« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

麺屋 鵡舎(大宮)

訪問日=11月20日(火) 晴れ

メニュー=鶏中華そば

Musyatorisoba大宮駅から向かったらーめん屋さんは駅から結構歩く場所、でも以前伺ったことのある場所であった。

店内に入り券売機でメニューを確認、濃厚と書かれたメニューもあるが今回は「鶏中華そば」の券を購入した。その後カウンターに着席する。うーん店内が結構蒸し暑いなあ。換気が悪いのだろうか?

それほど待たず「鶏中華そば」提供、まずスープを頂く。煮干しのうまみと風味を感じる醤油のスープ、動物系のコクもある。ちょい油が多めかな、でも問題なく好きな味であった。

麺はちょい細目、適度なコシで啜り心地も良い。ただしこれは最初の話で途中からかなり柔らかく感じる、難しい麺なのだろうか。

チャーシューは柔らかくとろっととろける。メンマはくさみ無く良い食感であった。ねぎは切れてないでっかいのがあったが、それ以外は良い食感である。

後半店の方から壷が提供された。ネギ油らしくらーめんに入れると焦がしネギの部分が香ばしい。ただもともと油が多めのなのでちょっとしつこくなった。

完食して店をあとにしたが、今回たまたま油や麺が気になっただけで、こちらは次に伺ったら印象が変わるお店かもしれない。

到着=11:54 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=煮干しと鶏のうまみある醤油 お気に入り度=7

Musyamenu

Musyakanban

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月29日 (木)

自家製麺くら(入谷)

訪問日=11月19日(月) 曇り

メニュー=醤油ラーメン

Kuraramn 「麺屋 御神本」から入谷駅を通り越し、以前試食会で訪問させて頂いたお店を再訪した。店前の看板には「塩ラーメン」の文字がある。今回は汁麺目当てであったりする。

店内に入り券売機を確認、あれ?醤油もあるのか、じゃそっちにしよう。大盛りも同額、って安いなあ。量が書かれておりあまり多くはないようなので大盛りの券で購入した。

カウンター席に着席、ちなみに後ろに貼られていたプロレスのポスターは一枚になっていた。代わって食べ方指南が貼られている。

それほど待たず「醤油ラーメン」提供、まずスープを頂く。あっさりでちょい甘みも感じる醤油のスープ、がつんと来る味ではないのだが、ただスープのうまみも十分でとても好みの味わいである。つけ麺とは随分印象が違う味、でもこれもまた良し。

多めの麺はコシがありちょい固めの印象、湯切りのためか最初スープがあまり絡まないような。ただそのうちスープも馴染んで良い具合になってきた。好みのらーめんである。

チャーシューは柔らかくちょいタレの効きが強めであった。ほかにトッピングがメンマ・ねぎ・のり・カイワレと一通り揃っている。これで600円とはかなり安い。

すっかり完食、スープもかなり飲んでしまった。店をあとにしたが、こうなると塩も一度食べてみたいなあ。

到着=13:31 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=あっさりした醤油、ちょい甘み お気に入り度=8

Kuramenu1

Kuramenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月28日 (水)

麺屋 御神本(鶯谷・入谷)

訪問日=11月19日(月) 曇り

メニュー=ラーメン

Mikimotoramen入谷のらーめん店「鶏だし中華そば 七麺鳥」を訪問、場所は鶯谷も近い。店に到着すると看板は「麺屋 御神本」になっている。あれ?そうなのか?

店内は満席、券売機で「ラーメン」の券を・・・、あれ?「鶏だし醤油らーめん」はどのボタンだろうか?写真はあるが「ラーメン」と書かれたボタンは値段が違う。とりあえず「ラーメン」の券を購入、店内満席のためしばらく待つ。

そんな中、券売機に書かれた案内に気がついた。こちらは日で店名が変わり提供するラーメンが変わる模様、しまったあ。ちなみにこの日は豚の日、まあ買ってしまったのでそのまま待とう。しばらくしてカウンター席に着席、それほど待たず「ラーメン」が提供された。

とろっととろみがあるスープは豚のうまみが濃い味わい、うまみも十分感じられる。最初間違ったことに後悔していたがでもこのスープはかなり好み、良いではないか。昔川口にあった「ぷーたん」という店の味を思い出した。

麺は太めでコシがある。食感しっかり、とろみのあるスープがよく絡む。

もやしもたっぷりはいっている。普段あまりもやしをらーめんに欲しない方だが、濃度のある濃いめのスープには丁度良い。チャーシューは柔らかくクセもない。このらーめんはかなり気に入っている。

そして完食、スープもかなり飲んでしまった。満足して店をあとにしたが、やはり鶏のらーめんも頂いてみたい。また別の日に伺うことにしよう。

到着=13:00 待ち時間=6分 行列=0人(満席)

麺=太麺 スープ=動物系のうまみ濃い醤油 お気に入り度=8

Mikimotomenu

Mikimotokokuti

Mikimotoschedule_2でも土曜をみると曜日で変わるという事ではないのかな?鶏のらーめんを頂きたいが、いつ行けばいいのやら・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火)

麺や 佐市(錦糸町)

訪問日=11月18日(日) 晴れ

メニュー=牡蠣醤油ラーメン

Saitikaki 先日伺うも麺切れ終了だったお店を再訪する。前回よりちょい早い時間に伺うと今回は問題なく営業中であった。

店内に入り券売機でメニューを確認、海老と牡蠣のらーめんがある。最近は海老のらーめんを食べる機会もが多いので、今回は牡蠣のらーめんを選択した。

カウンター席に着席、しばし待つ。ちなみに先客は無し、前回は麺切れなほどだったが日曜日のこの辺はこんな感じなのかな?

それほど待たず「牡蠣醤油ラーメン」提供、チャーシューは無しながら大ぶりの牡蠣が2つはいっている。

まずスープ、おう!牡蠣!牡蠣のかおりとうまみがあるスープ、クリーミーな味わいで確かに醤油も感じる。なんだろう、あまり食べたことのない味かも。でもおもしろい、最初戸惑いがあったがでも慣れると良い味、かなり気に入った。

麺はちょっと太めでちぢれている。のど越しが良いタイプではないが、スープもよく絡まる。このらーめん良いかも。

牡蠣は柔らかく海のかおりが鼻を抜ける。チャーシュー無しでも問題なし。刻みのりもスープの邪魔にならない。

Saitirice完食、そしてサービスライスにスープを入れて頂く。ただライスはこのスープにはあわないかも。ご飯も固めというか粘りがないもの、違った米ならば印象は違ったかな。

そうはいっても結局完食、スープもかなり飲んでから店をあとにした。やはり海老も気になるこちら、つけ麺は蟹なのか、それも良さそう。この店にはまた伺ってみたい。

到着=12:50 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太ちぢれ麺 スープ=牡蠣のうまみとかおりあるクリーミーな醤油 お気に入り度=8

Saitimenu1

Saitimenu2

Saitieigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

GANCON NOODLE(駒込)

訪問日=11月18日(日) 晴れ

メニュー=醤油ラーメン

Ganconramne当初夜営業のみだった「GANCON NOODLE」が昼の営業を開始されたらしい。というわけで駒込駅下車、お店は以前「麺処 としき」のあった場所であった。

店内に入り券売機を確認、今回は「醤油ラーメン」の券を購入している。カウンターに着席、それほど待たず「醤油ラーメン」が提供された。

まずスープ、あっさりながらとても香りの良いスープ、深いうまみが感じられる。醤油の具合がいいスープはいやな味わいが無い、とても好みの味である。

麺は細目、それでもコシがあり啜り心地も良い。スープもよく絡む。素晴らしいらーめん、お昼に食べても良いが夜お酒のあとに頂いても満足できるだろう。前夜に酒を飲んだ翌日の昼なので完璧である。

