« らぁ麺 胡心房 - 麺屋こうじ(浜松町・大門:大つけ麺博) | トップページ | 豚骨王けいすけ(浜松町・大門:大つけ麺博) »

2011年10月 1日 (土)

花の季 - 頑者×クレヨンしんちゃん(浜松町・大門:大つけ麺博)

期間限定イベントのため先出し

訪問日=9月30日(金) 晴れ

「花の季」

メニュー=小麦ヌーヴォー2011

Hananokituke第一章は日曜日まで、まだ頂いていない三店舗に伺うため浜松町駅から会場へ向かう。店前の並びはどこもそれほどという感じ、平日はこれくらいってことかな。

そんな中まずは「花の季」から伺うことした。うれしいことにあまり待たずに「小麦ヌーヴォー2011」を受け取ることが出来た。テント席に移動し、さて頂こう。

細目の麺はコシがしっかりありのど越しも良い、風味もよく好みの麺である。

つけスープはあっさりした味わい、なんだか味噌汁のようにも感じるがこれが結構麺にあっている。味もしっかりしており、さらっとしたスープながら麺に絡む。麦麹や辛味噌も絡めながら食べ進む。

麺の上に乗っているのはヤシオマスという魚らしい。香りが良く、味わいも好みであった。ほかのつけ麺ならどうかなあ、とも思うがこの麺とスープにはあっている。

完食したあと、「大つけ麺博」で珍しくスープ割りに向かう。実は店前の方に麦茶のスープ割りを勧められていた。そのスープ割りは結構麦茶のかおりが強めに感じる味、でも好きかも。すっかり完飲、さて次はどちらにしようかな。

到着=12:45 待ち時間=7分 行列=11人

麺=中細麺 スープ=あっさりしたスープ、味噌汁のような

 

 

 

「頑者×クレヨンしんちゃん」

メニュー=しんちゃんつけめん

Gankuretuke第一章未食の残り二店舗のうち、最初に選んだのは「頑者×クレヨンしんちゃん」であった。アニメとらーめん店という異色のコラボ、でも埼玉という繋がりがあったりもする。

そんな魅力的なお店ながらなぜかあまり人は並んでいない。いや土日はご家族客に人気かも。これで着ぐるみのクレヨンしんちゃんなんか出たらすぎことになったりして。

さて並んでそれほど待たずに店前まで移動、こちらはかなり太く平たい麺のようだが、作り置きすることなくちゃんとその都度茹でているのが目に見える。でも提供は早めであった。受け取り今度は明るい席で頂くことにする。

コシのある麺はやはりかなりの幅広タイプ、ぴろぴろした食感が口の中で楽しい。食感しっかり、でも固い印象は無い。この麺にはビターチョコレートが練り込まれているようだがその風味はあまり感じないかも。でも好みの麺であった。

つけスープ、というかカレーソースはマイルドな味でやさしいうまみもたっぷり、そしてちょい甘みもあるがくどくはない。このカレーがかなり好みの味、これは子供から大人まで楽しめる味ではないだろうか。

実は「カレーライス」はあまり得意ではなく普段ほとんど食べないメニューである。でもこのカレーソースのカレーライスならちょっと食べてみたいかも。上には魚粉が乗っている。これはあっても無くてもいいかなあ。

麺に絡むスープ、予想を上回る味に心が躍る。スープ内のチャーシューは柔らかくカレーも絡んで良い味わい。

ちなみに無料トッピングの「大人のスパイス」はかなり辛い。いや予想以上に辛い。スープに入れると味が激辛になりそうなので麺に絡めて食べていく。全部スープに入れなくて良かったあ。

満足して完食、これは残ったスープにライスを入れてみたい。ライス持ってくればよかったなあ。

さて第一章の残りは「豚骨王けいすけ」のみ。夜、伺うことにしよう。

到着=13:07 待ち時間=9分 行列=9人

麺=極太平麺 スープ=マイルドなカレー

|

« らぁ麺 胡心房 - 麺屋こうじ(浜松町・大門:大つけ麺博) | トップページ | 豚骨王けいすけ(浜松町・大門:大つけ麺博) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/52882249

この記事へのトラックバック一覧です: 花の季 - 頑者×クレヨンしんちゃん(浜松町・大門:大つけ麺博):

« らぁ麺 胡心房 - 麺屋こうじ(浜松町・大門:大つけ麺博) | トップページ | 豚骨王けいすけ(浜松町・大門:大つけ麺博) »