« 日本ラーメン協会 - 麺堂稲葉(浜松町・大門:大つけ麺博) | トップページ | くり山 - カラツケグレ(浜松町・大門:大つけ麺博) »

2011年10月 6日 (木)

田崎真也 × 黄金の塩らぁ麺 Due Italian - 孫(浜松町・大門:大つけ麺博)

期間限定イベントのため先出し

訪問日=10月6日(木) 晴れ

田崎真也 × 黄金の塩らぁ麺 Due Italian

メニュー=ワインレッドの誘惑

Magotuke第二章参戦3日目、最初はソムリエとして有名な田崎真也氏と黄金の塩らぁ麺 Due Italianのコラボ店に足を向ける。

時間はまだオープンして間もない頃のこと、でもどちらの店も並びは増えていく。昨日の会場がうその様であった。あれ?「孫」の並びがすごいぞ、「とみ田」より多いかもしれない。このあといこうと思っているのに大丈夫かな。

さてやはり「Due Italian」はお店同様きれいな女の子がスタッフとして参加している。その女の子に券をお渡しした。

いやそれにしても暑い、待ってる間にズボンや髪の毛が熱くなっていくのをじりじりと感じる。そいうわけで10分程度なのに結構待った感じになったところで「ワインレッドの誘惑」を受け取りテント席に向かう。

昨日雨をばっちりガードしてくれたテントは、今回強い日差しの日除けとなって活躍する。さてつけ麺を頂こう。

あれ太麺かちょっと意外に感じてしまった。その太麺はちぢれておりかなりコシがあるタイプ、のど越しはまずまずかも。上にはクリームチーズにナス、パプリカ、ズッキーニのカポナータが乗っている。混ぜて頂くと面白い味、感動するほどではないがこのままでも麺を食べ進むことが出来る。

つけスープ、というかこれはもはやデミグラスソース、深みのある味で甘みも感じるがそれほど違和感は無い。でもこれはさすがにラーメンとは違っているような。まあもう日本のラーメンって自由だからなあ。もっかい食べたら普通に思いそう(いやムリかも)。

そういえばマスタードもついていた。これは麺に絡めるのが正解だったのか。そして完食、残ったソースはパンをつけて頂きたい(無いけど)。

ちなみに器返却時、昨日気になったつけ麺を外に持ち出しても良いのか聞いてみるとOKとのこと。そうかテイクアウトできたのか(まあしないだろうなあ)。

到着=11:10 待ち時間=12分 行列=11人

麺=太ちぢれ麺 スープ=デミグラスソース

 

 

 

「孫(山岸一雄×つけ麺 道×麺処 ほん田)

メニュー=本流伝承つけ麺2011

Duetukeこの日2杯目は「孫」に向かう。山岸氏「つけ麺 道」「麺処 ほん田」のコラボのこちら、年代的にも孫くらいだろう。

評判が良いのか、呼び込みの元気が良いからか並びは結構多い。でも案外早めに「本流伝承つけ麺2011」を受け取ることが出来た。さてとテント席に移動する。

コシのある太麺はもちもち感も感じる。のど越しもよくこれは相当好みの麺である。つけ麺の麺だなあという感じであった。そういえば麺の量も多い。

つけスープは動物系のコクとうまみが濃厚な味、とろみも感じる。味も濃いめなのでつける量を調整しながら食べ進む、でも好きな味であった。ざらざらした舌触りもスープに感じる。

チャーシューは冷たいのでスープイン、噛み応えがあり味も良い。もやしやニンジンなどの野菜はらーめんにはあまり欲しないが、でも濃い味のスープに丁度良い。

満足して完食、さて第二章あと2軒か。

到着=11:33 待ち時間=17分 行列=27人

麺=太麺 スープ=動物系のコクが濃厚な醤油スープ

|

« 日本ラーメン協会 - 麺堂稲葉(浜松町・大門:大つけ麺博) | トップページ | くり山 - カラツケグレ(浜松町・大門:大つけ麺博) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/52925131

この記事へのトラックバック一覧です: 田崎真也 × 黄金の塩らぁ麺 Due Italian - 孫(浜松町・大門:大つけ麺博):

« 日本ラーメン協会 - 麺堂稲葉(浜松町・大門:大つけ麺博) | トップページ | くり山 - カラツケグレ(浜松町・大門:大つけ麺博) »