« 屋形船からこんにちは | トップページ | 中華蕎麦 とみ田(松戸) »

2012年8月16日 (木)

りんりん(北千住)

訪問日=8月2日(木) 晴れ

メニュー=ラーメン+餃子

Rinrinramen北千住駅を降りて老舗のお店に足を向ける。でもどこだ?おっとこの店か、確かに年季の入ったお店、扉をあけて店内へ。

端の席に着席してメニューを確認、最初ラーメンだけにしようと思ったがその値段はなんと300円、あまりにも安いので思わず餃子も注文してしまった。

注文して30秒で餃子提供、早すぎ。提供の際に店主氏っぽい方に席移動を勧められた。この日も天気が良く、それで出現した汗魔神ぶりに涼しい席を勧めてくれたようだ。ありがたく席を移すことに。

Rinringyozaまずタレを作って餃子を一口、この時にラーメンも提供、早い。餃子は非常にオーソドックスな感じ、皮はちょいもちっとしており、餡は肉と野菜のうまみを味わえる。ニンニクも効いているが過剰ってほどではない。この餃子が実は200円、安すぎ。

ラーメンはとてもあっさりした醤油のスープ、うまみもはっきり感じられる。麺はちょい細めで適度なコシ、ちぢれておりスープも絡む。昔ながらのらーめんって感じ、結構好みであった。

メンマはどっさり入っている。ちょい甘めで良い味だなあ。チャーシューは小さいのが2枚、噛み応えがある。このラーメンが300円、安すぎ。案外麺の量も多かったりする。

するすると食べ進み完食、餃子はもう無い。お会計は当然500円、なんか得した気分になる。店をあとにしたが、あとどれくらいこの値段でやられるのだろう。自宅からはちょっと遠いのでそうそう来ることは出来ないが、でも10年後にもまだ営業してそうな気がする。それを見たら多分うれしくなることだろう。

到着=12:58 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=中細麺 スープ=あっさりした醤油、うまみあり お気に入り度=7

Rinrinmotikaeri

|

« 屋形船からこんにちは | トップページ | 中華蕎麦 とみ田(松戸) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/55436133

この記事へのトラックバック一覧です: りんりん(北千住):

« 屋形船からこんにちは | トップページ | 中華蕎麦 とみ田(松戸) »