« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

北京ら~めん(川口元郷:遠い)

訪問日=12月23日(金)祝日 曇り

メニュー=ゴジラらーめん(激辛・平打ち麺)

Oekingojira 「まる忠」のあとは埼玉の名店である佐野ラーメンの店「たかの」か「すみた」を考えていた。でも辛いのを食べてしまったのでやめとこう。 

そうだ以前から一度は行ってみたいと思っていたお店に行ってみよう。「ゴジラらーめん」の文字あり、随分前は排骨の文字があったと思うが、なかったっけ。 

店内に入りカウンターに着席、テーブルも多数ある。辛さは3種類、激辛でお願いします。麺は細麺か平打ちが選択可能、平打ちでいっとこうかなあ。 

Pekinkarasaちょっと待って提供、確かに辛みのある、いやでもそんなに辛味の無いらーめん提供、啜って食べれるくらい。スープ自体はうまみのある味あっさりタイプ、白菜のうまみと甘みも感じられる。案外好きな味かも。

麺は中太の平打ちタイプ、あまりスープは絡まないのか辛くない。具財はたっぷり、白菜にニンジン、ニラ、豚肉も。

完食し会計し店を後にする。結構お腹一杯になった。

到着=12:28 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太平麺 スープ=辛みのあるスープ お気に入り度=7

Pekinmenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋 まる忠(蕨)

訪問日=12月23日(金)祝日 曇り

メニュー=しょう油らーめん+辛味

Marutyusyoyu川口にたまたま気になったお店があった。といっても蕨駅が近い「麺屋 まる忠」を訪問、店内に入り券売機で麺ニューを確認する。

左上はランチメニューか、今回はそれとは違う「しょう油らーめん」でお願いする。その後カウンターに着席、奥にテーブル席も存在する。

それほど待たず「しょう油らーめん」提供、動物系のコクがある醤油のスープ、結構醤油の味わいが強めかも、でも結構好きな味であった。多分こういう味と知って伺うとはまる味かも。

麺は中太でちぢれている、コシがありスープも絡む。チャーシューは大きめ、噛み応えあるが柔らかさも感じる。あとはのりに水菜、へたにメンマが無いのが潔い。

Marutyukarami途中で自家製ラー油をサービスされた。いきなりスープに投入、サービスかもしれないがそれはどうかと思った、でもこれが良い、辛みはあるがそれ以上に香ばしさに引きつけられる、これがあると無いでは感想が違う。

完食、スープもほぼ飲んでいる。最初にふつうで、後半辛みがありがたい。別に辛味って券売機にあったっけな。

到着=11:52 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=濃いめの醤油 お気に入り度=8

Marutyumenu

| | コメント (8) | トラックバック (0)

らーめん まる吉(六本木)

訪問日=12月22日(木) 曇り

メニュー=塩らーめん

Maruyosisio 「醤和」のあとは六本木に、以前伺った際に店内工事であった「らーめん まる吉」を訪問する。

店内に入りカウンターに着席、注文は「塩らーめん」でお願いします。メニューはほかに醤油や味噌、つけ麺なんかもある。

それほど待たず「塩らーめん」提供、最初動物系のかおりが結構気になったがすぐに慣れてしまったので問題なし。コクのある塩のスープはうまみも十分、背脂も入って結構好きな味であった。

麺は中太でコシがある、弾力はあるが食感も良くスープも絡む、好みの麺。チャーシューは炙りで香ばしい。半熟玉子半個は柔らかい味、これが通常トッピングはうれしい。

迷うことなく完食、お会計して店をあとにした。

Maruyosimenu到着=12:28 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=コクのある塩 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

醤和(笹塚)

訪問日=12月22日(木) 曇り

メニュー=中華そば

Syouwaramen笹塚にてらーめんを求める。到着したのは「醤和」というお店、店内に入り券売機でメニューを確認する。といっても「中華そば」メニューのみ、左上は「ちゃーしゅー麺」か、でも真ん中の「中華そば」でお願いすることにした。

その後カウンターに着席、中華そばを待つ。煮干しの香りが店内に漂う、結構良い。

ちょっと待って「中華そば」提供、煮干しの風味とうまみある醤油のスープ、醤油の味わいも好みな感じでかなり好きなスープであった。

ただちょっと油が多く味わいが鈍る気がした。油は調整可能の模様、少な目くらいが良いかもしれない。スープの味自体はかなり好み。

麺は中太でちぢれている。固めな茹であがりでのど越しもまずまずかな、これは好みの問題か。

チャーシュー3枚あり、噛み応えがあるが結構なぱさつき、ちと惜しい。ゆず皮なんてのも入っていた。

完食、スープがかなり気に入った。今度伺えばもっと良くなっているかもしれない。そういえばお隣のおばあちゃんも絶賛していた。

Syouwamenu到着=11:29 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=煮干しの風味とうまみある醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月30日 (金)

2011-2012年末年始情報

確認した店の年末年始情報をアップ(昨年はこちら

----------------------------------

↓ラーメン二郎 池袋東口店(池袋)の情報

Ikejironensi

↓麺処 花田(池袋)の情報

Hanadanensi

↓がんこラーメン (池袋)の情報

Ikegankonensi

↓ラーメン大至(御茶ノ水)の情報

Daisinensi

↓麺屋 げんぞう(湯島・上野広小路)の情報

Genzonensi

↓らーめん天神下 大喜(湯島・上野広小路)の情報

Daikinensi

↓油そば専門店 浜そば(湯島・上野広小路)の情報

Hamasobanensi

画像は無いが大晦日に伺った「中華そば けいすけ」(八王子)は1/1~3日は営業ながら12:00~17:00までらしい

↓麺処 あずき(八王子)の情報

Azukinensi

↓大海軒 八王子店(八王子)の情報

Taikaikennensi

↓竹の家(八王子)の情報

Takenoyanensi

↓弘富(八王子)の情報

Hirotominensi

↓東池袋大勝軒 八王子店(八王子)の情報

Hatitaiisyokennensi

↓麺屋 空 -ku-(八王子)の情報

Kunensi

↓自家製麺 ほうきぼし(志茂・赤羽)の情報

Houkibosinensi

↓麺屋宗 高田馬場本店(高田馬場)の情報

Sounensi

↓創新麺庵 生粋(池袋)の情報

Kisuinensi

↓麺舗 十六(要町)の情報(1/6から)

16nensi

↓麺屋 ごとう(池袋)の情報

Gotonensi

↓伊藤(王子神谷)の情報

Itonensi

↓麺屋 こんどう(綾瀬)の情報

Kondonensi

↓天下一品 神田店(神田)の情報

Tenitikandanensi


↓べんてん(高田馬場)の情報

Bentennensi_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【閉店】べんてん(高田馬場)

訪問日=12月19日(月) 晴れ

メニュー=温かい塩油そば

Bentenaburasoba 「鶏そば 三歩一」のあとはすぐ近くの「べんてん」に向かう。店の前に待ちが3名、いつもの待ち場所であるガードレール沿いには1名、こっちだよな?ガードレール1名の後ろに並ぶ。ただ店前合わせても4名か、結構少ない印象、ただその後続々と人が集まり10人は後ろに並んでいた。

さて先客も店内に入っていき、自分も店内で待つようにと厨房から女性の指示があった。それからちょい待って着席、今回の注文は、なんだこのメニューは?よく判らなかったが興味を持って「温かい塩油そば」でお願いすることにした。ちなみに同じロットはすべて油そば、珍しいのでは?

Bentenaburamazeその後提供の際、ほかの方には生卵が入っているものもあった、それも良いなあ。自分の前にも麺のみの丼が提供される。下から混ぜるようにとの説明、混ぜると具材とともに塩ダレが顔をだす。さて頂こう。

コシはあるが温かいのでもちもち感を感じる麺、食感も良くまず麺が好み。混ぜたタレはコクのある塩の味わい、香ばしい風味も感じる。唐辛子も入っているので辛みもあり、ただピリ辛くらい。

うまみもしっかりな味わい、これはかなり好みの油そば、塩の油そばをこれほど好みに思うとは思わなかった。メンマにチャーシューも頂きながら。

Bentensiosoba後の方でスープをお願いした。これだけで良い味の塩らーめんになる。かなりの量の麺も連食なのに問題なく完食、お会計して店をあとにした。

ちなみに31日は特製ラーメンのみで、年始は5日かららしい。そうか今年は正月1日に営業しないのか、困ったなあ。

到着=11:52 待ち時間=12分 行列=4人

麺=太麺 スープ=コクの有る塩味の油 お気に入り度=9

Bentennensi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏そば 三歩一(高田馬場)

訪問日=12月19日(月) 晴れ

メニュー=鶏そば

Sanpoititorisobaこの日は高田馬場にらーめんを求める。まず向かったのは鶏のラーメンのお店、もちろん券売機では「鶏そば」の券を購入した。でも濃厚とつけ麺も気になるかも。

カウンターに着席、それほど待たず提供された。ほぼ同時間入店の方が頼んだつけ麺より大分早い。

まずスープ、鶏のうまみが効いたコクのある塩のスープ、味わいしっかりでかなり好きな味であった。冷えた身体にこの温かいスープがうれしい。

麺は中太でコシがある、というか結構固めの食感だなあ。風味は良く好みの麺ではある。

鶏チャーシューが柔らかく、ただ食感もしっかりしたもの。鶏のうまみもしっかり感じる。ふつうのチャーシューはちょっとかおりが強めかも。

Sanpoitityoumi白髪ねぎの食感がスープに合う。別添の柚子コショウも投入、風味が増して良い。おすすめにあった魚粉を投入、これは無くても良かったか。

完食し店をあとにする。麺が惜しかったが結構満足できるラーメンであった。

到着=11:41 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=鶏のうまみある塩 お気に入り度=7

Sanpoitimenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月29日 (木)

【閉店】つけ麺処デーブ(新井薬師前)

訪問日=12月18日(日) 晴れ

メニュー=つけ麺並

Debutuke 「乙麺造場」のあとは新井薬師前付近に移動する。来年から「東北楽天ゴールデンイーグルス」のコーチになるというデーブ大久保氏のお店を訪問する。こちらは通常シチリア料理の「エトナ」というお店なのだが、昼のみ間借りしてつけ麺を出す店として営業しているらしい。

店内に入りテーブル席に着席、確かに店内の雰囲気はらーめん屋さんという感じでは無いかも。

Debumenuメニューを確認、今回はつけ麺でお願いすることに。並・大盛・得盛は選択可能ながら今回は並でお願いしている。ちなみにラーメンは大盛+100円と書かれている。

の日デーブ大久保氏はいない模様、でも店のホール担当の方はかなりのガタイが良い感じ、どこかで見たような気もする。選手の方かな?

