« 無鉄砲 × 中華蕎麦 とみ田 - 博多一風堂 & 蒙古タンメン中本(駒沢大学駅:東京ラーメンショー2011) | トップページ | 麺 高はし(赤羽) »

2011年11月 7日 (月)

新小岩製麺所 落としぶた(新小岩)

訪問日=10月23日(日) 曇り

メニュー=魚介豚骨醤油らーめん

Otosibutaramen市川の「魂麺」から新小岩へ移動する。向かったお店は「新小岩製麺所 落としぶた」、以前伺った「つけ麺 さのや」のすぐ近くになるようだ。

店内へ入り券売機でメニューを確認、左上は「魚介豚骨醤油らーめん」か、じゃあそれで。券購入後、カウンター奥の席に案内された。席はほかにテーブルも用意されている。かなり混んでいる店内、人気があるんだなあ。

Otosibutaarenjiメニューはカスタマイズ可能の模様、いろいろ選べそうだが今回は白髪ねぎ増し以外全部普通でお願いすることにした。

ちなみに座った席の近くに製麺室があり「新小岩製麺室」と書かれている。自家製麺ということか、つけ麺でも良かったかもしれない。厨房内の作業を見ると味玉にお注射をしている。スープかなんかを注入しているのだろう。らーめん以外にも話題に事欠かないお店である。

ちょっと待って「魚介豚骨醤油らーめん」提供、動物系のうまみと魚介の味わいの効いた醤油のスープ、がつんと食る味ではないが結構好みな味わいであった。

トッピングの刻み生姜はすぐに溶けてしまい、その後あまり存在感を感じなかった。柚子ボールは見た目が玉子かアイスの様、そのまわりは確かに柚子の風味を感じる。ただそれもすぐにスープへ溶けてしまった。全部まざるとにぎやかな味である。

麺は太めでコシがある。結構固めの食感、最後の方で食感とのど越しが良く感じだした。もう少し茹でた方が好みかもしれない。

白髪ねぎはたっぷりと入っている。これは「増し」で「増し増し」ではない。ねぎを麺の様にすすって頂く。うーん、このねぎ増しは良いねえ。チャーシュー柔らかいタイプであった。

そして完食、店をあとにした。やはり一度つけ麺が食べてみたいな。周りの方でつけ麺も結構いたし。

Otosibutamenu到着=14:20 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系と魚介のうまみある醤油 お気に入り度=7

|

« 無鉄砲 × 中華蕎麦 とみ田 - 博多一風堂 & 蒙古タンメン中本(駒沢大学駅:東京ラーメンショー2011) | トップページ | 麺 高はし(赤羽) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/53147100

この記事へのトラックバック一覧です: 新小岩製麺所 落としぶた(新小岩):

« 無鉄砲 × 中華蕎麦 とみ田 - 博多一風堂 & 蒙古タンメン中本(駒沢大学駅:東京ラーメンショー2011) | トップページ | 麺 高はし(赤羽) »