« UK龍旗信 - 胃袋掴味×えびすこ(駒沢大学:東京ラーメンショー) | トップページ | 琉球麺侍 -釜石ラーメンのれん会(駒沢大学:東京ラーメンショー) »

2012年11月 4日 (日)

徳島ラーメン 東大 - DiningBarRAGTIME×江ざわ×勝浦ビーチスタイル(駒沢大学:東京ラーメンショー)

期間限定イベントのため先出し

訪問日=11月3日(土)祝日 晴れ

「徳島ラーメン 東大」

メニュー=本場徳島の味 徳島ラーメン

Rasyotoudairamen三杯目は徳島の「東大」で徳島ラーメン、最近イベントなどで「東大」を見るが他の徳島ラーメンも見てみたいなあ。「三八」とか見てみたいが、無理だろうなあ。

さてこちらはかなりの並び、結構待つだろう。そう思っていたが実はかなり回転が良い。途中運営の方と店の方が話していたが1分間に六杯提供しているとのこと、なるほどかなり早めで「徳島ラーメン」を受け取った。

テント席に移動し、まずスープを飲んでみる。甘辛い豚骨醤油のスープ、ちょっととろみを感じるスープはすき焼きを思い出す味であった。

麺は細目でさくっとした食感、博多ラーメンのような麺だが徳島ラーメンってこうだっけ?徳島出身ながら最近ご無沙汰のためよく判らない。

上には甘辛い味付けの豚肉、これでご飯を三倍いける。ほかにはメンマ、玉子はオプションなのか。さすがに玉子はつければよかったなあ。

するっと完食、さてもう一杯いってみよう。

到着=12:42 待ち時間=17分 行列=140人以上

麺=細麺 スープ=甘辛い豚骨醤油

Rasyotoudai

 

 

 

 

「DiningBarRAGTIME×江ざわ×勝浦ビーチスタイル」

メニュー=勝浦タンタンメン(激辛)

Rasyokatuuratantan四杯目は勝浦タンタン麺を選択、こちらはそこそこの並びであった。勝浦タンタンメンは以前荻窪のお店で頂いて感激していたがこちらはどうだろう?

並びは進む。すると途中から下がレッドカーペットになった。勝浦タンタン麺はラー油の掛かったメニューのため、なんだかこれで期待が高まってしまう。

ブース前で店の方に辛さは五段階あるとの説明を受けた。勝浦の方が食べるのが一番辛いのくらいらしい。では一番辛いという「激辛」でお願いします。

「勝浦タンタンメン(激辛)」を受け取りテント席に移動した。でも場所がなかなか見つからず、途中ぶつけられて、手がラー油だらけなったりする。やっと座る場所を確保して、さて頂こうか。

まずスープを、と飲んでみたが丼に口を直につけてもラー油しか入ってこない。味は辛みのある油、つまりラー油である(そりゃそうだ)。

麺を食べよう。細い麺ながらこれがかなり伸びている。まあ席を探すのに時間が掛かったからなあ。すぐに食べれば印象はぐっと変わっていただろう。

スープの味はやはりあまり感じず、辛みはそれほど強くないかな。スープを味わうなら「ちょい辛」くらいが良いのかも。ラー油と一緒に入ったたまねぎの甘みが良い。底の方に挽き肉の存在も確認した。

そして完食、まだいけそうであったが、でもこの辺でやめておこう。最後に恒例のガリガリ君を頂いて会場を後にした。

到着=13:09 待ち時間=22分 行列=50人以上

麺=細麺 スープ=ラー油

Rasyokatuura

Rasyokatuuragazo

|

« UK龍旗信 - 胃袋掴味×えびすこ(駒沢大学:東京ラーメンショー) | トップページ | 琉球麺侍 -釜石ラーメンのれん会(駒沢大学:東京ラーメンショー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/56035433

この記事へのトラックバック一覧です: 徳島ラーメン 東大 - DiningBarRAGTIME×江ざわ×勝浦ビーチスタイル(駒沢大学:東京ラーメンショー):

« UK龍旗信 - 胃袋掴味×えびすこ(駒沢大学:東京ラーメンショー) | トップページ | 琉球麺侍 -釜石ラーメンのれん会(駒沢大学:東京ラーメンショー) »