それほど待たず「つけ麺並」提供、かなりコシのある中太麺は、ただ固い感じではない。食感しっかりながらのど越しも良い。好みの麺であった。

つけスープは動物系のコクとうまみある醤油味、酸味と甘みも効いている。普段酸味・甘みは敬遠気味なのだが、でもこのスープにはあっており問題なく好みを感じる。味わい自体も壊れていない。正直洗練されているという感じの味ではないが、でも力強く力強くぐいぐい食べさせる感じがかなり良い。

スープ内にはチャーシューが細かく切られたたもの、味わい濃いがスープに合う。メンマに刻んだナルトも入っている。良い具材。

小さい皿に入った麺と思っていたが、でも案外量は多い。ただ大盛りでも問題なく頂けただろう。

Debuwariそして完食、先ほどのガタイの良い方はほかのお客さんとお話している。スープ割りを頼むタイミング計ろうと思ったが、顔を上げた瞬間スープ割りの声を掛けてもらった。かなり気の利く方、ほかの方のお冷やとかもすぐに出されていた。会計時も即気づいて頂ける。味ももちろん接客にも大変満足して店を後にした。

到着=12:08 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=酸味甘みある醤油 お気に入り度=8

 

 

ちなみにこの日は環七を中心に走ったのだが、最初のお店に向かうときにこれまで制限速度が40kmだったところが50km制限に変わっていることに気がついた。そうかついに環七も50km制限になったのか。

これまで環七は出来れば50km制限に変わって欲しいと思ったことが1度や2度、2度が4度、ついに変わったかあ。

でも「つけ麺処デーブ」のあとにまた環七を走ると40km制限になっている。どういうこと?引き返して同じ場所の標識が逆方向だと50km制限になっていることを確認、どういうこと?まだ変更している途中ということかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乙麺造場(大山)

訪問日=12月18日(日) 晴れ

メニュー=名物鴨出汁らーめん

Otumenkamoraかなり寒い日曜日、らーめん求めて突っ走る。到着したのは「乙麺造場」というお店、店前の看板はシャレかな、最初本当の工事案内かと思ってしまった。

扉をくぐりカウンターに着席、こちらはテーブル席もあるお店になる。今回注文は「名物鴨出汁らーめん」の醤油で、塩もあるのか、そっちも気になるんだよなあ。

さてそれほど待たず「名物鴨出汁らーめん」提供、かなりあっさりした醤油のスープ、鴨の香りと味を感じるが強くはない。ただすっきりした味なので食べやすい。

麺はちょい幅広の平打ち、適度な柔らかさで表面にざらつきあり、でも結構好み。

味玉は標準なのかな?半熟で柔らかい味が好みであった。鴨肉が良い味、柔らかく肉のうまみを感じる。メンマは風味微妙、必要かなあ。和を感じるスープ、メンマは無しでも文句は無い。

さてもうすこしで食べ終わる、というところでどこかからタバコのにおいが、店の方が客席で書き物をしながらタバコを吸っている。せめて奥の席で吸ってもらえないだろうか。お会計して店を後にした。

到着=11:22 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=6

Otumenmenu

Otumenkoujyo

Otumenkanban

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月28日 (水)

麺家 一心(湯島)

訪問日=12月16日(金) 晴れ

メニュー=スープカレーそば+サービスライス

Isincurrisoba湯島駅近くに出来た「麺家 一心」を訪問、今回は御徒町から歩いて向かう。店前の提灯には「スープカレーそば」の文字、普段カレーラーメンはあまり頼まないがでもスープカレーなら頼んでみたいかも。

店内に入り券売機でメニューを確認、鶏と煮干しという「中華そば」に迷うが、でも押したボタンは「スープカレーそば」であった。その後カウンターに着席、席はテーブルも用意されている。

Isinmenu2ランチタイムはライスかこの日の丼がサービスらしい、丼はピリ辛チリメン丼なるものの様だが今回は目的を持ってライスの方でお願いすることにした。

それほど待たず「スープカレーそば」提供、カレーラーメンで無くやはりスープカレーそばという感じ。あっさりめのカレースープながらうまみも十分感じられる。ちょっとそば屋のカレーも感じながら、このスープはかなり好みを感じる。

麺は中太で適度なコシ、麺が多めなのかスープに泳いでないのはちと惜しい、ただ十分満足。上にはうずらにヤングコーン、ジャガイモ、パプリカ、サヤエンドウ、レンコン、ウズラ卵、水菜と具沢山、このラーメンちょっと良い。

Isinspiceさて最初の方で持ってきてくれたブラックペッパーとチリペッパーを途中で投入してみる。辛みも結構増すがこれも有り。

そして麺完食、見え見えの行動ながらライスをスープにダイブ、ライスを入れるとスープがちょっと弱く感じたのでさらにペッパーをパッパーと、刺激的で良い感じに。

Isinrice完食するとかなりお腹一杯になっている。しまった!粉なチーズを使うのを忘れてしまった。まあ今更仕方なし。

満足したカレースープのラーメン、そういえば昨日バスを降りたところにあった北海道アンテナショップにもスープカレーラーメンがあったっけ。今度いってみようかな。

到着=12:02 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりめのカレースープ お気に入り度=8

Isinmenu1

Isintyotin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

自家製麺 ばくばく(木更津:遠い)

訪問日=12月15日(木) 晴れ

メニュー=醤油らーめん

Bakubakuramen 「並木商事」のあとは木更津に移動する。駅からは歩きで目的の店へ。

途中、駅前の商店街には人だかりが出来ていた。エプロン姿の人が見えたので飲食店の新店かなと思ったが、それにしては人が多い。

撮影なの?ドラマかな、通り過ぎる途中で不測の事態が発生した模様、スタッフの方とぶつかった。まあそんな大した話ではないのでそのまま通り過ぎることにしたが、あの「ばきっ」って音は何だったのか?

さてそこからかなり歩いて、随分と歩いて、そして遠くに看板が見えてきた。目的の店「自家製麺 ばくばく」はセブンイレブンの先、やっとたどり着いて券売機でメニューを確認する。よし今回は「醤油らーめん」でお願いしよう。

Bakubakumenuカウンターに着席、席はテーブルもあり、そのテーブルは席が埋まっている。というか途中でカウンターも満席、店前には並びが出来だした。なんていいタイミングで伺ったのだろうか。ただ前客がつけ麺だったためか、かなり待って「醤油らーめん」が提供された。

良い香りのスープ、食べる前にうれしくなる。そのスープはコクがありうまみのしっかり感じられる醤油の味、飲んでも良い香りが鼻を抜ける。かなり好みのスープ、来た甲斐がある。

麺はコシがあり啜り心地の良いちょい細目の麺、風味も良くスープも絡む、これはますます良い。ちなみにカウンター席の前には製麺室、店名にあるとおりこちらは自家製麺の店のようだ。

チャーシューというかローストポーク、噛み応えがあり肉のうまみを感じる。穂先メンマの柔らかさ、これも良し。来て良かったと思える店、完食して店をあとにした。

店を出ると並びは4名、すごいなあ。遠い店だしつけ麺も食べようかなあ、と思っていたがもう無理か。結局この日は2軒ともに満足、また今度千葉の未訪店に伺ってみよう。

「ばくばく」の帰りは近くのバス停からバスに乗って帰ることにした。着いた場所が実は東京駅、そうかこの手があるのか。こうなるとお店に行くのも東京駅からバスに乗って伺うのも有りだな。

到着=13:16 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=コクのある醤油 お気に入り度=8

Bakubakusetumei

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

並木商事(東千葉)

訪問日=12月15日(木) 晴れ

メニュー=並商ラーメン(醤油)

Namikisramen千葉のらーめん店に向けて出発する。最初は木更津に行こうと思っていたが、朝いろいろあって東千葉を第一目標に決めた。

そのお店「並木商事」到着は営業10分前のこと、どこかで時間をつぶそうか、ただめぼしいお店が見つからず店前ベンチに重い尻を落とす。

看板には(鶏)の文字、そうか鶏スープのお店なのか。11時30分ちょうどにオープン、一番乗りで券売機を睨みつける。

左上の「並商ラーメン」で、メニューはほかに「鶏白湯ラーメン」や「辛口ラーメン」、「並商つけめん」なんてのがある。カウンターに着席、お店はオープン直後から来客続々、かなりの人気があるようだ。

