« 手打ちラーメン たかの(浦和:遠い) | トップページ | 四谷一条流がんこラーメン総本家(四谷三丁目) »

2012年9月 5日 (水)

にぼ次郎(南浦和・蕨:遠め)

訪問日=8月26日(日) 曇り

メニュー=あっさりにぼし並

Nibojiroramen 「たかの」のあとも埼玉のお店に向かう。以前伺った「つけめん 藍」」が閉店して出来た「にぼ次郎」である。「藍」は良かったのになあ、もう一回行こうと思っていたのに。

さてお店到着、店内に入りカウンターに着席した。メニューはこってりとあっさりがある模様、こってりは二郎系らしく、あっさりは燕三条系らしい。今回はあっさりの並でお願いした。でも燕三条はあっさりなのだろうか?

さて結構待って「あっさりにぼし並」提供、そういえばトッピングコールは聞かれなかったが、あっさりはニンニク・背脂・たまねぎが追加できるらしい。注文時に言うべきだったのかも。

うーん、見た目あっさりではない。まずスープ、うお!なんだこのワイルドな煮干しのスープは!結構濃い味で煮干しの苦みやえぐみも感じるほどのスープ、動物系のうまみもあるが煮干しの印象がそれを凌駕する。ここまでくると苦手な人も多そう、でも煮干し好きなのでうれしい味であった。

麺は太めでちぢれている。コシがあり食感しっかり、ただ固いまでの印象ではない。スープもよく絡む。なんて強烈ならーめん、こってりはどういうことになるのやら。

背脂たっぷり、ただたまねぎは少な目であった。刻みというより擦りたまねぎ、食感は強くない。もうすこし存在感あるたまねぎの方がらーめんにあいそう。チャーシューは分厚いもので、しっかりした肉の味を感じる。

ワイルドに完食、スープも結構飲んでしまう。ただどんぶり一杯のスープはさすがに完飲まではいっていない。お会計して店をあとにした。この店でつけ麺を出したら面白そう、興味があるなあ。

到着=13:18 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太ちぢれ麺 スープ=ワイルド煮干し醤油、背脂たっぷり お気に入り度=8

Nibojiromenu

|

« 手打ちラーメン たかの(浦和:遠い) | トップページ | 四谷一条流がんこラーメン総本家(四谷三丁目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/55588373

この記事へのトラックバック一覧です: にぼ次郎(南浦和・蕨:遠め):

« 手打ちラーメン たかの(浦和:遠い) | トップページ | 四谷一条流がんこラーメン総本家(四谷三丁目) »