チャーシューは噛み応えがあり肉のうまみを感じる。もう一種チャーシューの付く「醤油ラーメン チャーシュー2種」というのがあったが、そちらを頼むべきだったなあ。メンマも食感がよくくさみも無し。

大変満足ならーめん、するするっと完食した。スープも飲んで残り数口で停止する。ごちそうさまを伝えて店をあとにしたが、いやあ最近は新店でもレベルの高い店が多いなあ。満足した、こちらのお店にはまた伺ってみたい。

到着=12:08 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=中細麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=8

Ganconkanban

Ganconmae

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

麺 高はし(赤羽)

訪問日=11月17日(土) 曇り

メニュー=半肉入りつけそば大盛+味玉

201211takahasi写真撮影断り必要

土曜日の「高はし」にリベンジ、今回は営業している。11時の到着では店前の並びはかなり多い。そして並んだ後にも来客続々であった。行列にはご夫婦・カップルも多いようである

結構待ってカウンター席に着席、それほど待たず「半肉入りつけそば大盛+味玉」が提供された。

コシのある太麺はしっかりした食感、麺の風味が鼻を抜ける。いつもの麺は納得の麺であった。

つけスープは今回混ぜなくても結構味わいが濃い感じ、動物系のコクとうまみ、魚介の風味と味わいがバランスよく効いている。タレの感じは強くないが味わいは濃いめ、こういう味も良い。

半肉チャーシューは噛み応え十分、肉のうまみを味わえる。味玉は黄身の粒を感じる舌触り、味も良し。

すぐに完食、スープ割りも完飲している。当然満足、店をあとにした。

ちなみに12月の休みはまだ貼りだされていなかった。多分年末になるだろうが油断は禁物、12月は早めにいって確かめようかな。

到着=11:01 待ち時間=25分 行列=13人

麺=太麺 スープ=魚介動物系の効いた醤油

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

【閉店】べんてん(高田馬場)

訪問日=11月16日(金) 晴れ

メニュー=焦がし塩ラーメン

Bentenkogasisio 「つけめん・らーめん 東京Mods」のあとに連食を考える。高田馬場だしね、ここはやはり「べんてん」だろう。店前には当然の並びあり、ただそれほど多くは無いようだ。でも結構待つ予感がする。結局30分近く待って店内に入った。

注文は最初「塩ラーメン」にしようと思っていたが、上に貼られたメニューに目がいってしまった。「焦がし塩ラーメン」「焦がし醤油ラーメン」「塩油そば」、焦がしの香りは苦手なはずなのに興味に負けて「焦がし塩ラーメン」をお願いすることに。

ちょっと待って「焦がし塩ラーメン」提供、塩ラーメンに揚げねぎが乗っている。でも塩ラーメンと違いショウガは無いのか。

まずスープ、揚げねぎの無いところは期待通りの塩のスープ、コクがありうまみも十分味わえる。結構甲殻系の風味とうまみも感じる味、口一杯に広がるスープのうまみがたまらんね。

麺はコシのある太麺、しっかりとした食感で風味も良い。さてそんなスープには揚げねぎの香りが加わる。過剰な焦がし臭ははなく適度な香りである。揚げねぎの味も良い。

チャーシューは柔らかいが食感もしっかり。甘めのメンマもほっとする。食べ進んでいくが連食で食べるには量がさすがに多く、後半ちと苦しむ。

そして完食、スープはすこし残してしまった。普通の「塩ラーメン」と今回のならばやはり普通のほうが好みだが、でも今回のも十分満足できる味であった。さて次回は何を頼もうかな。

到着=13:06 待ち時間=27分 行列=9人

麺=太麺 スープ=コクの有る塩味、揚げネギのかおり お気に入り度=9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

つけめん・らーめん 東京Mods(高田馬場)

訪問日=11月16日(金) 晴れ

メニュー=つけ麺(中)+味変 煮干つけ

Modstuke先日伺うもメンテナンス臨休だった「つけめん・らーめん 東京Mods」を再訪した。まずは店の端にある小さい券売機で券を購入することに。

このタイプの券売機は番号入力になる。横にあるメニュー表で内容を確認、つけ麺は並・中・大が同額か、でも800円は結構な値段だなあ。今回はつけ麺の中盛りで、しかも味変で煮干つけ(限定30食50円)も買ってしまった。

その後カウンター席に着席、結構狭い店内である。というかこちらは以前「高戸橋がんこ」のあった場所になる。席の後ろがすべて扉、季節が進むとさらに寒くなるだろう。

案内によるとスープ割りは2種から選べる模様(ベジ割とスープ割り)、あとで頼もう。ちなみにこの日の「ベジ」はトマト・セロリ・ニンジン・キャベツになるようだ。

ちょっと待って「つけ麺(中)+味変 煮干つけ」提供、まず麺を頂く。つるつるしたのど越しの良い太麺、コシがあり良い食感であった。かなり好みの麺、麺だけでもかなり満足している。

つけスープは動物系のうまみあり、そこに煮干しのかおりと味わいが効いている。とろりとしたスープは濃厚そうだがしつこくなく良い味、このスープも相当良い。

チャーシューはブロック状、柔らかく肉のうまみを感じる。メンマもくさみ無く良い食感であった。このつけ麺はいいね、色気を出して中盛りにしたが大盛りでも問題なかった。

Modssoup完食後、予定通りスープ割りをお願いした。もちろんベジ割りの方でお願いします。帰ってきたスープはセロリの香り強い感じ、あとはトマトの味が強めであった。

店主氏がお好みでコショウを入れてくださいと仰っていたので入れてみたが、確かにその方が味が締まって良いかも。でもスープが冷たいのは野菜ジュース状のスープを入れているのかな?

結局完飲、満足した。今回のつけ麺も満足したが、一度味変してないつけ麺も頂いてみたい。

到着=12:39 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=粘度のある動物系のうまみと煮干しの味わい お気に入り度=8

Modsmenu

Modskodawari

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

いぶし銀(町田)

訪問日=11月15日(木) 晴れ

メニュー=つけ麺・醤油味 並盛

Ibusigintuke 「圓」のあとはすぐ近くの「いぶし銀」を訪問、こちらは以前の「風来房」がリニューアルしたお店になるようだ。お店に到着するとこちらも煮干しがウリの模様、店内に入りカウンターに着席する。厨房内のご主人は以前と同じ方と思われる。

メニューを見ると沢山のらーめんメニューが目に入る。ただおすすめは3品、かなり気になるメニューである。でも「風来房」のときに結構好きだったつけ麺を食べてみたい。というわけで今回は「つけ麺・醤油味」の並盛りでお願いした。

それほど待たず「つけ麺・醤油味」、「風来房」と同じく美しい盛りつけである。まず麺を頂いてみる。

コシのある太麺は独特な噛み応え、ただ固すぎずでも柔らかい訳でもない。風味も良く好みの麺であった。

つけスープは上にはあげ玉入っている。これが入ると香りが蕎麦っぽい感じになる。そのスープはあっさりながら味わいは濃いめの醤油のスープ、酸味甘み辛みなどはない。なんと潔いつけスープ、結構気に入っている。ただ人によっては物足らないと感じるかもしれない。

チャーシューは大きめで噛み応えあり、肉のうまみを感じる。味玉半個は「圓」に続いてうれしいトッピング、これで丸一個食べたことになるな。

途中でレモンを麺に絞りかける。爽やかな酸味を纏わせ食べ進む。そして完食、スープ割りも飲みきってしまう。

最後にお会計して店をあとにした。さすがにスープ完飲2杯なのでもう一軒はやめておこう。でもやはり町田は良い店が多い。ほかのお店にまた伺いたい。

到着=12:58 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=8

Ibusiginmenu1

Ibusiginmenu2

Ibusiginmenu3

Ibusiginmenu4

Ibusiginmenu5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

煮干鰮らーめん 圓 町田店(町田)

