« 麺 高はし(赤羽) | トップページ | 麺屋 壽 KOTOBUKI(幡ヶ谷) »

2011年12月18日 (日)

麺と酒肴処 壱幹(六本木)

訪問日=12月7日(水) 曇り

メニュー=魚骨 塩らーめん

Itikansioraちょっと前に六本木に出来た「麺と酒肴処 壱幹」、テレビなどでも結構見ることがある。そういえばまだ伺っていなかったっけ。

店内に入ると席はテーブルのほかにカウンター席も用意されていた。先客1名のため今回はテーブル席に案内される。ちなみにあと客6名がぱたぱたっと入ってきていた。

店内はかなり魚のかおりがする。これがありそうでちょっと足が向かなかったのもあるんだけど。注文は「魚骨 塩らーめん」でお願いします。らーめんはすぐ提供、トッピングは別皿となっている。

スープの上にはたっぷりのタマネギ、そのスープはやはり魚介の風味とうまみの効いた塩味。魚のかおりはあるが強くない、これが心配であったがこれなら大丈夫、好みの味であった。

たっぷりのタマネギの食感と風味は強い、スープは少しタマネギ無しで頂いてみたくもあった。まあこれが魚のかおりを丁度良くしていたかもしれないけど。ただあっさりしたスープは食べ進むともっと良い味になってきた。

麺は細目、最初結構固めなと思っていたが食べ進むと食感も良くなってきた。

Itikanmenu3_2別皿のキクラゲにメンマにチャーシュー、そのままだとちと冷たい。チャーシューはスープで暖めると途端に食感も良く味も膨らむ。チャーシューは少し温めてくれるとありがたい。

しっかり完食、スープも結構頂いた。お会計して店をあとにする。昼時は半ライスがサービスの模様、連食予定なので頼まなかったけど、それを残りのスープに入れるというのも良かっただろうなあ。

到着=12:14 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=魚介のうまみと風味ある塩 お気に入り度=7

Itikanmenu1

Itikanmenu2

|

« 麺 高はし(赤羽) | トップページ | 麺屋 壽 KOTOBUKI(幡ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/53507902

この記事へのトラックバック一覧です: 麺と酒肴処 壱幹(六本木):

« 麺 高はし(赤羽) | トップページ | 麺屋 壽 KOTOBUKI(幡ヶ谷) »