ちなみに案内を見るとつけめんだけでなくラーメンでもスープ割りが出来るとのこと、これはあとで頼んでみよう。

ちょっと待って「並商ラーメン」提供、スープはかなり粘度が高い、どろどろである。鶏のうまみある味で結構甘みを感じる味わい、かなりインパクのあるスープであった。普段甘みがあると苦手に感じることがあるけれど、でもこのスープはとても好み、これは後を引きそう。

麺はちょい太めのストレート、コシがあり食感もしっかりしている。スープ自体がよく絡む。

チャーシューは焼いており香ばしい。そして肉のうまみも感じる。とろとろしたゼラチン状のものはちょっとこりこりもしている。これは軟骨らしい。白いきくらげっていうのも面白いなあ。

Namikiswari3分の2ほど食べたところでスープ割りをお願いする。スープ割りは煮干しらしい、ねぎと魚粉も追加で帰ってきた。こうなると食べやすくなった感じ、でもインパクトは薄目になる。ただ最初にそのまま、そのあとスープ割りというのは食べ方として良い感じかも。

すっかり完食、スープもかなり頂いた。まあ完飲していないが残した量はスープ割しなければ飲み干しているくらい、気持ち的にって感じ。こちらのらーめんには満足した、来る機会があればつけめんも頂いてみたい。

到着=11:30 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=濃厚な鶏スープ、甘み有り お気に入り度=8

Namikis

Namikiseigyo

Namikisjitensya

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

お取り寄せラーメン試食会

訪問日=12月13日(火) 晴れ

平日のこの日、夜にお取り寄せラーメンの試食会が開催された。到着した場所にブロガーさん数名、大多数が到着して取り寄せラーメンが提供されだした。

ちなみに今回の試食はあっさり、こってり、がっつり、つけ麺、ピリ辛の5部門に数種類のらーめんがエントリーされており、別の審査で1位に選出されたメニューを頂くという内容になる。

----------------------------

まずはあっさりから「富良野とみ川」の「石臼挽き中華そば」(BestMart

Tomikawa

煮干しのうまみある醤油のスープ、動物系のコクある味わい。あっさりとあったが味わいはしっかりしてかなり好みのスープであった。

麺は細目、写真を撮っていたら時間が経ったのかちと柔らかいが、いやこのスープに麺が自宅で頂けるとなればかなりうれしいかも。

チャーシューやメンマもついており、満足感も高い。これは幸先の良い出だし。

----------------------------

続いてこってりから「ラーメン二葉」の「背脂煮干ラーメン」(鉄人会

Futaba

随分前に荻窪のお店に伺っている。さて今回はどうか。煮干しのうまみを感じるスープ、うまみも十分感じられる。味わいばっちり、おっとこれはかなり良いんじゃないだろうか。

麺は中太でコシもありスープも絡む。これはすごいな。チャーシューも肉のうまみを感じる。

----------------------------

次にがっつり「らー麺 シャカリキ」の「続・シャカ豚~豪快~」(屋食ラー麺

Syakariki

こちらは二郎風のらーめんになる。さすがにもやしはついていないので別トッピング、キャベツは入っていないがこれだけでかなり雰囲気が出る。

まずスープ、結構インパクトある濃い味のスープ、脂の層も厚い。スープをもっとがしゃがしゃ混ぜても面白そう。甘みもあるスープながらこれはこれで結構好みかも。

麺は極太、このスープなら良い茹で加減だった気がする。食感強いが好みの麺であった。自宅で取り寄せするならもやしは入れた方が良いね。スープにもあう。

途中で柚子を入れる人がいた。人によって好みが分かれたが、自分は有りに感じた。

----------------------------

続いてつけ麺は「中華蕎麦とみ田」の「つけめん」(本物ラーメン

Tomita

とみ田の取り寄せって頼んでみたいなあ。コシのある太麺はちょい表面にざらつきがあるかも。今回たまたまかな?でも風味もちゃんとある。

つけスープは動物系のコクと魚介の味わいが効いている。うまみも十分な味、贅沢だなあ。これは食べたあとにご飯とか入れてみたい。

とみ田は随分伺っていないが、また行ってみたくなった。

----------------------------

最後はピリ辛で「麺処井の庄」の「辛魚魚つけめん」(本物ラーメン

Inosyo

「麺処井の庄」も随分伺っていないなあ。提供の「辛魚魚つけめん」は辛味が別になっている。調子に乗ってラー油も辛味ある魚粉もすべて投入、これは大丈夫なのか?

綺麗な麺は結構コシのある感じ、ただこちらもちとざらつきを感じた、なんだろう?たまたまかな。

つけスープはこちらも動物系と魚介のうまみ感じるが、辛いね、間違いなく辛い。でもこれは元のスープが好みのため満足感は高い。ちなみに同行者には辛くないと、むしろ甘いくらいだ、という人もいた。辛みは調整できるので自分の好みに合わせたい。

今回ねぎは別に入れているが、このメニューはねぎを入れたほうが良い味に感じる。

----------------------------

全5種のらーめん、つけ麺を食べきった。それぞれに特徴があるメニュー、これが自宅で頂けるというのは楽しいなあ。また今度お取り寄せらーめんを頼んでみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本橋よし町(新橋)

訪問日=12月13日(火) 晴れ

メニュー=又焼麺+サービスライス

Yosimatisoba結構前に出来たお店ながららーめんの値段が最低1000円以上、なかなか足が向かないお店があった。「日本橋よし町」は新橋駅からも結構近い。

階段を降りた地下の店、扉を開けて店内へ入る。品の良い小料理屋のような感じ、カウンターに案内された。テーブルもあり、らーめんで無くほかのメニューが出てきても納得する店内の雰囲気かも。

Yosimatimenu1さてメニューを確認、今回は「又焼麺」でお願いすることにした。店の方の接客は非常に丁寧、年輩の男性と女性がホールを担当している。

ちょい待って「又焼麺」提供、小さい丼となっている。ライスもすぐに提供、その際「おかわりもたくさんお召し上がりください」とのこと、なんか良い店。

さて「又焼麺」、あっさりした醤油のスープはがつんとくる感じではなくじんわりとしたうまみという感じ。麺は細目でちょい柔らかい、のど越し良く口の中を滑っていく。

らーめんだけだとそれほどなのだが、でもなんだろうこの満足感、店の雰囲気とホールの方の対応で「又焼麺」の味も押し上げられる。いるだけで気持ちいいお店かも。

チャーシューは周りが赤い、噛み応えがあり肉のうまみを感じる。このチャーシューは良いなあ。ザーサイを食べながらライスも頂く。

Yosimatirice「又焼麺」を食べ終えて残るライス、スープをいれてチャーシューを飾り付けてみた。ライスでもじんわりくる味、ここにはコショウを入れてみる。ちょっと刺激的な味に。

すっかり完食、心も満足して店を後にする。店の方の客に対する気遣いと喜んでもらおうという姿勢、素晴らしい。なんか感動したお店、また伺いたい。

到着=11:30 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=8

Yosimatimenu2

Yosimatikoujyo

Yosimatiiriguti

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月24日 (土)

マルゴ食堂(新橋)

訪問日=12月12日(月) 晴れ

メニュー=マルゴそば

Marugosoba年末も近づき新橋近辺でのラーメン食スパート、ガソリンスタンドちょい向こうの「マルゴ食堂」を訪問した。店内へ入りカウンター席に着席、テーブル席もほぼ埋まっている。

メニューを見るとカツカレーや餃子定食もあり、でも昼は「マルゴそば」がメインっぽい。セットも迷うが今回は「マルゴそば」を単品でお願いすることにした。

ちょい待って提供、あっさりした醤油のスープはちょい甘めの味わい、でも好みを感じる味であった。

麺はぴろぴろした平ちぢれ麺、ちょい固めな印象も受けるがこれも好きなタイプ。チャーシューは柔らかくとろっと崩れる感じ。

あっという間に完食、お会計して店を後にした。カレーもセットで頼んどきゃよかったなあ。

Marugomenu到着=11:55 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太平ちぢれ麺 スープ=あっさりした醤油、ちょい甘みあり お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺造 鉄神 (西台)

訪問日=12月11日(日) 晴れ

メニュー=醤油つけ麺並

Tetujintuke 「麺屋 不動」のあとは西台に移動する。先日伺った「麺屋 じもと」の近く、高架下に出来た「麺造 鉄神」を訪問する。

店内の券売機でメニューを確認、左上配置の「醤油つけ麺」の券を購入した。カウンター席に着席、席はテーブルも用意されている。

ちなみにつけ麺は並と大盛りが同額、今回は並でお願いしている。厨房内は目立つところに業務用メンマの缶があった、まあいいか。

それほど待たず「醤油つけ麺」提供、ちょっと平たい麺はコシがありのど越しも良い。つるつる入っていく麺、結構好きなタイプであった。

つけスープは動物系のうまみある醤油、酸味が結構ある。甘みも感じるが濃厚系ではないのでそれほどくどくない。でもこういう味は辛みのある方が好きかも。チャーシューはスープ内にあり、噛み応えを感じる。

するっと完食、店をあとにした。

Tetujinmenu到着=12:06 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=動物系のうまみある醤油、酸味甘み有り お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

麺屋 不動(竹の塚)

訪問日=12月11日(日) 晴れ

メニュー=つけ麺並

Fudotuke日曜日に竹の塚駅近くに出来たらーめん店を訪れる。券売機でメニューを確認、左上はつけ麺か、それでいっとこう。

券を渡すとばっちりメイクのホールの女の子からつけ麺はライスか大盛りが無料との説明を受けた。連食予定なのでそれは無しでいいです。またつけ麺は辛みと魚粉の2種類が選択可能とのこと、じゃあ魚粉で。

カウンターに着席、結構待って「つけ麺」が提供された。提供時間から予想していたがやはりかなり太い麺、その麺はコシがあり食感がしっかりしている。ただ固いほどの印象ではない、風味も良く好みの麺であった。

つけスープは動物系のコクとうまみ、魚介の味わいの効いたもの、酸味や甘みは感じず、くどくない。マイルドにも感じるスープはかなり好みの味となっている。そしてこのつけ麺、食べ進むとさらに味わいが増す感じ、良いかも。

チャーシューはちょい温もりあり、肉のうまみを感じる。味玉半個もうれしいところ、甘めの黄身が印象的であった。魚粉も投入、これで味が増す。

完食、麺の器には下のほうに水切りのざるが配されていた。ちゃんとつくられた一杯という感じ、満足した。

Fudomenu店を出て気づいたがどうやら価格変更があった模様、800円でも納得したなあ。ちなみに店前案内には最初の1名は無料とある。面白いが、それは必要なのか。そういえば先客1名はまだ来たばかりっぽかった。危うく無料になるところだったぜ。

到着=11:08 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系と魚介のコクとうまみある醤油 お気に入り度=8

 

Fudoeigyo

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年12月22日 (木)

井之上屋(春日部)

訪問日=12月10日(土) 晴れ

メニュー=醤油らぁ麺

Inoueyasyouyu 「自家製麺ののすけ」のあとは春日部に移動する。ずっと以前に伺ったことのある「大黒屋本舗 春日部店」で静岡のご当地グルメ「つけナポリタン」が頂けるらしい。

結構時間が掛かって到着、店前のメニューを見ると「つけナポリタン」には限定の文字がある。いやな予感を頭に点滅させながら店内の券売機を見る。そうかあ・・・、やっぱり売り切れかあ・・・、がっくり来たので店を出ることにしてしまった。

ああ、なぜもっと早く来なかったのか、なんか逆に笑えてきた。それを見かねたのか店の外でお店の方が教えてくれた。「つけナポリタン」は今年の販売を終了しており、再開は来年1月10日からとのこと、そうだったのか!いやなんてするどいタイミング伺ったのだろう。

さてどうしようか?そうだ「井之上屋」があったではないか!すぐに移動して店内へ入る。券売機でメニューを確認、以前「塩らぁ麺」を頂いているので、今回は「醤油らぁ麺」で。

その後カウンターに着席、結構待つ。あれ?もやしとキャベツを盛り付けているような。そして提供、見た目二郎っぽい感じになっている。ただ味はそんな感じではない。

動物系のコクとうまみがある醤油のスープ、粘度がありとろっとしたスープは結構好きな味だが、そうか「井之上屋」の醤油はこういうのなのか。

麺は太めで平たいタイプ、適度なコシでのど越しも良い、もちもち感もある麺はかなり好みの感じであった。

上のもやしとキャベツは適度な量という感じ、麺と絡めて頂いていく。そしてチャーシューが良い味、お持ち帰りしたくらい。

するっと完食、結構満足したが、でもやっぱり久しぶりなので「塩」で良かったなあ。

到着=13:35 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=動物系のコクある醤油 お気に入り度=7

 

 

Daikokuyanapomenu← こちらは「大黒屋本舗 春日部店」のメニュー、こうなると「つけナポリタン」がすごく食べたくなっちゃったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

自家製麺ののすけ(大宮)

訪問日=12月10日(土) 晴れ

メニュー=塩ラーメン並+サービスおにぎり

Nonosukesioいやあ随分寒くなったものだなあ。さてこの日は大宮へ向かうことに。到着したの「自家製麺ののすけ」というお店、店内へ入りカウンターに着席した。席はテーブルも用意されている。

今回の注文は「塩ラーメン」で、大盛りがサービスとのこと、連食予定なので並で。おにぎりもサービスなの?じゃあそれはお願いします。

それほど待たず「塩ラーメン」提供、あっさりながら味わいのしっかりした塩のスープ、うまみも十分でかなり好みの味であった。ちょい岩のりの風味がスープに香る。きつい感じではないので問題ないが、ただその風味無しでも頂いてみたい。

麺は適度なコシの中太、ちぢれておりスープは絡む。最初ちょっと歯にひっつき気味、後の方でそれはないが結構柔らかくなった。

チャーシューは柔らかいタイプ、塩のスープにあわせるには結構濃いめの味であった。岩のりは食べると良い香り。

後のほうでおにぎりを頂く。かなりむっちりした食感、もち米みたいにむっちり。ただ柔らかい味で好みを感じる。

するっと完食、大盛りもサービスで650円だし、ランチはおにぎりもあるし、かなりうれしいサービスではないだろうか。店の方の接客も丁寧だったのも良かった。

Nonosukemenu到着=12:11 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太ちぢれ麺 スープ=あっさりした塩 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月20日 (火)

ぼぶ麺会2011(BeeHive:六本木)

訪問日=12月8日(木) 曇り

Bobumenkaitori今年も開催されたぼぶさん主催のらーめん好きが集まる忘年会、今回は六本木にある「BeeHive」が会場であった。以前らーめんを頂いたフロアを抜けるとそこには広いスペースが、なんと、こういうことになっていたのか。そしてもうひとつ降りたところが今回のメイン会場であった。

今回は60人の参加らしい。すごいなあ、テレビや雑誌で見る人がいるよ。さて初めてお会いする方、久しぶりにお会いする方、沢山の方にご挨拶する。バイキング形式で提供されているいろいろなメニュー、しまった写真を撮り忘れた。全種類頂こうと思っていたのに話に夢中で食べたのは少しであった。

さてそんな中、この日だけの限定らーめんが以前食べたスペースで提供されているとのこと、会がはじまってしばらくしてからその席に着く。

Bobumenkaisioしばし待って提供の白と緑のらーめん、鶏のうまみあるスープはかなりあっさりした感じとなっている。このらーめんは別に塩が提供されており、それで好みの味に仕上げていく。確かに塩を投入すると味わいがはっきりしてスープのうまみも広がっていく。良いねえ。

麺は中細でコシがある。スープも絡みいい感じ、このらーめんは良いねえ。鶏チャーシューも鶏のうまみをしっかり感じる。完食完飲、満足した。

さて会場では皆の紹介、そして入り口で配られたカードに書かれた番号でのプレゼント抽選となる。しまった!カードが無い。どこかにしまったはずと服をまさぐり、上の階に置いてきた荷物を探したりしたが見つからなかった、残念・・・。

そして会も進み、頃合となって解散となった。今回自分は翌日の仕事の都合ですぐに帰ることにしたが、皆さんはそのあといろいろなところに繰り出しているのか。

ちなみに家に帰って気づいたこと、カードは財布の中に入れていたのか・・・。最近こういうのが多いなあ。37番って呼ばれてなかたっけ?

Bobumenkai到着=19:00ころ

麺=中細麺 スープ=鶏のうまみある白湯スープ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月19日 (月)

ビーハイブ ゲンキノモト(神田)

訪問日=12月8日(木) 曇り

メニュー=手打ち中華そば

Genkinomotoramen神田からちょい歩いた場所に出来た「ビーハイブ ゲンキノモト」を訪問、千葉の長生(未訪)六本木にある「BeeHive」の関連店らしい。あれ?この場所は前に来たところではないか。

店内に入ると2名の待ち客、その2名の女性はちと香水が強い。ちょっと待ってテーブル席に空きが出来て着席、前述女性の横か、仕方なし。

さてかなり待って「手打ち中華そば」提供、あっさりながら深いうまみある醤油のスープ、香りも良くかなり好みの味であった。

麺は太めで平たいタイプ、ちぢれており、なんだかふかっとした食感、なんか珍しい感じに思える。なんだろう?

好みのらーめん、でも食べている途中も香水のにおいは押し寄せる。チャーシーは噛み応えあり、肉のうまみを感じる。

完食、思わずスープもほぼ完飲した。満足したが、でもこちらはもう一度伺いたい。

Genkinomotomenu到着=12:05 待ち時間=4分 行列=2人

麺=太平ちぢれ麺 スープ=あっさりした醤油、深いうまみあり お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

麺屋 壽 KOTOBUKI(幡ヶ谷)

訪問日=12月7日(水) 曇り

メニュー=壽つけめん250g+ランチサービス味玉

Kotobukituke 六本木でもう一軒、と思ったら店内改修工事でお休みであった。ならばと幡ヶ谷へ移動する。訪問したのは最近出来たお店「麺屋 壽 KOTOBUKI」、こちらは以前もつらーめんのお店があった場所のようだ。

店前の券売機でメニューを確認、つけ麺は150g・250g・300gが同額となっている。今回は真ん中の盛りでいってみよう。

Kotobukimenu1店内へ入りカウンターに着席、ランチタイムのサービスがある模様、味玉・メンマ・のり・ライスが選択できる。じゃあ味玉で。

結構待って「壽つけめん250g」提供、目玉が3つとなっている。通常半個入っているのかな?サービスで出るなら問題なし。

さてまず麺から。のど越しも良いコシのある太麺、固い印象はなく舌触りも良い。好きなタイプの麺だが、風味はそれほどかも。

つけスープは動物系のうまみある醤油味、ちょっと甘みがある味であった。辛いメニューもあったのだが、こういう味は辛みがある方が合いそうな気がした。

スープ内にはチャーシューが入っている。噛み応えが有りジューシー。味玉は黄身が柔らかい、その黄身はかなり甘めであった。

途中でコショウや魚粉を入れたがあまり効果は感じないような。ニンニクを入れれば良かったが忘れてた。麺は最後の方は短いものばかりになってしまった、なんでだろう?

完食し店をあとにした。

到着=13:21 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系のコクある醤油、甘みも お気に入り度=7

Kotobukimenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺と酒肴処 壱幹(六本木)

訪問日=12月7日(水) 曇り

メニュー=魚骨 塩らーめん

Itikansioraちょっと前に六本木に出来た「麺と酒肴処 壱幹」、テレビなどでも結構見ることがある。そういえばまだ伺っていなかったっけ。

店内に入ると席はテーブルのほかにカウンター席も用意されていた。先客1名のため今回はテーブル席に案内される。ちなみにあと客6名がぱたぱたっと入ってきていた。

店内はかなり魚のかおりがする。これがありそうでちょっと足が向かなかったのもあるんだけど。注文は「魚骨 塩らーめん」でお願いします。らーめんはすぐ提供、トッピングは別皿となっている。

スープの上にはたっぷりのタマネギ、そのスープはやはり魚介の風味とうまみの効いた塩味。魚のかおりはあるが強くない、これが心配であったがこれなら大丈夫、好みの味であった。

たっぷりのタマネギの食感と風味は強い、スープは少しタマネギ無しで頂いてみたくもあった。まあこれが魚のかおりを丁度良くしていたかもしれないけど。ただあっさりしたスープは食べ進むともっと良い味になってきた。

麺は細目、最初結構固めなと思っていたが食べ進むと食感も良くなってきた。

Itikanmenu3_2別皿のキクラゲにメンマにチャーシュー、そのままだとちと冷たい。チャーシューはスープで暖めると途端に食感も良く味も膨らむ。チャーシューは少し温めてくれるとありがたい。

しっかり完食、スープも結構頂いた。お会計して店をあとにする。昼時は半ライスがサービスの模様、連食予定なので頼まなかったけど、それを残りのスープに入れるというのも良かっただろうなあ。

到着=12:14 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=魚介のうまみと風味ある塩 お気に入り度=7

Itikanmenu1

Itikanmenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月17日 (土)

麺 高はし(赤羽)

訪問日=12月5日(月) 晴れ

メニュー=半肉入りつけそば大盛+味玉

201112takahasi_2写真撮影断り必要

18時ちょっと過ぎに到着の「高はし」、営業時間はぎりぎりな感じであった。店に入りカウンターに着席、いつものメニューが自動で入る。

さて結構待って「半肉入りつけそば大盛+味玉」提供、コシのある太麺は今回結構もっちり系の食感であった。風味も良く文句なし、やはり身体と心にしっくりくる。

つけスープ、今回も最初は混ぜずに上の味で頂いてみた。スープのうまみで食べ進む感じ、動物系のコクとうまみ、魚介の風味と味わい、もうこれでも十分楽しめる。

そのままかなり食べてしまったが、やっとしたから混ぜて頂く。タレの味ががつっと絡まり、濃いめの味に感じる。当然これも良い。

途中でタマネギも投入する。じゃくじゃくといい食感、高はしのスープにタマネギがあう。肉の噛み応えとうまみも見事に頂く。

幸せの時間も残りわずか、多い麺もすっかり完食した。スープ割りも完飲、納得してお会計する。今年も一年ごちそうさまでした。でもあと一回いってみたいなあ。

ちなみに今年は12/29(木)の昼まで営業、年始は1/4(水)から(昼のみ)となるようだ。

到着=18:14 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=魚介動物系の効いた醤油

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡山ラーメン後楽(新橋)

訪問日=12月5日(月) 晴れ

メニュー=麺定食(中華そば)

Kourakumenset以前から新橋にあったお店に足を向ける。まだ未訪問であった「岡山ラーメン後楽」、岡山ラーメンか、食べたことが無いのでどんならーめんなのかがよく判らない。

さて店内に入り、テーブル席に着席、席はテーブルのみとなっている。メニューを確認し今回は餃子のセットメニューをお願いした。

ラーメンはすぐに提供、まずスープを頂く。あっさりながら動物系のうまみある醤油のスープ、和歌山らーめんがあっさりした感じに思える。ちょっと好きな味かも。結構スープだけを飲んでしまった。

麺はちょい細めながらコシがあり食感が良い。スープも絡み好みを感じる。おっと、このらーめん良いねえ。

チャーシューは薄いが噛み応えあり。ねぎの食感がらーめんに合う。そして炊き込みご飯はゴボウのかおりが鼻を抜ける。ねっとりしたご飯は上品ではないが納得する。

餃子は小振りながら餡が詰まった感じ、セットとしてうれしい感じ。これが700円ならかなりお得、満足して完食した。

お会計して店を後にする。雰囲気的に仕方ないと思いながら、たばこのにおいがなければもっと好みだったなあ。こちらはもう少し早く来た方が良いお店であったように思う。

Kourakumenu到着=13:16 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=あっさりした豚骨醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月16日 (金)

麺匠ようすけ(中野)

訪問日=12月4日(日) 晴れ

メニュー=濃厚鶏白湯らーめん

Yosuketoripai 「Basso Dri⑨」のあとは中野に移動する。人通りの多い商店街の中、前から来る方をすいすいとやり過ごす。

目的の店はちょっと横にはいった場所にある「麺匠ようすけ」、最近オープンした店になる。店前の券売機でメニューを確認、つけめんと迷うなあ。でも最初に目に入った「濃厚鶏白湯らーめん」を選択した。

店内に入りカウンターに着席、先客は僅かであった。店内ではちとにおいが敏感な感じ、あれ?俺だけか!

それほど待たず「濃厚鶏白湯らーめん」提供、鶏のうまみある濃厚な白湯スープはとろっととろみがあるほどなスープ、結構好きな味であった。

麺は中太でちぢれている。結構固めの茹であがり、ただもう少し茹でた方が好みかも。まあこれは好みもあるし。ただ麺の感じが変わるともっと好きならーめんかも。

チャーシューは柔らかいがただ風味はちょい微妙かも。穂先メンマも柔らかい。でもこれも風味は微妙かな。完食し店をあとにした。

到着=12:09 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=濃厚な鶏白湯スープ お気に入り度=7

Yosukemenu

Yosukekoujyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月15日 (木)

Basso Dri⑨(要町)

訪問日=12月4日(日) 晴れ

メニュー=中華そば並

Tori9soba 以前伺ったお店はその後「塩中華の店 まるきゅう」(未訪)というお店になり、今回「BASSOドリルマン」と以前の店の関連店「まるきゅうらあめん」のコラボとなって営業しているらしい。

今回は日曜日の訪問を敢行、店前券売機でメニューを睨む。「中華そば」のボタンをプッシュ、つけそばはまだなんだね、頼む気は無かったけど。

さて店内に入りカウンターに着席する。先客は2名か、結構待って「中華そば」が提供された。

まずスープ、ちょい油多めながらあっさりした味わい、ただコクのある醤油のスープはとてもバランスが良く相当好みの味、いやこれは良いわ。思わず丼と口をレンゲが何往復もする。

麺は太め、コシはあるが固くない。のど越しも良いね、茹で加減がちょうど良い。間違いなくつけ麺も良さそう。

大きなチャーシューは噛み応えあるがジューシー、良し良し。あとはメンマにのりにねぎとシンプル、750円は高いのではと最初思っていたがバカなことを考えたものである。

満足完食、店を後にする。良いらーめんだった。

到着=11:19 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=あっさりした醤油、コクあり お気に入り度=8

Tori9menu2

Tori9menu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

鶏煮干し 三三七(大森)

訪問日=12月3日(土) 小雨

メニュー=つけめん一番搾り 並盛り

337tuke 「らーめん晴」のあとは駅前に移動し最近出来たお店「鶏煮干し 三三七」の扉をくぐる。店内に並びあり、まずは券売機でメニューを確認、上がつけめんか、ならばそれで。ちなみに並び4名のうち3名はグループ、席の関係で前の1名客と同じく3名飛ばして席に着いた。

今回はカウンターに着席、奥にはテーブルもある模様。かなり蒸し暑い店内は、茹で麺機の上の換気扇は回っているのか?さてつけ麺は並盛り・中盛りが同額とのこと、並でお願いします。

ちょっと待って「つけめん一番搾り 並盛り」提供、適度なコシの太麺はもちもち感も感じられる。でもところによりコシがあったり、なんでだろう、実は好みの麺であったりする。

つけスープは見た瞬間、以前本店で頂いた「煮番絞り」の方が良いのでは、と感じてしまった。でも実はこれも良い味、煮干しの味わいを感じる醤油のスープ、コクがありうまみも十分、満足感が高い。このつけスープも好みであった。

チャーシューはあっさりめながらジューシーで良い味、これにも納得している。するっと完食、中盛りでも良かったか。スープ割りもお願いした。

ここで横の方に気づく、って、おおロバオさんではないですか、こにちは。ちょっとお話させて頂く。

さてスープ割りはねぎたっぷり再提供、動物系のコク増しで。とりあえず完飲はせず、2口ほど残して店をあとにする。駅からも近いし、汁麺系も頂きたい。

337menu到着=12:19 待ち時間=4分 行列=4人(調整3名飛ばし)

麺=太麺 スープ=煮干しのうまみある醤油 お気に入り度=8

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年12月13日 (火)

【移転閉店】らーめん晴(大森)

訪問日=12月3日(土) 雨

メニュー=ら~めん

Hareramenまた週末に雨か、仕方なくらーめん求めて電車で移動する。大森駅から結構歩いた場所に出来た「らーめん晴」に到着した。

こちらは「ラーメンスクエア」を卒業された方のお店、店内へ入りカウンターに着席する。先客は2名、お二人とも焼きそばのようなものを食べている。「焼きら~めん」だろうか?

さてそれほど待たず注文の「ら~めん」提供、あっさりした醤油のスープは、でもしっかりした味わいを感じる。魚介の風味が心地良い、かなり好みのスープであった。レンゲが口と丼を何往復もする。ラーメンスクエアのときとは随分違う味だが、これも良い。

麺は結構細め、平たくちぢれており弾力がある。この麺は面白い、そして好みであった。麺と頂くスープはさらに魚介の風味が広がる。

大きいチャーシューは肉のうまみ満載、ただスープの邪魔にはなっていない。えのきというのは珍しいチョイス、このらーめんにどうしてもという感じではないが、食感が良かった。

完食、連食のためスープは完飲していないがかなり好みのらーめんであった。焼きら~めんも気になるなあ。

Haremenu到着=11:57 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細平ちぢれ麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

麺屋 中川會(住吉)

訪問日=12月1日(木) 曇り

メニュー=らーめん

Nakagawakairamen仕事で大声を出してしまうこともある。そんな時にはお酒で心を落ち着けたい。久しぶりに「山城屋」の暖簾をくぐる。お通しはじゃこにお酢が掛かったもの、なんでこんなにうまいのか。

「にこみ」と今回初の「野菜煮」をお願いする。なるほど「野菜煮」、でもイメージと違う、でも良いねえ。かなり満足、そうなるとらーめんも食べたいねえ。こちらも久しぶりに「中川會」を訪問した。

Nakagawakainarabiこの時間に待ち有りか!システム変更で先に券を買うらしい。今回は「らーめん」の券を購入した。でも「つけめん」もまた食べてみたいなあ。今度にしよう。

前回と違い奥さんはいない感じ、変わりに若い男性がホール・外の対応でいるようだ。

客は若い方から年配の方、そして女性も多い。さて並ぶ途中で雨が降ってきた。傘を持ってない人には傘のサービスあり。自分は持っているが、良いサービスだね。

さて相当待って店内へ、カウンター席に着席した。ほかの方のつけ麺と違いらーめんはそれほど待たずに提供された。

動物系と魚介のうまみあるスープ、柔らかい味わいでがつんとくる感じではない。マイルドなスープで好きな味であった。

麺は中太でちぢれている、かなり固いかも。コシがあるというか固い印象、その上ちぢれているので食べにくいかも。この茹で加減は店の方の狙ったところなのかな。それなら仕方ないが、寒い中かなり待ってとなるとちょっと残念。

チャーシューは噛み応えあり。コショウが効いてスパイシー。

完食、ちなみに同時に入った横の方のつけ麺は自分が食べ終わってもまだ未提供であった。まあ自分もあんなに待ったのでこの際、茹で時間が結構掛かっても良かったんだけど。やはりこちらはつけ麺を食べるべきなのだろう。

到着=20:01 待ち時間=26分 行列=7人

麺=中太ちぢれ麺 スープ=魚介と動物系の醤油 お気に入り度=7

Nakagawakaiyasumi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

ひかり製麺堂 汐留店(新橋)

訪問日=12月1日(木) 曇り

メニュー=ゆず風味のつけ麺大盛り

Hikarituke新橋駅からも近い汐留シティーセンターに出来た「ひかり製麺堂 汐留店」を訪問する。ちょっと前に出来たようだがいつでもいけると思ったら随分時間が経ってしまった。

お店はビルの2階、店に着くと前にOLさん3人が、・・・並んでいるのか?いろいろ移動しているのでその後ろに並んでいいものか・・・。一応確認すると並んでいるとのこと、自分の後ろもどう並ぶか判らず混乱している。店の人にも案内してほしいなあ。

さてしばらくして前客が入り即入店、カウンターに着席する。席はテーブルや座敷席もあるようだ。メニューを確認、普通そうなつけ麺で880円は場所からすると仕方ないのか。今回はその「ゆず風味のつけ麺」でお願いすることにした。大盛り無料なのでせめてそれを。

それほど待たず「ゆず風味のつけ麺」の大盛り提供、結構な太麺だなあ。その麺は平たいタイプ、角が立っている感じの麺はのど越しは良いけれど変わった麺、中華麺っぽくないかも。麺の角が気になるが、でも案外納得している。

つけスープはちょい濃いめの醤油味、酸味があり柚子も少し香る。まだ鼻が本調子じゃなかったっけ。でも好きなスープの味。

ただ温度が低めで最初は良いが途中で冷たいと思えるほどになってきた。器は厚みがあるので温めればもっと温度を保てるのではないだろうか。多分冷たい器にそれほど温度の高くないスープを入れたのだろう、惜しい。

Hikariutuwa最初すごい盛りの麺だなあと思っていたが、水切りがかなり上に設置されている。でもぎりぎり丁度良いくらいかな。茹でキャベツはうれしいところ。チャーシューというか薄く切った角煮は濃いめの味ながら面白い。

完食しスープ割りもお願いする。木の匙があるのだが、器の形状からしてスープが飲みづらい。こちらはいろいろ改善した方が良いような気もする。店の方の接客は丁寧だったけど。

到着=11:57 待ち時間=6分 行列=3人

麺=太平麺 スープ=濃い味の醤油、酸味有り お気に入り度=6

Hikarisoup

Hikarimenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【閉店】新橋つけ麺場処 大関(新橋)

訪問日=11月29日(火) 曇り

メニュー=つけ麺小結(450g)

Oozekituke小川町に出来たつけ麺の店に伺おうと思っていた。でもどうやら新橋に同じお店の系列が出来たようだ。ならば新橋の店に行ってみよう。

場所は駅からちょっと歩くところ、店に入り券売機でメニューを確認する。オープン記念でらーめんは11月30日まで370円らしいが、やはりここはつけ麺を選択したい。

Oozekimenu2つけ麺には相撲の番付で麺量が書かれている。前頭300gから小結・関脇・大関まで150gずつ増えていく。それが同額とはかなり太っ腹である。今回は小結でお願いすることにした。

ちなみに横綱は大関の150g増し、さすがに金額増しで940円になるようだ。ということは250円増しか、ぽーんと高くなる気もしたが具は「懸賞盛り」というのになるようなのでそうでもないか。

ちなみにつけ汁はお変わりも可能、ここのサービスはすごいなあ。券購入後、ちょい待ってカウンターに着席した。やはりまだオープンしたばかりのためか厨房内は若干のパルプンテ状態、結構待って「つけ麺小結」が提供された。

Oozekikuojyo2かなりの極太麺、そしてちょっと予想もしていたごりごりした麺であった。固い、麺に芯が4・5本ある感じがちょっとつらいかも。小結でも結構量が多いね。

つけスープは油が上部を覆っている感じでかなり熱々、動物系のうまみあるスープは甘みが結構ある味となっている。油と甘みでかなり独特な印象を持つスープ、そして麺が固いので食べづらいかも。

ほかにのり・魚粉・メンマ・ねぎが別皿で提供されている。早い内にスープへ投入した。

後半ちょっとつらくもあったが完食、もう少し茹でるともっと好きなつけ麺だったかもしれない。でも茹で時間9分と書いてあり、その茹で時間は間違ってなさそうな感じ、つけ麺は太くて固いという考えなのかもしれない。

Oozekikoujyo到着=12:17 待ち時間=4分 行列=1人

麺=極太麺 スープ=動物系のうまみあるスープ、脂多い お気に入り度=6

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

らあめん一二三 那由多(吉祥寺)

訪問日=11月28日(月) 曇り

メニュー=魚沼三元豚しょうゆらぁめん

123ramen 「つけめん処 あすなろ食堂」のあとは吉祥寺に移動、「らあめん一二三 那由多」を訪問する。こちらは以前あった「一二三」が閉店しオープンした。

「一二三」は腰痛悪化のため閉店とのと、以前伺ったのは2002年のことだけど、蕎麦粉の麺が特徴的だったのを覚えている。

123menu_2さて店内へ入りカウンターに着席、メニューを確認する。普通のらーめんはこれかなかな、「魚沼三元豚正油らぁめん」をお願いする。800円か、結構するね。ちなみにそば粉入りの麺を使った「支那蕎麦」というメニューも気になった。

結構待って「魚沼三元豚正油らぁめん」提供、まずスープを頂く。あっさりした醤油のスープは煮干しの香りとうまみがふんわりと効いている感じ、結構好きな味であった。柔らかい甘みも感じられる。でも背脂は必要なのかな。

麺はちょい細目、ストレートの麺はしなやかな舌触りでコシもあり風味も良い、これも良い。上には茎わかめ、遠い記憶に茎わかめもあったっけなあ。チャーシューは柔らかいタイプであった。

完食し店を後にする。客入りも結構あったこちら、すでにご近所にも受け入れられているということだろう。

123kojyo到着=12:25頃(メモ忘れ) 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

つけめん処 あすなろ食堂(三鷹)

訪問日=11月28日(月) 曇り

メニュー=トマトつけめん並(細麺)

Asunarotomato三鷹駅から結構歩く場所に出来た「つけめん処 あすなろ食堂」を目指す。到着するとこちらはつけめんのお店である模様、「カレーつけめん」の文字も見える。ただ「らぁめん」もはじまったらしい案内も見つけた。

店内へ入り券売機でメニューを確認、店前のメニューで「濃厚つけめん」が上であったが、でも券売機の左上は「トマトつけめん」であった、じゃあそれで。

並250gと中350gは同額、細麺と太麺も選択可能といろいろうれしい感じであった。ただ「トマトつけめん」は細麺がおすすめらしい、じゃあそれで。

ちょい待って「トマトつけめん」提供、確かにつけめんとしては細目の麺かも。その麺はコシがありのど越しも良いタイプ、しっかりした食感で好みを感じる。

つけスープはやはりトマトのスープ、ただ魚介のうまみも感じる味であった。最初あっさりに感じたが、粉チーズも溶けてすぐにコクを感じ出す、良いかも。

辛みも感じるこのスープ、そして甘みもある。チャーシューでなく鶏肉は噛み応えあり。スープにあったチョイスと思う。

すっかり完食、トマトを使ったメニューとしてありなつけ麺であった。ほかのメニューはどうだろうか。

到着=11:37 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=トマトのスープ お気に入り度=7

Asunaroryou

Asunaroeigyo

Asunarocurre

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

いつみ屋(府中本町)

訪問日=11月27日(日) 晴れ

メニュー=ら~めん

Itumiyaramenお昼となり、同行者を競馬場に残し一人で府中本町駅近くまで足を運ぶ。到着したのは「いつみ屋」というお店、店前の並びはなんてすごいことであろうか。かなりの人気店のようだ。並びにはやはり競馬新聞を持つ人も多い。平日の並びはどんなもんなのかな?

かなり待って店内へ、カウンター席に着席する。注文の「ら~めん」はすぐの提供、あっさりした醤油のスープはにぼしの風味とうまみが感じられる。ちょいあまみもあるか。突出した味わいは無いが、でも結構好みの味であった。

麺は固めの茹であがり。中太でちぢれている。後半舌触りがよくなったのは茹で加減が好みとずれていたのかも。チャーシューは噛み応えがあるが結構固い印象。

するっと完食し、お会計は550円、安いなあ。ざるも人気のこちら、そっちも気になる。

Itumiyamenu到着=11:47 待ち時間=31分 行列=17人

麺=中太ちぢれ麺 スープ=あっさりした醤油、煮干しのうまみ お気に入り度=7

 

 

 

Korikiyakisobaこのあと競馬場に戻り「キングヤキソバ」という焼きそばを購入した。

 

随分並んで買った焼きそばは看板にあったとおり太麺ながら甘めの味とはっきりしない味付けがなんだかなあという感じ。肉は入っていないのもなんだかな。揚げ玉は入っていたけど。

 

長州小力氏の写真があったが、この焼きそばどうなんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

もりの中華そば(綱島)

訪問日=11月26日(土) 晴れ

メニュー=味玉そば

Morinosobaしまった、順番を間違った。こちらが先だ。

-----------------

「中華そば さとう」のあとは綱島に移動、駅からちょっと歩く場所に出来た「もりの中華そば」を訪問する。こちらは「中華そば 多賀野」出身のお店らしい、なんかそれだけでもう良さそうな気がしている。

まずは券売機でメニューを確認、今回は味玉入りの「味玉そば」を選択することにした。

Morinomenu券売機の横には「多賀野」のらーめんの写真がある。ほかに「RAMPoW」のつけ麺の写真も貼られていた。近日発売予定のつけそばはそんな感じなのかな?その後カウンターに着席、ちょい待って「味玉そば」が提供された。

あっさりした醤油のスープ、あっさりながらスープの味は奥深い。綺麗なスープはかなり好みの味、こちらでも思わずスープを何口も頂いてしまう。

麺はコシがある中太、スープも絡まる。この麺も好み。メンマはくさみなく食感も良い。味玉は黄身がかなり柔らかい、これはまあまあかな。そして大きめに切られたねぎがざくっと良い食感、このらーめんにあってほしいと思える。

速攻完食、スープも少ししか残していない。結構遅い時間、しかも駅からも遠いこちらは、でもひっきりなしの客がすでにこの店の実力を表している。自宅からはちょっと遠いが、是非また伺ってみたい。

Morinoeigyo到着=13:39 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年12月 6日 (火)

東京競馬場内馬場売店(府中本町)

訪問日=11月27日(日)) 晴れ

メニュー=中華そば

Keibaramen府中本町駅を降りて向かったのは「東京競馬場」、競馬に興味は無いのだが誘ってもらったわけで。11時前に到着すると、いやこんなに人がいるんだねえ。

内馬場の芝生に陣を取り、判りもしない競馬新聞を見て馬券を買う。見事にはずしていくねえ。内馬場には多数の屋台が出店している。でもそんな屋台とは別の売店でラーメンをお願いした。ラーメンはすぐの提供、立ち食いで頂く。

あっさりした醤油のスープ、それほど特徴は無いが悪くない。麺は細いストレート、固めの茹であがりで、風味はちと微妙であった。

わかめにもやしは普段あまり欲しない具材ながら、でも食べると違和感なし。チャーシューは噛み応えあり。風味は微妙かな。メンマではなくザーサイが面白い。極太のナルトはうれしいところ。

さくっと完食、正直もっとうまみを効かせて突っ切ってしまえばと思ったりもして。まあお子さんも多数いたし、これくらいが無難なところなのかも。

到着=11:36 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

中華そば さとう(穴守稲荷)

訪問日=11月26日(土) 晴れ

メニュー=中華そば

Satosoba_2風邪は治ったが、まだバイクはやめたほうがいいか、では電車でGo!穴守稲荷に向かう。いやあ初めて降りる駅だなあ。さて駅からちょい歩き「中華そば さとう」に到着、カウンター席に着席する。

メニューを確認し今回は「中華そば」をお願いすることにした。中華そばは550円、安いなあ。ちなみに先客は1名、店主氏はその方とずっと話されていた。でも横で聞く内容からすると初めて来たお客さんっぽい、かなり話好きの店主氏なんだろう。

ちょい待って「中華そば」提供、まずスープを頂く。あっさりながら煮干しのうまみと風味を感じるスープ、柔らかい甘みも感じるがくどさなどは無い。かなり好みのスープ、思わずスープを何口も飲んでしまう。

麺は適度なコシでちぢれている。スープも絡まり良い感じ、この麺も好みだなあ。これで550円はかなりうれしい。

チャーシューはちょい醤油の味濃いめ、でもスープとあわないわけでない。肉のうまみもあり満足できる。メンマは味濃いめ、くさみは無いがやはりちと味を濃く感じる。でも苦手なメンマでは無い。

そして完食、代金は先払いのためそのまま店をあとにする。カレーセットも良いかもなあ。

到着=12:29 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりした醤油、煮干しのうまみ お気に入り度=8

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年12月 4日 (日)

麺屋 社中(押上・業平橋)

訪問日=11月25日(金) 晴れ

メニュー=鶏そば

Sytyutorisoba押上駅降りるとそこには「東京スカイツリー」があった、ドーン。さてそんなこれからすごいことになりそうな街で鶏のらーめんを出すお店を目指す。

到着したの「麺屋 社中」というお店、まずは券売機でメニューを確認する。つけ麺や煮干しも入ったメニューもあるようだが、でも今回お願いすることにしたのは普通の「鶏そば」で。その後カウンターに着席、それほど待たず「鶏そば」が提供された。

まずスープ、鶏のうまみがかなり濃厚なスープ、ただくさみは無くかなり良い味である。とろっと粘度も高いスープ、味わいもしっかりしておりかなり好みであった。

麺は中太で適度なコシ、ちょっともっちりもしている。麺自体は好みなのだが、ただこの麺はスープにあってるのかなあ。

鶏チャーシューというより焼き鳥のような鶏肉は噛み応えあり。鶏皮がついたものは良い味である。でももう一つはちょっとぱさつきが気になる。

鶏つくねはちょい風味が強めかも、期待したのだがそれほどな感じであった。メンマはあっさりしているがところにより風味が微妙。

そして完食、スープがかなり好みならーめんであった。つけ麺はどんな麺なんだろうか。

到着=12:28 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=鶏のうまみ濃厚なスープ お気に入り度=7

Skytree

| | コメント (2) | トラックバック (0)

つけそば中華そば 浜屋(五反田)