訪問日=11月15日(木) 晴れ

メニュー=煮干ら~めん

Matidaennibora八王子にある「煮干鰮らーめん 圓」が町田店にお店を出したようだ。随分前「中華そば 勇次」の頃に町田で営業されていたので、再度こちらに出店ということになる。ただお店は駅からかなり近い。「勇次」の時はバスで向かったのを覚えているなあ。

さて店内に入り券売機でメニューを確認、左上が「煮干ら~めん」か、じゃあそれにしよう。ちなみにこちらを出店するために一時休業されていた八王子の本店は、券売機の案内を見るとどうやら再開しているようだ。

「煮干ら~めん」の券購入後、カウンターに着席する。綺麗なお店は満席ではないが来客続々であった。席の前が厨房、手際の良い調理が提供までの時間を楽しませてくれる。

それほど待たず「煮干ら~めん」提供、まず見た目が美しい。スープを頂くと煮干しのうまみと香りの効いた醤油のスープ、えぐみがあるほどの煮干しではないが満足感が相当高い。非常に好みの味わい、口の中を歓喜が通り過ぎる。良いわあ、ぼかあ幸せだなあ。「圓」は支店も間違いない味であった。

麺は細目でコシがある。しなやかで伸びやかな麺、スープも連れだって口の中を駆けていく。素晴らしいらーめん、来て良かった。

チャーシューは噛み応えがあり肉のうまみを感じる。メンマは極太、食感も良くくさみもない。味玉半個がデフォルトもうれしい。柔らかい黄身としっかりした食感の白身がとても良い。

麺とスープに魅了されながら完食、この日欲をかいて三連食を狙っていたが、でもスープまで完飲してしまった。満足して店をあとにする。「昔ながらのら~めん」、それも食べてみたい。

到着=12:35 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=煮干しの効いた醤油 お気に入り度=8

Matidaenmenu

Matidaeneigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

生碼麺食道(小川町)

訪問日=11月13日(火) 曇り

メニュー=生碼つけ麺

Sanmasyokutuke1時過ぎに到着した錦糸町のお店がやっていない・・・。諦めきれず、扉を開けて聞いてみるとどうやら麺切れらしい・・・。それにしても3日で四軒フラれるとは、往年の切れ味が戻ってきたようだ。

一応もう一軒候補を考えてはきている。小川町に出来た「生碼麺食道」は以前「つけ麺専門店 あかむぎ」のあった場所であった。こちらはサンマー麺のお店、店前にはサンマーリアンの店という看板が出ている。なんかサンマリノみたいだな。

店内に入り券売機で「生碼つけ麺」の券を購入する。その後カウンターに着席、席はほかに2名掛けテーブルが一卓ある。

ちょっと待って「生碼つけ麺」が提供された。餡は麺の上に掛かっている。この形状ならまずは麺から食べるべきだろう。

餡の絡んだ麺はコシのある中太、ちぢれており餡がよく絡む。豚肉の入った餡にはもやしにキャベツ、ニンジン、タマネギ、キクラゲなど野菜もたっぷり入っている。豚肉も食感が柔らかく良い味。

つけスープを使う前の時点で料理として完成しているではないか。好みの味、焦げ目のない上海焼きそばの様な感じであった。正直このまま全部食べても良い。

つけスープはとてもあっさりした醤油のスープ、魚介の風味とうまみが感じられる。ちょっと麺と餡に対してインパクトは弱い、このため途中でお酢を投入した。これで麺に負けない味になる。ただ割合としては麺だけで頂いた方が多いんだけど。

味玉半個がうれしいところ、メンマは変わった風味で牡蠣のような?ただこうやって頂くとあまり良い風味ではなかったりする。

完食、おもしろい料理を頂いた。満足して店をあとにする。でもこちらに来るなら「生碼麺」をまず食べるべきだったかな。

到着=13:46 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=魚介のうまみあるあっさりした醤油(スープ) お気に入り度=8

Sanmasyokumenu

Sanmasyokukanban

Sanmasyokusetumei

Sanmasyokueigyo

 

 

 

 

Saitizannen_2「麺や 佐市」はすでに麺切れであった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

野武義(小岩)

訪問日=11月13日(火) 曇り

メニュー=中華そば

Nobuyosisoba小岩のお店に向かい、駅近くの「野武義」を訪問した。店内の券売機は店前のメニューと最初の表示が違っている。店前メニューの右端は「豚骨醤油ラーメン」、でも券売機左上は「中華そば」か、ここは券売機の方を優先しよう。

券を購入後カウンター席に着席、ちなみに先客2名であとは無しであった。それほど待たず「中華そば」提供、まずスープを頂いてみる。

魚介のうまみある醤油のスープ、あっさりながらうまみも十分で味わいもしっかりしている。香りもよく好みのスープであった。客が少ないので心配したが良い味ではないか。

麺はちょい細目でコシがある。食感もしっかりしており啜り心地も良い。これは好みのらーめん、これならもっと客がいても良さそうなもんだよなあ。

チャーシューは噛み応えがありながら柔らかくも感じる。肉のうまみもしっかりと味わえる。トッピングはナルトにメンマ、ねぎなど一通り揃っている。

最初多めに感じた麺もすぐに完食、もう少し啜りたいという気持ちになっている。結局スープも結構飲んで店をあとにした。豚骨醤油はどんな感じなのか、気になるかも。

到着=12:48 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=魚介のうまみある醤油 お気に入り度=8

Nobuyosimenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

【移転】滝野川大勝軒(王子)

訪問日=11月11日(日) 曇り

メニュー=もりそば

Takinotaisyomorisoba高田馬場に出来た新店に向かうもメンテナンスでお休みとは・・・。次に池袋の新店に向かうも見つからず・・・(営業していないが油そばの店があった)。

残念、これ以上候補店を用意していない。ならばここはひとつ滝野川大勝軒で甘くて酸っぱいつけスープを頂いてみよう。店舗到着、店内の券売機で「もりそば」の券を購入しカウンター席に着席する。

かなり待って「もりそば」提供、コシのある太麺はイメージよりのど越しは普通かも、ただ問題なく好みの麺である。

つけスープは、これはなんだ?動物系のコクとうまみががつんと効いた醤油のスープ、酸味甘み辛みはあるがスープのうまみを押し上げるくらい。

そしてなぜか香ばしさを感じるスープ、この香ばしさに最初困惑したが、慣れるとかなり好みを感じてしまう。ここは来る度に印象が変わるが、それもまた良し。

スープ内にはチャーシューが大量に入っている。噛み応えのあるチャーシューが4枚は入っていた。甘めのメンマもスープに合う。ねぎがたっぷり、ざくざくとした食感であった。

すっかり完食、さすがにおなか一杯でスープ割りは無しにしておいた。満足のもりそばを頂いた。こちらにはまた伺うことだろう。

到着=13:16 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=太麺 スープ=動物系のコクとうまみある濃い味の醤油 お気に入り度=9

 

 

 

Modsyasumi「つけめん・らーめん 東京Mods」はメンテナンスでお休みであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

ones ones 早稲田店(早稲田)

訪問日=11月11日(日) 曇り

メニュー=煮干し中華そば

Onesonesnibora 「ones ones」の新店を訪問、店内に入り券売機でメニューを確認する。「煮干し中華そば」でいってみるかな。店内はカウンターのみの席構成、座って券を店の方に渡した。

厨房内には店主氏がいる。あとは女性1名で営業されているようだ。ちなみに隣の方がつけめんを食べていたのだが、いやその麺がぴかぴかと光っていてうまそう、そっちでも良かったかな。

ちょっと待って「煮干し中華そば」提供、表の写真と違うような気もするがまあ良いか。

まずスープ、背脂も入ったコクのある醤油のスープ、あっさりながらうまみは濃い。煮干しの味とかおりの効いたスープは、ただ過剰に効いた感じではなく良い味わいである。ちょい辛みもあるスープはとても好きな味であった。思わずスープを結構飲んでしまう。

麺は太めでコシがある。食感のしっかりした麺はこれもかなり好みのタイプであった。この麺ならつけ麺も良さそうだなあ。

上にはもやしがたっぷり乗っている。普段らーめんにもやしはあまり欲しない方だが、太麺のためもやしの食感にも負けてない。スープも結構味わいが濃いので違和感なし。上のネギは食感も良い。

チャーシューは噛み応えがある。あっさりタイプでちょっとかおりが気になるかな。メンマは太めで噛み応えがある。麺完食、スープを飲んでいたら大きめカットのタマネギに気づいた。ざくっとした食感が良いね。

スープもかなり飲んでから店をあとにした。満足したらーめん、ただつけめんも良いだろうなあ。かなり気になっている。

到着=12:23 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=あっさりながらうまみある醤油、煮干しの味わい お気に入り度=8

Onesonesmenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

自家製麺 ほうきぼし(志茂・赤羽)

訪問日=11月10日(土) 晴れ

メニュー=濃厚鶏煮干らーめん

Houkibosinibosi 「麺処 夏海」のあとちょっとお買い物、その後二軒目はここと決めていた「ほうきぼし」へ向かうことにした。

店前には並びあり、すっかり行列するお店になっている。店前の椅子に座り空き席を待つ。しばらくすると若い女性が注文を取りに来た。今回は「鶏煮干らーめん」で、ちなみにほかの方は「汁なし担々麺」を頼む方が多い。

回転はかなり悪い感じ、土曜日なのでご家族客も多いからだろう。やはりかなり待って店内へ入りカウンターに着席した。着席後も結構待つ。

ちなみに後から来た方のまぜそばと汁なしが先に提供されたが順番間違いだろうか?もう少しお待ちくださいと、申し訳なさそうにいって貰ったのでまあいいジャマイカ。でも良かった、2杯目で。

その後提供、まずスープを頂く。煮干しのかおりとうまみある醤油のスープ、ってこれ伊藤?かなりの煮干しのうまみがスープから感じる。ただ鶏のうまみも感じるので、そうすると赤羽「伊藤」の「比内鶏肉そば」 が近いのかも(結構前であんまり覚えてないけど)。

麺はちょい細目で固めの食感、ってこれ伊藤?まさかこのようならーめんが出てくるとは驚きである。

上にはチャーシュー、炙りで香りが良い。星型のチャーシューも可愛いね。刻みたまねぎの食感もスープと麺にあっている。

するすると頂き完食、満足して店をあとにした。そいえば「雪の担々」はまだ食べてなかったっけ。それも食べに来ないと。

到着=12:25 待ち時間=19分 行列=4人

麺=中細麺 スープ=煮干しのうまみ効いた醤油 お気に入り度=9

Houkibosimenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

麺処 夏海(赤羽)

訪問日=11月10日(土) 晴れ

メニュー=豊穣清湯塩ラーメン

Natumisio土曜日に赤羽の「高はし」へ向かう。でもお休みであった・・・。ならば折角来たので赤羽スペシャルを実行することにした。

最初「二郎」へ向かうと丁度オープンの場面に遭遇、一瞬入ろうと思ったが、ただここで食べると連食は出来なくなる(胃袋的に)。というわけで久しぶりに「夏海」へ向かうことにした。

店前の並びは2名、券売機でメニューを確認する。以前醤油を頂いているので今回は「豊穣清湯塩ラーメン」を選択した。その後並びに戻る。後ろにも来客多数、まだかなまだかなあ。あれ?オープンは11時30分か、しまった。まあいまさら仕方ない、ちょっと待とう。

25分頃に店内から店の方が注文を取りに来る。この時点で待ち人数は11人、いやあ人気があるんだなあ。気持早めに開店してカウンター席の奥から着席していく。

それほど待たず「豊穣清湯塩ラーメン」、コクのある塩のスープは鶏のうまみと魚介のかおりが感じられる。塩ながら味わいは濃い、不足感の無いスープはかなり好みの味であった。

麺は細目でコシがある。さくっとした食感、スープが良く絡まる。麺に対してスープは多くないが、いやそれは最初にレンゲを沢山使ったからかもしれない。

上にはローストポーク状のチャーシュー、火が通るので早めに頂く。しっかりした噛み応えは贅沢な印象を受ける。また白髪ネギがスープに合う。メンマの食感と味が良い。

最後までわくわくしながら完食、店をあとにした。赤羽は良い。いろいろならーめん店の候補を考えられる。そうだ「ゆうひ屋」にもまたいってみたいなあ。

到着=11:08 待ち時間=20分 行列=2人(オープン前行列:オープン時11人)

麺=中細麺 スープ=コクのある塩 お気に入り度=8

Natumieigyo

Natumimenu1

Natumimenu2

 

 

 

 

Takahashikyugyo高はしはお休みだった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

満開屋(川口)

訪問日=10月26日(金) 晴れ

メニュー=満開みそらーめん

Mankaiyamiso酒を飲んで遅くなり川口で〆のらーめんを考える。そうだ新店が出来ていた。存在は気づいており行こう行こうと思っていたお店「満開屋」を訪問する。場所は「珍来」「大勝軒まるいち」の並び、23時過ぎても営業とはうれしいなあ。店前にあるキャラクターの看板はなんか居酒屋で見た物に似ているかも。

カウンター席に着席、席はほかにテーブルも用意されている。メニューを確認、今回は「満開みそらーめん」でお願いすることにした。ちなみにチャーシュー無しは680円か、酒の後ならそれもアリだよな。ただ初訪問なので普通のを選択しよう。

店内は白く煙っている。またそのにおいが気になる感じ。どうやら炙りチャーシューの煙が漂っているようである。換気扇はどうなっているのだろうか?

結構待って「満開みそらーめん」提供、やわらかい味わいの味噌スープ、きつい味噌の感じはない。うまみが十分効いた味噌のスープ、味噌の味わいがきついわけではないがただすごい特徴がある訳でもない。

麺は太く平たいタイプ、コシはあるが固くはない。のど越しはまずまずであった。

チャーシューは噛み応えあり、炙って網目がついているがあまり香ばしくは感じない。まあ店内のにおいがそれを上回っているので。わかめは柔らかい食感、くさみは感じないがあまり必要ではない。

食べきれなかったわかめなどをスープに潜ませながら完食、店をあとにした。このあと服についたけむりのにおいにしばらく悩まされる。換気をもう少し見直した方がいいのではないだろうか(この日たまたまかもしれないが)。

到着=23:03 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=やわらかい味噌味 お気に入り度=7

Mankaiyamenu

Mankaiyakanban

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

麺処 あしたか(茗荷谷)

訪問日=10月21日(日) 晴れ

メニュー=ラーメン(並)

Asitakaramen 「RAMEN 1/20」のあとは以前「らーめん専門店 台風。」だった場所に出来たお店「麺処 あしたか」を訪問する。

店内に入り券売機でメニューを確認、左上はつけめんか、かなり迷ったがこの日はラーメン気分だったので「ラーメン(並)」でお願いすることにした。カウンター席に着席、店内は「らーめん専門店 台風。」の居抜きという感じであった。

ちょっと待って「ラーメン(並)」提供、見た目かなり濃厚そうなスープである。やはり動物系のコクとうまみ、魚介の味わいが強く効いた味わい、結構濃いめの味ながらしつこい感じではない。とても好みを感じるスープであった。

麺は太めでかなり固めの茹であがり、角が気になる舌触りで奥歯につく感じがある。もう少し茹でるともっと食感が良いかもしれない。多分麺自体は好みのタイプ、茹で加減で好みではなくなった印象、惜しい。

刻みたまねぎはスープに合っている。チャーシューは大きく、噛み応えはあるがほろっと崩れる柔らかさもあり。

連食ながらあっさり完食、スープもかなり飲んでしまった。麺だけが惜しいがつけめんならどうだっただろう。つけめんには酸味があるのかな?最近濃厚魚介で酸味の強いタイプが苦手なため、そうでなければ頼んでみたい。

到着=12:53 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=とろみのある豚骨魚介醤油 お気に入り度=7

Asitakamenu2

Asitakasetumei

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

RAMEN 1/20(東尾久三丁目・赤土小学校前)

訪問日=10月21日(日) 晴れ

メニュー=芳醇鶏だしらーめん(塩)

120sio都電荒川線の「東尾久三丁目」駅近くに出来た「RAMEN 1/20」を訪問する。店に至る商店街にはものすごい人、「秋の大バザール」が開催されているようだ。フリーマケットや食べ物を販売されているのだが、いや安い!思わず買いそうになってしまうもの多数であった。

目的の「RAMEN 1/20」に到着すると店内には待ち客あり、ご家族客が沢山いる。券売機を見るとメニューは塩らーめんのみ、ほかはその味玉入りと特製がある模様、でも普通の以外は×マークがついている。最初から普通の「芳醇鶏だしらーめん(塩)」を選ぼうと思っていたので問題なし。券を握り締めて並びの最後に席を取る。かなり盛況で次々に人が扉をくぐって入ってくる。

ちょっと待ってカウンター席に着席、「芳醇鶏だしらーめん(塩)」はすぐに提供された。あれ?味玉が入っている。ほかの方にも入っているので今日はこれで提供しているのだろう、正直うれしい。

まずスープ、深いコクとうまみある塩のスープ、見た目が良かったので期待していたが予想通りとても好みの味わいであった。以前は塩らーめんを敬遠したりもしていたが、最近は塩らーめんを食べても不満に思ったり物足りなく感じたりすることが少ない。

麺は細目、ちょい固めだがそれもスープに合っている。このらーめんは良い。

チャーシューは二種、ローストポークの様な一枚はあまり熱が入らないよう早めに頂くことに。食感強くしっかりした肉のうまみを味わえる。もう一枚は中盤で、鶏のあっさりした味わいで、さっくり柔らかいがぱさつきなどまったく感じない。これも良い味である。

味玉は半熟でスープの邪魔にならない味、黄身のうまみが心地よい。メンマもくさみなくいい食感である。

すっかり完食、好みのスープのためかなり飲んでしまった。満足して店をあとにする。店を出たところで見知らぬおばちゃんにここのらーめんはどうであったかと尋ねられたが、迷わずお薦めしておいた。こちらのお店はこれからも人気店にとして営業されることだろう。

到着=12:03 待ち時間=9分 行列=3人

麺=中細麺 スープ=コクのある塩 お気に入り度=8

120bazaru

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

めん処 圡田八(西大井・中延)

訪問日=10月20日(土) 曇り

メニュー=どたはち中華つけめん

Dotahatituke 恵比寿から中延に移動、そこからちょっと歩いた場所にある「めん処 圡田八」を訪問する。ちなみに駅としては西大井の方が近いだろう。

店内に入りカウンター席に着席、先客は1名であった(後は無し)。メニューを見るとつけめんが上か、書かれている内容を見るとチャーシューにはかなりのこだわりがあるようだ。そうなると「チャーシュー中華つけめん」と迷ったが今回は普通の「中華つけめん」でお願いすることにした。ただそれでも800円と結構な値段である。いやあ説明を見ると食材のこだわりがすごいんだなあ。

それほど待たず「中華つけめん」提供、まず麺を頂いてみる。コシのある太麺は結構ちぢれている。それでものど越しが非常に良く香りも良い。好みの麺であった。

つけスープは動物系のかおりとうまみあるあっさりした醤油のスープ、つけめんで頂くにはかなりあっさりした味であった。正直そのまま飲めてしまう。太麺なので違和感を覚えてしまうかも。これは逆に細麺の方がスープを味わうのにあっている気がする。ちぢれもスープを拾いたいのだろうがあまり効果がないような。

こだわりのチャーシューは1枚目かなりのぱさつき、スープ無しで食べるのがちときつい。スープを飲みながらなので味はよく判らなかった。2、3枚目は脂身が多めのため冷たいとつらいものだがある。このチャーシューはこの日たまたまかもしれない。あとはスープ内にメンマが入っている。

完食、スープは割らずにそのまま半分ほど飲んでしまった。スープ自体はかなり好みの味なんだけど。お会計して店をあとにした。食材にこだわりはあるようだが、もう少しつけめんのバランスを考えてもらえるとさらにうれしい。ただしあのスープは一度細麺で頂いてみたい。

到着=13:01 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太ちぢれ麺 スープ=かなりあっさりした醤油 お気に入り度=6

Dotahatimenu

Dotahatikoujyo1

Dotahatikoujyo2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

おおぜき中華そば店(恵比寿)

訪問日=10月20日(土) 曇り

メニュー=中華そば

Oozekisoba恵比寿のお店を訪問、以前「づゅる麺 豚あじ 恵比寿神社前」だったお店が「おおぜき中華そば店」というお店になったらしい。店に近づくとなにやら周りがにぎやかな感じ、屋台が多数出店している。恵比寿神社のお祭りであった。

さて店内にはいり券売機でメニューを確認、煮干しのらーめんもあるのか、迷うなあ。でも普通の「中華そば」でお願いすることにした。カウンター席に着席、先客は1名(ちなみに後客も1名)であった。

「中華そば」はすぐの提供、さあ頂こう。あっさりながらコクとうまみを感じる醤油のスープ、バランスの良い味わいでとても好みの味である。このスープは良いねえ。

麺は細く結構固めの茹であがり、もうちょい茹でた方がさらに好みかも。でも特におかしいわけではないので好みのらーめんと思える。

上にはチャーシューが2種、ローストポークのような感じの一枚は、ただ食感はきつくない。贅沢な印象を受ける。もう一枚はジューシーなタイプ、肉のうまみをしっかり味わえる。穂先メンマも柔らかくて良い味、あとはのりにナルトがトッピングで乗っている。

このらーめんは750円と券を購入時には結構な額と思ったが、食べるとその金額にも納得する。

すっかり完食、スープもかなり飲んでしまった。満足して店をあとにする。

帰りに祭りの屋台をのぞくと食べ物系がほとんどであった。昔、田舎のお祭りでは親にもらったおこづかいをほぼカタヌキに使っていたが、さすがにここは無いみたい。またお祭りの雰囲気でやってみたいものだ(ラー博にいくと毎回カタヌキをやってしまうのだが)。

到着=12:20 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=8

Oozekimenu

 

 

Oozekimaematuriお祭り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

麺処 那奈(荻窪)

訪問日=10月19日(金) 晴れ

メニュー=塩らーめん

Nanasio 高円寺から荻窪に移動、新店「麺処 那奈」を訪問する。この辺は周りにらーめん店が多いんだなあ、行ってない店ばかりだけど。

まずは店前の券売機でメニューを確認、その券売機横にもメニュー表がある。メニュー表は右端が「しお」になっているが、ただ券売機の左上は「醤油ラーメン」、店の売りが判らない場合はメニューの最初を選ぶようにしているのだが、これは迷うなあ。

ただ丁度店の方が外に出てきたのでどういうメニューがあるのか確認させてもらった。店の方曰く麺が浅草開化楼製のため最近は「つけめん」を推しているとのこと。これは困ったなあ。ただこの日はらーめん気分だったので結局「塩らーめん」で券を購入することにした。

店内に入りカウンター席に着席、それほど待たず「塩らーめん」が提供された。丼からは甲殻系のかおり、赤いフレークが掛かっているのでこれからだろう。

まずは掛かってないところのスープを飲んでみる。コクのあるうまみも十分な塩のスープ、深い味わいで塩のスープながら不足感を感じない。好みのスープであった。赤いフレーク部分を混ぜると香ばしい香りがスープに合う、このスープ良いかも。

麺は細目で適度なコシ、独特な食感でさくっとした噛み応えである。面白く、これも好みの麺であった。チャーシューはローストポークのようなタイプ、噛み応えがありかなり好きなチャーシューである。これは増したいくらいだなあ。メンマもくさみなく良い食感、最後の方でゆず皮の香りを感じた。

あっさり完食、店をあとにした。らーめんには満足したが、厨房内にはぴりぴりムードが漂っており、ちょっと緊張感を持っての食事となってしまった。ただらーめんには満足している。

到着=12:57 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=コクのある塩味 お気に入り度=7

Nanamenu1

Nanamenu3

Nanamenu2

Nanamenumen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

支那そば 一本気 あき田(高円寺)

訪問日=10月19日(金) 晴れ

メニュー=しおら~めん

Akitasio高円寺にある「高円寺らーめん横丁」を訪問、今回訪れたのはこの中に新しく出来た「支那そば 一本気 あき田」である。

それにしてもこの施設は入れ替わりが激しい。駅に近いし良い店も多いのになぜだろう。ちなみに以前は四店舗での営業だったのだが現在は三店舗となっている。

さて「支那そば 一本気 あき田」は埼玉の名店「支那そば 一本気」の関連店、かなり期待値が高い。

店前の券売機でメニューを確認、今回は「しおら~めん」を選択した。店内に入るとカウンター席が一杯のためテーブル席に案内された。実はその後満席になり、待ち客の関係でカウンター席に移動している。目の前が厨房、こちらの方が楽しい。

結構待って「しおら~めん」提供、あれ?つみれがない、メニューを間違ったのか?後で聞いたら買った「しおら~めん」は考えていたメニューとは違い、そのメニューは「鶏塩ら~めん」だった。同じ値段なら「鶏塩ら~めん」を頼むべきだった、しまったなあ・・・、まあ今更なので仕方ない。

まずスープ、コクのある塩味で鶏のうまみが効いている。あっさりした感じでなく味わいは濃いめ、好みの味であった。

麺は中太でかなりちぢれている。のど越しの良い感じではないがスープはよく絡む。

鶏チャーシューがものすごく良い味、噛み応えもある。ほかにもワンタンが入っている。ワンタンは皮の舌触りがよかった。メンマもくさみなく良い食感となっている。

するっと完食、店をあとにした。でも「鶏塩ら~めん」が食べたかったなあ、かなり後悔している。

到着=12:08 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=中太ちぢれ麺 スープ=コクのある塩味 お気に入り度=7

Akitamenu

Akitanaiyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

麺や 伴(外苑前)

訪問日=10月10日(水) 晴れ

メニュー=柚子肉つけ麺大盛り

Bantuke 「鬼そば藤谷」のあとは外苑前に移動、階段下りたところにある「麺や 伴」を訪問した。

店内の券売機でメニューを確認、汁麺の肉そばと肉つけ麺の2系統がある。迷ったが券売機左上の「柚子肉つけ麺(800円)」を選択した。ちなみに肉つけ麺は750円、50円差に期待を込めて。

カウンター席に着席、テーブルもあり、店内はかなり広いようである。大盛りは無料ですか、では大盛りで。

それほど待たず「柚子肉つけ麺大盛り」、麺の上にはたっぷり肉とねぎが乗っている。

ショウガ焼きの様な肉は定食などでご飯を食べる用の味付けでなく、あっさりで上品な味となっている。ただ肉のうまみをしっかりと感じる味わい、濃い味ではないがこれで麺を食べてしまえる。

ざくっとした食感のねぎも肉と麺にあってしまう。思わずこれで麺をかなり食べてしまった。結構気に入っている。

その麺は中太で適度なコシ、大盛りは結構多めながら食感もよくするすると食べていける。

つけスープは確かに柚子のかおりと酸味が感じられる。ただその酸味がかなり強く鍋で頂く柚子ポンを思い出してしまった。スープにかなりこだわりがあるようだが、酸味でスープのうまみを感じられない。惜しいなあ。

でもするすると食べ進み完食、スープ割りをお願いした。割ると昆布のかおりとうまみをスープに感じだした。個人的には普通の肉つけ麺の方が良かったのだろうなあ。店をあとにしたが「肉そば」がかなり気になっている。

到着=13:36 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=ポン酢のようなスープ お気に入り度=7

Banmenu1

Banmenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

ラーメン屋 鬼そば藤谷(渋谷)

訪問日=10月10日(水) 晴れ

メニュー=鬼塩ラーメン

Fujitanisio渋谷に新しく出来たお店は「東京ラーメンショー2011(つまり昨年)」の「バトプリ」で優勝された方が出したお店らしい。テレビなどでも見る「HEY!たくちゃん」が手がけているようだ。

お店はビルの5階というかなりの空中階、エレベーターで上がりお店に入ることに。おっと「HEY!たくちゃん」ご本人がいるではないか!ホール担当はHEY!たくちゃん氏である。まさかそのまま働いているとは思わなかった。

テーブル席に案内され着席する。さて今回注文は「鬼塩ラーメン」で、ちょっと待って提供された。コクのある結構味強めの塩スープ、うまみも十分感じられる。好みの味であった。

麺は中太で平たいタイプ、コシがありのど越しも良い。スープもよく絡まる。おっとこのらーめん良いねえ。

鶏チャーシューは最初スパイシーでその後に鶏のうまみを感じる。揚げネギはスープ自体にあまり香りは移ってないが、揚げねぎを頂くと香ばしく良い感じ。ゆず皮も切ったものなのでスープにはあまり影響ないが、ただゆず皮を頂くと香りを強く感じる。穂先メンマは柔らかくくさみもなし。

Fujitanityasyu後半HEY!たくちゃん氏から低温調理のチャーシューが提供された。あっさりながら味わいがぎゅっと詰まった鶏のチャーシュー、とても良い味である。トッピングで追加すればさらに贅沢ならーめんになりそうだ。このチャーシューはほかの方にも提供されていたがいつもなのかな?

完食、とても満足した塩のらーめんであった。思わずスープもかなり飲んでしまう。お会計時にたくちゃん氏は電話中、どうやら店の場所を説明しているようであった。このため厨房内から別の方が出てきてお会計して頂いた。ごちそうさまを伝えて店を後にする。つけそばは太くない麺の模様、ちょっと良さそうだなあ。こちらの店にはまた伺ってみたい。

到着=13:01 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太平麺 スープ=コクのある塩 お気に入り度=8

Fujitanimenu1

Fujitanimenu2

Fujitanitakutyan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

富士屋 with きび太郎外伝 -秋田成ト会(駒沢大学:東京ラーメンショー)

期間限定イベントのため先出し(ただし11月4日17時で終了)

訪問日=11月4日(日) 晴れ

「富士屋 with きび太郎外伝」

メニュー=岡山ホルモン中華そば

Rasyofujiyahorumon三杯目は岡山のお店、ホルモン中華そばとはどのようなものか。岡山ラーメンといえば新橋の「岡山ラーメン後楽」で頂いているけれど、大分違いそうだなあ。

こちらの並びは少な目、やはり早めに「ホルモン中華そば」を受け取った。テント席に移動し、では頂こうか。

ちょっと濃いめの醤油のスープは甘みとうまみを感じる味わい、ホルモンからなのか独特の風味も感じる。ただ普通のらーめんよりこういう方が面白いかも。

麺は細目で適度なコシ、この麺は好みであった。上にはホルモンが結構な量で乗っている。柔らかく独特な味わい、これを別皿でつまみにして酒を飲みたい。

変わった味のらーめんながらあっさり完食、面白い味であった。では四杯目に向かおう。

到着=12:11 待ち時間=6分 行列=18人

麺=細麺 スープ=動物系のうまみある醤油

Rasyofujiya

 

 

 

 

「秋田成ト会」

メニュー=秋田比内地鶏 魚介鶏白湯どんぶりin秋田2012ファイナル

Rasyoakitahinaijidori四杯目は第二陣一番の行列店「秋田成ト会」、軽く数えると300人を超えている。この店になぜこれほど並ぶのかな?並びはここが一番で次が名古屋コーチンの店、鶏のラーメンに人気あり。

やはりかなり待ってブース前到着、ただ人数を考えれば早いほうかも。「秋田比内地鶏 魚介鶏白湯どんぶりin秋田2012ファイナル」を受け取りテント席に移動した。

まずスープ、鶏のうまみある白湯醤油、深いコクとうまみがある。ちょっと香ばしい感じもあるが好みのスープであった。

麺は細目でコシがあり食感もしっかり、ただちょっと粉っぽい感じもあるのは茹で加減だろうか。ブース前に感じた回転の良さを考えればそれもうなずける。後半食感が良くなったので茹で加減ということだろう。

上にはとろとろチャーシュー、煮込みのすじ肉の様な感じで結構沢山入っている。柔らかく良い味、ゼラチン状の部分の食感が良い。

そしてお麩が入っているのだがこれがスープを吸ってとても良い味になっている。ねぎは青ねぎと白ねぎが乗っており、麺にも絡んで良い食感であった。

すっかり完食、かなり待ったが好みのらーめんを頂けた。さてここで「東京ラーメンショー2012」は最後にしよう。今回も様々ならーめんが頂けてとても楽しめた。また来年にも期待である。

到着=12:34 待ち時間=1時間6分 行列=300人以上

麺=細麺 スープ=鶏のうまみある白湯醤油

Rasyoakita

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

琉球麺侍 -釜石ラーメンのれん会(駒沢大学:東京ラーメンショー)

期間限定イベントのため先出し(ただし11月4日17時で終了)

訪問日=11月4日(日) 晴れ

「琉球麺侍」

メニュー=琉球しおラーメン

Rasyomensamuraisio日曜最終日に第二陣三回目の訪問、残りのチケットは一枚、あとで買わないと。会場に到着するとまだ早めのためかそれほど人は多くない。ただ比内地鶏の店「秋田成ト会」はとてつもない並びになっている。

さて最初に訪問は沖縄のお店へ、並びはそこそこで回転もとても良い。すぐに「琉球しおラーメン」を受け取りテント席に移動した。

動物系のうまみある塩のスープ、動物系のうまみはあるが結構あっさりしたスープになっている。ただ塩の味わいをしっかり感じる。好みのスープであった。

麺は中太でちょっと平たい、のど越しの良い感じではないが、スープにあっている。結構好みの塩らーめんであった。

トッピングが豪華、柔らかいソーキはほろりと崩れる肉の噛み応え、肉のうまみも感じられる。通常チャーシューも塩チャーシューという味わい、これも柔らかい。良いねえ。

黄色い玉子は4分の1個、色はウコンかな?優しい味であった。細切りの茎わかめがとてもスープに合っている。わかめは普段らーめんに欲しない方だが、これはこのらーめんに必要を感じる。

すっかり完食、スープも結構飲んでしまった。よしよし着火完了、今日もあと三杯は食べてみたい。ということでこのあとチケットを追加で購入しに販売所へ向かう。販売所も並び多数、時間を追うごとに人が増える。晴天の日曜日、駒沢オリンピック公園には」まだまだ人は集まってきている。

到着=11:03 待ち時間=8分 行列=34人

麺=中太麺 スープ=動物系のうまみある塩

Rasyomensamurai

 

 

 

 

「釜石ラーメンのれん会」

メニュー=釜石ラーメン

Rasyokamaisiramen二杯目は釜石ラーメンを、「こんとき」は昨年も頂いているが、今回もちばき屋が関連しているのかな?ちなみに先ほど隣の「琉球麺侍」で並んでいるときは、こちらの列は多くなかったが随分人が増えたようだ。

時間が掛かるかと思ったが案外回転は良く、予想より早く「釜石ラーメン」を受け取った。テントへ席移動、では頂こうか。

あっさりした醤油のスープは、ただ塩分濃度は低くない。醤油と塩の中間くらいの味、結構好みの味であった。

麺は細目で適度なコシ、縮れておりスープもよく絡む。チャーシューは噛み応えがあり懐かしい感じを受ける。このチャーシューがなんだか良い。シンプルなラーメンながら好きならーめんであった。

するするっと完食、では次にいこう。

到着=11:34 待ち時間=23分 行列=82人

麺=中細ちぢれ麺 スープ=あっさりした醤油

Rasyokamaisi

| | コメント (1) | トラックバック (0)

徳島ラーメン 東大 - DiningBarRAGTIME×江ざわ×勝浦ビーチスタイル(駒沢大学:東京ラーメンショー)

期間限定イベントのため先出し

訪問日=11月3日(土)祝日 晴れ

「徳島ラーメン 東大」

メニュー=本場徳島の味 徳島ラーメン

Rasyotoudairamen三杯目は徳島の「東大」で徳島ラーメン、最近イベントなどで「東大」を見るが他の徳島ラーメンも見てみたいなあ。「三八」とか見てみたいが、無理だろうなあ。

さてこちらはかなりの並び、結構待つだろう。そう思っていたが実はかなり回転が良い。途中運営の方と店の方が話していたが1分間に六杯提供しているとのこと、なるほどかなり早めで「徳島ラーメン」を受け取った。

テント席に移動し、まずスープを飲んでみる。甘辛い豚骨醤油のスープ、ちょっととろみを感じるスープはすき焼きを思い出す味であった。

麺は細目でさくっとした食感、博多ラーメンのような麺だが徳島ラーメンってこうだっけ?徳島出身ながら最近ご無沙汰のためよく判らない。

上には甘辛い味付けの豚肉、これでご飯を三倍いける。ほかにはメンマ、玉子はオプションなのか。さすがに玉子はつければよかったなあ。

するっと完食、さてもう一杯いってみよう。

到着=12:42 待ち時間=17分 行列=140人以上

麺=細麺 スープ=甘辛い豚骨醤油

Rasyotoudai

 

 

 

 

「DiningBarRAGTIME×江ざわ×勝浦ビーチスタイル」

メニュー=勝浦タンタンメン(激辛)

Rasyokatuuratantan四杯目は勝浦タンタン麺を選択、こちらはそこそこの並びであった。勝浦タンタンメンは以前荻窪のお店で頂いて感激していたがこちらはどうだろう?

並びは進む。すると途中から下がレッドカーペットになった。勝浦タンタン麺はラー油の掛かったメニューのため、なんだかこれで期待が高まってしまう。

ブース前で店の方に辛さは五段階あるとの説明を受けた。勝浦の方が食べるのが一番辛いのくらいらしい。では一番辛いという「激辛」でお願いします。

「勝浦タンタンメン(激辛)」を受け取りテント席に移動した。でも場所がなかなか見つからず、途中ぶつけられて、手がラー油だらけなったりする。やっと座る場所を確保して、さて頂こうか。

まずスープを、と飲んでみたが丼に口を直につけてもラー油しか入ってこない。味は辛みのある油、つまりラー油である(そりゃそうだ)。

麺を食べよう。細い麺ながらこれがかなり伸びている。まあ席を探すのに時間が掛かったからなあ。すぐに食べれば印象はぐっと変わっていただろう。

スープの味はやはりあまり感じず、辛みはそれほど強くないかな。スープを味わうなら「ちょい辛」くらいが良いのかも。ラー油と一緒に入ったたまねぎの甘みが良い。底の方に挽き肉の存在も確認した。

そして完食、まだいけそうであったが、でもこの辺でやめておこう。最後に恒例のガリガリ君を頂いて会場を後にした。

到着=13:09 待ち時間=22分 行列=50人以上

麺=細麺 スープ=ラー油

Rasyokatuura

Rasyokatuuragazo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

UK龍旗信 - 胃袋掴味×えびすこ(駒沢大学:東京ラーメンショー)

期間限定イベントのため先出し

訪問日=11月3日(土)祝日 曇り→晴れ

「UK龍旗信」

メニュー=マイルドチキンラーメン

Rasyoryukisinsio東京ラーメンショー第二幕の2回目は祝日の土曜日に訪問、駒沢オリンピック公園にはすごい人が集まってきている。

さて最初に向かったのは「UK龍旗信」、イギリスにお店があるらしい。珍しい出店だなあ。さてブース前に到着すると並びは随分少ない感じ、行列調整も無いようなので結構早く「マイルドチキンラーメン」を受け取った。テント席に移動、さて頂こう。

あっさりした塩のスープ、鶏のうまみも効いている。イギリスの塩を使っているというスープは濃い味ではないが十分好みの味、最初の一杯としては最適である。

麺は細目でコシがある。細いのにとても弾力のある麺、なんだろう珍しい食感であった。

上には鶏チャーシューが乗っている。噛み応えがあり鶏のうまみを感じる。ほかに薄切りのすだちも乗っているが、あっさり味のスープなのにあまり効果を感じず。あとは白髪ネギが良い食感であった。

完食、時間が掛からず頂けるのはうれしいなあ。

到着=11:56 待ち時間=5分 行列=15人

麺=中細麺 スープ=あっさりした塩

Rasyoryukisin

 

「胃袋掴味×えびすこ」

メニュー=鶏と甘海老のがっつり醤油

Rasyostabitoriamaebi二杯目は代々木上原にある「胃袋掴味」と「えびすこ」のコラボブース、「えびすこ」はどこのお店だろう?と思ったら富山のお店で店主氏は元格闘家のようだ。

こちらは結構な並びながらほかにすごい並びがあるのでので普通に感じてしまう。列に並ぶと前の方の列横にものすごくでかい人がいる。ドン・フライトの殴り合いが衝撃的だったプロレスラー高山選手ではないか!すごい!皆さんの写真撮影に応じていたりする。

さて列の進みは早く、案外すぐに「鶏と甘海老のがっつり醤油」を受け取った。その後テント席に移動、さあ頂こう。

あっさりしたスープは鶏のうまみ、そして甘海老の香りと味わいが効いている。がつんと来る感じではないが、でも好みの味で、また食べ進むうちに味わいが増してくる。ただあまり醤油という感じはしないかなあ。あとメニュー名ほどがっつりこないのはタレが足りないとかだろうか?

麺は細目でさくっと噛みきれるタイプ、あっさりスープにあっている。上のもやしは髭や豆が無いので良い食感だが、このスープにはなくても問題ない。ただ途中の箸休めには丁度良いかも。

鶏チャーシューは噛み応えがあり、鶏のうまみをしっかりと味わえる。もやしの上に辛みペーストが乗っている。量は少ないが結構辛みは効く。食べ進むと後半底に沈むみじん切りのニンニクに気が付いた。風味はあるがきつすぎではない。そ

して完食、さてあっさり2杯を頂いたので次は濃いのを狙ってみようか。

到着=12:09 待ち時間=20分 行列=80人

麺=中細麺 スープ=あっさりした鶏と甘海老のスープ、最後にニンニク

Rasyostabi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

豚の骨×無鉄砲(駒沢大学:東京ラーメンショー)

期間限定イベントのため先出し

訪問日=11月1日(木) 晴れ

メニュー=豚にぼラーメン

Rasyobutamutepobutanibo三杯目は豚骨のお店に向かう。こちらもかなりの行列、回転はそこそこ良い感じ、20分ほどで受け取りテント下に移動した。

豚骨がしっかり効いたスープはどろどろな濃厚タイプ、ただくどいほどではない。もっと濃く塩分濃度が高いのを予想していたが、でもしっかり豚骨のうまみが感じられる。やはり好みの味、三杯目に食べてよかった。

あれ?煮干しって入ってるの?あまり煮干らしさは感じないが、でも好みの味であることは間違いない。

麺は中太で適度なコシ、スープは当然よく絡む。好みのらーめんである。チャーシューは噛み応えがある。ねぎがこのスープの中、味と香りで結構な存在感を発揮している。案外ねぎの風味が強すぎるかも。でも問題なく良い味、あっさり完食した。

さてこの日は3杯でやめておくことに。このあとガリガリ君を食べて会場を後にした。ちなみにセブンイレブンで買ったチケットはまだ大分残っている。

到着=13:30 待ち時間=22分 行列=65人

麺=中太麺 スープ=どろどろ豚骨スープ

Rasyobutamutepo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

ちばき屋withゆかいな仲間たち - 信州麺友会(駒沢大学:東京ラーメンショー)

期間限定イベントのため先出し

訪問日=11月1日(木) 晴れ

「ちばき屋withゆかいな仲間たち」

メニュー=銀座鯛煮干し中華そば

Rasyotibakisio 東京ラーメンショー第二幕は10月31日水曜日から日曜日まで、今回木曜日に伺うと平日ながら会場にはかなりの人がいるようであった。なんだか色とりどりな衣装やすごいフェイスペイントの人達が多数いる。近くでなにかあったのかな?

さて最初は塩らーめんの「ちばき屋withゆかいな仲間たち」の列へ並ぶことに。待っていたが回転があまりよくない模様、ちょっと時間が掛かってブース前にたどり着いた。

この時点で後ろを見ると並んだときの倍くらいになっていた。後ろは時間がさらに大変になりそうだ。ただそれまで一回に4杯ずつの提供だったのを、「6杯ずつにしよう」と厨房内で言っていたため自分のあとは回転が良くなったかもしれない。

「銀座鯛煮干し中華そば」を受け取りテント下に移動、さて頂こうか。

魚介のうまみある奥深い味の塩のスープ、あっさりながら深いうまみがある。鯛の香油を使用しているとのことだが、不足感を感じない塩らーめんでかなり好みの味わいであった。

麺は中太で適度なコシ、ただ表面にぬめりを感じる。のど越しもまずまずな印象、茹で時間はあっているのかな?麺とスープの絡みもあまりよくない。

チャーシューは噛み応えあり。キクラゲが良い食感であった。白髪ネギもスープにあっている。

そして完食、スープが好みであったのでもう少し飲んでしまう。麺がよければさらに満足感は高かっただろう。

到着=12:47 待ち時間=21分 行列=31人

麺=中太麺 スープ=魚介のうまみある奥深い味の塩

Rasyotibaki

 

「信州麺友会」

メニュー=幻の王様中華そば

Rasyosinsyusoba2杯目は信州麺友会」、こちらもそこそこの並びながら回転が異常に良い。びっくりするくらいすぐに受け取りテント席に移動した。ちなみにスープは多め、このため運ぶ途中でこぼれてしまった。もう少し少ない方が良いかもしれない。

まずはスープから頂こう。あっさりした醤油ながらコクのある味わいのスープ、そしてこのスープはかなりコ黒ショウが効いてスパイシー、実はこのスパイシーさにはまってしまった。とても好みのスープである。ここまでコショウが効いたスープも珍しい、でもかなり気に入った。

麺はちょい細目でコシがある。のど越しが良くスープもよく絡む。最後まで伸びないのもうれしいところ。良い麺である。

上にはチャーシューが乗っている。これがかなり良い味、噛み応えもあり満足感が高い。チャーシュー増しにしたいくらいであった。あとは厚めに切られたねぎの存在感、食感が非常に良くスープにあっている。

すっかり完食、スープも結構飲んでしまった。いやあこのスープ良いなあ。まあ人によっては苦手という方がいるかもしれないけど。

到着=13:16 待ち時間=5分 行列=33人

麺=中細麺 スープ=コショウスパイシーなあっさりした醤油

Rasyosinsyu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »