« 博多鶏炊き濃厚らーめん ひのとり 東京東陽町本店(東陽町) | トップページ | 伊藤(王子神谷) »

2012年10月20日 (土)

麺屋 頂 中川會(京成曳舟)

訪問日=9月30日(日) 晴れ

メニュー=濃厚魚介鶏つけめん

Nakagawakai2tuke住吉の「中川會」が新店を出したらしい。場所は京成曳舟駅近く、お店に到着すると店前には並びが出来ていた。新店なのにもう行列とはさすがである。

並んでいると背中に赤ん坊を背負ったお店の方が中から現れた。以前お会いした奥さんでなないか、ものすごく丁寧で明るい接客、とっても良い人である。

並んでいると先に店内の券売機で券を購入するよう案内された。券売機を見て左上の「つけめん」を選択したが、「芳香塩らーめん」というのもそそられるメニューであった。その後再度列に並び直す。

結構待って店内に入りカンターに着席した。席は七席と結構狭いが、前はかなり広い厨房となっている。でも厨房広すぎない?まあいいか。

さてそれほど待たず「濃厚魚介鶏つけめん」提供、コシのある太麺はのど越しもよく風味も良い。丁度良い茹で加減、素晴らしい麺の状態であった。ピカピカ光る麺を見るとうれしくなる。

つけスープは確かにどろどろで濃厚な感じ、動物系のコクとうまみ、魚介の味わいが効いている。確かに濃厚だが濃すぎることはない。麺をどっぷりつけても問題なし、これも素晴らしい味わいであった。

みるみる麺が無くなっていく。途中麺自体を楽しみたいと思いスープにつける量を少なくしたりしながら食べ進む。このつけ麺は良い。

スープにつける量を多くしたり少なくしたりと楽しんでいたが、気づいたら麺が三分の一に減ってしまっていた。いかんいかん、別添えのラー油をまだ使っていない。麺に掛けたラー油はとても香ばしく適度な辛み、これは後半変化を求めるにはちょうど良い。

前には味変アイテムも揃っている。ニンニクや七味、ゆず胡椒など、でも使わないで食べきってしまった。

最後にスープ割りをお願いするとねぎ追加で返ってきた。すっかり完飲、大変満足して店をあとにした。

帰りにごちそうさまと厨房内に挨拶しホールの奥さんにも声を掛けた。ついでにおいしかったと伝えると、涙を流すのではというくらいの喜びようであった。それを見ているこちらもうれしくなる。世の飲食店すべてがこの奥さんの様な接客をすれば、もっと笑顔があふれる世の中になるのではないだろうか。

良い気分で店をあとにする事が出来た。それにしてもあれほど忙しく歩き回っている奥さんの背中で、何事も無く爆睡するお子さんは将来大物になるに違いない。

到着=12:19 待ち時間=15分 行列=6人

麺=太麺 スープ=動物系のうまみ濃厚な醤油 お気に入り度=8

Nakagawakai2koujyo

Nakagawakai2setumei

|

« 博多鶏炊き濃厚らーめん ひのとり 東京東陽町本店(東陽町) | トップページ | 伊藤(王子神谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/55926821

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋 頂 中川會(京成曳舟):

« 博多鶏炊き濃厚らーめん ひのとり 東京東陽町本店(東陽町) | トップページ | 伊藤(王子神谷) »