« 汁や きりん(阿佐ヶ谷) | トップページ | ラーメンタロー 大森の陣(大森) »

2012年4月13日 (金)

弐玖ノ利(高円寺)

訪問日=3月29日(木) 晴れ

メニュー=肉味噌ひや盛+おにぎり

Nikunorinikumiso 「汁や きりん」のあとは高円寺に移動、以前「AKATONBO」だった場所に出来た「弐玖ノ利」を訪問する。それにしても「AKATONBO」は閉店したのか、結構好きな味だったんだけどなあ。

さて新しい店は肉味噌麺の店らしい。店内に入り券売機でメニューを確認、麺のボタンは4つしかない。「肉味噌麺」にその大盛り、そして肉味噌麺の「ひや盛」とその大盛り、ちなみに大盛りは同額のようだ。ただ今回は連食なので普通にしようと思う。そして冷やのまぜそばが好きなので「肉味噌ひや盛」のボタンを押すことにした。

その後気づいたが下の方に「肉味噌小盛」で580円というのにもあるようだ(通常は700円)。カウンターに着席、ちょい待って「肉味噌ひや盛」が提供された。

太くちょい平たい麺はかなり固めの食感、強力な噛み応えであった。これは冷やじゃ無い方が食感の満足度が高かったかもしれないなあ・・・。

肉味噌はたっぷりかかっている。結構甘めの味わいに味噌のうまみ、味噌の味はあるけれどとげとげしい感じではなく柔らかい、結構好みかも。

存在感があり大きめの挽き肉、そのほか大根や白菜、ニンジンも入っている。面白い味、甘みが強いが卓上の醤油と辛みのあるお酢で調整して食べていく。これは温盛りならもっと良かったかもしれない。

Nikunorionigiri麺を食べ終わり、大量の肉味噌が残る丼を凝視する。すいません、おにぎり追加でお願いします。提供されたのは手で握ったおにぎり、そのままでも好きな感じであった。 

 

 

Nikunorimisorice丼に投入し混ぜて頂く。肉味噌が絡まり良い味であった。

 

 

 

 

 Nikunorisoupそしてスープ割りもお願いする。ちょいしょっぱめながらそれが丁度良い。完食の一杯、いろいろ楽しめた。麺を食べ終わる前にスープ割りで汁麺を頂くのも面白そう。再訪時は温盛りで頼んでみたい。

到着=14:02 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=肉味噌 お気に入り度=7

Nikunorikanban

|

« 汁や きりん(阿佐ヶ谷) | トップページ | ラーメンタロー 大森の陣(大森) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/54461105

この記事へのトラックバック一覧です: 弐玖ノ利(高円寺):

« 汁や きりん(阿佐ヶ谷) | トップページ | ラーメンタロー 大森の陣(大森) »