« 風邪の日に | トップページ | つけそば中華そば 浜屋(五反田) »

2011年12月 3日 (土)

つけめん 駒鉄(駒場東大前)

訪問日=11月23日(水)祝日 晴れ

メニュー=つけめん並

Komatututuke月曜日に伺うもやっていなかった駒場東大前の「つけめん 駒鉄」を再訪する。店前には多数の並び、店内にも待ち席が有り並んでいる。後客もどんどん増えていく。こちらは「つけめん TETSU」の関連だが、出来たばかりなのにこの並びはさすがである。

さて並んでいると先に入り口のレジで注文するよう店の方に案内された。今回注文は「つけめん」の並で、ちなみに大盛りも同額のようだ。

Komatutususume_3しばらくして店内の待ち席まで移動、すると1席の空きが出来たらしく、7名飛ばしで着席となった。着席したのはカウンターの席、ほかにテーブル席も用意されている。席数はかなり多いのに満席で並びがあるのはすごいなあ。

席に座り、ぼーっとしていると目の前にある鉄道ジオラマが目に入った。この辺をイメージした作りの模様、待つ間も楽しめる。

ちょい待って「つけめん」提供、まず麺を頂く。コシのある太麺は、ただ決して固い印象では無い。のど越しも抜群に良くそして風味も良い。間違いなく好みの麺、病み開けにはかなりうれしい。

つけスープは動物系のコクとうまみ、そして魚介の味わいと風味が効いている。味はしっかりながらしつこくはなくマイルドにも感じる。これも相当良い。

中には大きなチャーシューが入っている。噛み応えはあるが、ただちょいぱさつきも感じるかも。まあそれはあまり問題ではなく、気持ちは上がったままでお約束の焼き石をお願いした。

Komatutuyakisi温度の下がったスープに入れて温める。香ばしい香りも漂いながら温度の上昇を確認、最後の数口を楽しんだ。

スープ割りも結構頂いたりしながら満足して店をあとにする。かなり満足した。こちらのつけめんはまた頂いてみたい。

到着=11:36 待ち時間=10分 行列=16人(調整7名飛ばし)

麺=太麺 スープ=コクのある濃厚動物魚介醤油 お気に入り度=8

Komatutumenu

|

« 風邪の日に | トップページ | つけそば中華そば 浜屋(五反田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/53396251

この記事へのトラックバック一覧です: つけめん 駒鉄(駒場東大前):

« 風邪の日に | トップページ | つけそば中華そば 浜屋(五反田) »