« 【閉店】つけめん 最大元(下井草) | トップページ | らーめん 正直もん(東大宮:かなり歩く) »

2012年9月26日 (水)

にぼ兄弟(吹上:ちょっと歩く)

訪問日=9月18日(火) 晴れ

メニュー=濃厚煮干し中華そば3ランク

Nibobrnibotyu埼玉県人が普段行かないのに鴻巣へ行くとなれば免許絡みの可能性が非常に高い。そして二時間も講習しなければいけないとなれば、まあそういうことである。睡魔と戦った講習も午前中に終わり無事新しい免許証を手に入れた。

さてここまできたなら折角なので遠目のらーめん店を目指すことにしよう。鴻巣から逆方面に向かって吹上駅、そこからちょっと歩いたお店「にぼ兄弟」に向かう。こちらは先日うかがった「にぼ次郎」の本店になるようだ。

お店の場所に到着すると入り口がふたつあり、片方には「つけ麺らーめん研究所」と書いてある。とりあえず左の「にぼ兄弟」の扉をくぐる。すると店の方からもう一つのお店の方が広いからそちらへどうぞ、と案内された。店内は繋がっておりそのまま移動、確かにこちらの方が広いようだ。

カウンター席に着席、テーブル席も結構ある。メニューを開くと方向性が二つのらーめんが表記されていた。今回は「濃厚煮干し中華そば」でお願いすることに。

ちなみにメニュー表を見ると「にぼ兄弟」の文字の前には「GAKUプロデュース」と書かれている、そうだったのか。そんな話を以前飲み会で聞いた気もするが、記憶をフルスイングで場外にかっ飛ばしていたときのこと、この時点でもそんな気がする、くらいまでしか思い出せない。

さて注文後に背脂の量を確認された。四段階で選択可能、迷った末に恐れをなして「三」でお願いすることにした。太麺と極太麺の選択もあるらしい、では太麺でお願いします。

ちょっと待って「濃厚煮干し中華そば」提供、おおっと!ここでもくるぜワイルド煮干し!がつんと来る煮干しの風味と味わい、うまみもしっかり感じられる。煮干し好きにはうれしい味、そうそうこれを待っていた。背脂もたっぷり入っている。

麺は太くコシがあるタイプ、食感もしっかりしている。ちぢれているのでスープもよく絡む。好みのらーめん、背脂もびしびし絡めながら食べ進む。

刻みたまねぎはさくっとした食感が心地よい・。ャーシューはちょい濃いめの味、でもこれがスープにあっている。すっかり完食、背脂を掬いながら思わず大量に入ったスープも結構飲んでしまった。

最後にお会計して店をあとにした。つけ麺も気になったなあ。ほかのメニューも試してみたいが、でもここ遠いんだよねえ。

到着=12:01 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=ワイルド煮干し醤油、背脂たっぷり お気に入り度=8

Nibobrmenu1

Nibobrmenu2

Nibobrmenu3

Nibobrmenu4

Nibobrmenu5

Nibobrmae

|

« 【閉店】つけめん 最大元(下井草) | トップページ | らーめん 正直もん(東大宮:かなり歩く) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/55727331

この記事へのトラックバック一覧です: にぼ兄弟(吹上:ちょっと歩く):

« 【閉店】つけめん 最大元(下井草) | トップページ | らーめん 正直もん(東大宮:かなり歩く) »