。それにしても目黒は良い店が集まるもんだなあ。

到着=12:47 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=コクのある濃い味の醤油 お気に入り度=8

Hibikimenu1

Hibikimenu2

Hibikimoyasi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

佐賀ラーメン 美登里(TX浅草)

訪問日=1月24日(木) 晴れ

メニュー=味自慢ラーメン

Midoriramen 「イベリコ・バル 門仲」のあとは浅草に移動、訪問の「佐賀ラーメン 美登里」はTX(つくばエクスプレス)の浅草駅が近い。こちらは結構前のオープンで、行こう行こうと思いながら随分時が経ってしまった。

さて店舗到着、中にはいりカウンター席に着席、店内には結構な豚骨臭が漂っている。メニューを見て「味自慢ラーメン」を注文、それほど待たずラーメンが提供された。

あっさりした、ただスープのうまみも感じる味わい。正直最初はそれほどインパクトを感じなかった。

麺は細目で適度なコシ、しこっともちっとした食感でこの麺は相当好みである。そして麺と頂くとスープの味わいがかなり広がることに気がついた。突然すごく好みのらーめんになってしまう。いやこのらーめん良いよ!

チャーシューは薄いが噛み応えあり、このチャーシューもかなり好み、良い味だねえ。ねぎの食感も良し、のりは風味が強めであった。

すぐに完食、替玉は無いのか、でも満足した。スープもほとんど飲んでしまう。最後にお会計をして店をあとにした。店前のメニューを見ると「焼きちゃんぽん」なるメニューがあるらしい。これを頂きながらビールを飲んでみたい。

到着=13:37 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=あっさりした豚骨 お気に入り度=8

Midorimenu1

Midorimenu2

Midorimenu3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

イベリコ・バル 門仲(門前仲町)

訪問日=1月24日(木) 晴れ

メニュー=イベリコラーメン(しょうゆ)ランチセット

Iberikobarusyoyuスペイン料理のお店「イベリコ・バル 門仲」を訪問、こちらはランチタイムにラーメンが提供されている。店内に入りテーブル席に着席、カウンター席もあるがテーブル席が中心のお店のようだ。

ランチメニューはラーメンとスペインランチ、もちろんラーメンでお願いすることに。しょうゆとしおは迷ったが、今回は「イベリコラーメン(しょうゆ)」でお願いすることにした。

ちょっと待って先にライスが、すぐにラーメンも提供された。まずスープを頂いてみる。動物系のコクとうまみがある濃いめの醤油スープ、ちょい香ばしい風味がある。スペイン料理の店なので変わったのが出てくるかと想像していたが、思ったよりラーメンらしいラーメンな味わいかも。でも結構好きな味であった。

麺は細目でちぢれている。適度なコシながら、後半ちょっと柔らかくなった。

上のタマネギはちょい酸味がある。最初タマネギの辛み感じたが、スープの熱で辛みもなくなり良い食感になった。豚肉は脂身がとろとろで周りは香ばしい。ただ脂身がちょっと多いかな。この青いのはなんだろう?あれ?あまり香りを感じなかったが鼻がおかしいのかな。

ライスも頂く。柔らかい炊き込みな感じ、上に酸味のあるソースが掛かっている。ヨーグルトのような風味はちょっと苦手かも。

Iberikobarudesertすべて完食、スープもかなり飲んでしまう。実はデザート付き、そうかセットだったのか。サングリアのゼリーは甘酸っぱくねっとりした舌触り、いいね。でもスイーツだからとゆっくり味わって食べれないタイプ、一気に食べきってしまった。最後にお会計をして店をあとにした。

店を出て表のメニューを見るとしおが最初、そういえばランチメニューもしおの写真が載っていたっけ。そっちの方がもっと好みだったかもしれない。

到着=12:30 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=動物系のうまみある醤油 お気に入り度=7

Iberikobarumenu1

Iberikobarumenu2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

ボニート・ボニート(武蔵小山)

訪問日=1月20日(日) 晴れ

メニュー=正油あらびきらーめん+半じゃこめし

Boniboniarabiki 「麺処 鳴声」のあとは久しぶりに「ボニート・ボニート」を訪問する。店内に入ると待ちはなしの模様(ただしその後満席)、券売機で購入は「正油あらびきらーめん」と「半じゃこめし」であった。カウンターに着席、今回はそれほど待たず提供された。

鰹のうまみがびしっと効いたコクのある醤油のスープ、インパクトのある味わいながらでもしつこくはない。粗挽きスープはワイルドな味だなあ。ただくどくは感じていない。久しぶりながら良い味、でも前はちょい甘みを感じた様な、あらびきだと違うのかな?

麺はコシのある中太、ちぢれておりスープも良く絡まる。この麺も間違いない、好みのらーめんである。

チャーシューは分厚いのが2枚、噛み応えがしっかりしており肉のうまみを感じる。ここまで大きいチャーシューだとイメージとしてはチャーシューメンになる。

そしてタケノコが良い食感で香りも良い。実はわかめが良い。普段らーめんにわかめは敬遠するが、このわかめは海藻くささなどなくぬるぬるした柔らかさもない。そういうのが苦手なのだがしゃっきりした食感に好印象である。

半じゃこ飯も注文している。最初は一番最後にスープを掛けるべく残しておこうと思っていたが、でも一口食べるとしらすのかおりと味わいに感動、ほとんどそのまま頂いてしまった。ただ心に急ブレーキを掛けて一口分残すことに成功した。

Boniboniriceらーめん完食、スープを一口ライスにちょいと掛けて頂いてみる。このスープが飯にあうのは知っている、満足。残りのスープも粗挽きかつお節を噛むように飲み干した。

店をあとにしたがこちらはまた伺うべき店、今度は何を頂こうかなあ。

到着=12:14 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太ちぢれ麺 スープ=魚介の効いたコクの有る醤油 お気に入り度=9

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年2月 2日 (土)

麺処 鳴声(西馬込)

訪問日=1月20日(日) 晴れ

メニュー=鶏香る中華そば

Narukoesoba西馬込駅近くの「麺処 鳴声」を訪問、まずは店前の券売機でメニューを確認する。担担麺が上か、でも今回は「鶏香る中華そば」で券を購入することにした。

店内に入りカウンター席に着席、席はテーブルも用意されている。「鶏香る中華そば」はすぐの提供、まずスープから。

鶏のうまみ有るあっさりした塩のスープ、あっさりながらメニュー名通り鶏の香りとじんわり来るうまみがある。かなり好みの味、思わずスープを何口も飲んでしまった。

麺はちょい細目で適度なコシ、この麺も香りがとても良い。優しいうまみのある麺、このらーめん良いねえ。

鶏チャーシューは2種、柔らかい味わいで食感もさっくり柔らかい。もう一枚は照り焼き風、皮の味わいが良い。最初の鶏チャーシューは2枚あったのだが、もう一枚を食べるのが遅く熱を通しすぎた、しまったなあ。でも良い味には変わりない。

満足して完食、結局完飲してしまった。店をあとにしたがほかのメニューも気になるところ、担担麺はあまり狙わないが、ほかの方が食べていたのが相当うまそうだった。それも良さそうだなあ。

到着=11:33 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=鶏のうまみあるあっさりした塩 お気に入り度=8

Narukoemenu1

Narukoetantan

Narukoemenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

【閉店】べんてん(高田馬場)

訪問日=1月19日(土) 晴れ

メニュー=つけめん

 Bententukemen 「らぁ麺 やまぐち」のあとに向かうは正月にも伺っている「べんてん」、今回はつけめん狙いである。店前には当然の並びあり。雪というか固まった氷の上で待つことになった。ただ天気が良くそれほど寒くは感じない。

さて結構待って扉を開けて店内へ、入ってすぐのところでしばらく待機の後着席した。この日は店主氏がいない模様、若い男性と女性で営業されている。ちょい待って注文、「つけめん」でお願いします。

しばらく待っての提供、まず麺を頂いてみる。コシのある太麺はのど越しが非常に良くもちもち感もある、素晴らしい麺である。量は多いがこれなら問題なく食べてしまえるだろう。

つけスープは・・・、しょっぱー!コクのあるスープだがかなりタレが効いている印象、夏場汗をかいた時にでも頂きたい味かも。ただスープはべんてんの味なので好みは感じている。つける量を調整しながら食べ進む。

チャーシューは噛み応えがあり、ただ意識は味の濃さにいったりもする。でも麺はするするなくなっていく。まあたまにはこの濃さでも良いかな。

すぐに完食、スープ割りはやめておいた。店主氏がいるときにも麺の柔らかさで不満を待つときがある(味はあまりないけど)、まあこれは仕方ないことと考え次回に期待しよう。

到着=12:42 待ち時間=38分 行列=15人程度(メモ忘れ)

麺=太麺 スープ=コクの有るかなり濃い味の醤油 お気に入り度=8

Bentenbyte

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »