« 麺屋 一燈 - 竹本商店☆つけ麺開拓舎(浜松町・大門:大つけ麺博) | トップページ | 中華そば JAC(高円寺) »

2012年10月15日 (月)

信州鶏白湯 気むずかし家(浜松町・大門:大つけ麺博)

期間限定イベントのため先出し

訪問日=10月15日(月) 晴れ

メニュー=信州鶏づくしつけそば

Kimuzukasituke 大つけ麺博」でまだ伺っていない「信州鶏白湯 気むずかし家」を目指して浜松町駅を降りる。会場に到着するとやはり平日、昨日までの混雑ぶりはない。

ただ「気むずかし家」にかなりの行列、なんだか一番並んでいるかもしれない。これはつらいなあ、と思ったがでもすごい回転の良さ、15分そこそこで「信州鶏づくしつけそば」を受け取った。

知ってはいたが追加無しなのにすごいトッピング、見た目だけでもありがたくなる。写メブースで写真のあとはテント下に腰を落ち着けた。

綺麗な麺、中太で平たい麺は適度なコシ、強い食感ではないがのど越しが抜群に良く喉を通るのが気持ちいい。かなり好みの麺であった。

つけスープは動物系のうまみある醤油のスープ、魚介の味わいも効いておりかなり好みの味である。鶏白湯ということだがそこまで鶏の感じはないかな。でもとてもバランスの良い味、うまみも十分でこの麺とスープだけでも満足感は高い。

そしてひときわ目立つ鶏山賊揚げ、玉子の白身が入ったタルタルソースが掛かっている。とても柔らかくジューシーな鶏肉、肉のうまみもしっかりと味わえる。イベント提供なのにこの山賊揚げは温かい、この山賊揚げだけでも食べる価値がある。

ねぎもどっさり、ズッキーニやパプリカは酸味が効いている。黄身を崩してマイルドな味で麺を頂く。

つるつるっと完食、とても満足した。本日は連食を考えていなかったので追加トッピングしても良かったかな。

さてこれで大つけ麺博24店舗全店でつけ麺を頂けた。今回も楽しめたが、ただ来年も全店訪問はきついかもしれない。そういえば来週は「東京ラーメンショー」か、来週末は駒沢オリンピック公園に向かわなくては。

到着=13:11 待ち時間=16分 行列=59人

麺=中太平麺 スープ=動物系と魚介のうまみある醤油

Kimuzukasi

|

« 麺屋 一燈 - 竹本商店☆つけ麺開拓舎(浜松町・大門:大つけ麺博) | トップページ | 中華そば JAC(高円寺) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/55897362

この記事へのトラックバック一覧です: 信州鶏白湯 気むずかし家(浜松町・大門:大つけ麺博):

« 麺屋 一燈 - 竹本商店☆つけ麺開拓舎(浜松町・大門:大つけ麺博) | トップページ | 中華そば JAC(高円寺) »