訪問日=11月23日(水)祝日 晴れ

メニュー=つけそば

Hamayatuke 駒場東大前から五反田に移動した。次も新しく出来たお店「つけそば中華そば 浜屋」、お店は通りからちょっと入ったところになる。

店前にはこちらも並び多数、ご近所の方かな?人気があるようだ。平日はどうなんだろうか。でも確か日曜定休のはずなので平日も人気なのだろう。

しばらく待って店内へ、券売機でメニューを確認する。つけそばが上か、ほかに濃厚和風中華そば、あっさり和風中華そば、濃厚みそ中華そば、そして汁なし中華そばが用意されている。汁なし中華そばっていうのはどういうことになるのだろう?興味は沸いたが今回は「つけそば」の券を購入している。

カウンターに着席、ちょっと待って「つけそば」が提供された。平皿の麺の器は見た目が良いね。さてその麺はコシのある太麺、平たいタイプでのど越しも良くもちもち感もある。平麺はたまに好みにあわないことがあるが、こちらは問題なく好きなタイプであった。

つけスープは動物系のコクと魚介の味わいが効いている。濃厚な味わいで良いのだが、ただ酸味が結構ある。もう少し控えめならさらに好みなんだけどなあ。まあ酸味は苦手なことが結構あるので。

麺には喜んで完食、店をあとにする。中華そばのほうがもっと好みだったかも知れない。

店を出るところで呼び止められた。おっと以前「Wasted Time~feat.楽々~」でお話させて頂いた方、こんにちは。ちょっとお話して、ではまたいずこかで。

到着=12:27 待ち時間=20分程度(メモ忘れ) 行列=9人

麺=太平麺 スープ=動物系と魚介効いた酸味あるスープ お気に入り度=7

Hamayakoujyo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

つけめん 駒鉄(駒場東大前)

訪問日=11月23日(水)祝日 晴れ

メニュー=つけめん並

Komatututuke月曜日に伺うもやっていなかった駒場東大前の「つけめん 駒鉄」を再訪する。店前には多数の並び、店内にも待ち席が有り並んでいる。後客もどんどん増えていく。こちらは「つけめん TETSU」の関連だが、出来たばかりなのにこの並びはさすがである。

さて並んでいると先に入り口のレジで注文するよう店の方に案内された。今回注文は「つけめん」の並で、ちなみに大盛りも同額のようだ。

Komatutususume_3しばらくして店内の待ち席まで移動、すると1席の空きが出来たらしく、7名飛ばしで着席となった。着席したのはカウンターの席、ほかにテーブル席も用意されている。席数はかなり多いのに満席で並びがあるのはすごいなあ。

席に座り、ぼーっとしていると目の前にある鉄道ジオラマが目に入った。この辺をイメージした作りの模様、待つ間も楽しめる。

ちょい待って「つけめん」提供、まず麺を頂く。コシのある太麺は、ただ決して固い印象では無い。のど越しも抜群に良くそして風味も良い。間違いなく好みの麺、病み開けにはかなりうれしい。

つけスープは動物系のコクとうまみ、そして魚介の味わいと風味が効いている。味はしっかりながらしつこくはなくマイルドにも感じる。これも相当良い。

中には大きなチャーシューが入っている。噛み応えはあるが、ただちょいぱさつきも感じるかも。まあそれはあまり問題ではなく、気持ちは上がったままでお約束の焼き石をお願いした。

Komatutuyakisi温度の下がったスープに入れて温める。香ばしい香りも漂いながら温度の上昇を確認、最後の数口を楽しんだ。

スープ割りも結構頂いたりしながら満足して店をあとにする。かなり満足した。こちらのつけめんはまた頂いてみたい。

到着=11:36 待ち時間=10分 行列=16人(調整7名飛ばし)

麺=太麺 スープ=コクのある濃厚動物魚介醤油 お気に入り度=8

Komatutumenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪の日に

11月21日(月) 曇り

土曜・日曜と風邪で2日間寝込んでしまった。お休みの日にらーめんを食べないなんていつ以来だろうか?久しぶりにサッポロ一番味噌ラーメンを食べたらうまかったけど。

さすがにそろそろらーめんが食べたい。そんな月曜日、まだ背中に風邪を忍ばせた状態でふらふらと歩き出した。

駒場東大前で新店を探す、って、あれ?どこだここは?出る改札を間違ったようでどこだどこだと探し回る。やっと見つけた感じのお店は、やってねえ・・・。スープ切れ終了と書いてあるがこれが13時過ぎのこと、店内で店を片付ける人もいないということは休みだったのか? 

このあと映画を見ようと思っており、どうしようかとボーっとした頭でぼーっと考える。そうだ代々木で「七重の味の店 めじろ」に行ってしまおう。素早く電車に乗り、代々木に降り立った。店舗到着、店前の案内に「にんにく塩ら~めん」の文字を発見した。これだな。 

店内に入り券売機を確認、やや!「にんにく塩ら~めん」は売り切れ表示!この時間は未提供なのか、それともそのまま売り切れだったのか。まあ最初から「塩煮干しらーめん」を食べようと思っていたのでまあ良いや。そして購入したのは「塩つけめん」、うーんなんでか思わずそのボタンを押してしまった。 カウンターに着席、それほど待たず提供される。

まずは麺を一口、あれ?すごい違和感を感じる。あれ?なんの風味も感じない。だめだ!鼻が馬鹿になっている!スープをそのままも飲んでもみたが、やはり香りを感じない。食べきったのだが、せっかく「めじろ」に来たのに・・・。これはまた再訪しなくては。 

このあと見たのは「機動戦士ガンダムUC」、面白かった。でもパンフレット1000円は高すぎでは? 

さてそんな映画の後に凝りもせずらーめんを頂いた。伺ったのは映画館近くの「広州市場」、映画を見る前にサービスチケットを頂いていた。店内に入り一階のカウンターに着席。「雲呑麺」の塩でお願いした。 

目の前にラー油があったので嗅いで見る。はは、ラー油がほんのり香る程度だよ・・・。だめだこれは、結局提供の「雲呑麺」も多分万全ならおいしく頂けただろうな一杯、ワンタンも大きいのが沢山入っており贅沢に感じた。ここももう一回伺いたいなあ。 

なんだかちょくちょく風邪をひくこの身体、ちょっとは鍛えなければいけないのだろう。早く美味しくらーめんが食べたーい。

Komatetu_3

Mejirotuke

Mejironinniku

Kousyutibasio

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

【ほうきぼしに変更】自家製麺 まんちんろう(神田)

訪問日=11月18日(金) 曇り

メニュー=鶏豚骨和風 つけ麺 小

Mantinrotuke赤羽の「ほうきぼし」が何度かテレビで特集されていた。その際お父さんもらーめん店では無いがお店をやっているらしいことを見たが、ほかの方のブログでその店では昼につけめんやまぜそばを出しているのが目に入った。場所は神田、ではでは行かねば。

到着したのは「萬珍楼」というお店、昼は「まんちんろう」という名前になるのかな?扉を開けて店内へ進入、カウンターに着席した。席はテーブルも用意されている。

Mantinromenuメニューを確認、ぶっかけも気になるなあ。でも今回はつけ麺でお願いすることにした。

ちょい待って「鶏豚骨和風 つけ麺」の小提供、麺の器は小さめながらぎっしり入ってそうである。そして味玉はサービスとのこと、ランチ時だからだろ。さて頂こう。

コシのあるかなり太めの麺、コシはあるが固い印象ではない。のど越しも良く風味も良い。この麺はかなり好み、良いねえ。

つけスープは動物系のうまみと風味がある。酸味や辛み、甘みは無いが、いやこのつけスープも良い味、麺とあわせて満足感も高まる。これは来て良かった。味玉は黄身が柔らかいタイプ、サービスとはうれしい限り。

かなり納得して完食した。お会計して店をあとにする。これはぶっかけも試してみたい。

到着=12:58 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系のコクある醤油 お気に入り度=8

Mantinroeigyo

Mantinro

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

富山ブラックラーメン だらんま神田本店(神田)

訪問日=11月18日(金) 曇り

メニュー=中華そば

Daranmasoba神田駅からちょい歩いてらーめん店を目指す。目的の店までには多数のらーめん屋が存在する。どこも行列、とくに「神田ラーメン わいず」の並びがすごいようだ。

さて今回訪問は「富山ブラックラーメン だらんま神田本店」、店に到着しまずは券売機でメニューを確認する。案内を見るとどうやら中華そばとライス一緒を勧めているようだ。

ライスは100円か、勧めるくらいならサービスライスでも良さそうな気がするのだが。今回は「中華そば」の券を購入、中華そばは700円か、サービスライスでも良さそうな気がするのだが。

その後カウンターに着席、空きは一席だけであったのでその後並びが出来ていた。

ちょっと待って「中華そば」提供、確かに真っ黒なスープとなっている。まずはスープを一啜り、なるほど醤油の存在感を感じるスープ、でも富山ブラックといわれるとかなり物足りない感じで、それほど濃いとは思わない。

そしてかなりぬるいなあ。温度はあまり気にしない方だが、でもここまでぬるいとさすがに違和感を覚える。丼に口をつければごくごく飲めそうな感じであった。

麺は太め、コシがありのど越しも良い。でも風味はまずまず、この風味はなんでだろう?でかいチャーシューは噛み応えがある。そしてねぎが大量に入っていた。

完食し店をあとにする。ちなみに隣の方はライスを頼んでおり、お新香付きながらほかの店なら半ライスくらいの量かも。ライスを勧めるならもう少し量を増やしても良いんじゃないかな。

Daranmamenu到着=12:42 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=太麺 スープ=濃いめの醤油 お気に入り度=6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »