« 麺料理 しんでぃ(蒲田) | トップページ | 無鉄砲 無心(浜松町・大門:大つけ麺博) »

2012年10月12日 (金)

博多一幸舎 - 中華蕎麦 とみ田(浜松町・大門:大つけ麺博)

期間限定イベントのため先出し

訪問日=10月12日(金) 晴れ

「博多一幸舎」

メニュー=豚骨つけ麺

Ikosyatuke行く前から大つけ麺博の第三陣は行列がすごいであろうと思っていた。実際到着すると、平日なのにこんなに人がいるものかという感じであった。どこを見ても並びの少ない店が見当たらない。

そんな中最初に並んだのは「博多一幸舎」、ここも70人以上が並んでいる。まあ最初に選んだのは麺がそんなに太くなさそうなので回転が良いだろうと思ったわけで、残念ながらその予想は外れてしまう。

結構待つ、前に並んでいたOLさんに同僚らしいOLさんが「ここすごく待つよ」と話しているのを聞いてしまった、そうだったのか・・・。横の「五福星」は回転が良さそうだなあ。どんなに待つのだろうかと恐れていたが、後半突然回転良くなった、なんなのか・・・。

やっと受け取り写メブースにて写真を取る。近くの席に座り、さて頂こう。コシのある麺はちょい細目、結構固めの茹で上がりで芯がある感じ。ただこの麺はスープにあっており好みを感じている。

つけスープはうまみも十分感じられる豚骨スープ、豚骨のかおりもあるがくさいほどではない。博多の店の豚骨つけ麺と聞き、期待したつけ麺がここにある、かなり好みの味であった。

チャーシューは噛み応えがあり、味はあっさり。スープ内にはキクラゲとねぎも入っていた。するっと完食、さて次に向かおうか。

到着=11:58 待ち時間=41分 行列=75人

麺=中細麺 スープ=うまみ十分の豚骨

Ikosya

 

 

「中華蕎麦 とみ田」

メニュー=六年目の豚骨魚介

Daitomitatuke次は松戸の行列店「中華蕎麦 とみ田」に向かう。ここも人数はかなり多い。でも案外回転は良さそうだ。結局30分かからず「六年目の豚骨魚介」を受け取り写メブースに向かう。写真を撮ったら、さあ頂こう。

コシのあるかなり太い麺、密度の濃い麺ながら茹で加減も良く固い印象はない。のど越しもよく風味も良い、好みの麺であった。これほどの麺なのにこの提供時間はイベントに慣れているからなのか、ありがたい。

つけスープは動物系のコクとうまみ、魚介の風味と味わいの効いた醤油のスープ、濃厚な味わいで結構甘みもあるがきつくはない。インパクトのあるつけスープ、とても好みの味であった。

夢中で食べ進む。チャーシューは肉のうまみを感じる。スープ内にはメンマも入っており食感良く、くさみもなし。最後の方でゆずの香りも感じた。

満足して完食、さすが「とみ田」という感じであった。スープ割りがあったので迷ったが、もう一軒行こうと思いやめておいた。さて次に向かおう。

到着=12:45 待ち時間=25分 行列=80人

麺=極太麺 スープ=動物系と魚介が濃厚に効いた醤油

Tomita

Tomitawari

|

« 麺料理 しんでぃ(蒲田) | トップページ | 無鉄砲 無心(浜松町・大門:大つけ麺博) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/55873946

この記事へのトラックバック一覧です: 博多一幸舎 - 中華蕎麦 とみ田(浜松町・大門:大つけ麺博):

« 麺料理 しんでぃ(蒲田) | トップページ | 無鉄砲 無心(浜松町・大門:大つけ麺博) »