« 中華そば 初代 修(国立) | トップページ | 麺や木蓮(くぬぎ山) »

2011年10月22日 (土)

中華そば ムタヒロ(国分寺)

訪問日=10月10日(月)祝日 晴れ

メニュー=ワハハ煮干しそば

Mutahironsoba 国立から国分寺へ移動、駅からモスバーガーのちょい先に出来た「中華そば ムタヒロ」を訪問した。なんか「歌広場」のような名前だなあ。

さて店内に入りカウンターに着席、煮干しと鶏のらーめんがメニューにある。それぞれワハハとガハハの冠が着いているがなんの意味だろうか?

店内はスナックのような感じ、以前あった店の名残だろう。かなり元気の良い接客、気持ちがいいね。ちなみに最初空席が目立った店内は、その内満席になり外に待ちも出来ていた。

ちょっと待って「ワハハ煮干しそば」提供、背脂はスープの手前に置かれている。まずは奥の背脂の無いところ。煮干しのうまみある結構濃い味の醤油スープ、動物系のコクも感じる味はこの時点でかなり好みの味であった。

続いて背脂方面にレンゲを移動、するとかなり違う味に感じるスープとなった。背脂の甘みも加わり、またマイルドさも感じるスープとなる。これはどちらも好みの味、国分寺か、自宅からも職場からも遠いんだよなあ。

麺はコシのある太麺、ちぢれているがのど越しも良い。むっちりもしている麺は舌触りが気持ちいい。これは最高の麺ではないか。穂先メンマも柔らかくくさみ無し。

Mutahironagiそしてのりをどけると「凪」の文字が出現した。そういえば麺の量を測る秤には生田氏の似顔絵が。

満足して完食、お会計して店をあとにする。ちなみにもう一つのメニュー「鶏そば」も気になるが、そちらはすでに売り切れとご近所っぽい方に説明されていた。「鶏そば」かあ、それも良いんだろうなあ。

到着=13:36 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系のコクがあり煮干しのうまも感じる醤油、背脂の甘みも お気に入り度=8

Mutahirohakari

|

« 中華そば 初代 修(国立) | トップページ | 麺や木蓮(くぬぎ山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/53056928

この記事へのトラックバック一覧です: 中華そば ムタヒロ(国分寺):

« 中華そば 初代 修(国立) | トップページ | 麺や木蓮(くぬぎ山) »